現在進行中のEU自動縫製システム

の開発プロジェクト
EU繊維産業をカエル・衣服産業をカエル─LEAPFROG(蛙跳び)プロジェクト

EUプロジェクトLEAPFROGイニシアチブの開発目的

LEAPFROGイニシアチブは衣料産業の長期的産業変換を達成するため3つの主要な目的に焦点を合わせるであろう:
・衣服製造工程における生産性、品質、および費用効果性の手段変換。
・直接的3Dデザインとバーチャルなプロトタイピング、布と衣服シミュレーション、現実の消費者体型を代表するアニメーション化したバーチャルなマネキンへのフィットと着心地の評価、コストと製造可能性予測を通しての製品デザインと開発時間およびコストの激減。
・衣服製造と大規模な品質向上における労働コスト要素の重要な減少に対するハンドリングやソーイングの重要な仕事の急激なリエンジニアリングとインテリジェントオートメーション。
・布事前成形と一時的な、または永久的な布硬化を通してその後の衣類製造作業を容易にする布プレップの重要な改善。
・非常に効率的で、柔軟な製造作業場の中へのすべての個々のプロセスとテクノロジーの全体的統合と組織。
・費用効果が高い柔軟化と統合および布工程から顧客配達まで通じて持続可能なプロセスを通して最も需要が変わりやすいセクタの1つにおいて急速にカスタマイズされた製造への急激な移行。
・拡張された供給ネットワークの中の衣服生産の柔軟な組織- 拡張されたスマートな衣服組織(xSGO)のための概念とツールの開発。
・地理的に広められた製造ネットワークにおける効率的な製品開発と敏速生産立ち上がりと展開のための方法とシステム。
・付加価値製品サービスにおけるフォーカスをもってカスタマー・サービスと顧客関係マネージメントのパラダイム変換。
・工業的マス・カスタマイゼーションと注文生産衣類および店頭販売との効果的な統合に対する概念とツールのより一層の開発。

 

”LEAPFROG”とは、名][U]馬跳び, かえる跳び;《軍》交互躍進. ━━[動](〜・ged, 〜・ging) (他)(自)

1 〈人・物を〉かえる跳びで跳び越す;かえる跳びをする;(…を)飛び越して特進[飛び級]する.

2 〈人・車が〉抜きつ抜かれつする;〈次々に〉移動していく.

3 〈障害を〉避けて通る.

[ プログレッシブ英和中辞典 提供:JapanKnowledge ]


EUオリジナルガイドラインに沿った研究からのヨーロッパ衣服生産のためのリーダーシップLEAPFROG(蛙跳び)プロジェクト
Leapfrog(蛙跳び)は、衣料産業の中のテクノロジーブレークスルーをめざして、Euratexによって導かれたヨーロッパ織物と衣料産業の共同研究と革新イニシアチブである。それは、衣類生産、自動化された衣服製造、バーチャルな衣服プロトタイピング、サプライ・チェーン統合、およびマスカスタマイゼーションへの最適な布準備の新しい方法を開発し、実施することを試みるであろうヨーロッパ織物と衣類の会社と研究センターの限られた集まりを呼び集める。LEAPFROGの最終目的は、ヨーロッパの衣類セクタの生産性と競争力のステップ変化を達成し、労働コスト要因へのその依存を減少させることである。


EU繊維・衣服産業技術開発プロジェクトLeapfrogIPの成果報告発表

EU繊維・衣服産業技術開発プロジェクト Leapfrog IP の成果報告は、2009年7月中にホームページに発表され、次のインターネットURLで閲覧できる。
http://www.leapfrog-eu.org/LeapfrogIP/main.asp?pg=results

The LEAPFROG Integrated Project was undertaken to develop concepts and technologies which would radically modernize and ultimately transform the clothing sector into a demand-driven, knowledge-based, high-tech industry. 
LEAPFROG Integrated Project(馬跳び統合プロジェクト)は、徹底的に近代化し、そして最終的には需要主導型で、知識ベースの、ハイテク産業へ衣料品部門を変換するコンセプトとテクノロジーを開発するために行われた。

The LEAPFROG research and development work has reached a number of its objectives to develop radically innovative technological and organisational solutions for the (textile &) clothing business of the 21st Century.
馬跳びの研究開発の仕事は、 21世紀の(テキスタイル&) 衣料品事業のための根本的革新的な技術や組織のソリューションを開発するいくつかの数の目的に達している。
More details and extended information on the major results achieved in the projectA's four Research Areas, can be found by following the respective links:
projectAの4つの研究分野で達成された主な成果と拡張された詳細情報については、それぞれのリンクをたどって見つけることができる:

RMA: Innovative Fabric Preporation
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.leapfrog-eu.org/LeapfrogIP/main.asp%3Fpg%3Dpress&ei=CEZ-SpmOCIH6kAXphPGEAw&sa=X&oi=translate&resnum=2&ct=result&prev=/search%3Fq%3DLeapfrogIP%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GFRD_ja

RMB: Automated Garment Manufacturing
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.leapfrog-eu.org/LeapfrogIP/main.asp%3Fpg%3Dpress&ei=CEZ-SpmOCIH6kAXphPGEAw&sa=X&oi=translate&resnum=2&ct=result&prev=/search%3Fq%3DLeapfrogIP%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GFRD_ja

RMC: Virtual Garment Prototyping
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.leapfrog-eu.org/LeapfrogIP/main.asp%3Fpg%3Dpress&ei=CEZ-SpmOCIH6kAXphPGEAw&sa=X&oi=translate&resnum=2&ct=result&prev=/search%3Fq%3DLeapfrogIP%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GFRD_ja
 
IM: The Extended Smart Garment Organisation
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.leapfrog-eu.org/LeapfrogIP/main.asp%3Fpg%3Dpress&ei=CEZ-SpmOCIH6kAXphPGEAw&sa=X&oi=translate&resnum=2&ct=result&prev=/search%3Fq%3DLeapfrogIP%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GFRD_ja

The effort undertaken through the project has reached the potential to lead to an innovation and new business development cycle involving a great number of textile, clothing, machinery and service companies in Europe over the coming years.
プロジェクトを通して実施される取り組みは、今後数年でヨーロッパの多くの繊維、衣料、機械、サービスの企業を参加させて、技術革新と新事業の開発サイクルをリードする可能性に達している。

Several results will be available for commercial exploitation shortly after the project conclusion; others require additional research to realize their full innovation potential and to bring them as proven technology into industrial application.
いくつかの成果は、プロジェクトの結論の直後に商業的に発売されようし、その他は完全な技術革新の可能性を実現し、工業用アプリケーションへ実証された技術としてもたらすためにさらに研究が必要である。

The complete list of the LEAPFRO-IP Key Results is as follows.
LEAPFRO-IPの主要な成果の完全なリストは、 以下のとおり。

If you are interested in a specific resut, follow its link below:
特定の成果に興味を持たれる場合は、下記のリンクをたどって下さい:

Automatic interliner assembly 自動組立interliner

Fabric Stiffening Agents 繊維硬化剤

Stimuli Sensitive Polymers 刺激感知ポリマー

Shape Memory Fabric 形状記憶織物

Reconfigurable robotic handling devices 再構成可能ロボットのハンドリング装置

Cutting table with automatic unloading 自動アンロードする裁断テーブル

Intelligent transportation system インテリジェント搬送システム

Visual Motion Planner 視覚的なモーションプランナー

Adjustable Mould 調整可能な人台

Reconfigurable mould 人台再構成可能

Discrete event and continuous time simulators 離散事象と連続時間シミュレータ

Fabric Library (Manufacturability & Cost Estimate) ファブリックライブラリー(製造&コスト推定)

CVP - Collaborative Virtual Platform CVP -共同仮想プラットフォーム

Virtual TryOn 仮想試着

3D Garment design and 2D flattening software 3次元衣服設計と2Dの平坦化ソフトウェア

The Extended Smart Garment Organisation (xSGO) スマートガーメント拡張機構(xSGO)

Smart Network Modelling スマートネットワークのモデリング

Knowledge Exchange Infrastructure 知識交流基盤

Product Tracing and Tracking System 製品の追跡と追跡システム

RFID for Textiles and Garments 繊維および衣料品向けRFID

COST - Consumption Optimisation for Garment Materials コスト─ガーメント材料の消費最適化

Color @ Work カラー@作品

Bivo-Track Bivo -トラック

刺激感知ポリマー(開発研究担当はケンブリッジ大学)
特別な刺激に敏感なポリマー(重合体)は、それらのアクティブな形成に対して熱などの外的刺激の応用によりヤーンと織物において統合する目的で開発された。 そして、それから得られたこの重合体とファイバーは、ヤーンと織物処理の特性に対して徹底的に調査された。 ヤーンの多くのボビンはモノフィラメントの意味のある連続した長さで生産された。このヤーンは、刺激感知織物のサンプルを作り出すのに使用された。(成果は以下を参照)。
Contacts
ケンブリッジ大学、Eugene Terentjev.
emt1000@cam.ac.uk; Centexbel、Geert Hebbrecht.
Geert.Hebbrecht@centexbel.be


EUロボットは仕立屋に代わりうるか─獨協大学 桑原靖夫 教授のブログより

紡績、織布、縫製という工程を経る繊維産業は、産業革命以来の長い歴史を持っている。しかし、依然として人手を要する部分が多い。とりわけ、ビスボーク、オーダー・メイドといわれる特注高級品ほど人間の目や手、そして経験をベースとする微妙な作業に頼る部分が多い。テーラーメード Tailor-made とは、もともと主に紳士服や婦人用コート類を注文で作る専門の仕立屋、洋裁師によって作られた注文服のことを意味していた。

●労働コストで勝負が決まる

既製品といわれる分野についても、縫製・加工の点で、ミシンかけ、ボタン付け、アイロンかけなど手作業を要する部分があるが、世界には機械加工よりも労働のコストが安い地域が多数ある。中国、インド、ヴェトナム、スリランカ、トルコなどの開発途上国がこうした仕事を引き受けている。インドだけでも80万ドル近い輸出規模で、1千万人近い雇用の機会を生み出している。雇用数という点では、繊維産業は農業に次ぐ大産業である。もし、衣服縫製産業がなくなったらその衝撃ははかりしれない。

●窮地に立つ先進国

他方、後がないところまで追い込まれた先進国側も衣服縫製に大きな期待をかけている。もし人手をかけることなくロボットで衣服に仕立てることができれば、先進国に衣服産業を復活させることできる。このブログでも触れたように、日本そしてイタリアやアメリカの繊維・衣服産業が追いつけないのは、この人手のかかる工程であった。1980年代、「第3イタリア」論が注目を集めた頃、中世以来の繊維の町プラトーを訪ねた。当時は、経営者も自信を持って将来を話してくれたが、時代の変化は激しい。いまやプラトーも追い込まれている。省力化を極限まで追求し自動化できれば、先進国の衣服産業も再生が期待できる。中国上海郊外の縫製工場を見学したことがある。日本から送られた型紙に沿って裁断、加工などを最新の機械設備でこなし、商品コードから値札までつけて箱に入れ、日本のデパートに送るという作業である。生産ラインには若い女子工員がはりついていた。設備がきわめて新しく、しかも労働者数が少ないのに驚かされた。その前に、愛知県三河で古い工業用ミシンを使って、高齢者と中国人研修生に頼っての旧態以前たる縫製工場を見た後だったので、勝負は一目瞭然だった。一瞬日本と中国の位置関係を逆にしそうな錯覚に陥った。

●逆転はなるか

ヨーロッパの繊維企業と国際機関が最後の挑戦を行っている。「Leapfrog project(蛙跳びプロジェクト)」の名の下で、縫製加工の完全自動化を目指している。プロジェクトには3つの重点目標がある。衣服縫製の完全自動化、新繊維の開発そしてデザインである。来年にはパイロット生産が可能かともいわれている「蛙跳びプロジェクト」の最も重要な工程は、生地を損なうことなく取り扱う作業にある。この大役は、イタリア・ジェノア大学の「デザイン・測定・自動化・ロボット化研究所」にゆだねられた。生地の扱いが解決されると、次の課題はいかに縫うことかである。Molfino博士はドイツの縫製メーカーPhilipp Moll、イタリアの技術研究企業STAMと協力して、体型の変化するマネキンに対応して製作する。コンピューター・グラフィックス、アニメーション、ナノテクノロジーの成果を使い切って対抗しようとの構想である。こうした計画が中国、ヴェトナムなど労働コストの安い地域への対抗手段となりうるか、今の段階ではまだ先がみえない。EUの11カ国は、このために16mユーロ(24億円)を拠出した。Hugo BossやLa Redounteなども出資している。タイムアップ寸前までに追い込まれたEU繊維産業が土壇場にかける大勝負といわれる。ゴールはなるだろうか。
Reference :”Closing the circle”. The Economist July 15th 2006


平成19年2月8日 EUプロジェクト LEAPFROG CA Technical Edition の表紙

「オリジナルのガイドラインに沿って研究からヨーロッパ衣服生産のためにリーダーシップをサポートする多くの学問領域にわたった知識と研究活動の統合」
統合活動(CA)
第6枠組プログラム
D1.3 Technical Edition――自動化された製造、未来の衣類生産のための別法の布合わせテクノロジーおよび刺激敏感素材
概要:この文書は未来の衣類生産において明らかになるトピックスに関する一連の4つの技術版の最初のもの(147頁)である。


平平成19年3月2日 EU蛙跳びプロジェクトの先進性─イノベーションは繊維がリードする…

昨年9月29日の第165回国会での安倍総理の所信表明演説で、「美しい国」創りを打ち出し、その実現のために安定した経済成長が続くことが不可欠であり、従って成長に貢献するイノベーションの創造に向け、医薬、工学、情報技術などの分野ごとに、2025年までを視野に入れた、長期の戦略指針「イノベーション25」を取りまとめて実行し、例えば、自宅での仕事を可能にするテレワーク人口の倍増を目指すなど、世界最高水準の高速インターネット基盤を戦略的にフル活用し、生産性を大幅に向上させると述べている。そして政府インターネットテレビ22チャンネルで「イノベーションで実現〜夢を紡ぎ、人を繋ぐ」と言う番組を提供しているが、イノベーションがもたらす紡ぐも繋ぐも糸を組み合わせた漢字である。

イノベーションに関して繊維との関連を思うとき、産業革命はイギリス繊維産業から始まったのだし、バベジ (Charles Babbage 1791〜1871)は 「コンピュータの父」 として知られているが、パリで発明されたジャカードカード織機がヒントになったことからコンピュータも繊維機械がリードしたといえるだろう。航空機はライト兄弟が始めたが、機体に布を張ったのは彼らの細君達で、洋裁の技が使われ、後に紙型はアルミ板の原型(ロフト)となり、朝鮮動乱の後にアメリカで数値制御に切り替わって、それがCAD/CAMに進展していったのである。また、機体としてジェラルミン板を立体成型するのに、製靴の成型法(皮革の引っ張り成型法)が使われた。繊維も縫いも人類の生活に密着して太古から伝わる技で、技術の革命やイノベーションのベースとなっているわけである。このことは漢字がよく示してくれる。例えばシステムの意味の「組織」や「系統」、プロセスの「経緯」、インターネットの「検索」、加工の「細工」、トータルの「総合」、新たにするの意味の「維新」などと 漢和辞典を見て感心させられる。

EUの自動縫製システム開発プロジェクト「LEAPFROG」について取り上げたが、その研究モジュールBが衣服組立自動化をテーマとしており、この研究の目的は、柔軟素材をハンドリングし、作業することにおいて革新的早さと、高度に再構成可能なロボット機器 (分岐接続把持子、再構成可能なマネキン、ミシン頭部)の方法による、衣服組み立て作業の完全なオートメーションであると記している。プロジェクト全体ではないが、本年7月に最初の使用可能なプロトタイプを示すことができるだろうということだ。日本ではロボットの研究が進んでいる。経産省はロボットの本格的な普及を目指し、2015年度まで9年間の民間企業などへの総合支援策をまとめた。最初の段階では、人と同じように「軟らかい物体をつかむ」といった動作を実現する技術の開発を企業に競わせるという。また、東大では人のお手伝いをするロボット「HRP-2」を先般公開した。このロボットは将来、一般家庭で家事や老人介護を支援することを目指している。大学院情報理工学系研究科の稲葉雅幸教授は「人間を安全に運ぶ能力や、柔らかいものをつかむ手さばき、状況を判断する知能などが必要だ」と話しているという。

このロボットの柔らかいものを把持する技術もEUの自動縫製システム開発プロジェクトが先行していて、ここにも縫製自動化技術が今後のロボットをリードする形となるのであろうと思われるのである。

本文は近代縫製新聞に連載のものである。


平成19年1月14日 EU自動縫製システム開発「Leapfrog プロジェクト」における3Dバーチャル・プロトタイピング

研究モジュールC:3Dバーチャル・プロトタイピング

全体の目的は、次の削減を目標としている3Dバーチャルプロトタイピングプラットフォームの開発によって衣服のデザインとプロトタイピングに革命を起こすことである:
・必要とされている物質的なプロトタイプの数
・新しいコレクションを展開する時間
・スケッチからパターンメーキングまでの完全な新製品開発サイクルのコスト

具体的な科学的および技術的原理的目的
シミュレーションのための素材特徴付けと製造工程下と製品ライフサイクル間の布挙動の評価と同様に素材の一般的な物理モデルの開発のための布選択。
・正確な適当で、快適さの分析(3D人体データからの代表する形態型の範囲の派生)だけでなく標準のパターンの開発のために人の姿の簡素化したディジタルモデルにつながる人体特徴付け
・単にスケッチから完全な新しい衣服デザインを作成し、評価することを、パターンメーキング機能なしでデザイナーに許して、自動的に2Dのパターンに平面化するであろう3Dにおける直接的な衣服デザインを使用可能にする革命的デザイン手法とツールの開発
・合わされるパーツの数を減らす全体の目的によって研究モジュールBの中のワークの結果として期待される3D形状構成プロセスにおけるブレークスルーを考慮したデザインプロセスの徹底的考え直し
・アニメーションと結合される時、種々の文脈(例えば、1つの構えから別のものに動く)において布地の正確な挙動を計算することを可能にする複数の相互作用の衣服および変形できるボディモデルのシミュレーションによって、フィットと快適さ評価へ新しいアプローチを可能にする
革新的シミュレーションの範囲、バーチャルプロトタイピングのためのアニメーション&デザイン最適化コンポーネントの開発
・製造、原価計算、および布の最適化(3D衣服モデルと布挙動)のシミュレーションを可能にするツールの開発
・新製品と消費者によるパーソナライズされた衣服の構成の開発における協力を図って内部の組織俳優とビジネスパートナーによる多重な対話を可能にする革新的なカスタマイズされた製品構成枠組の開発


平成19年1月13日 EU自動縫製システム開発「Leapfrog プロジェクト」における衣服組立自動化

研究モジュールB:衣服組立自動化
全体の目的は、柔軟素材をハンドリングし、作業することにおいてまだ予期しない器用さ、協力能力、および効率の如きによって革新的早さと、高度に再構成可能なロボット機器 (分岐接続把持子、再構成可能なマネキン、ミシン頭部) の方法による、衣服組み立て作業の完全なオートメーションである。

具体的な科学的および技術的目的
・柔軟素材(布)の器用な、効果的、丈夫なハンドリングのための革新的な変身する把持機器のファミリーの作成。
・球形縫いの概念に基づいた斬新な小型化したロボット縫い頭部の開発。
・モールド(RM-Cとのインタラクション)においてボリュームと形状の構成を動かして一時的な3D表面を作成するためにソフトウェア・アルゴリズムに斬新な表面生成戦略を翻訳することによって正確に衣服のボリュームと形状を再生することができるアクティブな再構成可能なモールドの作成。
・サービスロボット、把持機器、形状再現モールド、ミシン頭部、および布パネル(RM-Aとのインタラクション)の間の効果的な協力の開発。
・新しい概念の適応性を示しているセル・プロトタイプの実現。
・バーチャルなプロトタイピング段階(RM-Aとのインタラクション)で代替え接合方法(超音波、レーザーなど)へのセルのさらなる適応。

使用される重要なテクノロジー
・例えば柔らかさ、多孔性…などの異なる素材特性のほぼ2Dパーツの把持とハンドリング
・衣服ファッションとサイズに関して異なる形状と寸法を持つほぼ2Dパーツの把持とハンドリング
・動く必要があるほぼ2Dパーツの把持とハンドリング、そして正しく保持されて、合わせ縫い頭部に示すために調整的に作動するモールドの上で再形状化された3Dの把持とハンドリング

再構成可能なマネキン
・組み立てられる具体的な衣服に適当な形状とサイズを仮定することができる再構成可能なマネキン
・縫い作業に沿って正しいポジションでアイテムエッジを保持するために戦略的にデザインされた適当なメカニズムを与えられた再構成可能なマネキン
注:左のイメージは、概念を説明するために示されるだけである。それは再構成可能なマネキンの最終的なフォームを少しも示していない(それは調査中である)。

3D縫い(縫い合わせ頭部)
・3D縫合線を実行することができる3D縫い(縫い合わせ頭部)
・縫い合わせパラメータを布と衣服CADに適応する3D縫い(縫い合わせ頭部)

ハンドリングロボット
・強化された柔軟性を持つハンドリングロボット
・協力スキルを持つハンドリングロボット

予期されている革新的な結果
製品面
・新しいロボット化された把持/ハンドリング機器/テクノロジー
・新しい動的なモールド/テクノロジー(ロボット化、再形成可能)
・3D縫いのための新しい小型化されたミシン頭部

品質面
・マス・カスタマイズされた衣服生産(フォーマル・メンズ・ジャケット)のための非常に柔軟な自動化されたプロセス
・衣服大量生産(柔軟セルの副産物としての)のための高度に自動化された組立セル

衣料産業へのインパクト
・伝統的産業に基づくリソースから情報ベースハイテク産業へ需要面
・市場/顧客へのクィックレスポンス
・消費者必要条件を満たす能力向上
・市場の変化に反応する能力向上
・新しい市場区分-カスタマイズされた衣服-への拡張

品質面
・最終製品品質(生産不合格品のより低いリスク)と品質標準化に於ける増加
・知的な柔軟な高度再構成可能な製造工程
・プロセス効率、スピード、信頼性の向上
・小ロットでの主にコスト削減
・人的および技術的資源の統合

知識集約
・メンテナンスの軽減或いは遠隔操作
・製造工程エコ持続可能性
・物的資源のグローバルな節減

複雑性アプローチ
・ライフサイクル・アプローチ
・平行エンジニアリング


平成19年1月12日 EU自動縫製システム開発「Leapfrog プロジェクト」における柔軟布硬化技術

研究モジュールA:布前処理
研究モジュールA(RMA)の全体の目的は2つある:
●高品質のヤーンと布において天然および人造の繊維と結合される形状記憶ネマチック(nematic)・ポリマーに基礎を置いた刺激に敏感なフィラメントとコーティングを開発すること;
●衣服完成の後に物理的除去を含めて、恒久的および一時的に布の堅さを増大させるため無機的ナノ粒子と生分解可能なコーティングの適切なフォーメーションを調査すること。

具体的な科学的および技術的目的
適用された物質的刺激に呼応して純粋な配向性液晶状態の中でそれらの自発的な位置取りを予測することができる構成モデルを開発するために、形状記憶ネマチック・ポリマーの挙動についての理解を深める;
・高分子の端の活性主鎖ネマチック・ポリマー中間セクションと2つの結晶ブロックとトリ・ブロック構成の原理を使っている活性ファイバーの急速な大規模のドローイングに対する自己集合トリブロック高分子化合物素材を開発する。
・ハイブリッド布(モジュールBとCとのインタラクション)の製造のために動作の広い範囲で高い引っ張り強度を提供する刺激に敏感なネマチック・エラストマーと自己集合ブロック重合物の刺激に敏感で、再利用できるフィラメントと織物被覆を開発する。
・布の機械的性質をローカルに修正するために、織物ファイバーとナノの粒子の間でインタラクションについての理解を深める。
・パフォーマンス劣化を避けるために熱処理またはフィルミング剤のアプリケーションを続けて、目標とされた沈殿を通して恒久的に布の堅さを増大させるために高い通気性のコーティングを起こす無機的ナノ粒子の適切なフォーメーションを調査する。
・衣服完成の後に物理的除去を含めて、自動化されたマテハンと縫いを容易にするために布に一時的な堅さを提供するために高度に生分解可能なセルロースでできた物質ポリマーのナノ粒子コロイド懸濁液に基づいたポリマーコーティングをクロスリンクしている水溶性のファミリーを開発する。

最先端
・天然の(羊毛)ファイバーへのZnO2ナノ粒子処理(上)と布の酵素処理(下)(CSGI SEM顕微鏡写真)
・形状記憶エラストマー:サンプルはリバーシブルにUV放射(上)下または加熱(下)時に収縮し、もとの形(UCAM_イメージ)に戻る

目的の達成のために使用された重要な技術
・そこで強化されたポリマー合成を誘導した生の刺激に敏感なポリマー、ヤーン、布
・マイクロ・スピンニング設備
・現場in-situのカーリングエッジ・テクノロジーをもつ心線モールディング
・斬新な天然の、またはハンドメード・ファイバーを持つコア・スピニングの活性ファイバー

機能化し硬化している布表面
・異なる素材:ウール、絹、木綿、合繊に対するマルチ適応性
・異なる布基盤に対する選択的なアプリケーション
・知識の拡張;異なる添加物について布反応を収集するデータベース作成

永久的および一時的硬化
・異なるアプリケーションに従って硬化するレベル
・方向の硬化(横糸または縦方向、はく離ライナーの中の強化した部分)のためのパースペクティブ
・除去要件:工場現場で実施される動力学、温度、最終的特殊サービス

予期されている革新的な結果
製品
・高度な衣類概念のために使われる刺激に敏感なフィラメント、ヤーン、およびコーティング。
・共同の縮小、容易な取り扱い、およびフォールトトレラントな(故障の原因となる誤りに寛容な)縫いのためのナノ構造化されたコーティング。
プロセス
・衣類製造作業場の布のジャスト・イン・タイム仕上げ。
・布のオートマチック取り扱いとフェイルセーフ縫いのためのインライン一時硬化(そして除去)。
 (【フェイルセーフ】 故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような工夫をしておくと  いう設計思想。)

サービス
・製品ライフサイクルに沿って作り直され/リサイズされることが可能な布の有用性。
・カスタマイズされた衣服生産を可能にする斬新なカスタマイズサービス、インラインの機能化の方法。

衣料産業へのインパクト
伝統的な産業に基づくリソースから知識ベースハイテク産業へ

需要駆動
・消費者要件の満足度向上
・革新的機能的衣服に対する潜在顧客の創出
・革新的な-刺激反応性衣服-市場セグメントの拡大

品質駆動
・革新的な衣服(高速を持つオンラインの再コンフィギュレーション可能な製造工程と能力への高度な特性標準化サポート)の品質向上
・より簡単な衣服デザイン(縫製作業の削減と同じ最終的な効果を達成するより少ない重ね合わせ)によるコスト低減
・衣服への多機能的アイテムのTopotacticなアプリケーション

知識集約
・CAD-CAMインタラクション布 - マシンを可能にする布挙動に関する強化された知識の開発・全体に環境に優しく動く未来の被服縫製工場を導く化学的最適化でエネルギー使用の削減
・少し伝統的な物的資源集約セクタの知識主導型プロセスのグローバルな増加

学際的なアプローチ
・衣服縫製工場における高速インクジェットと染色アプリケーション・オンライン
・形状記憶統合:布反応、エンドエフェクタ・インタラクション、全体的衣服行動


平成19年1月11日 EU蛙跳び総合プロジェクトの背景の原理

●高労働コスト要素
ヨーロッパでの衣類生産は、この活動をして高労働コスト国で競争力が大きくなくする衣服製造に関係している高い労働コスト要素から損害を被る。
●品質要素
衣服の仕立て作業における重い品質の重大な人の介入はほとんどの他の工業生産プロセスにおいて想像できない欠陥製品--最高有資格のオペレータと良好稼働工場でどこでも20%までの--の異常に高いレベルをもたらしている。
●移転か或いはハイテクなオートメーションか?
ハイテクなプロダクションシステムを開発する挑戦に取り組むというよりも、衣料産業と流通は消費の地点からずっと離れてしばしば低い労働コスト製造位置に移って行った。これは、単位生産費を減少させたけれども、サプライ・チェーン組織とロジスティクス、品質保証、およびIPR保護のためにコストを膨らました。
●新しいデザイン&バーチャルのプロトタイピングツールと新しい組織概念に関する投資
ハイテク生産とは別に、潜在的に大規模な効率向上の他のフィールドは以下の通りである:
今日その技能風の組織(長い試行錯誤手続と非能率なコミュニケーション手段)でのあまりにも時間のかかるそしてコストの掛かり過ぎることを続ける衣服デザインとプロトタイピングプロセス。
すべてのそのサプライ・チェーンとさらなるビジネスパートナーを持つ衣類ビジネスの全体の組織。
このエリアの非効率さは品切れ状況と同様に頻繁な在庫過剰に対して、巨大な逃されたビジネスチャンスに対して、サプライ・チェーンのすべてのステージの能力遊休と空費問題に対して責任がある。
これらの非効率さは、また、ヨーロッパの店の衣類製品すべてに増大する選択にもかかわらず、供給がほとんど消費者期待の成長に遅れないようについて行けず、あまりにもしばしばイライラした買物客が彼らの要求した色とスタイルの適正なサイズをミスし、高価にもかかわらず劣った製品品質についての不満となり、最終的に他の消費製品のお金を費やすという事実に責任がある。


平成19年1月10日 EUの自動縫製挑戦─蛙跳びプロジェクト開発の参加機関・企業

EUは自動縫製システムの技術開発に取り組んでいる。それはヨーロッパの繊維企業と国際機関が最後の挑戦という認識の下で進めているものである。「リープフロッグ(蛙跳び)プロジェクト」と名付けられ、縫製加工の完全自動化を目指すものである。プロジェクト参加の機関・企業はEU委員会およびEURATEXを始め、大学ではイギリスのケンブリッジ大、スイスのジュネーブ大ミララボ、ドイツの繊維技術・プロセス工学デンケンドルフ大、イタリアのジェノア大など、研究所ではフランスの繊維・衣服研究所、イタリアの工学コンサルティング・アポロニス社、ベルギーの繊維科学技術研究センター、オランダの応用科学研究所、ポルトガルの繊維・衣服技術センター、ギリシアのアテネ・テクノロジーセンターなど、ソフトウエアではフランスのレクトラ社、ドイツのアシスト社、イスラエルのブラウズウエア社(立体衣服生成ソフトのプロバイザー)など、ソーイングヘッドはドイツのフィリップ・モル社など、アパレルメーカーではドイツのヒューゴボス社、ベルギーのシャツメーカービボリノ社、スペインの化繊糸メーカー・アンテックス社、イタリアのファッションメーカーのエルメネギルド・ゼグナ社など計34社である。プロジェクトには3つの重点目標があり、それは衣服縫製の完全自動化、新繊維の開発そしてデザインとされる。今年にも試運転が可能かともいわれている「蛙跳びプロジェクト」の最も重要な工程は、生地を損なうことなくハンドリングする作業にある。この大役は、イタリア・ジェノア大学の「デザイン・測定・自動化・ロボット化研究所」にゆだねられた。生地のハンドリングが解決されると、次の課題はいかに縫うことかである。伊ジェノア大のモルフィーノ女史は独縫製機器メーカーモル社や伊技術研究企業スタム社と協力して、体型の変化するマネキンに対応して自動縫製装置を製作する。モル社では自動車用ヘッドレストや座席、エア・バッグなどの完全自動化のロボット縫製装置「ロボソー」を開発しているメーカーである。2台のロボットのアームの先のソーイングヘッド2台がヘッドレストの両側から同時に自動縫いする。布の供給は人が行っている。この装置はプロジェクトの中心的部分に位置づけられているという。そしてコンピューター・グラフィックス、アニメーション、ナノテクノロジーの成果を使い切って対抗しようとの構想である。こうした計画が中国、ベトナムなど労働コストの安い地域への対抗手段となりうるか、今の段階ではまだ先がみえないが、イタリアが積極的に進めているのは、同国繊維・衣服産業の惨状からの危機感の表れでもあろう。EUの11カ国は、このために1千6百万ユーロ(24億円)を拠出した。独ヒューゴボス社や仏ラ・レドウテ社なども出資している。タイムアップ寸前までに追い込まれたEU繊維産業が土壇場にかける大勝負といわれる。その成果が注目されるのである。

本文は近代縫製新聞今月号に掲載のものである。

ロボット普及支援 経産省9か年計画

経済産業省は、ロボットの本格的な普及を目指し、2015年度まで9年間の民間企業などへの総合支援策をまとめた。最初の段階では、人と同じように「軟らかい物体をつかむ」といった動作を実現する技術の開発を企業に競わせるという(EUのLeapfrogプロジェクトとも3年遅れで競うことになる!)。
ロボット利用の安全確保に向けた実験に対して補助制度を設け、07年度予算で次世代知能ロボットの技術開発を支援するため19億円を確保する。経産省は07年度から10年度までをロボットの「プレ普及段階」、10年度以降15年度までを「普及段階」、15年度以降を「本格普及段階」と区分けし、各段階で取るべき対策を並べた。支援策が軌道に乗れば、ロボット市場の規模は10年度に約1・8兆円、15年度には約3・1兆円に拡大するとみている。07年度中には@ロボットの安全性を確保するための自動停止装置などの技術開発A介護・福祉ロボットの導入につながる筋肉や関節のリハビリ支援ロボットの実用化を図る。プレ普及段階は技術開発に力点を置き、企業や大学などの参加を募り、「軟らかい物体をつかむ」「画像を認識する」「障害物を避けて移動する」など、ロボットが簡単にできない7項目の技術について開発を競わせる。08年度末に最も優れた技術を示したグループを選び、そのグループは10年度まで交付金を集中して受けられるようにする。

東大「お手伝いロボット」披露

東大は10日、多数のロボットが人間の行動を支援する「未来のリビングルーム」を公開した。住人がソファに腰掛けると、照明が自動点灯し、手招きするとヒト型ロボットがやってくる。「お茶を持ってきて」と声をかけると、台所にいる別のロボットと連携してお茶を湯飲みに入れ、卓上に運んでくれる。湯飲みはロボットが持ち帰り、流しで洗う。天井や床、家具に組み込まれたカメラやセンサーが住人の行動をモニターしており、ボードに印刷されたマークに触れるだけで電話をかけたり音楽を流すこともできる。文部科学省の研究費を受けた東京大情報理工学系研究科の研究者らが、開発中のロボットやシステムを集めて実現した。高齢者などの支援への応用も期待でき、住人を演じた佐藤知正教授は「10年後ぐらい先から、こうしたシステムが実用化するだろう」と話す。【

東大は10日、人のお手伝いをするロボット「HRP-2」を公開した。このロボットは将来、一般家庭で家事や老人介護を支援することを目指している。大学院情報理工学系研究科の稲葉雅幸教授は「人間を安全に運ぶ能力や、柔らかいものをつかむ手さばき、状況を判断する知能などが必要だ」と話していると報じられた。


平成19年1月9日 EUの自動縫製挑戦─蛙跳びプロジェクト開発

EUは自動縫製システムの技術開発に取り組んでいる。それはヨーロッパの繊維企業と国際機関が最後の挑戦という認識の下で進めているものである。「リープフロッグ(蛙跳び)プロジェクト」と名付けられ、縫製加工の完全自動化を目指すものである。
プロジェクト参加の機関・企業はEU委員会およびEURATEXを始め、大学ではイギリスのケンブリッジ大、スイスのジュネーブ大ミララボ、ドイツの繊維技術・プロセス工学デンケンドルフ大、イタリアのジェノア大など、研究所ではフランスの繊維・衣服研究所、イタリアの工学コンサルティング・アポロニス社、ベルギーの繊維科学技術研究センター、オランダの応用科学研究所、ポルトガルの繊維・衣服技術センター、ギリシアのアテネ・テクノロジーセンターなど、ソフトウエアではフランスのレクトラ社、ドイツのアシスト社、イスラエルのブラウズウエア社(立体衣服生成ソフトのプロバイザー)など、ソーイングヘッドはドイツのフィリップ・モル社など、アパレルメーカーではドイツのヒューゴボス社、ベルギーのシャツメーカービボリノ社、スペインの化繊糸メーカー・アンテックス社、イタリアのファッションメーカーのエルメネギルド・ゼグナ社など計34社である。
プロジェクトには3つの重点目標があり、それは衣服縫製の完全自動化、新繊維の開発そしてデザインとされる。今年にも試運転が可能かともいわれている「蛙跳びプロジェクト」の最も重要な工程は、生地を損なうことなくハンドリングする作業にある。この大役は、イタリア・ジェノア大学の「デザイン・測定・自動化・ロボット化研究所」にゆだねられた。生地のハンドリングが解決されると、次の課題はいかに縫うことかである。
伊ジェノア大のモルフィーノ女史は独縫製機器メーカーモル社や伊技術研究企業スタム社と協力して、体型の変化するマネキンに対応して自動縫製装置を製作する。モル社では自動車用ヘッドレストや座席、エア・バッグなどの完全自動化のロボット縫製装置「ロボソー」を開発しているメーカーである。2台のロボットのアームの先のソーイングヘッド2台がヘッドレストの両側から同時に自動縫いする。布の供給は人が行っている。この装置はプロジェクトの中心的部分に位置づけられているという。そしてコンピューター・グラフィックス、アニメーション、ナノテクノロジーの成果を使い切って対抗しようとの構想である。
こうした計画が中国、ベトナムなど労働コストの安い地域への対抗手段となりうるか、今の段階ではまだ先がみえないが、イタリアが積極的に進めているのは、同国繊維・衣服産業の惨状からの危機感の表れでもあろう。EUの11カ国は、このために1千6百万ユーロ(24億円)を拠出した。独ヒューゴボス社や仏ラ・レドウテ社なども出資している。タイムアップ寸前までに追い込まれたEU繊維産業が土壇場にかける大勝負といわれる。その成果が注目されるのである。本文は近代縫製新聞1月号に掲載のものである。


平成19年1月8日 EUプロジェクトLEAPFROG CA─提案事業の基礎

目標とされたブレークスルー変革は、スタイル、サイズと機能[Acaccia、ミケリーニ、2003]について顧客の要求に完全にアドレスする高品質な衣服の費用効果が高い生産のための柔軟な自動化された製造システムの開発に基づいている。

主要な詳細に入って、提案された仕事はロボット工学とメカトロニクスと同様に多機能素材のフィールド応用研究と同様に基盤に基づくであろう。

この枠組の中で、刺激に敏感な多機能布は、刺激に敏感なポリマーコーティングの沈殿または従って伝統的な織物ファイバーと混ぜられたハイブリッド布の製造のための高い引っ張り応力とともに動作(50%より上の引っ張り)の広い範囲を提供している適用された素材的刺激に呼応して純粋な配向性液晶オーダーにおいて自発的に整列することが可能な刺激に敏感なポリマーフィラメントの開発を通してポリシロキサン側鎖ネマチックのエラストマーを織物に応用することによって開発されるであろう。

さらに、織物ファイバーとナノ粒子の間でのインタラクションにおいて理解力を強化することは二重の目的によって2Dの柔軟布裁断片の上の沈殿を許すであろう:その一方は、非常に生物分解可能なセルロースポリマーナノ粒子のコロイド懸濁に基づく水溶性十字結合ポリマーコーティングの堆積は、ファブリック端と針の間で摩擦を減らすだけでなく、ロボットセルに正確な取り上げと半硬式の移送を容易にする足場を生み出す一時的に部分的に増加した硬さと失敗寛容オートメーション縫製[シュッテ、1997]を保証するために機械式部品を動かす高速を提供する。

他方では、永久的なナノ構造化されたコーティングの沈殿は、構造部品(えりなど)を作成するために複数の布レイヤーの縫い合わせを置き換えるのを許すであろう。

これは、メンテナンスがサイクルした後にパフォーマンス縮小を避けるために硬化剤を薄膜でおおう範囲60-140℃またはアプリケーションと使用の間の化合物のリリースの熱処理が続いていて、目標とされた沈殿を通して恒久的に布の堅さを増大させるためにナノ構造化された高い通気性のコーティングを始めている無機的ナノ粒子の適切な明確な表現の調査を通して達成されるであろう。

平行作業は、容易にインタフェースし、効果的にマシンと協力し、人に全体の安全を与えるアシスタントとして挙動するであろう最高1.5Gまでの高い加速度を可能にするメカトロニック・アーキテクチャをもち、ハンドリングとマニピュレーションの仕事のための高速のユーザ・フレンドリな人/機械ロボット機器を含む、新世代の衣服組立セルのデザインとプロトタイピングから成るであろう。
(筆者注:この人/機械ロボット機器の概念は、筆者がかって15年前に唱えた「Limp Fabric に対しての自動化にBMH(brief manual help)」の考え方と一致するもので、EUの研究者がよく調べていると驚いている次第である)

さらに、パラメータ・シミュレーターの開発は、セルのライフサイクルの全フェーズ(モジュール式のハンドリングと組立資源選択の早期概念から、費用効果性、スループット、エネルギー効率、およびエルゴノミクスを考慮するモジュール、それらのメンテナンス、およびセル再構成のための用法フェーズまで)の間、新しい概念の組立セルを補助することを許すであろう。

モジュール性および迅速な再構成概念に基づく革新的な変身把持機器の同族の作成は、異なったパーツ(2D)/モールド(3D)形状および素材[Costo、アルタムラ、Bruzzone、モルフィーノ、Zoppi、2002]に取り上げポイント幾何学を適応させるように可能にする。


平成19年1月7日 EU研究―マス・カスタマイゼーションにインクジェットプリンターの使用

マス・カスタマイゼーションのための生産の重要な利点は、例えば衣類のサイクル全体において環境負荷の大幅節減である。インクジェットプリンタを使うことにより、布端は印刷機とスクリーンのクリーニングのために残留糊流れと不要な水消費にセットされる。製造における裁断ロスは素材の最高20%まで達するかもしれない。互いに裁断テーブルとインクジェットプリンタを連動することによって、色が必要なそれらの場所だけをプリントすることを可能にするので、染料が節約される。
衣類提供の約60-70%は、現在、クリアランス・セールに終わるように運命づけられている。売れ残り品は代わりの販売チャンネルにおいて;場合によっては国内市場(‘消化店’の移動取引を通して)、他の場合には外国で投げ売りされる。これは正規取引を妨害し、不正競争を刺激する。衣類の需要と供給の間のワン・ツー・ワン関係を樹立することによって、衣服のみならず、材料損失も大幅に減らされるであろう。──EUプロジェクトではアパレル生産のワン・ツー・ワン関係のカスタマイゼーションが目指され、これは本論で提起している客業生産の理念と一致するものであると強く感じている。


平成19年1月6日 EUプロジェクトLEAPFROG CAのアプローチ

この大きなドメインでよりよい科学と技術の統合を保証するために、LEAPFROG CAは4つの主要な主題のエリア (すなわち具体的な科学の、そして技術的なドメインにアドレスするそれぞれのエリア) でプロジェクトと関連した未来技術をグループにするであろう:すなわち

主題エリア1:概念と未来の拡張されたスマートな織物/衣服の組織の分析

主題エリア2:マス・カスタマイズされた製品に対するバーチャル・協力的デザイン/バーチャル・プロトタイピング

主題エリア3:布製造と準備におけるクィック・レスポンスと新生産方法論

主題エリア4:知的な衣服製造システムをサポートしている新素材とプロセス

各エリアは、進行中のプロジェクトからのすべて関連した情報と知識の出現を収集するため、共通の問題とソリューション指向のアプローチを共有するため、経験を交換し、補足するため、セクタニーズに最良実務または最良ソリューション方法を収集するため、および未来の研究のために統合したロードマップを開発するために、最先端を分析し、ニーズを強調する必要なフォーラムを提供する産業や科学のメンバーによって構成されているワーキンググループが組織されるであろう。

知識ポータルの中でまたは技術版と戦略白書において容易に統合を許すために、この知識は共通のフォーマットに従って組織されるであろう。
●関連した全国的で、国際的なプロジェクトを持つリンクと協力枠組の設立
●現在の産業のニーズ、問題、およびボトルネックの識別
●すべての重要な出現知識エリアと関連したアプリケーションフィールドの識別とレビュー
●世界的な最先端の調査と特許検索の開発
●最後の5年で仕上げられたすべてのプロジェクトと進行中のそれらの結果の体系的基礎分析
●産業において研究結果、および/または最良実務の導入のための情報とガイドラインを持つ統合モデルの開発
●未来の参照製品と組織的なモデルの開発
●研究におけるギャップの識別とすべての4つの主題エリアのための統合した研究ロードマップの開発
●知識コミュニティのネットワーキングをサポートするために共有された知識インフラストラクチャー(e- 知識と研究の活動におけるデータベースと接続したバーチャル協力プラットフォームの開発
●永久的な統合構造(産業や科学の専門家のグループ)の設立
●研究者、学生、および産業のスタッフの移動促進
●公文書と会議を通してのプロジェクトの結果のプレゼンテーション

活動の成功終了とそれらの結果の妥当性を保証するために、各workpackageは研究、認証、および品質保証の活動の計画を含んでいる。各workpackageはWorkpackage委員会によって管理される。エンドユーザーは各Workpackage委員会のメンバーであり、workpackageの計画認証と品質保証の活動に関係する。これは、プロジェクトがそのオリジナルの商業用で、技術の目的の上のフォーカスであり続けることを保証する。


平成19年1月5日 EUプロジェクトLEAPFROG CA

LEAPFROG CA「蛙跳びCA」 (多くの学問領域にわたった知識の統合とオリジナルのガイドラインに沿った研究からのヨーロッパ衣服生産のためにリーダーシップをサポートする研究活動) は、NMP (ナノテクノロジー、素材、および生産) とIST (情報化社会テクノロジー) プログラムの統一行動の一部としての6番目の枠組プログラムの文脈の中のEUによって出資された統合行動プロジェクトである。蛙跳びCAは知的な衣服製造技術の上の「知識コミュニティ」の設立をめざしている。この目的は、70の進行中の研究プロジェクトの効果的な統合と拡張されたスマートな織物/衣服の組織の概念を通して急速なグローバルな製造に達する最適化された全体観の製品とデザインチェーンの、そして最後に緊急の必要を満たす全体的な目的を持つ14か国からの37の重要なコンソーシアム代表のネットワーキングを通して達成されるであろう。このネットワーキング活動は、効率的に効果を上げるため、経験を交換・補足するため、テクノロジーを結合するため、最良実務または最良ソリューション方法をセクタニーズに推薦するよう結果を普及するため、および未来の研究のために統合したロードマップを開発するために、共通の問題とソリューション指向アプローチを分担する必要な学際領域や分野横断的のフォーラムを提供することにより付加価値を守るであろう。プロジェクトは2004年6月に始まり、30ヶ月の期間を持っている(終了は2006年末)。本年はその成果の発表を見ることができるだろう。


平成19年1月4日 EUプロジェクト「Leapfrog(蛙跳び)」インタービュー(印「ステッチワールド」誌)

ナノテクノロジーの、多機能素材と製造工程プログラムの下で出資されたプロジェクト‘LEAPFROG’は、研究と技術開発のためにEUの6番目の枠組プログラムの一部である。このプロジェクトはStitchWorld誌[2004年11月号の]中でようやく議論された。衣服製造工程に革命をもたらすために、EUの‘LEAPFROG’は突出している。‘LEAPPROG’、ヨーロッパ織物と衣料産業の共同研究、および革新イニシアチブは衣料産業の中のテクノロジーのブレークスルーをめざしている。野心的な2千4百万ユーロプロジェクトはEURATEXによって主導され、ヨーロッパ織物の会社、と研究センターを集合して、衣類生産のための最適な布準備の新しい方法、自動化された衣服製造、バーチャルな衣服プロトタイピング、サプライ・チェーン統合、およびマスカスタマイゼーションを開発し、実施することを試みるであろう。
‘蛙跳び’の最終目的は、ヨーロッパの衣類セクターの生産性と競争力のステップ変化を達成し、労働コスト要因へのその依存を減少させることである。成功するならば、低い労働コスト輸出国は影響されるであろう。
StitchWorld誌との対話型セッションの中で、ルッツ・ウォルター(EURATEXのR&D、lnnovation、およびプロジェクト部門長)は少しの疑いを明確化した。
ルッツ・ウォルターとインタビュー…
SW;蛙跳びの重要性はEUのために何であるか?
ルッツ・ウォルター;LEAPFROGは織物/衣料産業の中でこれまでで最も大きなEU研究プロジェクトである。それはこの産業のための旗艦的プロジェクトであり、成功するならば、ヨーロッパ衣類産業とその織物供給業者の競争力への重要な影響を持つことができる。しかしそれを技術的に話すと、4年 (2002年-2006年) の間に175億のユーロの総予算を持っているEUの共同出資された6番目の枠組プログラムによる数千の協力的な開発プロジェクトのうちの1つである。
SW:蛙跳びを持つあなたの目標は何であるか?
ルッツ・ウォルター;LEAPPROGは、布準備、自動化された切断断片ハンドリング、大幅に自動化された縫製、サプライ・チェーンと品質管理とバーチャルの流行デザインとプロトタイピングを含んで、われわれが生産性、品質、製品化までの時間、および消費者の反応がかなり改善されることができると信ずるすべての分野で、衣服デザインと製造のいくつかの重大なプロセスにおける技術的なブレークスルーを達成するように試みることであり、それで労働高コストと労働低コストの国の間の現在の原価ギャップがかなり狭められるだろう。
SW;Leapfragはどれくらい原価節約をヨーロッパ織物会社にもたらすであろうか?
ルッツ・ウォルター;LEAPFROGプロジェクトはまず第一に原価節約についてのプロジェクトではない。プロジェクトは、成功するならば、会社が生産性、品質、および顧客応答を向上するために投資することができる新しい製造と関連テクノロジーを提供するであろう。ヨーロッパ織物と衣料産業の未来は原価節約からではなく、マスカスタマイゼーション、製造におけるより高い品質および生産性、サプライ・チェーンのより速い管理/制御、顧客 (小売業とエンドユーザー) へのよりよいサービスのような新しいビジネスモデルからである。
SW:いつプロジェクト蛙跳びは、EU織物会社によって適用されはじめるであろうか?
ルッツ・ウォルター;プロジェクトは現在開発フェーズの中にある。プロトタイプのいくらかの早いデモンストレーションは2007年に予期されているけれども、デモンストレーションと産業アプリケーションの大きさは2008年-2009年の前に起こらないであろう。
SW;そのプロジェクト報告の中でどんな種類の技術上の躍進が予想されるか。
私達は近い未来に予期することができるか? 
どの特定のエリアにある? 
どんな処置が、この進行状態に達するためにとられたか?
ルッツ・ウォルター;LEAPPROGは各分野の技術革新に取り組むけれども、最も高い視界のそれは、確かに、縫製のオートメーションであるであろう。この点で、私達は重要な衣類カテゴリー(ジャケット、ズボン、スカートなど)のための縫合線の大多数の完全自動生産の実行可能な解決策で生存を望んでいることと非常に確信している。これは明らかに労働コストの重要な一部を人に関連した品質問題と同様に衣類生産から取り除くであろうけれども、もちろん次々とプロセス全体をより資本集約的にするであろう。それで、そのようなシフトが経済意識となるビジネスシナリオの下で、見られることが続くことになる。
LEAPFROGによって取られた処置は、工業的衣服製造プロセス (2002年-2005年における) 全体の非常に完全な再考察と現在のボトルネックに打ち勝つ重大な技術的なコンポーネントの再設計 (最近2005年以来進行中) であった。
2007年に最初の使用可能なプロトタイプを示すことができることに私達は自信がある。
SW;プロジェクトについての成功は、インド、中国、その他の国などのEUへの繊維製品を輸出している国に影響をもたらすか?
ルッツ・ウォルター;成功したLEAPFROGテクノロジー/ソリューションは、諸国の会社のために世界市場の上で入手可能になるであろう商品 (マシン、設備、ソフトウェアなど) に組み込まれるであろう。彼らは産業をもっとずっと生産的で、労働コストに依存しないようにするであろう。これは世界中の衣服製造の流通に釣り合う影響を及ぼすことができる。しかし、衣類のデザインと製造のための最も経済的な場所を決めるであろう来るべき年のグローバルな衣類/ファッションのビジネスにおいて多くのより重要な傾向と開発があるであろう。ある場合において、産業の未来がただ生産技術や労働コストに依存するばかりでなく、賢く、心が広く、革新の会社管理において多くを依存するようになる。他にどうして誰がドイツ、スイス、またはUKのような最も高い労働コスト国において成立し、成長する衣類製造の存続を説明することができるか?


平成19年1月3日 独モル社のロボソー(ロボット縫製)システム

Robosewシステムは織物製品 (例えばヘッド・レスト、自動車用の座席、エアバッグなど) の完全に自動化された生産のためのロボットでサポートされた縫製システムである。robosewシステムは、縫合線パスに沿ったロボットと後の製品にその形において一致しており、裁断織物片が向けられるモデルによって球状に誘導される特別なミシンの組み合わせに基づいている。ヘッド・レストのロボソーシステムの運転画像は次のアドレスで見られます。
http://www.moll.ac/2006/media/media.asp?LANG=EN&MNAME=rs.wmv


平成19年1月2日 EUプロジェクト─自動化された仕立てはより近くに来る

産業革命は繊維産業のオートメーションから始まったけれども、まったくそれが始めたものを終えるようには決してなされなかった。この250年になされた紡糸と織りと布地の裁断における進歩にもかかわらず、ほとんどすべての衣服はなお手によって組み立てられている。部分的に、それは、手がいくらかの場所に安くとどまっていて、それらの製品を輸送するコストが非常に低下したためである。しかし、部分的に、それは、人の仕立て屋に対して自動化された置換を設計することが難しいためである。
しかし、ヨーロッパ会社と研究組織のグループは、それを変更することを望む。Leapfrog(蛙跳び)プロジェクトのバナーの下で協力して、彼らは、18世紀にジェイムズ・ハーグリーヴズと彼の多軸紡績機によって開始されたプロセスを完成しようとしていて、彼らは、今年7月頃までにはパイロット生産ラインを用意することを望んでいる。
「蛙跳び」の最も重要な仕事のひとつは、布を損わずに布を把持し、処理する方法を見つけることになっている。その仕事はイタリアのジェノバ大学のデザイン、測定、オートメーション、およびロボット工学の研究所のレジア・モルフィーノ(Rezia Molfino)女史に委任されている。モルフィーノ博士は3つのアプローチを試している。一番目は直接的で:真空吸引パッドである。2番目はより独特である。電流を流すことによって布地を処理している把持子を零下に冷却する(そして布自身も冷却する)ためにペルチエ効果と呼ばれる熱電現象を使用する。この方法で布地を冷却することは、布をより堅く、よりコントロールしやすくする。
ヤモリが天井にはり付くように、モルフィーノ博士の2番目の独特なアプローチは、彼らが多く処理している布を把持する平面に関係している。ヤモリの足は、それらが触れる何にでも静電気的にはり付く微視的な毛のような突出物によってカバーされている。モルフィーノ博士は、コンピュータチップをエッチングするために使われた技術を、彼女の把持子に同様な表面を作成するのに使用することを計画する。
布のハンドリング問題が解決されたら、次の問題は正しい形にどのようにそれを縫うかである。モルフィーノ博士は、作られている衣服に適するようにサイズと形状を変えるマネキンに関して、ドイツの縫製会社フィリップ・モル社とイタリアのエンジニアリング調査会社STAM社とともに働いている。
正確にどのようにこれらのハイテック・テーラーのマネキンが作動するかの詳細は厳重に秘守されて、特許申請保護中であるが、基本的な考え方は、ダミーの中のアクチュエーターのネットワークが異なる形状に柔軟なアウターシェルを押したり、引いたりするであろうということである。ダミーは、それから、自動車工場で見られるようなスポット溶接マシンのように、布片を一緒に縫っているロボットの縫うアームがまわりでうなる間、布片を適切なポジションに置くためにテンプレートとして使われるであろう。
「蛙跳び」は、本物の市場の必要への反応であり、ヨーロッパ衣服製造産業を低賃金国による競争の面前において活力を維持することを意図している産業政策とは対照であるが、どの程度のものかはまだクリアでない。欧州委員会は1千6百万ユーロ(24億円)を寄与したけれども、民間企業は、ヒューゴボスとラ・ルドゥテなどの会社という形で、さらに9百万ユーロ(13.5億円)を寄付した。それは、ムダな仕事であるかはまだ、判明できないだろう。しかし、ハーグリーブズの心はたぶん実際に生きており、健やかである。(ハーグリーブスは1764年にジェニー紡績機を発明し、手作業を機械化するとともに、複数の糸を同時に紡績するようにした。)(”Closing the circle”. The Economist July 15th 2006)

普及材料から熱電変換素子…名大など開発に成功

熱を加えると電気が流れる「熱電変換素子」という素材を、容易に手に入る材料から作り出すことに、科学技術振興機構と名古屋大などの研究チームが世界で初めて成功した。成果は07年1月21日付英科学誌「ネイチャー・マテリアルズ」電子版に発表される。従来の素材に比べ2倍の発電性能があり、エンジンの排熱を利用して発電するハイブリッド車など、幅広い分野への応用が期待される。研究チームは、容易に手に入る「チタン酸ストロンチウム」という絶縁体物質に、微量の金属元素を混ぜた半導体を作成。これを厚さ1000万分の4ミリの薄い膜に加工し、チタン酸ストロンチウムにサンドイッチのように挟み込んだ。新素子は人体に無害。融点が2080度と、600度前後で溶ける従来型に比べて高く、約700度に達する車のエンジン排気熱にも耐えるという。熱電変換素子は熱を加えると電流が発生し、外から電流を流すと冷える性質がある。体温と外気の温度差で発電する腕時計や、小型冷蔵庫の冷却源などに応用されている。これまで鉛やビスマス、アンチモンなどの重金属が原料として使われてきたが、埋蔵量が少ないうえ、毒性が強く、大規模な利用が難しかった。(2007年1月22日3時6分 読売新聞)


成19年2月7日 EUプロジェクト LEAPFROG CA Technical Edition 製造における市場主導のトレンド

 

4.2 Market-Driven Trends In Manufacturing

In a global market comparable products are offered: the enterprises, to preserve and expand their trading positions have to continuously adapt the current products to the users satisfaction. The trend becomes more relevant, as the number of specifications includes the adaptation of the products to life-cycle standards on safety, anti-pollution, on recycling and dismantling rules, according to prescriptions aiming at sustainable development, promulgated by every industrialised country.
[AlJ93], [AlL95], [BoA92], [[ChT01]], [Eba94], [GUI91], [JOV93], [SEL94], [Wie89], [ZUS94], figure 2.

In general, two main control principles have to be taken into account . the push principle and the pull-principle. Looking at the production from the order point of view, either the specific customer demand triggers the manufacturing and assembly (push) of customer orders or a demand is satisfied immediately by selling a product already produced (pull).

This approach can be transferred to both, entire companies as well as separate areas of production. Therefore, an order can be a customer order or an internal production order (e.g. a part-manufacturing order, an assembly order or an order for a single manufacturing process).

The most important advantages of a decentralised pull controlled system are short delivery times, low requirement towards the complexity of the control system and no necessity for scheduling and sequencing. However, there is no possibility for customisation and the storage of finished goods causes additional expenses for inventory and warehousing. In contrast, a push-system has no immanent need for storing goods and the production can totally be customised. But, every push system requires a sophisticated module for order release and inventory control to assure short and constant delivery times.

Searching for control systems that realise the conceptual ideas of push and pull, the two most widely known approaches are the MRP system and the KANBAN system.

Each offered artefact is, thereafter, endowed by quality ranges attributes, covering multitudes of users’ requests. Trends in market-driven and technology-pushed manufacturing are summarised in figure 4. The actual trend is to re-propose one-of-a-kind products, purposely adapted to individual whims with quality figures granted by standard tolerances, as compared to craftworks.

Customised artefact quality is consistent with intelligent manufacturing by means of flexible specialisation. For mass delivery, fixed automation solutions, like rotary tables for low dimensions products and transfer lines for medium- great dimensions products, are preferred; the switching to new sets of artefacts cannot be done, unless the ‘different’ special purpose devices, properly matching the requested changes, are enabled. The compression of the time-to-market is sought by simultaneous engineering, namely, by developing products with design-for-manufacturing, etc. rules and processes with modular configurability or function programmability.

Summing up, important improvements are expected from the integrated control and management of the processing operations [ACA88c], [ACA89c], [ACA92b], [MIC92b], [MIC94d], with account of flexibility of the physical set-up and the logical resources. The effective set-up of manufacturing sections, tailored to product mixes included by the enterprise strategic planning, and the proper logics of manufacturing schedules, adapted to production agendas within the enterprise tactical planning, have to be looked for.

With markets globalisation, short delivering with customer-driven quality is becoming critical request [Beh86], [Cuc89], [Lil66], [MIC89], [MIC92c], [MIC94d], [MIC95a], [MuY90], [Nar81], [StB93], [Tak91], [TOB93], [Wie89]. Actually time-to-market and product quality are vital factors for enterprises aiming at remaining, or becoming, world-wide competitors.

The actual effectiveness is still an open problem and seems to be improved exploiting, to the best, the empirical knowledge acquired on the specific field. Knowledge-based approach and expert-simulation are opportunities to assess flexibility by uniformly combining causal and judgmental knowledge; they are offered to production engineers for making possible:

. the optimal setting of products and processes, according to the rules of simultaneous engineering;

. the best return on investments, by preserving leanness into intelligent, knowledge intensive, manufacturing.

The lean manufacturing situation asserting economical returns on short-medium horizon encompasses: simultaneous manufacturing of extended mixes of products; the resort to modular manufacturing facilities; the process re-configurability.

The presetting of the economically effective solutions has been investigated from several stand-points [ACA89f], [ACA95], [ARN90], [Beh86], [Eve93], [Gus84], [Mak93], [Tan83], [TOB93], [WaW82].

4.2 製造における市場主導のトレンド

世界市場の中で、同等製品が提供されている:取引ポジションを維持し、拡張する企業は、現在の製品をユーザー満足に継続的に適応させる必要がある。トレンドは仕様書の数が、すべての工業化された国により公表された持続可能な開発をめざす規定により、製品の安全、公害防止に関し、リサイクルおよび解体規則に関して、ライフサイクル標準への適応を含むのでより適切なものになっている。
[AlJ93]、[AlL95]、[BoA92]、[[ChT01]]、[Eba94]、[GUI91]、[JOV93]、[SEL94] 、[Wie89]、[ZUS94]、図2。

一般にプッシュ原則 とプル原則の2つの主要なコントロール原則が考慮される必要がある 。観点の整理から生産を見て、個別の顧客需要は顧客注文の製造と組立を引き起こす(プッシユ)か、あるいは需要が直ちにすでに生産された製品を売ることによって満たされる(プル)かのどちらかである。

このアプローチは別個の産地と同様に、全体の会社に両方転送されうる。

従って、注文は顧客注文または内部の生産注文(例えば1つの製造工程のための部分的な製造指図書、組立指図書、または注文)であるかもしれない。

分権化されたプル・コントロールシステムの最も重要な利点は短い納期、制御系の複雑さへの低い要件であり、スケジューリングやシーケンシングの必要がないことである。

しかし、そこにはカスタマイズのための可能性が全然なく、完成品のストレージは在庫と貯蔵のための追加費用を起こす。

対照的に、プッシュ・システムは、貯蔵品に対する内在的な必要を全然持っていなく、生産はすべてカスタマイズされることができる。

しかし、すべてのプッシュ・システムは納期を短く、一定とすることを確実にするために、注文リリースと在庫管理に対して洗練されたモジュールを必要としている。

プッシュプルの概念のアイデアを実現する制御系を検索して、2つの最も広く知られているアプローチはMRP(所要量計画)システムとカンバンシステムである。

各提供された加工物は、ユーザーの要求の多数をカバーして、その後品質の範囲属性によって付与される。市場主導とテクノロジー・プッシュ製造におけるトレンドは、下に示す図4において要約される。

実際のトレンドは、職人の工芸品に比べて標準公差によって与えられた品質数値によって個々の出来心にわざと適応した一種独特の製品を再提案することである。カスタマイズされた加工物品質は柔軟な特殊化によって知的な製造を構成している。

マス流通のために、定着したオートメーション・ソリューションは、小寸法製品のためのロータリー・テーブルと中・大寸法製品のためのトランスファーラインとして選好される;‘異なる’専用目的機器が、要求された変化と適切にマッチしていて、使用可能でない限り、加工物の新しいセットへの切り替えはできない。製品化までの時間の圧縮はすなわち製造のためのデザインなどの規則を持つ製品を開発することと、モジュール式構成性または機能プログラム能力を持つプロセスによって平行的エンジニアリングによって求められる。

要約して、重要な改良は、物質的なセットアップ[ACA92b]、[MIC92b]、[MIC94d]、と論理資源の柔軟性のアカウントを伴った処理操作[ACA88c]、[ACA89c]の集中制御と管理から期待されている。

企業戦略計画を含んた製品構成に合うように調整された製造セクションの効果的なセットアップと企業の戦術的計画の中で生産課題に適応した製造スケジュールの適切なロジックは、調査される必要がある。

市場世界化によって、顧客主導の品質を持つ短い納期は、重要な要請[Beh86]、[Cuc89]、[Lil66]、[MIC89]、[MIC92c]、[MIC94d]、[MIC95a]、[MuY90]、[Nar81]、[StB93]、[Tak91]、[TOB93]、[Wie89]になっている。

実際、製品化までの時間と製品品質は、世界的な競争相手であり続けるか、なることをめざしている企業のための重要な要因である。

実際の有効性はなおオープンな問題であり、特定フィールドで取得された経験的知識を、ベストに利用して、高められるようである。

ナレッジベースのアプローチと専門家シミュレーションは、原因と判断の知識を均一に結合することによって柔軟性を評価する機会である;

それらは、可能にするために生産技術者に提供される:

・同時的エンジニアリングの規則による製品とプロセスの最適な設定;

・インテリジェント、知識集約の製造へ筋肉質を維持することにより最良の投資回収。

短・中層に関する経済的なリターンを主張しているリーン製造状況は、製品の拡張された混合物の同時的製造;モジュール式の製造施設へのリゾート;プロセス再形成re-configurability:を含んでいる。

経済的に効果的な解決策のプリセットはいくつかのスタンドポイント[ACA89f]、[ACA95]、[ARN90]、[Beh86]、[Eve93], [Gus84], [Mak93], [Tan83],[TOB93]、[WaW82]から研究されている。

筆者注)上記のプッシュとプルの解釈は米日とEUとで逆となっている。米日の意味は次のようになっている。
プッシュ:生産者による製品の顧客への強い勧めや押しつけ=プロダクト・アウト
プル:商品に対する顧客の引き(要求、注文)により生産するこ=マーケット・イン

表注)Economics of Scope(多角化の経済:柔軟な組織が必要) 

図4(2005年7月発表 D1.3 テクニカル・エディション figure 4 製造システムの進化)を見て、筆者は著書「チェックリストによる 少量・短納期生産 モデル縫製工場 実践ガイド」(繊維流通研究会刊2004年5月10日発行)に発表した「筆者による職業、工業、脱工業、客業、各生産の区分」の表と比較したのであるが、筆者の表の方が生産の更に先を見通していると感じた。以下に筆者の表を掲載する。EUのテクニカル・エディションより1年以上も前に小生の表を著書に発表したことになり、表の内容もEUの表より充実していると思っている。しかし、こうした思考の方向で、殆ど一致した内容のパートナーがEUの開発エンジニアーにいることを心強く思っている次第である。日本の政策立案者はこうした生産のビジョンを持ちうるのであろうか。安部内閣の標榜するイノベーションに関するテーマさえも抜け落ちるのではなかろうかと懸念している。目先のことにかまうだけとなるような気がするのだが…。


平成19年2月6日 EUプロジェクト LEAPFROG CA Technical Edition 寄稿者のリストと彼らの主要な活動の短い説明

2. List of contributors

Here you can find a short introduction of the partners that have contributed to thedocuments collected in the next chapters:

- Philipp Moll . Office For Modern Sewing Technology: Invented the 3D sewing technology in 1989 and works since then in this field, owns many patents in this field(e.g. DE 4102840.6 / EP 0569519, DE 4225008 / EP 0552349, DE 3931673 / EP0493492) and participated in project P2000 - Integrated 3D-sewing-system;

- DIMEC (Mechanics and Machines Construction Department): MIRALAB has been active the last 20 years in conceiving and development of new robotic devices and systems for leather, plastic and fabric items, participated in European Research projects (EUROShoE.); was leader of PRIDE national Italian project, owner of patents on prehensors for single and multilayer limp materials;

- TWI (The Welding Institute): Active last 20 years in welding of polymers and 10 years in laser welding of polymers. Holder of ClearweldR patent, and has carried out many projects on laser welding of textiles;

- IFN: Works since 40 years in the field of sewing technology, participated in project P2000 - Integrated 3D-sewing-system;

- GradoZeroEspace: is worldwide recognised as leading innovator in textile/clothing. They have been active in the last 2 years in developing new concepts for made-to-measure seamless garments through internally funded research. Experience made with natural fibers like stinging nettle have been world-wide presented. The results are now implemented within a CRAFT Program;

- D’Appolonia: is a 160 staff engineering company active in contract research,innovative product development and technology transfer. Most of D’Appolonia activities concerns traditional sectors, mainly textile. D’Appolonia has recently developed new concepts for clothing applications within on-going national and EC funded projects. D’Appolonia is active since 1990 in the area of textile reinforced components and has developed a database engine to correlate textile mechanical parameters to the final expected performance. D’Appolonia is the representatives of textile related;

- KCL (King’s College London): has been active in the last 20 years in mechanisms synthesis and design and in its application to soft material handling and fabric and garment 3D handling. Experience was made in the development of multifingered robotic hands and of metamorphic hands and relevant robotic devices. KCL also led a national research project on the feasibility of robotic ironing.

2. 貢献者のリスト

ここで、あなたは、次の章の中で収集された文書に寄与していたパートナーの短い紹介を見つけることができる:

- フィリップ・モル:現代のソーイング・テクノロジーのためのオフィス:

1989年に3Dソーイング・テクノロジーを発明し、それ以来この分野で仕事をし、この分野で多くの特許(例えばDE 4102840.6 / EP 0569519、DE 4225008 / EP 0552349、DE 3931673 / EP0493492) を所有しており、そして、プロジェクトP2000-統合された3Dソーイングシステム-に参加した;

- DIMEC(力学とマシン組立部門):

MIRALABは、考案すること、そして革、プラスチック、および布の品目のための新しいロボット機器とシステムの開発において最近20年活動してきており、ヨーロッパ研究プロジェクト(ユーロ・シュー)に参加し、単一や多層の柔軟素材の把持子に関する特許のオーナーで、PRIDE国家的イタリア・プロジェクトのリーダーであった。

- TWI(溶接研究所):

ポリマーの溶接において最近20年とポリマーのレーザー溶接において10年の活動。
ClearweldR 特許権者であり、そして織物のレーザー溶接と同時に多くのプロジェクトを実行した;

- IFN:

ソーイング・テクノロジーの分野で40年来仕事をしており、プロジェクトP2000 - 統合3Dソーイング・システム-に関与した。;

- GradoZeroEspace:

織物/衣類の主要な革新者と世界的に認められている。同社は、内部で出資された研究を通して誂えシームレス衣服のための新しい概念を展開することにおいて最近2年間で活動してきた。イラクサのような天然繊維によって作られた経験は、世界的に提出された。結果はCRAFTプログラムの中で現在実施される;

- D'Appolonia:

160のスタッフエンジニアリング会社は委託研究、革新的な製品開発、および技術移転において活動している。D'Appolonia活動のほとんどは伝統的部門の主に織物に関係する。D'Appoloniaは進行中の国家的とECの出資されたプロジェクトの中で衣類アプリケーションのために最近新しい概念を開発した。D'Appoloniaは1990年以来織物補強コンポーネントのエリアで活動しており、、最終的期待性能に織物の機械的パラメータを関係づけるためにデータベースエンジンを開発した。D'Appoloniaは関連した織物の代表である;

- KCL(キングズ・カレッジ・ロンドン):

メカニズム統合とデザインにおいて、そして柔らかい材料ハンドリングと布と衣服3Dハンドリングへのアプリケーションにおいて最近20年間で活動した。経験は複数指のロボットハンドと変形ハンド、そして関連したロボット機器の開発において作られた。KCLはまたロボットのアイロンがけの実現可能性に関する国家的研究プロジェクトを導いた。


平成19年2月5日 EUプロジェクトLEAPFROG CA Technical Edition

EAPFROG CA Technical Edition

1. IntroductionL

This first Technical Edition has been produced within the framework of the Leapfrog CA

project funded by the European Commission. Leapfrog CA is a 3 years European project

which aims at creating a knowledge community in the Textile and Clothing industry across

Europe. The project is run by a consortium made up of 37 organisations from 14 countries

and it is supported by the European Commission 6th Framework Programme.

Indeed, in a knowledge based economy and industry, the future European textiles and

clothing sector will increasingly depend on the industry’s ability to relentlessly innovate in its

products, to use the most advanced, flexible and resource-efficient processes and to focus

its organisational structure and business operations on the constantly evolving needs of its

customers. In all this, research and innovation play an ever increasing role.

To support this process, the European textile and clothing High Level Group has

recommended the setting-up of a European technology platform for the future of textiles

and clothing. The technology platform is built on 3 main pillars, reflecting each a crucial

element of long-term development of the textile and clothing industry in Europe:

1. A move from commodity fibres, filaments and fabrics towards specialty products from

flexible high-tech processes,

2. The establishment and expansion of textiles as the raw material of choice in many

industrial sectors and new application fields

3. Ending the era of mass manufacture of textile products and moving towards a new

paradigm of customisation, personalisation, intelligent production, logistics and

distribution

4. This publication gives an overview of the most recent research work and technologies

concerning the garment manufacturing chain, introducing possible technical innovations

in other textile related fields.

In line with these guidelines, this publication gives an overview of the most recent research

work and technologies concerning the flexible and customer oriented garment

manufacturing chain, introducing possible technical innovations in other textile related

fields. In the second chapter a list of contributors and short description of their main

activities is reported. Chapter three provides an overview of concepts concerning the

possible innovation and process re-engineering, based on effective cooperation between

robotic devices and multifunctional materials. Chapters four and five report about latest

developments in intelligent manufacturing and fabric handling systems. Chapters six

describes an innovative spherical sewing machine which enables automatic joining,

reporting about its application and current installations. Chapter seven provides an

overview of the fabric shrinking aspects and its effect on the garment assembly process.

Chapter eight reports about latest achievements in the area of laser and alternative joining

techniques, describing available systems and results.

1. 緒言

この最初の技術版は欧州委員会によって出資された蛙跳びCA(CAは協同活動の略)プロジェクトの枠組の中で生み出されている。

蛙跳びCAは、ヨーロッパを通しての織物と衣料産業の中で知識コミュニティを作成することをめざしているヨーロッパ3年間プロジェクトである。

プロジェクトは14か国から37の組織からなったコンソーシアムによって実行されて、それは欧州委員会6番目の枠組プログラムによってサポートされる。

実に、経済と産業ベースの情報において、未来のヨーロッパ織物と衣類セクタは、その製品において情け容赦なく革新し、最も高度で、柔軟で、資源が効率的なプロセスを使い、その顧客の常に発展するニーズにその組織的構造と営業活動の焦点を合わせる産業の能力にますます依存するであろう。

すべておいて、研究と革新はずっと増大する役割を果たす。

このプロセスをサポートするために、ヨーロッパ織物・衣類の高いレベル・グループは織物と衣類の未来のためのヨーロッパ・テクノロジー・プラットフォームのセットアップを推奨した。

テクノロジー・プラットホームは、ヨーロッパの織物・衣料産業の長期開発の各重要な要素を反映して、3つの主柱の上に建てられる:

1. コモディティとしてのファイバー、フィラメント、および布から柔軟なハイテク・プロセスからの特殊品への移行

2. 多くの工業部門と新しいアプリケーションフィールドでの選択の原料としての織物の設定と拡張

3. 織物製品のマス製造の時代を終えて、カスタマイズ、パーソナル化、知的な生産、ロジスティクス、および流通の新しい方法論に接近する

4. この出版は衣服製造チェーンに関係し、他の織物関連分野において可能な技術革新を紹介する最も最近の研究とテクノロジーの概要を伝える。

これらのガイドラインに沿って、この出版は他の織物関連分野において可能な技術革新を紹介し、柔軟で、顧客指向の衣服を製造するチェーンに関係する最も最近の研究とテクノロジーの概要を伝える。

第2章の中で、寄稿者のリストと彼らの主要な活動の短い説明が報告される。

3章は、ロボット機器と多機能の素材の間で効果的な協力に基づいて、可能な革新とプロセスリエンジニアリングに関係している概念の概要を提供する。

4と5章は知的な製造と布を扱うシステムにおける最新の開発に関して報告する。

6章は、自動的な重ね合わせを可能にする革新的な球形のミシンを説明し、そのアプリケーションと現在の設備をについて報告する。

7章は布収縮方面と衣服組立工程へのその効果の概要を提供する。

8章は利用可能システムと結果を説明して、レーザーと別法の合わせ技術の分野での最新の業績に関して報告する。


平成19年2月4日 EUプロジェクト「繊維工業のための強固な選択、豊かな約束」(2)

Working together within FP6

Wash and brush up - removing grease and grit but not paintwork

FP6 focuses in particular on SMEs participating in research and technological development, on the grounds that they are vital to European competitiveness and job creation. They are also able to open new markets effectively, particularly where advances in new technologies are involved.

Within FP6, the Economic and Technological Intelligence (ETI) measures for SMEs have special interest for the fashion sector. Fashion Net is one of these, and is complemented by two others relating to footwear (Shoes 5000) and to the‘intelligent textile environment’ (ITE). The ITE project is concerned with benchmarking SMEs, making use of self-audit and databases on good practice, and stimulating development of human resources.

Fashion Net’s aim is to encourage SMEs in the sector to become involved in FP6 research projects. It works to expand their network of contacts and stimulate the development of collaborative clusters, in order to foster the exchange of expertise, methodologies and good practice. The project is extremely broad, acknowledging the complexity of the production and supply chain.

Working through 16 intermediary organisations in eight countries, Fashion Net will promote innovation and technology transfer to SMEs. The project will use a wide range of tools to encourage SME participation, including two major conferences, and workshops and training sessions in each participating country. Four twinning events will help build working partnerships between areas with similar innovation needs, and an information campaign and a database for technical resources will reach 4,500 SMEs. Many will also benefit from technology audits.

Opening the door to innovation

Grandi estimates that Fashion Net and the two parallel ETI projects will together touch about 30 clusters of SMEs around Europe, so thousands of SMEs will be exposed to the possibilities for participating in international research projects.

These are times of very exciting technological developments - in water-permeable, heat-retentive or electrically conductive fabrics, in software, customised design, and intelligent textiles for specific applications in healthcare, transport, construction or the environment. Thanks to innovation, a traditional European industry is entering a new phase.

(1) ‘Rags to riches’, Innovation and Technology Transfer, edition 3/00.

(2) European Technology Platform for the Future of Textiles and Clothing -A vision for 2020, European Apparel and Textile Organisation, December 2004; http://www.euratex.org/download/publications/others/euratex-broch-technology_platform.pdf

(3) Textiles and Clothing after 2005 -Recommendations of the High Level Group for Textiles and Clothing, COM(2004)668; http://ec.europa.eu/enterprise/textile/com2004.htm

(4) http://www.fashionnet.org/

Technology platforms

Technology platforms arise from the Commission’s 2003 action plan for stimulating investment in research(*). Key stakeholders aim to define a strategic research agenda for key industries, which may then be supported under FP7. Some 25 platforms are in operation, in sectors where sustainable growth depends on major research advances. The textiles and clothing platform should help the industry innovate towards new products and more efficient organisation.

(*) Investing in research: an action plan for Europe. Communication from the Commission. COM(2003) 226; http://ec.europa.eu/research/era/3pct/index_en.html

Leapfrog

An FP6 project, Leapfrog is working towards a quantum change in productivity, quality and cost efficiency in garment manufacture and supply chain co-operation, by compiling data on new technologies and methods for a fully integrated clothing design and production system. Coordinated by Euratex, it brings together 37 consortium partners from 14 countries to analyse the results of 70 continuing research projects.

http://www.leapfrog-eu.org/

Web-TEXpert

WebTEXpert is developing advanced methods in innovation management with a view to increasing the competitiveness of textile and clothing SMEs. WebTEXpert will examine innovation in product development, product introduction, and networking, aimed at the integration of the various production phases. Many of the partners are industrial associations and groupings (IAGs) which will help disseminate the research findings and training widely, to encourage SMEs to look outside their own speciality area.

http://www.webtexpert.net/

e-Tailor

e-Tailor, an FP5 project, set out to integrate customised clothing production with retail or internet home shopping. The project developed infrastructure based on several new technologies - 3D body scanners, computer-aided design, e-commerce, data privacy - to develop and test the system in action. A European sizing system and an innovative method for customers to visualise the clothes on themselves were developed. A parallel project, e-TCluster, developed standards for these technologies.

http://www.atc.gr/e-tailor/

CONTACT(S)

Lutz Walter, Euratex/European Technology Platform for the future of textiles and clothing

Tel. +32 2 285 4885

Fax +32 2 230 6054

lutz.walter@euratex.org

http://www.euratex.org/

Silvia Grandi, Istituto per la Promozione Industriale, Fashion Net

Tel. +39 068 097 2215

Fax +39 068 097 2443

grandi@ipi.it

http://www.ipi.it/

FP6の内で協力

クリーニングとブラシかけ、グリースおよび砂を取除くが塗装ではない

FP6はヨーロッパの競争力および雇用創出に重大であるという理由から研究および技術開発に加わる中小企業に特に焦点を合わせる。 それらはまた特に新技術の前進が関係している新市場を効果的に開拓することができる。

FP6の中では、中小企業のための経済的な、科学技術の知能的(ETI)手段がファッション・セクターに対して特別な興味を持つ。 ファッション・ネットはこれらの一つで、他に二つのもの、履物(靴5000)と‘知能的織物の環境’(ITE) とに関して補足される。 ITEのプロジェクトは、好ましい実務の自己監査およびデータベースの利用を行い、そして人的資源の開発を刺激する中小企業のベンチマーキングにかかわるものである。

ファッション・ネットの目標はFP6研究計画で関係するようにセクターの中小企業を励ますことである。 それは接触のネットワークを拡大し、専門知識、方法学と好ましい実務の交流を促進するために、共同の集りの開発刺激するように働く。 プロジェクトは非常に幅広く、生産とサプライチェーンの複雑さを認める。

8ヶの国の16の中間組織を通して働いているファッション・ネットは、中小企業への革新と技術移転を促進する。 プロジェクトは2つの主要な会議と、各々の参加国の研修会およびトレーニング学期をを含んで、中小企業の参加を促すのに広い範囲の用具を使用する。 4つの連携したイベントは同じような革新の必要性をもつ区域間の働くパートナーシップを作るのを助け、技術的資源のための情報キャンペーンとデータベースは、4,500の中小企業に届くだろう。 多数はまた技術的監査から恩恵を受けだろう。

革新へドアを開けること

Grandiはそのファッション・ネットと2つの平行ETIのプロジェクトがヨーロッパのまわりの中小企業の約30のクラスターに一緒に拘わっていると推定する。従ってたくさんの中小企業は国際的な研究計画に参加のための可能性にさらされるだろうとする。

現在は、通水性、保熱性または導電性生地において、ソフトウェア、カスタマイズされたデザインにおいて、そしてヘルスケア、輸送、建設または環境への特定適用に対する知能的織物において、非常に刺激的な技術開発の時代である。 革新のおかげで、伝統的ヨーロッパ産業は新しい段階に入っている。

(1) `ボロ布から裕福へ’、革新と技術移転、3/00 エディション

(2)織物と衣類の未来に対するヨーロッパ技術プラットホーム - 2020年のビジョン、ヨーロッパの衣服と織物機関-、2004年12月;
http://www.euratex.org/download/publications/others/euratex-broch-technology_platform.pdf

(3) 2005年後の織物と衣類-織物と衣類のための高レベルグループの勧告、COM (2004年) 668; http://ec.europa.eu/enterprise/textile/com2004.htm

(4) http://www.fashionnet.org/

技術プラットホーム

技術プラットホームは研究の刺激的な投資のためのEU委員会の2003年活動計画から起こる(*)。 主利害関係者はFP7の下で支えられることになる基幹産業のための戦略的な研究の議題を定義することを目指す。 約25のプラットホームは持続的な成長が主要な研究の前進に左右されるセクターで作動中である。 織物と衣類のプラットホームは企業が新製品およびより有効な組織に向かって革新するのを助けるべきである。

(*)研究に投資する: ヨーロッパのための活動計画。 EU委員会からのコミュニケーション。COM (2003年) 226; http://ec.europa.eu/research/era/3pct/index_en.html

Leapfrog (蛙跳び)

FP6プロジェクトの 蛙跳び は十分に統合された衣類設計およびプロダクションシステムのための新技術でおよび方法学に関するデータを編集することによって、衣服の製造およびサプライチェーンの協同の生産性、品質および費用効果の量的変化に向けて働いている。 Euratexによって調整され、それは70の継続研究計画の結果を分析するために14ヶの国からの37コンソシアム・パートナーをひとつにまとめる。
http://www.leapfrog-eu.org/

ウェブ-TEXpert (繊維専門のウェブ)

WebTEXpertは織物と衣服の中小企業の競争力を高めることのために革新管理の高度方法を開発している。 WebTEXpertは製品開発、製品紹介および様々な生産段階の統合をねらいとしたネットワーキングの革新を検証する。 パートナーの多数は彼らの自身の専門区域の外側を見るように中小企業を促すために研究の調査結果および訓練を広く広めるのを助ける産業連合とグループ(IAGs)である。
http://www.webtexpert.net/

e-テーラー (電子仕立て師)

FP5プロジェクトの e-テーラーは、小売りまたはインターネットのホームショッピングを用いるカスタマイズされた衣服生産を統合するために着手される。 プロジェクトは稼働中のシステムを開発し、テストするために複数の新技術- 3Dボディ走査器、計算機援用設計、電子商取引、データ機密性-に基づくインフラを開発した。 彼ら自身の衣服を視覚化するべく顧客のためのヨーロッパ・サイジングシステムと革新的な方法が開発された。 平行プロジェクトの e-TClusterは、これらの技術のための基準を開発した。
http://www.atc.gr/e-tailor/

問い合わせ先(2か所)

Lutz Walter、織物と衣類の未来のための Euratex/ヨーロッパ の技術プラットホーム
TEL. +32 2 285 4885
ファクシミリ+32 2 230 6054
lutz.walter@euratex.org
http://www.euratex.org/

Silvia Grandi、Istituto la Promozione Industriale、ファッション・ネット
TEL. +39 068 097 2215
ファクシミリ+39 068 097 2443
grandi@ipi.it
http://www.ipi.it/


平成19年2月3日 EUプロジェクト「繊維工業のための強固な選択、豊かな約束」(1)

Tough choices, rich promise for textile industry

The European textile and clothing industry is at a crucial phase of development -it faces unprecedented competition from abroad, plus rising production costs. Traditionally an industry of very small, specialised companies, new production approaches are needed to speed up the supply chain. Exciting new technologies promise unexpected textile applications, but SMEs need encouragement to innovate.

‘Intelligent’ fabrics for special clothing serve work and sport

Textiles and clothing are a major sector of European industry, with an annual turnover of ?215 billion and a workforce of around 2.7 million. In some southern and eastern EU Member States such as Portugal and Lithuania, the sector accounts for as much as 25-30% of total industrial employment.

The industry’s 170,000 companies in the European Union employ an average of 15 people per company, and many are much smaller. This high level of fragmentation has made a concerted approach to research and innovation difficult. Financial and human resources are highly stretched, with many general managers covering innovation as well as purchasing, marketing and all the rest.

In recent years, the textile industry has met several major challenges. In January 2005, the WTO Agreement on Textiles and Clothing came to an end, so that quotas restricting textile imports to the EU, already progressively reduced, were removed entirely, increasing competitive pressure from Asian producers. Rising labour costs in European countries have led to EU suppliers moving labour-intensive operations to new and prospective Member States, particularly Poland and Romania. Also strongly linked with EU suppliers are Tunisia, Morocco and Turkey, because of their high quality and geographical proximity, which enables fast response to market demands.

Three major sectors

Durable, comfortable, attractive…home textiles are a stable market

Different factors have driven innovation and development in the three main textile sectors -clothing, home textiles and technical textiles. In the largest, clothing, European manufacturers have traditionally dominated in fashion and creativity, but the sector is now in decline because of high labour costs. Production of home textiles is highly automated and capital-intensive, with labour costs playing a much smaller part, so this sector of production is more stable.

The major growth area is textiles for industrial and technical uses, where novel applications in the car industry, house construction, environmental technologies and sports are generating new, sophisticated and very specialised markets. While technical textiles represent less than 25% of textile output in the EU-25, some countries previously more active in traditional textiles have turned to these new products which now represent up to 80% of textile production in the Nordic countries and 50% in Germany.

 

Lutz Walter of the European Apparel and Textile Organisation, Euratex, believes that there is a strong need for innovation in all three areas. “In apparel, innovation is absolutely necessary to keep European industry competitive. In technical textiles, innovation is forced both by the fierce competition within Europe and by the requirements of customers -the development of a new car or aircraft often triggers an invention step by the suppliers of the technical textiles that will go into them.”

Textile production, by volume of fibre usage

Source: Euratex, based on CIRFS data, 2003 (CIRFS: International Rayon and Synthetic Fibres Committee)

What is being done?

Airbags must be compressible and able to withstand immense pressure

The thousands of small companies in the sector suffer from a shortage of the funds, human resources, training and strategic direction they need to innovate effectively. Many, are, however, attempting to tackle the problem. Walter explains: “While companies are economically constrained to invest in innovation, a lot of them realise that they cannot continue in their old ways and are actively looking for innovation. This is not just a political goal. It comes from the industry itself.”

For example, the ‘fast fashion’ concept pioneered by Zara of Spain streamlines all the production and distribution steps of the supply chain, enabling fast response to customer needs. “If the process can be speeded up in Europe,” says Walter, “a lot of the cost advantage of producing in Asia will disappear.” Another example is the use of 3D body scanners and web-based data communication between retailer and manufacturer to produce individual made-to-measure garments at a price comparable to that of a mass product. Numerous other new technologies are also emerging - virtual design, advanced robots, optical and electronic fibres and spherical sewing(1).

EU initiatives

Under canvas is not what it used to be

The European Technology Platform for the future of textiles and clothing(2) was set up to define the innovation targets and research topics needed to address Europe’s textile problems. The platform brings together industry and research experts, to develop specific research and innovation targets in three areas - new textile applications, the transition from mass production to customisation, and that from commodity to speciality products.

At the same time, a wide range of other measures recommended by the High-Level Group for Textiles and Clothing (HLG)(3) included adding to existing projects with opportunities under the Sixth Research Framework Programme (FP6) for co-funding of research, and for training and dissemination of results (see technology platforms). The high-level group will now study companies’ access to finance for innovation, and non-technological innovation and industrial co-operation. Proposals for improving intellectual property protection are also being considered.

The most fundamental of the HLG’s recommendations in the area of innovation was that the time had now come for a real breakthrough in clothing technology. The labour-intensive nature of garment assembly, and its consequent high costs, plus the unusually high level of faulty products (up to 20%, even with skilled operators) has led to a falling proportion of spending on clothes compared to other consumer goods. The Leapfrog project is perhaps the flagship research project for the sector. It aims at measurable efficiency improvements - 60% time gain through 3D virtual garment design, 80% reduction in machining times for complex garments, and reduction of quality faults and errors from 15-20% to zero.

SMEs in the fashion sector

Silvia Grandi, coordinator of the FP6 Fashion Net project(4), estimates that in some countries up to 30% of SMEs in the textile and clothing sector have closed down in the last two years. “But those that are closing are the less innovative ones,” she says. “Among the few answers to the increased competition from Asia are technology, know-how, a faster supply chain, better intellectual property rights management and a quick response. Some companies are now in good shape because they looked in advance at what was the best strategy.”

Companies are developing new products and new processing methods to increase the added-value of textile products. An adaptation to a production process which reduces the time or costs needed is an advantage, and increased value-added is essential. The research to achieve these objectives is not usually carried out by SMEs themselves. Typically, clusters of SMEs outsource research to local specialised textile research centres or university research departments. Fashion-sector SMEs in Europe, Grandi says, are more and more keenly interested in learning about opportunities for innovation and how to seize these opportunities without substantial investment, since for many small companies, simple survival is the key issue. But they are taking up opportunities for collaboration. “There is enormous interest from companies in the European technology platform and the national technology platforms-the French textile association IFTH has launched its platform with double the number of SMEs it expected.”

繊維工業のための強固な選択、豊かな約束

ヨーロッパの織物および衣料産業は開発の重大な段階─上昇する生産費と前例のない外国からの競争に直面する─にある。伝統的に 非常に小さい、専門化した会社の産業は、新しい生産のアプローチがサプライチェーンのスピードをあげるために必要である。 刺激的な新技術は予想外の織物のアプリケーションを約束するが、中小企業は革新するのに奨励を必要とする。

仕事およびスポーツのために役立つ特別な衣類のための’インテリジェント’生地

織物および衣類は2150億ユーロの年間売上高およびおよそ270万人の労働力のヨーロッパ企業の主要なセクターである。 ポルトガルおよびリスアニアのようないくつかの南および東のEUの加盟国では、このセクターは総産業雇用の25-30%にも及んでいる。

欧州連合の企業170,000社は会社ごと平均15人を雇い、多数は更により小さい企業である。 小規模化のこの高い水準は研究と革新のための協調されたアプローチを困難とした。 財政および人的資源は、購買、マーケティングおよびその他すべてのように、革新をカバーする多くの総務部長とともに、高度に広げられる。

近年、繊維工業は複数の主要な挑戦を受けた。 2005年1月には、織物および衣類に関するWTO協定が発効し、既に漸次的に減ったEUへの織物輸入を制限する割り当てが完全に取除かれ、アジア生産者から競争圧力を高めることになった。 欧州諸国の上昇する人件費は労働集約的な操業を新しく、期待される加盟国、特にポーランドやルーマニアに移すようにEU製造者を導いた。 またチュニジア、モロッコおよびトルコは、市場の要求への速い応答を可能にする彼らの良質さと地理的な近さのためにEU製造者と強く結びついた。

3つの主要なセクター

持ちがよく、快適で、魅力的な…家庭向け織物は安定した市場である

異なった要因は3つの主要な織物のセクター-衣類、家庭向け織物および技術的な織物-の革新と開発を促進した。 最も大きいのは衣服で、ヨーロッパの製造業者はファッションと創造性において伝統的に優位を占めたが、今ではセクターは高い人件費のために衰退している。 家庭向け織物の生産は非常に自動化され資本集約的となり、人件費はより小さい部分となって、このセクターの生産はより安定するに至っている。

主要な成長地域は産業や技術的な用途のための織物であり、そこでは自動車産業、ハウス構造、環境技術およびスポーツにおける斬新な適用が新しく、洗練された非常に専門的市場を生み出すところである。 技術的織物がEU-25で生産される織物の25%以下を示す一方、以前から従来の織物でより活動的な一部の国は、現在北欧の国で織物の生産の80%まで、そしてドイツで50%までを示すこれらの新製品に向かった。

ヨーロッパ衣服・織物組織EuratexのLutz Walterは、すべての3つの区域の革新のための強い必要性があると信じている。 「衣服では、革新はヨーロッパ企業の競争力を保つのに絶対に必要である。 技術的織物では、革新はヨーロッパ内の激しい競争により、そして顧客の要請によって強制される-新しい車または航空機の開発は頻繁にそれらに向けられる技術的織物の供給者によって発明のステップを誘発する。」と述べている。

織物の生産、繊維使用の量による

資料源: Euratex、CIRFSデータ2003年に基づく
(CIRFS: 国際レーヨン・化学繊維委員会)

何がされているか。

Airbagsは圧縮性がなければならず、巨大な圧力に耐えられるものである。

セクターのたくさんの小企業は資金、人的資源、訓練および効果的に革新するために必要である戦略的な方向の不足に苦しんでいる。 しかし多数は、問題に取り組むように試みている。 Walterは説明する: 「会社が革新に投資するのに経済的に制約される一方、彼らの多くは彼らの古い方法で続けることができず、積極的に革新に対して探ることを実現している。 これはまさに政治目的でない。 それは企業それ自体から来ている」。

例えば、スペインのZara社が開拓する‘速いファッション’概念は顧客ニーズへの速い応答を可能にするサプライチェーンのすべての生産と流通のステップを効率化する。 「ヨーロッパでプロセスがスピードをあげることができれば」 Walterは言う、「アジアで生産する多くの費用上の利点は消えるだろう」。 もう一つの例は、量産品と対等な価格で個々のあつらえの衣服を作り出す小売商と製造業者間の3Dボディ・スキャナーとWEBベースのデータ通信の使用である。 また多数の他の新技術 - バーチャル・デザイン、高度のロボット、光学および電子繊維および球形縫製 - が出現している(1)。

EUの先導

キャンバスの下のあるのに使用したものない

織物および衣類(2)の未来に対するヨーロッパ技術プラットホームはヨーロッパの織物問題に対処するのに必要とされた革新ターゲットおよび研究のトピックを定義するためにセットアップされた。 プラットホームはこれらの3つの区域 - 新しい織物の適用、大量生産からカスタム化への転移、およびコモディティから特殊製品へ転移 - における特定の研究および革新ターゲットを開発するために、産業と研究の専門家をひとつにまとめる。

同時に、織物および衣類(HLG)(3)に対する高レベルグループにより推薦された他の手段の広い範囲は、研究の共同出資のため、そして結果(技術・プラットホームを参照)の訓練と普及のため、第6研究フレームワークプログラム(FP6)の下での機会をもって既存のプロジェクトへ加えることを含んでいた。 高レベルグループは今革新のために融資するため会社のアクセスと、非技術的革新および産業協力を調査する。 また知的財産の保護を増進するための提案が考慮されている。

革新の区域のHLGの推薦の最も基礎となるものは衣服技術の実質の進歩に対して、時間が今来てしまったことだった。 衣服アセンブリの労働集約的な性質とその必然的に高い費用、プラス異常に高い水準の不良品(熟練オペレータをもってしても20%の高さ)は、他の消費財と比較して衣服支出割合の低下をもたらした。 蛙跳びのプロジェクトは多分セクターのための旗艦的研究計画である。 それは測定可能な効率の改善- 3Dバーチャル衣服設計による60%の時間利得、複合衣服に対して機械化時間で80%の減少、および品質欠陥やエラーの15-20%からゼロまで減少-を目的とする。

ファッション・セクターの中小企業

一部の国で最近の2年間に、織物および衣類のセクターの中小企業の30%までが閉鎖したことを、FP6ファッション・ネットのプロジェクト(4)のコーディネーターSilvia Grandiは推定する。 「しかし閉鎖したそれらは革新がより少ないものだ」と彼女はいい、「アジアからの激化した競争に対する少数の答えの中に、技術、ノウーハウ、より速いサプライチェーン、よりよい知的財産権管理およびクィック・レスポンスがある。 ある会社は最もよい作戦であったものを前もって調べていたので、よい体調に今ある」と付け加えた。

会社は織物製品の付加価値を高めるために新製品と新処理方法を開発している。 必要とされる時間や費用を減らす製造工程へ適応が利点であり、そして増加された付加価値が必須である。 これらの目的を達成する研究は通常中小企業自身によっては遂行されない。 主として、中小企業クラスターは、地方専門化織物研究所か大学研究部に研究を外部委託する。 ヨーロッパのファッション・セクターの中小企業は、多くの小会社にとって、簡単な存続が重要な問題であるので、革新と相当な投資なしでこれらの機会を握る方法のための機会についての学習にますます鋭い興味を起こさせられると、Grandiは言う。 しかし彼らはコラボレーションのための機会を取っている。 「ヨーロッパの技術プラットホームおよび国家技術プラットホームに会社からの巨大な関心が注がれている-フランスの織物連合IFTHは期待した数の倍の中小企業とともにそのプラットホームを開始させた。」


平成19年2月2日 EU繊維産業のイノベーション戦略

TEXTILE INDUSTRY

Re-tailoring knowledge

To spark renewed innovation and competitiveness, the textile sector is seizing a new opportunity for growth. It is doing so by opening up to the latest changes in all areas of science and technology.

c IFTH

The mission of textile scientists and engineers is to break out of their traditional haunts and explore other areas of knowledge in the hope of finding new and unexpected applications for their sector. As Lutz Walter (Euratex) explains, “apart from the new technologies that could bring changes to the production line, the new paradigms, both for the raw materials and the finished products, are multifunctionality, reactivity, and the material intelligence of fabrics. Some applications are picked up on by designers and fashion houses ? who are always in search of inventiveness ? others are targeted more particularly at the many new niches on the technical market.”

Dyeing for an alternative

Upstream of the production process, biotechnological applications are one example of innovation, in particular concerning the traditional preparation and processing of natural fibres. Before cotton and wool ? which make up the lion’s share of the raw material ? is weaved, chemical operations are required to remove impurities, scour the materials and make them suitable for the dyeing process. These operations are financially and environmentally costly. Research has focused on finding possible biological solutions.

These have promising benefits in terms of process performance that have been demonstrated clearly in pilot projects and alternative processes using enzyme properties are beginning to become effective in replacing the use of chemical agents. However, problems of stability and reliability remain to be solved before they can be developed on an industrial scale.

A satellite eye for colour

A surprising technology developed by the European Space Agency (ESA) in the field of colorimetric recognition has been applied in the quality control of dyed fabrics. For satellite observation applications in the field of agriculture, ESA engineers developed a kind of ‘artificial eye’ to monitor the use of chemical fertilisers on cultivated land, detectable in soil colour. The Finnish company Specim, in association with a number of Italian partners including the University of Coma, transferred this optical technology and used it in an automatic system capable of inspecting textiles during the production process as the material flows by uninterrupted at rate of 100 metres a minute. This electronic eye can detect colour irregularities ‘in real time’, enabling any manufacturing faults to be corrected immediately.

However, it is at the final stage in the production chain that many of the significant innovations are found, at the time of ennobling or surface treatment. A typical example is the exploitation of plasma physics. This makes it possible, for example, to waterproof an absorbent textile such as cotton or to neutralise the hydrophobic properties of a synthetic woven material.

In addition, returning in a sense to an earlier fascination with the silkworm, the study of the complex structures of living organisms and natural processes in all their biodiversity also represents a field of inquiry rich in potential inspiration.

The self-cleaning and hydrophobic properties of textiles manufactured using the nanotechnological process known as the Lotus effectR.

c V.v.Arnim-ITV Denkendorf

Self-cleaning with the ‘Lotus effect’

A surprising discovery was also made in botany ? a discipline that is far removed from the textile industry and its problems. The German researcher Wilhelm Barthlott of the Bonn Institute of Botany (DE) discovered, in the 1990s, that the lotus plant, admired for the resplendence of its flowers and leaves, owed this property to the high density of minute surface protrusions. These protrusions ‘catch’ deposits of soil and grime, preventing them from sticking. When it rains, the leaf has a hydrophobic reaction. The water rolls around as droplets, removing grime as it moves.

Reproduced for nanotechnological processes on the surface of woven fabrics, this self-cleaning property was developed as a technological innovation and patented under the name the Lotus effectR. It is used for specific niche markets, such as for sails or certain garments. This example shows to what extent the marriage of knowledge in fields that would appear to be worlds apart ? in this case botany and nanoscience ? can give rise to unexpected innovations

Curative textiles in chitin fibre

Another example, of medical value this time, is chitin. This abundant biopolymer, whose structure resembles plant cellulose, is found in shellfish and the external skeleton of many insects.

It is currently the subject of extensive research in the fields of agriculture, food and cosmetology. A particularly promising textile application is currently being studied at the University of Ghent (BE). This consists of developing chitin-based fibres to produce medical dressings that would help to reconstitute skin in serious burn cases, as well as providing an anti-bacterial barrier.

Past, present, future

Tailoring EU textiles to meet global competition

Crusader for innovation

The synthetic past

Re-tailoring knowledge

Inwoven intelligence

Leapfrog or the reinvention of the sewing machine

If there is one machine for which progress appears to have ground to a halt, it is the sewing machine, which dates back to the years 1830 to 1850. Although it has been constantly perfected, contemporary technology has not budged an inch on one essential point: no satisfactory alternative has been able ...

What strategy for European textiles?

In 2004, a ‘Technology platform for the future of textiles and clothing in Europe through to 2020’ was set up by the three major European organisations involved in research and technological development ? Euratex, Textranet and Autex. This grouping of experts from all backgrounds ...

 

EU繊維産業

再び仕立てる知識

更新された革新と競争力を引き起こすために、織物セクタは成長のための新しい機会を捉えつつある。

それは、科学技術のすべてのエリアの最新の変化を切り開くことによってそうしている。

CIFTH

織物科学者とエンジニアの任務は、彼らの伝統的なたまり場から抜け出し、彼らのセクタのために新しく、予期しないアプリケーションを見つけることを希望して、知識の他のエリアを探検することである。

Euratexのルッツ・ウォルターが説明するように、「生産ラインに変化をもたらしうる新しいテクノロジーから離れて、新しいパラダイムは、原料と最終製品の両方に対して、布の多機能性、反能性、および物質的な知能である」。

いくつかのアプリケーションが、いつも創造性の探索に明け暮れているデザイナーやファッションハウスにより取り上げられ、他は技術の市場の多くの新しいニッチにおいてより具体的に目標とされている。」

染色に対する選択肢

製造工程の上流で、バイオテクノロジー的なアプリケーションは特に自然なファイバーの伝統的な前処理と加工について革新の1つの例である。

原料のライオン・シェアをなす綿と羊毛が織らる前、化学操作は、不純物を取り除き、素材の汚れをこすり落とし、それらを染色工程に適するようにするために必要とされている。

これらの操作は金銭的にも、環境に関しても高価である。

研究は、可能な生物学の解決策を見つけることに集中した。

これらは、パイロット・プロジェクトの中ではっきりと示されているプロセス性能での見込みがある利点を持っていて、酵素特性を使っている別法は、化学物質の使用を取り替えることにおいて効果的になりはじめている。

しかし、それらが工業的な規模で開発されることができる前に、安定性と信頼性の問題は解決されるべく残されている。

色に対する衛星の目

比色分析の認識分野の欧州宇宙機関(ESA)によって開発された驚くべき技術は染色布の品質管理に応用されている。

農業分野の衛星観察アプリケーションのために、土色において発見できる耕作地の化学肥料の使用を監視するために、ESAエンジニアは一種の‘義眼’を開発した。

フィンランド会社Specimは、コーマ大学を含む多くのイタリアパートナーとの交流において、この光技術を転送し、1分に100メートルのレートで絶え間なく通過する物質的な流れとして製造工程間の織物を検査することが可能な自動的なシステムの中で、それを使った。

この自動絞り機構は、‘リアルタイムで’色不規則性が、どのような製造障害でも直ちに訂正されることを可能にするのを見つけることができる。

しかし、高品位処理または表面処理の時に、重要な革新の多くが発見されるのは生産チェーンの中の最終的な段階でである。

典型的な例はプラズマ物理学の利用である。

これは、例えば綿などの吸収性の織物を防水するか、合成の織布の疎水性を中立化することを可能にする。

さらに、カイコによるより早期の陶酔の意味に戻って、すべてのそれらの生物の多様性における生物体と自然プロセスの複雑な構造の研究は、また潜在的なインスピレーションに恵まれている調査分野を代表する。

nanotechnologicalプロセスを使って、製造された織物の自己浄化の、そして疎水性の特性はLotus effectRとして知られている。(c V.v.Arnim-ITV Denkendorf)

『Lotus効果』による自己クリーニング

驚くべき発見は、また、繊維産業とその問題から遠く離れている学科─植物学科においてなされた。

植物学(DE)のボン研究所のドイツ研究者ウィルヘルムBarthlottは、その花と葉の輝きのために賞賛されているハス植物がこの特性を緻密な表面突出部の高密度によっていたと1990年代に気づいた。

これらの突出部は土と垢の付着物を付くことを妨げて土と垢をキャッチする。

雨が降る時に、葉は疎水性の反応を持っている。

水はそれが動く時にあかを取り除いて、小滴としてまわりに転がる。

織られた布の表面のnanotechnologicalプロセスに対して再生されて、この自己クリーニング特性は技術革新として開発され、Lotus effectR名前の特許を取得した。

それは帆または特定の衣服などのような具体的なニッチ市場のために使われる。

この例は、離れた世界であるように見える分野─このケースでは植物学とナノサイエンス─の知識の結婚が、予想外の革新を起こしうることを示している。

キチン質ファイバーにおける治療可能な織物

別の例では、医学の価値のうちの、今回はキチン質である。

構造が植物セルロースと似ているこの豊富な生体高分子は貝と多くの昆虫の外骨格の中で発見される。

それは現在農業、食物、および美容術の分野で広い研究の主題となっている。

特に見込みがある織物アプリケーションは現在ヘント大学(BE)で研究されている。

これは、抗菌の障壁を提供することと同様に重大な火傷ケースにおいて皮膚を再生することに役立つであろう包帯を生産するためにキチン質ベースのファイバーを開発することから成る。

過去、現在、未来

国際競争にミートするEU織物を仕立てる

革新のための改革運動者

合成の過去

再仕立ての知識

Inwoven知能

蛙跳びまたはミシン再発明

進歩が停止してしまったようにみえるマシンがあるならば、それはミシンであり、それは1830年から1850年まで遡る歴史を持つ。

それが一定に完成してしまっていたけれども、現代のテクノロジーはある本質的ポイント:どの申し分ない選択肢も可能でなかった…に関して微動だにしなかった。

ヨーロッパ織物のためのどんな戦略か?

2004年に、‘2020まで終わるヨーロッパの織物と衣類の未来のためのテクノロジー・プラットフォーム’は研究と技術開発に関係している3つの主要なヨーロッパ組織─Euratex、Textranet、およびAutex すべてのバックグランドからのエキスパートのこの群がり─によってセットアップされた。