退翁衰枯伝

土筆俳句自選集

 

「河内 保二 退翁衰枯伝 土筆俳句集」 作品講評  文芸社 2013年5月24日

 現在86歳となる作者が、近年に詠んだ句を集めた作品集を拝見した。その俳句は「有縁亭土筆」とのことだが、十句観音経の与仏有縁から有縁亭をいただき、土筆を号としての句作であるという。本作の表題にある「衰枯伝」は、中国の英雄譚「水滸伝」を音借したものであろう。「退翁」は「衰枯」と共に、経済工学の研究者を現役リタイアした作者が自嘲を込めて命名したものだと思われるが、本作は豊かな人生経験によってもたらされた円熟の境地を窺わせる句集となった。

 巻頭には次の作品が収められている。「人も衣も 脱皮に学ぶ 巳年かな」。この作品から想起されるのは、有名な「脱皮しない蛇は死ぬ」というニーチェの言葉である。もちろんこの「死」とは、生命における死ではない。変革を恐れ、現状の自己、および自己の思考レベルしか認められないすべての愚者へ送られた警句なのだろう。たとえば、「変革の 情報補わん 春の計」という句もある。変革への若々しい意志、それ故に人は「脱皮する蛇」から多くを学ばなければならないのである。このような巳年のはじめに、作者は「巳の年に 経済工学 深めたし」と詠んでいる。学究として生きた作者にとって、専門の道は、まだ遙かな高みにあったのであろうか。

 俳句はわずか十七文字の短詞であるが、その短い言葉の中には思いの外奥行きのある世界が綴じられている。本作にもそうした句を見ることができる。「雪 落ちる 音も交えて 古刹かな」。この作品は単純化すれば、「視覚・聴覚・感慨」という構図であるが、雪が落ちる音に驚きながら、一瞬その地の往時に時空が繋がるような不思議な感覚を呼び起こす。一方、内省的な「煩悩は 触媒となり 冷える闇」もおもしろい句といえるだろう。「煩悩」は目で見ることのできない「内省」がもたらす認識である。そこから「冷える闇」を導く飛躍に、凄みがある。不合理を合理や数理で解析しつつも、ついに解析不能な部分が残ったのではないか。それこそが「冷える闇」の真意であるようにも感じられる。

 本作を見ると、作者はさまざまな土地を訪ねて句作していることがわかる。季節感豊かに、それぞれの土地の風情を伝える作品も印象的であった。「トンネルを 抜ければもみじ 谷深し」は、映像の切り替わりが鮮やかに感じられるダイナミックな一句。トンネルの闇を抜けて目に飛び込んできたもみじの色彩。そして、それが一瞬間をおいて立体的に認識された時、「谷深し」の感慨が導かれる。一方、「五月空 隠す高架や 日本橋」は、どこか虚しい都会の景観を慨嘆した一句。歴史的にも由緒ある日本橋であるが、今やその上に高架が走る。あるいはその高架の向こうに、作者は往時の空を見ていたのかもしれない。

 作者の来歴を窺わせる作品を交え、多彩な句が収められた句集である。(後略)

 

ありがたし 謝し 一生の 卒業かな         土筆

 

ありがたく 詠み 一生を 土筆かな         土筆

 

ありがたし うれし 辞世句 詠む土筆       土筆

 

わびさびと しおりもそろえ 老いの秋        土筆

 

来たるより 去りゆく時の 老いの秋         土筆

 

初雪や 見慣れし街は 白く暮れ           土筆

 

祖師堂の 屠蘇や厄除け 初詣           土筆

 

雪 落ちる 音も交えて 古刹かな          土筆

 

撓りたる 竹 雪 落とし 立ち上がる        土筆

 

石は雪に 沈みかけてる 広野かな         土筆

 

書斎から 花見のできる 恵みかな         土筆

 

宵はよし 酔いもよけれど 春嵐          土筆

 

薔薇の花 ここにも咲いて 足を停め        土筆

 

この露地の ふと目を見張る バラの花      土筆

 

思わざり 青葉の阻む 行き止まり         土筆

 

法華して 時の移りや 天の声           土筆

 

ホップの実 幹は育ちて 空狭し          土筆

 

吹いてきて いずこに去りし 野分かな      土筆

 

. 

その昔、ニューヨークにて (昭和45年)

ニューヨーク 宵闇に白く 雪の降る      土筆

 

昭和46年パリのグラン・セゾン

カフェテラスに 独り マロニエ 緑濃く       土筆

好天気 カフェで話しする アフリカーナ      土筆

蒸す雨天 エフェル映して ラ・セーヌ        土筆

初夏の空  サクレクール塔 ひときわに     土筆

突き立つや サクレクール塔 初夏の空     土筆

解禁の セーヌの釣りや 日も長く         土筆

アルジェの レジスタンスの爺 カフェの夏    土筆

 

昭和51年作句 

馬子唄の 霊峰に届けと 里の春          土筆

雪降りて 室生寺 白き 寒さかな         土筆

しんしんと 室生寺 白き 寒さかな        土筆 

 

●デンマーク、ポーランド、東ドイツ、チェコ、西ドイツに海外出張

して…西ドイツにて

ラッツケラーの 歴史も雪に 隠されて       土筆

ルーベックの 煉瓦も赤く 照る残暑        土筆

もの悲し エーデルの河に 秋雨して        土筆

エーデルの 河に秋雨や 空寂し          土筆

 

昭和52年 イタリアツアーにて

夏草や ポンペイの昔  隠し来し          土筆

ポンペイの 驟雨に遺跡 夏の草           土筆

夏草や ポンペイに驟雨 して濡るる         土筆

ナポリの海 虹の架かりて 秋に入る        土筆

ナポリの海 見える岡の松 緑濃く          土筆

飛ぶ空は 晴れて遙かに モンブラン        土筆

ローマの闇 テペレの流れ 音もなく         土筆

明月は ローマ照らして 塔高し            土筆

 

昭和60年11月 ケニアにて

陽は強く ジャカランダの花 際立てり     土筆

地平線 はるけき国を ドライブす       土筆

国道に いま赤道を 越え来たる        土筆

森深き エルドレッドや 心癒す         土筆

椰子の実に 流離偲ぶや インド洋       土筆

アンボサリ 先ず出迎えの トカゲかな     土筆

挨拶は ジャンボと言うて 朝まだき       土筆

洋の空 深紅となりて 陽の沈み         土筆

 

先般イタリアとギリシアに旅行

草枯れて....歴史も重し....コロッセオ.        土筆

パルテノン.......列柱に 冬日.......当たりたる..    土筆

ベッキオ橋 水も温んで. フィレンツエ       土筆

船着いて.......エーゲの島の......浅き春       土筆

寒む空に 突き刺す塔や 法王庁         土筆

冬日差し 石と歴史の パルテノン         土筆

フィレンツエの...川はゆっくり...春運ぶ       土筆

春浅く 驢馬待つ港 エーゲ海            土筆

::<

.............................................

 

スイス、フランス、ドイツに旅して

ジュネーブの 朝の緑の 湖畔道     土筆

水ぬるみ 噴水高く 湖畔明く       土筆

街並みは アルプスを背に 春更けて   土筆

足許は アルプス氷河 光りたり      土筆

モンブラン 間近に見上ぐ 雪の峰     土筆

::< 

高尾山紅葉祭と小学校同窓会(1995年11月7日)

友集い もみじの台の 見晴らかし      土筆

武蔵野を 見晴らかしてる もみじ台     土筆

峰近く もみじ開けて 武蔵野辺        土筆

登り来て 峰に 陽に映う もみじかな     土筆

彩りは 陽に映え 峰の もみじかな     土筆

谷埋める もみじ陽に映え 峰静か      土筆

山並みは 枯れ葉に染まり 頬に風      土筆

この広い 谷を埋めたる もみじかな     土筆

広き谷 もみじの色で 埋まりたり       土筆

連山を 塗りつぶしたる もみじ色       土筆

陽に映えて 淡く色付く 枯れ葉峰       土筆

クラス会 元気祈るや もみじ冴え       土筆

長寿をば 祈りて酌むや もみじ酒       土筆

もみじして 宴たけなわの 高尾山       土筆

杯上げて もみじの会の 友の顔       土筆

もみじ葉を 愛でて小学 クラス会       土筆

クラス会 高尾のもみじ 愛でて酌む     土筆

 

北海道旅行(平成8年9月10日より13日)

北海道 地平 遥けく 秋の道         土筆

函館の 修道院や 秋の鐘           土筆

五稜郭 しのぶ戦さや 秋の空         土筆

 

見はるかす 大雪山系 色付きて       土筆

知床の 鴎の夏も 去らんとす         土筆

空 高く 摩周湖の霧 消え去りぬ       土筆

真っ直ぐに 十勝平野の 道の秋       土筆

ラベンダー 遅咲きを背の カメラかな    土筆

修道院 鐘の響きて 秋の園          土筆

五稜郭 幕末しのぶ 残暑かな        土筆

 

平成8年9月14日 夢見の景

桜 咲き 白く浮き出て 宵の街           土筆

 

東京の 雪降る朝や 白き屋根           土筆

 

雪降りて 亡母命日 墓参り             土筆

由緒ある 寺 雪降りて 墓詣で           土筆

 

 

気配して 季節は移り 梅の咲く            土筆

傘寿前 変わりなき日々 梅薫る           土筆

七十九歳 変わりなき日や 梅咲きて        土筆

 

トリノより 金メダルの報 梅咲いて          土筆

金メダル 明るい気分 梅や咲く            土筆

 

節分や 日本の悪を 豆で追う             土筆

豆まいて 福が浮き世に 満つように         土筆 

乾杯に 孫の笑顔や 初節句             土筆

 

採点の 校の窓辺に 梅の咲く            土筆

学窓は 桃の蕾の ふくらみて            土筆

校門や 間もなく桃の 花祭              土筆

 

際だちて 白き彩り 山の桜花(はな)        土筆

山肌を 白く彩り さくら咲く              土筆

山あいに そこもここにも 桜咲く          土筆 

 

川に沿い 視野一杯に 桜咲く            土筆

堤沿い 切れ目なく咲く 桜かな           土筆

堤には 桜の壁や 善福寺              土筆

花の時 極楽示す 善福寺              土筆

極楽を 表し花の 善福寺              土筆

かぶさって 善福寺川 桜咲く            土筆

さくら咲き 世は一変す 天も地も          土筆

 

梅雨止みて 浄土ヶ浜の 岩に波         土筆

梅雨煙る 大断崖に 波白く            土筆

梅雨かすみ 断崖に松 緑濡る          土筆

 

人の世の 葛藤 青嵐 鳴門渦          土筆

渦巻いて 鯛も育つや 若葉風          土筆

渦潮も 乗り切り鳴門 五月晴れ         土筆

 

五月空 隠す高架や 日本橋           土筆

青葉風 橋覆いたる 高架橋           土筆

貧しさが 歴史を覆う 高速道           土筆

 

花散って 緑濃き世に 入れ替わり       土筆

綿雲の 流れも緩く 若葉空           土筆

根元見て 花が散りたる 桜道          土筆

春更けて 行き交う人や アーケード      土筆

爽やかな 風に人出や 商店街         土筆

爽やかな 風 ほほに吹く 富士見丘      土筆

散歩道 花色々に 若葉萌ゆ          土筆

うっすらと 汗ばむ散歩 春更けて       土筆

散り敷きて 花見の樹ぞと 教えられ      土筆

朝起きて 八重桜咲く 庭の先          土筆

近づけば 視野一杯の 八重桜         土筆

散り敷いて 庭面に花の 陣地取り       土筆

囀りや 色と光に 充ちた庭           土筆

通院路 咲く海棠に 癒されて          土筆

萌え出でる 欅並木を 見上げたり       土筆

若葉色 梢に色づく 欅道            土筆

春空を 見せて欅の 並木道           土筆

屋根越しに 空に広がる 花盛り         土筆

花の色 重ね 菊桃 桜 かな          土筆

桃源郷 この場の花の 景を愛ず        土筆

見入りたり さくら 菊桃 花の景         土筆 

 

花咲きて 八十近き 友集う            土筆

花咲きて 地蔵縁日 友の会           土筆

それぞれに 老いの身となり 花の頃      土筆

アルバムは 廻りが花の クラス会       土筆

 

噴水の 池面に桜の 花写す          土筆

水鳥も 花見している 池畔かな        土筆

花揺れて 噴水の池面 小波立つ       土筆

 

川沿いは 垂れ桜の 花照りて         土筆

和やんで 時を忘れる 花の下         土筆

公園は 花見の人に 風優し          土筆

水ぬるみ 噴水の上に 花映える        土筆

池に鴨 噴水上がり 桜咲く           土筆

 

惜しみなく 一杯に咲く 桜かな         土筆

 

シャッタ押す 躑躅の咲いた 長い道      土筆

春更けて 叙勲の報に 友 名あり       土筆

 

青葉風 床の間飾る 兜かな          土筆

戦争の なき世を思う 兜かな          土筆

 

新しき 帽 ありがたし 若葉風         土筆

若葉照り 新しき帽 気も軽く          土筆

新しい 帽子かぶるや 青葉風         土筆

 

青葉揺る 地史に残りし 文士村        土筆

 

葉は茂り 青空に白き 姫路城        土筆

木々茂り 白鷺城や 空青く          土筆

見上げれば 葉末に高き 白鷺城      土筆 

夏の陽に 砂丘の駱駝 陰や濃し      土筆

究めたる 庭園ここに 夏の景        土筆

国造り 古代史語る 夏木立         土筆

建国の 歴史伝えて 大社夏         土筆

蝉鳴くや 古史伝え来し 大社かな      土筆

夏の庭 暮らし身近に 八雲館        土筆

夏空や 木立に浮かぶ 天守閣        土筆

夏雲も 薄く 聳える 天守閣         土筆

鬼太郎も 汗かく 浜の 魚市場       土筆

暑き日や 出石に残る 丹波の史      土筆

見通せる 天橋立 蝉の声          土筆

 

街中は 踊り手 見る手 阿波踊り     土筆

街中が 囃子に沸いて  阿波踊り     土筆

 

懐かしき 敬七展を 見たき夏        土筆

阿佐ヶ谷の 相撲部屋撮る 夏の朝    土筆

級友は 傘寿重ねて 会う夏日        土筆

七夕の 飾りの下を 朝の風         土筆 

七夕の 祭 一段 人の波          土筆

七夕に 縁日 露店 人の波         土筆

七夕の 吹き流し揺れ 涼一陣        土筆

七夕や 勢揃いした 飾りかな        土筆

七夕の 飾り気を吐く 銀の龍        土筆

七夕の 飾り次第に 賑やかに       土筆

七夕の 祭終わりの 余韻かな       土筆

 

夏空を 山の緑が 切り取りぬ        土筆 

冠雪富士 日本の景色 これに尽く     土筆

頂上は 紅葉燃えてる 峠道         土筆

 

ダムの水 青さを増して 秋に入る     土筆

 

湯の音に 虫の音混じる 露天風呂    土筆

いろどりは 残照に映えて 山 紅葉    土筆

渓谷に 沿うて紅葉の 湯宿かな       土筆

枝高く 残柿連なる 山の宿          土筆

遠山を 背に柿の実の 残りおり       土筆

白銀の 峰望みおり 露天風呂        土筆

露天風呂 見上げる空に 飛行雲      土筆

 

平成9年4月6日 桜満開

 朝歩く 道を花びら 覆いたる        土筆

 表から 見えぬ裏庭 花盛り         土筆

 散り敷いて 路地道幅に 白くなり      土筆

 椿咲き 厚き花弁や 紅の濃く        土筆

 

 

 庭石に 散った花びら 点点と         土筆

 

平成9年9月24日 小学校クラス会

 天高く   東御苑や    江戸城趾     土筆

 小学の   友来て 御苑   木の実落つ   土筆

 苑枯れて  古希超す友の  集いかな    土筆

 友集う   苑粧いし  本丸趾         土筆

 天守台   苑吹く風や    肌冷やす    土筆

 寄り語らう  小学の友に  苑粧う       土筆

 椎の実の  ここにも落ちて 大手門     土筆

 

平成10年4月5日 桜満開 千鳥が淵 土筆

土手の道 歩けば 天地 桜咲く          土筆

堀の土手 白く天地は 花盛り           土筆

天地(あめつち)に 桜溢れて 土手の道      土筆

 

平成10年4月7日 柴又にて クラス会

際だちて 川に沿いたる 花の帯         土筆

 

小学校同窓会六義園に集う

咲き初めて 枝垂れ桜の 六義園      土筆

友集う 枝垂れ桜の 六義園         土筆

元気なる 顔は櫻の 六義園         土筆

泉心の 亭に花見の 集いかな       土筆

泉心の 亭に花見の クラス会        土筆

友集う 後ろに櫻 咲き始め         土筆

俯瞰する 園に桜花は 色添える      土筆

見下せば 櫻ここぞと 六義園        土筆

懐かしき 顔は花見の 六義園       土筆

池は春 友は並びて 久し振り        土筆

池に花 背に並んでる クラス会       土筆

花の咲く 庭散策の 友の顔         土筆

登る道 春めく庭の 峠かな         土筆

池に花 映して園の 昼下がり       土筆

春の来て カメラに写す 園の影      土筆

茶を飲みて 友語らうや 花の園     土筆

甘酒に 一息入れる 花の庭        土筆

紀の景の 庭にクラスの 春の会      土筆

吉宗の ゆかり紀尾井の 春の園     土筆

賑やかに 同期の櫻 十二庵       土筆

小学のクラス八名 春の園         土筆

集い食す 卯月の懐石 十二庵      土筆

花を見て 宴たけなわの クラス会    土筆

クラス会 終えて夜桜 弁慶橋       土筆

夜桜は 再会期して 同窓会        土筆

 

 

 

梅雨の後 天災 避けて 神に謝す      土筆

千葉地震 被災なき身を 神に謝す      土筆

台風は 逸れ無事なり 神に謝す        土筆

 

垣根から 紫陽花の花 あふれ出る      土筆

 

歴史積み 若葉の光る 円覚寺         土筆

古き史を 若葉が囲む 明月院         土筆

山肌を 若葉が埋める 東慶寺         土筆

浄智寺や 岩穴の墓 若葉陰          土筆

新緑が 囲む 鎌倉 五山かな         土筆   

 

温泉に つかり 緑に 鳥の声         土筆

 

公園の ベンチまどろみ さつき風       土筆

 

一面の つつじの花に 人の群れ        土筆

 

赤く燃える つつじの花が 空に咲く      土筆

 

無線にて 結びパソコン 春うらら        土筆

 

パソコンの 接続苦労 春曇り          土筆

 

パソコンが ビスタに変わる 春曇り       土筆

 

花散って 物納の邸は 公園に          土筆

 

風青く 花震えたる 冷雨かな          土筆

 

傘寿過ぎ 訃報届くや 花散る日        土筆

 

帰るのが 惜しくなりたる 花見かな       土筆

 

枝すべて 花を咲かせて 桜かな        土筆

 

地は人で 空は桜花で 覆われたり       土筆

 

春日受け 人気の人の 邸の建つ        土筆

 

いっときの はるひやうれし よのへいわ   土筆

 

●座禅と倶舎論受講

(森政弘先生主宰・浅草海禅寺住職後藤栄山禅師講義)

 

 理学部の 教授 座禅の 秋の寺      土筆

 理工医学 博士の集う 禅の秋       土筆

 座禅終え 倶舎論受講の 夜長かな     土筆

 古希の秋 工・経の次 仏学へ        土筆

 未熟なり 雑念 断てぬ 己が秋       土筆

 

生老病死苦 縁なき衆生や 寒き夜    土筆

煩悩は 触媒となり 冷える闇        土筆

結縁は 寒き夜の道 照らす月       土筆

坐禅して 無我を尋ぬる 堂寒し      土筆

雪の降り 無言噛みしめ 坐りたる    土筆

寒き日の 雨に 救済 念じおり      土筆

生きる苦に 救済思う 寒き雨       土筆

救済が なくて生きるか 雨寒し      土筆

 

99回 坐禅の堂に 梅薫る         土筆

坐禅して 無の境たらん 堂の梅      土筆

梅咲いて 坐禅の境に 空ひらく      土筆

 

人の世は 荒れて若葉の 癒しかな     土筆

若葉萌え 人災の世の 癒しかな      土筆

やり切れぬ 心を癒す 若葉かな      土筆 

 

人生の 黄昏生きる 吾の秋         土筆

身をいとい 救済念じ 老いの月       土筆

ただ人に 迷惑かけず 老いの暮れ     土筆

 

 

公園は 朱と黄色で 暮れて行く        土筆

公園の 並木枯れ葉の 散りて暮る      土筆

葉はすべて 落ちて柿の実 露わなり     土筆 

柿の木や 梢に残る 枯れ葉かな       土筆

柿の木や 梢の枯れ葉 散り残る       土筆

空一面 黄色く占めて 銀杏かな        土筆

 

王ジャパン 世界一の日 開花の日      土筆

 

 

伸びすれば 噴水の水 ぬるみたる  土筆

噴水の 水もぬるみて 風やさし    土筆

薫る風 商店街の 造花にも      土筆

 

周辺は 春の色にて 染められて    土筆

駅回り 人の動きも 春めいて      土筆

まだ弱き 光ながらも 春息吹      土筆

梅咲くや 明るさ感じ 歩く道        土筆

 

菓子を手に 子の声弾む 雛祭り  土筆

雛祭り 集う子の声 弾みたり    土筆

 

家伝なる 紺屋高尾の 雛飾る    土筆

戦災に 無事に残りし 雛飾る    土筆

元禄の 頃の先祖の 雛飾る     土筆

 

梅雨の庭 葉は滴りて 石濡らす       土筆

五月雨や 葉は滴りて 止めどなく       土筆

さみだれや 葉は垂れ滴 止まらず      土筆

さみだれや 広野の草を なびかせて     土筆

さみだれや 遠野見わたす 限り降り     土筆

五月雨や どこまでも降り 続きたり      土筆

梅雨休み 欅の道に 陰の濃く          土筆

梅雨晴れ間 氏神社 鈴音して         土筆

梅雨の間の 晴れてそぞろの 散歩かな    土筆

さみだれや 滴落ちてる 庭の石         土筆

庭の石 雨だれ落ちて 光る肌          土筆

梅雨の来て 庭石の肌 濡れており       土筆

 

2000年(平成12年)巳年に詠む 

巳寿ぎ 二十一世紀の 春迎え          土筆

巳も心 健やかに迎う 春嬉し           土筆

巳の年の 計にわが身の 健康も         土筆

巳の春に 巳通さんかな 新世紀          土筆

巳の春や 起業で長者の 夢かなう        土筆

巳の年に 経済工学 深めたし          土筆

人も衣も 脱皮に学ぶ 巳年かな         土筆  

 

シード守り 駅伝アンカー 冬日映え        土筆

歓声浴び 駅伝走者 晴れ姿            土筆

若者の 胸に駅伝の たすき揺る          土筆

駅伝の シード争いに 声嗄らし           土筆

 

2005年4月28日(木)

紫外線 強き五月に 帽子買う      土筆

青嵐に 陽の強き中 帽子買う      土筆

陽は満ちて 新たな帽子 かぶりたる   土筆

 

孫笑顔 あやして楽し 初節句        土筆

じじ抱けば 孫の笑顔や 鯉のぼり    土筆

我が孫の 泣いて笑うや 青葉風     土筆

 

福知山線脱線事故の死者を悼む

花になぜ 脱線事故の 死者の報     土筆

花のとき 脱線事故の 死者悲し      土筆

脱線の 死者を悼むや 花の雨       土筆

 

春深まりて想句する

目を皿に 梅の実探す 庭の隅       土筆

葡萄棚 蔓に実を付け 日々の伸び    土筆

垣を超え 咲いて顔出す 躑躅かな     土筆

バラの花 ここにも咲きて 足を止め    土筆

喜の字越え 花 見入りたり 昼下がり   土筆

 

四季を詠む土筆の句

窓開けて 暫し見入るや 八重桜     土筆

カメラ持ち どこから撮るか 八重桜   土筆

八重桜 世情離れて 花盛り       土筆

 

京都大原三千院詠句  2005年5月12日(木)

京都大原三千院にて詠める

参道は 若葉に萌えて 三千院   土筆

青葉蔭 心洗わる 三千院     土筆

写経して 外は青葉の 三千院   土筆 

若みどり 写経筆取る 三千院   土筆

 

京都御所前で葵祭拝観

若葉萌え いにしえは いまご巡行     土筆

御所いでし 列の頭に 葵かな        土筆

若葉照り 御所よりいでる 列みやび    土筆

緑萌え 祭の列の 雅かな          土筆

古跡巡り バス待つ京の 陽の暑さ     土筆

山若葉 萌え上がりたる 村祭り       土筆

 

京都臨済宗総本山妙心寺詠句  2005年5月29日(日)

塔頭の 道は緑に 妙心寺      土筆

藤の花 池に散ってる 滝の庭    土筆

桂春院の 緑静まり 侘びの庭    土筆

縁に出て 緑の風や 京の寺     土筆

陽に映える 庭の緑や 京の寺    土筆

 

京都嵯峨野にて

千年の 緑伝えて 古寺の庭      土筆

小倉山 梢に残る 柿の庵       土筆

 

京都嵯峨野 向井去来邸落柿舎にて

嵯峨野来て みどりの里や 去来邸   土筆

小倉山 梢みどりに 句のいおり     土筆

時移り 嵯峨野に残る 柿の庵      土筆

 

京都大原 寂光院

石の段 若葉隠れに わびの院     土筆

 

京都大原 三千院にて

参道は 若葉に燃えて 三千院     土筆

青葉影 心洗わる 三千院        土筆

写経して 外は青葉の 三千院      土筆

若緑 写経筆取る 三千院        土筆

 

京都妙心寺にて

塔頭の 道は緑に 妙心寺        土筆

藤の花 池に散ってる 滝の庭     土筆

桂春院 緑静まり さびの庭       土筆

縁に出て 緑の風や 京の寺      土筆

陽に映える 庭の緑や 京の寺     土筆

緑陰に 汗収まりて 京の古寺     土筆

 

今はつつじの花の盛り

紫陽花の しっとり咲きて 路地の雨  土筆

路地抜けて 静かに咲くや 躑躅垣   土筆

雨上がり 若葉に滴 風に揺る     土筆

 

佐渡島発句 佐渡島は緑に萌えて、吹く風も柔らかく、歴史を重ねる名跡も諸処に見られる。

五月晴れ 渡航は早し 佐渡島      土筆

若葉風 歴史も香る 佐渡島       土筆

若葉萌え ゆかりも古き 佐渡島     土筆

木々青く 水澄み気冴え 佐渡島     土筆

 

佐渡島五重塔 2005年5月30日(月)

佐渡の古寺 緑に映える 五重塔    土筆

仰ぎ見る 塔はみどりの 島の空     土筆

由緒ある 塔は若葉の 島に建つ    土筆

佐渡島 緑を映す 屋根瓦          土筆

鮮やかな 緑の庭や 佐渡島         土筆

緑庭の 風情見とれし 佐渡史館       土筆

佐渡歴史 過ぎて残りし 若葉庭       土筆

 

連休明けの空を見て句を作る

連休が 明けて日本の 空を見る      土筆

五月晴れ 日本の未来 思うなり      土筆

これこそが 21世紀か 五月空       土筆

 

連休に静かな辺りの情景を詠む

青葉揺れ 古き句碑立つ 街道筋      土筆

人気なき 墓地 満開の 花見頃      土筆

境内は 静まり緑 日々に濃く        土筆

 

こどもの日 端午の節句

マンションの ベランダに泳ぐ 鯉のぼり   土筆

子の声も 弾む食卓 柏餅           土筆

初孫の 初節句なり 兜飾る          土筆

 

春季寸題詠句

山里に 句作に耽る 花の下             土筆

桃花散舞…宵もよし 酔いもよけれど 春嵐   土筆

山里霞深…たなびくは 霞か花か 山の里    土筆

緑雨揺葉…雨降りて 緑輝く 山に入る      土筆

新緑沈潜…緑濃く 山静まりて 昼近し      土筆

 

梅雨入り

紫陽花は 庭一杯に 色を塗り          土筆

梅雨来たり ベッドにウトウト 日曜日       土筆

梅雨の庭 軒の雨だれ 時 刻み         土筆

五月雨に 庭石すっかり 濡れており       土筆

紫陽花や 垣に溢れて 染める色        土筆 

 

梅雨の晴れ間の炎暑  2005年6月25日(土)

梅雨晴れ間 辿る日陰の 帰り道        土筆

梅雨晴れて 帰りの道の 街光る        土筆

梅雨晴れ間 道の日陰の 濃き昼間      土筆

 

空梅雨の憂い

梅雨なのに 晴れ間の朝や 小鳥鳴く   土筆

空梅雨と 気になる今朝の 予報かな   土筆

梅雨降らず 風も湿りて 雲の空      土筆

 

梅雨来たる

雨だれや 欅並木に 梅雨の来て   土筆

さみだれを 広げて早き 空の雲   土筆

一面に 五月雨の降る 広野かな   土筆

 

紫陽花咲く

あじさいや 庭ふくらまし 花咲けり       土筆

朝餉時 刻む茗荷の 香りかな         土筆

ウグイスの つがいで来てる 若葉陰      土筆

 

秋深まる 2005年10月2日(日)

郊外の林や広野に秋の夕闇が迫る頃、枯淡の絵を見るような心地がする。

秋風に こぼれ日揺れる 夕林         土筆

広き野に 薄 なびくや 夕迫る         土筆

 

谷もみじ 鳥鳴き 水音 燗の酒         土筆

 

角切りや 鹿追い込まれ 春日の社       土筆

 

辞書引けば 小鳥囀る 冬木かな        土筆

 

吹きてきて いずこに去りし 野分かな       土筆

枯れ葉散る これも一局 命の史         土筆

 

2005年10月21日 秋深まる草津・白根山・志賀高原をドライブして─

目立ちたる 里のお寺の 紅葉かな     土筆

もみじして 白煙一条 浅間山        土筆

浅間山 臨む紅葉の 峠かな         土筆

もみじ葉を 浮かべ露天の 草津の湯    土筆

草津町 標識の道 紅葉かな         土筆

谷川を はさんで紅葉 色付きぬ       土筆

露天風呂 紅葉を愛でて 湯の煙       土筆

紅葉を 背に湯煙の 草津かな        土筆

湯けむりや もみじに染まる 草津かな    土筆

打たせ湯を 浴びて紅葉の 草津かな    土筆

もみじ越し 浅間山臨る 峠かな        土筆

昇るほど もみじ映えてる 峠かな       土筆

紅葉映え 湯の香の流れ 草津かな      土筆

草津の湯 囲んで山の 紅葉かな        土筆

草津の湯 紅葉のなかの 湯の香り      土筆

雲湧くを 見おろす高き 山の秋        土筆

雲海を 眼下に秋の 志賀路かな       土筆

雲湧くや 秋気も山に 充ち満ちて       土筆

山枯れて 廻りに雲の 湧く志賀路       土筆 

 

2006年01月29日 客業生産論について詠む

客業に 反応感じ 冬晴れ日     土筆

関心を 惹き 客業や 冬晴れて   土筆

客業に 関心寄りて 冬晴れる    土筆

 

巣鴨、染井、霜降り商店街を歩く

寒き日も 爺婆拝む 地蔵かな     土筆

霜降りの 頃 しもふりの 街歩く    土筆 

 

樹氷が 連なり山は 空晴れる     土筆 

雪山や 話しかけたき 佇まい     土筆

 

冬雨に 濡れて庭石 静かなり     土筆

 

2006年10月23日 ─中央大学多摩キャンバス

中大の 意気上がりたる 秋の多摩     土筆

 

黄色味を 隠して銀杏 高く立つ        土筆

色濃くし 並木の葉色 空高く          土筆

庭に紅 差したる如し 彼岸花          土筆

好日を 幸いと謝し 彼岸花           土筆

 

眺め入る 柿熟したる 色冴えて        土筆

 

2006年10月28日 阿佐ヶ谷ジャズストリート

阿佐谷の 秋告げるジャズ ストリート     土筆

黒山の 人を集めて ジャズの秋        土筆 

阿佐ヶ谷の 芸術の色 濃くし秋        土筆

御輿行く かけ声熱く 秋祭り          土筆

 

2007年01月02日

亥の春や 猪突の元気 願いたる        土筆

人知らぬ こと広めんと 想う春         土筆

変革の 情報補なわん 春の計         土筆

情報落ちを 知らせ救わん 亥年 画す    土筆 

 

友の死を 悼むや雨の 秋の暮れ       土筆

 

紅や黄に まだらにもみじ 園の木々     土筆

 

高き空 フリーマーケットに 笛太鼓      土筆

 

花一輪 後ろに遠き 虫の声          土筆

 

テレビ見て 散歩の目当て 知る残暑     土筆

 

2007年06月28日  新緑の山梨県丹波村「のめこい温泉」は梅雨曇りに煙って山の気配を感じさせられる。

梅雨曇り みどり溶かして 山湯かな   土筆

 

2007年07月30日  異常気象は欧州で猛威を振るっている。ニュースでは、次のように報じている。─気象庁は27日、欧州南部で続く記録的な猛暑はアフリカからの南西風の吹き込みとフェーン現象が重なったのが原因とする見解をまとめた。この欧州南部に居座る高気圧と、偏西風の影響で、「日本周辺でも、太平洋高気圧が強まり、西日本が猛暑になる可能性がある」(同庁)としている。同庁によると、欧州南部では18日ごろから40度を超える日が続き、セルビアで43・2度、ギリシャで41・0度を記録したということだ。─

ギリシャにはアテネを訪ね、エーゲ海を航海したりしたことがあり、記録的猛暑の報に驚かされた。東京も梅雨明け間近で、強い雷雨に見舞われ、その上、台風5号が近づいているという。降り注ぐ激しい雷雨に庭の石がしぶきの中に濡れ、植木の葉からしずくがつながって流れ落ちる。

傘寿生きて 激しき雷雨 庭見入る      土筆

庭見入る 傘寿の午後の 雷雨かな     土筆

庭を見る 傘寿や雷雨 降り注ぐ       土筆 

 

2007年08月05日  本格的暑さとなった。暑中見舞いも実感が籠もる。当方からも暑中見舞いを差し出すことにする。先ず小学校の級友に次の俳句を添えて送る。

傘寿生き 級友偲ぶ 夏伺い     土筆

古い友人には…

傘寿生き 旧知偲びて 夏伺い    土筆

 

異常気象の夏と思うと酷暑が身に滲みる。冷たいビールが救いであるが、つまみの枝豆を欠くことはできない。莢(さや)を口に当てて、中の豆を口中に放り込むと、噛むほどに旨味が広がる。

枝豆や 莢膨らます 身の旨さ    土筆

 

2007年09月19日  山陰ツアーの第2日目の昼に、出雲大社参拝を行った。建国当時の神話に充ちた大社であり、歴史の重みを感じる。参拝は二拝四拍手一拝である。ご祭神は大国主命である。家にも大黒天をお祭りして、朝夕お詣りしている。今回2度目の大社参拝であり、古代史の雰囲気を感じながら、写真を撮らして頂いた。

国造り 古代史語る 夏木立     土筆

建国の 歴史伝えて 大社夏     土筆

蝉鳴くや 古史伝え来し 大社かな  土筆

 

2007年09月20日  島根県安来市の足立美術館の庭園は、日本一の庭園といわれる。その庭園を見ることができた。その見事さに言葉を失った。これほどまでに全てに亘って、行き届いた庭園は見たことなかった。

究めたる 庭園ここに 夏の景   土筆

 

2007年10月04日  先日の山陰ツアーの第3日目は、三朝温泉を出発して、鳥取砂丘を観光したが、随分前に一度案内して貰ったことがあり、懐かしい眺めであった。観光の施設も随分整備されていた。穏やかな日に、踏みしめる砂も優しい感じが伝わってきた。

夏の陽に 砂丘の駱駝 陰や濃し  土筆

昼食は丹波の小京都といわれる兵庫県豊岡市の出石町で、皿蕎麦というのを食べた。観光のスポットは辰鼓楼という今は時計台となっている建物である。町の中心の出石家老屋敷の隣に故伊藤清永画伯の美術館があり、同画伯の東京のお宅が杉並区東成田であることから、入館して作品を拝見した。

暑き日や 出石に残る 丹波の史  土筆

午後のコースは天橋立の観光である。約50年前に一日この地を一人で来て観光したことがある。懐かしく思い出される。

見通せる 天橋立 蝉の声     土筆

 

2007年10月05日 先日3日、西武池袋線高麗駅の近くで、巾着田という地名の曼珠沙華の花見の名所へ、家内と見物に出掛けた。誠に見事に、巾着田を溢れんばかりに咲き揃っていて、驚かされた。

花咲くや 巾着を埋めて 曼珠沙華     土筆

巾着を 溢れんばかり 曼珠沙華      土筆

ひたすらに 咲いて咲いてる 曼珠沙華   土筆

苔の樹も 巻き込んで咲く 曼珠沙華    土筆

 

2007年10月22日  秋が深まってきた。連日の快晴に恵まれ、木々が色付き始めた。

パソコン越し 窓辺の柿が 色付きぬ   土筆

 

2007年10月24日  昨日地元消防署の催しで、消防研修会に参加した。場所は立川消防防災センターで、昭和記念公園に隣接の場所である。バスは同公園の駐車場で駐車し、昭和天皇記念館を見学後、午後に消防研修が行われた。公園の秋色は次第に濃くなり、間もなく紅葉の盛りとなるだろう。同記念公園の駐車場の秋景を詠んで一句。

紅葉には まだ早きかな 昭和園   土筆

気は澄みて 園に紅葉の 兆しして  土筆

 

2007年11月03日  11月1日、光が丘公園を通ったので、紅葉の具合はどうかと写真に収めた。ここは銀杏並木が有名で、その黄葉の盛りは見事な景観を呈する。当日の紅葉の具合は、いよいよ始まったかといった具合で、これからが楽しみである。写真は「紅葉が始まった」、「黄葉が始まった」、そして「枯れ葉色に衣替え」と題する3葉を示す。こうした秋の景観に詠句した。

山からの 紅葉の便り 届く頃      土筆

世の中を 黄色く染める 銀杏の葉   土筆

枯れ色に 変わり始めて 園寂し    土筆

 

2007年12月10日  師走も十日ともなると、あちこちの銀杏も枯れ葉を散らし始める。銀杏並木の黄葉が見事と思う間もなく、黄色い葉が一斉に散り始める。杉並の青梅街道の並木は銀杏の木であり、まさに黄葉の真っ盛り、そして落ち葉が散って道路も黄色に色付いている。

黄葉の 映えて街道の 先遙か     土筆

黄葉の 散って街道 色づけり      土筆

遙か先 銀杏並木や 黄に染まり    土筆

木々はみな 黄一色の 銀杏かな    土筆

  

2007年12月11日  奥多摩を抜けて、山梨県丹波山ののめこい温泉に日帰り入湯に出掛けた。山は枯れて初冬のたたずまいとなっている。

柿の実の 露わとなりて 山暮れる    土筆

 

2008年01月03日 中央大学を応援するために大手町に行った。中央大学応援の会場はサンケイプラザの2階201号室、観戦は同フロワーの喫茶室で窓から駅伝ランナーの走りを見渡せる場所である。中央大学はシード権を確保し、昨年より順位を一つあげて、7位で入った。来年も同じ会場で生応援ができる。

 

今回の駅伝観戦アルバムに俳句を添えて、下に示す。

シード守り 駅伝アンカー 冬日映え   土筆

歓声浴び 駅伝走者 晴れ姿       土筆

若者の 胸に駅伝の たすき揺る     土筆

駅伝の シード争いに 声嗄らし      土筆

 

2008年01月23日  朝起きたら、東京に雪が降っていた。温暖化で東京は冬に雪が降るのは珍しくなった。大雪にならず、道路に雪が積もることはなかったが、木々や屋根が白くなって、雪景色である。

東京の 雪降る朝や 白き屋根      土筆

 

2008年03月07日

梅咲けど 株価下落の 報厳し      土筆 

 

2008年03月17日  庭の梅の花が散り始めたと思ったら、杏の花が咲き始めた。今年は花芽が多く、開花が楽しみだったが、春めいてきたと同時に一挙に花が咲き始めた。窓を開けると、パソコンの液晶画面越しに見事な杏の花盛りである。ふと見ると、鶯が来て、花の蜜を吸っている。何とも、春到来、桃源郷の雰囲気である。

杏咲き 窓一杯の 桃源郷        土筆

窓通し 桃源郷の 香りかな       土筆

窓枠の 範囲ながらも 桃源郷     土筆

 

2008年03月29日  杉並区阿佐谷パールセンター商店街に阿佐ヶ谷わがふるさと館が開館して、オープニングイベントとして阿佐ヶ谷在住の詩人・作家ねじめ正一講演会が催された。阿佐ヶ谷「今と昔」ということで、1時間ほど講演が行われ、これを聴きに行った。

商店街 往時を偲ぶ 春イベント     土筆

街語る ねじめ正一 講演会       土筆

ねじめ師の 語る阿佐ヶ谷 聴く春日   土筆

 

2008年03月30日 花見の「ひとりうたげ」に俳句あり。

お花見に 弁当片手の 一人酒      土筆

極楽を 一人味わう 花見かな       土筆

がぶ飲みの 見上げる先は 花の空    土筆

 

2008年03月31日  明日は平成20年度スタートの日。新年度早々に小学校のクラス会が行われる。一年ぶりに旧友に会うということで、心待ちの気分になる。そんなときの一句。

理髪して 明日クラス会 老いの春   土筆

 

2008年04月02日 桜は満開となり、菊桃は五分咲きという華やかな季節となった。窓の外は桜の満開を背景に庭の菊桃の花の色が鮮やかである。お花見に外出することなく、窓越しに桜と菊桃のお花見ができるのは、ありがたいことである。居ながらに、窓外の花盛りを鑑賞して、発句する。

恵まれし 花見の時を 居間にいて  土筆

戸明ければ 窓一杯の 桜かな    土筆

窓明けて 見入る櫻や 花盛り    土筆

恵まれて 窓からできる 花見かな  土筆

 

2008年04月04日 桜の花盛りに併せて、庭の菊桃の花が満開になろうとしている。窓を開ければ、山桜の白に菊桃の紅が重なって、花の紅白合戦の感じになっている。

窓明けて 紅白花の かさなれり   土筆

 

2008年04月09日  庭の菊桃の花が満開となった。濃い桃色の花の色で居間が華やかに明るくなった。そうした中で一句。

菊桃や 華やかにして 賑やかに   土筆

 

2008年04月29日 つづじの花盛りを迎えている。22日に練馬区民センター前の平成つづじ公園に咲き具合を下見してきた。本日は29日 祭日で花見にはもってこいの日であり、満開のつづじを期待して、花見に出掛けたが、区民センター前ではつづじ祭りで大変な人出であった。花は期待に違わず、まさに見頃で、思わず一眼レフデジカメのシャッターを切る。感じ入って、俳句も口から出る。

天も地も つつじの花の 色の中   土筆

 

2008年05月24日  3日前から右手がマウス操作の過労で腱鞘炎の症状となり、右手首から指先にかけて痛みが走るようになった。コーヒーカップを右手で持とうとしても、痛みを感じる。ドアのノブも右手で回すと、痛みが走る。右の肩から腕に掛けて揉んだりして、様子を見ていたが、やはりパソコンを休むことが痛みを取るのに直に効果があるみたいである。本日午後からやっと痛みが軽減して、何とかマウスも使えるようになった。マウスでの腱鞘炎症状はパソコン歴30年(パソコンにマウス使用以来では13年)で初めての経験である。何事もやり過ぎには気をつけなくてはならない。痛みが軽減して、句も詠めるようになった。

若葉萌ゆ マウス持つ手の 痛みかな 土筆

 

2008年06月19日  庭の杏の木に実が熟してきたので、息子が取り入れしてくれた。杏の実はいい色に熟している。早速写真に撮った。これで家内がジャムを作った。次の句を作った。

熟したる 杏煮詰めた ジャムの色  土筆

 

2008年06月20日  庭の葡萄の蔓が窓に絡み、付けた葡萄の実の育つのが家の中から見える。

ぶどう蔓 窓に絡みし 実の育ち  土筆

 

2008年06月29日  6月24日に上の息子が山梨県丹波山村ののめこい温泉に家内と一緒に連れて行ってくれた。緑か濃くなっている奥多摩の山中を多摩川の源流に沿って遡って行く先にのめこい温泉がある。今回は菖蒲の花の見頃でもあり、途中の青梅市吹上の菖蒲公園に寄り道して、菖蒲の花見をした。里山の谷に一面、色々な種類の菖蒲が植えられていて、花の見頃を迎えている。その情景の中で作句した。

里山の 谷は 菖蒲の 花尽くし  土筆

吹上の谷 一面の 花菖蒲     土筆

 

2009年4月6日詠む

バスの窓 行く先々の 花見かな         土筆

 

2009年4月8日詠む        

窓越しに 花守となる 書斎かな         土筆

窓越しに 花見している 昼休み         土筆

 

2009年4月21日詠む

雨だれの 音繁く 庭 若葉揺れ         土筆 

 

2010年04月23日  山あいの湯に十五句を発句する  

 

渓谷に 泰然一本 花盛り          土筆

山あいが 白く映えたる 花盛り       土筆

鄙びたる 里に絢爛 花盛り         土筆

人気なき 里に ウェルカム 花盛り     土筆

露天風呂 湯の面に白き 花盛り      土筆

露天風呂 湯の面の揺れて 花の散る   土筆

山の湯に 句ひねりおる 花の下      土筆

谷に花 鳥鳴き 水音 燗の酒       土筆

花びらの 散って浮かんで 露天風呂   土筆

湯に入れば 花の散り来る 露天風呂   土筆

山の湯や 花びら浮かぶ 露天風呂    土筆

花びらの 湯船にも散る 露天風呂     土筆

山の湯に つかり花見の 恵みかな     土筆

八十三才 山湯で花見る 恵みかな     土筆

老父母を 山湯に 息子の 恵みかな    土筆

 

2010年末に詠む

煎餅はみ 老いを過ごすや 年の暮れ      土筆

 

UNT 2QC 有縁亭土筆 十句観音経の与仏有縁から有縁亭を頂き、土筆を号として句作の折々です。

目を皿に 梅の実探す 庭の隅       土筆

葡萄棚 新芽実を付け 蔓の伸び     土筆

塀を越え 葡萄顔出す 花盛り       土筆

バラの花 咲いてここにも 足を停め    土筆

垣根から バラ溢れ咲く 朝の途      土筆

花の世と 別に苦厄の 裁きかな      土筆

犯したる 罪裁かれる 花の頃       土筆

古希近く 花見て心 安らぎて        土筆

ウィンドウズ 苦労の窓を バラ覗く     土筆

からたちの 花は咲いたり リズム取る   土筆

 

耐えおれど 枯れ葉ちぎれて 吹き飛べり   土筆

吹く風に 耐えし枯れ葉の ちぎれたり      土筆

 

●わが庭の葡萄豊作  

軒と塀 わたして 葡萄よく実り           土筆

葡萄実り ボジョレ、シャブリの はなし出て   土筆

薬効は ポリフェノールや 赤ワイン        土筆

葡萄房 三百ほどを ざるにつむ         土筆

口に入れ 甘さ確かむ 葡萄棚          土筆

頭上には 枯れ葉も貯めし 葡萄棚       土筆

赤ワイン ブームの中で 葡萄獲る        土筆

 

梅の香や 見上げる頭上の 六分咲き      土筆

寒い空 バンジー あわやで ゴム戻り      土筆

 

飛び降りて そのままか 寒き バンジー台    土筆

 

古希過ぎて 講終え キャンバス 積もる雪    土筆

 

 

2011年3月11日、東日本大震災の犠牲者を悼む

大震災 東京も揺れ 春 怖し            土筆

大震災 津波と続く 怖き 春             土筆 

大震災 恐ろしき春の 悲惨なり           土筆

余りにも 巨大な被害 春壊る             土筆

犠牲者の 頓証菩提 祈る春             土筆

不幸をば 福幸にぞと 念ず春             土筆

塀と屋根 破損を修理 恐る春            土筆

 

2011年10月22日 秋も深まり、昼食を終えて、食器を洗う。老妻が今年1月7日、77歳で亡くなって、最初の秋を迎えた。同居している長男は外出し、1人食後の片付けをしている。亡妻を偲びながら、食器を洗う水が手に冷たい。

妻亡くて ひとり昼餉の 秋静か     土筆

菊かおる 妻亡き後や 皿洗う      土筆

妻は亡く 食器洗いの 水冷えて     土筆

昼下がり 亡き妻偲び 菊を生く     土筆

亡き妻に 線香のけむり 菊の花    土筆

亡き妻 妙法 信徳院妙謙日菊信女霊位 追善供養 頓証菩提を祈り、静かな秋の日に生前の妻を偲ぶ。

 

2011年10月18日  紅葉の名所、八幡平から帰宅して、素晴らしい山もみじの光景を思い出し、作句した。

 

紅に黄に 山色分けて 空高し        土筆

彩りは 空青 山茶 紅黄の葉        土筆

渓流に 沿って紅葉の 帯長し        土筆

もみじして 日差せば山の 色映える    土筆

山もみじ 自然の恵み 目の保養      土筆

山中に この樹の紅葉ぞ 孤高なる     土筆

もみじの盛りに自然に没入して、ただ観賞し、沈潜する時間であった。

 

八幡平から十和田湖にドライブし、岩手県花巻の温泉、かって宮沢賢治も訪れたという大沢温泉菊水館に宿泊した。

山もみじ 白き煙や 麓の湯    土筆    と発句した。

 

散歩してみる桜花

一本で 花見をさせる 古木かな         土筆

桜咲き 素通りできぬ 頭上かな         土筆

 

木蓮の 花散り 根元  白き宵          土筆

 

路地裏の 塀に咲く薔薇 見入りたり      土筆

庭の梅  手伸ばし触る 実の育ち        土筆

 

理髪して 明日クラス会 老いの春     土筆

お花見に 弁当片手の 一人酒       土筆

極楽を 一人味わう 花見かな       土筆

がぶ飲みの 見上げる先は 花の空    土筆

商店街 往時を偲ぶ 春イベント      土筆

街語る ねじめ正一 講演会        土筆

ねじめ師の 語る阿佐ヶ谷 聴く春日   土筆

杏咲き 窓一杯の 桃源郷         土筆

窓通し 桃源郷の 香りかな        土筆

窓枠の 範囲ながらも 桃源郷       土筆

梅咲けど 株価下落の 風寒し       土筆 

 

寡夫暮らし 独居(ひとり)で虚し 冬の部屋   土筆

歌入選 八十五暮らしの 証しなり        土筆

 

2011年11月01日 11月に入り、年賀はがきが売り出されたが、今年は家内が1月に亡くなり、喪中ハガキの宛名をプリントした。秋深まり、静かな昼下がり、1人で宛名確認していると、一入寂しい思いである。

寂しさや 妻の喪中の 知らせ書く         土筆

妻は亡く 1人の時や 秋深く            土筆

パートナー 妻の喪中の 秋寂し          土筆

 

本日初めての木枯らしが吹いたという。いよいよ秋も深まっている。庭の植木の枯れ葉も落ち始めた。来月は85歳の誕生日を迎える。今年1月家内を77歳で亡くした。秋の寂しさが一入身にしみる。

木枯らしが 八十五歳に 吹いて夜   土筆

 

2011年11月10日 山梨県丹波山村ののめこい温泉にて

山もみじ ダムの水辺の 陽差しかな         土筆

山もみじ 公孫樹の数が 数えられ          土筆

山もみじ 夕闇に公孫樹 暮れ残り          土筆

 

温泉の湯煙に四季を詠む… 2011年12月06日

春…露天風呂 湯気の行く手や 春霞        土筆

夏…露天風呂 湯気の行く手や 雲の峰       土筆

秋…露天風呂 湯気の行く手や 山もみじ      土筆

冬…露天風呂 湯気の行く手や 雪の山       土筆

 

2012年春に詠む

梅咲いて 玄関一時 ほの明かり         土筆

 

櫻の花が7分咲きとなり、書斎の窓からの花見である。

書斎から 花見のできる 恵みかな         土筆

桜咲き 書斎の窓や フォトフレーム        土筆

 

薔薇の花 ここにも咲いて 足を停め        土筆

 

庭の梅の木は満開に近い花を咲かせている。

春来る 陽差しは影を ピタリ決め         土筆

春の雲 ゆったりふっくら 暖かそう         土筆

 

八十五(ヤソゴ)歳の老いの身、この度、熊野本宮大社歌会への小生の献詠歌が入選の栄に浴し、これからの生存を熊野の御祭神が光をお与え下さり、何か元気付けて下さる思いにて、久し振りに明るく、やる気の高まりを覚えております。

歌入選 八十五生きてて よき晩夏         土筆

歌入選 まだ吾生きん 八十五夏          土筆

歌入選 神意頂き 秋迎えん             土筆

 

2012年11月12日 奥多摩の山並み、渓谷に鮮やかなもみじの盛りを発句した。

山並みに 木々色付きて 多摩の秋        土筆

惜しげなく 山全体に もみじかな          土筆

鮮やかに 色競い合う もみじ山          土筆

吊り橋も 目立ってもみじ 色付きぬ        土筆

一山を もみじで埋めて 多摩の谷         土筆

もみじ濃き 山また山を ドライブす         土筆

トンネルを 抜ければもみじ 谷深し         土筆

もみじして 山モザイクに 陽に映える        土筆

山並みは もみじ色なす 奥多摩湖         土筆

葉散る前 もみじの盛り 多摩の谷         土筆

山深く 銀杏の黄色 暮れ残り            土筆

銀杏の 黄色並べて 学園路             土筆

 

白き湯気 切れて紅葉の 山の風呂         土筆

丹波山の のめこいの湯や 八十五秋        土筆

一景を この紅葉(こうよう)で 締めくくり      土筆

この景を 締めくくりたる 紅葉かな          土筆

奥多摩を この一本で 紅葉見せ           土筆           つ

幾重にも 山並み超えて 秋の富士         土筆

 

2012年11月16日 86才の深秋

数えでは 米寿となりぬ 秋深し            土筆

一時は 米寿慶ぶ 衰枯 秋              土筆

 

2012年12月10日 山梨県の丹波山村の”のめこい”温泉にて

枯れ色の 山も見所 山湯宿         土筆

全山を 枯れ色にして 奥多摩湖       土筆

山枯れて 猿出没の 峠道           土筆

 

2013年初詣

数え年 米寿となりて 初詣            土筆 

社寺参り 手打ち 手合わせて 初詣      土筆

社寺巡り 柏手 合掌 初詣            土筆

 

2013年初雪が大雪で、寒さに震えても冬物売り上げ好調で笑顔に…

震えても 笑みのこぼれる 衣産業        土筆

 

句集を編じながら句作する(平成25年2月5日)

売りに出た 昔栄えし 家の秋            土筆

人気(ヒトケ)なく シャッター街や 秋の暮れ    土筆

全国に 空き家放置の 報の秋           土筆

少子化や 子の声聞かぬ 街の秋         土筆

落人の 平家の里の 柿赤し            土筆

売上の 減り続けたる 店(百貨店)の冬     土筆

メイドイン ジャパンのドラマ 凍て付く夜     土筆

製造業 繊維に続き 落つ冬日           土筆

世界一 ブランドの社も 無配冬          土筆

隆盛の 時 遠く去り 冬日暮る          土筆

世は変わり 時は移りて 雪の降る        土筆

盛衰は 諸行無常 雪白し             土筆

茹で蛙 現状維持へ 吹雪ふく           土筆

常識を 破り変われと 説く寒気          土筆

問題を 抱えすぎたる 国寒し           土筆

貧すれば 鈍する恐れ 国の冬          土筆

独創を 押せば己に 吹雪きかな         土筆

人生の 盛りも遙か 老いの寒          土筆

経工文 著書など証し 残し雪           土筆

女子大も 連載の縁も 積もる雪         土筆

残雪や 通産委員の 時 回顧          土筆

雪降るや 大型プロも 遠くなり          土筆

残り雪 自動縫製(大型プロ)で 世界交流   土筆

審議会 委員勤めし 思い雪           土筆 

 

東京 平成25年冬 例年より降雪多し

来たるより 過ぎ去りし時 思う雪        土筆

★★★ 退翁衰枯伝 ★★★

86才の生存を続けて日々を送っています。身を以て世の栄枯盛衰を感じながら、我が身を退翁(辞書では「退老」という)と称して、退翁が衰枯の過程に入り、その暮らしを伝える気持ちで、退翁衰枯伝と名付けました。そうした暮らしの中の一齣を詠んだ句です。(平成25年2月26日記)

衰枯する 我が身の暮らし 老いの冬     土筆 

衰枯期を 噛みしめる日々 冬陽差す     土筆 

脳梗塞 転倒 憂う 老いの冬         土筆

八十六(ヤソム)歳 衰えを知る 老いの冬  土筆 

明日一日 予定どうする 老いの冬      土筆

一日を 無為にはせぬと 老いの冬      土筆

己が身は 時豊かなる 老いの冬        土筆

老いの冬 転ばぬ先の 杖をつく        土筆

杖つけど 燗酒 熱きを 喜べり         土筆

寒き夜や 鍋焼きうどん 熱き燗        土筆

寒き風 つくづくわが世 回顧の日       土筆

退社せば 社は衰弱の 冬長し         土筆

リストラや 冷酷な社の 凍て付く夜      土筆

朝陽差し 庭の梅咲き 意欲湧く        土筆

梅咲いて 玄関の前 花明かり         土筆  

梅咲いて  香りと白き 気配の夜       土筆 

酒飲めば 梅見る夜空 白き華         土筆

酒飲めば 梅が咲いてる 己が庭        土筆

老いの身に 肴 熱燗  喜ぶ夜        土筆

阿佐ヶ谷の 文士の村や 冬探訪        土筆

梅とりて 達成感あり 笊(ザル)の中      土筆

梅の実の 艶と香りの 良きを愛づ       土筆

広野をば 我が物顔の 野分かな        土筆

砂煙 上げて広野の  野分かな         土筆

黒雲の 下に広野の  野分かな        土筆

この落ち葉 木枯らし吹いて 欅道       土筆

耐えていた 枯れ葉やついに ちぎれ去る   土筆

木枯らしや 最後残りし 葉をちぎる      土筆

連載を 続け15年 月澄んで          土筆

連載は 180回 秋祭り             土筆

連載の 長きも 証し 秋陽差す         土筆

工と経 二学で来る 秋深し           土筆  

パソコンを 相手に暮らす 冬日かな      土筆

豊かなる 時 パソコンに 向かう冬       土筆

パソコンが 支えて老いの 夜長かな      土筆

パソコンの 付き合い長く 夜も長し       土筆

外は杖 内はパソコン 老いの冬        土筆

パソコンが 欠かせぬ暮らし 雪の降る     土筆

パソコンは わが世の証し 須磨の雪      土筆

麻雀と 碁をパソコンで 打つ 夜長       土筆

銀世界 パソコンで書く 原稿かな        土筆

梅花見 原稿書く手 休めたり          土筆

パソコンが デジ家事 担う 夜長かな     土筆

パソコンで 確定申告 終えにけり       土筆

 

わび、さび、しおり 現在版

 ネオン消え みんな帰った 夜の静か       土筆

 クリスマス 賑やかなだけ あと寂し       土筆

 老いの身の ひとり衰枯の 秋深し        土筆

 わびさびも しおりも衰枯の 我が身かな    土筆

 

阿佐ヶ谷欅並木賛句

阿佐ヶ谷の 欅並木や 芽吹く頃        土筆

阿佐ヶ谷の 欅並木や 若葉愛づ        土筆    

阿佐ヶ谷の 欅並木の 木漏れる陽       土筆 

トンネルの 欅並木や 樹の茂り         土筆

酷暑日も 欅並木の お陰かな          土筆

阿佐ヶ谷は 欅並木の みどり街        土筆

 

脳梗塞(NHKテレビ朝一で脳梗塞の番組を見て、2013年3月4日) 

脳梗塞 NHK取り上げる 冬の朝        土筆 

脳梗塞 左足引きずり 秋の入り        土筆

脳梗塞 次男気付いて 院への秋        土筆  

脳梗塞 左腕下がりし 院の秋          土筆

脳梗塞 早めの治療で 梅花見         土筆

 

夜中目覚めて句作する(2013年3月5日) 

老いの冬 夜中に目覚め 句作かな       土筆

人の世や 眠り覚め 句を 詠む夜寒      土筆

人の世や 記録の雪の 死亡記事        土筆     

人の世や 脆くも 可憐 春待たる        土筆

人の世や 相手 衰枯か 氷点下         土筆

人の世や 栄枯盛衰 冬の夜半          土筆 

人の世や 社はリストラの 冬の陣        土筆

人の世や 家内亡くして ひとり冬         土筆

人の世や 寡夫の暮らしの 寒さかな       土筆 

人の世や 訃報 さよならと 夜寒かな      土筆

人の世や 老いの暮らしに 梅の咲く       土筆

人の世や 付きあいも衰枯 老いの冬       土筆

人の世や 老い寡夫暮らし 句に詠みて     土筆

人の世や 老いの暮らしに 梅の咲く       土筆

人の世や 人より良き世 己が春          土筆

わが人生 羽を伸ばして 生きし春        土筆

老いの冬 酒 日 一合が 支えなり        土筆

一合の 酒が支える 冬暮らし           土筆

一合の 酒でわが世が 花の園          土筆

酒一合 日々の恵みや わが一生        土筆

酒一合 老いを支えて 春招く           土筆

衰枯伝 古手帳の句 冬日差す          土筆 

人の世や 老いの句作で 千句とせん       土筆 

あと百句 詠めば千句に 花が咲く        土筆

わが生の 証しとなさん 千句春          土筆

 

朝、目覚めて、庭の梅の木に鶯が来て

鶯の 来れば 梅の木 花散らす          土筆

鶯の つがい来たりて 梅花(ハナ)散らす     土筆 

鶯が 梅の花びら 散らしたる            土筆  

見上ぐれば 梅花(ハナ)に鶯の つがいかな   土筆  

 

2013年、1月転倒、2月耐寒、3月土筆は萌え出づる

脳内は 俳句のモード 春めいて           土筆

芭蕉の句 子規の句 名句 春近し         土筆

千句期し 日々作句せん 春近く           土筆

前立腺 手術快癒の 春来る             土筆

春近く 体調も良く ありがたし             土筆

無事期して バリア用心 杖土筆           土筆

老いの冬 暮らし用心 念入れて           土筆

銀世界 去って花咲く 白世界             土筆

花散って 掃くゴミの色 白くなり            土筆

春の来て 血圧下がり 笑みこぼる          土筆

春の来て 庭に温もる 陽差しかな          土筆

もう寒く ないよと教え 木蓮花            土筆

 

2013年、ある社長の方針説明より…この社を存続させるために、断腸の思いで雇用調整を決断しました。大幅な人員削減に踏み切らざるを得ません。この規模はリーマンショック時の対策を上回るものとなります…。

製造の 在庫で赤字 吹雪暴る            土筆

製造業 危機でリストラ 冬厳し            土筆

リストラは 社の熱気をも 冷やす雪          土筆

リストラで 社の衰枯の度 冬深し           土筆

氷河期か 売れずリストラ 会社冷え         土筆

リストラの 度に人財 去る 社冷え         土筆

産業史 示す衰枯や 冬長し             土筆

欧米の 大手も消えて 冬荒れる           土筆

産業の 衰枯示して 寒夜かな            土筆

危惧をして 二十年 危機 凍る朝          土筆

製造業 経営の質 問わる冬             土筆

中国に 企業を売るや 氷張る            土筆

ものづくり 衰枯を危惧し 雪の夜          土筆

中国で 売れない製造 枯れの冷え         土筆

人財は リストラで反故 凍て付く夜         土筆

人間も 骨と皮では 衰枯 冷え           土筆

人去って 社が衰枯する 荒れた冬         土筆

存命が 叶わぬ道か 雪隠す             土筆

茹で蛙 体力尽きて 危機の冬            土筆

茹で蛙 気付けば遅し 立ち枯れる          土筆

工業は リストラ不可避 冷える冬          土筆

衰枯をば 乗り越える先に 春芽生え        土筆

常識の 服変えられず 氷の世           土筆

常識を 変え 服を変え ファ社の春        土筆

存続を かけて リストラ 氷河の期          土筆

一兆円 達成 ユニクロ 春うらら          土筆

アップル社 個人で回生の 春もあり        土筆

客業の 理念 導く 春の園             土筆

CEEへの 満足高め 春呼ばん           土筆

去り難き 日向温もり 春来る            土筆

 

ヘルスケアの記

寒椿 毎月 血糖 測りおり              土筆

朝と晩 血圧測る 八十六冬             土筆

脳梗塞 通院診察 春の風              土筆

前立腺 術後通院 桜咲く               土筆

おのが身の 衰枯自覚し 暮らす冬         土筆

 

2013年、梅散って椿の花盛り

椿咲き 花に見入れば 笑みこぼる         土筆

窓越しに 椿の赤き 花を愛づ            土筆 

椿花 仏花に切りて 供えけり            土筆

椿花 ポタリと音し 散りにけり            土筆

 

2013年、窓外桜咲く

わが窓は 今や 桜の 花見窓           土筆       

窓明けて 換気の度の 花見かな          土筆       

夕闇に 窓の周辺 花明かり             土筆       

遠くへと 行かず花見る 窓辺かな         土筆

八十六歳 今年も花の 恵みかな          土筆       

 

2013年3月20日 春のお彼岸中日 法要の途中 桜の花見る 

出掛け時や 都営住宅の 桜咲く           土筆

両国の 日大一高の 桜見る             土筆

菩提寺の 桜見上げる 先に塔            土筆

墨堤の 桜咲く先 空に塔               土筆

千川の 並木の桜 咲き揃い             土筆

帰宅時や 夕闇に咲く 桜かな            土筆

本日の 歩数一万 超え 彼岸            土筆

 

2013年、花見の散歩

カメラ手に 花追い掛ける 散歩かな        土筆       

写真取り 添える句作る 散歩道          土筆       

花追って いつもと違う 散歩道           土筆       

 

2013年、桜の花盛り

染井咲き 菊桃が咲き 八重も咲く         土筆

窓越しに 燗酒に鮨 桜咲く             土筆 

燗酒と 鮨 窓越しに 見る桜            土筆       

燗酒と 鮨 窓越しの 花見かな           土筆

菊桃が 咲いて 亡妻 愛でし花           土筆

菊桃が 咲いて妻亡く 茶を入れる         土筆

菊桃が 咲けば 亡妻に 線香上ぐ         土筆

 

2013年、八十六(ヤソム)歳早春

八十六春 身体の動き 衰えり            土筆

視力劣り 杖突く身なり 八十六春          土筆

目衰え 身体も萎えて 八十六春           土筆

検査して 膵臓ガンなく 笑みの春          土筆

起きて生きを 寝床では死を 想う春        土筆

 

2013年、3月30日

欅道 萌えて若葉の トンネルに           土筆

欅道 中に桜の 花目立ち              土筆

 

2013年4月1日済生会中央病院検査

●往路にて

千川の 桜並木に 花吹雪              土筆 

咲く桜 心も和む 千川路               土筆  

東京タワー 頭上の花の枝の先           土筆  

東京タワー 花の曇りの 先に立つ         土筆 

東京タワー 花越しに観る 院の道         土筆 

東京タワー 空に欠かせぬ 花の景         土筆 

足許に 花びら 空にタワーかな           土筆 

朝陽差し 青空 白桜 塔の建つ           土筆 

桜咲き つくづく塔を 見入りたり           土筆 

花の上 高層ビルの 上の塔             土筆 

院内、帰途にて

MRI 音響(おと)浴び検査 院の春          土筆 

MRI 花思いつつ 音響(おと)を聞く         土筆 

MRI 暫し音響(おと)する トンネルに        土筆  

MRI 音響(おと)するトンネル 目をつぶる     土筆  

花とビル 東京タワーの 景色かな          土筆 

枯れ色が 白い花色 若葉色             土筆 

陽が差すと 色華やかな 春景色          土筆 

花散るや 桜並木の 散華かな           土筆 

練馬駅 前に花見の 広場かな           土筆 

鳥が飛び 鳥が囀る 花の園             土筆 

桜咲き じっと見入りて 昼下がり          土筆  

 

2013年4月3日、雷伴い激しい雨の予報

花冷えに 連日の医者 通いかな          土筆

花冷えも 診察結果 異常なく            土筆

花冷えの 昼 冷え性の 手を擦る         土筆

風雨して 花冷えに 手 冷えるかな        土筆

手足冷え 薬のせいか 案ず 春          土筆

花冷えや 副作用 気に 薬休む          土筆

雨降って 花冷えの日の 窓明かり         土筆

花冷えや 懐かし古友 思い出す          土筆

春なれど 花鳥冷やして 雨一日          土筆

雨音に 鳥も鳴かずに 花冷える          土筆

庭石や 花冷えの日の 雨に濡る          土筆

花冷えや 独居 ストーブに 手暖める       土筆

花冷えや 雨風 音を 混ぜて荒れ         土筆

花冷えや 思い出は過去を 駆け巡る       土筆

花冷えや 雨音の中の 回顧かな          土筆

 

2013年4月5日、親しい方の訃報届く 

花冷えに 訃報届くや 八十六歳          土筆

八十六歳 訃報に寂し 老いの春          土筆

おのが身も 衰枯の伝や 花の冷え        土筆

生存の 友遠くして 独り 春            土筆

寂しさや 春といえども 老いの常          土筆

忙しき 日も老いたれば 独り 春         土筆

忙しき 現役 今は 春 独り            土筆

賑やかな 若き日思う 老いの春          土筆

忙しき 日も遠くなり 老いの春           土筆

忙しき 日 せめてあったと 思う春        土筆

春風に 思い載せたし 過ごし方          土筆

また一人 友の訃報や 老いの春         土筆

友 訃報 合掌 供養 老いの春          土筆

訃報受け 線香立てる 春 寂し          土筆

友逝くや 頓証菩提 老いの春           土筆

家内逝き 友も亡くなり 独り 春          土筆

身も衰枯 友も亡くなり 寂し 春          土筆

安らかな 死をと望むや 老いの春         土筆

尊厳死 叶えて欲しや 老いの春          土筆

春風や 平均寿命 超して生き           土筆

生涯を 回顧し 謝する 老いの春         土筆

工三十年 経工三十五年 生きて春        土筆

亡き妻の 教えし家事を こなす春         土筆

日が長く なって干し物 乾きよし          土筆

町会の 囲碁に加わる 春日かな         土筆

日棋院 段級認定 待つ皐月            土筆

かって二段 西棋院より 春の夢          土筆

散る花に どんな死になる わが生涯       土筆

生存が 奇跡と思い 春の朝            土筆

生き難き 歳に生きてる おのが春        土筆

 

2013年4月6日、花曇り 夜から春の暴風という

花咲いて 空は雨雲 手は冷えて         土筆

人の世も 花に嵐か 襲う夜            土筆

警戒を テレビ呼びかけ 花嵐           土筆

嵐荒れ 花を散らせて 一夜明け         土筆

花嵐 去って家外の 掃除かな          土筆

温暖化 熱エネルギーで 天災に         土筆

天災は 忘れる間なく 荒れる春         土筆

天災に 人災加え 春 襲う            土筆

災害に 犠牲者多く 荒れる春           土筆

環境を 壊し 天災 春 暴風           土筆

温暖化 人為が因で 春の荒れ          土筆

温暖化 人災なれば 罰の春           土筆

(因果)応報を 信じ戒め 春台風         土筆

無事安全 親の祈りや 春嵐            土筆

わが一家 ご守護祈願し 春嵐          土筆

 

2013年4月7日、低気圧 東日本 夜から荒れるという予報

春暴風 荒れる予報に 雨戸閉ず        土筆

春暴風 テレビ気にして 夜となる        土筆

春暴風 来る前 温く 風優し           土筆

カーテンに 花影揺れる 客間かな        土筆

欅並木 若葉トンネル 散歩道          土筆

葉と花は グリーンとピンクに 並木道      土筆

高血圧 減塩気にし 春の酌           土筆

酒つまみ 減塩確かめ 花の酌         土筆

減塩を 気にして春の 酒を飲む         土筆 

 

 

2013年4月8日、低気圧 夜 雨風荒れるか

低気圧 暴風荒れて 花危うし          土筆

低気圧 花荒らしたる 暴風雨          土筆

詩に喩え 花に嵐が 襲わんか          土筆

 

2013年4月9日、低気圧去り 暴風来たらず

春暴風 来ず 花散らず 朝日差す       土筆

春暴風 襲来なくて 朝日照る          土筆

春暴風 来ず 通院も 異常なく         土筆

異常なし 通院帰途や つつじ咲く        土筆

春空や 東京タワーに 日が差して       土筆 

 

2013年4月10日、春盛りなり、穏やかなり 

花散って 若葉明かりの 庭となり         土筆

並木道 来れば 花びら 散る日和り        土筆

つつじ咲き 垣 道沿いを 赤く染め         土筆

つつじ咲き 道の左右が 赤くなり          土筆 

つつじ咲き 道沿いに花の ベルトかな      土筆

草餅や 昔広がる 口の中             土筆

 

2013年4月12日、春日差すベランダに出て

春の気を 吸えばベランダ 雀鳴く         土筆

もの干せば 春風優し バルコニー         土筆

春の陽を 浴びてベランダ 風優し         土筆

ベランダに 出れば 春の陽 若葉かな      土筆

ベランダに 出れば 若葉に 小鳥鳴く       土筆

ベランダに 出れば 春日の 暖かさ        土筆

金木犀 茂りの中に 雀鳴く             土筆

囀りの 小鳥潜みし 金木犀             土筆

春雨や 小鳥の水場 平屋根に           土筆

平屋根の 水場 小鳥の 入れ替わり       土筆 

 

京都を巡る─南禅寺から哲学の道を経て上賀茂神社へ

八つ橋や 宇治茶が溶かす 春の味       土筆

湯豆腐に 京都味わう 南禅寺           土筆

桜咲く 哲学の道 京の時              土筆

花咲いて 詩仙堂から 銀閣へ           土筆

茶一服 春景比叡 円通寺             土筆

焼き餅や 上賀茂神社 春詣で           土筆

 

京都を巡る─四条烏丸より妙心寺、広隆寺、車折神社を経て嵐山、嵯峨野巡り

着物業 四条烏丸 花の頃             土筆

妙心寺 西田幾多郎 墓に花            土筆 

花咲くや 車折社に 芸祈る            土筆

水守の 車折社や 船祭              土筆 

蚕業を 背に いにしえの 広隆寺        土筆

天竜寺 国宝の庭 春の色             土筆

花咲いて お庭 明るき 天竜寺          土筆

渡月橋 両岸白き 花盛り             土筆

桜咲き 嵯峨膳 口に 嵐山            土筆

釈迦堂の 手前 豆腐や 春の味         土筆

嵐山 嵯峨野巡りの 春日かな           土筆

花添えて 化野仏供養 嵯峨野かな        土筆

大徳寺 閉門間際の 写経かな          土筆

八十六春 家で回顧の 京巡り           土筆

アルバムを めくりて京の 春景色         土筆

 

庭 出れば 小鳥囀る 春陽差し          土筆

 

製造業 成長の根元

常識を 破り成長 守り萎え            土筆

常識の 家電大手の 大赤字           土筆

ユニクロは 1兆円 売り上げる          土筆

ユニクロは 常識を変え 服を変え        土筆

アイリス社 家電を変える モデルかな      土筆

アイリス社 常識変える スピード化        土筆

定石を 破り 常識を 変えて勝つ        土筆

窮すれば 変じ 変ずば 通ずという       土筆

学会も ミスし 常識 間違える          土筆

人はミス するものとして 自戒する        土筆

エラホモは ミスする人なり 人は皆        土筆

東大も 見間違いせり 活断層           土筆

電萎える ガスは軒昂 産業史          土筆

忘れるな 自戒謙虚の 心がけ          土筆

人は皆 ミスし 直して 成長する         土筆

失敗は 成長の糧 腐らずに            土筆

失敗が ノーベル賞の 芽を育つ         土筆  

 

人の世─天災と人災で悲しい世

彼岸花 天災 人災 悲しき世            土筆

彼岸会や 天災 人災 霊供養            土筆

天災に 人災もあり 春悲し              土筆

ボストン禍 四川震災 悲し春             土筆

 

淡路島を詠む

●淡路島伝統芝居「人形浄瑠璃」

人形の 所作が伝える 淡路劇           土筆

●淡路島名産玉ねぎ

たまねぎや 淡路に根付く 世界味         土筆

 

5月の日常  2013年5月23日

窓からは 庭の緑の みずみずし          土筆 


温暖化で猛雨日本を襲う  2013年盛夏

極暑来て 記憶にない雨 街水没          土筆

夏激雨 降れば洪水 街避難             土筆

夕立に 街ぐるみ避難 記憶なく          土筆

夏来たり 表旱魃 裏洪水               土筆 

夏降れば 町中避難の 大水害           土筆

8月の提言 「グリーンブランド強化」運動開始  2013年8月1日 

極・激暑 グリーンブランド 伸ばすへし        土筆

猛豪雨 グリーンブランド 価値高く          土筆

温暖禍 グリーンブランド サステナブル       土筆


旧盆に亡妻追悼  2013年8月13日 〜17日

盆迎え 好みの花や 鉢に咲く             土筆

好み花 二輪咲く鉢 盆供養              土筆 

好み花 二輪寄り添い 盆の鉢            土筆

送り火や 好みの花を 思い出に           土筆


2013年晩夏 残暑厳し

蝉しぐれ 夜はそこかしこ 虫すざく          土筆

芭蕉詠み 山寺に吾 蝉しぐれ             土筆

庭の闇 この世限りと 虫すざく            土筆

虫すざき この世限りと 夜もすがら          土筆

虫すざき 老い 非難なき 日々の幸         土筆

 
2013年秋 災害列島 温暖化災害犠牲者を悼む

野分去り 被災者の 苦や悲し             土筆

野分去り 人は悲しき 涙酒               土筆

人とはね 悲しいものよ 秋の空             土筆 

戦災者 いま天災者 秋悲し               土筆

戦死者の 霊を祭れる 靖国社             土筆

天災者 霊を祀らん 靖民社               土筆

天災者 いつか我が身の 秋の空           土筆

グリーン化を 進めて持続 願う秋           土筆

野分去り グリーン化こそが 孫子救う         土筆

秋に誓う グリーンブランド 強化せん         土筆

 

2013年中秋 亡妻を偲び独り酒

紅葉散る 庭を見て飲む 独り酒           土筆

秋深し 己は何を するべきや             土筆

柿の実の 赤さ見に行く 庭の隅           土筆 

秋訃報 打撃神の名 残し逝く             土筆

 

201?年、終活(エンデングノートに記入)

終活や ノート記入の 夜長かな           土筆

尊厳死 家族葬をと 記する冬            土筆

兄弟が 仲良くと書き 冬の夜             土筆

望むらく ピンピンコロリ 冬日照る          土筆

.

2013年11月12日 東北自動車道 仙台鶴巣にて

絡みたる 蔦の葉枯れて 黄に映えり         土筆

蔦の葉の 枯れて黄色に 目立ちたる        土筆

黄葉し 蔦の葉 存在 示すかな           土筆

緑と茶 赤と黄色の 山の色              土筆

絡まりの 様を示して 蔦黄葉             土筆

いろどりは 蔦に任せし 常緑樹            土筆

一関を過ぎた頃初雪

屋根白く 初雪降って 中尊寺             土筆

山紅葉 抜ければ みちのく 銀世界         土筆

初雪や 紅葉の上を 白く塗り             土筆  

秋田道に入って

山の色 初雪 白を 加えたり             土筆

初雪や 一山真白く 覆いたり             土筆

トンネルを 抜ければ 唯々 白き景         土筆

紅葉も 雪にかぶされ 白一色             土筆

真っ白に 田んぼ埋まりて 雪の里           土筆

稲庭で うどん食すや 雪の中             土筆

うどん食えば 稲庭の町に 雪積もる         土筆

花巻 初雪の大沢温泉にて

紅葉の湯 大沢一夜で 銀世界             土筆

一夜にて 色塗り変わる 雪 湯宿           土筆

雪解けて紅葉の大沢温泉が帰ってきた

大沢の 湯煙の中 雪消える               土筆

大沢の 湯を浴び もみじ 散るを見る         土筆

紅葉散り 芝生の庭が 赤くなり             土筆

 

米寿の誕生日を迎え

菊咲きて 数え米寿の 誕生日              土筆

秋深し 吾は米寿の 日々を読む             土筆

秋深し 己が米寿や 奇跡と思う              土筆

人生の おまけ米寿を 謝する秋             土筆

寂しさや 妻亡き米寿の 秋の暮れ            土筆

妻亡くて 米寿我が友 燗の酒               土筆

我が友と 米寿燗酒 話しかけ               土筆

生きてきて 米寿の秋や 静まりて             土筆

世の辛さ 耐えて米寿の 恵み酒              土筆

世の辛さ 超して米寿の 酒が友              土筆 

枯れ葉散る 吾はいずこに 散り行くや          土筆

散り行くや 読んで米寿の 深き秋             土筆

深き句を 詠んで米寿の 秋の暮れ            土筆

 

 2014(にわいしと読む)年 午年 新年に午を詠み込んで一句

 2014(にわいし)や 雪に埋ま(うま)れば 白馬かな  土筆           

 2014年 新春を迎え

   初春や 目出度く米寿 迎えたり            土筆                          

   初春や 米寿退翁 生存中               土筆                       

 趣味の囲碁では、2009年8月に関西棋院より囲碁二段の認定を受けましたが、この度、2014年4月2日、日本棋院より囲碁四段の認定を取得することができて、免状の申請を行いました。

 桜咲き 晴れて棋院の 囲碁四段  土筆

 花咲くや 米寿の記念 囲碁四段  土筆

 残したく 米寿の春に 囲碁四段   土筆

 囲碁四段 米寿の春の 生き証し  土筆

 囲碁四段 春宵集いて 祝い宴    土筆

 囲碁四段 研鑽続けん 米寿春    土筆

 

. ........................................ ...

201?年、最後に並べる句

花咲いて 生きの証の 千句詠み           土筆

生き証し 千句百首の 八十六春           土筆

いつ死ぬも 枯れ葉散るように 思う幸       

年賀状 千句百首と 賑わしく             土筆

読み終えて 千句になりて 老いの春         土筆

よくぞまあ 千句詠みたる おらが春         土筆

絞れねば 全部辞世句 春の宵            土筆

虚子詠みし 二十万句や われ千句         土筆    

俊太郎 二千数百 作詩する             土筆  

 (詩人谷川俊太郎は17歳から書き続けて80歳を過ぎ、作詞2千数百を超えるという)

正岡子規の直筆添削発見 近代俳句の確立過程示す (2013年6月27日福井新聞)

 俳人正岡子規が監修した選句集「新俳句」をまとめている過程で、自ら添削した弟子の句稿本12冊が富山県高岡市の私立図書館「眉丈文庫」で見つかった。病床にありながら厳しく弟子を指導する姿勢がうかがえ、研究者も「近代俳句を確立しようとしていた当時の子規の俳句観を知ることができる重要資料」としている。

 句稿本は子規に師事していた金沢出身の俳人直野碧玲瓏(1875〜1905)が詠んだ約1500句が和紙につづられ、子規が朱筆で丸や二重丸を入れて評価を示したり、語句の手直しなどの添削をしたりしている。