河内 保二著 2006年アパレル産業展望

筆者は2006年新年にアパレル産業新春展望を岐阜リサーチセンターに発表し、景気回復にある日本経済におけるアパレル産業が不振を続けている状況を論じた。本年7月には2006年年央のアパレル産業展望を同誌夏季特集号に発表した。わが国繊維・アパレル産業の現状や今後の進路については、ものづくり白書、中小企業白書、通商白書などの白書で論じられ、産業政策面で施策も実施されており、また繊維ビジョンの策定など新たな産業政策の審議も進められている。繊維・アパレル産業の先進国における課題は、繊維・アパレル産業が衰退期に入ったことであり、各種の施策にも拘わらず、その衰退の歯止めが効かなくなっていることである。この衰退はアメリカ労務省では2012年まで続くと見ており、わが国では野村総研が2010年まで業界衰退が続いてその市場規模は7−8兆円にまで縮小すると予測し、EUでは安価な輸入品による産業空洞化に対して2020年までに繊維・衣服産業の未来のための新たな技術基盤の構築を図り、量産を廃止してカスタマイゼーションの生産体制に切り替えることを目指すとしている。こうした状況を背景として筆者は新年展望と年央展望を行った。論説は次の通りである。

●アパレル産業展望 2006年戌歳 初春に思う   ここをクリックして閲覧できます。

●アパレル産業展望 2006年年央に見る景況と今後 ここをクリックして閲覧できます。