退翁衰枯伝 河内 保二の短歌

河内 朴粋 自選和歌集

 

生まれしは 巣鴨 戦災 移り来て

  阿佐谷の地に 浅き夢見つ           朴粋

 

米寿を迎えて

わが齢 数え年では 米寿なり

   思えば長き 年月経たり            卜水

 

枯れ葉散る 吾はいずこに 散り行くや

     と詠み 米寿の 秋深し           卜水

 

途寿超えて 生かされて日々 過ごすなり 

   お題目唱え お陰ぞと思う       合掌 朴粋

86歳を途寿と称せると思う。神仏のお陰で86歳を超えて生きていること途寿なり、誠に有り難し。(2012年11月16日 86歳誕生日に詠む)

 

東日本大震災の復興を祈りて

襲い来し 津波の後の 復興へ

もやう漁船の 数も増えたり               朴粋

 

自選和歌

これまで詠んできた和歌の中で自選したもの若干を書き留める。

 

京都にて

もみじ葉を 浮かべる 水面 流れ行く

  先は暮れ染む 宇治の町並み            朴粋

 

妙心寺塔頭参拝

古くより よく 伝わりし 寺々に

  お詣りできる 我が身 うれしく            朴粋

 

天竜寺にて写経して

一人して 古き お寺の 道場に

  座して 写経の  筆を取るなり           朴粋

 

バス旅行で

蔦の葉の 茂りしなごり 山肌に

  色を枯らして 散りもせず 見ゆ           朴粋

 

 

人生回顧

工学と 経済とを 学び来て 大型プロジェクト 残せしぞ 嬉し            朴粋

越し方は 産官学と かかわりて 八十路に向かい 有り難きかな          朴粋

過ごし来て 家族の支え 有り難く 縫製自動化 夢を果たせり            朴粋

わが一生 残せしものはと 問われれば 自動縫製 開発と答う           朴粋

生きし世に 吾成し遂げし 縫製の 自動システム これぞ極楽             朴粋

縫製の 自動システム 導きて 開発遂げし この身極楽                朴粋

有り難し 生きるがままの 極楽を 自動縫製 果たして得たり            朴粋

 

仏理と物理を考える

救済は 身代わり仏も 代受苦も 因果応報 超えてこそ成る             朴粋

因果説 悪因苦果の世の決まり 破りて 衆生 楽果得るなり             朴粋

大乗の教え 学べば 罪業を 引き受け給う み仏の慈悲               朴粋

み仏は 衆生の罪業 引き受ける 回向によりて 悪因楽果に            朴粋

量子での テレポーテーションと 相似たり み仏回向 身代わり救済        朴粋

救済は 結縁による 回向なり 衆生の罪業 仏身代わり               朴粋

結縁は 化学 触媒に 似たるかな 縁ある衆生 救われるなり           朴粋

 

 

<<<製造業崩壊を短歌>>>

大企業   工業は 大量生産 韓中の 追い上げに負け 死地をさまよう       朴粋

      工業は 大量生産 売れないで 競争に負け 存続の危機          朴粋

      工業の 特性マスプロ 売れなくば パナソ、シャープも 窮地に落ちる   朴粋

      大企業 コモディティ化に 襲われば 貧すれば鈍す 打つ手も見えず   朴粋 

      繁栄は 過去となりたり 面影は 巨大な本社 ビルの寂れて         朴粋

      大企業 決断 無難 常識の範囲で 存続 危ぶまれおり           朴粋

      大企業 行き詰まるまで 変えられず イノベーションなき 大組織かな   朴粋

企業再生  再生は まずはリストラ 人を切る 人財消えて 貧し鈍する              朴粋

        シンガーも デュルコップ・アドラー パフも消え 風前の灯火 業界の危機     朴粋

        世界企業 各社の最後と 類似する わが国企業の 苦境や厳し          朴粋 

 

<<<世情短歌>>>

国民    国民は 優れていると いわれ来て いまリストラで 要らぬ人増え    朴粋

 

<<<客業短歌>>>

客業(CS:顧客満足)    ものづくり 顧客なければ 成り立たず 客業経営が 再建の鍵    朴粋

(ES:地球環境満足)     工業は 汚染続けて 温暖化 水は溢れて 工場浸水          朴粋

(ES:従業員満足)     再生は リストラ先行 人減らし 人財消えて 企業負け組         朴粋

 

                 裁判で 自動車工業 四幹部 有罪判決 人罪の例            朴粋

 

 

2006年01月02日 犬賀新春

書き初めに 犬幸(けんこう)と書き 

  戌年の  幸い祈り  健康念ず     朴粋

 

2009年10月06日  台風18号が近づいて秋深まり、老いの人生を詠む

木枯らしの 吹きて庭木の 枯れ葉散り

  わが人生の  老いの秋雨        朴粋

 

2012年08月26日 昨25日(土曜日)息子の運転で、三崎の亡妻の実家に伺い、実家のお墓をお詣りしてきた。実家は城ヶ島の近くで、墓地は入り江の高台で、眺望が良いところである。

 

城ヶ島 沖合にして 白き波

  引きて 釣り船  遠ざかり行く    朴粋

 

灼ける日に 丘も 草はら 光充ち

  蝉しぐれのみ 一途 鳴くなり    朴粋

 

海沿いの 道を走れば 入り江あり

  船をもやうて 浜の賑わい     朴粋

 

2006年12月27日

歳重ね 傘寿に達し 身の回り

 風は吹きても 追い風ぞ嬉し        朴粋

 

重なりて 望ましき方 風の向き

 傘寿の歳に 有り難きかな         朴粋

 

有り難く 例年になく 好事きて

 心賑わい 意気高まりて          朴粋

 

最高の 日 王ジャパン 世界一 

     選手と共感 勝利に感動     朴粋

 

王ジャパン 世界一の座 勝ち取りて

     79歳の こよなく よき日     朴粋

 

人生の 山の紅葉や クラス会  

   夕日に映えて 色は冴えたり     朴粋

 

2007年10月12日

世界遺産登録の紀伊山地の霊場と参詣道(熊野古道)とは

紀伊山地は、神話の時代から神々が鎮まる特別な地域と考えられていた。中国から伝来した「仏教」も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を阿弥陀仏や観音菩薩の「浄土」に見立て、仏が持つような能力を拾得するための山岳修行の舞台とした。その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容を異にする「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれ、都をはじめ全国から人々の訪れる所となり、日本の宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼした。『紀伊山地の霊場と参詣道』は、三重、奈良、和歌山の三県にまたがる「紀伊山地の自然」がなければ成立しなかった「山岳霊場」と「参詣道」、及び周囲を取り巻く「文化的景観」が主役であり、日本で唯一、世界でも類を見ない資産として価値の高いものであるとして、説明されている。

 

かって熊野詣に訪れるために、先人たちが熊野三山(本宮・新宮・那智の熊野大社)をめざして通った古道、それが「熊野古道」です。自然林の続く苔むした古道を歩けば、いたる所で九十九王子社跡をはじめとする風情ある名所に出会うことができる。筆者も高野山から熊野へ古道に沿って、何度か通ったことがあり、ご縁を感じる古道である。そして熊野三山にもお詣りさせていただいた。その折に熊野本宮大社の歌会のことを知り、献詠させていただいた。

 

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野速玉大社・熊野那智大社と合わせて熊野大社という。社殿創建は崇神天皇の時代(紀元前97〜30年)と云われている。もともと社殿は大斎原に鎮座していたが、明治22年(1889)の大洪水で一部の社殿は流失し、現在の地に遷宮された。本地垂迹説から熊野権現として信仰されるようになる。延喜7年(907)宇田法皇が行幸してから歴代上皇・法皇の熊野御幸は、院政期から鎌倉中期までの190年間に100回を数え、中でも後白河法皇は34回、後鳥羽上皇は28 回行幸の記録が残る。4月13〜15日の例大祭は稚児行列で知られ、1月7日の八咫烏神事は一社相伝で、牛王神符が作られる。

★ 住 所 和歌山県東牟婁郡本宮町本宮1110

★ H P http://www.town.hongu.wakayama.jp/www1/taisya/index.html

★ 御祭神 家津美御子大神(けつみのみこのおおかみ(素戔嗚尊))

★ 御神徳 家内安全/健康長寿/交通、航海、旅行安全

 

平成19年10月6日に、熊野本宮大社にて歌会の第20回献詠披講式が古式に則り斎行され、この度『献詠歌集〜音無川〜』の送付を頂いた。

 

後鳥羽上皇の御製がお歌の最初に掲げられている。

はるばると さかしき峰を わけ過ぎて 音無川を 今日みつるかな

 

後柏原天皇の御製

よる波の 音無川に 影見えて 氷をみがく 冬の夜の月

 

熊野本宮大社 宮司 九鬼 家隆 献詠歌

いつの世も 変わらず流る 音無の 川辺に立ちて 祈る平安

 

この歌集に筆者も一首献詠申し上げていた。

熊野社に 詣る身清め その昔 音無川は 徒歩で渡りし   朴粋

 

2007年06月26日

氏神様は熊野神社である。夏越の祓(なごしのはらえ)の時期となり、神殿の前には茅の輪(ちのわ)が設けられ、この輪くぐりをして不浄になった体を祓い浄める。そして形代(ヒトガタ)に上半期のケガレを移してお祓いしてもらう。昼に氏神様にヒトガタを納め、輪くぐりしてお詣りしてきた。また、熊野本宮大社の御歌会の披講式は10月6日に行われ、献詠歌の締め切りが6月末なので、詠進一首を送ることとした。お題は「音無川」である。ここに詠進案を二首ほど記してみた。目下詠作中である。

 

熊野社に 詣る身清め その昔

   徒歩で渡りし    音無の川     朴粋

 

熊野社は 木々も静まる たたずまい

   むかし流れも    音無の川     朴粋

 

2008年9月6日

世界遺産登録の熊野本宮大社にて秋の献詠披講式(歌会)に献詠歌として詠進歌を送らせて頂きましたところ、2008年9月6日、同社社務所より選歌の結果、九首の佳作の中に選ばれた旨のご通知をいただき、恐縮いたしました。お題は「出発(たびだち)」でありました。小生の詠進歌は次の通りです。

 

目覚めれば 雲一つなく 空晴れて 

    熊野詣でに たびだちの朝     朴粋

 

本年の印象に残る晴れがましいことでした。

思えば、高野山、熊野古道と熊野神社が世界遺産に登録の前から、何度か家内と一緒に高野山をお詣りしてから熊野詣でを重ねて参りました。この度の佳作の栄誉は、まことに有り難く、心より感謝いたしておりますと、2008年9月のブログに書いたことを思い出しました。

 

2012年10月6日

世界遺産登録の熊野三山神社の中心、熊野本宮大社ご斎行の歌会に小生の献詠歌が多数の歌の中から入選三首の中に選ばれたとのお知らせを頂き、まことに身に余る光栄と感じ入りました。今年のお題は「光(ひかり)」であります。歌会(献詠披講式)は平成二十四年十月六日挙行されました。小生の献詠歌は次の通りです。

 

那智の滝 落ちてしぶきに かかる虹

    光充ちたる    神の架け橋          朴粋

 

 

 

風景を詠める

 

    秋田 由利 山並み 越えつ

           もみじ葉は 色づき 映ゆる

                     暮れの しじまに    朴粋 

 

   もみじ葉を 浮かべる 水面

          流れ行く 先は 暮れ初む

                    宇治の 町並み      朴粋

 

   雨空も 一夜明ければ

         五月晴れ 京や 歴史の

                      寺 詣るなり     朴粋

 

フランクフルトにて

 

   千年の 歴史をとどめ

         暮れなずむ フランクフルト

                       影は川面に    朴粋

 

イタリアにて

 

   ローマ来て テペレの川の

         岸はるか  サン・ピェトロの

                      ドーム望みて    朴粋

 

秋の美は 枯れ葉の美なり 散り去る美 人世重ね 滅びの美 思う       朴粋

人生の 枯れ葉の時季を 迎えたり せめて照り映え 散り去る前に       朴粋

かさかさと 音立てる枯れ葉 歩き行く 道に揺れたり 秋のこぼれ日       朴粋

北風に 吹き転がりて かさかさと 音立てるなり 欅の枯れ葉           朴粋

枯れ葉散る 中を歩きて 降雪の 北海道の ニュースに頷く            朴粋

 

20世紀末に詠める短歌 号・朴粋

 

小学の 友の一周忌 迎えたり 押し迫りたる 暮れの命日         朴粋

活躍の 緒方貞子と ハナエ・モリ 同じ年齢 われ七十四          朴粋

葡萄の実 粒一粒の 色冴えて  刈り入れの房は 篭に満ちたり     朴粋

もみじ葉に 山彩られ くっきりと 青き水面に 映す その影        朴粋

秋更けて 日々静かなり 時折に 何かせばやと 思い目を閉ず      朴粋

僅かなる志でも ユニセフを 通して餓える 子らに寄付せん        朴粋 

秋も更け 過ぎゆく時に 古きもの  消え去るのみか 諸行無常     朴粋

過剰さと 過当の中で  競争の  縫製業や  いかに残らん       朴粋

工業の中 どん尻の 付加価値の 低きをいかに するやアパレル      朴粋 

若田氏は 宇宙の仕事 完遂し  日本 打ち上げ  失敗すとは     朴粋

若田氏に 捧げたく思う 功労章 日本 ロケット 打ち上げもならず      朴粋

 

2006年01月02日 犬賀新春

書き初めに 犬幸(けんこう)と書き 

  戌年の  幸い祈り  健康念ず        朴粋

 

人生の 山の紅葉や クラス会  

   夕日に映えて 色は冴えたり         朴粋

 

2009年、八甲田山、渡瀬渓谷、十和田湖から岩手花巻大沢温泉にドライブして(息子の運転で)

八甲田 雲湧き出でて かかる虹

   遙かに臨む 青森の街            朴粋

  

2009年、日本繊維製品消費科学会から学会誌「繊維製品消費科学」(10 Vol.50)が送られてきた。同誌に同学会が創立50周年を迎え、記念特集号として発刊されるに際して、「アパレルものづくり変遷50年と現在・未来」と題する小生の原稿が掲載された。この原稿を書くのに当たり、次の腰折れの短歌一首を詠んだ。

 

 半世紀 創立記念 学会の 

   回顧展望 筆執る八十二          朴粋 

 

この原稿の中に、アダム・スミスの「国富論」から引用した文章があるが、同誌の別の論文に奇しくも同じ引用がされているのを見付けた。こんなこともあるのだ!! …誠に珍しいことだ。日本女子大学の細川幸一准教授の「消費者庁時代の企業姿勢を考える」と題する論文の中の引用である。学会誌を見ながら、この同じ引用に何か大変親近感を持った次第である。小生も日本女子大に13年間出講していたから、細川先生とはご縁があるのかも知れない。このことでこの学会誌は小生にとって特別に記憶に残る存在となったと思っている…。

平成23年10月31日 熊野本宮大社歌会お題「歩み」献詠歌

 歩み来し 熊野古道は いにしえを

    とどめて森の 新緑眩し        卜水

平成24年12月31日

国内は少子高齢化が加速し、経済は右肩下がりが続いている。ものづくりを始め、ビジネスは海外に移り、国内は疲弊し、廃りゆくのではないかと憂慮している。総務省は2013年2月1日、2012年12月の製造業の就業者数が前年同月比35万人減って998万人(原数値)となり、51年ぶりに1000万人を下回ったと発表した。労働力人口全体の減少に加えて、企業が生産拠点の海外移転を積極化した影響が大きい。国内では製造業が調整を進めた分の雇用を成長したサービス産業が吸収しており、産業構造は大きく変化している。

 

    国内は 右肩下がり 海外へ

      ビジネス移り 国すたるを憂う       朴粋

 

そうした中、わが国の立つ位置は、わが国の優位な点を伸ばすことであり、このことが世界の役に立つ働きをするような国を創ることであるのだと想う。

 

    わが国の 優位の点を 伸ばし行き

       世界の役に 立つ国 創らん      朴粋

 

平成25年1月 数え年で88歳となる

    わが齢 数え年では 米寿なり

      思えば長き 年月経たり         朴粋 

 

平成25年3月29日 

   パナソニック ソニーにシャープ 未曾有なる

       再建途中 日々の厳しさ        朴粋

 

平成25年3月30日

   阿佐ヶ谷の 欅並木の 冬去りて

       空を覆いて 若葉トンネル       朴粋

 

平成25年4月3日

  熊野古道 超えて臨めば 遙かなる

       山並み照らし 陽は輝けり       朴粋

 

  千早振る 熊野大社の ご神威は 

      世界遺産に 光り輝く           朴粋

 

  世界遺産 登録されし 熊野大社

      ご神威光り 輝き増せり         朴粋

 

  オリンピック 東京での 開催に

      五輪輝け 日の丸光れ          朴粋

 

 

平成25年4月4日

  和歌の号 朴粋というを 卜水と

      文字取り替えて 詠歌続けん      卜水   

 

  前半は エンジニアなり 後半は

     エコノミストで 勤めきたりし          卜水

 

  繊産審 産技審など 委員にて

     産業政策 参画したり              卜水 

 

  生涯の デザインとして 余生をば

     教育の場で 役立ちを念ず          卜水

 

  本日夕 日本女子大 家政学部

     島崎教授 電話 嬉しく          卜水

 

  教授とは JIS規格の 委員にて

     ステッチとシーム まとめ上げたり    卜水

 

  女子大の 講師となりて ご縁を得

    島崎教授と 長き付き合い         卜水

 

  時々に 島崎教授と お会いして

     酒酌み交わし カラオケ楽しむ      卜水

 

  忘れずに 連絡下さり 懐かしく

     島崎教授の 電話に喜ぶ         卜水

 

  目白台 日本女子大に 講師とし

     十三年間 ご縁続けり           卜水

 

  女子大に 十三年間 講義して

     約五百人の 教え子の数         卜水

 

  講師歴 三十二年を 超えるなり

     三女子大で 延べの年数         卜水

 

  目白台 国府台に 相模台

     三女子大に ご縁長かり          卜水

 

  日女大 和洋女子大 聖徳大

     三大学に 講義しきたる          卜水

 

 大学の 講義の終わり 聖徳大

     七十八歳 大団円に            卜水

 

  わが講義 聖徳大の テキストは

     ホームページで 閲覧可能         卜水

 

  五十五過ぎ 晩年ながら 女子大の

     講義はおのが 得しもの伝う        卜水

 

  日女大 講義の科目 二つなり

     縫製科学と アパレルQC          卜水

 

  和洋大 講義の科目 二つなり

     縫製概論とアパレル技術論         卜水 

  

  聖徳大 講義の科目 二つなり

     工業縫製と ファッション経営論       卜水

 

  ある時は 文化服装や 服飾大

     生産管理の 講義受け持つ          卜水

 

2013年5月9日詠む 八十六(ヤソム)歳を超えた身体の呟き

  わがからだ 八十六歳超え 安らかに

     永きねむりと 呟くを聴く            卜水  

  

 杉並の暮らしを詠む  2013年5月14日

 杉並の 緑の中の わが棲まい

     萌える若葉の 恵みぞ 嬉し         卜水

 

 ここに来て 暫し佇み 考える

     辿りきし道 間違いなきや           卜水  

 

 わが国に必要な強いブランドの確立に思う  2013年7月17日

  わが国の ブランド如何に あるべきや

     グリーンブランド 伸ばしゆかまし      卜水

 

  突然に 大声たてて 叫びたし

     わが提案を 訴えたくて            卜水

 

 酷暑の夏 

  海原の 遙か小島に 寄せる波

     強き陽の空 鴎群れ飛ぶ           卜水

     

  記録的 酷暑に老いの 用心は

     熱中症に 食の中毒              卜水

 

  天災と 人災による 水害と

     水の不幸の 水難もある            卜水

 

  降雨増え 海の水位も 上昇で

       水害リスク 増大予測            卜水

 

  暮らしには 災難避ける ことを得ず

      今後多きか 水害を懸念           卜水

 

  いつ来るか 震災 津波 加えるに

      温暖化災 忘る間もなく            卜水

 

  数えれば 温暖化災 風災に

      雨災 雷災 酷暑 旱魃            卜水

 

  生活も 企業活動も 温暖化

      抑止に努め 命守らん             卜水

 

  無事であれ 安全であれ 祈るなり

      神仏ご加護 ただ祈るのみ          卜水

 

  焼ける夏  荒ぶる天の 怒りなら

      静まり給えと 祈りて止まず          卜水

 

  夏盛り 昔夕立 今の雨

      降る度水害 温暖化災             卜水

 

  気象庁 経験にない 雨 今後

      殺人豪雨と なるを危ぶむ           卜水

 

  秋田にも 経験にない 豪雨来て

     降雨と聞けば 先ず避難なり           卜水

 

  温暖化 猛烈豪雨 避難して

     荒ぶる天の 恐ろしさぞ知る           卜水

 

  猛暑超え 酷暑を超えて 極暑とも

      激暑ともいうと テレビで言う          卜水

 

  人の世は エコやグリーンを 忘れずに

     企業はグリーン ブランド強化を         卜水

 

日課の血圧を計る   2013年盛夏

   手首巻く 血圧計の 数値見て

      今朝はそんなに 高くなき嬉し         卜水 

 

趣味の囲碁では、2009年8月に関西棋院より囲碁二段の認定を受けましたが、この度、2014年4月2日、日本棋院より囲碁四段の認定を取得することができて、免状の申請を行いました。

 実りある 米寿の生きの 道開く

   囲碁四段に 認定の春       卜水

 

 何よりも 美味な一献 その味は

   囲碁四段の 認定の味       卜水

 これからさらなる昇段を目指して精進して行きたいと思っています。