このページはメモリー270KBです。

**********************************************************************

聖徳大学短期大学部 専攻科 服飾文化 平成11年度後期 講義ノート

**********************************************************************

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

最新情報によりアパレル生産の実態を学ぶ

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

・授業の方針産業ビジネスとしてアパレル生産を論じ、特に情報の少ない縫製工場に焦点を置いて講義する。講義内容はプリント配布により最新情報の提供を容易とし、アパレル生産の内容が現実と遊離することなく、興味を持って理解されるように授業を行う。繊維・アパレル産業政策では、明るい未来の展望を描く新ビジョンがこの程まとめられた。アパレル国内生産の再生に向け、21世紀のアパレル生産の構想をどう描くかがテーマとなっている。本講義では、今後のアパレル生産のあり方を考えることにより、アパレル生産の理解が一層深まるるようにしている。

・授業の概要 私たちの衣生活を支えるアパレル産業は13兆円もの年商規模を持ち、国内生産も3兆円に及んでいる。この巨額なアパレル生産について、その実態や仕組みについて分かりやすく授業を行う。特に縫製工場については全国300工場以上の訪問、指導などの経験を持つので、講義はアパレル生産について、実際面とこれの裏付けとなる理論面とにより具体的に進めることとする。アパレル生産の国内各地、またパリ、ミラノ、ニューヨークなど海外の状況も含めて、今日のアパレル産業に役立つ専門知識を学習できるものと考える。アパレル生産の問題には、わが国のアパレル商品が殆ど輸出されていないという事実がある。海外では評判は高くない上、値段は割高である。21世紀に向けて、ジャパンクリエーションとして、アパレル商品により日本文化発信を行えるかどうかを検討する。

・授業計画

(ブラウザーの編集メニューの「このページの検索」を使って、見たいテーマへジャンプしてください) 

@制作,製作、製造、生産の違いとは?   

 Aパリ、ミラノ、ニューヨークのアパレルビジネス

 B注文服と既製服           C工業生産と既製服縫製

Dアパレル小売りと生産         Eアパレルメーカーと生産   

Fアパレル生産工場の生産 Gアパレル品質管理

Hアパレル生産における人財      Iアパレル生産における資金

Jアパレル生産設備           Kアパレル生産における縫製法

Lアパレル生産とコンピュータシステム M21世紀ビジョンと今後の生産

 

****** アパレル生産論 ******

我が国では、アパレルのデザインはパリに学び、アパレル生産はアメリカに学んだ。現在では、パリは日本のデザイナーたち、イッセイ・ミヤケ、高田賢三、川久保玲、山本耀司などの起こしたジャポニスム革命により活性を与えられた。しかし、百貨店、専門店、量販店、その他小売店のアパレル販売は、アパレル問屋やアパレルメーカーを含めて不振である。これからのアパレル生産のあり方を研究して行きたい。

せい‐さく【制作】 定めつくること。かんがえ定めること。 

      美術作品や映画・放送番組・レコードなどをつくること。また、その作品。「―に打ち込む」

せい‐さく【製作】ものをつくること。また、つくったもの。「映画の―」

せい‐ぞう【製造】‥ザウ 品物をつくること。原料に人工を加えて製品とすること。「家具の―」

せい‐さん【生産】 [史記高祖本紀] 生活の資を作り出す仕事。なりわい。生業。 出産。 

   (production) 自然物に人力を加えて、人にとって有用な財を作り出し、もしくは獲得すること。

さん‐ぎょう【産業】‥ゲフ 生活してゆくための仕事。なりわい。生業。

     〔経〕(industry) 生産を営む仕事、すなわち自然物に人力を加えて、その使用価値を創造し、また、これを増大するため、その形態を変更し、もしくはこれを移転する経済的行為。農業・牧畜業・林業・水産業・鉱業・工業・商業および貿易など。 工業 に同じ。

ノー‐ハウ【know-how アメリカ】技術的知識・情報。こつ。

ハート【heart】心臓。心。ここでは経営や生産の理念の意味に使い、企業統治が相応する(河内 保二説)。

長期的企業理念(ハート) 2年で15%改定   日経連が実例集   

 日経連は十二日までに、上場有力企業など二百七社の企業行勤指針などの具休的な事例をまとめた「企業行動指針実例集」を発刊した。企業不祥事が相次ぐ中、九六、九七年の二年間だけで、長期的に守るべき「企業理念」を改定した企業が全体の一五%にのぽるなど、ルールの順守や株主の尊重に重点を置いた新たな経営理念の構築が、企業の課題になっていることを示している。

ハード‐ウェア【hardware】(金物カナモノの意) コンピューター‐システムで、トランジスター・集積回路などから組み立てた計算機自体を、情報媒体に記録されたプログラム(ソフトウェア)と区別して呼ぶ語。放送のための設備、録音・録画のための装置などもいう。ハード。

ソフト‐ウェア【software】 コンピューターのプログラムを抽象的にとらえる呼称。コンピューターの運用に関する手順や処理する情報などを含めてもいう。ソフト。「―工学」「―危機」 情報を表現・伝達する媒体とは区別して、情報の内容を指す語。放送の番組や記録された音楽・映像など。ソフト。

ソフト小国 消費者軽視のツケ 

 大量生産を前提にすれば、目的別に専用の機械(ハード)を作るのが手っ取り早い。その代わり、目的が変わると機械も作り直さなければならない面倒がある。逆に多くの種類を少量ずつ生産しようと思えば、ごく単純な機械を一つ作っておき、あとは目的に応じて、仕事の手順を変えられるようプログラム(ソフト)を組み替えるのがいい。大量生産した物を消費者に買わせるだけならハードがあれぱ足り、消責者が自分の欲しい物を企業に作らせるにはソフトがいる、と言い換えることもできる。乏しい資源を効率的に使う必要から、戦後の日本は、生産を消費の上位に置いてきた。それを支えたのが、政・官・業によるもたれ合いとして最近とみに評判の悪い「1955年体制」である。日本とアメリカ、2つの1955年を比べてみた時、(アメリカの1955年はディズニーランド開園でテレビ放送及びビル・ゲイツの誕生−今日のソフト王国へのスタートの年)今日のソフト産業における彼我の差が、多少なりとも理解できるような気がする。ソフトの世界で日本が存在感を示す日も、やがては来るのだろうか。マイクロソフトが急成長した80年代後半から90年代にかけては、日本経済が「ハードからソフトへ」ではなく「ハードからマネーへ」暴走した時期である。マネー漬けに懲りて、もの作りの大切さが身にしみたあまり、当分はソフトどころではないかもしれない。バブルの罪は、さらに深い。

[消費税になっても業界に向いた政・官・業のミスマッチ 河内 保二説追加] 日本は財政も企業納税(法人税)本位から消費税本位へ移行せざるを得なくなり、3%消費税から5%消費税へと消費者の懐への依存度を高めてきている。これは法人税は企業利益がでなくなると、無税となるためである。消費税は消費者が赤字であろうと関係のない税である。国は消費税を取り損なうことはない。それなのに、行政は消費者を向かずに相変わらず55年体制のまま業界に向いて仕事をしている。ここにわが国の本質的なミスマッチが存在している。

 

1回    制作、製作、製造、生産

モノ作りには、「制作」、「製作」、「製造」、「生産」などの言葉があり、「制作」は芸術や趣味に、「製作」は職人仕事や手工業に、「製造」は、原料に人工を加えて製品とすることの意味で第2次産業に、「生産」は工業に用いられる。

(1)西陣打ち掛けの制作

パリの衣裳博物館は衣裳を芸術品として展示している。京都の西陣の打ち掛けも絢爛豪華で、芸術品としてみられる。実用品ではない。束帯も十二単も宮中の儀式用で、実用品でなく、芸術的に作られる。皇太子殿下の「結婚の儀」の十二単は重さ十二`で、製作に三か月以上かかった。値段は結婚用衣裳一式「和洋式服費」として三千三百万円が予算計上されていた。西陣の打ち掛けはダイアナ元妃殿下に贈られた。実際に着用される機会はなかったであろう。この西陣の打ち掛けは芸術品として製作ではなく、制作されたと言うべきである。ビジネスの対象ではない。

和服販売 「鈴乃屋」社長 小泉清子さん    

 社長として率いる和服販売の「鈴乃屋」は、年商六百億円のわが国最大の着物専門店。日課のジョギングを終えて、東京中央区の本社に午前九時前には出社する。山積みの書類を手際よく片づけ、午後は会議でゲキを飛ばす。震災のチャリティー即売会を開催したり、忙しい。店舗は全国に二百五十五か所。そこにもこまめに顔を出す。様々な分野の経営者との交流も広い。「エネルギッンュな行動力と、だれに対しても変わらない心配りとが、この人を経営者として成功させたのだと思った」と、東京商工会議所婦人会副会長の飯嶋モト子さん(六八)は話す。実家は商家。しかし、娘時代は教師忘望だった。商売の浮き沈みや両親の苦労を見て育ったので、「本当は商売人にだけはなりだくなかった」。が、戦争で夫を失い、子供二人を抱えて生きていかねはならない。終戦から二年後、焼け跡の東京・上野に、十三坪(約四十平方b)の土地を買って、五反の反物見本で染め替え屋を開業した。「あなたは着物が好きなんだから」とアドバイスしてくれたのは、母親たった。「洗い張り一週間で承ります」の張り紙に、行列ができた。泥だらけのモンペ姿の母親たちが、娘のためにと、古い着物を持ち込んで来る。「平和な時代になったのだから、着物で一人でも多くの女性をきれいにしてあげようと、あの時、心を決めました」

大胆な発想に非難も

和服業界はを老舗の力がものをいう世界。素人が、しかも女の分際でという目をはね返すために、夜汽車で京都の機屋に日参し、直接取引してもらえるまで粘った。従来の着物の概念にとらわれない着物づくりにも挑戦した。表裏両面が着られる「リバーシブル着物」、振り抽の華やかさが透けて見えるように工夫したコート「ふりごろも」なと次々ヒットを飛ぱした。「これだって、簡単につけられる帯なのよ」とこの日締めていたひき茶色の結城紬の帯を指した。あまりにざん新なアイデアに、「伝統の着物が泣く」と非難されたこともある。「今までに三干枚以上試着したかしら。自分で着ると、重いとかシワが気になるとか、改善したい部分がわかってくるの。これって、男の呉服屋にはまねができないでしょう。だから、非難の声もバネにしようと思ってきた」 八五年、「セイコきもの文化財団」を設立してからは、着物による国際交流こも力を入れている。異国に行く度に、着物の魅力を再発見する。「着物は百得。直線裁ちだから、太っていてもやぜていても同じ着物を着られる。何度でも仕立て直しできる。大切に着れば三代百年はもつ。こんな文化をもつ日本女性は世界一の幸せ者よ」 信条は「継続は力なり。継続は改革なり」。粋で大胆な平成流デザインを確立しようと、果敢な挑戦は続く。(文・永峰 好美、写真・岩佐 譲)

一九一八年五月、東京生まれ。府立第一高女(現一・都立白鴎高校)卒。四七年鈴乃屋呉服店創業、五〇年株式会社鈴乃屋の社長に。現在、全国商工会議所婦人連合会会長、東京商工会議所婦人会長。近著に「きものの国のレディーたちへ」(主婦の友社)など・

(2)仕立て職人のオーダーメード

第2次大戦後20年間は、男物の洋服といえば注文服であった。おそらく洋服の90%はオーダーであったろう。学生の制服も注文服であった。戦前には洋服商工同業組合があって、日本全国に10万に及ぶ洋服屋(テーラー)があった。戦時中も戦後も衣料統制は既製服が対象となり、注文服は対象外となり、下火となった。統制が撤廃されて、注文服業界が復活したが、次第に既製服にとって替わられることになる。注文服の業者は、既製服縫製の下請け工場となったところが多かった。その工場は家族労働者を含めて数人から十人前後が多く、親方と呼ばれる工場主は注文洋服の職人上がりが殆どであった。設備には動力ミシンなどの相応のものを備えていた。昭和40年にはアメリカで95%が既製服であり、欧州では85%が既製服になっていた。日本ではこの頃、既製服65%、注文服35%と見られていた。この後、注文服はどんどん減少して行く。テーラーは辞書では男仕立ての服の仕立屋を意味するが、紳士服業界では、真の既製服業者はテーラーとは呼ばない。テーラーは注文紳士服仕立職人または業者のことである。

テーラー【tailor】洋服、特に男子服の仕立屋。 

テーラード【tailored】(男もの仕立ての意) 婦人服で、男子背広のように固い感じの仕立て。「―スーツ」

テーラー‐メード【tailor-made】テーラーのつくったという意で、男もの仕立ての意。

 テーラー経営の困難は、戦後(昭和30−50年)に同業者が過剰となり、その結果不当競争が起こされたことが原因と見られる。不当競争で安い値段で受注し、販売する陰には、縫製工場の工賃が抑えられ、従業員の月給は安く据え置かれる。工場に努めていては食えないから、裁断師や裁縫師は独立する。みんなが独立するから同業者が増えて、また競争する。この悪循環はつきない。平成7年の工業統計で、工業の22業種の中で給料の最も安いのは縫製工場である。

和装仕立て職 手縫い技能〃超一級〃  中山 かのよ さん  

「中山きもの教室。甲府市内。閑静な住宅街にある。三十年前に建てたやや古ぴた二階建て。住み込みの十人の生徒とともに住み、通いも含めた三十人の生徒と毎日向かい合う。「大切なのほ努力。努力する気持ちさえあれあればいつか形になります」 長机に布地を広げて思い思いに課題に取り組む生徒たちに、そう話しかけて手本を示した。柔らかい布地を手に取り、針を差し込み、リズミカルに縫っていく。縫い目はミンンのように規則正しく、しかも、手縫いの温かみが感じられる。三十年前、自ら考案した「ぐししつけ」は、精密につくる手縫いの技術。全国的に高い評価を受け、現代の名工と認められた〃超一級〃の技能た。養蚕農家に生まれた。「着物と羽織が縫えなければ嫁には行けない」と言われる時代だった。母の言葉に従い、十五歳で中府市内の和服裁縫所に入門。寄宿舎生活の五年間、講義中にできなかったことは、みんなが寝静まってから作業場に道具を持ち送み、何度もやり直して自分のものにした。昭和八年、裁縫所を卒業して和服裁縫と着物教室を開業。当時は「手に職を」と言えば、まず和裁か挙げられた。花嫁修業に訪ねてくる若い女性の姿が絶えず、教室はにぎわった。戦後は生活の洋風化が進むなかで、服装も洋服が主流なる。花嫁修業の生徒はいなくなり、いまは、和裁の指導者を目指す〃少数精鋭〃の教室になった。

暮らしに発明ヒント

根っからの努力家である。着物を現代に生かす努力の成果は数えきれない。マジックテープを取り入れながら洋服感覚で着られる二部式着物、十二単(じゅうにひとえ)をアレンジした改良和服。昨年はベッドに寝たきりの状態で簡単に着せられろ老人用の寝間着を考案し、全国発明婦人協会の作品展の奨励賞。今年は、ゲ一トボール用活動着を上品した。教室を継いでいる長女の孝枝さん(五五)夫婦と孫夫婦が教室の隣に住んでいる。朝七時に起床し、自分の朝食は自分でつくる。夕食は、娘夫婦、孫夫婦と五人でテーブルを囲む。そこでの会話から発明・工夫の題材を見つけることも多い。

山梨県和服裁縫組合理事、同県技能アドパイザーなど。大正二年一月、山梨県生まれ。昭和八年に甲府で和服裁縫業を開業し、同五十二年、中山きもの教室を設立して社長となる。同六十年に勲五等瑞宝章受章。同六十二年に「現代の名工」として労働大臣表彰。

ドレスメーカーは、日本ではオーダーによる婦人服洋裁店であり、日本の高級注文衣裳店はパリのオートクチュールが目標である。多くの場合は、パリを目標とするというよりは、パリのコピーに走ってしまう。そこには独創的デザインが生まれてきていない。日本では70年前、杉野芳子を含めてファッション人口は4人に過ぎなかった。今日ではファッションビジネスに従事する人の数は100万人を超えている。第2次世界大戦後の日本のファッションの歩みは、先ず洋裁教育の普及と、隆盛から始まっている。杉野芳子のドレスメーカー女学院と、野口益栄の文化服装学院を双璧に田中千代服装学園などの学校と、伊東茂平デザイン研究所や桑沢洋子デザイン研究所などの教育機関を中心に、全国的洋裁教育が広がり、昭和25年には全国の生徒数は約30万人といわれた。洋裁を学んだ女性はアパレル産業の人材として吸収されていった。ファッションデザイナーとして、縫製工場の縫製担当として、活動の場が開けた。

(3)衣服製造業(縫製工場)の縫製

戦前には、衣服製造業の原型が形成されていた。この原型とは小売店が製造を兼ね、小売りが職人を雇って店内か店の奥で製造加工した製品を店先で小売りする製造小売り業態である。この業態で生産量が増えると、仲間卸しが行われるようになり、さらに扱い量が増すと、店頭小売りをやめて製造卸業となり、雇い入れていた職人を独立させ、店外の下請け業者とした。これが下請け縫製工場となったのである。戦前には明治以来、注文洋服製造業界が洋服供給の主流であったが、戦後の衣料統制では既製服が対象となり、注文服は枠外とされたので、統制撤廃まで暗然としてひたすら忍従のほかなかったという。主として町のテーラーとしての注文洋服業者は昭和40年に至るまで、その仕立て技能により既製服を圧倒するシェアを占めることになる。その後は注文洋服と既製洋服が入れ替わり、注文洋服の縫製工場は、既製服の下請け縫製工場に組み込まれていった。戦後は戦前からの縫製工場の他に、婦人服では洋裁の履修者が縫製工場を作った。伝承技能だけの縫製工場が衣料需要の増大に伴って急増していった。

イージーオーダーの出現  注文を受け、寸法を採ってから仕立てるが、仮縫いはしない。縫製作業は流れ作業で行われ、既製服の縫製技術が取り入れられている。最初は注文服業界からずいぶん非難もあったが、市場に受け入れられ、昭和30年代には作られる服の80%がイージーオーダーになり、プレタポルテが全面にでてくるまで全盛時代を迎えた。本来は注文服業界から打ち出されるべきなのに、職人出身の多い注文服屋には経営才能のある人財や資本力、業者がいなかったので、結局、既製服業者がイージーオーダーを生み出すことになった。イージーオーダーはオンワード樫山の故樫山純三・元社長が考え出し、三越で販売展開したものであるとされる。現在では、パターンオーダーやコンピュータオーダーなどの名称も使われて広がっている。

(4)アパレル産業の工業生産

工業生産の条件は、工場に作業者を集め、機械を使い、分業により流れ作業をして生産することである。

縫製工場というものが出現する前、衣類が街の仕立て職人によって作られていたときは、一人の職人が全工程を縫って衣類の縫製を行っていた。今でも街の小さな仕立屋やテーラーではこのやり方である。この一人で全部を仕上げるやり方を「丸仕上げ」という。このやり方では、1着分の生地、付属などを一束にして、縫製した。これを「昔のバンドルシステム(バンドルは束という意味)」といった。日本のアパレル産業の工業生産は、工業ミシンの普及が昭和28年以降(昭和29年工業ミシン生産台数4万台弱)、工場の増加が30年(神武景気)から、そして縫製作業の分業化が昭和34年から広まった。今では縫製工場はすべて分業により流れ作業で縫製を行っている。縫製の流れ作業のためのハードは電動クラッチモーターであり、ソフトは分業の縫製作業システムである。このクラッチモーターの開発が縫製システムの発展に大きな影響を与えた。昔は、ミシンの駆動は一台のモーターに数台のミシンを連動させて縫う「連動方式」であった。この方式では、ミシンのレイアウトを自由に変えることはできない。クラッチモーターの開発によって、ミシンのレイアウトが自由に行なえるようになったのであるが、これがシンクロシステムを生み出すための大きな背景であった。その分業の方法として採用されてきた分業形態による主なる縫製システムは、次のようになっている。

1)シンクロシステム 

 シンクロシステムは、作業者が自分の工程を一枚縫い終ると、次の工程の作業者に渡して行く、一枚流しのやり方である。このシステムが理思的に流れると、最初の工程の作業者から最後の工程の作業者まで、工程が同期化される。シンクロシステムというのは、「シンクロナイズドシステム」の略で、シンクロナイズドというのは、「同期化された」という意味である。このシステムでは、一工程の作業者の能率が悪いと、その工程に仕掛がたまって次工程に流れなくなるという現象が起こる。つまり、作業者は前工程の能率に引っぱられて能率を上げていくことになるのである。したがってこのシステムの編成に当っては、工程のタイムバランスに注意しなければならない。工場の生産管理者は、工程分析と個々の作業者の能力とを勘案して工程の編成を考えなげればならないわけだ。シンクロシステムをうまく運営するには、工場の生産管理水準を高めることが必要である。下図にシンクロ流しの図解を示す。先のパーマネントシャツの工程分折によるシンクロシステムのレイアウトはプリント参照してください。シンクロ流しレイアウト(省略)

2)バンドルシステム

 これはシンクロシステムと違って、ロットで流す方法である。作業者はひとまとめの量の仕事を受取り、その分量の仕事が終ると、ひとまとめにして次の工程の作業者に渡す。バンドルというのは「束ねる」という意味で、作業者が一ロットの作業を終ると、束ねて次の作業者に渡すところからつけられた名前である。このシステムでは、当然、中間の仕掛在庫が増加する。しかし、作業者の能率は前後工程の作業者の能率の影響を受けないから、作業者一人一人の出来高を比較的容易につかむことができるので、給与形態を出来高払いにしている縫製工場などでは、このシステムを採用している例が多い。このシステムで注意しなければならないのは、作業者の能率の違いなどによって、早い工程は仕事がはかどるが、その工程に合わせて仕掛を投入していくと、仕掛の投入量ばかりがいたずらに増加して、いっこうに製品が上がってこないということになることである。流れの状態がシンクロシステムほど整然としていないから、工程の進行状況を把握しにくいという欠点があるとされる。バンドルシステムレイアウト(省略)

3)コンベアシステム

 コンベア−システムは基本的にはバンドルシステムと同じである。バンドルシステムでは縫い終わった束を人が次の工程に送っているが、これをコンベアーによる運搬に置き換えたものがコンベア−システムである。コンペアーシステムでは、作業者が縫い終ったロットを束ねて次工程へ送るかわりに、ブラスチックの箱に入れてコンペアーの上に置く。コンベアーのオペレーターはボタン操作によって、これを一度コントロールセンターに集めてから、コンベアーで次工程の作業者に届けてやるのである。各作業者の一ロット作業の終了ごとに、コントロールセンターに縫い終ったロットを集めることによって工程の進行状況をつかむことがでぎる。これによって、さきのパンドルシステムの欠点を解決しようというのがねらいである。シンクロシステムから更に一段と高能率化をめざしてコンベアーシステムの導入がはかられたわけだが、結局コンベアーシステムがそれほど普及しなかったのは、設備に資金を必要とするという理由に加え、基本的にバンドルシステムに逆戻りというところに原因があるのではないだろうかと見られるのである。コンベアシステムレイアウト(省略)

以上の縫製システムは大量生産に向いたシステムである。多品種少量生産の縫製では、縫製システムの変革が求められる。このための新しい縫製システムとして、次のシステムが採用されている。

4)TSS(トヨタ・ソーイング・マネージメント・システム)

アメリカでは、「モジューラー・マニュファクチュアリング」と呼んでいる。作り杉をなくし、短サイクルに向く1枚流しのシステムで、作業者は多工程持ちの立ち作業により、縫製ライン内の加工品は作業者の人数分だけで最小であり、ラインバランスは助け合いで行われる。

レイアウト(省略)

5)UPS(ユニット・プロダクション・システム)

このシステムはハンガーコンベアーを使用したシステムで、ハンガーには1枚を掛け、搬送先が指定できるようになっており、多品種少量で、仕掛かりの少ない流れ作業ができる。

レイアウト(省略)

 

2回  パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークのアパレル生産

アパレル産業のファッションデザイン発信地であるパリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークの縫製の状況を検討することにしよう。

(1)パリ オートクチュール仕立て

パリ周辺には古くから繊維・衣服の業者が仕事をしており、ウォルトの開店の頃から発展を遂げつつあった。、1820年代にパリの古着屋達が売れ残りの布地を利用して始めた既製服業(作業服などを作っていた)も、ミシンの実用化などに支えられて、1850年頃から急速な発展を遂げていた。パリがその周辺になお多くの零細な衣服製造業を存続させている。1970年には、フランスのアパレル製造従業員数は、23万5千700人で、1企業当たりの従業員数は35人程度であり、企業の85%が従業員5人以下の零細企業であった。このような零細企業では、パリの多品種少量生産のアパレル縫製を受け持っているが、生産技術の近代化や経営の合理化で立ち後れが著しく、その業界の地位はオートクチュールの業界に比べると、極めて低いものとなっている。これに対して、最初の高級衣装店としてのシャルル・ウォルトの店では、拡張の後、同じ建物の中にサロン、仮縫い室、縫製室、材料倉庫などを構えて、全盛期には1,000人以上の従業員を擁していた。1863年には500軒の店が仕事を始めており、1870年代には700軒、1895年には1,500軒が営業し、その従業員は6万5千人に及んだ。1930年頃のシャネルのもとで働く従業員は2000人以上にも達していた。パリでは、縫製はミラノやフィレンツエ、ローマに下請けに出して作っていた。経営者としてのシャネルは、当時の従業員にいわせると、「ケチで、エゴで尊大」だった。シャネルの店の仕事場は、オートクチュールであるにもかかわらず、いつも狭く、みすぼらしいままで、、そこに多勢の裁断師、お針子、ファッション・モデルを押し込み、安い給料でこき使っていた。仕事中に使用人を怒鳴りつけることも多かった。シャネルのやり方に不満を持って店をやめる使用人も少なくなかった。

 1988年のフランス衣服産業組合の統計では、アパレル産業の事業所数10,240となっており、フランス産業省の数字で、従業員数は175,032人、内女性は137,715人であった。フランスでは全体的にアパレルの製造企業、事業所の数は近年減少してきている。これは輸入品の激しい競合と、国内市場の販売不振が影響している。フランスではアパレル企業が生まれる数は年々極めて多い。しかし、アパレル産業における年間の倒産件数はもっと多い。従業員数500人以上の大企業の数は、76年の68企業から88年には24企業に減り、従業員数200−499人の企業の数は、同期間に164から100企業に減った。

(2)ロンドン セビルローのテーラー仕立て

イギリスを代表する老舖(しにせ)や有名デパートが建ち並ぴ、観光客が一度は立ち寄るロンドン中心部のリージェント・ストリート。サピルロー(SAVILE ROW)はこの通りの一本西側にある。このロンドンのサビルローは背広の語源といわれる業地で、昔からテーラーが軒を並べ、紳士服発祥の地とされている街である。パリのシャネルがその名を売り出す前に、婦人服に男仕立てを取り入れるのに、サビルローの紳士服仕立てを学んだという。現在は、背広を飾ったショーウインドーがぼつりぽつりとあるだけで、ひっそりとした裏通りのイメージとなっている。この通リと周辺に軒を並ベる紳士服テーラーは約50軒、各店舗とも店の奥や階上に仕立ての作業スペースがあり、ベテランのテーラーたちが1着の背広に平均30時間以上をかける伝統的な背広づくりに取り組んでいる。平成6年12月、横浜そごうは、ロンドン・サビルローに本店を構えるノートン&サンズ(Norton & Sons)の紳士コート(22万〜9万5千円)を販売した。同店は英国王室御用達の老舗で、1821年設立以来、一貫して伝統のブリッティッシュスタイルを守ってきた。銀座山形屋は10年前、このサビルローに日本の紳士服業界から始めて出店した。「クラブ パリントン オブ サビルロー」の名で、資本金10万ポンドは英国プレーズ社との折半共同出費である。

(3)ミラノ アリティジャーノ縫製

 パリに対抗する新しい勢力として、特に台頭が著しかったのはイタリアのファッション界である。イタリアに独自のファッション界が形成されたのは、第2次世界大戦後のことだった。それ以前にも、ローマ、ミラノなど主要な都市に「オートクチュール」(イタリア語でアルタ・モーダ alta modaという)を称する店はあったが、これらはそれぞれパリのクチュリエと結びつき、パリ・コレクションをもとにして地元の顧客から注文を取っていたに過ぎない。また、イタリアの縫製工場では、1920年頃よりパリの下請けの縫製を行って、パリを介して製品が流れていった。そんな状態が第2次世界大戦後になって、イタリアのクチュリエたちは、ようやく”イタリア・ファッション”の形成に動き、1949年にフィレンツエのG.ジョルジーニが始めて発表したコレクションによって、その第一歩を踏み出した。イタリア・ファッションは主にアメリカ市場への売り込みにより成長してきた。イタリア政府もフィレンツエの”ピッティ宮殿”を合同コレクションの会場に解放するなどして、ファッション活動を支援した。1960年代になると、イタリアのファッション界には、ヴァレンチノ、ミラ・シェーン、ランチニッティなどのすぐれたクチュリエが次々に登場し、その国際的評価は一層高まった。また、60年代後半からは、クチュリエたちがパリにならって事業の多角化に乗り出し、アクセサリー、ハンドバッグ、靴などのデザインに手を染めたり、さらにはブチックの経営にも力を注ぐようになり、そこにパリのそれと同じ様な性格のファッション・ビジネスが形成されていった。イタリア人の優れた美意識や色彩感覚は、世界中に広く認識されている。また、イタリアの各地には、フランスと同様、繊維、衣服、皮革、アクセサリーなどの伝統産業が存在する。これらの産業はイタリアの特徴である中小企業により構成されている。従業員10人以下のアリティジャーノ(英語ではアーチザン Artisan、職人のこと)企業が85%を占めている。そしてこれら「職人企業」は特にイタリア政府から保護も受けることなく、自主・独立の経営を貫き、国内生産を維持している。縫製ではアリティジャーノは、モデリストの名によって特徴づけられている。70年代後半から80年代前半には、アパレルメーカーのベネトン社が、若者向けのカジュアルウエアで世界市場に進出し、驚異的急成長を遂げた。これもイタリア・ファッションの台頭を世界のアパレル業界に認識させることになった。

(4)ニューヨーク ガーメントセンター縫製

ニューヨークは、ミシンを世に送りだし、型紙を売り出し、縫製工場の出現も早かった場所である。1916年の市の区画整理により縫製工場地区としてのガーメントセンターが形成された。1920年には既製服のサイズで頭を痛めていた問題にグレーディングの技術を生み出して、フィット性を高めた。しかし、その後、第2次世界大戦までは縫製業界の評価は低く、ボロ布産業などと呼ばれていた。第2次世界大戦が始まると、パリのファッション界は下火となり、代わってニューヨークがファッションの中心地となり、ニューヨーク市の産業として、観光、出版、縫製と並び称されるようになり、戦中の1944年には縫製業界の人材育成教育機関であるFIT(ファッション工科大学)を設立し、戦後は「ニューヨーク・ファッション」が世界の衣服市場を征服する勢いを見せるほどとなり、1947年からパリがファッションの中心地の地位を復活したとはいえ、1960年代には縫製従業員数も30万人近くを擁し、ガーメントセンターも隆盛となった。1963年からアメリカでは縫製工業はファッション産業と呼ばれるようになった。さらにアパレル産業と呼ばれるようになるのは、その数年後であった。アメリカのデザイナーは1970代に入ってそのネームを知られるようになった。ファッション業界はデザイナーのイメージアップを図り、ブームを起こしたのである。その作戦は紳士衣料に新風を吹き込み、ついでに婦人服の売り上げも上がった。カルバン・クライン、ラルフ・ローレン、ビル・ブラス、ダナ・キャラン、ジェフリー・ビーン、リズ・クレーボン、オスカー・デラ・レンタ、ジョーン・ワイツなどのデザイナーが活躍を始めた。

 

3回   注文服と既製服

(1)オートクチュールの危機

オートクチュールの店の浮沈は甚だしい。ウォルトの店は1895年にウォルトの死後、2人の息子が跡を継いだが、1903年には、人気はポール・ポアレに移ってしまって、ウォルトの店はさびれていった。この頃のポアレの店には300人以上の従業員がいたという。ポアレはオートクチュール協会(サンディカ−1868年設立)を再編成し、会員を厳選した。1914年7月、第一次世界大戦が始まり、その年の9月にはドイツ軍がパリに近づき、人々の関心はコレクションどころではなくなった。1919年、大戦が終わって、3年後にはパリのコレクションではポアレに代わって、シャネルがファッションの王座の地位を得た。シャネルはパリ・モードの革命を進めて、女性を解放し、1921年以降、パリ・ファッションのシャネルの地位はもはや絶対的なものになった。1939年9月第2次世界大戦が始まった。この大戦中はアメリカ以外のファッション界は目立った活動をしていなかったので、ニューヨークが事実上ファッションの中心地としての役割を果たし、そこから生み出された流行によってアメリカの既製服産業が活動を続けていた。大戦後、アメリカの既製服産業と繊維産業は、豊富な供給力、資金力に、戦時中に発展した「ニューヨーク・ファッション」を武器に、世界の衣服市場を征服しようと動き始めた。パリに「ファッションの都」としての存続の危機が襲った。この危機を救ったのが、クリスチャン・ディオールの「ニュールック」であった。パリはこれによってファッションの中心の地位を取り戻した。しかし、オートクチュールを含むパリのファッションビジネス人口は、1956年には30万人以上とされたのが、1967年には24万人と減少し、オートクチュール関係者は5000人以下になってしまった。オートクチュールの経営は大赤字となっていて、1968年のドゴール大統領の財政改革によるオートクチュールへの援助廃止は、経営に大きな打撃となった。1940年代には45軒を数えたメゾンの数も、1970年代ではコレクションに25メゾンの参加に減り、オートクチュールのコレクションは膨大な赤字となることから次第に減少し、1988年には15メゾンとなり、存続の危機が問われるに至っている。

(2)プレタポルテが救いの神

ブレタポルテというビジネス

ブレタポルテ(PRET A PORTE)というフランス語は、本来、フランスにはなかった言葉で、既製服には「コンフェクション」が使われていたのを、それと区別するために新しい言葉が造られ、オートクチュールの奥の仮縫い室まで行かなくとも、戸口(PORTE=ポルテ)でもすぐ(PRET=プレ)買えるという意味を持っているという。パリのオートクチュールが膨大な赤字経営となっているのに、存続しているのは、オートクチュールの名の下につくられるプレタポルテが救いの神となっている。ブレタポルテ・ビジネスは、アメリカのメーシー百貨店、ギンベル百貨店などが1930年代から始めているものである。パリのオートクチュールでデザイナーが実際に製作したドレスは、最低1,000ドルといわれている。そしてその原価構成でいえば、生地代、付属品代、それに縫製加工代をひっくるめて15%くらいで残りは全部デザイン料だといわれている。アメリカの仕入業者たちは、この実物と原型をその価格で購入し、そのコピーを作ってチェーン・ストアで量販する方式を考え、そのコピーのドレスは、一着50ドルくらいである。こういった海賊版に対して、デザイナーたちが抗議を申し込むのは当然で、ここにアメリカの百貨店とクチュリエとの間に自分の名前を商標権として使用することを許可し、同時にビジネスとしては自分のコレクションの中から、既製服として適したものを選び、コピーの製造を行なわせるというやり方が発生したわけである。これがプレタポルテと呼ばれる既製服である。アメリカの場合ではデザイナー名のはいった正規のプレタ・ポルテで100ドルから200ドルといったところである。つまりパリのデザイナーは、その名前を商標化しており、世界の百貨店はそれを利用してファッション・ビジネスの権威化に役立てているということができる。したがって、パリは本来の意味におけるファッション・センターとしての地位は失っている。

オートクチュールの権威とディオールのイメージを活用するという点で、アメリカのファッション企業とディオールの見解が完全に一致して、ネクタイの製造販売が「クリスチャン・ディオール・ニューヨーク」を媒介として行われるようになった。そしてこれは、オートクチュールたちの「ライセンス方式」による複製権の譲渡という形式の始まりとなった。ライセンス方式とは、ディオールがデザインしたものを製造し、それの販売に当たってディオールのグリッフ(商標)を付けることを許可するライセンスを与えるということである。これによってディオールはパーセンテージによるデザイン料と商標の使用料を得ることができ、ネクタイの製造業者は、オートクチュールの作品の単なるコピーではないというプライドを得ることができた。ディオ−ルは、このライセンス方式によって、アメリカの婦人既製服メーカーに、ディオールのドレスを製造・販売させたほか、ひきつづき、婦人用下着、靴下、アクセサリーもライセンス方式で製造・販売を始めた。これがファッションの関連商品への侵透の始まりとなリ、アメリカのファッション・ビジネスの成功へとつながっていく起因となる。アメリカの次にディオールのライセンスを得たのは、日本の鐘紡であった(1964年契約、1965年発売、1997年契約解消)。1963年までは大丸がディオールと販売提携していた。

(3)伝統的テーラーのさびれ

世界のジェントルマンの紳士服仕立てを手掛け、日本語の「背広」の語源ともいわれるロンドンの神士服テーラ一の中心地、サビルロ−が賃貸スペース料の大幅上昇、ポンド高による輸出減、後継者難に見舞われ、創業以来の〃危機〃に直面している。大幅な家賃上昇に耐えきれず、なかにはこの伝統ある通りから脱出するテーラーも出始めた。テーラーの経営者が集まると、話題は決まって生き残り策になっている。この通りに商業テーラーの組織として生まれた「マーチャント・テーラー連合会」は、1988年春、発足百周年を迎えた。とはいっても、大げさな記念行事はなかった。ふりかかる難問にどこも頭を痛めているのだ。「私たちが生き残ることができるかどうか、おそらくここ2、3年が勝負になるでしょう」。連合会の会長で、自らも大手のテーラーを経宮するロバート・フライトさんは、こう言って、サビルローの危機を訴えた。経営者たちがいま、一番頭を悩ませているのが、店舗の賃貸料の上昇だ。家賃の法律ともいえる「財産法」が1987年6月改正され、テーラーの店舗に適用されていた「軽工業スペ一ス」の区分が廃止されて、以後は「オフィススペース」として扱われることになった。ロンドン中心部のオフィススペースの賃貸料は、軽工業スペースの4倍近くになり、契約更改を迎えたテーラーは、家主から家賃アップを例外なく突きつけられている。テーラーの中には店舗だけ残して作業スベースを家賃の安い場所に移したり、店舗ぐるみ郊外への脱出を検討するところも出始めたが、交通が便利な中心部に比べると、通勤面でスタッフの負坦が大きくなる。新しいスタッフの確保も難しい。脱出するのも痛しかゆしなのだ。これに加えて、最大のマーケットであるアメリカ向けの紳士服輸出が、今年初めからのボンド高で急減し、経営を一段と圧迫し始めている。連合会によるとサビル・ローの売り上げの55%が輸出で、このうちアメリ力向けが70%を占めている。1〜3月のアメリカ向け輸出は、前年同期に比べて18%も落ち込んだ。後継者難もここ数年の課題。連合会ではいい人材の確保、訓練のための費用を今年初めて予算化した。危機感をバネにして、新たな活力を生みつつある面もあるようだと報じられた。

(4)ニューヨークテーラーの消滅

ニューヨークにはセブンス・アベニュー沿いのダウンタウンに伝統的名門の紳士服テーラーが26社営業していた。アメリカのアパレル産業がピークを過ぎる1970年代に、これら26社は早々と姿を消してしまった。筆者の訪問したバージニアの首都リッチモンドの大手紳士服メーカー、フリードマンマークス社も大量生産、大量販売の戦略が裏目に出て、大量の在庫を抱え、倒産してしまった。アメリカの大手紳士服企業は、ハートシャフナー&マークス社やパームビーチ社、インターコ社、ヒッキーフリーマン社などで、厳しい状況に中にある。

 

4回   工業生産と既製服縫製

(1)工業生産の本質

今日,わが国の工業の水準は多くの分野で世界の一流に達したといわれている。しかも工業製品の良質安価の特徴は世界中から注日されるに至っている。それだけではなく,この工業生産のもつ利益は,アパレル産業や縫製の立場からも追求されなけれぱならないものとみられている。工業の本質は何か、ここで工業(工場制工業)の原点に立ちかえってその本質を考えてみよう。

 1)工業生産の役割、種類、目的

原料や材料を加工製造して製品とするのが第2次産業と呼ぱれるものであり、その中に、職人の物作り、手工業の物作り、工業の物作りが属する。工業の物作りは、機械を使い、分業によって行われる。工業にはプロセス工業と、アセンブリ工業の2種類があり、前者は製鉄、製鋼、電線、化学、石油精製、合成繊維などの工業で、後者は組立工業のことで、自動車工業、家電、電機、電子、コンピュータ、造船、工作機械、カメラ、時計、ミシンなどの工業で、縫製も組立工業に属している。一般にプロセスエ業では装置集約的で、その先端技術ではフロセスオートメーションを実現している。組立工業の方は労働集約的であり,組立作業には人手を要する傾向をもっているが、この先端校術はオートメーションをロボットや組立自動装置によって実現を図っている。特に多品種少量生産を可能とするオートメーションはフレキシブル生産システムとして開発の目標となっている。縫製工業においても,通産省が自動縫製システムを大型プロジェクトとして開発を行った。工業の目的は、顧客の必要とし、欲求する商品を生産し供給することで、適種、適質、適時、適量、適価の生産ということである。そして工業の利益は、標準化、単純化、特殊化によって増幅される。

 2)エンジニアと技術

工業におけるエンジニアは、物作りを科学的に進める当事者である。物作りは技能によってもでさるが、職人の技能を伝習した物作りでは習熟による腕の良さ、経験に基いて行われ、経験にない問題には勘を働かせて対処する。今日のように世の中の変化が大きすぎると、勘に頼る率が多くなり、常に研ぎすまされた勘や鋭い勘ばかりというわけには行かず,行き当りばったりの山勘や、変化に対応し切れず勘狂いという結果が増し、見当外れによるバラツキか激しくなる。これに対して工業の物作りでは事実に基き科学的に進められるのが本質であり、経験や勘だけで判断することをせず,例え現在不可能と判断されることでも、理論に従って追求を重ね、可能として行くことで物作りを改善し、進歩させて行くものである。これは従って技術による物作りであり、この意味でエンジニアは技術者である。よく洋服の技術者と称して,洋服についての知識をもち、洋服を上手に仕立てる人がいるが,物作りについて伝承された作り方に固まり、経験と勘による判断に止まるならば,技術者ではなく、洋服を作るのに碗がよい技能者というべきである。今日では工場運営は技能があるだけでは大変不安となっていて、恵まれない状態が目前にきている。不安の理由は,工場が職人の経験と勘の上に乗っているだけでは、今日の厳しい社会環境の中を生き抜けないということにある。また工場が儲けるためには物作りの中で計数的、合理的に進めなけれぱならないわけで、人間の脳の左側の活動が必要となるのに、経験や勘の判断は全体的判断となるので脳の右側に偏った使い方となり、腕は良いが儲けにうといという傾向があって、これも恵まれないことになる要因であろう。このように技能は工場にとって必要であるが十分ではなくなってきている。工場は技能に加えるのに技術をもってこして、始めて必要にして十分な条件が得られ、これによって不安を払うことができると考えられる。技術はアパレル産業では次のように示される。

技能(熟練・腕の良さ)トリベー

+ 技術(科学理論に従い不可能を可能とする)テクネー

←―科学(真理の追究)

(体得)

(理会)

(理解)

固有技術

管理技術

開発技術

IE(生産工学)

研究開発 (創造デザイン)

パターン

情報ソース

裁断・縫製・仕上げ

TQC(全社的QC)

シーズ(種)

検査

VA(価値分析)

ニーズ(需要)

設備保全

エルゴノミクス

トレンド(動向)

技能訓練

OR(オペレーションリサーチ)

さて技術や工学の基である科学について考えてみよう。科学の「科」は学科の科であり、分科会の科である。科学は学問を分けて学科、科目とする。科学は「分ける学問」である。科学的方法は分析や解析である。そこで「分かる」とか「解る」という結果を得るが、これは「分解」より発した言葉で、分解することで「分かる」「解る」になる。科学の学問の理解は、物事の道理を解すること(頭の働き)である。これに対して、同音異語の「理会」はいろいろの道理を集めて知ること(体で知ること、体験、体得)を意味する。西欧科学は分析が得意であり、分析に偏っている。一方、技術や工学は「理会」する要素を持つ。

か【科】クワ 一定の標準を立てて区分けした一つ一つ。「文―」「専攻―」「内―」、〔生〕(family) 生物分類上の一階級。目(モク)の下で属の上。例えばオナガザル属・ニホンザル属などを合せてオナガザル科とし、これとテナガザル科・ヒト科などを合せてサル目(霊長類)とする。 おきて。とが。つみ。「前―」「罪―」 中国の旧官吏登用試験。「―挙」 舞台上における俳優の動作。しぐさ。「―白」 くぼみ。あな。

か‐がく【科学】クワ‥(science フランス・イギリス・Wissenschaft ドイツ) 世界と現象の一部を対象領域とする、経験的に論証できる系統的な合理的認識。研究の対象あるいは方法によって種々に分類される(自然科学と社会科学、自然科学と精神科学、自然科学と文化科学など)。通常は哲学とは区別されるが、哲学も科学と同様な確実性をもつべきだという考えから、科学的哲学とか、哲学的科学とかいう用法もある。 狭義では自然科学と同義。

り‐かい【理解】 物事の道理をさとり知ること。意味をのみこむこと。物事がわかること。了解。「文意を―する」 人の気持や立場がよくわかること。「―のある先生」「関係者の―を求める」

り‐かい【理会】‥クワイ 事の道理を会得(エトク)すること。

え‐とく【会得】 ‥意味をよく理解して、自分のものとすること。「真理を―する」「機械の操作方法を―する」

ここで、生産工学はアメリカで生み出された。1907年ペンシルバニア大学にIE(生産工学)学科、1908年にはハーバーと大学に経営学大学院が設けられ、他の大学にも広がり、生産工学が取り上げられることになった。1913年,コーネル大学のIE担当教授キンボール(D. S. kimball)は同大学工学部長をはじめ,ASME会長.了メリカ技術会議会長などを歴任していて,「料学的組織化の原則」を発表したが,その内容は今日でも多くの示唆を与えるものとして有名であり,特に第7章の、"システム"において次のように述べている。製造工業における機械設備の著しい発達は,他方において必然的に経営面の発達をうながした。企業が成長し規模が大きくなれは.従来の単純な個人的・ワンマン的なやり方では納まりがつかなくなった。大きくなった企業における管理(management)は,人間的要素が大きな地歩を占めているとはいうものの、もはや,いわゆる、”ボス”の仕事ではなくなった。成果を上げようとするならば、古い時代の監督者達が知らなかった、あるいは知る必要のなかったいろいろな知識の助けを借りなけれはならない。それまで各分野におけるすべての人間活動は,いろいろ勘や経験をよりどころとし.経験的事実の集積の上に結論を求めてきているが,企業活動の仕組みや管理もその例外ではなかった。しかし、より正確な情報の必要性、特に大企業の経営におけるそれが高まり,従来の粗雑な経験的方法から、より確実・安全な指針としての基本法則を見出そうとする努力がなされはじめた。そしてそのような基本法則の出現をみることになった。インダストリアル・エンジニア(IEr)という言葉は,次第に生産活動の仕組みにおける熟達者、すなわち単なる経験的な事実尊重や判断によるものではなく,できうる限り,観測された基礎的事実の上に科学的に結論を求めようとする立場の人間を意味するようになってきた。科学的方法(scientific method)とは,まず第1に対象となる事象を観察・測定し、次いでそれらの資料から、その事象における基本的法則を導き出し,最後にその法則を、人間のあらゆる活動系列に適用し,結果を予測することであって、あたかも設計技師がエネルギー損失を除き高能率を求めるがごとく、IErは生産の過程における種々の浪費(ムダ)と取り組む探究者であるといえよう。設計技師が正確な資料と科学的事実をよりどころとするごとく、IErは経営活動や管理活動の資料を、他に使用し結果を正確に予測できるように観測し.記録し,法則化することを求めるものである。その範囲は非常に広汎にわたり,大は産業界全体としての統計資料の収集から、小は製品のの積み出し作業にまで及び,その知識としては工学,経済学、心理学その他各分野における人類の経験を必要とするものである。…いうまでもなく目的を果たさんとする管理者(manager)は.人間およびその心理的過程の探究者であらねばならない。間断のない知性の向上、複雑化する人間関係,企業の社会性増大,経営における人間の要素は、その重要性を無気味なほど増大しつつある。そして,そのことを計算に入れない管理システムは決して成功しないであろう。経営の諸問題と取り組む科学的方法は、それが適用できるところであれば、経営活動のあらゆる面にわたって知的に導くやり方なのである。

(2)既製服の縫製技術

 ここではまずディオ−ルが、なぜ彼の最初の婦人既製服を、アメリカで始めたのかということについて、考えてると、まず第一に、この時期の婦人既製服はまた縫製の工程の大部分が手作業であリ、とりわけフランスでは工業化への準備が進んでいなかったということである。たから後にプレタポルテという名で呼ばれるオートクチュールの婦人既製服は、ピェール・カルダンの場合に見られるように、コレクションの作品を店先に型見本として並べて置いたものを呼ぶことから始まり、それをディオールのものも含めて「高級既製服」の代名詞として従来の既製服(フランスで「コンフェクション」という)と区別されたのも手作業の縫製工程が多く含まれていたからである。事実、ディオールやカルダンが本格的にフランスでプレ夕ポルテの製造・販売を開始したのは、一九六○年代の後半には入ってからであった。ついで二番目のポイントは、ディオールの婦人既製服は厳密な意味では、彼のパリのコレクションの作品の、正確な複製としてのコピーではなかったということである。ディオールにかぎらず、パリのオートクチュールの服装美学には概して人間工学的見地からの体型の研究や、型紙のサイズ展開についての調査が不足していた。シャネルがいう「モードは技術である」とのコンセプトは、プレタポルテに最後まで反対だった三人、シャネルと、その親しい友人のクチュリェのパレンシアガと、ライバルのマダム・グレを除けば、パリのファッション界には欠けていたのである。ましてディオールのウエストを締めつけた「ニュー・ルック」の復古調デザインの型紙は既製服化=工業化への大きな障害があったことは当然である。したがってディオールは一九五○年代にはいると「Aライン」と称して、バストでフィットし裾に向かってゆるやかに広がっていくシルェットに、原型の方向を転換する。これは一九五一年に発表されたバレンシアガの「ウエストラインのないスーツ」のデザインに負うものである。ここには、ライセンスを与えた製造業者以外には絶対に自分の作品のコピーを許さなかったパリのオートクチュールの態度の裏に潜めたなぞが何であったかをうかがい知ることができる。現在でも、有名なデザイナーの作品も既製服化については首をかしげるようなものがあると、アメリカ・スポーツウェアの傾向に属する日本のトッブ・デザイナー、志村雅久は指摘している。「いまアメリカではウンガロとサン・ローランがすごく高くかわれているんです。ところがウンガロのものになると、仕立てがまずいともう見られないわけですよ。だから大量生産になった場合は、往々にして仕立ての悪いものがはいってくるわけです。そうすると、すごく鮮度が失われてしまうのです。」(『モード・エ・モード』誌、一九七三年初夏号、「モードのクリエイターたち」)。こうしてみると、結局、ディオールはアメリカ・ファッション産業の既製服製造能力に乗ってブレタボルテを展開していったのだと見ることができる。紳士服プレタポルテを手がけたピエール・カルダンも、その出発はフランスだったといっても、婦人服では自分の国の製造能力を疑問視したため紳士服から始めたのだったし、実際に本格的生産を開始したのは、一九六三年、アメリカのインター・コンチネン夕ル社(現インターコ社)とライセンス契約を結んでから後であリ、それ以後、急速な発展を見せたのである。

シャネルモードの革新性

アメリカにおける婦人服製造能力の成長はシャネルに負うところが多い。シャネル・モードの中心となっている技術思想が、「シンプルで着心地のよいこと、むだのないこと」であることは、すでに述べたとおりである。そして、この命題が既製服メーカーにとって、もっとも取っつきやすいコンセプトであったことはいうまでもない。そのうえ、ツャネルは自分の作品をコピーさせることも自由であったし、素材の点でもジャージーやツイードという一般的な布地が使われ、しかも同し色調で異なった素材の組み合わせというような、いわゆるシャネル・スーツなどは、さまざまなバリエーションが可能であった。コピーするうえでも、シャネルの型紙−−既製服メーカーは、それをシャネルから完成品として購入し、バラバラにほどいて研究した−−は、十分に体型的研究が行き届いていたから、あとはサイズの調査が必要なだけだった。さらに、アメリカでは、シャネルは1930年代にはしばしばハリウッドを訪れて、映画女優の衣裳をデザインしていたから、グレ夕・ガルボ、マルレーヌ・ディートリッヒ、グロリア・スワンソンといった有名女優の名とともにアメリカ人によく知られていた。第二次世界大戦中には、シャネルの名は香水の普及とともに広まっており、1950年のマリリン・モンローの例の発言は、よリシャネルの名を有名にしていた。実際、シャネルのスーツは、さまざまなバリエーションで販売され、シャネル・ルックという流行になった。顧客からの注文で婦人服を仕立てるオーダー・メードのドレスメーカーでは、1954年当時で、一着500ドルというドレスになり、一般衣料品店では量産された既製服として入手できるものは30ドルくらいだった。ブルーミンデールというような高級デバートでは150ドルがら300ドルの間で、いくつかの価格差があるスーツが並べられていたといわれている。シャネルはまた、アメリカにいくつかのファッション・アイテムを持ち込んだ。ファッション・アイテムとは、ファッションを構成しているもの、という意味である。シャネルは、モ−ドを街の中にころがっているものの中から見つけ出した。したがって、彼女のファッション・アイテムには、どちらかというとワンピース形式のドレスよりは、ジャケットとスカートとか、ジャケットとベストとスカートという、スーツあるいはアンサンブルというセットにはなっていたが、大分類でいえば上・下衣形式で、セパレーツにもすることができる服装形式が多く含まれていた。パリでは、この上・下衣形式は、ポ−ル・モランが表現したように「貧乏人の服装」であったが、アメリカでは、これが歓迎されたのである。

 

(3)既製服の工業生産

 既製服の工業生産とは、工場制工業としての縫製であり,デザイン面ではインダストリアルデザインの考え方を基調に、生産面では機械を使い,分業による物作りで、技能一辺倒でなく、技術によって進めるものである。工業縫製では縫製工場に投入されるパターンは工業用パターンであり、縫製仕様書も工業的縫製仕様書であるべきである。特にパターンの点では、工業縫製の立場から次のようにいわれている。パターンメーキングをインダストリアルシステムの機能として正しくとらえ、製品の原価比率に基づく製品加工の設計図としてのプロダクションパターンを作成すべきであり、このためパターンメーカーは裁断、縫製・仕上げ、検品、発送に至る工程を加工技術、作業方法、機器装置、工具・道具の機能と扱い方、生産コストなどについて専門的知識を備えることが重要である。プロダクションパターンメーキングは、生産性の向上,品質管理,さらに加工賃を予算の範囲におさめることなど、さまざまな生産上の配慮を加えて進めなければならない。特に最近は,コストプッシュに対応するために,生産工場において新しい技術やシステムなどがこころみられており、ハードの面でも高能率な機器の導入もおこなわれている。こうした新しい生産技術に対応するパターンメーキングの工夫は,これまで以上に重要な課題となっている。

 

 次に縫製仕様書であるが,縫製工場へ発行されている仕様書はそれぞれの流儀により作成されているものの、概ね要点は満しているというアンケート結果となっている。しかし,発注側と受注側の双方が共通の言葉と共通の感覚で物作りする条件の点では,機械工業等他業界からみるとかなりの遅れを認めざるを得ないという実態となっており、仕様書には生産加工的見地が含まれなくてはならないとされている。そしてアパレル産業も設計され尽くされた現代的物作り、つまり革新技術の推進が必要であるとしている。工場の現場においては,機械の活用、すなわちマシンメードは当然として、分業による作業が行われるので、工程分割によるラインが生まれ、流れ作業による生産となる。そして、流れ作業での多品種少量生産では混合生産とか、混流生産のラインが話題となっているように、工業縫製も当然混合、混流ラインの生産となるのである。このような方向で最も先端的工業縫製が、通産省大型プロジェクトとしての「自動縫製システム」である。

 

 アパレル業界には,芸術家的クチュールデザイナーも、テーラーも、マニュファクチャラも,アパレルエンジニアも混って存在している。いずれもアパレルの物作りに関係しているが、工業的物作りの立場でみれば、これらが皆同じウエートのものでないことがわがるし、恵まれない立場といった色分けもできるであろう。国際化時代を迎えたわが国のアレパル産業の物作りは工業化の方向で近代化、高度化が促進されなければならない。しかし巨大なアパレル産業の近代化、合理化の進路には、これをはばむ厚い伝続的、因襲的壁がある。この壁を乗り越えることがアパレル産業の前進のために必要なのである。

 

既製服の工業生産の点では、フランスには条件が十分でなく、アメリカの縫製工業の力を借りて、プレタポルテのビジネスが成功したのである。工業生産はシンプル化、標準化、専門化により促進されるといわれるが、デザインはシャネルらによりシンプル化となり、商品はオートクチュール衣裳として上下セット商品であったのを、単品売りの道を開き、コーディネート型として商品を専門化し、サイズ統一や仕様、仕立て法などの標準化も次第に進められ、特にデザインやパターンに関しては、CADの進展により標準が促進された。アメリカ・アパレル製造業協会(AAMA)の技術委員会は、アパレル生産の生産性向上を研究して、次の式のように示した。

 H  P  =  M  E  +  M  E  +  E  M  +  E  M

生産性向上  設備近代化 生産管理 作業改善 モチベーション

 

5回   アパレル小売業と生産

(1)百貨店と生産

百貨店は19世紀半ばにパリに生まれた「ボン・マルシェ(よき市場)」が始まりだとされる。豊富な商品を誰もが直接手に取って買えるという新しい手法が消費者を驚かせ、「大衆消費社会を準備した」とされ。た。日本でも、明治時代に呉服屋さんなどが百貨店に衣替えし、大正時代には屋上に遊園地が作られ、食堂が設置され、博覧会や美術館が開かれて、新しい生活スタイルの中核的存在となった。戦後には、私鉄系の百貨店が増加した。しかし、百貨店への納入取引には、委託販売での返品自由や派遣店員の要求に応じることなどがあり、百貨店にとっての有利な取引であった。しかし、そんな中、三越の岡田事件が発生した。

三越岡田事件とは何か? 岡田元三越社長死去  事件すでに風化  

解任時の「なぜだ」といっ言葉が当時の流行語ともなった元三越社長の岡田茂氏が7年7月20日、死去したが、三越社内では「すでに過去の人」として、比較的冷めた受け止め方が多い。岡田氏が社長を務めたのは、72年4月から82年9月までの約十年間。東京・銀座店長時代に、ヤング路線で売り上げを伸ぱすなどアイデアマンの側面もあり、社長在任中には、ローマ、ロンドンなど海外への出店を積極的に進めるなど、脚光を浴ぴだ時期もあった。反面、ワンマンぶりは社内に批判も多く、とくに偽秘宝展騒ぎや、女性がらみのスキャンダルなどは、しにせののれんを傷つける結果となった。岡田氏の解任から9年ですでに17年近くが経過、岡田氏と対立する形で西武百貨店に転出し、事件後に三越に復帰して86年から社長を務めた坂倉芳明現会長と今年5月に社長職を津田尚二現杜長に譲った。「事件後に入社した社員も多く、最近は岡田氏が話題になることもめったになかった」(中堅社員)と事件は次第に風化しつつある。ただ、「特別背任など一連の事件の影響で客足が遠のき、がらがらになった本店の売り場に立った時の悔しさは、今も忘れられない」と振り返る古手社員もおり、三越にとって岡田事件は今後も、顧客を忘れた経営の危うさを示す教訓としての意味を持ち続けるだろうと報じた。

**************************************************************************

岡田元三越社長事件に詠める  河内 朴粋(シンプル・シック) 

 老舖なる 三越のれん傷つけし 元社長の死去の報読む

 三越に  岡田事件は今後とも 顧官忘れた 経営戒しむ

***************************************************************************

三越(商業)  投資相談                   

【問い】三越を630円で5千株、見通しと処置を。(千葉・読者)

【答え】百貨店業界売上高第2位。希望退職者募集による人件費削減や不振店舗の見直しなど経営再建中だ。2000年2月期上期は、新宿南館の閉店セールの好調もあり、売上高は期初計画を上回り微減にとどまった。また、人件費を中心に販売管理費を3%超削減し、経常利益は大幅増となった。人件費削減の効果で今下期・来期は増益が期待されるが、長期的な収益力の向上には、不採算店舗の閉鎖や連結子会社の整理など一層のリストラ策が必要である。持ち株は売却を検討したい。(東洋信託銀行証券運用部調査グルーブリーダー・楠木英美)

 

流通業界で相次ぐ摘発 

 株主総会を乗り切るために総会屋に現金を贈るなどした利益供与事件は、一九八二年の商法改正以降、二十六件摘発されている。中でも流通業界が舞台になるケースが目立っている。摘発第一号は、八四年の伊勢丹。約百万円を総会屋に渡した会社側関係者、総会屋十数人が商法違反容疑で警視庁に摘発された。八六年には百貨店のそごうが大阪府警の摘発を受けたほか、八八年にはパルコ、九二年にイトーヨー力堂も。九六年には、大阪府警が高島屋役員三人、暴力団組長らを逮捕。利益供与額は一億六千万円にも上った。九七年には松坂屋の役員が総会屋に数十万円の商品券などをを贈り、総会屋とともに逮捕された。

 

横浜松坂屋が希望退職募集40歳以上95人規模

松坂屋の子会社、横浜松坂屋(本社・横浜市)は二十二日、来年一月から四十歳以上の社員を対象に九十五人規模の希望退職を募ることを明らかにした。募集人員は全社員(約三百十人)の約三分の一にあたる。横浜松坂屋は十七年連続で経常赤字が続いており、松坂屋が支援体制を強めているが、松坂屋も業績が悪化しており、十二月に四十五歳以上の社員を対象に約三百人規模の希望退職を募る。

松坂屋 の店舗閉鎖  松坂屋は経営不振の関連会社「山形松坂屋」の経営から撤退し、平成12年8月末に店舗閉鎖する。また、「ロスアンゼルス松坂屋」も同時に閉鎖する。

日本の百貨店は商品をアパレルメーカー(衣料品問屋)から納入させる。アパレル商品を企画し、デザインし、縫製工場で縫製し、納品するのは、アパレルメーカーで、売場に店員を派遣し、売れ残り品を引き取るという取引となっている。これは百貨店が何もしないでマージン(儲け)を稼げるが、反面、百貨店は単なるビル貸し業で、販売力をアパレルメーカーに奪われることになり、百貨店としての自主企画の力が萎えてしまった。しかも、アパレルメーカーは売れ残りの返品の損害を補うため、商品の価格を高めに設定するので、バブル崩壊で百貨店の売れ行きは不振を極めた。現在、アメリカの百貨店は殆ど消えてしまった。ブルーミングディールやメーシー百貨店などが残っているが、日本も百貨店経営は容易でなく、儲からないので一種の社会事業だという意見も当業界の社長の言も聞かれる。

 日本のファッション・セールスの中でも、伊勢丹はイタリアン・プリントなどイタリア・モードに注目し−−アメリカでもこの傾向は強い−−またデザイナーとしては、オーストラリアのタロ−を採用している。西武百貨店もイギリスのマリー・クワントを採用している。このようにしてファッション・ビジネスは明らかに、分業化−それも国際的な分業化が進行し、生産と販売がその地位を逆転させつつあるということができる。日本の小売市場に占める百貨店、量販店(チェーンストア)など大型小売店の比重は大きい。1990年の衣料品販売額は、百貨店(378店舗)が4兆7000億円、量販店(6879店舗)が3兆7000億円となり、合計8兆4000億円に達する(通商産業省=大型小売店販売統計)。衣料品小売業(小売店)が全国で23万社あり、年間販売額12兆円余を上げているのと比較すると、わずか7257店舗でその3分の2以上に匹敵する額を売り上げてしまう計算になる。とくに百貨店は、一店舗で平均124億円を売っており、日本の衣料品販売の〃王座〃を占めている。1970年を起点に、各業態別の売上高成長率を比較すると(1970=100として)百貨店は1980年=313、1990年=560、量販店は1980年=481、1990年=798、衣料品小売業(織物、衣服・身の回り品小売業)は1982年=347、1988年=418となる。量販店が最も高い伸ぴ率を見せ、次いで百貨店、小売店の順である。量販店は積極的な出店政策の効果であり、百貨店は80年代後半以降のインポートブームに代表される高級化志向に乗ったもの、といえる。しかし衣料品の種類別にみると、婦人服・洋品では1位=丸井、2位=高島屋、3位=三越、4位=西武百貨店、5位=イトーヨーカ堂となり、紳士服・洋品では1位=丸井、2位=西武百貨店、3位=ダイエー、4位=イトーヨーカ堂、5位=高島屋となる。1位の丸井は健闘しているが、百貨店ではない。百貨店は高級ファッション商品に強く、バブルの時期には、ブランドさえ付けておけば、いくらでも高く売れた。しかし、ブランドという見せかけだけの商品は、安売りの格好の餌食になった。そして百貨店は高級だが、しっかりした商品を販売しているという古き良き信頼感を失ったとされている。そして、地場百貨店の惨状は売場縮小から撤退までが進行しており、青息吐息の現状である。百貨店の冬の時代といわれる事態は、@法人需要を中心にした全体的な消費低迷A消費者の低価格志向の強まりB問屋依存の失敗―が上げられている。百貨店の再生は商品買い取りによる自社開発や直輸入で問屋抜きの流通合理化を図り、価格もメーカー希望価格による設定(プライシング)を小売り当事者が行うという本来の姿とすることである。このような流通の改革を定着させるために、買い取り制移行に伴って生まれる売れ残りリスクなどを検討して行く必要があり、そのための具体策としてアパレル生産リードタイムの短縮(QR:クィックレスポンス)が進められるに至っている。九州の岩田屋は委託販売に見切りを付け、買い取り・自主販売路線に踏み出すことはなかなかできないことを実行したが、フランス革命のような大革命だといわれる。

 

百貨店 紳士服 熱い戦い 専門店の低価格に対抗

三越=売れ筋売場2倍に西武=早くて安い注文服  小田急・東武=サービスに趣向

百貨店が紳士服売り場のてこ入れに乗り出している。サラリーマンの給与の伸び悩みを受けて、紳士服は真っ先に買い控えの対象にされ、不振が続く百貨店の中でも、特に売り上げの落ち込みが大きい。専門店の低価格攻勢にも押されている。このため、得意の対面販売で培ったきめ細かいサービスを前面に打ち出し、紳士服部門の巻き返しを狙っている。

日本百貨店協会によると、九月の全国の百貨店の売上高は前年同月比5・2%減と不振を続けているが、中でも紳士服は、11・7%減と落ち込みが大きい。一時は紳士服売り場を縮小する動きもあったが、衣料品の柱の一つである紳士服が伸びなければ、全体の販売回復は難しいと判断して、新たな販売戦略を打ち出す百貨店が増えている。三越は九月、日本橋本店の紳士服売り場を十年ぶりに全面改装し、売れ筋の高級ブランドの売り場を二倍に拡大した。九月は本店では前年同月を上回る販売実績を残しているという。

西武百貨店は、あらかじめ用意した着丈やそで丈、ウエストなどの裁断パターンを、顧客の体形に応じて組み合わせる「パターンメイドスーツ」を導入した。「既製服並みの費用でオーダー服の満足感を」とPRしており、この成果もあって、九月の販売数は前年同月の五割増となった。商品の強化だけでなく、サービスの充実を競う百貨店も出てきた。小田急百貨店の新宿店は、今秋から、男性スーツを対象に、購入から一年間、無料で上着のボタン付けやズボンのウエスト調整を行うサービスを始めた。東武百貨店の池袋店では、スーツのしわ伸ばしなどのサービスを無料で行っている。サービスの間に、店員がスーツやネクタイの相談に応じ、「新たな販売拡大に結び付ける」作戦だ。

 

外資流通ガリバーは燎原の火のごとく

かつての小売業の盟主、百貨店業界も長い不況のトンネルから抜け出せない。百貨店大手5社(高島屋、三越、大丸、松坂屋、そごう)の99年8月中問決算が21日、出そろったが、5社とも枕を並べて減収という結果が出た。新宿店の好調が伝えられる高島屋も、衣料品の売上高が前年同期比で9・9%もダウンしたのが響いて、全体で3・7%の減収に終わった。高島屋はこの業績を受け、今後5年間で社員2000人を削減するリストラ計画を発表。これまでの5年間で“すでに3000人の削減をして、社員数を1万600人にしているから、スリム化した身体にさらに過酷なダイエットを強いられるようなものだ。こういった厳しい状況は他の百貨店も似たりよったり。三越は1151人の希望退職を実施したし、東急百貨店、大丸も創業以来初の希望退職を募っている。経済誌記者が話す。「駅前の一等地に巨大ビルをどんと建て、あらゆる商品をそろえるといった従来型の百貨店は完全に時代遅れの産物になっています。とくに、老舗系は、縮小、撤退、リストラといった流れをくいとめることが難しい。もし、百貨店という業態が元気ならば、東急百貨店日本橋店、三越新宿店南館の跡地には、別の百貨店ができたはずです」経済評論家の杉村富生さんも同様の見方をする。「三越とか高島屋という老舗ののれんが通用しなくなってしまったんですよ。百貨店、スーパーが客のニーズにこたえられなくなり、ファッション性、品ぞろえ、価格などの点をとってみても、専門店やカテゴリーキラー、ディスカウンターにかなわなくなってしまったというのが現状です。恐竜がネズミに食い付かれているというのが最近の構図。図体の大きいのがハンデとなっているのですから、この業界では、大きいところが統合・合併していくという発想はあり得ない。今後、体力の弱いところから、淘汰されていく運命が待っています」最近の金融再編のあおりを大きく受けそうなのは、そごうとセゾングループであるという。ジャーナリストの須田慎一郎さんが、こう指摘する。「そごうのメーンバンクは興銀と長銀、セゾングループのメーンは第一勧銀、同グループで債務超過に陥っている西洋環境開発のメーンは興銀一といった具合に、すべてが統合3行にかかわっています。そごう、セゾングループとも、再建には、もっているものを売って債務を圧縮するしか方法はないのですが、両方とも売るべき資産がない。それに加え、頼りにする3行自体、万全とは言えないため、そごう、セゾングループの両方を支え切るのは、難しい状況です」

住友の積極さか タイエーに好材料   中堅スーパー長崎屋の倒産

スーパーマーケット業界も、楽ではない戦いが続いている。長崎屋の倒産はこの厳しさの現れである。数少ない"勝ち組”といわれているイドーヨーカ堂も上場以来、中間決算で初の減収減益に追い込まれた。とはいうものの「覇権争いはイトーヨーカ堂とジャスコであるのは衆目の一致するところ。イトーヨーカ堂が他企業と提携することは考えられず、組むとしたら、メーンがいずれも第一勧銀のジャスコと西友じゃないでしょうか」(前出・経済誌記者)。スーパー業界で、最大の注目は、2兆円以上の有利子負債を抱えるダイエーだろう。前出・須田さんが話す。「いままでダイエーの再建は、平行4行(東海、三和、住友、富士)で支えていたのですが、住友・さくらの合併が実現すれば、その合併2行が中心になっていく公算が大きい。リクルートヘの思い入れが強かったダイエーの中内会長を説得して、売却を決心させたのは、住友サイドだという情報もあり、住友の積極さが目立っている。このように、メーンバンクがきちんと決まり、責任の所在が明確化するのは、ダイエーにとっては好材料。再建への薄日が見えてきたともいえます」

アメリカでは 従業員ごと買収する ウォルマート

日本の流通業界はいま、生き残りをかけて各社とも精いっぱいといったところだが、今後の脅威は外資企業の上陸である。これまで、日本には、おもちゃ専門の「トイザらス」など、いわゆるカテゴリーキラーは上陸しているものの、総合小売業の本格的来襲はない。日本市場の特殊性のためだが、ついに大型の黒船が上陸する雲行きなのだ。まず、名乗りを上げたのが、フランスの小売業最大手「カルフール」。来年12月に、千葉幕張地区に一号店を開業すると発表。パリの市場の雰囲気をそのまま日本に持ち込み、食品、衣料品、雑貨など6万品目を超える品ぞろえを実現する。今後、首都圏、関西へも進出予定という。さらに、関係者を恐れさせているのが、世界最大の小売業である米国のディスカウントチェーン「ウォルマート」の進出だ。「ウォルマートの成長戦略」という著作のある経営コンサルタント森龍雄さんの話。「同社は日本ではなじみが薄いのですが、米フォーチュン誌の98年売上高番付では世界4位にランクされています。今年の上半期も16%の売り上げ増を記録しており、99年にはフォードを抜いて、3位になるといわれています。発祥はアーカンソー州。1962年にディスカウントストアの第1号店を開き、以来人口5000人から2万人といった田舎町にじゅうたん爆撃のように次々に出店し、30年間で全米トップシェアを達成しました。その手法は、徹底的にローコストを実現、他のストアを駆逐するというものです」海外進出は94年ごろからだが、あっという間に、カナダ、ドイツ、イギリス、メキシコ、中国などに1000店近くの店舗を展開した。「なかでもカナダヘの進出は語り草になっています。経営の傾いたKマートを180店、従業員ごと買収し、わずか数年で、売り上げを倍増させだそうです。米国内では企業買収には無縁ですが、海外では買収で一気に存在感を高めるのが経営戦略。韓国にも昨年進出を果たし、すでに4店開店しましたが、これは日本進出をにらんでのこと。日本は土地代が高いのがネックとなっているという情報もありますが、日本の既存スーパーがうかうかしていると、一挙に上陸し、燎原<りょうげん>の火のように店舗展開をする可能性が強いと思います」(前出.森さん)消費者にとって、選択肢の多様化は、ありがたいことなのだが…。

流通業界の長期債権格付け

三越        BB+

高島屋       BBB+

大丸        BBB−

松坂屋       BBB−

ダイエー      BB−

イトーヨーカ堂   AAA

ジャスコ      A+

西友        BB−

「日本格付投資情報センター」による9月30日時点の格付け

 

(2)専門店と生産

アパレルの大手専門店は婦人服、紳士服、呉服を主体とする専門店チェーンの形を取っている。アパレル商品は主に縫製工場に委託加工して調達する。70年代から80年代にかけて、全国的にファッションビルが普及したが、そのテナントに入居したのが、これらの大手専門店であり、全国販売網を作り上げていった。しかし、80年代後半以降、土地代の高騰、テナント料の値上りに加えて、消費傾向の変化もあって、大手専門店の出店ぺ−スは鈍化しており、とくにバブル経済の崩壊以降はむしろ、不採算店のスクラッブ化が進行しており、店舗数を絞り込む動きが見られる。1996年から日本の大手婦人服専門店は、苦境にある。鈴丹は子会社ポポロの赤字、鈴屋は倒産し、三愛やキャラバンは赤字に苦しんでいる。そのなかで急成長しているのが、郊外型メンズ専門店である。

SPA(製造小売り型専門店)という業態で、自社のリスクで企画、生産、物流、販売までを、一貫して行うもので、SPAの代表例として、青山商事、コナカ、アオキインターナショナル、はるやまグループ、ゼビオ、大三紳士服などである。その成長の要因は、紳士スーツを中心に扱い商品を絞り込むことによって、@価格の合理化、A豊富な品揃え、を実現したことにある。土地代の比較的安い大都市の郊外に大型店舗を構え、広い駐車スペースを備えて利便を図っているのが大きな特徴である。

スーツの〃安売り革命〃を推し進める 青山商事社長・青山五郎さん 

 日本一地価の高い銀座で日本一安い2500円のスーツを売って世間を驚かせた。5年秋には台湾・台北に進出すると報じられた。「東京の次はアジアで旋風を巻き起こす」と流通業界の革命児は鼻息が荒い。元はといえば脱サラ。学歴社会に決別して故郷の広島県府中市で商事会社を設立した。車社会の到来を見越し、紳士服販売業界初の郊外型店舗で挑戦。投資額を抑える作戦が大当たりして「田んぼの真ん中に花が咲いた」と評され「駅前が一等地」という商売の常道を覆した。全品買い取りの仕入れ方式を採用し「スーツは消耗品」と、大衆向け1着3万円台の価格を維持。全国に476店の店舗網を張り、年間50億円ずつ経常利益を伸ぱす不況知らずの勢いだ。来春は千人の新規採用を計画し2年半後には750店にまで増やすという。「企業メセナなんてまやかしじや。物価を下げて大衆に恩返しすることこそが本当の意味の企業の社会貢献。消費を刺激することで、どんな不況だって克服できる」。買い控えは値段のせいと言ってはばからない。穏やかなお国なまりながら、言葉の切れは痛烈である。常識に固執しては新しいことができないと財界活勘は一切しない。ゴルフも「遊び」と近付かず、休みは元日の一日だけ。夜8時に自宅に引きあげ、晩酌だけで早い眠りにつく。夜明け前に朝ぶろを浴ぴて午前4時から社長室に座る。平成の〃安売り王〃は徹底して商売一筋。「頑固たれ」を信条に、こうと一度決めたとなると、どんな困難に立ち向かっても志を曲げない。

 

(3)量販店と生産

 量販店はスーパーストアから出てきた業態である。スーパーは日用品を中心にセルフサービス、現金販売、大量・廉価販売を原則とする小売店。アメリカで不景気の1930年ごろから大都市郊外のあき倉庫を使って超格安で、ビン・かん詰食料品などを大量販売したのが起源である。その特色は、@客は入口でバギー(手押車の一種)または手さげがごをとって、店内に入る。A特殊な売場以外は店員がいない。B商品はすべての客の手のとどく範囲内に陳列されている。C必ず価格の表示がある。D客は自分の欲する品物をバギーまたは手さげかごに入れて、出口で会計をする。E買物は袋に入れて持ち帰る。日本では単にスーパーと呼ぶのが一般的である。一定の条件を具備した小規模なスーパーをコンビニエンス・ストア、衣料品の比重の高いものをスーパー・ストアという。またイギリスでは平屋で売場面積が5万平方フィートを超え駐車場と倉庫をもつものをハイバー・マーケットという。スーパーマーケット名鑑91(商業界)ではスーパ−と名のつくもの[企業体単位に売場面積231平方メートル(70坪)以上、もしくは年間販売額1億円以上で、セルフサービス方式を採用している大量販売店]は全国で1万3332店となつている。量販店は大量に商品を販売する小売店のことで、具体的にはダイエー、イトーヨーカ堂、西友などを始めとする大手スーパーを暗黙理に指すことが多いが、特定のメーカー系列に属することなく、各地域に支店を持ち、大きな売り上げを誇る店舗をも含めて用いられる言葉である。商品に基づく業種区分でなく、店舗数や売上高を基準にした業態区分の一つである。量販店は実用衣料品に強いというのが特徴とされる。しかし量販店は、ヤング向け衣料などの専門業態を積極的に展開したり、アジアでの海外生産に早くから着手するなど、その経営手法はダイナミックである。また海外への店舗展開も早く、世界的なグローバル戦略に乗り出している。ヤオハングループのように本社を香港に移してしまった企業もある。静岡のヤオハン・ジャパンは9年9月倒産した。スーパーはファッションという言葉に踊らされたという。それは量販店の主力商品であった肌着は、放っておいても売れたし、儲かってきた。しかし、ここにきて、肌着についてはしまむら(郊外型衣料専門店)やセシール(通信販売)などにシェアを奪われてしまった。次はファッションだと走り出したが、表面的にしか追えず、結局は儲からなかった。90年度の大型小売業の衣料品売上高ランキングを見てみよう。20社中、量販店が8社を占め、とくにイトーヨーカ堂、ダイエーは1、2位を不動のものにしている。さらにベビー・子供服では1位=イトーヨーカ堂、2位=ダイエー、3位=西武百貨店、4位=ジャスコ、5位=ニチイと、様変わりする。アパレル商品はアパレルメーカーより購入、または縫製工場に委託加工する。この場合の例えば西友の縫製基準の要点を示す。@ボタン付け:ボタンがしっかり付いていることAボタン穴:穴かがりが丁寧で、糸にほつれのないことB縫い外れ:縫い外れによるほつれのないことC針穴キズ:ニットの場合、針穴キズのないことDリンキングの目外れ:ニット地のつなぎ合わせのリンキングの目外れのないことE裁ち目かがり:裁ち目の糸のほつれのないことFスナップ付け:しっかりついていることG柄合わせ、生地の目合わせ:柄や生地の方向が縫い合わせで合っていることHモノフィラメント糸:使用しないことIカンヌキ:力の掛かるポケット口の両端、小股、天狗の鼻の縫い込み上部などに補強縫いのカンヌキが施されていること…などとなっている。量販店といっても質を重視して差別化を図る考えも出た1980年代は、それまでの大量仕入れ、大量販売による安売り哲学に基づく画一的商法では行き詰まるとの経営の危機認識から、低価格路線が見直され、高級化も図られた。しかし、1991年からのバブル崩壊で価格破壊の中、高質低価格が迫られている。

 

イトーヨーカ堂の鈴木敏文社長は、次のように語った。「日本のチェーンストアはこれまで、店つくりばかりやってきた。商品は黙っていても問屋がいくらでも供給してくれたから、新店を出してそれを並べるだけでよかった。しかし、売れない時代に入り、しかも景気はいっこうに回復せず、売れないから問屋に返品が相次ぐ。問屋は自己防衛のため、安全生産量しか作らなくなる。だから売れ筋商品となると、追加発注しても商品が入ってこない。こうしてますます売り上げが低下する。こうした悪循環を打開するために、ここ数年出店ベースを押さえて、問屋、メーカーと共同で商品つくりを行う仕組みづくりに力を注いできた。いままで、商品つくりを問屋に任せていたため、お客様がほしがっている商品やファッション性が分からない。が、思い切ってやりなさい、今のうちに手を打たなければ将来はないぞ、と言ってきた。そしてここへきて、芽が出てきたと実感している。お客にヨーカ堂で買い物したいと思っていただけるよう改善に打ち込み、その結果として利益を上げ続けられるようにすることが重要だと思っている。」

 

ダイエー さらに50店閉鎖視野 「勝利の方程式」は改革加速  

「日本一の売り出し 666億 ダイエーグループの底力ありがとう」

プロ野球、福岡ダイエーホークスの日本シリーズ初制覇を記念したセール終了から一夜明けた二日。中内功ダイエー会長は一枚の手書きのメモをファクスで全店長に送った。

優勝セールは神風

リストラ、業績不振と暗い話題ぱかりがクローズアップされ、「元気を失っていた」といわれる中内会長にとって、優勝セールは久々に胸のすくような快挙だったに違いない。二度のセールで直営店が稼ぎ出した売り上げは千二百億円超。低迷の続いた既存店売上高も九月が前年比二〇%、十月が二五%と驚異的な伸びを示した。「若い連中がようやってくれた。これが自信につながれば……」グループで二兆九千億円に上る有利子負債を二〇〇二年二月期までに一兆円削減することなどを柱とした「再生三カ年計画」で生き残りをめざすダイエー。優勝セールは「まさに神風」(営業幹部)だったが、セールがいつまでも続けられるわけでなく、喫緊の課題である「営業力の回復」に不安が残る。九九年八月中間期の既存店売上高は前年比七・五%減と、大手スーパーで最も落ち込んだからだ。通期で五十億円の経常利益を見込むが、販管費など五百十四億円にのぼるコスト削減が前提。金融界からは「営業改革のスピードが遅い」と厳しい声があがる。「うちも三割くらい設備を減らす覚悟はある」。リストラの先頭に立つ鳥羽董社長は、五工場閉鎖など設備の三〇%削減に踏み切る日産自動車の例を引き合いに出して強調する。ダイエーは九八、九九年度で全店の約一五%に当たる五十店の不採算店閉鎖を進めるが、本体の収益力を高めるためさらに五十店程度の閉鎖も辞さないとの決意だ。

グループ縮小均衡へ

連結決算が重視される二〇〇一年二月期をにらみ、ダイエーは再建計画の中で、来年度に営業赤字の企業は原則として清算、売却する方針を打ち出した。「黒字化には一層のリストラが必要ではないか」。東京・浜松町の東京本部では十月から、ダイエー幹部とグループの経営執行責任者との問でミーティングが始まった。それは「過去三十年の多角化、拡大化の総括」(担当役員)でもある。リストラの成否は、肥大化したグループの縮小均衡の追求にかかっている。店舗や事業のスクラップの過程で膨らむ整理損失に対応しつつ、有利子負債圧縮を進めるには、有力事業の売却をスムーズに進めることが重要。千億円超の価値があるとされるリクルート株が売れれば、今期の金融界への公約である「事業売却額千八百五十億円」は確保できる。だがリ社株売却を表明して以降、「経営に介入しないダイエーに株式を持ち続けてほしい」とするリ社経営陣が態度を硬化。当初、買収に意欲を示した角川書店は「まず両社で話をまとめてもらわないと。配役が決まっていないのに主役をやらせる、と言っても無理」(角川歴彦社長)と舞台から降りてしまった。

前倒し圧力強まる

負債圧縮は、来秋に予定するローソン上場による株売却額四千億円で一気に進める思惑だ。だが一兆円を返済してもなお二兆円近い借金が残る。準メーンだった日本長期信用銀行の外資傘下入りなど、負債返済を「前倒しで進める」(鳥羽社長)圧力は高まりつつある。「ホークスの継投策のよらに、流通にも『勝利の方程式』がある」。中内会長は王貞治監督を講師に招いた十月の店長総会でこう呼びかけた。ダイエーにとっての勝利の方程式は改革のピッチを最大限に上げることにほかならない。

 

ダイエー 「かんばん方式(ジャスト・イン・タイム)」導入  

「必要な分だけ供給」トヨタから 経営再建目指し“原点に戻る“

ダイエーは二十二日、自ら在庫を持たずに、外部の納入メーカーなどから部品などを必要な分だけ製造ラインに供給するトヨタ自動車の「かんばん方式(ジャスト・イン・タイム)」を商品管理全般に導入し、在庫圧縮によるコストダウンを図る方針を明らかにした。ダイエーは、倉庫や配送センターなどをほとんど自前でまかなってきたため、食品メーカーや卸問屋などへの外部化を進めたライバルのイトーヨーカ堂やコンビニエンスストアなどに比べ、コストダウンが遅れていた。ダイエーは、すでに「川崎プロセスセンター」(神奈川県川崎市)で、都内と神奈川、静岡県の百二十七店に生鮮品を発送するシステムにかんぱん方式を試験的に取り入れた。配送トラックの適正な往復数とそれに伴う人員配置で、トヨタのかんばん方式を手本に独自のシステム作りを進めている。今後は、順次衣料品など他部門に拡大するだけでなく、卸売業者やメーカーと売れ筋の情報などを共有化し、商品開発段階から協力関係を深める。かんばん方式は、トヨタの創業者・豊田喜一郎氏らがアメリカでスーパーの在庫管理を目にして生産面に応用し、世界的な競争力を持つメーカーに成長した歴史がある。ダイエーは小売業の原点ともいえるかんばん方式を改めて導入することで、"先祖返り”によって経営再建を加速させたい考えだ。トヨタが社外にかんばん方式のノウハウを提供するのは初めてで、今年二月にコンサルティング契約を結んでいる。

 

(4)アウトレット、カテゴリーキラー、ディスカウントストア

アウトレット:メーカーや流通側が、商品企画や生産計画が予定通り進まず、過剰在庫になった自社の商品を処理するために、安売りを行う業態。アメリカで90年前後から始まった新業態で、ファクトリー・アウトレット(工場直売店)という。有名ブランド商品が割安で買える工場直売店のことである。通常の使用では気にならない程度のキズもので、通常は販売に適しない商品を、直営店でかなり安く売る。アメリカでは工場から直送した商品を並べている専門店を一か所に集約したファクトリ−・アウトレット・モールが大流行になっているが、日本でも工場直出し商品をダイレクトに置く店が人気を呼びつつある。とくにイタリアのDCブランド商品を現地のストックと呼ばれる問屋と直取引して、直輸入し、並べるファッション店がひそかなブーム。通常価格の3〜5割引で購入できる。

オフプライスストア:商品が一定の評価を受けた一流ブランド品などを並行輸入や流通在庫仕入れにより大幅に値下げして売るる業態。

カテゴリーキラー:ある特定分野の商品について、品揃えを充実させ、低価格で販売する業態。アメリカのトイザラスのように、ある商品分野における圧倒的な品揃えとメーカーとの直接取引などによる、徹底したディスカウントを特徴とする巨大専門店。大規模店舗法に改正による出店規制の緩和によって、海外のこうした小売業の参入が進展している。

ディスカウントストアーズ:大型廉売店、有名商標商品をメーカーから直接仕入れて、現金で安売りする小売店。1960年頃からアメリカで流行した。

SPA:製造小売り型専門店で、メンズ専門店の青山やアオキインターナショナルが代表的。

パワーセンター:複数のディスカウントストアで構成されるショッピングセンター。

スーパーセンター:アメリカの量販店(ディスカウントストアーズ)のビッグスリーといわれるウォール・マート、ケイマート、ターゲットの3社が進めているのが、スーパーセンター化で、これはスーパーと量販店を統合した業態。

 

小売りが変わる アパレル直売 機動性生かし外資続々       

「エルエルビーンは日本で大きな一歩を踏み出す」。今年七月十三日、アメリカのカジュアル衣料大手エルエルビーンのトーマス・バーデン副社長は、エルエルビーン新宿店で報道陣を前に高らかに宣言した。日本でも全国一律六百円、注文から十日で商品を届けるという本国並みのシステムを稼働させるという発表だった。同社は、ベーブ・ルースが愛用していたことで知られるアメリカを代表するブランドだ。今や、世界数十か国でブーツやカジュアルウェアなどアウトドア用品の事業を展開しているが、アメリカ並みのサービス体制を整えるのは日本が最初となる。エルエルビーンだけでなく、アメリカを中心としたアパレルメーカーが自ら販売までも手がける「SPA(スペシャリティーストア・オブ・プライベートレイベル・アパレル=製造小売り型専門店)」は、日本のメーカーが軒並み販売不振に悩むのを横目に、日本への本格参入を進めている。アメリカのカジュアル衣料大手のギャップは、九五年に上陸して以来、首都圏を中心に三十九店にまで店舗網を拡大させた。イタリアのメーカーのベネトンは、八二年に日本に進出した。これまでは、日本では直営店を持たない方針だったが、二〇〇〇年に東京・原宿に初の直営店を出店する計画を立てている。「旗艦店として、新しい提案を顧客に直接行い、既存店との相乗効果を図る」(ベネトンジャパンのファブリツィオニァ・ナルディス社長)方針で、SPAの考え方を戦略に取り入れる方針だ。SPAは、全世界を対象にした自社ブランドの商品企画を、本国で一括して行い、契約工場などの生産も含めて、流通や販売までメーカー主導で一貫して管理するのが特徴だ。消費者の動向を見ながら商品出荷を追加したり打ち切ったりできるため、見込み生産の量を減らせる分、コスト削減による低価格が実現できる。また、ヒット商品の芽を素早くつかんで大きな利益に結び付けることもできる。「店頭に並ぶまでに複雑な経路をたどる日本の流通では、短い期間で変化する現在の消費者志向に十分対応しきれない場合が増えてきた」(業界関係者)ことが、外資のアパレルがSPAで勢力を強めた要因だ。しかし、万事が順調とぱかりは言えない。個人消費の低迷が、日本へ進出している海外のアパレルメーカーの経営にも打撃を与えているためだ。実績と知名度があるベネトンジャパンでさえ、九二年に約五百億円と過去最高の売り上げを記録したが、九八年には三百二十億円に落ち込んだ。「日本の経済が復活し、消費者がアパレルにお金をかけるにはあと数年は必要」(ベネトンジャパンのデ・ナルディス社長)という。一方で、日本のアパレルメーカーもSPAの考え方を取り入れようとしている。当面、大きな拡大を期待しにくいパイの中で、どのように消費者の支持を広げていくのか--。メーカー自らが知恵の出しどころに差し掛かっている。

 

提案型「ライフスタイルショップ」 衣食住+遊知まで「好み」全面に

「ライフスタイルショップ」と呼ばれる新しい業態の店が相次いで開店している。衣食住にわたって、デザインや店の好みにこだわった品ぞろえをしているのが特徴だ。自分のライフスタイルにこだわり、毎日の生活を豊かに楽しみたいという消費者の支持を集めている。

今年9月、東京・南青山にオープンした「インディヴィ ライフ」。広さ千平方炉の店内には、様々なジャンルの商品が並んでいるが、スーパーとも百貨店とも違う。例えば、婦人服は最新ファッションから古着までそろっている。このほか、化粧品、ミネラルウオーター、ポテトチップス、瓶入りトマトソースなどの食料品、食器や台所用スポンジ、歯磨き粉などの生活雑貨、ノートやペンといった文房具など。いずれもパッケージやデザインがおしゃれな品で、輸入品も目立つ。約1500種類に上る生活雑貨の多さも特徴だ。「スーパーや百貨店なら必ず置いであるというような商品をこの店では決めていない。商品の持ち味やデザインなど、こちらの価値観にあったものだけを並べています」と同店を経営するアパレルメーカーのワールド。こうした店作りの考え方は90年代初めごろから、もともと衣料品専門店の「ユナイテッド・アローズ」や「ビームス」などが取り入れ、服だけでなく雑貨や家具なども扱う店を首都圏で展開していた。最近になって「インディヴィ ライフ」のほか、「ザ・セノゾイック」などのライフスタイルショップが相次いで登場。既存の「無印良品」、「コムサ・イズム」などは大型化している。衣料品店が雑貨にまで商品の幅を広げたり、雑貨店が雰囲気に合った服を取り入れたりする相互乗り入れも一つの特徴だ。さらに、音楽面でも生活提案をしていこうと、今月自社レーベルのCDも発売した「ビームス」のように扱う品物のジャンルを広げるケースも目に付く。日本人のライフスタイルの変化に詳しい伊藤忠ファッションシステムの川島蓉子さんは「このところ同じような業態の店が世界的に増える傾向にある」と指摘する。ニューヨークにこの秋オーブンしたデザイナー、ダナ・キャランの店や、パリのセレクトショップ「コレット」などもそのパターンだという。その理由について、川島さんは「ファッションという言葉が服だけでなく、『衣食住遊知』すべての分野をカバーするようになったことで分かる通り、生活の隅々まで自分らしい、おしゃれなライフスタイルにこだわる人が増えているからではないか」と説明している。

 

6回   アパレルメーカーと生産

(1)下請け縫製工場によるアパレルメーカーの生産

アパレル生産工場における生産のフローは、次のように示される。

 

 (アパレルメーカー)     下   請   け   縫    製  工   場       

縫製仕様書―

 加工指図書―     (外注)

 注文書 ―――――――→ 受注→生産計画――→検反縮絨→裁断→縫製→仕上げ→検査→出荷納品

 

(問屋素材メーカー) <賃加工縫製の場合<生地仕入れ・製品売りの場合

 原反・副資材・付属品    

 

下請け工場によるアパレルメーカーとしては、オンワード樫山を始め、殆どの衣料問屋が含まれる。

 

(2)自家縫製工場を持つアパレルメーカーの生産

 

マーケティング→商品企画→デザイン・スケッチ→サンプル・パターン→サンプルメーキング→マスターパターンメーキング→工業用パターンメーキング→グレーディング→マーキング―→縫製工場

縫製仕様書(縫製上の規定や作業方法などの指定)

縫製指図書(発注品の数量、単価、納期などの指定)

原反・副資材・付属品

自家工場を持つアパレルメーカーとしては、レナウン、三陽商会、イトキン、東京スタイルなどがある。

(3)ニット系アパレルメーカーの生産

ニットは長らくメリヤス(莫大小)あるいは編み物として親しまれてきた。しかし、男子用のジャージーをシャネルが婦人服に採用して以来、ファッション性が取り入れられ、ニットウエアの衣料品に占める比率は半分近くを占めるに至っている。ニット系アパレルメーカーとしては、ナイガイ、小杉産業、グンゼ、などが知られ、またレナウンもワールドもニットから総合メーカーに発展していったのである。しかし、セーターを含むニット外衣の国内生産は、すでに1979年以降数量的に下降線をたどってきている。その原因として国内市場の頭打ちも挙げられるが、当時から徐々に輸入の増加の影響が見られている。そして、わが国の円高ドル安が一層の拍車を掛けて、1988年度まで5年連続更新といわれる韓国、台湾、香港、中国などいわゆるNlES諸国からのニット製品の輸入の急増が、業界にとって極めて深刻な問題に発展した。その頃から、単純に国内生産プラス輸入を総供給とすると、数量では国産を輸入が上回るようになっている。これはアパレル全体の問題でもあったが、とりわけその被害の大きかったのはニット製品といわれている。昨今韓国、台湾では通貨切上げ、人件費高、求人難による環境悪化の時代を迎えて状況は様変りし、中国を除いた3国の輸出は減少の傾向を見せている。最近はこれら諸国に代り更に遠方のタイ、インドネシア、インド等が新しい海外生産基地として関心か高まり、現地生産及ぴこれに伴いわが国への輸出が増加し始めている。一方、数量はまだ大きくないが無視できないのは、すでにNlESに次いで数量の多い(高級品中心であるから金額の順位は高い)イタリアやフランス、あるいはカジュアル商品中心のアメリカからのインポート商品である。こうしたインポート商品の輸入増は、べ夕一ゾーンの製品作りを得意とし,今までNlESの影響を余り受けなかった国内のニットメーカーにとって新たな脅威になることは間違いない。いずれの国々が勝ち残るかはわからないが,これからのニットを含めたアパレル生産は海外メーカーとの住み分けとなり,そして輸入商品のシェアは増えることはあっても,大きく減少することは期待できまい。とすればわが国のニット生産は伝統の技術と地元の優位性を活かしながら,輸入商品に優る品質と感性の備わったモノ作りが今後一層求められるようになるだろう。

1)横編みセーター縫製工場

横編みは業界ではニット縫製工場(ニットメーカー)が企画し、生産したものをアパレルメーカー(衣料品問屋)が仕入れて、販売するケースが多い。アパレルメーカーが商品企画をする場合もあるが、それはイメージとしてのラフなスケッチや、出来上がり寸法を指定した指図書、仕様書などであって、サンプル、パターン、あるいは編み地設計までの具体的な指示は殆ど行っていない。ニットメーカーは長年の経験などに基づき、糸と編み機を選択し、編み地を工夫するなどして、編み地設計、サンプル試作、そして本番生産までを受け持っている。アパレルメーカーはその殆どをニット縫製工場に依存している。このように横編の場合、アパレルメーカーは仕入卸といった色彩が強く、画機能は弱いといわれている。わが国のアパレルメーカーは分業化され大量生産方式が一般的であるので、トータルに糸から編みまで知っている人が少なくなった。例えばパターンを知らない、糸も分からない、編組織も分からない、工場への設計指示書も書けないデザィナーが多いとの指摘もある。それらについては欧米の企業と多面的に比較した資料(資料編:アパレル部門の諸外国との比較)を参考として読まれると、我が国のニットのアパレルメーカーの実態がよく理解できよう。

2)ニット生地編み機持ち縫製工場

ニットメーカーというと、ニット生地の編み立てを行い、これを縫製する工場であるというのが本来であるが、しかし、ニットメーカーは必ずしも、一貫した生産工程を自社に持っている訳ではなく、例えは編み立(あるいは編み立の一部)と検査工程を残し、その他の作業であるリンキング、縫製、刺繍、仕上げなど細かい手作業を必要とするものは周辺地区や、場合によってはかなりの遠隔地の下請、孫請や多数の家庭内職に依存しているのも、我が国の独特な姿かと思われる。従ってニットメーカーだけでなく、多数で、小規模の外注先に対しても生産管理の徹底が極めて重要になっている。

3)テーブル・ニッター

ニット生産の多品種少量化に対して,本来のニット生産者では無くアパレルとニッターの中間にあって便利屋的な役割を果たしているのが,テーブル・ニッター(振り屋ともいわれる)である。アパレルメーカーから受注して,傘下工場のキャパや稼働状況とにらみ合わせて,配分し,生産させ,納期にうまく問に合わせる役割を担当する立場にある。至急の発注,小さいロットなどの場合でも,何とか間に合わせてくれるというニット生産にとって現在欠かせない企業となっている。しかし,傘下に必ずしも品質,技術水準の高いニッターばかりでなく,諸管理が不十分だったり,またその都度違った別の不馴れな工場で生産する場合があるなど,注意しないと品質が一定しないことがある。アパレルメー力一自身もそうであるが,テープル・ニッターはその立場上,とかく納期最優先となりやすいので,生産や品質に対するしっかりした体制が出来ているか否かを事前に把握しておく必要があろう。当然のことながら,トッブの意識や管理体制.人材の有無などもその必要条件である。

4)賃加工ニット縫製工場

アパレルメーカーの注文により賃加工の縫製を行う工場である。リンキング仕立てとミシン仕立ての方法がある。アパレルメーカーからパターン、サンプル、生地や付属などを支給され、縫製仕様書、加工指示書を受けて、縫製を行う。この場合、発注側の提供する内容には、次のように不備な点が少なくない。

パターン:工業パターンでなく、生地特性、縫製加工性、仕上り面に配慮を欠いている。

サンプル:アトリエサンプルで縫製しにくいままのものがある。

マーキング図:生地の実幅に合わず、やり直しになる場合が多い。

生地:納期通りに入らない。キズ、収縮率、色違い、斜行、柄曲がりなどが送られてくる。

工賃:納得性に乏しい。

技術指導:パターンが分り、作業や管理の指導と、現場に話のできる人材がいない。

縫製仕様書:縫製工場の作業を知らないで作成されて、意味もなく縫いにくい仕様。

 縫製指図書:数量や納期など口頭で指図したり、変更をしたりすることが多い。 

 

イタリアのファクトリー・ブランド「マックスマーラ」の事例 

「マックスマーラ」の工業化の先進性

 イタリア最大の婦人服メーカーとされる「マックスマーラ」は、デザイナーではなくメーカーの名前を前面に打ち出した「ファクトリー・ブランド」だ。基本的な装いの中に時代感覚を取り入れた高級既製服は、組み合わせの効く、着こなしやすい服飾として評価を得ている。

●魅力 「きちんとした装いにも向く服」として、0Lを始め幅広い層から人気を集める「マックスマーラ」の製品。半世紀近くに及ぶ服作りは、イタリアの高級既製服の歴史そのものとも言われている。同社は、製造・流通の計7社から成る企業グルーブ。手仕事による注文服全盛の時代にいち早く工業化を取り入れ、既製服の分野を確立した。現在、店舗は世界で二百六十店以上を数え、グループの年商は約一千億円に上る。カジュアルから正装までを六っのブランドに特徴付け、「オーソドックスな中にも素材や裁断で時代性を感じさせる服を」と心がけている。今秋冬は、紺、黒、キャメル、グレーなどを基本色に、コートは羽織るようなザックリとした感覚のものが特徴。ステッチに、手縫いの風合いを持たせている。価格は十万円前後が中心。このほか、スリツトが入ったニットのドレスは、女性らしい細みで長めの輪郭。また透ける素材のブラウスは、起毛された柄の部分を浮き出たせた加工を施している。「マックスマーラジヤパン」広報室の式田えいさん(四○)は、自社製品の魅力について、「素材の良さに加え、ざん新で品のある服作りが特徴。着やすく、しわになりにくいものも多く、仕事着としても最適」と話している。

●バッグと小物 バッグは、型押しのものとポケットや肩ひもの部分に革を用いたナイロン製のものが主体。今ンーズンは、黒や焦げ茶色を基調に、大小のショルダーバッグから財布までがそろう。ナイロン製バッグは二万円、革製のパッグは六方円がそれぞれ目安となっている。またベルトや靴、スカーフ、手袋、帽子といった小物の品ぞろえも本格化させており、「日本で小物の単独店開設も考えている」という。

●MMマガジン 1989年に創刊された「マックスマーラ・マガジン」(A4変形判、170頁)。自社でで独白に編集ファッション主体の雑誌で、半年ごとに世界で50万部を発行している。同社の6つのブランドの製品と美容、芸術、時事的話題などを盛り込み、イタリア語で書かれている。製品を買い求めると無料でブレゼントされる。最新号は、「マックスマーラが最も得意とする素材と自負するキャラメル色のカシミヤ混のコートを、トップモデルのリンダ・エヴァンジェリスタが着こなし、表紙を飾る。

●歴史 仕立業の家系に育ち、洋裁学校長を母親に持つアキーレ・マラモッティが1951年、北イタリアの町レッジオ・エミリアで創業した。日本には90年に登場し、59店舖を構える。

 

(4)織物系アパレル縫製仕様書

織物系アパレル縫製仕様書については、「新アパレル工学事典」239頁からの説明を見て下さい。

 

   (5)ニット系アパレル縫製仕様書

ニット系アパレル縫製仕様書については、「新アパレル工学事典」248頁からの説明を見て下さい。

 

7回  アパレル生産工場での生産

わが国のアパレル生産工場は、デザイン、パターンメーキングを行わない。これはアパレルメーカーにより行われて、発注時に生地・付属品とともに支給される。支給された生地について、縮絨などの加工を要するものでは設備のある工場では自工場で行うが、多くは専門工場に外注される。

(1)受注と生産計画

縫製工場はアパレルメーカーの外注工場である場合が殆どである。アパレルメーカーの企画したものを縫製下請けとして生産する。受注が年間を通じて安定して確保されることが重要である。受注があると、縫製工賃と、支給される縫製仕様書と縫製指図書により、生産計画が立てられる。管理サイクルのプランの段階である。生産計画の立案はアパレルメーカーの自家工場でも同じである。納期に間に合うように、品質を

維持し、コスト内に収まるように計画する。まず裁断計画と、それに続く縫製の工数計画が練られる。ここで問題となるのは、縫製仕様やパターンが縫製工場の考え方とギャップのあることである。次の表のようにアパレルメーカーからの支給品に問題があり、また縫製工場側の問題も少なくない。

工数【く‐かず】工手間(クデマ)の数。細工の手かず。工数【こう−すう】人数に作業時間を掛けたもの

工賃【こう‐ちん】工作・加工などの手間賃。

工数計画【こう−すう−けい−かく】生産に先立って行う作業の量を時間で表した工数について計画する。一般には、工数は人−時間で表している。これは1人の人が1時間仕事をした場合の作業時間(1工数)単位である。縫製工場の場合は、仕事の内容から人−分、人−秒が用いられる。工数計画とは、縫製予定表によって決められた製品別の納期と生産量(何を、いつ、何着縫製するか)に対して、仕事量がどうかを見るために、現に工場の持つ人や機械の能力と比べながら、能力不足や余力を算定して、両者のバランスがとれるように計画することをいう。工数計画により、生産期間を想定できるので、納期とコストの予想が可能となる。

(2)織物系アパレル生産工場の縫製工程

 織物系アパレル生産では、次のような縫製フローとなっている。

縫製準備工程

パーツ縫製工程

中間仕上げ工程

組立縫製工程

最終仕上げ工程

延反

サージング

クセ取り

各部組立縫製

仕上げプレス

型入れ

芯接着

縫い目割り

まとめ

仕上げアイロン

裁断

地縫い、表縫い

折り目付け

値札付けなど

仕分け

各種パーツ縫製

おさめプレス

(3)ニット系アパレル生産工場の縫製工程

 ニット系アパレル生産では、次のような縫製フローとなっている。

 

縫製準備工程パーツ縫製工程     組立縫製工程       最終仕上げ工程

延反・放反  リンキング     脇合わせ      フィニッシャ仕上げ

型入れ サージング    衿付け、袖付け     ニットプレス仕上げ

裁断 芯接着    ウェストバンド付け    立体プレス仕上げ

仕分け 地縫いと表縫い     尻合わせ――など

各種パーツ縫製   (リンキングまたはミシン)

 

カットソーの工場では、リンキング仕立てとミシン仕立ての2種がある。これらの縫製工程を次に示す。

1)リンキング仕立ての縫製工程 (配布プリント参照)

2)ミシン仕立ての縫製工程 (配布プリント参照)

3)ニット縫製技術

 アパレルメーカーは消費者の多様な欲求に応え、新しい感覚で、他社と差別化する商品を次々と市場に提供し続ける宿命を背負っている。ニット商品の内容もその意味では時間の経過から見れば、大きく変化して来ているといえよう。一層多様化する素材使いもその一つであり、また本来カジュアルであったセーターがドレッシーな服感覚を積極的に取り入れた商品(洋品から洋服への変化)が増えてきているのもその現れであろう。今では既に一般的と言える肩パット入りや芯地入り、裏地付きの横編セーターなどは、かつてのニット衣料では考えにくいものであった。あるいはニットと布帛、ニットと皮革、人工皮革、毛皮などの複合素材使いも同様で.年々に新しい商品が登場して後を絶たない。そのようなアパレルのいわゆる感性商品志向はその他にも様々な幅広い表現をニットに取り入れる上で、ミシンの縫製技術向上の重要性は高まっている。リンキングは編地の継目が目立たず、嵩ばらず、着用によるゴロツキ感が無いなどの長所があり、昔からニットの縫製には欠かせないものであったが、高級品、高品質の縫製以外は次第にミシソ使用に変わって来ている。ニットメーカーがリンキングからミシンへ移行せざるを得ない人きな背景として、熟練も必要だが、視カの良さと根気のある若い人材を確保することがますます困難になってきたことがある。一方、前述の如くミシンがリンキングより遥かに生産性が高い上に、ハイテク化によって使い方が簡便になったことも挙げられよう。

(4)縫製準備工程

1)延反:生地を延反台の上に平らに伸ばして広げ、重ねる作業をいい、延反機を使用する。延反法には折り返し延反、表向き一方向延反、表向き両方向延反、中表合わせ延反などがある。 

 2)型入れ:延反された生地の上にパターンを配置する作業であり、生地幅内に収め、要尺の節約を図る。

 3)裁断:生地を型入れされたパターン通りに切り取る作業である。

 4)仕分け:裁断されたパーツ生地をバラバラにならないようにまとめて区分けする作業である。その上、色違いやパーツ違いを防ぐため、裁断パーツの上から一連の番号ラベルを貼るようにしている。

            (5)パーツ縫製工程

1)サージング:裁断縁のほつれ止めのためのかがり縫い作業である。 

 2)芯接着:接着芯地を接着する作業である。

 3)各種パーツ縫製:衣服を構成する各パーツを作るための縫製作業である。

 4)中間仕上げ作業:パーツ縫製工程の縫い目割り、縫い代倒し、クセ取りなどの作業である。    

(6)組立縫製工程

各部組立縫製:衿付け、袖付け、ウェストバンド付け、尻合わせなどのパーツを組立てる作業である。

        (7)最終仕上げ工程

仕上げ作業:衣服の部位別に身頃・背脇仕上げ用、肩・袖・アームホール仕上げ作業、ラペル仕上げ 作業などの他、多工程仕上げ作業がある。

 

8回  アパレル品質管理

アパレル品質管理はどんな学問かという質問に対して、「買い手の要求にあった品質の品物またはサービスを経済的に作り出すための手段の体系」といっており、近代的品質管理は、統計的な手段を採用しているので、特に統計的品質管理(statistical quality ccntrol略してSQC)ということがある、と記している。生産とは買い手にとって適種、適質、適量、適期、適価となるように行われることが本来であり、理想である。生産は利益のためになれぱよい、というのでなく、買い手の要求にあった生産によって利益が得られるという考え方である。利益のためのブロダクト・アウトの生産から、買い手の要求にあうことを目指すマーケット・インの生産へ変わっている。そして「顧客の満足を得るために、組織内のいろいろなグループが払う努カを、一本にまとめた総合的な組織」としてTQC(total quality control)が出現した。これを練り上げて、日本式TQCが生み出された。日本的なTQCの6項目の特徴をあげると、次のようになる。

@全社的品質管理活動となっているA全階層各分野に対する品質管理教育、訓練が行われているBQCサークル活動が行われているC社内外からQC診断が行われているD統計的方法が活用されているE全国的に品質管理の推進活動が行われている。

(1)アパレル品質管理のポイント

品質管理(QC)の基礎

21世紀を間近にして、アパレル業界も縫製業界も厳しい局面を克服する覚悟が要請されている。このような時にこそ、局面打開は物作りの場において、単なる経験のみに依存するとか、勘に頼るというのでなく、事実に基づき、現実のデータを基準として、合理的に、計数的に問題に対処して行くことが必要とされる。良いものは高くなるという物作りのトリベー的常識に対して、日本の工業製品は、自動車、電化製品、電子機器、カメラ、時計…等々にみられるように、良いものを安く作ることを現実に行って、世界中から注目されるに至ったのである。ではその常識を打破る物作りの秘密は何か。良いものを安く作れる工業的物作りの秘密の一つの種明しが品質管理である。この品質管理(Quality Controlのことで、略してQCという)は1924年、アメりカのシューハートによって始められたのであるが、今やわが国のお家芸ともいうべき決め技ともなっている。ここでは縫製の物作りの場として、工程における品質管理について.わが国での工業的物作りの成功の範例を移転し、厳しい局面打開への一助となることを期して、説明を進めたい。

品質管理とは、製品の品質を維持し、この向上を期するために用いられる経営管理の手法であり.これは企業の合理化、科学化の方向にそって進展してきたものである.その目的は.もっと低いコストで望まし

い品質を望ましい数量生産し、一定条件の下では、もっとも良い品質を得るということである。

1) QC7つ道具の使い方

品質管理の最初の段階は、統計学的品質管理(Statistical Quality Control、略してSQCという)であり、数学や統計学を用いて品質管理が進められ、品質の数値管理や抜き取り検査の理論などに威力を発揮した。そしてSQCを身近に活用するために、QC7つ道具が使われている。QC7つ道具とは、配布プリント参照してください。

@バレート図

A層別

B特性要因図

Cヒストグラム

Dグラフ・管理図

E散布図

Fチェックシート

―である。これらの手法は@BCなどは難しいものではないので、特に勉強しなくても直ぐに使うことができるものである。

2)QCサークル活動

縫製工場のQCサークルの結成は、工場経営者の品質経営の決意による方針の下に工場全員で行われる。縫製工場でのQCサークルの各グループは職場単位でなされ、リーダーは班長がなって改善の促進を図るようにするのが進めやすい。もともと、その作業について一番詳しいのはその作業を担当している作業者なので、自分の作業について、よりよく、より安く、より早く、より楽に縫製できるように工夫考案をしてもらい、それを改善提案してもらうわけである。しかし職場が改善に対して熱心でないと、作業者による工夫、考案も出なくなってしまう。現場の傾向はとかく保守的となり勝ちで現状を変えようとすると、抵抗が起こり勝ちである。この抵抗によって、改善が足踏みする結果ともなる。QCサークルの進め方として、

@工場経営者がQCサークル活動を行うことを決定する

A工場全員でQCサーグルの勉強をする

B職場単位で班長を核としたグループを結成する

Cその職場の品質、納期の目標を決める

 目標は始めは悪さを少なくするところからスタートするのがよいと思う。品質の目標では不良率の低減、納期の目標では納期遅れの減少というように決めるわけである。

D目標を妨げる悪さを取り除くテーマをサークル毎に決める。テーマは始めは大きいテーマや難しいテーマでなく、取り上げて効果がすぐ出るような簡単な小さいテーマから入る方がペターである。

EQCサークル全員でこのテーマに取り組むテーマをサークルでみんなで取り組み、解決して自信をつけながら、活動して行く。

F自信がついたら、次第に大きなテーマを取り上げる

の順序が上げられる。

3)「良安早楽」の実現

よりよく、より安く、より早く、より楽に縫製する目標を「良安早楽」の言葉で表し、これはムダのない生産の上に成立する。「良」は品質が良いことをいい、Quality(品質)の”Q”で表し、「安」はコストの安いことで、Cost(コスト)の”C”で表し、「早」は納期が早いということで、Delivery(配達)の”D”で表している。「楽」は容易ということで、Easeの”E”で表せる。生産はQ、C、D、Eを実現することが目標であるといえる。

@良:Q>>品質は工程で作り込む

不良品が生じると、これは検査をしっかりやって、売り場に出す前に取り除かなければならない。品質保証の点でも検査は重要であるが、検査は不良品を除去するものであっても、不良品を発生させないようにするものではない。生産において重要なのは、不良品を作らないことである。それは工程の一人一人の作業者が正しい作業をして、不良品を流さないようにすることである。これを品質管理では「品質は工程で作り込む」という。品質管理というと、良い品質に高めるように考えられるが、その前に不良品を出さない生産にするという行動が大切である。まずは「良い品質をつくる」より「悪い品質を作らない」を実現するのである。不良品、すなわち悪い品質を出さなくなってからはじめて、品質向上、すなわちより良い品質に取り組むことができるのである。悪い品質がでないように、計画し、作業標準を整え、作業者を訓練して、生産に入っても、不良が生じてしまう。このような場合、不良の原因を追求し解析して捕らえ、その原因を取り除いて解決を図るのが品質管理である。単に経験やカンで判断して、応急処置して済ませるやり方は取らない。品質管理以前には現場は経験とカンにより判断するのが当たり前であった。これでは、不良の真の原因を取り除けないので、不良は再発する。これを検査で不合格品として取り除くのでは、生産に不良は付き物ということになる。いつまでたっても、不良はなくならない。悪い品質となる原因を科学的に検討して、道理や理屈に合うように分析を行い、原因を捕らえて、その原因が起きないように生産条件を整えるのである。理に合うようにするので、合理的に生産することになり、経験やカンにより仕事をするのではない。不良が起きたら、科学的に原因を追究するということは、不良発生で時を置かず、直ちに現場で現品で原因追究することである。これを不良原因を現行犯で捕らえるという。原因を捕らえる方法は品質管理で7つ道具として示されているのを使うのである。生産における悪い品質の原因を取り除いてゆくことで、安定して不良品を生産しないようになる。品質向上はこのような安定生産が実現した上で挑戦することになるのである。考え方としては、まず「悪い品質を作らない」であり、その上で「より良い品質を作る」に進むことである。

A安:C>>コストは不良品を出さない、作りすぎのムダをやめ、売り切ることで実現する

製品を安く生産するのは、工場内のムダをなくすことで可能である。そのムダの内、不良品ができることによるムダが製品を安く上げることを大きく妨げる。だから品質管理によって不良品の発生を押さえれば、コストは下げられる。縫製の場合は、同じ人数で単位時間により多く生産できれば、作業能率が上がり、コストダウンとなる。不良がなければ、良品の数が増えるので、コストが下がる。これは良品を安く生産できる根拠である。コストは量産により下がるという考えがある。しかし、現実の縫製で考えなければならないのは、縫製品の作り過ぎによる売れ残りの損である。縫製品は量産によりコストが下がったが、需要量を上回る製品の作り過ぎは毎年膨大な売れ残りを生じている。これは特売やバーゲンによって値引き販売されて処分されるが、それでも売れ残り、最後には廃棄や焼却処分されている。せっかく真剣に縫製しても値引きや廃棄では経営にとって大変な損であり、生産にとって大変なムダである。生産はオーダーメードやイージーオーダーメードのように実需分だけを作って売り切るようにすることが、生産の課題である。損のない、ムダのない生産により、値段も安くでき、利益も確保できる。そしてもう一つの製品の安全性や工場作業の安全も矛盾なく実現できることになる。

B早:D>>工程を短く、停滞をなす

  製品の納期は早く、生産期間の短縮は売り切りのためにも実現されなくてはならない。縫製では難素材や多品種少量生産のために流れが円滑に行えない悩みがある。このため、まず納期遅れをなくすことから始めるのである。流れでは不良品を作らないと同時に納期遅れのないように縫製する。良品を納期厳守で生産するのである。納期遅れのないように工程管理されるようになれば、納期を早くし、生産期間短縮に挑戦することになる。これはQR(クィックレスポンス)への挑戦でもある。縫製工程内の余分なプロセス、なくてもいい仕事、外せる工程、いらない動作、遺物となっている手間かけ、気休め的手順などを見直して、取り除くことであり、縫製作業のリエンジニアリングである。生産準備が不十分で欠品を生じ、縫製現場で手待ちとなり、作業者が遊んでしまったとか、逆に欠品を恐れて工程内に仕掛かりを多く抱える流し方として生産期間を長くしていたりとか、アイロン作業をむやみに増やして手数と工程を増大させたりとか、生産工程を見直すことが必要である。納期が早くなり、生産期間が短縮することは、生産のムダが省かれることを意味する。生産の仕事には、「働き」と「動き」があり、「働き」はお客様がお金を払ってくれる仕事をいい、「動き」はお客様がお金を払ってくれない仕事だという。「働き」は加工の仕事で、加工をしないと、製品が出来上がらない。加工によって製品となり、お客に販売されるという意味である。生産工程は運搬、加工、検査、停滞で構成されるから、加工以外の運搬や検査、停滞は生産に必要でもそれらによって製品はできないので、お客様がお金を払ってくれないことになる。従って、これらは「動き」として区別し、生産でこれらを少なくするようにすることが、効率を高め、納期を早め、生産期間を短縮する。縫製工場では、「働き」は裁断で布を切ること、接着で芯を貼ること、縫製でミシンをかけ、アイロン・プレスをかけることである。「動き」は仕掛品を運んだり、検査したり、仕掛かりを保管したりすることである。ミシンを止めて全員で打ち合わせしたり、在庫数を調べたりすることは、必要であっても「働き」ではない。このことから付加価値(工場の生産の価値で、当期の出荷額からその期の材料費などの外部購入価値を差し引いた額)は「働き」により生み出され、一方「動き」により工場経費がふくらむ。工場経費が少なく、付加価値が多くなる縫製が目指されるのである。

C楽:E>>ムリな動作やムダな作業をしない

 生産の作業が楽になるようにすることは、良品の安定生産の観点からも大切である。作業がムリな動作であれば、過労となったり、体を痛める。労働災害の発生も起こる。裁断で手を切ったり、ミシン針で手を刺したり、プレスに指を挟んだり、長い髪の毛がミシンのベルトに絡まったり、上げればきりがない。90年程前、仕上げ作業中に大火傷したドン・ホフマンが手が使えなくなったので、プレス期を発明したのは有名な話である。このような災害を防ぐのにも、ムリな作業をなくし、安全な作業とし、楽な作業とするように作業環境を改善する。ムリな動作やムダな動作をしないように、次に示す動作経済の原則に従うべきである。

動作経済の原則(アメリカの動作研究の祖ギルブレスが示した)

(1)ムダな動作を省く

@動作の数を少なくする

   A2つ以上の動作を一つにまとめる

   B動作の手順を入れ替えて余分な動作を省く

   C両手あるいは足を同時に使う

   D両腕を反対に同時に動かす

   Eためらいや手待ちによる遅れを分析してその原因を調べて取り除く

   F仕事に対する準備を十分にする

   G適当な用具、材料を使用して動作の数を少なくする

   H仕事と技量が釣り合っているか調べて、その改善をする

 (2)最短距離の動作にする

@動作の距離や経路は最短にする

(3)もっとも円滑な動作にする

@動作の方向を円滑にする

   A動作の方向と作業の進行方向とを円滑にする

(4)もっとも疲れの少ない動作にする

@動作の速さを程度にする

   A動作を習慣付けてよいペースにする

  B動作は正しい作業面でする

  Cムリのない疲れの少ない動作とする

  D目をできるだけ動かさない

  E視力に害のある光を避ける

  F重力を利用する

  G不自然な姿勢は避ける

  H体の重心を上下に移動するような動作を避ける

  I激しい作業には作業者を交代させる

  

動作の改善とともに、作業条件・環境を快適に働けるように進めることが望ましい。よい人に働いてもらえる条件でもある。作業環境改善は建物や工場が対象と考えられ勝ちであるが、「快適に働ける条件・環境」を作ることが大切なのである。快適な建物の外観や見晴らしのよい窓といったハードの快適よりも、人が快適に働けるようにした職場環境だといえば分かり易いだろう。

(2)生地特性とQCDE

1)生地特性と可縫性

生地特性は縫製における可縫性や仕立て映えに大きく影響する。縫製前に生地特性を把握しておく必要がある。特にサンプルメーキングで確かめることが大切である。生地の欠点は次のように示されている。

@布幅の不揃い…用尺ロスの原因となり、地直しなどで幅出しをすることがある。

A地の目の曲がり、ゆがみ…型くずれの原因となり、地直しで地の目を通す。

B熱と水分による収縮…寸法変化と型くずれの原因となり、収縮率を測って、パターンに収縮代を見込む。

C染色不良…用尺ロス、商品デザイン不良の原因となり、検反で選別する。

D耳の変形…つれ、たるみ、まくれを生じ、延反やマーキングを難しくする原因で、耳の切断などの処置をする。

E布のキズや汚れ…製布の上で完全に除去できないので、検反により選別する必要がある。

2)生地特性と仕立て映え

仕立て映えに影響する生地特性は、重量、厚さ、弾性、伸長、収縮、可塑性、せん断変形などの生地特性で、KES−Fシステムは生地の力学的特性を測定するシステムである。紳士服地などでの仕立て映えは、生地の力学的性質(引張り、曲げ、せん断)と7つの力学特性値(生地のよこ糸方向低ひずみでの伸び易さ、曲げ硬さ、せん断剛さ、曲げ変形弾性エネルギー、せん断変形弾性エネルギー、生地の曲げ剛さによるドレープ抵抗、せん断剛さによるドレープ抵抗)をKESにより測定して予測するようにしている。

3)生地特性と風合い

 紳士服地では、重量、厚さ、伸長特性、圧縮特性、せん断特性、曲げ特性、表面特性を計測して、風合いの差をとらえる。これまで官能値として数値化できなかった紳士服地の風合い計測化が実現した。

4)生地特性がQに及ぼす影響は、縫製品質、仕立て映え、風合いなどの項目である。

5)生地特性がCに及ぼす影響は、用尺や可縫性を介して材料や労務の費目である。

6)生地特性がDに及ぼす影響は、生地の安定化処理や可縫性問題により長くなる生産 期間である。

7)生地特性がEに及ぼす影響は、可縫性による縫製難易度である。

            (3)機械設備とQCDE

機械設備が及ぼすQCDEへの影響は次の通りである。

1)機械設備がQに及ぼす影響は、生地特性測定を可能とし、品質安定化する。

2)機械設備がCに及ぼす影響は、生産性向上により原価低減となる。

3)機械設備がDに及ぼす影響は、CAD/CAMや縫製自動化で生産期間短縮する。

4)機械設備がEに及ぼす影響は、機械設備により作業を楽にする。

            (4)縫製法とQCDE

縫製法が及ぼすQCDEへの影響は次の通りである。

1)縫製法がQに及ぼす影響は、新しい材料、縫製法の採用で、顧客満足を高める。

2)縫製法がCに及ぼす影響は、作業改善、工程短縮、作業容易化によるコスト低減。

3)縫製法がDに及ぼす影響は、工程短縮、仕掛品削減により生産期間短縮となる。

4)縫製法がEに及ぼす影響は、肉体労働の機械化、自動化により作業容易化となる。

 

9回  アパレル生産における人財

現在、わが国のサラリーマンが在職しながら転職を考えている人は、237万人いるという。企業は人なりというが、厳しい経営環境の中で、リストラの現実を身近に見たりしているので、転職願望となると見られる。企業内では、人は業務を埋めるための人材となるが、企業にとってなくてはならない人は人財である。その企業を危機や破滅に追い込むような人は人材ならぬ人災である。政財官界や企業に人災が報道されたが、アパレル業界でも十分に注意しなければならない。ここでは、アパレル業界の人財について取り上げよう。

(1)パリ ウォルト、ポアレ、シャネル、ヴィオネ

1)シャルル・ウォルト(Charles F. Worth、1825−1895)は1845年、20歳の若さでロンドンよりパリに移り、高級織物商ガジュランGagejinに勤めて腕を磨き、やがて新設されたアトリエの責任者となり、1858年ウォルト独立。高級注文衣装店を開店し、注文を取りに行くのでなく、客が店に来るようにし、デザインを提案し、モデルに着せて見せ、さらに店を貴婦人達のサロン化した。これらは貴婦人達に気に入られ、パリのファッション界に君臨するようになる。最盛期には従業員1、000人以上。以後50年間、ウォルトの優位は揺るがなかった。

1868年フランス・クチュール組合(一般にはサンディカと呼ばれる)が設立された。

1890年代にはサンディカ加盟250店、オートクチュールを名乗る店は2、000近くに達した。

スティリストによるスタイル画の始まり=1870年開店のジャック・ドゥーセはウォルトと並び称されるようになったが、始めて画家を招いでスタイル画を描かせた。スティリストは現在のデザイナーのこと。

 (3)ポール・ポアレ、ガブリエル・シャネル、マドレーヌ・ヴィオネのモード革命

2)ポアレ:ポール・ポアレ(PAUL Poiret、1875−1944)は1903年に独立。彼は18歳で洋傘商の見習いとなり、傘のセールスの合間に婦人服のデザインに興味を持ち、スタイル画を描いてはオートクチュールの店に持ち込んで、気に入ったものを買って貰ったりしていた。1896年ジャック・ドゥーセがボワレの才能に興味を示し、彼を協力者として自分の店に招いだ。その後、ウォルトの店(二人の息子の代)に移り、斬新なアイデアの作品を発表して、世間の注目を集めた。1908年に店をフォーブル・サントノレ通りに移転した。その頃まで、パリのファッションの中心はオペラ座界隈にあったが、ボワレの移転から次第にフォーブル・サントノレ通りへと移っていくようになった。1910年にはファッションの王座はボワレへと完全に移っていた。ボワレの成功は服装についての新しいアイデアとデザインであった。1906年頃からコルセットの追放を唱え、服装のシンプル化を進めたことである。服装の「革命」であり、「解放」であった。ボワレは1930年に著した自伝「時代を着て」En habillant L'epoque において、「革命は、自由の名において行われるのが常である。 … 私もやはり自由の名においてコルセットを追放し、バストを解放した。… かって、『歩きにくい』とか『車に乗れない』と泣き言を言っていた婦人たちは、みんな私のアイデアに賛成してくれた … 」

  1911年、サンディカの再編成に重要な役割を果たした。それまでの会員の中には、オートクチュールを名乗りながら、コレクションも発表せず、客の注文に応じて、有力クチュリエの発表した作品のコピーを仕立てるだけの、いわば「町の洋裁店」も多かった。そんな事情がサンディカの権威を失墜させ、オートクチュールのイメージを傷つけかねなかったからである。

サンディカ会員の条件として、

@作品は店の中で創作し、仕立てたものに限る

A決められた時期に決められた点数を発表する

B発表や発売の時期などサンディカの申し合わせに従う。

これは今日まで維持され、サンディカの権威とイメージの保持に役立っている。

1913年、アメリカに市場開拓。その頃には、通信技術や情報手段の発達によって、パリ・ファッションが世界各国に素早く伝達されるようになっていた。パリ・ファッションのイメージが国際的に高まった。ボワレは自分の作品がコピーされるのを極端に嫌った。1914年、第1次世界大戦が始まり、オートクチュールが低調になると、ボワレは軍服のデザインに手を染め、軍隊の正式のデザイナーになった。1920年、大戦が終わって、コレクションが一斉に再開され、2年後にはボワレは完全な敗北を喫し、シャネルにファッションの王座を奪われてしまった。1926年には破産状態となり、1944年に世間から忘れられたまま、彼の生まれたパリの下町の知人宅でひっそりと世を去った。

3)シャネル:ガブリエル・ココ・シャネル  Gabrielle Cocco Chanel 1883.8.19−1971.1.10

●ココの生い立ち

 ポール・ポワレのあとを受けてパリ・ファッション界の王座に即いたのは、女性のココ・シャネル Cocco Chanel であった。彼女の全盛期は、第一次大戦後の1920年ごろから、第2次大戦の始まった1939年までおよそ20年間もつづき、さらに14年の空白期をはさんで、彼女がカムバックした1953年以降にも引き継がれ、通算すれば30年以上にもおよんだ。ココは、本名をガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel といい、”ココ”というのは愛称で、1883年ロワール河岸の古い町ソーミュールに生まれた。彼女の生家は、祖父以来の織物商人であった(彼女の生い立ちについては諸説があるものの、ピエール・ギヤラントの著『シヤネルの時代』 Pierre Galante, Les Annees Chanel,1972 がもっとも信頼できると思われるので、以下同書によった)。ココは、12歳からの8年間を中部フランスのムーランにある女学校の寄宿舎で過ごしたのち、1903年、20歳でパリに出た。やがて彼女は、同郷の織物業者の息子エティエンヌ・バルサンの支援を受けて、帽子のデザインを始め、上流社会の婦人たちの間で評判になる。もっとも、彼女がパリのマルシェルブ街に開いた店は赤宇つづきで、バルサンに穴を埋めてもらう状態がつづいた。1905年頃から、ココは顧客の依頼を受けて、徐々にドレスのデザインにも手を染める。彼女は、それ以前からクチュリエの仕事に興味をもち、有名なクチュリエの店をたずねては、その仕事ぶりを見学していたといわれる。やがてココは、自分でクチュールの店をもちたいと望むようになり、バルサンに出資を頼んだ。しかしバルサンがこれに応じなかったため、共通の友人(恋人?)でもあったイギリス人のボイ・キャペルに援助を頼んだ。キャペルはココの望みを容れて、1910年に小さな店を買う。場所はフォ−ブール・サントノレ通りにほど近いカンポン通りの21番地だった。それ以来、「シャネル」の店はずっとこの通りから動いていない。ココは、この店でまず帽子のデザインを始め、そのかたわら、当時の有カクチュリエールのひとりシャルロット・エナール Charlotte Enard の店で見習いとして経験を積んだ。1912年になると、店の経営に本腰を入れ、帽子のほかにニット製品などを扱うようになった。同じ年彼女は、英仏海峡沿いの避暑地ドーピルにも、同じような店を開く。しかし事業の規模はまだ小さく、二つの店を合わせても、従業員は数十人を数える程度だった。その頃からココは、それまで男物にしか使われなかったジャージーで婦人服をつくるようになり、やがて、製造業者の依頼を受けて、それをデザインするようにもなった。これは、当時オートクチュールの世界で〃タブー〃視されていた工業製品のデザインに、彼女が手を染めたことをも意味する。ココはその間にも、しばしば顧客の依頼で本式のドレスをデザインしていた。しかし、オートクチュールを名乗るのに必要なコレクションはまだ発表しておらず、したがって新聞や雑誌でその作品が紹介されることもなかった。1914年7月、第1次大戦が始まり、その年の9月にはドイッ軍がパリに近づく。ココは、戦乱を避けてドービルに住み、必要に応じてパリに出かけるようになった。1915年になって、ココはようやくオートクチュールの世界に打って出た。彼女のコレクションは、当時まだ名声を保っていたポワレのデザインとはまったく違った、きわめてシンプルで、新鮮なものだった。戦時下のため、人ぴとのコレクションに対する関心はそれほど盛り上がらなかったが、ココはこれで正式にオートクチュールの新進クチュリエールとして認められるようになった。この頃彼女は、店を同じカンボン通りの31番地に移して拡張し、従業員も100人以上にふやした。同じ1915年、ココはスペインとの国境に近いビアリッツにも店を開いた。この店は、当時戦争と無縁で、まだ華やかな貴族社会の残っていたスペインの顧客層を開拓しようとねらったものだった。このように、第1次大戦前から大戦中にかけてのココ・シャネルは、クチュリエールとしての地歩を徐々に固めながら、より大きな成功への準備を進めていたのである。

●ファツションの王座に

1919年、第1次大戦が終わってまもなく、ココの後援者であり、愛人でもあったボイ・キャペルが自動車事放で死んだ。ココは、その悲しみを仕事にぶつけて、新しいコレクションの製作に没頭した。そのころ、ボール・ポワレをはじめとする戦前からの有名クチュリエたち、そして新進のジャンヌ・ランバン、マドレーヌ・ヴィオネ、ジャン・パトウ、ルシアン・ルロンなども、それぞれ戦後はじめてのコレクションを準備していた。1920年から21年にかけての、ココと先輩クチュリエたちの競争は激烈をきわめた。しかし、2年の争いののち、結局はココが完全な勝利を収め、ポール・ポワレの手からファッションの王座を奪い取った。ポワレの発表する奇抜なデザインは、初めのうちこそ話題になったが、流行にはなんらの影響も与えず、人びとは彼の名前を次第に忘れていった。ココの成功は、彼女の意図した「婦人服の革命」が世間から歓迎されたことによってもたらされたと考えられる。ココのねちいは、ボワレの手がけた「コルセットの追放」をさらに進めて、中世以来の婦人服の伝統であった「重い、窮屈な」衣服をすべて追放し、「自然で含理的な」衣服をつくり出すことにあった。と同時に、従来パーティーや劇場など限られた場所に閉じ込められていたファッションを、「町の通りに解放する」ことをもねらっていた。「町に降りないようなモードは、本当のモードではない」というのが、ココの信念だった。確かに、ココのデザインは、それまでのものに比べれば、一般にきわめてシンプルであり、自然で気軽なスタイルだった。ポワレはこれを「窮乏主義」と批判したが、世の婦人たちはシンプルな服装で町を歩き、バスやメトロに乗るほうを選んだ。こうした婦人服の革命は、ボワレが手をつけた「女性の解放」をさらに進めるものでもあった。というのは、その頃まで、重く窮屈な衣裳のために、ともすれば家の中に閉じこもりがちであった上流婦人たちが、シャネルのスタイルの流行によって、ようやく気軽に町へ出かけるようになったからだ。ココの成功をもたらした今ひとつの秘密は、彼女が自分の作品を世間に解放し、自由にコピーさせたことにあったと思われる。それまでのクチュリエたちは、ポワレがそうであったように、自分の作品が他人にコピーされるのを嫌い、顧客にドレスを貸すことさえ禁じていた。ところがココは、「他人がコピーをつくってくれるのは、シャネルの宣伝にもなるので、結構なことです」(P・ギャラント、前掲書、150頁)といって、むしろ町の洋裁店や地方のクチュリエが自分のデザインをまねるのを歓迎した。つまり彼女は、自分のデザインしたドレスを顧客に売ることだけでなく、自分のアイデアが世の中に普及し、かつシャネルの名声が高まることをも重視したのだ。

1921年以降、パリ・ファッション界でのココの地位は、もはや絶対的なものになった。パリのブルジョワジーはもとより、ヨーロッパ諸国の工侯、貴族、その他上流社会の婦人たちは、もはやポワレには見向きもせず、シャネルの店に通った。そのころロシア革命でパリに亡命したロシアの王家や貴族たちも、ほとんどがココの顧客になった。1924年になると、ココはイギリスの顧客の便宜をはかり、また、そこに新しい顧客を開拓するため、ロンドンに店を開いた。イギリス王家のなかにも、ココの顧客が何人かできた。英国王のいとこに

あたるウェストミンスター公とココのロマンスが社交界の話題になったのも、この頃である。その後も彼女の仕事は順調で、事業は拡大の一途をたどった。1930年頃には、ココ・シャネルのもとで働く従業員が実に2000人以上にも達していたといわれる。

●才女のひととなり

第1次大戦後のフランスは、「レ・ザンネー・フォール(狂気の時代)」と呼ばれ、大恐慌、人民戦線内閣の成立、ファシズムの台頭などといった政治的、経済的な動揺のなかで、ぷたたび文化、芸術が豊かな成果をあげた時代であった。文学者としてはアンドレ・ジード、ジャン・コクトー、プルースト、アラゴン、音楽家としてはラベル、ストラビンスキー、画家としてはピカソ、モジリアー二、ブラックダリなどが活躍した。哲学者のベルグソン、建築家のル・コルビュジェ、映画監督のルネ・クレールやデュビビエなどが活躍したのもこの頃である。ココは、早くからこれらの芸術家、文化人の多くと親交を結んでいた。というのは、ココの古くからの顧客であり、親しい友人でもあったミジア・エドワールという女性が、多くの若い芸術家たちを支援しており、そんな関係でココを芸術家たちに引き合わせたからだ。ココは、これらの芸術家たちに「仲間」として接し、彼らのすぐれた才能、感覚から多くのものを学んだ。シャンゼリゼ劇場の公演にコクトーやピカソとともに参加して、衣裳を担当したこともある。ココが富裕になってからは、「仲間」としてだけでなく、後援者としての役割をも果たすようになった。もっとも、ココはそれほど気前の良い性格ではなく、若い芸術家たちからの借金の申し入れを断わることも多かったといわれるが……。他方、ココは自分の仕事に関係のある実業家たちとも親しく付き合い、彼らとのコネを仕事のうえで最大限に利用した。とくに親しかったのは、有名なデパート「ギャルリー・ラファイエット」の持主バーデルであった。ココはクチュリエールとしての活動に必要な材料の多くを、バーデルのデパ‐トから好条件で供給されていたという。経営者としてのココは、当時の従業員たちにいわせれば、「ケチで、エゴで、尊大」だった。ココの店の仕事場は、いつも狭く、みすぼらしいままで、そこに多勢の裁断師、お針子、ファッション・モデルを押し込み、安い給料でこき使っていた。仕事中に使用人をどなりつけることも多かった。ココのやり方に不満をもって、店をやめる使用人も少なくなかった。しかしながら、彼女に従業員への思いやりがなかったかといえば、決してそうとばかりはいえない。その証拠に、彼女の死後、その遺産で設立された「コガ財団」は、彼女の遺言によって、従業員への「年金」の支出を重要な任務としている。従業員に対するココのきびしい姿勢は、彼女の仕事に対するきびしさからきていたものであろう。事実ココは、従業員に対してだけではなく、自分の仕事に対してもきわめてきぴしい態度をとり、とくに仕事の質を高めることに全力を注いだ。ココが生涯を独身で通したのも、おそらくは仕事に対する愛着、熱情におもな理由があったと思われる。後年、彼女は結婚しないわけを問われて、こう答えている。「私には仕事があったからです。私はこれまで二人の男性を愛しましたが、彼らはなぜお金に困らない女が働きたがるのかを理解してくれませんでした。私は、どんなことがあっても私の店をあきらめはしなかったでしょう。それは、私がゼロからつくった子供でもあるからです」(P・ギャラント、前掲書、一六三頁)。

ともかく、ココ・シャネルという女性が、クチュリエールとしての才能と事業家としての才覚に恵まれていたこと、多くの男たちを引きつける魅力を備えていたこと、そして結婚をあきらめるほど仕事に愛着をもっていたこと、などは確かであろう。

●ココのライパルたち

 ココがファッション界の王座に君臨していた1920年代から30年代にかけては、多くの有能なクチュリエおよびクチュリエールたちが輩出し、活躍した。彼らは結局ココを追い抜くまでには至らなかったが、ココを中心とするオートクチュールの隆盛には、それぞれ重要な役割を演じた。そうしたクチュリエのうち、ココからみて「先輩」にあたるのはジヤンヌ・ランバン Jeanne Lanvin であった。彼女は、1867年生まれ、つまりココより16も年上で、自分の娘にデザインした服が好評だったことからクチュリエールの道をめざし、1890年フォーブール・サントノレ通りに店を開いた。彼女の名声は、ココが台頭してからも根強くつづき、のちに香水事業への進出でも、ココのライバルになった。ココとほぼ同じ頃台頭してきたクチュリエとしては、ジャン・パトウ、エドワール・モリヌー、ルシアン・レロン、ジャック・エイムなどがあげられる。このうちジャン・パトウ Jean Patou は、第1次大戦に従軍したのち、戦後の1919年に店を開いた。「へラクレス(ギリシャ神話の英雄)」とあだ名されるほどの美男で、上流社会の婦人たちから人気を集め、とくに1920年代の後半から30年ごろにかけては、ココの最強のライバルとして活躍した。パトゥがアメリカから初めてファッション・モデルを招き、そのモデルをココがスカウトして、激しい争いが起こったこともある。彼はまた、事業家としてのアイデアと実行力を備え、オートクチュールのクチュリエとして初めて高級既製服を実験的につくったり、シャネルにやや遅れて香水を手がけたり、さらには織布、染色、ししゅうなどの事業を自分で手がけたりした。アメリカ人のモデルを使ってアメリカ向けのデザインをつくったのも彼のアイデアであり、アメリカ市場の開拓では他のクチュリエに先んじていた。結局、パトゥはシャネルの王座を打破ることができず、晩年は人気も哀えて、1936年に世を去った。しかし彼の店は、弟子が「二代目ジャン・パトゥ」を名乗って引き継ぎ、また初代パトゥの義弟レイモン・バルバが事業家としての手腕を発揮して、その後順調な発展をとげた。エドワール・モリヌー Edward Molyneuxxはといえば、イギリス生まれのアイルランド人で、初めロンドンで活躍したのち、1919年にパリで店を開いた。開店当時は、ココと並び称されていたが、しだいにココの評判に押され、顧客を奪われるようになった。もっとも、イギリスの王室や貴族の一部が一貫してモリヌーの店に通っていたため、彼の店はその後も長く続いた。ルシアン・ルロン Lucien Lelong は、ジャン・パトゥと同じく第1次大戦に従軍したのち、戦争が終わる以前の1917年に店を開いた。彼自身はクチュリエとして活動せず、有能なモデリストや職人を雇って腕をふるわせた。とくに、ディオール、バルマン、ジバンシィといった後世の有力なクチュリエがルロンの店で修業したことはよく知られている。ルロンはまた、1934年から、仮縫いの回数を減らして価格を下げたドレス「ローブ・エディシオン」を売出して好評をえた。この方式は、今日の「プレタポルテ(高級既製服)」を生み出すひとつの契機になったとも考えられている。もうひとりのジャック・エイム Jacques Heim は、家業の毛皮商の一部門として、1922年からクチュリエとしての活動を始めた。当時としては前衛的なデザインで注目されたが、第2次大戦後には「プレタポルテ」の推進者として重要な役割を果たすことになる。このほか、当時の新進クチュリエールとして、マギー・ルフ Maggy Rouff、ルイズ・ブーランジェ Louise Boulanger の二人の女性が活躍していた。また、ウォルト、パキャン、キャロといった古くからの店も、後継者の手で活動をつづけていた。続いて、1930年以降にココのライバルとして登場したクチュリエとしては、スキアパレッリ、二ナ・リッチ、ロベール・ピゲ、マダム・グレなどが有名である。「スキアップ」の愛称で知られるエルザ・スキアパレッリ Elsa Schiaparelli は、1890年生まれのイタリア女性で、18歳で結婚し、第1次大戦中はアメリカにいたが、戦後まもなく夫と別れてパリに落着き、クチュリエールとしての修業を始めた。1929年になると、バンドーム広場に自分の店をもち、シャネルの「優雅な」スタイルに対抗して、より俗っぼい、誇張されたスタイルを発表し、注目を集めた。人によっては、「アパッチの風俗を上流社会にもち込もうとしている」と悪口をいったが、人びとはやがてこのスタイルを「モダーン」とみるようになり、彼女の人気はしだいに高まった。1938年、つまり第2次大戦直前には、シャネルの旗色が悪くなり、多くの有力な顧客がシャネルを離れてスキアップに近づきはじめていた。もしその翌年に戦争が始まっていなければ、一、二年のうちにココ・シャネルの王座はくつがえされていたかもしれないといわれる。なお、その後のスキアップは、第2次大戦中アメリカで活躍し、戦後パリに帰ってふたたび店を開いたのち、1954年には店を閉めて引退した。ただし〈スキアパレッリ〉の名は、その後もあるイタリア人実業家の手で香水に利用され、1977年になってオートクチュールの世界にも再登場することとなる。ニナ・リッチ Nina Ricci は、スキアップと同じくイタリア人の女性で、お針子から身を起こし、1932年に店を開いた。彼女自身は1959年に引退したが、その店は今日なお活動をつづけている。ロベール・ピゲ Robert Piguet は、スイス人の男性で、初めポワレの店で働き、1933年に自分の店をもった。彼の特徴は、プロポーションに対する鋭い感覚にあり、彼の店でしばらく働いたクリスチャン・ディオールがその感覚を受け継いだといわれている。もうひとりのマダム・グレ Madame Gres は、1934年からクチュリエールとして活動し、エレガントなスタイルで名声をえた。彼女は、それから50年以上もオートクチュールのコレクションを発表しつづけていた。

4)ヴィオネ:次に、ココよりもやや先輩にあたるクチュリエールとして、マドレーヌ・ヴィオネ Madeleine Vionet も有名である。1876年生まれの彼女は、12歳でクチュールの世界に入り、キャロやドウーセの店で10年以上もモデリストを務めたのち、1912年に独立した。布地を斜めに裁断する「バイアス・カット」の発案者としても知られているが、そのすぐれた技術を武器に、新しい感覚をとり入れたスタイルを打出し、とくに1920年以降、長年にわたって名声を保った。

  (2)ゴージャスでデコラティブを追放(脱服飾)

 ここに述べたように、シルエットの改革者としてのポワレ、新しい技術の発明者としてのヴィオネ、そして新しい時代の女性の生き方を示したシャネル…20世紀初頭にこれらの人たちにより、現在の衣生活が切り開かれた。特にシャネルは服飾追放というモードの革命を成し遂げた。そのことについて触れると―、

シャネルがドレスを作り始めたのは、1914年からといわれ、その素材はジャージーで、それまでは下着の素材であったものをドレスに使い、それを着始めたのもシャネル自身であった。そして縫製は紳士服仕立てであった。当時の贅沢さとは、バロック・スタイルの装飾過剰のモードであり、コルセットや釣り鐘型スカートのドレスに見られる実生活に関係ないような虚飾のモードのことであった。シャネルはこれらのモードをすべて時代遅れの遺物としてしまった。シャネルはその才能を爆弾として、それ以前のファッションを大掃除した。そして「モードは芸術ではない。技術である」と語った。こうしてシャネルの作る服装の基本的な要素は「シンプルで着心地よく、ムダのないこと」となる。従って、釣り鐘型スカートや後ろに長く引きずるとレーンは、服装をいたずらに複雑にするだけだとして、シャネルの技術にあっては無意味なモノとなった。スカートの丈も、きちっり膝下の長さに詰められ、シャネルがいうシンプルさの見本となった。これは、「シャネル丈け」という呼称にまでなっている。窮屈なコルセットは取り外され、着心地のよい素材が男子用であろうが、下着用であろうが採用された。ムダを省く観点から、シンプルで実用的であることが強調される。つまり使う生地も飾りも少なければ少ない程、良く、より多くの美が表現されるという考え方となる。かくして、衣裳はウェディングドレスを除いてゴージャスでデコラティブが追放されたのである。その時期は第1次世界大戦後、ヨーロッパの王朝ファッションの中心ハプスブルグ家の終焉の時、今から75年前のことであった。

(3)アメリカ シンガー、パトリック、エジソン、テーラー、カローザス

1)シンガー:アイザック・メリット・シンガーといい、アメリカ・ニューョーク州ピッツタウンの出身。1850年の夏、シンガー39歳の時、当時のミシンに欠点があり、これを改良して世に出せば、必ず大きな市場を獲得できるということで、この未知のマシンの改良に全力を挙げて取組む決意をし、約2か月間、夜を日に継ぐ必死の努力を続け、遂に9月末製品が完成した。これが有名なシンガーミシン第一号機である。1851年より発売した。

2)パトリック:エベネッツア・パトリックといい、夫婦で研究して1963年、紙型の販売を始めた。

3)エジソン【Thomas Alva Edison】:トーマス・エジソンといい、アメリカの発明家・企業家。その発明及び改良は、電信機・電話機・蓄音器・白熱電灯・無線電信・映写機・電気鉄道などにわたり、電灯会社及び発電所の経営によって電気の普及に成功。アメリカ各地に発電・送電が行われるようになった。直流モーターの発明はミシンの電動化の道を開く。(1847− 1931)

実はその後、送電が交流で行われ、ミシンモーターは交流の誘導電動機(インダクションモーター:こうりゅう‐でんどうき【交流電動機】‥交流によって動力を発生する電動機。誘導電動機・同期電動機・整流子電動機などに分けられる)が使用されるようになったが、かってエジソンと一緒に研究していたテスラが、エジソンと意見が合わず、別個に交流を進めた開発の結果である。

4)テスラ【Nikola Tesla】アメリカの電気工学者。電力輸送・無線通信に貢献。交流発電機・テスラ変圧器の創案者(1857− 1943)。またテスラ【tesla】という単位の名(テスラに因む)でもある。磁束密度の単位。国際単位系の組立単位の一つで、固有の名称をもつ。一テスラは一ウェーバー毎平方メートルで、一万ガウスに等しい。記号T。

5)テーラー: アメリカのフレデリック・W・テーラー(F.W.Taylor 1856− 1915)のことで、彼がが提唱した工場の科学的管理法は、労働者の能率を増進させるため、一切の無駄を排除し、作業の法則・順序・性質を研究し、その管理を科学的に行う方法であり、縫製工場の管理にも威力を発揮した。

6)ギルブレス:アメリカのギルブレス(Flank B.Lilian Gilbreth, 1868−1924)は、どうさ‐けんきゅう【動作研究】(産業において、設備や作業動作の分析によって、作業が無駄なく能率よくできるようにする研究)を始めた。縫製工場の動作分析に威力を発揮している。「動作経済の原則」を打ち立てた。

7)カローザス:ウォーレス・ヒューム・カローザスといい、1896年アメリカ・アイオワ州に生まれた。

1928年デュポン社に入社、1935年ナイロンを発明、1937年自殺。1984年ナショナル・インベンターズ栄誉殿堂入り。

(3)ミラノ ベネトン、アルマーニ、グッチ

1)ベネトン:イタリアのベネトン社のルチァーノ・ベネトン社長は常に革新的であることが成功のカギであるといい、同社は毛糸を先に染めて編みが後という従来の工法をやめ、編みや縫製の完成したものを市場の動向に合わせて染めることで低価格を実現し、ニットの生産に革命を起こしたのである。

2)アルマーニ:ジョルジオ・アルマーニといい、1934年、イタリア北部のピアチェンツ生まれ。医大に入学したが、3年で中退。方向転換してミラノの大百貨店の紳士服部門のバイヤーとして入社。その後紳士服で定評のあるセルッティ社のデザイナーになった。197年独立士、ミラノにアルマーニ社を創立した。彼の得意なのは、アルマーニ・スーツと呼ばれるベーシックなスーツであり、婦人服にもこのスーツのエスプリが取り入れられている。

3)グッチ:フィレンツェのグッチ社は「伝統」と「革新」をモットーとしている。グッチ一族は経営から手を引いて、オーナーはアラブの投資会社となった。現在のデザイナーはアメリカ人のトム・フォードが担当している。

4)プラダ:ミラノのプラダ社は創始者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・ブラダがミラノ大学の政治学博士にまでなったが、70年代にデザインと経営を継承し、「伝統プラス革新」的発想で次々に製品を打ち出している。

5)ミラ・ショーン:高度なカッティングと縫製技術に支えられたシンプルで洗練されたクラシック・エレガンスを特徴とするイタリアファッションの名門で、ブームに左右されないファッションであり、マダム・ショーンは「ファッションとは現在に生きることへの追求であり、女性が楽しむ核心的行為だ」という。

(4)日本 森英恵、三宅一生、高田賢三、川久保玲、山本耀司

1)ファッション・デザイナー  森英恵      

 ファッション界から初めての文化勲章受章の内示を受けたのは、夫の賢さんが闘病中の1996年10月中旬。報告を聞いた賢さんは数日後、84歳で亡くなった。喜ぴと悲しみは同時にやってきた。「40年走り続けて、ファッションが日本社会でやっと一つの生活文化として認められたうれしさがあるけれど、飛ぴ上がるほどのエネルギーはない。人間ってうれしいことと悲しいことを分けて考えられない。複雑な喜ぴです」賢さんとは戦争中に知り合い、23歳で結婚。東京女子大出の専業主婦に飽き足らず、専門学校で裁縫を勉強し、東京・新宿に小さな店を出したのがデザイナーとしての第一歩だった。当時、賢さんはある企業の営業マン。会社を辞めて財務担当になったのが、二人三脚の人生の始まりだった。1965年、「日本製の服を通して、これまでの日本のイメージを変えたい」と二ューヨークで初の海外コレクションを行い、77年には東洋人として初めてパリのオートクチュール(高級注文服)組合に加盟するなど、積極的に海外に進出して行った。周囲の反対も多かった初尽くしの挑戦を、賢さんはいつも「やってみれば」と後押しし、ハナエ・モリ・グルーブ会長として経営面から支えた。一緒に〃日本〃を背負い、陰に日なたに応援してくれた夫を「戦友」と呼ぶ。パリ滞在中は、仕事の合間に買い物に行き、アパートで食事を作って二人で食卓を囲むのが楽しみだった。しかし夫の死後は、あまり料理をしなくなった。二か月余りが過ぎた今も、身の回りは夫の生前のままにしてある。「すべてがそのままになっていて、本人だけがいない。なんだか抜け殻みたいです。これからは一人のライフスタイルを作らないといけませんね」淡々と語りながらも、自分の中に押し込めてきた思いがほんの一瞬言葉を詰まらせた。車の両輪のように機能してきた服作りと家庭。「亭主がいなくなって自分の生活がなくなってしまった」つらさを忘れさせてくれるのは、やはり仕事しかない。夫の死後、すでに三回、パリやニューヨークに一人で出張した。1997年1月21日、パリで行われる97年春夏オートクチュールコレクションのため、今は追い込みの真っ最中で、今週、またパリに向かう。20年間続けてきたオートクチュールは、自分の美意識を自由に、しかも、ぜいたくに形にできる醍醐味があるという。また、世界に向かって”日本”を示す機会でもある。今回も、パリコレなどで最近よく登場する「オリエンタリズム(東洋趣味)」を、日本的な柄や、トレードマークであるチョウの模様などを通して、改めて服に昇華させたいと思っている。それだけに、パリと東京の両方のアトリエで、布に触れ、針を持っ時が、今でも一番楽しい。無心に服と向かい合える大切な時間でもある。しかし、その一方で、ミリ単位で美しさが変わる世界には、まるで試合に臨むスポーツ選手のようにエネルギーを使い、緊張もする。世界中から集まるジャーナリストや顧客の厳しい目に、毎回身が引き締まる。「人生の仕上げの時にきて、やらなければならないことがまだたくさんあるんてす。ファッションの文化性についていわせていただく機会を大切にし、自分のルーツを見せながらいい服を作っていく。そう思っているから生きていけるんです」。服の話になると、いつものデザイナーの顔に戻った。文・宮智泉 写貢・今野洋一

2)三宅 一生 62歳   現場にこだわり     

 「我々の仕事が産業と結ぴついたクリエーティブな仕事なのだと、日本で認められたのならうれしいですね」。濃紺のシャツに、インドでつくったという刺し子風のジャケット姿。「世界のイッセイ」は、ちょっと照れ臭そうに顔をほころぱせた。終戦直前の昭和20年8月6日、広島で原爆にあう。爆心地から4キロ離れていて、無事であったが、彼の母は戦後間もなく亡くなった。多摩美大卒業後、1965年パリに渡り、1973年に初めてパリ・コレクションに参加。「服」の概念を打ち破るような独創的なデザインを、次々に生み出してきた。一方で、ポリエステル素材に細かい折り目を施した「プリーツ・プリーズ」のシリーズは、しわにならず洗灌機でも洗える実用的な衣服として、働く女性の支持を勝ち得ている。いずれも、富裕層向けのオートクチュール品ではない。「普通の人のための服を考えたい」という思いが、底に流れている。一見華やかな世界にあって、生まじめにモノづくりの現場にこだわり、縫製、加工といった日本の技術力の衰退を憂える。「どうしたら技術を継承していけるか、知恵を出し合う時期に来ていると思う」と語った。

3)高田賢三:1940年生まれの60歳。1960年代の安保デモの中に文化服装学院のデザイン科の学生であった高田もいた。学院卒業後、まもなくの1965年始めににパリに渡る。当時の日本には、パリが全てであり、花嫁修業としての洋裁だけだで、どんなに頑張っても、日本人デザイナーは決して正当に評価されないといわれていた。パリでの彼のプレタポルテは直線断ちで、キモノスリーブを取り入れ、一番始めは日本の布団屋のプリント生地でコレクションをやった程の異色なものであった。ケンゾーは苦難の末、パリでその豊かな才能を認められ、「ジャングル・ジャップ」というアトリエを創設した。1970年には、パリで最初のコレクションを発表し、高く評価され、パリのデザイナーの地位を確固たるものにした。

4)川久保玲:1942年東京に生まれる。1965年慶応大学文学部哲学科卒業。1964年旭化成工業に入社、宣伝部に2年勤め、次に4年間フリーのスタイリストを続けた。この時「自分の欲しいと思うものがない」と痛感して、既製服作りに転換し、1973年、コム・デ・ギャルソン社を起こした。1981年、パリで最初のコレクションを山本耀司とともに発表した。2人が発表した作品群はそれまでのファッションデザインのむ常識を正面から覆すものであった。服に穴を開ける、布を垂らす、巻き付ける、ヘムラインを無視して非対称につくる。そして色は黒。どれをとっても西洋の基準からすると、美とは言い難いものであった。ファッションデザインに革命をもたらしたデザイナーとして、川久保はパリのジャーナリストによる投票でついに世界ナンバー1のデザイナーに押された。

5)山本耀司:1943年東京に生まれる。1966年3月慶応大学法学部卒業、1969年3月文化服装学院デザイン科卒業。1972年4月ワイズ設立。1974年頃から実際にファッションデザインの仕事を始めた。1981年第1回パリコレクション発表、1986年第4回毎日ファッション大賞受賞、1994年6月フランス芸術勲章(シュヴァリエ章)受賞、1994年9月第12回毎日ファッション大賞受賞

1980年代に入って、ジャンポール・ゴルチェ、ロンドンのヴィヴィアン・ウエストウッド、日本のコム・デ・ギャルソン(川久保玲)などとともに、山本耀司はそれまでの服装、服装史上、伝統美学上の美を全てひっくり返すファッションを打ち出した。要するに壊すデザインで、ヘムラインを裁ちっぱなしで、型も崩れっぱなしで出すというように、従来の服装に対し反逆的に壊す仕事を行った。服はシンプルで楽で便利なものがいい、便利だけども流行の気分を忘れないものがいいと思っているという。ワイズ社では、アトリエ・スタジオで約70人が働いており、その内デザイナー的仕事に15名、パタンナーが40名、後が生産工場管理・サンプルメーキングを担当して、70名で5ブランドをつくっている。品川の大きな倉庫を借りて、1フロアを仕事場としている。営業部、総務部、経理部と、全国に販売員が300人、別にフランスの会社に250人(フランス人が95%)くらいが勤務している。

 

10回  アパレル生産における資金

(1)アパレル生産のフローとストック

アパレル生産には資金が必要であるが、工業以前の職人製作では、資金はすべて職人の財産で賄われた。職場は職人の家であり、材料は職人が買い、作業は職人が行い、使用人は職人が雇った。注文を取り、代金を貰うのも職人である。このやり方は、洋裁店に引き継がれている。

 工業生産を行う企業では、個人財産と企業資金は別になっている。企業の資金は出資者(株主)から集め、経営者は株主総会で選出され、工場の土地、建物、機械設備は資本金の固定資金から支払われ、従業員は企業に雇用されて給与は運転資金から支払われ、材料も運転資金から支払われる。企業の業績は株主総会で報告される。ここで、株券(資本金)はストックであり、資金の変化量(運転資金)はフローである。

 

起業には核となるアイデアと資金の備えが大切

起業講座に参加しながら会社を興せないのは、「資金不足」「決心がつかず」という理由のほか、具体的な事業プランが見つからないというケースが少なくない。講座でいくら開業のための知識を勉強しても、ビジネスの「核」となるアイデアや技術がなければ、いつまでも起業できないということだ。起業後の成功率が低いのは、準備不足のままの安易な起業が多いからだ。日本人の国民性もあるのだろうが、最初の挑戦で資金も信用力も使い果たしてしまう玉砕型の起業家も目につく。そのため、企業会計や資金計画などを講座の中に盛り込み、できるだけ経営管理面の知識も身に着けさせようというのが最近の起業塾の傾向だ。しかし企業の創業者には、数理的な経営管理は苦手という人が少なくない。

 

ストック弱く、フローが薄い

縫製企業はストックが弱く、フローが薄い。弱いストックというのは、規模が小さく、土地、建物も大きくなく、設備費もかさまないので、小資本で工場を起こせるからである。薄いフローというのは、縫製工場平均従業員数十数人という小雇用規模の上に、材料支給の賃加工のため、運転資金は材料費がないので、労務費が主体でかさばらないためである。労務費の点で、縫製工場には高給のデザイナーが雇われていない。これは発注元のアパレルメーカーがデザイナーを雇っているからである。このため、縫製工場の従業員は縫製作業者が主になり、最近の工業統計では、縫製工場の給与水準が工業業種中最低となってしまっている。従って、給与支払いもかさまない。このように、縫製工場は資金が少なくてもよいので、従業員が集まれば、始めやすい。しかし、受注が難しく、従業員が集まらなくなると、閉鎖や倒産も生じやすいことになる。

 

(2)製造原価、プライシング、付加価値

縫製工場が儲けるためには、加工賃より低い製造原価(コスト)で縫製しなければならない。コストは、生産するのに要する費用であり、原材料費・労務費・直接経費・固定資産の減価償却費・間接経費などから成るとされている。縫製のコストは、多くが労務費・直接経費・固定資産の減価償却費・間接経費により成り、労務費は作業者への賃金、直接経費は外注加工費やリース料など、固定資産の減価償却費は建物や機械装置の減価額であり、間接経費は運搬費、車両費、通信費、電気・水道料などである。縫製のコストは労務費がかかりすぎると、工場は赤字になってしまう。そのために、受注の加工賃が低すぎないようにコスト見積もりをしなければならない。

 

アパレルメーカーが小売値段を設定(プライシング)するには、コストを計算する必要がある。アパレルメーカーのコストは、原材料費・労務費・直接経費・固定資産の減価償却費・間接経費から成る。生地代、付属代などの原材料費がかかる。労務費は社員の給与で、商品企画のデザイナーを始め、販売、生産部門の従業員の給与である。直接経費には縫製工場への外注費が大きいウエートになる。この他、仕入れ商品の購入費もある。自家工場を持つメーカーでは、工場のコストが該当する。コスト計算の上に値付けが行われる。これらの関係の図は配布プリント参照してください。

ここで付加価値とは、企業が自己の段階において新たにつくりだした価値のことで、売上高から原材料費・動力費や、機械設備の減耗に見合った額を控除して算定され、労賃・利潤・利子・地代・家賃などに分れるという意味である。付加価値の計算は次の式で計算される。

   売上高−外部購入価値=付加価値

この式から付加価値を高めるには、売上高を増すか、外部購入価値を下げるかであり、売上高を増すのに、単に高い値段を付けるというのでは、お客様は買ってくれない。つまり値段が通らないことになる。その値段が通るというのは、お客様がその商品の価値を認めてその値段で買ってくれるわけであるから、マーケットインの考え方で商品企画し、縫製し、商品を供給しなければならないのである。一方、外部の購入もよい品質の物を安く購入する工夫と努力が大事となる。付加価値の構成の図は、配布プリント参照してください。

 付加価値を向上するために、次の方策をあげることができる。

1)商品の付加価値の高いものを企画し、デザインして創造する。(新商品の生産販売)

 2)原材料、消耗品の歩留まりを向上する。

 3)価値分析による安い価格の代替え材料の開発(品質を落とさない)。

 4)内外作の見直し(内作は付加価値の高い加工とする)。

 5)市場価格の高い商品開発(ブランド品)。

 6)徹底的コストダウンの実施。(BREの実施)

 7)生産のムダの排除。

 8)再生、加工不良手直しの排除(品質管理)。

付加価値を高めることで、企業利益を増し、従業員給与を高くできる。逆に付加価値の低い場合は、利益も出ず、給与も低くなる。平成9年の工業統計によっても、従業員一人当たりの付加価値が低いと、平均給与も低くなっているのが事実である。

民間サラリーマン平均給与…454万円(男性…564万円、女性…273万円)

工業平均給与…426万円 (工業一人当たり付加価値…1068万円)

衣服製造業平均給与…206万円 (一人当たり付加価値…384万円)

婦人服製造業平均給与…183万円 (一人当たり付加価値…303万円)

 

(3)仮需生産による巨大な産業ロスと対策

 生産には元来2つのリスクがある。

生産のリスク――――――――機会損失のリスク(過小生産で、売り切れのリスク)

                ――――値引き損失のリスク(過剰生産で、売り残りのリスク)

生産が作り手側の見込みで作るために、売り切れとなったり、売れ残りとなったりする。見込みで作るので、需要は仮の需要であり、実際に売りに出してからでないと、売れるかどうかは分からない。1971年にデザイナーがスカートのデザインをロングスカートにして売り出したが、全然売れなかった。これはミニスカートが相変わらず流行っていたからで、デザイナーが旗を振っても客はついてこなかったのである。このため倒産した婦人服メーカーも出た。生産がこのようなリスクを負って、損失を重ねていては、国内生産の存続はもちろん、どんな生産にしたところで、存続はできない。現状は常時売れ残りの値引き販売が行われており、繊維・アパレル産業の損失は数兆円に及ぶ莫大な額となっていると見られている。これは仮需による量産の見込み違いであるが、それにしても巨額な損失であり、この損失が婦人服製造業の平均給与を年183万円に止めている遠因であると考えられる。生産の原点に立ち戻って、これらのリスクを最少にする方策が真剣に求められる。丁度よく売り切るように生産するにはどうしたらよいか。顧客の欲する商品を多様性を持って品揃えするために多品種少量のサンブル作りを行い、本番生産は売れ行きを追って迅速に行うようにすることである。迅速(アメリカでは「アジャリティ」という用語が使われる)というキーワードが生産に取り入れられることにより、国内生産は存続の道が開かれるのである。これを実現するために、生産・供給を行う企業・産業はそのピジネスを通して迅速性を持たなければならない。これをクックレスポンス(QR)と称するが、繊維・アパレル産業を通じて、その生産期間を短縮することが必要である。これは産業規模の大プロジェクトである。大変であるが、これが実現しないと、繊維・アパレル産業の国内存続はやりようがなくなってしまう。つまり、国内生産の存続をかけて、クィックレスポンスは実現されなくてはならないのである。

QR実現に向けてアメリカ縫製業界の進路

アメリカでは産学官により、繊維からアパレル、そして小売りから消費者に至る全プロセスを対象に、繊維産業、テキスタイル産業、アパレル産業、販売・流通業界を網羅した米全テキスタイル産業複合体を結成して、産業競争力の強化を目指し、1993年から研究開発を進めている。アメリカ縫製業界の進路を示すロードマップが下図のように発表されている。:研究開発はDAMA(ダーマ:需要活性型製造仕組み)のプロジェクトにより実施され、実現は2003年としており、現在進行中である。

官:米政府エネルギー省研究所、連邦研究所

学:各大学学部研究室、(TC)2研究所

産:AMTEX(米全テキスタイル産業複合体)が産業を代表し、繊維産業、テキスタイル産業、アパレル産業、小売り業界を網羅している。

 

11回  アパレル生産設備

(1)アパレル生産機器のハート、ハードおよびソフト

 アパレル生産機器について、ハードは機械であり、ソフトは使いこなしのノウハウ、そしてコンピュータのプログラムである。ステッチの使用箇所や適用工程、シームの用途などもソフトである。特にアタッチメントはハードに属するが、シームというソフトに対して最適なものとすべきである。どんなハードを使って、どんなように縫製するかが、「ハードjと「ソフト」である。このハ一ドとソフトは、お客様の立場に立って縫製を行うという生産理念によって進められることが最も大切で、この理念は「ハート」である。「ハート」は「マーケットイン」の理念でなけれぱならない。このため、ハードもソフトもこの理念に最も適するように備えられるべきである。なりふり構わず、利益さえ獲得すればよいという次元の低い考え方では、企業は生き残ることができない。

(2)アパレルの生産機器の種類

 アパレルの生産機器としては、アパレルデザインから出荷までの生産の各段階に応じて、次のような種類が用いられている。

 

●縫製準備工程機器(アパレルCAD、検反機、延反機、裁断機などと裁断CAM)

●パーツ縫製工程機器(芯接着機、サージング機、折り機などの前処理機器と、各種工業縫製機器用ミシン、自動縫い機などの縫製機器およぴ縫製CAM)

●組立縫製工程機器(脇合わせ、袖付け、襟付け、ウエストバンド付けなどの組立工程に使用する特殊工業ミシンと縫製CAM)

●仕上工程機器(アイロン、プレス機など)

●搬送システム機器(ハンガーシステムなど)

●生産管理システム機器(出来高表示盤、コンビュータ生産管理システムなど)

●生産システム機器(ワークステーション、ネットワーク機器、及び“ClM”構成機器)

縫製工場の仕事と縫製機器について示された図は、配布プリント参照してください。

1)設備要素

工業縫製は機械を活用する縫製であり、縫製工程に応じた各種の縫製機器としてのアパレルマシンが使用されている。ミシンはステッチを作り、布を送る機能の機械である。各種ステッチ(本縫い、二重環縫い、オーバーロックなど―JISL 0120ステッチ規格に規定)に対応するミシン機種、各種送り(下送り、差動送り、上下送り、八方送りなど)に対応するミシン機種、およびシーム(生地にステッチの施されたもの―JISL0121シーム規格に規定)に対応する縫製用具としての定規、フェラー(二つ巻き具)、ヘマー〈三つ巻き)、バインダー(縁取り具〉、フォルダー(折り具)などのアタッチメントはアパレルマシンの仲間である。

縫製準備工程機器  パーツ縫製機器     組立縫製機器 

 アパレルCAD  芯接着機、折り機    脇合わせミシン

 検反機      サージング機      袖付けミシン                

 延反機      各種工業ミシンCAM  ウェストバンド付けミシン

 裁断機CAM   各種アタッチメント   衿付けミシン などアパレルマシン

フィニッシャ    ハンガーシステム     生産管理端末

アイロン・プレス機     台車・スタッカ     CAP(CAE)システム

 仕上げ機器    搬送システム       生産管理システム機器

 

(3)縫製準備工程機器

縫製準備工程ではアパレルCADを必要とするのは、マーキング作業、グレーディング作業、パターンの見直しと、それらの記録のためである。今までの作業記録は積み重なれば、縫製準備段階のデータベースとなる。裁断作業に入る前に、原反を検査する検反、ロール状の原反を平らに広げる延反、マーキングにより型入れ、そして裁断作業が行われる。

延反の作業に使用する機械設備については配布プリントを参照してください。

マーキング(型入れ作業)は、デザインによりパターンメーキングされたパターンをグレーディングした上で、パターンを生地幅に収めるようにレイアウトする作業である。この場合、要尺が最短になるように配置を検討する。

裁断機では、鋏や裁断包丁などの他、裁断機が使用される。裁断機には次のタイプがある。設備の説明図は、配布プリントを参照してください。

●電動裁断機       ●バンドナイフ裁断機        ●ダイカッタ

タテ刃型     丸刃型

 

●コンピュータ裁断システム

NC(数値制御)裁断機は、デジタル(数値)情報により裁断位置が制御されて、自動運転される。デジタル情報は、テープに穴開けされて、このテープを読み取って自動運転されたが、テープはコンピュータのメモリーに置き換えられ、NCの制御がコンピュータで行われるようになり、コンピュータ裁断システムが出現した。

裁断後に生地の色違いやサイズ違いなどを起こさないようにナンバーを打ったラベルを作り、これを裁断された生地に貼り付けるのである。

ラベルナンバーリングマシンはアメリカのソーバー社の製品だったので、この作業をソーバリングといっており、ソーバーマシンと呼ばれている。

 

(4)縫製工程機器

●芯接着 接着芯地を接着プレスにより接着する。芯はシルエットを保ち、部分の補強に用いられる。

●地縫い(Run stitching)とは、縫い目を表に出さない縫い方で、例えば、パーツ縫製で生地を中表にして縫うものをいい、地縫いは生地の裏側や折り返しの内部に隠れる。地縫いには主に1本針本縫いミシンが使用され、ジーンズなどでは1本針二重環縫いミシンが使用されている。この他、生地の特性により針送りミシン、差動送りミシン、上下送りミシンなど使用される。ニット生地では、裁断縁の始末にオーバロックミシンが使われ、地縫いには本縫いミシンの他、インターロックミシンが使われる。

●飾り縫い(Top stitching)には外観上、1本針本縫いミシンの使用が多くなる。この縫い目は表側に施され、飾りの役目をするので、飾り縫いと呼ばれている。

●よく使われるステッチと、その特徴、対応するミシンを表にすると、次の頁の表のようになる。ミシン掛け作業では、主に1本針本縫いミシンにより熟練者が縫製して組み立てるが、袖付けなどでは専用の特殊ミシンが使用される。

●中間仕上げ工程では、アイロンによるクセ取り(追い込み、追い出し)が毛織物などで行われ、造形のセット性を高めるため、アイロン台には急冷乾燥のためバキュームボードを用い、このようなアイロン台のことをバキュームボードという。中間仕上げの縫い目割りアイロン作業が機械化されて、縫い目割りプレスが開発されている。また、エンジニアード縫製法(ドイツ・ブリザイテクニカ社が研究を進めている)の流れの中で、難しい作業であるスーツの芯据えに、専用のプレスとして成型プレス(BRI−600)が開発されている。

●まとめ

(7)まとめ作業

裁断された布地ピースから部品作り、組み立て縫製を経て衣服形態が完成品に近づくにつれて、ミシンでは縫えない部位が出てくるものは、手縫いによって処理される。これをまとめという。背広服上衣におけるまとめの主なものをあげる。前身ごろ端星まつり、見かえし奥星まつり、上えりまつり、裏えリ奥まつり、そで裏まつり(そで口、アームボール)。ボタン付け、スナッブ付け、背裏くさり止め、背すそ奥まつり、前裏奥まつりなど。

星まつりとは縫い代が浮きあがらないように、また縫糸は布地表面に星のようにわずかに露出することを特徴とする手縫いステッチによって、縫い代を身ごろ地に止める手法である。まとめ作業は縫製工場から外部の家庭内職に依託される。手縫い針や待ち針が衣服に在留したまま市場に出ることのないよう、針本数管理や検針器によってチェックされる。

裏地縫い込みや裏地の吹き出しなどのないように注意する。

まとめ作業向けミシンも出現しているが、縫いは掬い縫い(まつり縫い、盲目縫い、からげ縫いなど)の系統となっている。また平坦な作業ができないところが多いので、ミシンのベッドはポスト型などの形態となっていて、布送りも上下送りなどが備えられている。

●最終仕上げ工程では、プレス機が使用される。プレスの補完としてアイロンが使われている。

生地により加熱、加湿、加圧を調整し、プレス加工後は急速に除湿・冷却する。アイロンでは加圧に限度がある。従って、アイロンはプレス機の補助としてシワ取りなどに使われる。家庭アイロンは加圧が弱い上、急速除湿・冷却を行わないので、型くずれしやすい。ニット生地では、目潰れするので、加圧を行わない。

 

12回  アパレル生産における縫製法

縫製のエンジニアリング(工学)について

●インダストリアル・デザイン

 工業デザインともいい、手作りや手縫いの一品制作に対して、エンジニアリングにより作られるデザインのこと。手加工的なデザインとは著しく違い、工業生産(丸仕上げでなく流れ作業での生産)を行うことを前提としたデザインである。とくにデザインにコンピュータなどのハイテクの導入が目ざましく、アパレルCADなどの普及が進んでいる。一方、最近では質的な変革が見られ、デザィンは機能性と感性、あるいは様と美の調和として、美しく、楽しく、価値のある暮しを作るための基礎となるものとされて、インダストリアル・デザインのルネサンスが求められている。顧客満足度を高める立場と合わせて、デサインはアメニティ(商品のもたらす快適性)を重視することになってきている。

 

(1)工業パターン

 生産では工業の「現物合わせしない作り方である」に基づき、縫製工程の途中で適当にはさみを入れたり、生地に合わせて仕様を変えてしまったりしないで縫製できるようにした生産用(そのデザインの持つ味を損なわず、品質を低下させずに生産しやすいように考慮された)パターンをいう。元となるデザイナーパターンに対してブランドのサイズに合わせると共に、縫製のコストに合う修正が加えられたパターンである。そのようなパターンの修正の例として、重ね縫いで異なったカーブをシルエットを損ねないようにしてなるべく同じカーブに揃えるようにしたり、伸ばしやイセ込みを少なくするようにしたり、前立てを一枚仕立ての挟み込み縫い式として縫い箇所を減らしたり、タコ縫いをインターロック縫い仕様に変えて縫いやすくしたり、コストにあった縫製に調節するのである。そのためには縫製を知りそのコストを知らなければ、パターンを工業パターンに変えることはできないわけで、日本ではこのような観点からの工業パターンは欧米に比べて遅れていると指摘されている。

 

(2)エンジニアード縫製法

 ヨーロッパでは、長く続いた服作りは、時代の変化とともに大きい欠陥が指摘されるようになり、ドイツではエンジニアード縫製法を生みだし、これを取り入れている。ドイツでは、エンジニアード縫製法により、@未熟練工による手工業の工程が激減したため、製品が高い品質で均一化Aすべての工程が正確に行われ、その積み重ねによって完成するため、ネジレやユガミがなく、型くずれのしにくい製品ができるようになったB生産性は以前の2.5倍と大幅にアップし、労働時間短縮にも対応できるようになった。国際羊毛事務局IWSも95年7月、時代に合わせた縫製仕様に変更を行った。パリのファッション業界はプレタポルテによって成り立っており、アパレル生産工場は感性依存型だけでは成り立たないと言われている。しかし、わが国のアパレル産業には手縫いの味がよいとか、手作りの感性が素晴らしいとかの品質感が残存している。わが国に足りないエンジニアード縫製技術とはどんなものか。これは新しい縫製技術であり、従来の縫製法に対して品質を低下させない、コストを下げることができる作り方といえる。独プリゼイ・テクニ力のヘクター・M・バロン氏の説明するところによると、布の収縮量の処置はパターンに収縮量を加えて裁断する従来のテーラードのやり方では、例えば前身に見返しをつける前に、または前身芯地をつけた後で、現物合わせ的に手による裁断やダイ力ットによる裁断を行っているのが普通である。これに対して、∃一ロッパのエンジニア一ド縫製法では、表地や裏地の収縮量はデザインでカバーするのである(日本では∃ーロッパと違ってデザインで力バーすることを知らない)。布地のテストは、表地が接着プレスと中間プレスの工程でどう縮むか、裏地が仕上げでどうなるか、について行われる。この結果をパターンに盛り込んで、収縮の影響を調整している。従って、縫製工程中に加工品毎の(現物合わせの)途中裁断を行わない。ノッチ合わせを重視し、いせ込み量を決めて、品質の標準化を図っている。エンジニア一ド縫製の基本は裁断精度とノッチによる正確な縫いである。現在でも紳士服縫製ではしつけは当然のこととされている。しかし、エンジニア一ド縫製ではしつけは最小限にとどめる。従来の縫製では待ち針を使うのをピンワークとして認めているが、製品に針を残すなど安全性で大きな問題となるので、エンジニア一ド縫製では作業はできるだけ機械により、作業者の腕に頼らない方向とする。手縫い、手作りは製品のバラツキの元である(手縫いだから上等と考えていない)。エンジニア一ドの縫いの特徴は次のように示される。(メンズジャケットについて配布プリント参照)

・中間プレスは縫目割りだけとし、成型ブレスは行わない。

・裏は組立前に部品として完成しておく。

・外側は裏をつける前に完成しておく。袖付けだけ行われていない。

・アンダーカラーは千鳥で表につけられる。

・表地の外観不良が発生しないように工程設計を行う。

・ごく薄い接着テープを後身頃と合わす前に、前身頃の横、特にゴア、ネック、前身裾エッヂ及びヘム部、 アームホール部などに付ける。これらは平らなバキュームポードにより前身を乎の状態にして付ける。機 械でテープを付けると、縫っているとき、生地を伸ばす危険があるためである。

・合わせ縫いなどの作業では、コンピュータ制御の目動縫いミシンを使用する。伝統的テーラード縫製の技 能は伝承と熟練の上に成り立ち、新しいエンジニアード縫製はここに示したように技術の上にハイテクを も駆使して成り立つ。残念ながら、わが国のアバレル生産に関する教育は、エンジニアード縫製に関心が なく、裁縫技法にとどまるか、伝統的テーラード縫製を対象として満足し、工ンジニアリングに関係のな いところに安住してしまっているのが実態である。

○各縫製の違いとは、

・伝統的テーラード縫製は、職人式縫製で、丸縫いの熟練作業で現品合わせにより仕上げる。

・マシンメード縫製は、できるだけマシンを使う工場縫製。

・エンジニアード縫製は、工場縫製でエンジニアリングに基づき現品合わせせず、新しい素材、設備、方法 を取り入れて縫製する。

○生地に収縮や伸びのあるときは、

・伝統的テーラード縫製では、縫製工程途中で生地に合わせて現品合わせのため、裁断したり.縫い代を変 えたり、縫い線を変えたりして、手直しして行く。

・マシンメード縫製では、加工前に生地を縮絨したり、安定化処理を行っておき、ミシン縫製に支障の起こ らないようにして加工する。

・エンジニアード縫製では、安定化処理を行い、その上なお残る生地の変化量を計測してパターンに予め盛 り込み、途中現品合わせの手直しが起こらないようにし、品質を維持すると共に、自動化を取り入れて、 加工する。

●EC(ヨーロッパ)縫製法は工業パターンとし、接着芯を使用し、マシンメード(機械化縫製)を行う。

●3S縫製法はサイエンス、スピード、センスの3Sのエンジニアード縫製であり、特に縫製の前段階で生地の防縮処理としての縮絨(シュクジュウ、地詰めのこと、スポンジングともいう)を行い、生地の安定化を行って、縫製スビードと感性を両立させる縫製である。

 最近になって縫製業界においてエンジニアード縫製への関心が高まっている。アパレル縫製業界の「夢ある21世紀への挑戦」の施策にも高度情報化の対応の中で、アパレルCADやCAMによる縫製が不可欠の標準装備になるとしている。

 

ミラノ 日本の技術十イタリアの創造性

コンピューターによる技術革新は、ファッションの世界にも大きな影響を及ぼしている。ニットの分野でも、これまでにない表情の服が作れるようになってきた。イタリアの代表的なニットメーカー、マックアダムズの「エニグマ」というブランドは、3枚の薄い編み地が重なったり部分的に離れたりすることで表情や機能を変えていくカーディガン=写真=など、新しいタイプのニット服を提案。3枚を別々に編んで縫い付けるのでなく、コンピューター制御の編み機で一気に編んでいるのが特徴。3回目のコレクションにして売り上げを5倍に伸ばしている。実はここで活躍しているのが、日本の工業用二ット編み機メーカー、島精機製作所(和歌山)の機械だ。出来上がりもきれいなニット用の機械は、イタリアのニット業界にも欠かせない存在になっている。マックアダムズ社は「島精機の技術者は、わきにいつも控えていて、私たちが表現したいこと、必要だと考えていることを技術面から支えてくれている」と話す。大手メーカーのカルロ社も島精機と積極的に共同作業を進めている。同社は「ここの機械は、イタリアの生産システムをよく理解し、またニット製品の品質の均質化に大いに貢献している」と絶賛。日本で生まれた機械の能力の高さと、それを支える技術者たち。そして新しいことを考え出すイタリアのメーカーや職人。彼らの共同作業が、次の世紀につながる新しい服をどんどん生み出している。

縫製に使用の漢字の原義(漢字を分けるとよく分かる)(漢字の起源は3,500年前である)

縫の漢字=糸が逢うことで、ぬう意味となる

製の漢字=衣を制する、衣服を制作することを表す

衣の漢字=┻はおおうと、衣の下側は二つというの意味であり、これらが合わさった形で、うしろえりの     下に両方の身頃のえりを重ね、下にたれている形を表す

制の漢字=未は果物が熟して味の良くなったもののことで、リは刀で、味が良くなったものを切って食べることから、たちきる、さだめるとなった

表の漢字=衣の間に毛が入っている形で、毛のある方が表であった

裏の漢字=衣の間にすじのある模様の意味の里を入れて、縞柄の裏地を表す

裁の漢字=衣を切るという字

断=斤(おの)で糸を縦方向に切ることを表す

織=織のつくりは目印になる布のことで、染めたい糸で模様を織ることを表す

編=竹の札(扁)を並べて、糸でつなげる意味

繊=繊のつくりは山にらで、細くて柔らかい糸の意味で、細い糸のこと

維=維のつくりは太く短い、強いという意味で、維は車をしっかりとつなぐ太い綱のことである

絹=つくりは麦の茎のことで、絹は麦藁の色をした布を表す、別につくりをボウフラの形だとして、絹は  繭から生糸の丸くなっている形という説もある

綿=わたであるが、つくりの帛は絹布のことで、綿は細い糸をつないで絹布を作ることを表した

布=父(薄くてぴったりとつく意味)と巾(おおうと糸でなり、きれの意味)の文字で、麻で織った布の  ことであった

緒=者には集める、置くという意味があり、緒は繭の糸を紡ぐときに引き出してまとめる糸口のこと

終=冬は引き締め、蓄えと四季の終わりの意味で、終は糸の終わりを結んで玉のようにして止めること

紡=方には並べる、合わせる意味があり、紡は繊維を寄り合わせて糸にすることである

績=糸は麻糸、責は積み重ねることでなり、麻の皮を水にひたして細かく裂き、それをより合わせ、つな  ぎ合わせて糸にすることを表す

染=シは水、九は多いこと、木は染め物に使う色素を含んだ植物で成り立ち、染める材料を使って何回も  水にひたして染め上げることを表す 

美=羊が大きいという形で、おいしいの意味となり、うつくしい、善いの意味を持つようになった。

分=八と刀でなり、刀で半分に切ることを表し、分けると分かるの意味となる

解=牛と角と刀が合わさって、バラバラに解き放つことで、解るの意味となった

理=王は玉で、里は筋道の意味があり、玉を筋目に沿って磨くことを表し、道理の意味となった

洋=水(川のこと)と羊(壮大なこと)からなり、大きな川のことで、日本では西洋のことに使っている

服=月は舟のことで、及はつきしたがうの意味で、服は舟にピッタリついている品物のこと

和=ノギヘンは稲の穂で、やわらかいの意味と、また加える意味があり、その気持ちで声を合わせて歌う  ことであった。日本では、やまと、日本の意味としている

アパレル生産に関する英語の語源

apparel=古期フランス語のapareille(フィットさせる)から、英語の衣服の意味となる。元はラテン語の異なる読みで、apparecullare(フィット)による

clothes=衣服の意味で、古期英語のclathian(布の意味)を語源とする

 garments=衣服のことで、古期フランス語が語源、garn(飾る-英語でgarnish)とmentで名詞を作る

manufaturing=製造と訳し、後期ラテン語のmanufactを起源とし、manus(手)とfact(なされたこと)で、仕上げる意味となる。

prodution=生産と訳し、ラテン語produce(前に導く)が語源

sewing=ラテン語のsuereを語源とし、縫い仕立てを意味する

finish=仕上げの意味で、ラテン語のfinire(終わる)が語源、フランス語のfinも同じ

industry=古期ラテン語のindostruus(indoは「中に」であり、struusは「建てる」ことの意味)を語源とし、工業の意味となる

capital=資本のことで、羊の頭数を意味するcaput(ラテン語head)を語源とする

factory=工場の意味で、中期ラテン語で、factoria(在外商館)が語源

 

13回  アパレル生産とコンピュータシステム

ファッション産業は情報産業だといわれる。情報の収集、解読はビジネスの成否に関わる。情報を正確迅速に処理するために、ファッション産業にコンピュータは欠くことができない。事務処理にはOA(オフィス・オートメーション)が進められ、店頭ではPOS(販売時点情報管理)が「死に筋管理」に活躍し、デザインではCADが、裁断作業やミシン掛け作業、プレス掛け作業ではCAMが導入されている。事務所のOAに対して、工場では自動化の先端技術であるFA(ファクトリー・オートメーション)が目指される。そしてコンピュータ同士を結んで、ネットワークを構成し、社内、グループ内にはイントラネットが、社外、国際的にはインターネットが話題を集めている。

国の行政機関 職員1.2人にパソコン1台      

 総務庁が七日まとめた行政機関への情報機器の配備状況などに関する九七年度行政情械化基本調査結果によると、国立学校を含む国の行政機関全体で、ハソコンが職員1.2人に1台の割合(九六年度は1.5人に1台)で配備されていることが分かった。また、情報システム関係予算の総額も九七年度は一兆五百七十九億円と初めて一兆円を突破した。行政現場の「ハイテク化Iが進展していることを示しており、業務効率化に伴う職員削減など一層の行政改革が求められそうだ。国の機関へのパソコン設置数は四十八万三百二十八台で、九六年度に比ぺ16・4%増えた。国立学校では学生用と職員用の区分が難しいことから、国立学校の配備分を除くと、職員二・四人に一台となる。省庁の内部部局に限ると一・三人に一台で、「一人一台」に近づいている。ただ地方部局は二・八人に一台にとどまっている。これらのパソコンは、各省庁のLAN(庁合内ネットワーク)ヘの接続か進み、接続率は59・2%に達している、一方、国の機関以外のパソコン配備状況は、特殊法人が一・七人に一台と情報化が進んでいるが、地方自治体は十一・八人に一台と立ち遅れている。

パソコン 使用目的で多彩な選択肢 デスクトップ型低価格化で盛り返す

インターネットを中心としたネットワークの普及を背景に、パソコンの利用が拡大している。日本電子工業振興協会の調査によると、1999年の国内パソコン販売台数は前年を31%も上回る921万5000台に達した。普及率はアメリカにはまだ及ばないものの、20%を超えたと推定されている。最近では、電話でやりとりしにくい多忙な社会人同士がメールでコミュニケーションを図るケースが増えている。仕事ばかりでなく、自分のデータベース、スケジュール管理、エンターテインメントにも使えるパソコンは社会人にとって必携品になりつつある。パソコンメーカー間の競争は機能と価格の2つの面で行われてきた。最近の機種は、インターネットや電子メールなどに使用目的を絞れば「必要十分な機能を満たしている。これ以上の機能は不要なぐらい」(大手パソコンメーカー)で、高機能競争はひと段落した。価格も手ごろになってきた。特にデスクトップ型は昨年9月に日本IBMが10万円を切る「アプティバ」を発売し、最大手のNECも「バリェースター」に10万円を切るモデルを投入するなど、大手がこぞって価格を引き下げた。東京・秋葉原の量販店での販売台数をみると、一時はノートブック型が6割以上を占めていたが、低価格化でデスクトップ型が盛り返し、比率はほぼ半々になってきているという。ただ、低価格機は搭載しているソフトが少ないため、実際にはデスクトップの売れ筋は、ワープロ、表計算など一通りのソフトをそろえた15万-20万円の機種だ。機能は以前に比べて飛躍的にアップし、心臓部とも言えるCPU(中央演算処理装置)はインテルやその互換メーカーが500メガ・ヘルツ前後のものも出してきている。ソフトの処理能力を決めるメモリーは最低でも64メガ・バイトが標準だ。ノートブック型の売れ筋はやや高目の25万円以上の価格となるが、省スペースが魅力だ。かつてはデスクトップからパソコンを始めて2台目にノートを導入するケースが多かったが、CPUなどの機能もデスクトップに近づいてきた。低価格商品でもモニターが12-14形に大型化し、見やすくなってきたこともあって、1台目からノートを選ぶ人も少なくない。携帯性を重視するならB5サイズのノート、持ち歩くにはやや重いが、デスクトップ並みの機能と省スペースが強みのA4ノート、周辺機器を広げやすいデスクトップと使用目的に合わせて選択肢は多彩だ。秋葉原にあるラオックスコンピューター館の林正浩副店長は「機能や値段にばかりこだわらず、サポートのしっかりしたメーカーの商品やパソコンに詳しい友人・同僚と同じ機種を選へば、早く使いこなせるようになる」とアドバイスする。「意外に気になるのがキーボード。店頭で感触、配列を確認したほうがいい」とも付け加える。

 FA[Factory Automation]とは、ロボットや自動機械などを用いて工場や生産現場を自動化、省力化すること。生産にかかわる活動全般のコンピューター利用を指すCIM(コンピューターにより統合された製造)の一要素と定義できる。工場の管理用コンピューターと現場の自動機器はLAN(構内情報通信網)で接続される。振動やノイズの多い生産現場向けに耐環境性を向上させ、データ入出力用インタフェースを強化したパソコンをFAパソコンと呼ぶ。

(1)CAD(コンピュータ支援デザイン)

◆CAD[キャド;Computer Aided Design]とは、コンピューターを利用した設計、製図のこと。または、そのための機能を組み込んだシステムを指す。手書きで図面を起こすのに比べて修正が簡単で、色や階層の表示、記号登録、拡大・縮小などの機能を利用した設計ができる。作成した図面データを保存しておけば、随時取り出せるので、過去に描いた図面を有効活用できる。

 機械,電気,建築など幅広い用途があり、それぞれの分野ごとに専門の機能を備えたCADシステムが利用されている。CADで作成したデータから製造システム用のデータを作成できるようにし、設計から製造までを一本化したシステムもある。ソフトによって、対象物をそれぞれ2次元、2.5次元、3次元で表現するものがある。

 従来はエンジニアリング・ワークステーション(EWS)に搭載したCADが主流だったが、パソコンの性能が向上したことで、パソコンCADも業務用として十分使えるようになってきた。特に、パソコン用の2次元CADソフトは、数十万〜数百万円と高価な製品が多かったが、94年3月にCADソフト大手のオートデスクが「AutoCAD LT for Windows」(12万8000円)を発売したことをきっかけに低価格化が進んでいる。米アシュラ社の「AshlarSketch」(5万8000円)など10万円以下で購入できるソフトも増えてきた。ただし、低価格のCADソフトでは業務用に本格的に使うには実力不足の場合がある。最近では異なるCADシステムで作られたデータを読み込めるようにするための互換性向上とファイル形式の標準化が急務になっている。パソコンCADでは1989年に定められたCADデータ交換用の標準中間データ形式PCESがあり、これの普及に向けて、各用途の図記号を電子カタログとして発売するなどの活動が進められている。

CADはデザインに役立つようにコンピュータを活用するシステムであり、図形処理の機能を持つコンピュータシステムで、ベースはCG(コンピュータ・グラフィックス)技術である。入力はデジタイザによりデジタル入力が行われたが、スキャナ入力が広まっている。デジタイザは図形をデジタルに変換する装置で人が指令しながら数値入力するものである。スキャナ入力はコピー機に原紙をおいてコピーするように入力は簡単である。これはイメージデータの入力である。読み取り精度も向上し、入力が手軽で、その時間もかからない。読み取られた図形はコンピュータ内の変換ソフトによりデジタル化されて、図形処理される。デザインでの描画作業、パターンメーキング、グレーディング、マーキングなどの作業に活躍している。

(2)CAM(コンピュータ支援製造)

CAM[キャム;Computer Aided Manufacturing]とは、NC(数値制御)工作機械や,組み立てを行う高性能ロボットなどの制御用プログラムを,コンピューターを用いて作成すること。または,それによる製造。

 従来は「コンピューターを利用した製造」のことを指していたが,最近はCIM(コンピューターにより統合された製造)という言葉を主として用い,CAMはCAD/CAM/CAE(コンピューターの支援による設計・製造・エンジニアリング)あるいはCAD/CAMという言葉に組み込まれ,生産に必要なデータの連携性を高めたシステムの一要素と定義されている。

CAMはNC(数値制御)機械をコンピュータの数値指令と制御指令により自動運転するようにしたシステムであり、NC裁断システムやNCミシンなどにより縫製作業の自動化が図られている。数値指令はデジタルであり、CADの出力によりデータを使用できる。このため、CADとCAMを連携してCAD/CAM

システムを構成することができる。CAMは裁断作業、ミシン作業、プレス作業などの自動化に取り入れられている。

(3)CAE(コンピュータ支援生産技術)

生産計画の処理を行うシステムをCAP(コンピュータ支援生産計画)といったが、そのベースは生産工学(エンジニアリング)にある。このため、CAE(エンジニアリング支援コンピュータ)と呼ばれる。

 生産計画にはシミュレーションが必要となるので、CAEソフトが使用される。CAE[Computer Aided Engineering]というのは、設計作業を効率化するために用いる、コンピュータによるシミュレーション解析などのことであり、一般には製品や部品の強度や振動特性、周囲の気体の流れ、熱の伝わり方などの解析に利用され、アパレル生産では生産計画の立案と、この案での生産性の評価などのためのシミュレーションに用いられる。従来はこのようなシミュレーションのために試作品を何回も作り直して実験を繰り返し行っていたが、CAEを利用すればその手間が省け、新製品の開発期間を大幅に短縮できる。CADから受け取ったデータを基に解析用のモデルを作成することが多い。解析結果と実験データを突き合わせて新しいモデルを作成するモデル同定も行われている。大がかりなシミュレーションになるとスーパーコンピューターが必要になるが、ワークステーションやパソコンでも、性能に応じたレベルの機能を備えたソフトウエアが発売されている。

(4)CIM(コンピュータ統合生産システム)

コンピュータはデジタルデータを介して、CAD、CAM、CAEを連結し、システムの統合を図ることができる。この統合システムをCIM(コンピュータ統合生産システム)という。

CIMとは、Computer Integrated Manufacturing:設計(CAD)、製造(CAM)、エンジニアリング(CAE)分野で、設計・製造をコンピュータ化するだけでなく、資材の受発注管理や生産管理、工数管理など、製造にかかわるすべての過程をコンピューターで一元管理したもの。CIMの導入は経営者に、「今、何を作るべきか」を素早く決定するための情報を提供できるという側面もある。FAにCIMを導入することで、各製造ラインが極めて柔軟に設計変更に対応できるようになるため、多品種少量生産に適した製造システムが可能になる。これをFMS(フレキシブル・マニュファクチャリング・システム)という。

最近は,エンジニアリング・ワークステーションを使用して、各現場でCAD、CAE、CAMを行い、これをネットワーク機能を使ってホスト・コンピューターと統合、CIMを実現する方法がよく使われている。CIMの発達はCALSを生んだ。

このCALS[キャルス;Continous Acquisition and Life-cycle Support、最近ではCommerce At Light Speed、光速商取引と訳す]とは、コンピュータとネットワーク、データベース・システムを組み合わせ、製品製造、管理の工程を一元管理するシステム、または規格の総称。「キャルス」と発音する。元々は、米国防総省が確立した資材の調達、管理の規格である「Computer Aided Logistic Support」が語源。 CALSの目的は非常に幅広い。企業の製造過程を中心に、部材の調達や生産品の管理、ドキュメントやマニュアルの管理、企業間の商取引までを電子化することで、生産効率を向上させ、競争力を強化することを目指している。うちどの部分を取り入れるかは、各ユーザー企業ごとに異なることになる。米国の大企業が積極的に取り組んでおり、その影響が日本にも及んで、95年初め頃から盛んに研究されるようになった。CALSの骨格となるのは各種の標準規格である。マニュアルなどの文書や、設計データ、受発注の情報、帳票類などについて標準化を進める必要がある。例えば米国では一般的に使われる文書フォーマットの1形式である「SGML」も、CALSを実現するための規格の1つとして捉えることができる。

(5)自動縫製システム

●研究開発の背景と目的

繊維産業は、近年の円高、海外からの追い上げによる繊維製品の輸入の急増、若年労働カの確保難など、厳しい環境に直面している。また、消費者のライフスタイルの変化は、内需を高級化、多品種・小ロット化、短サイクル化させ、繊維産業に新しい実需対応型供給体制を構築するなどその対応を迫つている。「自動縫製システム」プロジェクトは、このような背景を踏まえ、中小縫製業における多品種少量衣料を効率的に生産する「自動縫製システム」の開発に必要な技術を確立することをめざして、通商産業省工業技術院の大型工業技術研究開発制度(大プロ制度)により研究が進められた。縫製のFA化を実現し、FMSを目指し、CIMを構築しようとするものである。

FMS(Flexible Manufacturing System:フレキシブル生産システム)とは、機械加工や組み立における自動生産システムを、従来の少品種大量生産型から、さらに多品種少量生産に柔軟(フレキシブル)に、対応できるようにしたもの。最近ではFMSの内容も多様化しているが、一般には次のようなシステムや機器で構成される。@加工工程としてNC(数値制御)工作機械、特にマシニング・センターなどAワーク(加工対象物)の段取り工程として産業用ロボットやパレット(ワークを載せる板)などBワ‐ク搬送工程として産業用ロボットやコンべヤー、無人搬送車など、Cワーク貯蔵工程として自動倉庫などD以上の各種自動化機器を管埋制御するコンピュータ。これらによって多様な部品を加工できる自動生産設備が整うことになる。

マシニング・センター(Machining Center)とは、複数の工具を工具マガジンに収納して、主軸の工具を必要に応じてATC(自動工具交換装置)により自動的に交換し、一度のワーク段取りで数多くの作業工程を自動的に行う複合NC工作機械のことである。

●研究開発の概要

 本ブロジエクトの目標は、中小縫製業における多品種少量衣料の1枚当たり生産時間を現行の50%以下で行う技術を開発することにある。この目標を達成するためにシステムを構成する四つの要素技術と、これらを有機的に組合せ、総合的な生産システム技術を確立する「トータルシステム」の研究開発が行われた(研究開発費、総額90億円)。開発期間は昭和57年度から平成3年度までの10年間で、昭和63年度からは、前年度までの要素技術関発の成果に基づいて、コンピュータ制御による実験プラントのシステム化研究が実施され、最終年度(平成3年)に実験プラントの運転試験が行われ、プロジェクトが終了した。

●実験プラントにおける4つのサブシステム化の研究

 婦人用ブレザに特定した実験プラントにおけるシステム化の研究として、次の4つのサブシステム研究が実施された。いずれも、縫製のCAMである。そして実験プラントの運転にはCAEの研究が行われた。ここで、トータルシステムとしては、トップ(紳士服上衣)、ボトム(ズボンなど)、ドレス(婦人服)、スポーツウエア、ナイトウエアの各品目への適用を目指し、センサーによる無人検反、コンピュータ制御による無人裁断、マシニングセンターによるパーツ縫製、ロボットによる組立縫製、可変ダミーによる一貫プレス、AI(人工知能)による生産管理と、LANによるネットワークが研究された。

LAN(Local Area Network:ローカル・エリア・ネットワーク)とは、企業内情報通信網のこと。工場やオフィスに分散配置されたコンピュータ、ワークステ−ション、端末装置などを接続して、データ伝送を行い、企業内の情報通信の高速化・システム化を図るものである。工場においては、加工や搬送に関する情報、工程管理に関する情報などが取り扱われる。CIMにLANを導入することにより、一層柔軟性に富んだ生産システムを構築することが可能になる。

●高速レーザー裁断サブシステム

 多品種少量、短サイクル化により労働集約性が著しく高まつている縫製準備工程を自動的に行うシステムで、自動検反、裁断の高速化はもとより、柄合せ裁断、裁断パーツヘの工程制御情報付与など新しい着想を工程に取り入れれた。

●フレキシブルソーイングサブシステム

労働集約的で単調作業の多い各種パーツ作りやポケツト付け等のパーツ縫製を自動的に行うシステムで、パーツの認識から縫製前処理加工、各種縫製加工、中間製品検査まで行なうシステムである。ポケット付けでは、ポケツトの柄を前身頃に合わせて自動縫合する。

●ハイテクアセンブルサブシステム

 熟練度の高い組立縫製工程を自動的に行うシステムで、前・後身頃のわき合わせ縫い、縫目割りとくせ取り、左・右身頃の背中心縫い、身頃へのそで付けを行う。わき合わせ縫いから背中心縫いまでは、連続したシステムとして構成された。

●三次元フレキシブルプレスサブシステム

熟練度の高い縫製品の仕上プレス工程を自動的に行うシステムで、製品のサイズ、体型などに対応し形状可変できるフレキシブルダミーに製品を着装し、ダミーの形状可変に対応してプレスできる風袋方式の部位別加圧板によりプレスを行うシステムである。

 

14回  21世紀ビジョンと今後の生産

わが国がこれまで近代化を進め、工業化を高めてきた生産は、経済大国として成功する反面、多くの不調和、行き詰まりも生み出してしまった。ノーベル賞の江崎玲於奈博士も次のように述べた。「特にここ百年余りの科学の進歩は目ざましい。そこから生まれたさまざまの技術、医療や医薬はわれわれに限りない益を与えた。しかし、この過程の裏には、自然の破壊や汚染、核兵器の配備、人心の荒廃など好ましからざる影もある。」といったのである。その上、国民の生活や消費の変化、即ち多様化に対応できなくなって、生産の見直しが始まった。工業生産は大量化、高速化、大規模化を目指したが、これらについて実現度の高い産業としての重厚長大産業は行き詰まり、軽薄短小産業に主導権を譲っている。すなわち、現代生産論は工業生産の立場に立って、大変貌の時代への適合を模索しているわけなのである。そして、工業生産主導の時代は終わったとする説が注目を集めている。それでは、工業生産の次に来る生産とはどんなものであるのがが関心の的となる。しかも、次の時代と目される21世紀は数年後に迫っており、ここに次代の生産としての考察を行うこととした理由がある。

(1)生産の変遷

300年前のイギリスの産業革命が工業生産を生み出した。それまでのもの作りはホームメードかアーチザン(職人)メードであり、手作りの丸仕上げによる作り方であった。

☆☆☆イギリスの産業革命の遺産を日本で見られる!!☆☆☆

産業革命の遺産を中心に、世界でも大規模の科学技術資料を所蔵する大英科学博物館の展覧会が平成10年7月23日から8月30日まで東京で開催される。出品には、スチーブンソンの蒸気機関車「ロケット号」を始めとして約70点、英国にとって国宝級のものばかりで、これだけの点数が英国外に持ち出されるのは初めてという。

 工業生産は機械を使い、分業による作り方である。そこで工程分析が行われ、流れ作業が取り入れられる。工程には機械が設備され、機械による品質向上や作業能率が検討の対象となる。この結果、工業生産は量産がもっとも効率的とされ、生産が四則算的な合理性の上に築かれてきた。しかし、機械も進歩し高生産性となり、経営は合理性の追求のあまり、顧客の満足度が犠牲となりがちとなり、生産した製品が売れ残るようになり、ついに生産の見直しが求められるに至った。工業生産の性格として「プロダクトアウト」ということが指摘されるが、これは生産側の一方的な思い入れで製品を量産して、市場に押しつけることをいっている。この結果、消費者から製品は沢山あるが、買いたいものがないというミスマッチを引き起こし、売れ残り品の山となる。工業生産が行き詰まりとなり、脱工業が叫ばれることになった。生産の変遷を表6−1に示す。

(2)プロダクトアウトからマーケットインへ

 脱工業の方向に「マーケットイン」の理念が示されるに至った。「マーケットイン」とは、生産者側が市場の中から顧客の要求をキャッチして生産をすることを意味する。そして生産の目指すところは「収益」や「効率」や「シェア」からCS(キャスタマー・サチスファクションの略で、顧客満足を意味する)へと移行することになった。経営は利益がなければ成り立たないが、プロダクトアウトで利益さえ上げればよいというのでは、経営は永続性を失う。このことはパリのオートクチュールの浮沈、盛衰が如実に物語っている。

(3)QRへの挑戦

 顧客志向の生産を別の表現として「多・高・短・少」生産と造語したが、これは多品種・高品質+高感性・短サイクル・少量生産の略である。この意味で生産供給のQR(クィックレスポンスの略で、迅速な反応の意味である)は短サイクル生産に相当し、生産のリードタイム(生産期間)を短縮するための方向であり、時間的顧客満足を図るものである。迅速に生産し、作りすぎないために、どう実施するのだろうか。次のように考えている。

1)生産手配の的確迅速化にコンピュータ生産管理(CAPまたはCAE)を活用する。

2)パターンメーキングにCADを使う。

3)裁断にCAMを使う。

4)縫製の流しは、少量ずつ行う。

5)品種切り替えには多能工化して、多工程持ちとする。

6)アパレルマシンはフレキシビリティの高い自動機(CAM)とする。

7)情報ネットワークはPOSとの連動で売れる商品を売れるだけ生産する。

8)商品サンプルは多種少量試作し、本番はリピート発注に対して迅速生産で迅速納入する。

9)売り切りのためにはカスタムメードとする。顧客にはインターネットショッピング、生地手配や縫製工場の連携はQRネットワークのリンケージによる。

 クィックレスポンスへの挑戦は顧客満足の網羅であり、クィックレスポンスの次期バージョンが「キャスタマーレスポンス(顧客へ即応)」とされる所以である。

 

IBMもQR パソコンは薄利多売品  日本IBM 取締役 堀田 一芙さん 

パソコンはファッション商品以上に需要が変化し、それに応じて増減産できる機動的体制にしないと、売れるチャンスを逃したり、在庫がたまって損失となったりする。柔軟性とスピードのある生産体制作りに懸命に努力している。このため、コスト面では海外部品を調達しているが、組み立ては日本で行っている。

 

オンワード 今期実質8%増益 売れ筋商品QR投人が効果

オンワード樫山の二〇〇〇年二月期の経常利益は百五十二億円と、事業税の計上区分変更による影響を除いた実質べ-スで前期比八%増になる見通しだ。従来予想は実質一%減の百三十九億円だった。売上高は前年を下回るが、売れ筋商品の投入で粗利益率が改善することが寄与する。売上高は四%減の千六百二十八億円になる見通し。消費回復の遅れで衣料品の販売は厳しい。紳士服は一割前後減少しそうだ。婦人服では「23区」、「ICB」の好調が続くほか、下期からは「ICBリラックス」や婦人向けの「ペプラム」など四つの新ブランドの売り上げを二十億円程度見込むが、全体では二期連続の減収となりそうだ。同社は店頭での売れ行き状況を見ながら需要予測し、期中生産するクイックレスポンス(QR)体制を取っている。この需要予測の精度が高まり、在庫が減少するため、バーゲン販売などの値下げリスクが減少。粗利益率が改善し、営業利益は実質二一%増の百二十三億円になりそうだ。八月中間期の売上高は約七百八十七億円と前年同期に比べ八%減少した模様。ビジネススーツを中心に紳士服が二割前後減った。QRの精度が高まり在庫が二割前後減少するなどで粗利益率が二載程度改善し、経常利益は実質.二%増の約六十七億円となったようだ。

 

(4)CEE満足度向上

●CS(顧客満足)

 ビジネスとしてまずCSを高めることを図り、顧客の満足の上に結果として利益が得られるという考え方となるのである。生産供給ではこれまでの作り手が主役であったのが、これからは買い手が主役に入れ替わる時代であるといわれ、顧客が生産をリードする。この顧客にジャストフィットして商品を生産供給するようにしなければならない。いいかえれば、この頃よくいわれるように顧客の欲求に適種、適質、適量、適期、適価の商品を生産供給するということである。これは生産の原点であろう。CSは売り上げや収益により間接的に測られてきたが、現在はCSを経営全体の目標として置き、直接的に測定していこうという考え方となってきている。規格や法制面でも品質が重視されている。

日本では、製造物責任(PL)法が平成7年7月より施行され、相談窓口や紛争処理機関も相次いで開設されており、消費者の相談や苦情に対応する体制作りが進められた。PL法では、製品の欠陥や説明書の不備などによって消費者が生命、身体、財産に被害を受けた場合、製造業者や販売業者に賠償責任を負わせる。現行民法では、製品の欠陥のほかメーカー側の過失も証明しなければならない。これに対し、PL法では欠陥さえ証明てきれぱ賠償が認められるので消費者保護の面で大きな前進と見られる。消費者からの相談や苦情を受け付ける「PLセンター」などの開設も相次いだ。「裁定」部門も受け付けを始めた。消費者からの審査請求を受けて、弁護士、消費者問題専門家などで構成する裁定委員会が調査結果に応じて和解案を出すシステムであり、被害を迅速に救済するのが狙いとなっている。

ISO9000シリーズ

 これに関連して、国際標準規格(ISO 9000)が制定されている。この国際認証制度lS09000シリーズについては、次のように解説されている。lSOによる国際認証制度は、製品やサーピスを供給する企業に対し、その企業の品質保証体制が一定のレベルに達していることを国際基準により認証する、JlSマーク制度の国際版ともいえる制度である。この制度はヨーロッパECを中心に実施されてきたもので、日本は導入が大きく立ち遅れていたが、1993年11月1日に財団法人の認定機関「日本品質システム審査登録認定協会」が発足した。この機関は一カ国一機関となっており、次の3種類の業務を行う。

@認証機関(各企業の認証と登録を行う)の認定A教育機関(アセッサーの教育・企業の指導)の認定Bアセッサーの認定 である。認証機関では、アセッサーといわれる審査員を何名か擁していて、これらのアセッサーが企業の審査に当たる。審査に合格すれば、その企業はISO9000により認証された企業として認証機関に登録され、国際的に認められることになる。それまでは、日本としての認定機関も認証機関も無かったため、日本品質保証機構JQA(元機電検JMI)など一部の機関が英国その他の国の認証機関の協力で、外国の認証を受けてきたが、これ以後は、日本としての認証が行われるようになった。

●ES(従業員満足)

 従業員満足はCSを実現する企業内組織の満足がCS同様に重要であり、企業の業績を左右する問題との認識が深まってきている。如何にESを高め、組織のモラルやモチベーションを向上させて行くか、が関心を集めている。このところ、リストラに明け暮れた米企業が一転、求人難に直面した。景気拡大の長期化で労働需給がひっ迫、情報産業では技術者の争奪戦が激化している。「米企業の経営課題は『顧客』から『従業員』に移る」と、アーサー・アンダーセンの最高経営責任者、リチャード・ミゼール氏は語った。米企業は90年代前半まで顧客満足を重点テーマに掲げたが、これからは「従業員満足」を競う時代を迎える。ストックオプション(自社株購入権)を導入して、意欲ある人材を引きつける報酬体系を作る。医療など福利厚生を整える。賃金改革だけでは十分ではなく、快適な職場境境はもちろん、面白い知的な仕事を提供できない企業はもう人材を集められない。リストラブームに便乗して従業員を冷遇してきた企業はしっぺ返しに遭うだろう。メディアが暗い「ホワイトカラー・ブルース」を奏でている間に、米の有力企業は素早く雇用戦略を転換している。かつてリストラ経営の代名詞だったlBM。93年に会長に就任したルイス・ガースナー氏は、「リストラの早期終結」を宣言して一気に大規模な合理化を実施したが、95年には早くも雇用者数が増勢に転じ、96年には2万6千人を新規採用した。終身型雇用にこだわった昔の経営陣では、これほど早く反転できなかっただろう、といわれている。

●ES(地球環境満足)

 容器包装リサイクル法と廃棄物処理法の制定

  容器包装リサイクル法はテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンのリサイクルに関する法律であり、環境保全のためにリサイクルすることを求めている。廃棄物処理法は法律で指定した特定機器廃棄物を対象にその処理について規定したものである。現在、日本の廃棄物は年に6千万トンとなっており、その1%の60万トンがリサイクルされているが、残りの殆どはそのまま、ないし焼却されて、埋め立てられている。このままでは、廃棄物により環境が破壊され、生活が脅かされる。しかし、廃棄物処理の費用負担が問題となっており、最終的には消費者の負担になると見られている。大量にものを作り、作りすぎとなって売れ残り、廃棄物とするやり方は、もはや許されない。

 

ISO−14000シリーズとは?

 国際標準化機構(ISO、本部・ジュネーブ)が定めた「ISO−14000シリーズ」と呼ばれる企業の環境管埋に関する国際規格が、1996年9月1日発効した。このシリーズは5つの国際規格により成る。これを受けて10月20日に、この環境管理の手法が日本工業現格(JISQ14000シリーズとして公布の予定)に導入された。企業が、地域や地球規模の環境保全のために真剣に取り組むことを求められる時代になった。国際規格の導入を機に、環境に配慮した企業、産業活動に変える動きを広げる必要がある。発効した規格の内、「ISO14001」は、企業の環境管埋システムの国際規格で、企業に@環境対策の基本方針を決めて広く周知するA省資源や省エネ、廃棄物削減とリサイクルの目標を掲げるB管理状況を記録して、マニュアル化する――などを求めている。外部監査も受けることとしており、このシステムの大きな特徴といえる。これはシリーズのスタートであり、今後も14001を基本に、環境への影響を少なくするための国際規格の強化が、相次いで進められる見通しである。企業は厳しい対応を迫られることになる。ISOは、これまで鉄板の厚さやフィルムの感度、ねじの形など約1万件の製品の規格を標準化してきた。国際間の流通をしやすくする仕組みであり、各国から民間の標準化機関が参加している。今度のシリーズは環境面での経営管埋システムの普及を目指している。原料調達から製造、販売、使用、廃棄の各段階に目配りして環境負荷の少ない製品に変えることも課題となっている。消費者の選択の材料となるラベルの導入も視野に入れられている。非政府機関のISOの認証に拘束力はないが、事実上国際的な取引の資格要件になることを認識すべきだという。背景は、1992年の地球サミットで持続可能な開発がテーマとなり、それに即した産業活動が求められたことにある。その手法としてヨーロッパを中心に環境管理システム導入が進められてきたが、日本では電機業界が早くから外部監査のため、日本環境認証機構を設立した。NECのようにグル−プの約120社にまで環境管理システムを広げようとしている企業もあるが、問題は中小企業の取り組みである。認証を得るには外部監査や審査登録に資金や人手が必要であり、国や自治体の支援策、優遇措置が望まれる。環境管理システムがうまく機能して省エネ、省資源が進めば企業にプラスとなり、対外的にイメージを高めることにもなる。環境保全の切り口から、新しい技術や製品が生まれることも期待できる。すでに環境管理・監査システムをスタートさせている欧州連合(EU)は、2000年には原材料やエネルギーの消費量、廃棄物の排出量などの公表も含めて制度の義務化を検討しているといわれる。

 

ISO14000って何? 

 工業製品の規格を国際的に決める国際標準化機構(IS0)で決めている規格のうち、企業の環境管理・監査についての標準規格のことです。ISOはジュネーブに本部を置く非政府機関で、一九四七年に設立され、現在百二十か国の団体か参加しています。規格そのものには拘束力はあリませんが、政府調達の案件になったりするため、自主的に守る企業か多くなっています。規格には番号かついており、基本的な製品から順に番号か割り振られています。ISO1番はネジ、ISO2番はファスナーです。この規格で作られたものは、同じサイズ、形のためどの国の製品でも互換が可能です。フィルムのIS0100やIS0400sという標記もこの規格の一環で、感度が良くなると数字が大きくなります。その規格が増え、ISO9000番シリーズは品質管理と保証について、14000番シリーズが環境管理の国際規格に割りふられました。

 仕組み 

 ISO14000番シリーズは、工場などでの環境管理の方法や排出物の削減などの報告や製品の環境ラベル、製品の製造から使用・廃棄に至る各段階ごとの環境影響評価、その監査方法などを細かく規走しています。九二年にISO理事会で環境管理に関する国際視格を作ることが決まリ、九三年から議論か始まりました。その後、分野別の規格作成会議を経て、昨年秋発効しました。この規格の中身は、環境担当の役員を置くことや社員の環境教育を徹底するよう求めるなどかなり厳しくなっています。議論当初は日本の企業の中には反対論が多かったのですが、環境保全の国際的な流れに押されるように賛成論が増えてきました

 将来

 この規格を充分満たしていると認められた企業には認証が与えられます。取得のための専門業者も生まれ、日本国内では七月現在て約三百三十の企業や工場などが認証を取得しています。企業だけではなく、地方自治体や病院などでも認証を取得する動きが広まっています。認証取得後、総合的な環境報告書を作成し、公開したり、環境行動計画を発表する企業も出てきています。一方、中小企業の場合は認証にもお金がかかるため、認証取得が遅れそうで、今後、支援策が欲しいです。認証の取得が増えるということは、環境教育が徹底していくことにつながるので、これまでにない環境教育の機会を提供することにもなります。

 このシステムの信頼性を高めるため、情報開示をどう進めるかは重要な課題といえる。産業活動が与える環境影響を減らすためわが国が果たすべき役割が期待されている。企業が商品開発に当たって、設計段階で商品廃棄後のゴミの削減まで考えるのを「逆工場」と呼んでいる。これまでの商品開発のプロセスは、企画→設計→使用→回収→ゴミという流れであったが、逆工場では、商品は長寿命化し、修理がしやすいようにし、使用済みでは、再生、リサイクル、部品の再利用ができるように配慮するものとなっている。それをさらに進めて、レンタルが提唱されている。東大理学部の理学博士松井孝典助教授は、地球の危機は所有の幸せではなく、「レンタル」が救うといっている。人間自身も地球から「レンタル」している。オーダーによりその商品をレンタルし、使用が済んだら勝手に廃棄するのでなく、レンタル会社に返還するので、リユーズやリサイクルが一層しやすくなる。

繊維・アパレル産業の環境への負荷は、次のようになっている。エコ繊維、エコカラーは環境負荷低減考慮のものを示す。テンセルなどがエコ繊維である。

 

川       上    川      中      川 下衣生活 

原糸・紡績(エコ繊維)   アパレルメーカー        小売り 顧客

織物/編物    縫製工場――   ↓ ↓

  染色・整理 ↓   売残品 着用

ボイラ 洗浄    ボイラ 裁断くず布   ↓ ↓

→ リサイクル 残品値引き 古着 包装

↓―→リサイクル←↓

エコカラー → 焼却――― 焼却 ―――――― 廃棄

↓         ↓   ↓

CO2(地球温暖化) 水質汚染 CO2 CO2 埋立 CO2 埋立リサイクル

窒素酸化物 アゾ染料と塩素により   有害オゾン 有害オゾンエコ繊維

炭化水素 下水処理で変異原性物質 ダイオキシン ダイオキシン

光化学オキシダント(有害オゾン)

無縫製横編機(セーターやベストの生産用)

裁断と縫製を行わないので、糸から直接に製品を編み上げ、裁断くず布を出さない。

(5)客業生産へ

 これらのことから、工業は過去のものとなり、脱工業の生産は顧客を画一的にあしらう量産を脱して、顧客個々に対応する個産になり、工業(工という作り手の業、たくみの業、Industry)の名も客業(客のための業、Ordustryと造語とした)に変わり、工業量産は客業個産に変わるのだと信じているわけである。21世紀には工場は「逆工場」としての性格となるという。逆工場とは前述の商品のゴミの対策を盛り込むばかりでなく、生産の情報が顧客から発して、これに工場がレスポンスして生産を行う意味も持ち、現在の情報が作り手の川上から買い手の川下に流れるという流れを逆転して、川下の顧客から情報が川上に逆流することをいうのである。21世紀は逆工場の時代でもある。製造業は製品を媒介にしたサービス業となるという。これを実施するために、当然、生産のアメリカアパレル産業の道筋方法が変わってくる。多品種少量生産のために単工程持ちの分業専門的ライン構成でのロット流しの方式は採用されなくなり、多工程持ちの多能工による助け合い作業で、少量流しに移行することになり、作りすぎのロスが排除されるようになる。設備の今後はどうかというと、顧客の欲求を満足させる観点から生産の設備は作り上げられる。既存の設備が前提となる現在の生産設計は、プロダクトアウトの「プッシュ型設備(押し付け型設備)」の考え方であって、生産は顧客にマッチさせるより既存設備にマッチさせる結果となってしまう。設備は顧客の欲求を満たす観点で作り上げられなければならない。これは「プル型設備(顧客の欲求が引っ張る設備)」ということになる。このため、工場は設備について単純購入、単純使用のレベルを乗り越えて、設備を使いこなしの上に作り替えて、顧客によりマッチさせることができるようになることが必要である。これは縫製業が労働集約からより深い設備知識の上に生産するという知識集約への移り変わりを意味する。そのこと自体容易なことでないが、一人当たりの付加価値額が工業業種中最下位の現状を嘆くだけでは何の解決にもならないのである。

 

15回   インターネットによるアパレルビジネス

  情報・通信分野の専門家の間では、このところ「来るべきマルチメディア社会のインフラ(基盤)ともいうべき、コンピュータを使った情報のネットワーク化が、飛躍的な拡大に向かう」とり見方が有力になっており、パソコンの台数が年間300万台から400万台というオーダーで増えていて、情報ネットワーク社会がぐんと近ずいてきた。日本でのパソコンの保有は平成8年、550万所帯で約10%、その中でパソコン通信人口は220−230万人、インターネット利用は130万人(人口の1%)となっているが、パソコンがどんどん売れており、今後の増大が見込まれている。コンピュータの利用形式も「計算からコミュニケートへ」と大きく変わり、本格的なマルチメディア社会への序曲が始まっている。ネットワークのベースになる通信も、電話での音声通信からデータ通信(文字、コンピュータデータ、映像、画像、音声などの通信)に変わってきており、通信速度の超高速化も実現しつつある。これまでの情報ルートがマスメディアとして情報発信元からの一方通行の画一的報道であったのが、このマルチメディアによるネットワーク化の進展によって、多数の人たちへの情報アクセス(情報のやりとり)を可能とし、この結果、不特定多数の顧客の意見もネットワークを通じて、相互に議論し、生産者側と消費者側の情報距離を縮め、時間的遅延を解消して同時性の伝達を可能とし、消費者の気持ちとなって生産するための共感を成立しやすくする。このためにネットワークはCS実現のための革命技術と位置づけられる。しかも、ネットワークによる情報交流は、社会の分析、細分化や専門化の中でバラバラとなってしまっている生活に、再び全体的な結びつきや総合化の活動を生み出すにも役立つ手段となる。顧客のグループはこれまでは「地縁」「血縁」「職縁」といったつながりによりローカルに結成されるのが主であったのが、ネットワークのオンラインで知り合うことによる多数と多数のコミュニケーションが顧客や消費者の大きなグループを生み出し、このような「電縁」グループがインターネットなどより全世界的に広がることになり、生産側のグローバルなCS達成に不可欠のシステムとなると考えられるのである。現在インターネットのホストの数は世界的に1千万となっており、ホストに10人のユーザーがいたとして1億人(世界全人口の2%)に達するという。このようなネットワークにおける顧客グループの意見や希望が生産者側に伝えられることになるだろう。これは顧客の「口コミ」から「電コミ」への進化である。現在時点で、世界最大のアパレル企業、アメリカのリバイ社はインターネットにホームページを開いており、開くと日本に関するコンテンツ(内容)も見ることができる。顧客満足度を高めるために、21世紀では、「量産」でなく、顧客へのきめ細かな個別対応の「個産」の時代となるとされる。通産大臣の諮問機関である産業構造審議会の報告書「21世紀の産業構造」によれば、21世紀では、「ゆとり」「豊かさ」「生活の質」が重視されるようになるとされているが、国民の潜在的ニーズを考慮すると、適切な環境整備で、多くの新規・成長産業が展開し、環境関連、情報・通信関連、生活関連で住宅など12の分野で現在の市場規模130兆円が2000年には210兆円程度、2010年には350兆円程度の規模に拡大する見通しを立てている。21世紀において、アパレル産業が現在の苦境を解消し、生活関連として住宅産業に劣ることなく、顧客に密着し、顧客と共感の上に立ってCSを高めるようにネットワークを活用し、クィックレスポンスを進展させ、生産を「個産」として行くことである。このような方向により、アパレル産業の再生が実現するのである。

宛先

URL

ルイ・ヴィトン

http://www.vuitton.co.com

ソニアリキエル

http://www.soniarykieLfr

リーバイス

http://www.levi.com

TeFIA

http://www.tefia.or.jp/

河内 保二のアパレル縫製論塾infoweb

http://village.infoweb.ne.jp/~fwgk4021/

河内 保二のアパレル縫製論塾interq

http://www.interq.or.jp/tiger/kawauchi/

インターネット”誕生”から三十年

今月は、インターネットの源となった米国のARPAネットが誕生してから三十年、インターネット爆発の元になった閲覧ソフト、ネットスケープナビゲーターが生まれて五年の節目にあたる。インターネットはこれからどう変貌するのか。

進化、驚異の加速度 利用法なお未知の可能性

一九六九年十月二十九日(一説には二十日)。UCLA(カリフォルニア大ロサンゼルス校)から発信した「login」の文字を北カリフォルニアのSRI(スタンフォード研究所)のコンピューターが受信した。電話回線を介して遠く離れたコンピューター同士が初めて"会話”した瞬間だ。ヘッドセットを着けた技術者が「今、1(エル)を送った」「届いた」「次、O(オー)を送った」「届かない」との音声会話を同時にやり取りしながらだったという。国防総省の後押しで進められていたARPAネットはこうして産声を上げた。一般的にこれがインターネットに道を開いたと言われるのは、今日のインターネットの基幹技術である「パケット交換」で通信が行われたからだ。情報を断片化(パケット化)し、あて先を付けて回線に流し込むので交換機が要らず、回線を利用者すべてで共有出来るこの技術は、こうしたパケット交換による通信を制御するTCP/IP、あるコンピューターに収容されている文書から、関連のあるページに直接飛べるWWW(ワールド・ワイド一・ウエッブ)とともにインターネットの三大技術要素とされる。九一年にWWWが出来て利便性は格段に高まったものの、インターネットはまだ研究者のものだった、それを劇的に変えたのが、イリノイ人学で開発されただれでも簡単に使える閲覧ソフト「モザイク」で、これを商品化したネットスケープ社の「ナビゲーター」が九四年十月十三日に無料で提供され、インターネットは一挙に大衆化する。だれもが発信者になれることになってからのインターネットの進化は目まぐるしい。研究者同様、一般の利用は情報検索と電子メールから始まったが、すぐにビジネスに利用されることになる。まず、オンライン広告が現れ、次にオンラインショッピング。いまやあらゆる経済活動にかかわる。これに伴って文字中心から画像中心になり、音声、動画像が珍しくなくなった。他方、欲しい情報を探すサーチエンジンが充実し、テレビ並みの視聴率調査も始まった。研究者のためのネットの時代には考えられなかったポルノや犯罪も横行するようになった。犬の一年が人問の七年に相当することから生まれた「インターネットはドッグ・イヤー」という言葉にならえば、九四年の"インターネット元年"から三十五年分の出来事があったわけだ。これから五年、十年先の進化の速度は測りがたい。ただ、携帯電話でインターネットが利用できるようになったように、インターネット・パソコンの図式が崩れることは確かだ。例えば五十円で買えるマッチの頭ほどのコンピューターも開発された。これを家電などに埋め込めば、外国にいてもインターネットを介して自宅のコントロールが出来るという。多分、これは初歩的な一例に過ぎない。そしてインターネットの進化はインターネット自体を乗り越える可能性もはらんでいるとも言える。ARPAネットがインターネットとなったのは、わずか十年前の話なのだ。

 

自動車、ネット通じ受注生産 マイクロソフト、フォードと合弁      

【サンフランシスコ20日=時事】米自動車大手フォード・モーターとパソコンソフト最大手のマイクロソフトは二十日、インターネットを利用した自動車販売で合弁会社を設立すると発表した。パソコン業界で一般化している受注生産方式を取り入れるもので、自動車の製造や流通の現状を大きく変える可能性がある。マイクロソフトがネット上の同社の自動車販売ホームページ「カーポイント」部門を別会社化し、フォードが出資する。フォード以外の自動車メーカー大手の出資も募るという。来年一―三月期に同ホームページ上でカスタムメード販売を開始する計画。具体的には、消費者が同ページ上で好みの色やオプションを指定して発注すると、流通網や工場の生産ラインの中から指定の車を検索し、配達予定日を瞬時に返答する仕組みを作る。メーカーは、消費者の好みなどの最新データを生産計画に取り込むことで、より効率的な生産が可能になる。

 

ファッションショー ネットで速報 世界の雑誌、新聞読売11-10-16(25)

「瞬時に広く」歓迎 作品模倣が進む懸念も

読売ニュース・ストリームでは、高田賢三さんの肉声も速報した

この秋開かれた2000年春夏コレクションでは、大手のファッション雑誌など国内外のメディアが相次いでショーの内容をインターネットで速報した。自分の作品をネット上で発信するデザイナーも登場、これまで一部の招待客に限られていたコレクションのあり方が変わってきた。最新のファッション情報が瞬時に世界中に届くようになり、デザイナーの意匠権などの保護の問題を含めてファッション界にちょっとした衝撃を与えている。

アメリカのファッション雑誌「ヴォーグ」が運営する「ヴォーグ・コム」は、今コレクションから、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリのショーを連日速報した。服の写真に加えて、舞台裏の様子や会場にやってきた招待客の有名人などを紹介しており、ショー会場の雰囲気が味わえる。ほかにも、紙面に掲載した記事をホームページに連日再録したうえ、ファッション担当記者の声のリポートを流したアメリカのニューヨーク.タイムズ紙など、様々なメデイアがインターネットによる報道を行った。メディアばかりではなく、イギリス人デザイナー、アレキサンダー・マックイーンやイタリアのブランド、クリツィアのように作品の新しい発表手段としてインターネットを積極的に活用する動きも目立った。読売新聞社でも、今回初めてニューヨークとパリのコレクションを毎日写真などで紹介したが、これまで一部の招待客しか入れなかったショーの内容が開催とほとんど同時に広く開放されるとあって、ホームページに多くのアクセスがあった。「コレクションが見たいという人に、平等な機会が与えられたのがうれしい。服だけでなく、会場周辺の雰囲気ももっと知りたい」(東京都の34歳の女性会社員)、「これほど速く最新のファッション情報が手に入るのに驚いた」(26歳の女性会社員)なとたくさんの反響が寄せられた。インターネットによるコレクションの紹介は、ファッション関係者、特に服を発表するデザイナーの間に波紋を呼んだ。クリツィアのデザイナー、マリウッチャ・マンデリさんのように「いつも未来に向けて作られている私の服を発表する場として、インターネットはアバンギャルドな手法です」と積極的に評価する意見の一方で、「速く情報が伝わることで、自分の作品のコピーがそれだけ速く出回ることになる」と心配するデザイナーもいる。ファッションの世界では、これまでもデザイナーの作品を模倣するコピーの問題が常につきまとってきたが、「より速く、より多くの人に」情報を伝えることのできるインターネットが、こうした事態をさらに促進するのではという懸念も根強い。東京生活研究所長の太田伸之さんは「今世紀初頭から続いているファッションショー以外の発表形態が出てくるのは当然で、この傾向は続くだろう。デザイナーの意匠権や著作権の問題も含めて、情報伝達技術の発達がファッションに及ぼす影響について真剣に考える時期に来ている」戸話している。

 

.ネットで生地検索 東レなど 来春めど運営開始

東レは染色大手の小松精練や北陸の織物業者など六社と共同で、来春をめどにインターネットを使った合繊生地の検索・受発注システムの運営を始める。東レがデジタルカメラなどで撮った生地の画像情報、生地の強度、風合いなどを数値化したデータベースをつくり、各社がネット上で閲覧できるようにする。衣料など最終製品の試作・開発にかかる時間や無駄を省くのが狙いだ。参加するのは小松精練のほか、松文産業(福井県勝山市)、ケイテー(同)、丸井織物(石川県鹿島町)、井波テキスタイル(富山県井波町)、朝倉染布(群馬県桐生市)。東レが開発した糸で作った生地サンプルに関する情報を各社が共有し、商品の企画・開発や受発注業務の簡素化を目指す。生地の画像情報とともに、開発の狙い、肌触りや風合いといった感性特性、強度などの物性情報、単価、納期などのデータを生地ごとに蓄積する。東レはまず、開発済みの生地約千点分のデータを入力する。年間約一万五千点に上る新しい生地のデータも、順次追加していく予定だ。来年四月には本格的に運用に入る予定。参加企業も段階的に二十-三十社に増やす計画だ。生地の開発から商品化するまで約一年半かかるうえ、売れる商品に使われる生地は全体の一割程度に過ぎない。ネット化で開発期問を短縮し、無駄になる生地を極力減らし、全体のコスト削減につなげる。

用語の意味追加

こうじょうせい‐しゅこうぎょう【工場制手工業】‥ヂヤウ‥ゲフ(manufacture) 問屋制工業に続いて、またはこれと並んで行われた工業的生産制度の一形態。機械時代直前の爛熟した手工業労働を単一の工場に集めて、協業を行うとともに分業をも行なったもの。イギリスで一六世紀中葉〜一八世紀後半に行われたものが典型。マニュファクチュア。

こう‐じょう【工場】‥ヂヤウ機械などを使って多くの労働者が分業によって協力しながら継続的に物品の製造や加工に従事する施設。こうば。

こう‐ば【工場】機械などを使って、比較的小規模に物品の製造や加工をする施設。「町―」

ミシンの知識

《ミシンの語源?》

 ”ミシン”このシンブルな可愛らしい片仮名三文字の呼び名は一体どこから来たのだろうか?

明治時代以前の慶応年間(1865−68牛)に江戸幕府開成所による”西洋新式縫物器械”としてミシンは我が国に紹介された.当時ミシンは糸を針によって操る摩可不思議なる器械であった。”ミシン”のことを英米ではSEWlNG MACHlNE(ソーイング マシン)といっている。またドイツ語で、はMACHlNEのことをMASCHINEN(マシーネン)といっている。この”マシーン”が”メシーン”と聞えたり、”マシーネン”を発音しにくいので明治時代のはじめ頃、誰かが”ミシン”と発音して、それが日本中に広がったものと思われる。ミシンの意味は、縫い物用機械であり、縫い機械であり、運針機械であるが、裁縫機械ではない。

《ミシンの発展と歴史は》

 そしてこの”ミシン”は誰が、いつ、どこで、発明し、そして現代のハイテク機器にまで発展したのだろうか?

今日、工業用ミシンと、その周辺機器は長足の進歩を遂げ、そしてこれらの設備の世界的普及によって、いまやファッションガーメント(今はアパレルという)の世界は質量ともにこの上ないレベルに前進拡充されつつある。この様な恵まれた環境の中でともすれぱ”ミシン”は、私達の日常から離れているように感じられる。ここに来るまでには、ミシンの原理が発明されて以来200有余年の歴史の流れがあり、そこに登場した欧米を始めとする素晴らしい”天才発明家”の存在はもとより、彼等を支援し協力を惜しまなかった多数の有名、無名の人々の断えざる情熱と努力があったのである。また、幕末、明治維新の頃、ミシンがわが国に渡来して以末、その普及、発展に払われた多大な尽力と数多くのエビソードがある。

(1)200年前 ミシンの発明

ミシンの根源的発想(英国特許1764号)

 1790年7月17日、英国の家具製造業者であったトーマス・セントに、英国特許1764号としで認可されたものが、歴史上、ミシンの構造原埋として公式に認められた、最も古い記録である。セントの考案には、注目すべき数々の特性があったが、当時どのような事情で間違いが生じたのか不明であるが、この画期的考案が、なぜか特許庁で衣料品の部門に分類され、その後、全く人々の話題にのぼることもなく、長年月、英国特許庁の書庫の中に眠り続けたのであった。それから83年を経た1873年に、ロンドンで機械製造業を営んでいた、ニュートン・ウィルソンという人が、自分の製造品の件で特許庁に書類を調べに行き、書庫の中で18世紀末の特許書類を参照している時に、偶然にもセントの発明の書類を発見したのである。驚いたウィルソンは、その考案の記録と図面を刻明に調査し、5年間という歳月をかけて、セントの原理に基づいたマシンを、手作りで再現した。そして、そのレプリカ(復刻版)ともいうべきマシンを、1878年、当時パリで開催された万国博覧会に出品した。この試みによって始めて、ミシンの原理がそれより88年前にセントによって発明されていた、ということが当時の人々に明らかにされた。しかし、ここで、この試みは反面大きな矛盾と疑問を人々に投げかけた。なぜならば、1878年当時には、すでに、アメリカにおいて実用化されたミシンの製造技術が、英国・ヨーロッパに流入し、各国でミシンの生産が量産に向かいつつある段階であり、同万博にも、アメリカの著名なメーカーの製品が多数出品されていたからである。

パーシレミー・シモニアの挑戦

 この頃、機械的なソーイング装置を、自ら発明し、最初に業務用として便用したという人物がフランスに登場した。それが、リョンで洋服仕立業(テーラー)を営んでいたバーシレミー・シモニアである。彼がテーラーであった頃の1820年代では、一着の洋服を仕立てるのに23時間もの時間を要し、朝早くから夜遅くまでの長時間労働によるギルド制度が根強く社会を支配していた。彼自身が、洋服の仕立に要する時間の長さに苦慮していたばかりでなく、生来大変に博愛精神に満ち、人道的情熱の持主であったシモニアは、ギルド社会に拘束されていた沢山の子供達や未成年子女達の殆ど、奴隷的ともいうべき労働環境を見るにつけ、何とか、この悪環境を改善する道はないものかと考えていた。そして、長時間労働を助ける何かの機械を作る必要があると決心した。そして、遂に彼は何年にもわたる努力の末、1829年彼の第一号機ともいうべきミシンを完成し、翌1830年にフランス特許を取得した。彼のミシンは、当時フランスで最も流行していた装飾用タンブール刺繍を機械化したものであり、一見単純な溝造であったが、多分に実用化、量産化される要索を備えており、まさに後世に残る”優れた発明”だった。当時、縫製において最も多い需要は軍服を縫うことであった。1831年彼は80台のミシンを軍服を縫うためにパリの工場に納入した。しかし、運命の女神はシモニアに微笑みの変わりに肘鉄を送ってきた。その発明品によって、自分達の仕事が減り生計が脅かされるという被害妄想にとらわれたギルド社会のボス達の指示によって、ある夜、70名にも及ぷ暴徒が工場に乱入し、ミシンは跡形もなく破壊され、シモニア自身にも身の危険が追り辛くも裏口から脱出した。彼は無一文となり、途方に暮れ、やむなく再ぴ故郷のリョンにもどり虚しい歳月が流れて行った。しかし、彼は自分の胸の中に燃え続けている発明の炎を決して消すことはなかった。彼はティラーとして日夜働き続け、そこで得た収入を再び発明品の為に投入した。そして、1845年、更に優れた要素を持つ改良型を完成し、1848年英国特許を取得した。この頃、彼の努力に共感した弁護上、ジーン・マリー・マグニンの協力を得て1851年に開催された大英博覧会に、彼は自作のミシンを出品した。しかし、結果は世間の冷たい風評に遭遇しただけであった。不遇のうちにシモニアは1857年64歳で人生の幕を閉じた。今日彼の一生を考えるときに、それが如何に優れた発明であったかという証として、後年、コード刺純(ハンドル刺繍ともいう)ミシンとして、世界に市場を開拓したドィツ、リンツ社の製品、そしてフランス・コーネリー社の製品は全てシモニアの考案原埋を改良し応用したものであるという事実を見れば、明らかである。現在、シモニアの第一号機は大英博物館に所蔵され、またそれと同型のもの及ぴ改良型等は彼の功績を讃えるために作られた、フランス・リョンのシモニア記念館に保存されている。

  (2)シンガーミシン 事業の成功

 アメリカ・ニューョーク州ピツッタウンの出身。当初、親友ジョージ.ジーヴァーと木版自動彫刻機の開発を行ない、その機械を売込むためにポストンのオーソン・フエルプスの工場に立奇ったのは、1850年の夏、シンガー39歳の時であった。その時フエルブスが、自らパテントを所有しているミシンに欠点があり、これを改良して世に出せば、必ず大きな市場を獲得できるということを熱心に二人に話をした。木版彫刻機が不評で落胆していた二人は、気を取りなおし、この未知のマシンの改良に全力を挙げて取組む決意をし、約2か月間、夜を日に継ぐ必死の努力を続け、遂に9月末製品は完成、これが有名なシンガーミシン第一号機で現在、大英博物館に所蔵されている。翌1851年、シンガーは独自の特許を取得、”シンガー”ブランドで積極的にセールス活動を開始し製品が市場に出始めた頃、図らずもエリアス・ハウから待許侵害であるとして、製品の販売停止と賠償金25、000ドルの要求を伴う訴訟を提起された。シンガーとジーヴァーは、弁護士エドワード・クラークに相談し、クラークは数次にわたりハウと法廷での抗争を繰り広げたが、1854年目出度く訴訟が和解成立し15、000ドルをハウに支払うことによって、シンガーは製造販売権を取得するという内容で決着した。名弁護士エドワード・クラークは、以後シンガー社の副社長となり、割賦販売方式を世界で始めて発案し、シンガー社の躍進とミシンの普及に多大な貢献を行なった。希代の実業家として世界的名士となったアイザック・メリット・シンガーは、1863年に現役を引退、パリに移住し、後にロンドンに居住し、彼の地で1875年に永遠の人となった。因に、シンガー引退後、二代目社長がインスリー・ホッパー(任期1863〜76年)、三代目社長が、エドワード・クラーク(任期1876〜82年)である。このように、シンガーは1863年に引退し第一線から退いたが、その後もシンガーミシン製造会社は、他社の有効パテントを次々と買取り、家庭用・工業用の両分野に巨大な歩みを続け、遂に今世紀初頭1905年ウイーラー&ウイルソン会社を吸収合併し、以後”世界のシンガ一”としてミシンに関するオールマイティーとしての地歩を固め、歴史に大きな足跡を残したのであった。シンガー自身は、引退時に40%の株式を所有しでおり、世界の富豪として後年のカーネギー、フォードと並ぴ祢せられたのである。

  (3)先進国ミシン業界の現状

年号   国 名      事       項

1846  米   エイリアス・ハウの特許(米国5番目)本縫いロックステッチ原理の発明、今日のミ          シンの源流となる。

1850  米   アイザック・メリット・シンガー ミシンの改良研究に着手。

1851  米   シンガー独自の特許取得 第一号機を完成。

      米   アレン・ウイルソン(ミシンに関する優れた発明、改良を行う)はウイラー&ウイルソン          会社を設立。

1854  米   エイリアス・ハウ 対 アイザツク・シンガーの訴訟の和解成立。

          弁護士、エドワード・クラークがシンガー社に経営参加する。

1856  米   ソーイング・マシン組合の設立。

          グローバー&べ一カー社・社長・弁護士オーランド・ポツターの提案で4社協定成立。           ミシンの自由製造・販売に多大に貢献する。

1857  米   ウイルコツクス&ギブス会社設立。発明者、ジェームス・ギブス 低価格の単環ミシ            ンで世界的市揚を形成、米大企業となる。

1860  独   アドラー社 創業

1862  独   アダム・オペルがミシンの製造を開始、後に自動車メーカーとなる。

      独   ゲオルグ・ミカエル・パフ、ハウとシンガーの長所を取入れミシンの製造着手

1867  独   ニコラス・ダールコッブがウイラー&ウイルソン社製品をモテルとして、製造開始。            1890年代には、大メーカーに躍進ずる。

1873  英   工ドワード・ワード フリーア一ム型ミシンの特許

1881  米   ユニオン・スペシャル社 創業

      伊   リモルディ社 創業

1882  独   ジョン・カイザー ジグザグ・ミシンの量産化

1905  米   シンガー Mfg カムバニー、ウイラー&ウイルソン会社を吸収合併 ”世界のシ          ンガー”としての地盤を固め躍進ずる。

 

欧米ミシンメーカーの経営激変

1970? 伊   リモルディ社 米資本アメリカン・ロックウェル社の傘下に入る。

1975? 米   シンガー社赤字経営に陥る。ミシン部門を子会社SSMCに移管。

1980? 米   シンガー社SSMCを香港資本セミティック社に売却。

1985  米   ユニオン・スペシャル社 日本のJUKIが買収。

      独   アドラー社とデュルコップ社 合併。

1991? 独   デュルコップ・アドラー社 米資本アメリカン・ロックウェル社の傘下に入る。

1992 独 パフ社 香港資本セミティック社が買収。

1999 米 シンガー社は会社更正法適用申請。

 

フェラーリの挑戦 職人芸から脱皮 先端技術、人材を海外から 

 イタリアGPで、地元の熱狂的な声援を受けたフェラーリ・チームのエ−スドライバー、ミヒャエル・シューマツハー(独)は六位に終わった。しかし、本人は落胆していなかった。「まだ10点もリードしている」と年間総合成績二位につけるライバルのピルヌーブ(カナダ、ウィリアムズ・ルノー)との差を強調し、自信を見せた。残りはわずか四戦。フェラーリ優位は動かない。自動車メーカーとしてのフェラーリは、年産わずか三千三百台。一流の技術を持った従業員が手作りに近い形で一台、一台を組み上げる。メーカーというよりは、むしろ職人芸が支える工房に近い。そこから生みノ出されるロマンチックな超庁高級スポーツカーは、世界のマニアの垂涎の的だ。最高のスポーツカー作りリに取り組むフェラーリが、、同様に全精力を傾けてきたのがF1レースなのだ。一九五〇年以来のF1史上、最多の通算百十一勝、ドライバー年間王座も最多の八回を数える。ファンにとって、F1とはフェラーリであり、フェラーリとはF1だった、と言っても過言ではない。しかし栄光の歴史は七九年を最後にいったん幕を閉じた。ホンダ、ルノーなど大メーカーが強大な資金力を背景に進めた新技術開発に太刀打ちできなくなったからだ。ターボエンジン、駆動力の電子制御、空カボディー…・。豊富なデータをもとに、規定の枠の中で最速の技術を進化させるホンダらの攻勢に、レースを欧州貴族の伝統スポーツの延長線上にとらえ、イタリア純血主義と職人気質にこだわっていたフェラーリほ大きく水をあけられた。王座奪回の切り札として登場したのが、九〇年に社長に就任したルカ・モンテゼモロ氏だった。七〇年代に二十代でチーム監督としてフエラーリを王座につかせた天才マネジャー。九〇年サッカーW杯イタリア大会て、組織委員長としてらっ腕を振るった後の古巣復帰だった。新社長は、「続率力のある優秀な人材を登用する。国籍は問わない」と宣言した。まず、招き入れたのが、ラリーの世界で仏ブジョー社を常勝チームに育てたジャン・トッド監督(仏)だった。「責任の所在があいまいで、マシン開発に統率が取れない。人間関係も微妙だった」。トッド監督は、当時のフェラーリ・チームをこう振り返る。「職人頼り」から「合理主義」への転換が始まった。九三年には「開発作業の進め方を学ぴたい」とホンダと協力関係を結び、翌年には後藤治・元ホンダF1チーム監督をエンジン開発責任者に迎えた。今ではF1部門の主要スタッフは外国人が大勢を占める。現場での使用言語は英語だ。現在、イタリア北部、モデナ郊外の工業団地にある本社に隣接した全長三`のテストコースは、世界GPの全コースの要素が含まれている、という。出走前のマシンはレース直前まで微調整を行う。さらに、巨大な「風洞実験施設」も完成間近だ。時速三百`の風を起こし、最適なボディー形状を探る施設だ。F1取材四十九年のモータージャーナリスト、ジェラール・クロンバック氏(スイス)はこうした〃変身〃について、「フェラーリのロマンチックな部分は失われた」と一抹の寂しさを隠さない。「しかし、現代のF1に勝つには、それが必要だったのだ」(小鳥雅生、写真も)

 

マリー・アントワネットの生涯 「ハブスブルグ家の光芒」菊池良生著 作品社刊 

107〜110頁

マリー‐アントワネット【Marie Antoinette】フランス王ルイ一六世の妃。マリア=テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ一世との末娘。フランス革命の際、ギロチンで処刑。(1755− 1793)

ハプスブルク‐け【―家】(Habsburger ドイツ) オーストリアに君臨した王統。ヨーロッパで最も由緒ある家柄の一。しばしばドイツ国王に選ばれ、1438〜1806年の神聖ローマ皇帝はすべてこの家柄から出た。1918年までオーストリア‐ハンガリー皇帝。また、婚姻政策の結果、1516〜1700年スペイン王位を占める。

 ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの娘たちの取りを務めるのは御存じマリー・アントワネットである。女帝マリア・テレジアの政略結婚政策の総仕上げとしてブボン本家に興入れした女帝の末娘マリー・アントワネットの数奇な運命はあまねく知り尽くされている。それゆえここで彼女のギロチンまでの生涯をたどることは差し控えたい。それよりも古来より人を意きつけて離すこと止まぬ「数字の不可思議な遊び」に耽り、あるこじつけを楽しむ方がおもしろい。その数字とは、1755.11.2。もちろん、日付である。一七五一年十一月二日。この日にマリー・アントワネットは生まれた。十一月二目はキリスト教徒の万霊節。死者を祀る日である。しかしこれだけではこの日が特異な日とは言えない。その日が一七五五年十一月一日の次の日であることに意味がある。末来のフランス王妃の誕生年の十一月二日の万霊節に祀られた死者のなかにはその前日に命を落としたおぴただしい数の人がいた。いったいどのくらいの数なのか。ゲーテは一瞬のうちに六万人が命を落としたと書いているが、実際はその半分ぐらいであったらしい。いずれにしても大惨事である。リスボン大地震である。この未曾有の出未事に人々は恐懼した。なにしろ「恐怖の悪霊がかくも迅速に、かつ強力に、その戦慄を地上に繰り広げたこと」に対し神は「正しい者も不正な者も等しく破滅の淵に投じることによつて、方物の父たる実を示さなかった」(ゲーテ『詩と真実』)のだから。啓蒙哲学者ヴォルテールはこの日を境に悲観主義に陥り、「この世のものは総て善なリ」というポープの詩句をこれぞ蒙昧と決めつけたほどである。いずれにせよマリー・アントワネットは母なる大地が揺れ動くことを痛切に知らされたその次の日に呱々の声を上げた。この日はなにかの始まりの日であった。すなわち「地球が変動するものであること、歴史をもつものであることを強く人々に意識させ」(坂本貴三「庭園と音楽にみる技術」)たその日である。大地が動くならぱ、いままで不変と思われたものも動く筈である。このころヨーロッパの庭園様式にある変化が起きた。幾何学模様の静止空間を楽しむフランス式庭園から一歩進むごとに風景が変わる動的空間に遊ぶイギリス式庭園への移行である。なにかの始まりの日に生まれたマリー・アントワネットもフランス式庭園の牙城ヴェルサイユ宮殿の一角にイギリス式座園を造営した。しかし彼女は庭園様式の変化にかすかに顕れたダイナミックな時代の変化は読みとれなかった。大地が揺れるならぱ体制も揺れる。体制の崩壊は天変地異とともにやってくる。一七八三年五月九日。マリー・アントワネットがフランス王妃となって九年日。夫ルイ十六世がある手術を受けて二人には子供ができるようになり、王太子も誕生した。うるさいウィーンの母マリア・テレジアはすでにこの世にいない。ヴェルサイユとパリで享楽の日々を過ごす王妃にとってこの日はなんの意味もない。革命勃発の日すら「何もなし(リヤン)」と日記に書いた夫に倣い王妃もこの五月九日を「何もなし(リヤン)」と書いたことだろう。『気象と文化史』の著者H・H・ラムによれば一七八三年前半に北半球で火山の爆発が相次ぎ、ヨーロッパはその影響で寒冷期に入った。新暦1月九日は浅間山大爆発の日である。天明の大飢鮭を呼んだ浅間の火山灰は北半球の成層圏に長く滞留しヨーロッバの凶作を引き起こしフランス大革命の原因となったという説がある。伝記作者は普通このような「歴史学のなかに自然という要素をひきこむ」(樺山紘一「噴火と革命の間」)説に組みしない。伝記の主人公の「主体件」を大事にするからである。だからこそマリー・アントワネットの伝記作者シュテファン・ツヴァイクは、彼女が王太子妃時代の一七七二年の新年拝賀式で国王ルイ十五世の愛妾と初めて口をきいた、そのフランス語でのたった九語がポーランド一国の命運を征し同国は分割の憂き日にあった、と書いている。しかしこれではあまりにも「主体牲」がすざるというものだ。こうした強烈な「主体件」が主宰する世界は天変地異を神の御徴としか見ない。地球の孕む莫大なエネルギーには目が向かない。これに対しリスボン大地震に始まった静から動への転回をいち早く知ったイギリスは産業革命を成し遂げる。フランスは後れをとった。フランス大革命とはマリー・アントワネットに体現されるアンシャン・レジームを倒しこうした遅れを取り戻そうとするフランスの切羽詰まったぺレストロイカであったのだ。だとすると、一七五五年十一月二日、すなわちリスボン大地震の翌日に生まれたマリー・アントワネットは自ら天変地異の申し子でありながらその天変地異に大きく後れをとり、置いてきぼりにされたことになる。もちろん、ハプスブルク家の姫君、後のフランス王妃はそんなことは露とも思わない。マリー・アントワネットはあくまでも一七九三年十月十六日、ジャコバン派の「主体性」の暴虐非道の犠牲となって死んだのである。

●マリー・アントワネットやナポレオンが愛用した時計として、ブルゲの時計が知られている。

その18世紀のフランス宮廷  仏映画「リディキュール」が画く  会話術なければ国王に会えない  「男は黙って」よりも  出世には「軽薄才子」  

 日本語では、ナイーヴという言葉は、「感受性の鋭い」「繊細な」という意昧で、褒め言葉として用いられる。ところが、この言葉のもととなったフランス語のnaif(naive)という形容詞は、たしかに「純真な、率直な」という良い語義もあるにはあるが、たいていはむしろ貶(けな)し言葉として「愚直な、人を信じすぎる、おめでたい」の意に用いられる。逆に、フランス語では、「悪意のある、意地の悪い」が原義のmalin(maligne)という形容詞が、「利口な、巧みな」というように、褒め言葉に使われている。これは何を意味するかといえば、要するに、フランスの文化においては、単純で素朴で募黙なのは良いことではなく、複難て抜け目なく能弁なのが良いこととされているのである。質実剛健を好み、軽薄才子を嫌う日本的感受性とはまったく相いれない価値観である。「男は黙って」というのは通用しない。エスプリに富んだ受け答えができてこそ、人前の男である。それどころか、才気がなければ出世さえおぼつかない。もし、然るべき状況で然るぺからざる言葉を吐いたリ、ヘマをしでかしたりしたら、「Le ridicule tue. 滑稽はその人を殺す」、つまり物笑いになつたらおしまいなのである。こうしたフランス的価値観が確立されたのは、ルイ14世が封建貴族の力をそぐために、彼らをヴェルサイユ宮殿に出仕きせた17世紀後半のことである。「三銃土」のように武術に長けたものが出世できた時代は去り、言葉のフェンシングに巧みな者だけが王と王妃に取り入るこがてきるようになった。なぜなら、ヴェルサイユにおける王候貴族の仕事は退屈せずに遊びつづけることだったから、必然的に会話の術が重視され、エスプリが幅をきかせるようになったのである。ハトリス・ルコントの映画「リディキュール」を見る場合、こうした背景を頭にいれておくと、一層楽しみが増すかもしれない。太陽王の治世から、一世紀を経た18世紀末のルイ16世とマリー・アントアネットの時代、宮廷の風潮は弛緩し、精神の気高さや誠実さとはいつさい無縁の表面的な才気だけがすべてを支配し、貴族たちは、国王や王妃の注目を引くような気の利いた受け答えをすることだけに汲々としていた。そんな中、伝染病を発生させる沼沢地の干拓事業に情熱を燃やす一人の青年技師が、国王の内帑金の申請にやってくる。ところが、宮廷では、エスプリに富む会話のできない人間は、国王へのお目通りすら許されないので、見かねた宮廷付きの医師が、青年のエスプリ教育を引き受け、宮廷で出世する方法を伝授する。青年は、努力のかいあって、宮廷に出入りを許され、大貴族の貴婦人の愛人の座を射上めることができるが、他人を蹴落とすために、人を物笑いの種(リディキュール)にし、自分の才気を見せつけようと努める宮廷人たちに嫌気がさし、ついに、仮面舞踏会で怒りを爆発させる…。映画は、フランス的なエスプリの構造をわかりやすく絵解きするために、18世紀のヴェルサイユ宮殿を舞台に使っているが、じつは、こうしたエスプリの戦争がもっともも盛んだったのは、ブルジョワジーが貴族と覇権を争うようになった19世紀の社交界である。そこでは、金と力ではかなわない貴族たちが、言葉という武器を使ってブルジョワジ−に階級の差を見せつけて物笑いにしようと、いたるところにエスプリの罠を張っていた。バルザックの「ゴリオ爺さん」や「幻滅」、プルーストの「失われた時を求めて」には、こうした罠をかいくぐって出世を狙う若者の姿がさまざまに描かれている。この意味で、「リディキユール」はフランス文化の理解に格好の教材となるにちがいない。

ミツコはハプスブルグ家の伯爵夫人  伯爵夫人ミツコの実像探る 「蝶の埋葬」吉田直也著 岩波書店刊 1600円。 著者は25年間、書斎に一枚の写貢を飾っている。白いドレスのミツコと7人の子供たちの肖像だ。ミツコは、パンヨーロッパ運動を提唱しEU誕生の先駆者となったリヒァルト・クーデンホーフの母。NHKの敏腕ディレクターとして、その数奇な運命を取材し、番組「国境のない伝記」を73年に「ミツコー−2つの世紀末」を87年に放映した。ミツコは日本名、青山光子。東京の骨とう商の娘で、1895年(明治28)、オーストリア・ハンガリー帝国(ハプスブルグ家)の外交官ハインリッヒ・クーデンホーフと結婚、翌年渡欧する。番組では女優の吉永小百合さんがリポーターとミツコ役を務め、ドキュメンタリーとドラマが交錯する新手法で評判をよんだ。「でも、テレピではミツコの晩年を描ききれなかった。日本初の国際結婚、ボへミアの伯爵夫人。いわぱ、ハッピーエンドの蝶々夫人ですが、華やかさと裏はらに、子供に離反された晩年がある。それがずっと気にかかっていました」定年後の九四年、食道がんで手術を受けた。生死の境を経験し、「死ぬ前に自分が伝えておくべきことは何だろう」と考え続けた。問いかけは、ミツコの元にただ一人残り、17年間介護を続けた二女オルガに焦点を結ぶ。「ミツコは現代の女性の問題を先取りしている。日本人の国際化、家族の問題、そして介護」。退院後、一日に原稿用紙一枚ずつ書き続けたのが今回の小説。ミツコの実像を求めて、著者の分身とも言える女性ディレクターの取林記録を検証するうち、ミツコの生き方と登場人物だちが現在抱える問題が重なって行く。「いろんな視点を盛り込みながら、客観的に書きたかったんです」「ミツコの子供たちもすべて亡くなりました。最後に女性ディレクターが言うせりふが今の気持ち。『よかったわ。ぜんぶ話せて』。間に合ってよかった」

 

世界的香水 ゲラン一族で受け継ぐ調香の技  香水「ミツコ」 

世界的な香水ブランド「ゲラン」は1828年、初代ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランがパリで創業した。以来、香水づくりは「ネ(鼻)」の才能を持つ子孫だけに受け継がれ、「ミツコ」「夜間飛行」「シャリマー(サンスクリット語で愛の神殿)」など数々の名香を世に送り出した。来年、創業170年を迎える香りの老舗を紹介する。

ジッキー

現代の香水は、花や果実、樹脂などから採れる天然香料や合成香料をブレンドして作られる。香料の種類は天然だけでも約千種類。かんきつ系が中心となる最初の香り(トツプノート)に続いて、ジャスミンなどの花の香りが現れるというように、香りが層をなしているのも特徴だ。こうした複雑で重層的な現代の香水の第一号となったのが「ジツキー」(30ミリ・リットル入り三万三千円)。二代目エメ・ゲランが1889年に生み出したもので、香水で初めて合成香料を使い、香りに広がりと持続力を持たせることに成功した。「ジツキー」はエメ55歳の作だが、27歳の時に別れた恋人の英国女性の愛称が名の由来。生涯を独身で通したエメは、若いころの英国留学て知り合った彼女のボーイッシュなイメージを香水に込めたと言われ、その香りはどこか野性的でダイナミック。俳優ショーン・コネリーも使っているという。日本では、東京・帝国ホテル内の直営店で扱っている。

ミツコ

日本で販売している18種類の香水の中で常時1、2位の人気を誇るのが、1919年に誕生した「ミツコ」(30ミリ・リットル入り3万3千円)だ。「神秘的な番りもさることながら、名前の由来となった日本女性の物語が受けるのでは」とゲランのトレーナー池内宏美さん(37)は語る。「ミツコ」は、日露戦争を背景に日本海軍提督の妻と英国人士官の悲恋を描いた当時のベストセラー小説「ラ・バタイユ(戦闘)」のヒロイン。日本の習憤や儀式の神秘性に魅せられた3代目ジャック・ゲラン(エメのおい)が、このヒロインに想を得て香水を作ったという。ところで、小説の「ミツコ」には実在のモデルがおり、その名を青山光子といった。のちにクーデンホーフ光子(1874〜1941)として知られる彼女は東京の骨董店の娘に生まれ、店の前で偶然落馬したオーストリアの外交官クーデンホーフ伯爵と結婚。若くして夫に先立たれながら、異国で7人の子を育て上げた。EU(欧州連合)の基本思想とされる汎ヨーロッパ主義を主唱したクーデンホーフ・カレルギーは光子のニ男で、国の壁を越えて愛を実らせた母から大きな影響を受けたと言われる。甘い香りの中にスパイス類が微妙なアクセントをつける香水「ミツコ」。それは、悲恋小説に秘められた「光子」の確かな人生を暗示した香り、と言えるかもしれない。

シャンゼリゼ

ゲランの香水づくりは代々一族だけに受け継がれてきた。「ネ(鼻)」と呼ぱれる同社の調香師は現在、ジャックの孫のジャン・ボール・ゲラン。昨年発表した最新作の「シャンゼリゼ」(10ミリ・リットル入り1万3千5百円)は、創業から数えて325番目の香水になる。原点に戻るという意味を込めて創業の地の名称をとった香水は、「香料として安定化するのが難しい」と言われていたミモザ(アカシアの一種)をべ−スにしたのが特徴。若々しいフローラルな香りが二十‐三十歳代の女性を中心に受けているという。「女性の社会進出とともに、見えないオシャレとして香水を楽しむ人が増えています」と池内さん。「ほのかに漂う香りが、意外なほど印象に残ることってありますよね。個性を主張する自分なりの香りを見つけて下さい」と話している。

ボトル:ボトルも魅力の一つ。「シャンゼリゼ」は彫刻家ロベール・グラネの作品で、キャップは凱旋門、三角形の台座部分はルーブル美術館に登場したガラスのピラミッドをイメージしており、凱旋門からルーブルに至るシャンゼリゼ大通りを表現。全体のシルエットは成熟した女性の体を表している。

 

リーバイスの歴史はジーンズの歴史 

リーバイスによって、ジーンズのスタイル、ディテールなどの、殆どすべてが創造された。そして、リーバイスの企業理念そのものが、ジーンズの商品特性になった。

1850年

カリフォルニアはゴールドラッシュの時代だった。山地では一獲千金を夢見た鉱夫たちが金鉱を求めて山を掘り続け、西部各地に都市の建設と鉄道の敷設が急速に進められていた。まさに開拓時代の真っただ中にある西部では、労働はきわめて激し〈、普通の作業衣では不充分だった。御者や測量士や鉱夫たちは、特にズボンがすぐ綻びてしまうことを嘆き、丈夫で機能的な服を必要としていたが、当時どこを捜しても、そのような商品を手に入れることはできなかった。当時リ一バイ・ストラウスはケンタッキーで「ジーンズ」と呼ばれるズボンを販売していた。

1850〜70年

リーパイ・ストラウスは、サンフランシスコで織物商を開業していた。この街の織物商の草分け的存在で、テントに使われるキャンバス地などを扱っていた。そんな時、若き日のリ一バイ・ストラウスと同じように、新しい地を求めて、東部からカリフォルニアへやって来た仕立屋がいた。ジェイコブ・デイビスである。彼はリーバイ・ストラウスが扱っていたテント用のキャンバス地に目をつけ、膝が破れない丈夫なズボンを作り上げた。そして前と後のポケットの両隅に馬具用の金属リベットを打ち込み補強した。この商品こそ、ジーンズの原型であり、今日のリーバイスの基礎となるものである。

1873年5月20日

リーバイ・ストラウス社は、ジェイコブ・ディビスと共に「衣服のポケツトを補強するために金属リベットを使用する方法」に関する特許権を取得した。今日リーバイス・ジーンズが「オリジナル・リベツティッド・クロージング」と呼ばれる由縁である。当時リーバイ・ストラウス社は別に広告などはしなかったが、特徴あるリベット付きズボンが、そのまま生きた広告だった。丈夫なリベット付きズボンの名声は、うなぎのぼりに高まり、やがて愛用者たちから、親しみを込めて「リ一バイス」と呼ばれるようになった。

1870〜80年代

リベット使用に関する特許が認められたその年、バックポケツトには、2重の弓形の「アーキュエット・ステッチ」の使用を開始した。これはリーバイスの商標のひとつだが、現在使われているアメリカの衣料品のトレードマークでは、もっとも古いものといわれている。さらに、1870年代には、素材をデ二ムに変更。色もインディゴブルーに統一。それに合わせてステッチ糸をオレンジ色にした。また「フラッシャー」と呼ばれる保証書をヒップ部分に仮留めし、1886年にはウエストバンドの後の部分にレザーパッチを採用。現在のリーバイスに続くジーンズの基本スタイルとディテールのほとんどすべてを完成した。そしてリーバイスは西部で爆発的な人気を得た。なにしろそれは「洗って、縮めて、体になじむ」というユニ−クな特性を備えていた。お客たちはリーバイスを手に入れると、すぐに水の中に飛び込んだという。そして,乾くと体に完全にフィットするのが自慢だった。

1906年

サンフランシスコ大地震と、それに伴う大火災は、リーバイスのオフィスや工場も含め、すべてを壊滅させてしまった。リーバイ・ストラウスは、地震の4年前に亡くなっていたが、事業は4人の甥によって順調に受け継がれていた。当時リーバイスは、すでにサンフランシスコでもっとも有カな企業に成長していた。彼らは地震の数週間後には、湾をへだてたオークランドに仮工場を設け、再生産を開始することができた。そして大地震からわすか5カ月後には、バレンシア・ストリートに新工場を完成した。そこでは現在も501が生産され続けているのである。

1915年

リーバイスは衣料品業界で初めての”流れ作業による生産”を開始した。これはリーバイスの役員が、当時注目のデトロイドのヘンリー・フォードの自動車工場を見学に行き、サンフランシスコに戻るや否や、フォードの近代化された自動車生産に対する新しいアイデアとシステムを、衣料品の縫製に採り入れたものだった。リーバイスの伝統の縫製工程ラインは、この時に完成している。

1920年代後半〜30年代

1920年代後半になると、経済は不況へと落ち込んだが、リーバイスはジーンズの生産を続けた。しかしそれを買えるだけのお金があるのは、ごく少数の人に限られていた。その結果、商品はいたる所に天井まで山積みされ、しまいにはオフィスの男性用トイレまで占領するほどになってしまった。リーバイスは、とうとう原価を割って、デパートや通信販売によって在庫を整理せざるをえない状態だった。しかし、1930年代になると、リーバイスにとって希望の持てる新しい動きが起きたのだ。西部の牧場経営者たちは、経済不況から脱するために、東部のお金持ち相手の休暇用ランチ(牧場)に転業し始めたからだ。東部からやって来た人々は、そこで馬に乗り、リーバイスをはいて、カウボーイたちと同じ生活をすることを好んだ。こうした新しいレジャーは、当時の『ヴォーグ』などにも紹介され、ひとつのファッションになったのである。あのへミングウェイも顧客として知られるニューヨークの高級店〈アバークロンビー&フィッチ〉に、リーバイスが最初置かれたのも、この頃である。

第2次世界大戦

リーバイスの生産は国の必需産業に指定され、直接的に戦争に関与する人たちだけにしか購入が許されなかった。トレードマークの「アーキュエット・ステッチ」は糸のムダ使いと見なされ、中止せざるを得なかった。商標は代用としてペンキで描かれたが、これは熱狂的な一部の消費者、特にアリゾナ・インディアンから”ニセモノ”として拒否されてしまい、リーパイス側のどんな説得も彼らを納得させることはできなかった。創業以来、高品質主義をを貫いてきたリーバイスにとって、辛い時代であった。

1945年

第2次大戦中、東海岸出身の兵士たちも、西海岸出身の兵士たちがはく丈夫で機能的なリーバイスの魅力を知った。大戦後、リーバイスへの需要は天文学的な数字にはね上がり、ブルージーンズは割り当て制になり、限定数だけが各小売店に発送された。アメリカ中の小売店が、商品が入荷する日には「リーバイス本日入荷」という看板を出したものだが、その朝には、開店前から店の前に長い行列ができた。

1948年

リーバイ・ストラウス社は、その時に売り上げ全体の75%を占めていた衣料品の卸売業から手を引き、衣料品製造専業の道を歩き出した。同時に東部にも初の営業所を設け、リーバイスは名実ともに全米的なものとなった。

1954年

いま全盛の洗い加工を施したジーンズの元粗ともいえる「ライダー・ブルース」というムラなくフエイドされたブルージーンズが発売され、あっという間に大流行。この新商品はリーバイスにカジュアル衣料の市場へ進出するきっかけを与えた。この年、ジェームス・ディーン、マーロン・ブランドというジーンズの似合う2大スターが誕生。リーバイス・ジーンズの人気は急上昇した。

1950年代後半〜60年代

1950年代後半からジーンズが大流行し始めた。リーバスは急速に成長し、’60年代に入ると6カ所だった工場も30カ所に増大した。そしてブルージーンズ以外の新製品も続々と登場した。1960年にはティーンエージャーから「ホワイトリーバイス」と呼ばれ人気を博した“白い”ジーンズを発売。’63年には「ストレッチ」が話題となり、’64年にはウォッシュ&ウェアの時代を反映した「ステイプレスト」が発売された。ブルージーンズと並ぶ“超ベーシック”アイテムである「コーデュロイ」が発売されたのも、もちろんこの頃である。’60年代後半になると、若者たちが新しい文化の旗手となり、政治、音楽、ファッションなどすべてにわたって影響を及ぼし、新しいライフスタイルへの改革がなされた。そして、リーバイスは、若者たちのステータスシンボルとなったのである。

1970年

ブルージーンズはサイクルを一周した。つまりまたキャンバスに戻ったのである。しかし、今度はテント用のキャンバスではなく、アーティスト用のキャンバスだった。そして、そのキャンバスには、アメリカの一時代の現象そのものが印されたのだ。刺しゆう、ペイント、ワッペン、ビョウなどが使われて…。このファッションを敏感に捕えたリーバイ・ストラウス社は、1974年に世界的規模で「デニムアート・コンテスト」を開催した。そしてアメリカ、カナダ、ヨーロッパの美術館で行なわれたコンテスト入賞作品の展示会には、記録破りの数の観覧者が集まったのである。

1989年

リーバイスが誕生してから現在までに生産されたジーンズは、なんと20億本を越える。そしてワシントンのスミソニアン国立博物館には、百数十年前にカリフォルニアの労働者のために初めて作られた1本と基本的には全く変らず、飾りもフェイドもされていない、市販されているままのリーバイス・ジーンズが、永久コレクションとして所蔵され、アメリ力合衆国の公式の歴史に記録されている。また英語辞典をひもとけば、リーバイスはジーンズそのものを意味する”名詞”として記載されているのだ。文宇どおり、リーバイスの歴史はジーンズの歴史,そしてアメリカそのものの歴史なのだ。

 

ナイキ 「1秒も早く」機能追求 読売夕刊 9−10−9(16)

アメリカ生まれの「ナイキ」は、創業わずか三十年ほどで、スポーツ用品のトップブランドの一つに成長した。中でも「エアマックス」シリーズなどのランニングジューズは若者を中心に人気の的だ。あすは「体育の日」。体を動かすには良い季節を迎え、運動に最適な靴の選ぴ方を含め、その魅力を紹介する。

エア

ナイキの創立者で共に会長のビル・バウワーマンとフィリップ・ナイトは、オレゴン大の陸上コーチと中距離ランナーの経歴を持つ。「サーブ・ジ・アスリート(競技者への奉仕)」。二人の経験に基

づいた同社のシューズづくりは、「一秒でも速く、より動きやすくという競技者の視点に立っている」という。

そんなポリシーの表れが、ナイキの名を一躍高めることにもなった79年の「エア」クッションシステムの開発だ。シューズ作りは、ランナーで体重の二,三倍、バスケット選手で八倍とも言われる着地時の衝撃緩和が大きな課題とされる。エアは、特殊高圧ガスを封入したウレタンカブセルをシューズのミッドソール(中底)に埋め込むことで、ガスが衝撃を和らげるだげでなく、バネのように反発し、連動エネルギーに変える二重の効果を生み出すことに成功。さらに軽量化にもつながった。87年には、よりクッション性を高めたエアマックスが登場して大ヒット。エアは同社の代名詞となる。それだけに、並行輸入されたエアマックス95年モデルが法外な値段で取引され、事件まで起きた〃過熱ブーム〃について、ナイキジャパンPR担当加藤美奈さん(二七)は「多くのアスリートに愛用してもらいたいというわが社の願いと正反対の出来事」と残念がる。

新製品

今月から発売する新製品の中で、特に力を入れているのが「トレイルランニング」シリーズだ。

トレイルランニングは、岩だらけの山道や斜面を走って楽しむ新しいスポーツで、日本でも最近、愛好者が増えつつある。発売される完全防水ランニングシューズ「エアマイノット」(一万四千円)は、雪道でも滑らないよう靴底に特殊な溝を彫り、過酷な条件でも安定した走りができる設計になっている。このほか、日本人の顔にフィットし、ランニング中もずり落ちないサングラス(一万二千円から)や、走りながらタイムを確認できるよう、文字盤を斜めに取り付けたストップウオッチ機能付き腕時計(九千八百円から)もそろっている。「新しいスポーツの普及につなげたい」と加藤さんは話す。また、定番の「エアマックス」(一万八千円)も、ブル−の地にシルバーの波形をあしらった新作が発売され

加藤さんは、ランニングシューズの選ぴ方にについて「必ず目分で売り場に行って履いてみることが大切。できれば実際に歩いたうえで、自分の体力や運動レベルに合ったものを」とアドバイスする。ナイキの製品では、クッション性に優れたエアマックスなどが初心者にお薦め。ある程度長い距離を走りたい人には「エアズームスピリゾン(一万三千五百円)薄型軽量がよいとという。また、長距離で足のぐらつきが気になるという人のために、「エアエクィリブリューム」(一万五千五百円)といった側面を補強したものもある。「このほか、日本人に多い幅広の人用に、普通の靴のEEに当たるワイドラストモデルデルもあります」と加藤さん。「ともあれ、デザインや流行にとらわれず、自分に合ったシューズを選んで下さい」と強調する。

★歴史1964年、来国オレゴン州に誕生。71年、社名を「BRS」社から、勝利の女神「ニケ」にちなんだ「NlKE」と改名する。独特の流線型ロゴマークはスピードと動きを表現したもので、ポートランド州立大の女子大生が考案した。

★シグネチャーモデル プロバスケット選手マイケル・ジョーダンからとった「エアジョーダン」を始め、ナイキのシューズには有名スポーツ選手名を冠したものが多い。今年はドジャースの野茂英雄投手のエアノモマックスも登場し、話題を呼んでいる。ほかにもバスケットのチャールズ・バークレー、ビーチバレーのガブリエル・リースらトップアスリートのモデルがそろっている。

★ナイキショップ丸井フィールド新宿、同池袋、ミナミ新宿ルミネ店、横浜ぞごうなど全国18か所に展開している。問い合わせはナイキジャパンお客様相談室(フリーダイアル 01−20−500−719)

 

ルチアーノ・ベネトン ベネトングループ代表兼経営最高責任者

常に革新的であること、これが成功のカギだ。

「ベネトンカラー」と呼ばれる鮮やかな色彩で、一躍世界的な企業に成長したベネトングループは、人種問題、戦争などをテーマにしたショッキングな広告でも世界の注目を集るている。そこで、来日中のベネトングループ代表、ルチアーノ・ベネトン氏にベネトングループ躍進の秘密と今後の事業展開について語ってもらツタ。

アイデアと強い意志がベネトンの武器であった

ルチアーノ氏が兄弟4人で会社を興したのが、1965年。最初はイタリアの小さなアパレルメーカーだったが、30年毎の現在はミラノ、フランクフルト、ニューョーク、トロントの株式市場に上場され、日本だけでも年間三百億円(95年度)の売上を計上する巨大企業へと成長した。「私たちが成功したのは、アイデアと運があったからだと思います。経験はありませんでしたが、それを補うだけのアイデアと直感に恵まれていました。それに、私たち兄弟にはアィデアを実行に移す柔軟で強い意志がありました。進むべき道を迷ったこともありましたが、やっている仕事が楽しいので、この道で間違いないと思いました。もちろん失敗もありましたよ。でも、後悔したことはありません」

アイデアとは、作ってから染めるという製造工程や物流システムの改革を指す。ベネトン社は、毛糸を先に染め手編みが後という従来の工法をやめ、編みや縫製の完成した物を市場の動向にあわせて染めることで低価格を実現、ニットのマーチャンダイジングに革命をおこしたのだ。「私たちは、商品も企業のシステムも、常に革新的であることを目指してきた。ベネトンの成功のポイントはここにあると思う。今後、人件費の安い発展途上国と競争して販売していくために、生産体制の強化と、技術力で勝負する方針。現在、売り上げを伸ばすことと販売エリアを拡大することの2つの目標を掲げて努力を続けている」革新的といえば、ベネトンの広告は、毎回賛否両論をまきおこすが?「ベネトンの広告キヤンペーンから現代的な問題が明るみに出て、議論が盛んになるのはよいことだと思う。新聞広告のようなマス・メディアのメッセージ伝達力は大きいから。私は、企業広告のテーマは商品に関連しないものでよいと思う。それよりも、作り手の顔や考え方のわかる広告にしたかったので、普遍性のあるテーマを表現しようと決めた。企業経営も世界の問題も、常にグローバルな視野に立って考えたいと思っている。ボスニアの首都サラエボに土のうに囲まれた新店舗をオープンしたのも、戦火と悲惨に満ちた世界で何かしなければ、という気持ちからでした。サラエボの人たちから、ここを他の地域と同等に考えてくれる人がいてうれしい、と言われたよ」広告だけでなく、コミュニケーションや芸術表現への関心も高い。「今私が楽しみにしているのが、昨年スタートしたアートスクール『ファブリカ』です。建築家安藤忠雄氏修復の17世紀の貴族の館に、世界中から才能のある若者を集め、新しいアートの創造を目指している。ファブリカがベネトンの中にどう生きていくか、今後に期待していただきたいですね」

ベネトン社概要

べネトン社は1965年、イタリアのべニヌ郊外の小さな村ポンツァーノで、ルチアーノ・ペネトン以下兄弟4人によって創立されたアパレルメーカー。1980年代初頭に「ベネトンカラー」と呼ばれる鮮やかな色彩を掲げて国際市場に進出して以来、その革新的な生産技街と物流システムなどによって、瞬く間に世界有数の企業へと成長した。現在は、世界120カ国、7千力所に販売拠点を持つ。この成長はグローバルなな視野に立った経営理念に基づいており、普遍的なテーマで展開されている広告キャンペーンも世界の注目を集めている。また、1995年5月にはアートおよびコミュニケーションの研究センター「ファブりカ」をオーブン。世界中から選ばれた20人の学生に、創造の場を与えている。

ベネトングループジャパン株式会社 〒107 東京都港区赤坂5−2−20赤坂パークビル10F

ルチアーノ・ペネトン

1935年、イタリアのトレビーゾ生まれ。兄弟のジルベルト、カルロ、ジュリアーナと共に、l965年にベネトン社を創立。現在ベネトン社は、アパレルの生産・販売で世界有数の会社に成長し、UNITED C0L0RS 0F BENETT0N、Sisley、012のブランドは、世界的に知られている。ルチアーノ氏は、ベネトン・グループの会長を務めると共に、ファミリー所有の持株会社エディツィオーネ・ホールディング社取締役でもある。I992年から1994年まてイタリア上院議員。家庭では4人の子供のよき父親である。

「シンプル」の中に創造がある 15年ぶりに来日のアルマーニ   

イタリア・ファッション界の3Gといえば、ジャンフランコ・フェレ、先ごろ亡くなったジャンニ・ヴェルサーチ、そしてジョルジオ・アルマー二(六四)の三氏。中で最重鎮のアルマー二氏がこのほど、最新コレクションを携えて十五年ぶりに来日した。

 コレクションで披露した婦人服は、装飾を抑えたシンプルなたたずまい。柔らかい生地の持ち味だけで華やぎを表現したドレス、男もののイメージながら肩のラインが滑らかなスーツなど。複雑な色合いに東洋的繊細さも見てとれる。「服をデザインするにあたって女性を思い描くとき、その体形はそれほど問題にはしません。むしろ問いたいのは彼女が『自分』をきちんと把握し、服の着こなし方を知っているかどうかです」。飾りたてた人よりは「例えぱ先日ニューヨークで見かけた80代の女性。ごく普通のスカートに、私の作品のジャケットをさりげなく組み合わせて着こなしていた。ああいう人に魅力を感じる」という。

 一時は医学を志したが、その後イタリアの百貨店のバイヤーや、企業の紳土服のデザイナーを経て一九七五年に独立した。好んで使う色は、「とてもエレガント」だという黒やネイビーブルー。加えて、グレーやベージュの中間色だ。基本となるこれらを「グレージュ」と呼ぶ。「紳士服から始めたせいかもしれません。それに毎シーズン新しい色との組み合わせも効くしね」。逆に強い色は顔が浮き上がってしまうので、アクセントとして使うにとどめている。

 かって「豪華な織物は嫌い」と語ったことがある。豪華な布にはもう手を加えることができない。一方、シンプルな布には自由にイメージを広げる創造のスぺースがある。「完ぺきな美人はそれ以上美しくできないのと同じ」というわけだ。しかし、日本ではここ数年のブランドブームで、そんな特質を見極めるよりは「知名度」で買う人も少なくない。それに対して、当の作者でありながら「宣伝に屈してしまったこと」と、なかなか手厳しい。「まず〃自分の目〃で選ぴ、どう着こなすかをじっくり考えて。服を着るという行為は決して手足だけの表面的な問題でなく、脳を使うことなりのですから」

紳士服(後方)のイメージを婦人服にも。帯のようなベルトがアクセント

世界水泳選手権の日本代表団に「スーパーフラットプレス」製法の水着採用

ミズノは世界水泳選手権で日本選手団が着る水着に、縫い目に糸を使わず、熱処理で圧着させる「スーパーフラットプレス」製法を採用。同製法を利用した競泳水着は初めてとのこと。糸や生地の折り返しが不要になったことで、従来品に比べて総重量が8%軽くなる。また圧着部分がさらに平らとなるためフィット性が高まり、水着全体が受ける全抵抗の1.2%を削減する。同商品のレプリカモデル(複製品)を98年4月より市販予定。

 

98年工業統計速報 1O人以上事業所 前年比 5.4%減

通産省が二十一日まとめた九八年の工業統計速報によると、従業員が十人以上いる製造業関連の国内事業所数は、前年比5・4%減の十六万六千七百六十八で、七年連続の減少となった。ピークだった九一年の十九万五千六百に比べて二万八千社余り少なく、企業倒産の増加や、競争激化による企業再編・統合が進んでいることを裏付けた。調査は、九八年十二月末に、二十二業種を対象に行った。調査対象のうち、ほぼ横ばいだった「石油・石炭製品」を除く二十一業種で事業所数が減った。落ち込み幅が大きいのは「木材・木製品」の12・1%減、「衣服・その他の繊維製品」の10・7%減などで、輸入品の攻勢にさらされたことなどが要因となった。

***終わり***