河内保二 著書・論文 BIBLIOGRAPHY

(2013年1月16日現在)

1.便覧・事典類

著書・論文の名称

単・共著別

発行年月日

発行所などの名称

概要(本人執筆部分)

第2版 繊維便覧

共著

平成6年3月25日

繊維学会編、丸善

縫製システムと自動縫製システムの解説

第3版 繊維便覧

共著

平成16年12月

繊維学会編、丸善

アパレル縫製システムと自動縫製技術の解説

CIM/FA事典

共著

平成2年11月11日

産業調査会

第10章アパレル産業における自動化を担当して著述

新アパレル工学事典

共著

平成6年8月20日

繊維流通研究会

編集委員として編集に従事し、執筆は縫製、各種素材の縫製、縫製システム、生産管理、縫製自動化について解説

新繊維便覧

共著

1985年12月25日

センイ・ジャーナル

ハイテクの進展とニット産業の解説

アパレル縫製事典

共著

1993年3月31日

センイ・ジャーナル

アパレル縫製のリストラクチャリング
顧客満足度をいかに高めるかへの挑戦として、をテーマとして解説

’91有力企業繊維機器総覧

共著

1991年4月1日

日本繊維新聞社

最近の縫製機器の開発の方向について解説

未来産業技術第2巻

共著

昭和52年9月10日

科学技術広報財団

マテリアルハンドリングについて解説

縫製事典’73

共著

昭和47年12月1日

繊維流通研究会

ファッションビジネスと縫製企業をテーマとして論説

アパレル工学事典

共著

昭和58年3月30日

繊維流通研究会

編集委員として編集に従事し、執筆は縫製技術、縫製機器、原価管理について解説

アパレル工学事典改訂版

共著

昭和62年3月30日

繊維流通研究会

編集委員として編集に従事し、執筆は縫製技術、縫製機器、縫製システム、生産管理、原価管理、縫製自動化について解説

2.学会関係著述・論文

著述・論文の名称

単・共著別

発行年月日

発行所などの名称

概要(本人執筆部分)

労務不足化における工業ミシンの最近のすう勢

単著

昭和44年5月15日

繊維学会

縫製労働力の不足が顕在化してそれに対応する工業ミシンの最近の趨勢を論じる

縫製工業における問題点

単著

昭和45年25巻9号

繊維機械学会

縫製生産の問題点としてその柔軟性と解決策としてのグループテクノロジーを論ずる

縫製自動化システムへのアプローチ

単著

昭和45年25巻11号

繊維機械学会

縫製自動化のシステムを解説し、それへのアプローチを論じる

最近の縫製自動化

単著

昭和46年12巻7号

繊維消費科学会

縫製ロボットの誕生を解説

ファッション多様化に対する科学的生産システムについて

単著

昭和47年8月15日

繊維学会

生産段階での多様度の変換制御、ファッション部門での多様度制御、インターフェースとしての技術部門の役割などについて、論じる

縫製におけるマテリアルハンドリングの自動化システム技術の現状と将来

単著

昭和49年27巻11号

繊維機械学会

マテハンの意味するものとモジュール思考、ハードマテハンとソフトマテハン、自動化挑戦例、その効果などについて論じる

パーツ縫製のマテハンシステム化技術開発(1)

単著

昭和54年32巻6号

繊維機械学会

パーツ縫製マテハンの基礎的解説

パーツ縫製のマテハンシステム化技術開発(2)

単著

昭和54年32巻7号

繊維機械学会

パーツ縫製マテハン自動化のハードの仕組みを開発機器について解説

パーツ縫製のマテハンシステム化技術開発(3)

単著

昭和54年32巻9号

繊維機械学会

パーツ縫製マテハン自動化の補助冶具と補完技術について解説

パーツ縫製のマテハンシステム化技術開発(4)

単著

昭和54年32巻12号

繊維機械学会

パーツ縫製マテハン自動化のソフトウエアについて解説

縫製加工技術の最近の進歩

単著

昭和56年8月10日

繊維学会

先進国縫製は途上国の追い上げを受けて厳しい状況にあり、その打開を時間資源活用の観点から検討し、最近の技術進歩を解説

自動縫製機器の種類と用法

単著

昭和58年2巻42号

繊維消費科学会

自動縫製機器の種類とその使い方を解説

Mecha-electronics of Garment Sewing system

単著

1984年9月26-29日

The Textile Institute

イギリス繊維学会の香港における年次総会の発表会でのスピーチで、衣服縫製でのメカ・エレクトロニクスの内容と具体的機器について英文解説

工業縫製の現状と今後

単著

昭和61年42巻9号

繊維学会

工業縫製の未熟と厳しさを増す縫製業界の今後の立場を論じる

縫製の50年

単著

平成9年6月

繊維機械学会

縫製産業の50年の経緯を解説

売れる服

単著

平成12年7月1日

ファッションビジネス学会服装社会学研究部会

最近の売れる服は消費者の感動を呼ぶか、共感を得るかの服であると論じる

最近のアパレル生産システムの傾向

単著

平成16年12月19日

日本繊維製品消費科学会

工業生産が行き詰まり、大量生産からの脱却が説かれる中、アパレル生産システムの最近の傾向を論じる

2005国内アパレル製造業の展望と新しい生産システム

単著

平成17年3月8日

岐阜県製品技術研究所

国内アパレル製造業は低コストを追って生産の中国シフトにより生き残りが難しくなったが、日本での国内製造業の新しい生産システムが求められ、その内容につき論じる

アパレルものづくり変遷50年と現在・未来

単著

平成21年10月25日 Vol.50 No.10

日本繊維製品消費科学会 創立50周年記念特集号

半世紀 創立記念 学会の回顧展望 筆執る八十二  朴粋

アパレルものづくりの50年の経緯を暦年で示し、現在の苦境がアダム・スミスの説いた経済学公理に外れた(重商主義者の犯した)間違いによることを論じ、未來がこの公理に従った客業生産(Ordustrial Orduction 筆者の造語)により苦境を脱することを述べた。 

3.学会発行図書

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

最新縫製科学

縫製/共著

昭和44年6月10日

日本繊維製品消費科学会

縫製の原理、縫い目構成、機械化・自動化について解説

繊維工学(Y)
最終繊維製品の製造と性能

縫製と縫製機器/単著

昭和56年11月10日

日本繊維機械学会

縫製と縫製機器についての詳細を解説

4.テキスト関係

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

アパレル技術の動向(昭和56年度)

単著

昭和56年7月7日

中小企業大学校

縫製技術全般にわたり概説

同上(昭和57年度)

単著

昭和57年7月5日

中小企業大学校

縫製技術全般にわたり概説(改訂)

同上(昭和58年度)

単著

昭和58年7月19日

中小企業大学校

縫製技術全般にわたり概説(改訂)

アパレル生産管理3刷

共著

昭和59年5月1日

繊維工業構造改善事業協会

原価管理について教材として著述

アパレル生産管理T

共著

平成3年3月

同上

生産システムとメーカーの業務のテーマの下にアメリカの標準化の紹介、近代的装備とシステム、生産管理の歴史、人材育成について解説

アパレル生産管理U

共著

平成5年3月

同上

アパレル工場生産管理の観点から、生産管理ソフトの実情、縫製のエンジニアリング、アパレル生産の合理化と生産管理、特に分析の上に総合を強調し、アパレル生産の実務について解説

アパレル製作技術U

共著

平成9年3月

同上

生産工程と機器・設備を内容とし、高度情報化と生産技術革新、情報化関連用語、アパレル生産機器の今後について解説

家庭用繊維製品の製造と品質

共著

平成4年4月1日

日本衣料管理協会

衣料品等の製造における縫製システム、縫製のコンピュータ応用技術を解説

クィックレスポンステクノロジー概論

単著

平成元年3月6日

東京人子供服工業組合技術委員会

アパレル産業のクィックレスポンスを目指すテクノロジーを概説する

縫製科学

単著

昭和56年4月より6年間

日本女子大プリント

縫製の科学として研究内容を解説

繊維科学誌/縫製とミシンの科学

単著

昭和56年23巻8号より4号連載

日本繊維センター

日本女子大テキストとしてSQCの詳細を解説

アパレル研究18号/アパレル品質管理の概要

単著

平成2年12月

繊維工業構造改善事業協会

日本女子大テキストとしてQC活動について研究した内容を解説

工業縫製概論

単著

平成14年9月

聖徳大プリント

工業縫製について概論解説(河内保二のホームページに掲載)

アパレル生産論

単著

平成13年9月

聖徳大プリント

アパレル生産について解説(河内保二のホームページに掲載)

ファッションアパレル経営論

単著

平成13年9月

聖徳大プリント

ファッションアパレル経営について解説(河内保二のホームページに掲載)

ブランド論

単著

平成10年

河内保二ホームページ

ブランドに関する論説

デザイン論

単著

平成10年

河内保二ホームページ

デザインに関する論説

アパレルテクニカルテキスト

共著・監修

平成12年9月20日

東京都ミシン商工業協同組合

21世紀の脱工業社会に向かい、乗り越えるためのアパレル縫製のすべてとして、革新を目指す縫製技術のテキストとして編集・監修

クィック・レスポンス・テクノロジー概論

単著

平成元年3月6日

東京婦人子供服工業組合技術委員会

多品種少量短サイクル生産に対応するためにクィックレスポンスの意味とその進め方を解説する

家庭用繊維製品の製造と品質(改訂第2版)

共著

平成21年1月20日

日本衣料管理協会

衣料品等の製造分野の最新のコンピュータ応用技術を解説

09年ものづくり苦境脱出

単著

平成21年2月13日

東京婦人子供服工業組合人材育成委員会

ものづくりに不況が襲い、苦境の中で、衣服製造業の進路を色々の観点から探る。この中で、アパレル販売で「下取り」について指摘したが、その後にアパレル業界に「下取りセール」が広まった。

5.繊維情報誌(繊維工業構造改善事業協会発行)所載論文

著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

生産管理とFA

単著

昭和60年4月 93号

繊維工業構造改善事業協会

生産管理がFAの中で重要な役割を果たし、FAは生産管理の要素が不可欠とする観点からの講演録

クィック・レスポンスのハイテク─アパレルCIMについて

単著

平成2年3月 152号

同上

クィックレスポンスに関してアパレル産業のあり方についての講演録

アパレル生産─産地の状況(1)

単著

平成6年12月 245号

同上

アパレル生産の抱える問題点と各地の事情を取り上げる

アパレル生産─産地の状況(2)

単著

平成7年1月 245号

同上

業種別に見た縫製の状況を取り上げる

アパレル生産─産地の状況(3)

単著

平成7年2月 245号

同上

縫製業地別に見た状況を取り上げレポートする

アパレル生産─産地の状況(4)

単著

平成7年3月 245号

同上

関東地方の縫製業地の状況をレポートする

アパレル生産─産地の状況(5)

単著

平成7年4月 245号

同上

中部地方の縫製業地の状況をレポートする

アパレル生産─産地の状況(6)

単著

平成7年5月 245号

同上

近畿地方の縫製業地、特に阪神大震災の後の状況をレポートする

アパレル生産─産地の状況(7)

単著

平成7年6月 245号

同上

中国地方とそれ以西の地区の縫製業地の状況をレポートする

アパレル生産の50年@

単著

平成9年12月 245号

同上

昭和20年から50年までの縫製生産の歴史を記述

アパレル生産の50年A

単著

平成10年1月 246号

同上

昭和60年から平成年代までの縫製生産の歴史を記述

アパレル縫製産業最悪の中でその実態と対策を探る@

単著

平成10年7月 252号

同上

日本経済の最悪にアパレル産業の最悪が重なって、アパレル業界としての体質の悪さが顕出している

アパレル縫製産業最悪の中でその実態と対策を探るA

単著

平成10年8月 253号

同上

最悪の縫製産業の再生策を検討し、あるべき姿を探る

アパレル縫製産業最悪の中でその実態と対策を探るB

単著

平成10年9月 254号

同上

21世紀のアパレル縫製産業の展望を行う

21世紀繊維・アパレル産業─明るい展望実現へビジョンづくり

単著

平成11年5月 262号

同上

先が見えない中、政策回顧し、最後の繊維・アパレル政策の答申に当たり、今後の政策を論考する

繊維産業構造改善と今後の発展に向けて─政策と税収/夢のイメージづくり

単著

平成11年6月 263号

同上

繊維・アパレル政策の来たりし方をしのび、夢と産業の再生を願い、それの実現に税収の増加を提案するような政策立案が望ましいと提言する

6.アパレル研究誌(繊維工業構造改善事業協会発行)所載論文

著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

次代社会のアパレル生産

単著

昭和61年12月 5号

繊維工業構造改善事業協会

迫り来る次の社会の生産は顧客との共感の上に築かれると論じる

縫製技術のシステム

単著

昭和62年2月  7号

同上

アパレルの多品種、高感度、短サイクル、少量生産の課題に縫製技術はシステムにおいて対応を迫られ、どのようなシステムが研究されているかを論ずる

自動縫製とアパレル生産技術の進展

単著

昭和63年7月 13号

同上

自動縫製技術は欧米を始め日本でも進展を見せ、アパレル生産技術の飛躍の時期にあり、その内容を解説する

タイ、シンガポール、マレーシヤの縫製について

単著

昭和63年12月 14号

同上

タイ、シンガポール、マレーシヤ3国を訪問したので、現地の縫製の状況をレポートする

自動縫製システム─トータルシステム

単著

平成元年4月 16号

同上

自動縫製システムのトータルシステムの開発研究の内容を概説する

自動縫製システム─服種別生産システムの研究

単著

平成元年4月 16号

同上

自動縫製システムを各服種に適用するかの研究について報告する

アパレル工場の生産管理/設備管理

単著

平成4年7月 21号

同上

生産が変わる…設備管理が変わるという観点からプル型設備管理への道を明らかにする

アパレル生産の人材育成に関する一連の事象について

単著

平成4年12月 22号

同上

アパレル産業にとって人材育成の重要さが叫ばれているが、一筋縄でいかない種々の事象に人材育成の流れを考察する

7.繊維科学誌所載論文

図著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

縫製自動化のためのやさしい自動制御

単著

昭和47年1月15日

日本繊維センター

手作業について検討し、要素動作の機械化を対象とし、機械の基本運動を考察する

同上

同上

昭和47年3月15日

同上

筋肉の動き、経営において自動化の効果を考察する

同上

同上

昭和47年5月15日

同上

トランスファーマシンについて考察する

同上

同上

昭和47年6月15日

同上

ワンターンデバイスについて検討する

同上

同上

昭和47年9月15日

同上

ソレノイドについて検討する

縫製とミシンの科学

同上

昭和55年6月15日

同上

縫製工業のハード技術としてミシンの機械工学を論ずる

同上

同上

昭和55年7月15日

同上

縫い目形成機構について運動計算式を研究する

同上

同上

昭和55年9月15日

同上

ミシン天秤機構の運動学を研究する

同上

同上

昭和55年10月15日

同上

ミシンの送りの運動計算式を研究する

同上

同上

昭和55年11月15日

同上

針棒機構の運動の不釣り合い力について機械力学的に研究する

同上

同上

昭和55年12月15日

同上

機構寸法の誤差がミシンの器械運動に与える影響について研究する

アフリカ縫製事情所感─付加価値の原点と視点

同上

昭和61年1月15日

同上

ケニア、タンザニアの縫製工場の指導に当たり、付加価値についての所感を記録

最新アパレル・マシンの技術動向

同上

昭和62年5月15日

同上

生産の変革の中で、国際アパレルマシンショーに見られる最新アパレル・マシンの動向について考察する

JIAM'87展にみるアパレルマシンの技術動向

同上

昭和62年9月15日

同上

超感性テクノロジーを求めてをテーマとして自動ミシン、CAD/CAM、夢の実現を目指す「自動縫製」と未来のマシンを目指して国際ミシンショーが行われた状況を報じて、その動向を論じる

アパレルマシンの展望

同上

昭和63年1月15日

同上

脱工業社会へ生産は工業生産から離脱する方向でどのような生産となり、どのようなアパレルマシンとなるかを展望する

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(1)

同上

平成2年1月15日

同上

世界は変わり、産業ウェートは変わり、技術は交代する中で、地球環境保全と生活産業重視の時代となり、繊維・アパレル産業のグローバルトレンドが検討されなければならない

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(2)

同上

平成2年4月15日

同上

古い業界体質からの脱却、業界の魅力度、縫製ハイテクについて論ずる

JIAM'90を視点にみる”アパレル生産技術”の最近の動向

同上

平成2年5月15日

同上

縫製の90年代の課題を論じ、アパレル生産のコンセプトの推移を考察する

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(3)

同上

平成2年6月15日

同上

産業求人難とハイテクの進展を論ずる

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(4)

同上

平成2年8月15日

同上

アパレル生存の技術としてのハイテクを論ずる

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(5)

同上

平成2年9月15日

同上

アパレル産業の人材危機と生産教育について論ずる

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(6)

同上

平成2年11月15日

同上

最近の米欧の縫製技術の状況をレポートする

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(7)

同上

平成3年1月15日

同上

グローバルトレンドとしてのクィックレスポンスを論ずる

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(8)

同上

平成3年4月15日

同上

アパレルCIMについて現状を考察し、自動縫製システムの進展を報じる

イラストにみる自動縫製

同上

平成3年5月15日

同上

自動縫製システムの全体概念図をイラストにより示して理解を容易にする

自動縫製システムの実験プラントの運転を行って

座談会
(司会)

平成3年7月15日

同上

研究成果の実証運転の苦心談など開発当事者の感想の座談会記録

イラストにみる自動縫製(その2)

単著

平成3年10月15日

同上

自動縫製システムの要素技術の説明用イラストにより理解を容易にする

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド(9)

同上

平成3年11月15日

同上

アパレルCIMの進歩を考察する

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド
(10)

同上

平成4年1月15日

同上

'92生産コンセプトを展望する

繊維・アパレル産業:21 世紀のグローバルトレンド
(11)

同上

平成4年3月15日

同上

実需対応の生産について論じる

21 世紀へのグローバルトレンド:新春放談(上)

座談会

平成5年1月15日

同上

座談会として21世紀の産業政策の原論などに触れてアパレル産業の今後を討論する

21 世紀へのグローバルトレンド:新春放談(下)

座談会

平成5年3月15日

同上

21世紀に閉塞感を脱して中小企業が成長する展望も提案されており、さらに事象の陽の部分と陰の部分を読みに入れて、21世紀を討論する

「縫製作業の基礎理論」の考察 T

単著

平成4年5月15日

同上

伝承的技としてみられてきた縫製作業についてその基礎理論を追求し、縫製準備作業とステッチを対象として考察

「縫製作業の基礎理論」の考察 U

同上

平成4年6月15日

同上

縫製作業の基礎の要件としての階層構造、縫製作業の解析について論じ、ニット縫製の作業手順、シーム、ニット縫製とシームを対象として考察する

「縫製作業の基礎理論」の考察 V

同上

平成4年8月15日

同上

シームを接着で置き換える観点から考察する

「縫製作業の基礎理論」の考察 W

同上

平成4年9月15日

同上

基礎縫いと称される作業の分析とデータベース化への道筋を示す

「縫製作業の基礎理論」の考察 X

同上

平成4年10月15日

同上

衣服の立体化の計算式を提案し、縫製作業データベース構築法を試案する

「縫製作業の基礎理論」の考察 Y

同上

平成4年12月15日

同上

パーツ縫製作業とそのデータベースの試案を提示する

「縫製作業の基礎理論」の考察 Z

同上

平成5年4月15日

同上

立体化を図学的に数学的に捉え、図法的、計算式を立てて論じる

JIAM'93─リストラ時代の国際メッセは何をアッピールするか

同上

平成5年5月15日

同上

厳しさを増すアパレル業界の苦難を背景に国際ミシンショーが開催され、縫製の生き残りがテーマとして関心事となったが、JIAM展で訴えられた提案や開発について解説

「縫製作業の基礎理論」の考察 [

同上

平成5年7月15日

同上

JIAM'93機器と縫製作業の観点から論ずる

「縫製作業の基礎理論」の考察 IX

同上

平成5年9月15日

同上

前回に引き続いて、JIAM'93機器と縫製作業の観点から、縫製作業の問題解決を検討する

ファッション盛衰記

同上

平成5年10月15日

同上

ファッションが死語化したと言われる中、盛者必衰の理、ファッションの盛衰を論じる

繊維・アパレル産業のグローバル・トレンド─EC統合の歴史の中に

同上

平成5年3月15日

同上

IMB'93ケルンメッセ参観記として、EC統合の年のドイツに滞在し、ケルンメッセを参観、メッセの状況、縫製機器のトレンドを探る(前編)

繊維・アパレル産業のグローバル・トレンド─EC統合の歴史の中に(下)

同上

平成5年3月15日

同上

IMB'93ケルンメッセ参観記として、EC統合の年のドイツに滞在し、ケルンメッセを参観、メッセの状況、縫製機器のトレンドを探る(後編)

アパレル機器の周辺(上)

同上

平成6年1月15日

同上

1994年新春展望としてアパレル技術の周辺を21世紀への課題と突き合わせて論じる(前編)

アパレル機器の周辺(下)

同上

平成6年3月15日

同上

1994年新春展望としてアパレル技術の周辺を21世紀への課題と突き合わせて論じる(後編)

業界常識打破を求めるアパレル産業のリストラ潮流(上)

同上

平成6年4月15日

同上

縫製工場の問題山積の中の不況直撃でリストラ潮流に喘ぐ縫製業界の生き残りは業界常識の打破が求められていると論ずる(前編)

業界常識打破を求めるアパレル産業のリストラ潮流(下)

同上

平成6年5月15日

同上

縫製工場の問題山積の中の不況直撃でリストラ潮流に喘ぐ縫製業界の生き残りは業界常識の打破が求められていると論ずる(後編)

台湾アパレル事情

同上

平成6年6月15日

同上

台北、高雄、台南を訪ねて、現地の縫製工場についてレポートする

繊維・アパレル産業のグローバル・トレンド(上)

同上

平成6年7月15日

同上

ケルン展参観に当たり、ドイツの都市フランクフルト・ケルンを歩き回って紀行文としてレポート(前編)

繊維・アパレル産業のグローバル・トレンド(下)

同上

平成6年9月15日

同上

ケルン展参観に当たり、ドイツの都市フランクフルト・ケルンを歩き回って紀行文としてレポート(後編)

円高と海外進出/国内産業空洞化─アジアにおける繊維・アパレル産業(その1)

同上

平成6年10月15日

同上

アジアの産業の成長に注目し、その実情を取り上げる

円高と海外進出/国内産業空洞化─アジアにおける繊維・アパレル産業(その2)

同上

平成6年11月15日

同上

韓国、台湾、香港の縫製事情を伝える

円高と海外進出/国内産業空洞化─アジアにおける繊維・アパレル産業(その3)

同上

平成6年12月15日

同上

中国、ベトナム、タイの縫製事情を伝える

円高と海外進出/国内産業空洞化─アジアにおける繊維・アパレル産業(その4)

同上

平成7年3月15日

同上

シンガポール、マレーシア、カンボジア、フィリピン、インドネシアの縫製事情を伝え、国内・海外の棲み分け事例を紹介し、国内空洞化の回避を論ずる

人口爆発・地球環境悪化に人類はどうするか(T)

同上

平成7年1月15日

同上

人口爆発の危惧を世界人口白書は指摘し、地球環境悪化が懸念され、そうした中に繊維技術はどう関わるかを問題として論じる

人口爆発・地球環境悪化に人類はどうするか(U)

同上

平成7年4月15日

同上

人類存続の対策を宇宙開発を関係付けて論ずる

生地特性と縫製技術<1>

同上

平成7年5月15日

同上

テーラビリティとソーワビリティを検討し、生地特性用語、関連縫製用語、生地品質特性に触れる

生地特性と縫製技術<2>

同上

平成7年6月15日

同上

材料の機械的特性について論ずる

生地特性と縫製技術<3>

同上

平成7年7月15日

同上

感覚から知覚への変化を取り上げ、五感の最新計測技術について論じる

生地特性と縫製技術<4>

同上

平成7年9月15日

同上

人間感覚の計測について論じる

生地特性と縫製技術<5>

同上

平成7年10月15日

同上

アパレル関係の計測技術について論じる

生地特性と縫製技術<6>

同上

平成7年11月15日

同上

生地特性の計測について論じる

生地特性と縫製技術<7>

同上

平成8年1月15日

同上

KES試験機と計測法について紹介し、縫製特性向けの計測法にも触れる

生地特性と縫製技術<8>

同上

平成8年3月15日

同上

生地の立体特性に対応する縫製技術について考察する

生地特性と縫製技術<9>

同上

平成8年4月15日

同上

理解容易を図り、図解でみる「生地と縫い加工」として示す

生地特性と縫製技術<10>

同上

平成8年5月15日

同上

図解でみる「生地と縫い加工」において「ニット生地特性と可縫製性」について論じる

生地特性と縫製技術<11>

同上

平成8年6月15日

同上

環縫い系ミシンの生地に対する加工特性と縫い品質について論ずる

生地特性と縫製技術<12>

同上

平成8年8月15日

同上

前回の続きと縫製素材特性要覧をまとめて示す

変革なければ展望なし─繊維・アパレル産業の衰退対策

同上

平成8年9月15日

同上

欧米の縫製業界の苦難を例にその原因と対策を論じ、元気なアパレル企業にエールを送る

JIAM'96・東京ミシンショー・ボビンショー 
アパレルマシンの現状レポート(1)

同上

平成8年11月15日

同上

ミシンショーとしてJIAM'96展、東京ミシンショーにアメリカのボビンショーが開催され、その展示機器からアパレルマシンの現状をレポートする

JIAM'96・東京ミシンショー・ボビンショー 
アパレルマシンの現状レポート(2)

同上

平成8年12月15日

同上

国際ミシンショーとしてJIAM展で印象付けられた機器、コンセプトについて報じる

JIAM'96・東京ミシンショー・ボビンショー 
アパレルマシンの現状レポート(3)

同上

平成9年1月15日

同上

東京ミシンショーでの見聞と、ボビンショーにおけるアパレルマシン点描により出展機器を報じる

JIAM'96・東京ミシンショー・ボビンショー 
アパレルマシンの現状レポート(4)

同上

平成9年3月15日

同上

ボビンショーの出展機器についてレポートする

アパレル海外生産ガイダンス(1)

同上

平成9年4月15日

同上

海外活動の失敗例が上げられるようになってきたが、海外生産ガイダンスが必要となっている

アパレル海外生産ガイダンス(2)

同上

平成9年5月15日

同上

海外生産の失敗を防ぐにはどうするかとして調査の重要性を説明

アパレル海外生産ガイダンス(3)

同上

平成9年6月15日

同上

失敗と成功の話題において失敗しない事業の準備について説明

アパレル海外生産ガイダンス(4)

同上

平成9年7月15日

同上

生産手配についてのサポートの状況を解説

アパレル海外生産ガイダンス(5)

同上

平成9年9月15日

同上

生産手配のポイントについて説明

アパレル海外生産ガイダンス(6)

同上

平成9年10月15日

同上

海外生産の現地業務訓練について説明

アパレル産業の生きる途

同上

平成10年1月15日

同上

不況暗雲列島─大型倒産時代にどう生き抜くか、アパレル産業の「次」に来るものは何かをテーマとして論ずる

アパレル産業の生きる途(続き)

同上

平成10年3月15日

同上

縫製ノウハウの改革としてモード業界のサクセスとクライシスに鑑み、モードの革命の本質を知り、生き残りに役立てる途を指摘する

アパレル産業の生きる途(結び)

同上

平成10年4月15日

同上

日本発クリエーションの期待、今後の経営の3つの満足度追求、工業から客業への革命を論ずる

新・生地特性と縫製技術<1>

同上

平成10年9月15日

同上

生地特性に対応するミシン性能の切り口で縫製技術を探る

新・生地特性と縫製技術<2>

同上

平成10年10月15日

同上

各種素材の縫製とミシン機種について検討し、織物生地の縫製法を解説する

補充1:繊維科学誌(日本繊維センター発行)所載 連載論文(縫製自動化へのチャレンジ)目録

著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行No.

概要

縫製自動化へのチャレンジ(1)

単著

昭和44年9月15日

第11巻9号

各国の労働力不足の状況と縫製自動化機器開発の現状を述べる

同上(2)

同上

昭和44年10月15日

第11巻10号

ドイツパフ社における開発と考え方について述べる

同上(3)

同上

昭和44年11月15日

第11巻11号

ドイツパフ社における縫製メカナイゼーション開発とその考え方について述べる

同上(4)

同上

昭和45年1月15日

第12巻1号

ドイツパフ社における縫製自動化の進展について述べる

同上(5)

同上

昭和45年2月15日

第12巻2号

西ドイツの縫製自動化機器について述べる

同上(6)

同上

昭和45年4月15日

第12巻4号

アメリカの縫製自動化機器について述べる

同上(7)

同上

昭和45年5月15日

第12巻5号

アメリカシンガー社の自動縫製機器の開発について述べる

同上(8)

同上

昭和45年6月15日

第12巻6号

アメリカシンガー社の自動縫製システム2000について述べる

同上(9)

同上

昭和45年7月15日

第12巻7号

ファブリック・ハンドリングとその自動化について述べる

同上(10)

同上

昭和45年9月15日

第12巻9号

アメリカ研究開発プロジェクトのARF・RINK縫製自動装置について述べる

同上(11)

同上

昭和45年11月15日

第12巻11号

ドレスシャツの縫製自動化について述べる

同上(12)

同上

昭和46年1月15日

第13巻1号

日本における縫製工業および機器開発の現況について述べる

同上(13)

同上

昭和46年2月15日

第13巻2号

縫製自動化の方向について考察する

同上(14)

同上

昭和46年4月15日

第13巻4号

縫製自動化の方向として、柔軟布のマテ・ハンへのチャレンジに関して述べる

補充2:繊維科学誌(日本繊維センター発行)所載 連載論文(縫製とミシンの科学)目録

著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

縫製とミシンの科学(1)

単著

昭和53年1月15日

日本繊維センター

縫製工業のハード技術として縫製技術の歴史を説明

縫製とミシンの科学(2)

単著

昭和53年3月15日

縫い目の科学的研究について解説

縫製とミシンの科学(3)

単著

昭和53年7月15日

縫い目の科学的方法で数学的研究について解説

縫製とミシンの科学(4)

単著

昭和53年12月15日

ミシン針の歴史を述べる

縫製とミシンの科学(5)

単著

昭和54年3月15日

人類と衣服の発生について述べる

縫製とミシンの科学(6)

単著

昭和54年4月15日

先史時代の縫製技術について記述

縫製とミシンの科学(7)

単著

昭和54年5月15日

衣服と手縫いの歴史(その1)について記述

縫製とミシンの科学(8)

単著

昭和54年6月15日

衣服と手縫いの歴史(その2)について記述

縫製とミシンの科学(9)

単著

昭和54年8月15日

産業革命以後の衣服と工業縫製の成立および今後の予測について述べる

縫製とミシンの科学(10)

単著

昭和54年9月15日

ヒトと衣服の歴史のまとめとして、ヒトの進化と拡散を追い、衣服の歴史を絡めて、理解に資するようにまとめる

縫製とミシンの科学(11)

単著

昭和55年5月15日

ミシン技術におけるミシン創生期の機構について解説

縫製とミシンの科学(12)

単著

昭和55年6月15日

縫い目形成の糸抜け阻止手段について解説

縫製とミシンの科学(13)

単著

昭和55年8月15日

縫い目形成機構について解説し、針棒運動方程式による運動解析を示す

縫製とミシンの科学(14)

単著

昭和55年9月15日

糸取り上げ機能の天秤機構の運動学を解説

縫製とミシンの科学(15)

単著

昭和55年10月15日

ミシンの送り機構の運動学を解説

縫製とミシンの科学(16)

単著

昭和55年11月15日

ミシン運転時の不釣り合い力と回転危険速度の機械力学的解析を述べる

縫製とミシンの科学(17)

単著

昭和56年4月15日

縫い糸消費量の算出式を解説

縫製とミシンの科学(18)

単著

昭和56年5月15日

李世波氏による縫い糸量計算式を紹介する

縫製とミシンの科学(19)

単著

昭和56年6月15日

縫い糸消費量の計算式を検討する

縫製とミシンの科学(20)

単著

昭和56年9月15日

工業における製造公差について考察する

縫製とミシンの科学(21)

単著

昭和56年9月15日

製造公差論その2として誤差の本質を考察し、その数学的、統計的扱いを論ずる

縫製とミシンの科学(22)

単著

昭和56年12月15日

誤差の数理統計学について考察する

補充3:繊維科学誌(日本繊維センター発行)所載 連載論文目録

著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

マテハン技術による縫製の合理化

単著

昭和53年10月15日

日本繊維センター

縫製ではマテハン動作の占める時間が80%に及んでおり、この時間の合理化をマテハン技術により行う方法について論じる

日米最近の縫製機器の動向

単著

昭和53年11月15日

東京ミシンショーと米ボビンショーよりみた縫製機器の流れについて論じる

’80年代における縫製工業と最新縫製機器の動向(1)

単著

昭和55年1月15日

’79IMBケルン展よりみた’80年代への縫製機器の展望を論ずる

’80年代における縫製工業と最新縫製機器の動向(2)

単著

昭和55年4月15日

:ケルン展を通して先進国の高賃金における縫製のあり方と縫製機器の対応を考察し、業界の安心を築く方向を論ずる

’81年を迎えて…アパレルと縫製機器の展望

単著

昭和56年1月15日

これまでの技術進歩の系譜と縫製における審議期の系譜を検討し、今後の縫製の予測を述べる

ニット生地の特性と縫製法(1)

単著

昭和57年4月15日

ニット生地の縫製にはニット生地の特性を考慮すべきで、ニット生地の特性について述べる

ニット生地の特性と縫製法(2)

単著

昭和57年5月15日

ニット生地縫製の基礎知識について述べる

ニット生地の特性と縫製法(3)

単著

昭和57年6月15日

ニット縫製でのトラブルと解決法について述べる

ニット生地の特性と縫製法(4)

単著

昭和57年9月15日

ニットの縫製作業とニット縫製用ミシン針について述べる

8.ジューキマガジン(発行所JUKI株式会社)連載論説

著述の名称

単・共著別

発行年月日

マガジンNo.

概要

縫製作業と工業ミシン─序説

単著

昭和53年7月20日

108号

縫製作業の内容を検討し、その要素を考察して、序説とする

縫製とミシン(2)

単著

昭和53年9月20日

109号

縫製作業からみた工業用千鳥ミシンについて説明する

縫製とミシン(3)

単著

昭和53年11月20日

110号

濃きよう千鳥ミシンの用途について説明する

縫製とミシン(4)

単著

昭和54年1月20日

111号

千鳥ミシンの機構と運動について説明する

縫製とミシン(5)

単著

昭和54年3月20日

112号

千鳥ミシンの不利幅調整の仕組みについて説明する

縫製とミシン(6)

単著

昭和54年5月20日

113号

千鳥ミシンの基線変更と水平送り調節機構について説明する

縫製とミシン(7)

単著

昭和54年7月20日

114号

工業用筒型二重環縫いミシンについて説明する

縫製とミシン(8)

単著

昭和54年9月20日

115号

工業用筒型二重環縫いミシンの用途について説明する

縫製とミシン(9)

単著

昭和54年11月20日

116号

多本針二重環縫いミシンなどの機種について説明する

縫製とミシン(10)

単著

昭和55年1月20日

117号

工業縫製における標準化と工業用ミシンについて解説する

縫製とミシン(11)

単著

昭和55年3月20日

118号

工業縫製における標準化としてISOステッチ規格案を紹介し、工業用ミシンとの関係について解説する

縫製とミシン(12)

単著

昭和55年5月20日

119号

工業縫製における標準化としてISOステッチ規格案を紹介し、工業用二重環縫いミシンとの関係について解説する

多品種少量生産と標準化

単著

生産に標準化は前提となるが、要素に対する標準化を進め、製品は多様化に適応させるという観点より論じる

多品種少量生産と標準化

単著

昭和56年9月20日

138号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(1)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和56年11月20日

139号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(2)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年1月20日

140号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(3)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年3月20日

141号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(4)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年5月20日

142号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(5)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年7月20日

143号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(6)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年9月20日

144号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(7)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和59年11月20日

145号

ニット生地の特性と縫製法について解説する(8)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年1月20日

146号

シームとフィットの関係を考察する(1)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年3月20日

147号

シームとフィットの関係を考察する(2)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年5月20日

148号

シームとフィットの関係を考察する(3)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年7月20日

149号

シームとフィットの関係を考察する(4)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年9月20日

150号

シームとフィットの関係を考察する(5)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和60年11月20日

151号

シームとフィットの関係を考察する(6)

多品種少量生産と標準化

単著

昭和61年1月20日

152号

シームとフィットに使われる用語と規格について説明する

多品種少量生産と標準化

単著

昭和61年3月20日

153号

アパレル構造の標準化におけるシームの標準化の経緯を説明する

多品種少量生産と標準化

単著

昭和61年5月20日

154号

アパレル構造の標準化におけるシームのISO国際標準化を説明する

多品種少量生産と標準化

単著

昭和61年7月20日

155号

アパレル構造の標準化におけるシームのISO国際標準化の内容を説明する

多品種少量生産の考察

単著

昭和61年9月20日

156号

多品種生産について考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和61年11月20日

157号

少量生産について考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年1月20日

158号

短サイクル生産について考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年3月20日

159号

クィックレスポンスのフロー学として考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年5月20日

160号

生産フローのスタディとして流れの円滑化を考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年7月20日

161号

トータル生産のフロー学について考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年9月20日

162号

感性生産について考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和62年11月20日

163号

感性研究に触れながら、生産との関わりを考察する

多品種少量生産の考察

単著

昭和63年1月20日

164号

快感と好感、美感について調べ、共感生産を論じる

次代社会の生産論

単著

昭和63年3月20日

165号

現在生産の行き詰まりについて論じる

次代社会の生産論

単著

昭和63年5月20日

166号

生産思潮の移り変わりを論ずる

次代社会の生産論

単著

昭和63年7月20日

167号

商品価格通念の移り変わりを論ずる

次代社会の生産論

単著

昭和63年9月20日

168号

生産の生み出す付加価値と知価価値について考察する

次代社会の生産論

単著

昭和63年11月20日

169号

次代社会の技術について考察する

9.近代縫製新聞連載論説

論説の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

アパレル縫製産業─苦境脱出へ

単著

平成10年3月5日より毎月1回発行、連載14年を超え今日に至る

近代縫製新聞社

一貫してアパレル縫製産業の苦境脱出の観点から元気付けとなる、技術、経営の情報を提供する

10.アパレル機器新聞連載論説

論説の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

アパレル産業苦厄物語=明るい前途を求めて

単著

平成10年4月10日より毎月1回発行、終了は平成13年5月10日

日本ミシン新報社

アパレル産業の再生をいろいろな切り口から提言し、元気付けを図る

11.繊維流通研究会発行図書掲載論文

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行No.

概要(本人執筆部分)

儲かる縫製工場ガイド

単著

平成14年12月予定

Vol.1

日中対訳による「儲かる縫製工場ガイド」として著述(印刷中)

アパレルビジネスマガジン

共著

平成14年5月13日

Vol.3

常識守って消滅?常識破って新生!「縫製品製造業が問われる存続」をテーマに論説

アパレルビジネスマガジン

共著

平成13年7月31日

Vol.2

変革するアパレルビジネスの国際化ビジョンをテーマとして論説

アパレルビジネスマガジン

共著

平成12年7月31日

Vol.1

21世紀アパレル産業ビジョン提言をテーマとして論説

アパレルビジネスマガジン

共著

平成11年4月28日

「21世紀を目前にアパレル産業 どうなるの VS どうするの」をテーマとして論説

アパレルビジネスマガジン

共著

平成9年7月10日

「QRを実現する現実的実施法として、国内生産で身近に実践するには」をテーマとして論説

アパレルビジネスマガジン

共著

平成8年5月14日

アパレルビジネスの活路はQRにありとして、QRの実践術を論じる

アパレルビジネスマガジン

共著

平成7年11月15日

アパレル産業の生き残りにQRをどう進めるかを論ずる

アパレルビジネスマガジン

共著

平成7年4月20日

アパレルビジネスのキーワードとして、クィックレスポンスとグローバルソーシングについて論じる

テキスタイル&ソーイングテクノロジー

共著

平成6年4月20日

アパレル生産について国内縫製存続の経営戦略を論ずる

アパレル・ソーイングテクノロジー

共著

平成4年3月19日

縫製自動化技術について論じる

実践的品質管理

共著

平成9年3月15日

単行本

良品を安定して生産するには、を追求して実践的進め方を解説

日・英・中対訳
アパレル生産用語ハンドブック

共著

1998年11月10日

単行本

アパレル生産用語に関して、概要と生地特性と縫製ポイントについて解説

日・英・中対訳
縫製用語ハンドブック

共著

2001年3月15日

単行本

編集委員長として縫製用語について日・英・中の対訳ハンドブックをまとめる

日中服装辞典

共著

2002年7月31日

単行本

服装に関する用語を日中対訳による辞典編纂

日中対訳
縫製工場ムダ取りガイド

単著

2003年8月20日

単行本

縫製工場経営におけるムダを上達者により取り除くノウハウをやさしく納得できるようにガイドする。上達者の養成法を説く。

チェックリストによる 少量・短納期生産 モデル縫製工場 実践ガイド

単著

2004年5月10日

単行本

ものづくりを職人製作、工業生産、脱工業生産そして筆者の造語の客業生産に変遷して行く観点から、アパレルものづくりのあり方を論じる。

12.センイ・ジヤアナル発行図書所載論文

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

ニット素材・縫製ブック…ニット新時代への挑戦

共著

1994年8月30日

センイ・ジヤアナル

縫製工場と労務・品質管理をテーマとして論ずる

アパレル縫製事典

同上

1993年3月31日

同上

アパレル縫製業のリストラクチャリング─顧客満足度をいかに高めるかへの挑戦として、提言する

ザ・縫製’90

同上

1990年5月20日

同上

21世紀に向かって─繊維・アパレル産業の元気提言として論ずる

ニットアハマシンハンドブック

同上

1987年4月30日

同上

縫製機器の現状と今後の動向をテーマとして論ずる

ニット縫製マニュアル

同上

昭和59年11月5日

同上

ハイテクの進展とテクノロマンの実現へ─工業用ミシン開発の最新動向と展望と題して論ずる

これからのアパレル─21世紀への軌跡と展望

同上

1985年3月25日

同上

寄稿者として縫製技術面を担当して記述する

ニット縫製マニュアル

同上

昭和50年3月15日

同上

NCミシンの開発状況と今後と題して考察する

Knit & Apparel Machine '98 カタログ

同上

1998年4月30日

同上

縫製機器の技術革新と今後について解説

13.その他出版物所載論文

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

クィック・レスポンスに挑む繊維産業

共著

平成4年2月

繊維工業構造改善事業協会

クィック・レスポンスのハイテク─アパレルのCIMについて、と題しての講演録(平成元年11月21日講演)

コンビュトロール特集/CIMの新展開

同上

1991年11月10日

潟Rロナ

アパレル生産のCIMと自動縫製システム開発と題して解説する

省力と自動化

同上

昭和55年10月1日

潟Iーム

スポーツウエア縫製作業への混載システム導入実例を解説

省力と自動化

同上

昭和49年1月1日

潟Iーム

縫製ラインにみるレイアウトの実例と題して解説

14.岐阜リサーチセンター「マーケット・ナウ」毎月連載論説及びリサーチセンター誌所載新年・年央展望

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

マーケット・ナウ

単著

リサーチニュース2003年5月より毎月発行、今日に至る

リサーチセンター

アパレルものづくりに関する論説

2005年新年展望

単著

2005年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2005夏季展望

単著

2005年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2006年新年展望

単著

2006年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2006夏季展望

単著

2006年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2007年新年展望

単著

2007年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2007夏季展望

単著

2007年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2008年新年展望

単著

2008年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2008夏季展望

単著

2008年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2009年新年展望

単著

2009年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2009夏季展望

単著

2009年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2010年新年展望

単著

2010年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2010夏季展望

単著

2010年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2011年新年展望

単著

2011年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2011夏季展望

単著

2011年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2012年新年展望

単著

2012年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

2012夏季展望

単著

2012年8月

リサーチセンター

アパレルものづくり年央展望

2013年新年展望

単著

2013年1月

リサーチセンター

アパレルものづくり新年展望

15.著書

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要(本人執筆部分)

実践的品質管理(日中語併記)

著作・編集

1997年3月15日

繊維流通研究会

副題に「良品質を安定して生産するには」として、縫製工場の実践的品質管理を解説する。

儲かる縫製工場ガイド(日中語併記)

著作・編集

2002年11月18日

繊維流通研究会

縫製作業のムダを省いて、縫製工場を儲かる工場とする方法を説く。

これで納得 縫製工場ムダ取りガイド(日中語併記)

著作・編集

2003年8月20日

(日中語併記)

縫製工場のムダ取りを徹底して実践する進め方についてガイドする。

「日中服装技術辞典」

著作・編集

2003年11月25日

(日中語併記)

特に縫製工場の用語と縫製技術関係、工業用ミシン関連の用語の解説を行った。

「チェックリストによる 少量・短納期生産 モデル縫製工場 実践ガイド」(日中語併記)

単著

2004年5月10日

繊維流通研究会

今やアパレル生産活動における大量生産の考え方はミスマッチ。顧客にとって、適種、適質、適量、適価、適期の生産、いわば客業生産が求められている。従って、モデル縫製工場とはいかなるものかを明らかにし、実現のための方向性を示し、実践していくためのガイド。中国語翻訳解説も並列掲載。

16.俳句、川柳、短歌、狂歌 自選集

図書・著述の名称

単・共著別

発行年月日

発行所

概要

俳句 自選集

単著

準備中

俳句号 土筆 詠句集

川柳 自選集

単著

準備中

川柳号 泥鰌 詠句集

短歌 自選集

単著

準備中

短歌号 朴粋 詠歌集

狂歌 自選集

単著

準備中

狂歌号 鯰   詠歌集