コルセット corset

     胸部から腹部にかけての体形をととのえるために用いる

     女性用下着の一種。語源は胴体を意味するフランス語の

     コールcorpsからきているとみなされている。フランスでは

     バスキーヌ、コール・ピケ、コール・バレネなどと、時代に

     よって名称も変化し、イギリスではステイ(ズ)stay(s)と呼び

     ならわされていたが、18世紀ごろからコルセットと呼ばれる

     ようになった。金属、皮革、麻、綿、絹、ナイロンなどを用い、

     横にしわができないように鯨のひげ、象牙などで成形された

     ものも見られる。 

     人工的に胸を高く見せたり胴を細く見せたりする風習は、

     古代のクレタ、ギリシア、ローマで行われ、クレタでは幼

     児期より金属製の帯で胴を締め上げて細い胴をつくり上

     げ、また皮革製の胴衣を胸の下に着け、露出した乳房を

     高く盛り上げることが行われた。ギリシアでは細長い布を

     胸に巻きつけて乳房を押さえ、その上にキトンを着用した。   

     12世紀になると、西ヨーロッパでコルスレcorseletと呼ばれ

      る、前で紐締めする胴衣形の外衣が着用されるようにな

      ったが、下着として用いられるようになったのは16世紀の、

     細い胴を強調したスペイン風モードの流行によってである。

 

      麻布もしくは皮革に鯨のひげ、木、象牙などを入れて成形

     したバスキーヌや、甲冑にヒントを得て鍛冶屋がつくったと

      いう金属製コルセットがつくられ、女性ばかりでなく男性や

      子どもにまで用いられた。17世紀には胴衣そのものに鯨の

      ひげを刺したり、のりで固めたりしたコール・ピケが出現した

     が、さらに18世紀にかけて鯨のひげを細かく斜めに刺し込

      んで立体感を強調したコール・バレネが用いられるように

      なった。 

      コール・バレネは背中で紐締めし、麻や絹、木綿にししゅうを

      加えるなど、精巧な細工を施した。着用の際には、コルセット

      の前面に表着と同じ共布でつくったり、フリルやししゅうで飾っ

      た胸着(スタマッカーstomacher)を着けた。当時のコルセットは

      貴重なもので'嫁入り衣装の一つとして、母から娘へ譲られる

      ようなことも行われた。

 

       19世紀になると服装の流行に従って、胸から腎部(でんぶ)

       までを覆う長いもの、ウエストのすぐ下までの短いもの、さら

       に19世紀後半には靴下をつるサスペンダーつきのものなど

       が出現した。1830年には胴回り46cmのコルセットまでつくら

        れ、きつく締めるため食事がとれなかったり、卒倒する者ま

       で現れ、健康上の問題をめぐり賛否両論がたたかわされた。 

 

       19世紀半ばにアメリカで組織されヨーロッパにも広がった

       <婦人服改良協会>はウエストをきつく締め付けないコル

       セットを発表したが、普及するに至らなかった。

        20世紀に入り、女性の社会進出とともにウエストのゆるや

       かなファッションが現れ、機能性が重視されるようになり、

        ガードルと呼ばれる、靴下つりのついた、伸縮性のある

        素材でつくられたコルセットが出現した。現代では胴から

        腰部をととのえる基礎下着(ファウンデーション)の一種と

        して、さまざまな工夫がこらされたガードル、ウエスト・ニッ

        パー、ボディスーツなど名称、種類も多様になっている。

池田孝江

 

[医療用のコルセット]腰痛症や脊椎の骨折などに際し'体幹に装置する装具をいう。医学的には縦横いずれか一方向の剛性支柱を有するもののみをさし、同様に体幹に装置するものでも縦にも横にも剛性支柱のあるものは体幹装具と呼ばれる。医療用のコルセットには軟性コルセットと硬性コルセットの2種がある。@軟性コルセット ダーメンコルセットともいう。帆布にぜんまい鋼の芯、または他の金属支柱を入れたもので、婦人の美容用コルセットに似た形の装具。脊柱の固定が目的で、腰痛症に用いられることが多い。A硬性コルセット 全体を硬いプラスチックでつくったものか、さらに金属のフレームを加えたものがある。ナイト型、テーラー型、ジューエット型などがある。軟性コルセットより強固な固定を行う場合に用いられる。脊椎炎、脊椎骨折に対して用いられる。近藤徹 

 

 

纏足(てんそく

女性に対する身体変工の一種で、中国独特の風習。普通三、四歳の女児の足を包帯状の布(おもに木綿)でしっかりと縛り、足の成長を止めて、その形を不自然にする。最初横巻きにして足を細長くし、次に縦に巻き、第二指以下を足の裏側へ折り曲げて先のとがった菱形にする。足の大きさは三〜四寸(一〇〜一三センチ)ぐらいにとどまり、五〜六歳ぐらいには形の基礎もできるので、以後布を取り去り、纏足用の鞋を履かせる。幼少のころに行うのは比較的容易であるが、やや長じて行うと炎症や化膿をおこし非常な苦痛を伴い、また繊細な形を得るのがむずかしいという。纏足は、金蓮や春箏(形から春の竹の子の意)ともよばれ、その形はまた綜に似るほどよいといわれ、最初に包帯を巻く日に綜を食べさせる風習があった。 

起源については、殷のの紂王の妃の妲己が狐の変化で、足だけが人でないのを隠すために布で足を包み、これを宮中の婦人に倣わせたなどの伝説があるが、実際には宋代以後に流行したものといわれる。それ以前に歌舞を事とする女性の間に行われ、また唐代にみられる女性の足への嗜好が背景にあったと考えられる。纏足の効用として、骨が細くなる結果、女性の体全体が繊細で華奢になる美的効果があげられ、直立姿勢の不安定から、足のかかとを固定してつまさきを外に開く形をとることにたる。この歩き方は、アヒルの歩くような姿であり、それが男性に喜ばれてきたという。性器官の特殊の発達を促すとの説もあり、また婦女の貞節を守るため拘束する目的もいわれた。かつては纏足をしないと嫁入りができず、男性が魅力を感じないといわれ、この奇形の風習が美醜の感覚に深く根を下ろしていた。華北の地では節句に、賽足(脚)会といって、纏足の女性が家の門口に腰をかけて、その足を通る人に見てもらう風習があり、良縁を得る機会であった。 

纏足の風習は、少数民族にみられず、漢民族のなかでもあまり行われない地方もある。清代にしばしば禁令が出されたがあまり効果なく、その末期になって民間から廃止の運動がおこり、今日この風習は滅びている。〈田村克已〉

 

現在のコルセットと纏足 

              カッコウよくが命を縮める!!

その1 ダイエットと食品 

米国医師会は2002年10月8日、マオウ(麻黄)を含むダイエット食品に心臓発作などの副作用をもたらす危険性があるとして、市場から回収するよう呼びかけた。日本では中国製ダイエット食品による副作用被害が問題になったばかりで、米国でもダイエット食品を巡る論議が広がりそうだ。米国ではマオウを含むダイエット食品は薬局や健康食品店などで処方せんなしで買え、日本でもインターネットなどを通じて個人輸入が可能という。だが近年、副作用報告が相次ぎ、米食品医薬品局に届けられただけで1000件を超えている。同日、開かれた上院公聴会でロナルド・デイビス医師は、マオウは循環器系と中枢神経系に影響を及ぼし、間違った使い方をすると心臓発作や突然死の危険があると指摘。米国では現在、これらは食品として規制されているが「薬品なみの厳重な規制を設けるべきだ」と訴えた。

その2 ファッション商品の安全性─足の骨折「ミュール」原因?

グアムの北北西約240キロの太平洋上を飛行中の全日空機が昨年5月、乱気流に巻き込まれ、女性1人が左足骨折するなどした事故で、航空・鉄道事故調査委は2002年5月31日、最終報告書をまとめた。 重傷者が「足元不安定な」ハイヒール型「ミュール」を履いたため、と指摘している。

健康具のベルトでやけどや筋肉痛
腹部などに巻いて電気刺激を与えるとシェイプアップ効果があるとうたった健康器具のベルトが使い方により、やけどや筋肉炎症を起こす恐れがあると、国民生活センターが2002年9月24日、発表した。このベルトは、昨秋からTVショッピングにも登場、人気商品となっていたものである。

ハイヒールは腰痛の原因
航空機乗務員のスチュワーデスの職業病といわれる腰痛は、ハイヒールが原因といわれている。おしゃれでハイヒールを履くわけだが、腰痛が控えていると認識すべきである。

その3 肺がん女性に「3兆4千億円払え」…米たばこ訴訟評決

】たばこが健康に与える被害を十分に説明していなかったとして、肺がんになった米カリフォルニア州の64歳の女性が、米たばこ大手フィリップ・モリスに対し損害賠償の請求を求めていた裁判で、同州ロサンゼルス上級裁判所の陪審は2002年10月4日、同社に対し280億ドル(約3兆4000億円)の損害賠償の支払いを命じる評決を下した。個人のたばこ訴訟での賠償額としては過去最高となる。この女性は、同社が喫煙とがんの関係などの情報を隠していたため、長期間喫煙を続け肺がんになったと主張していた。この評決を受け、ダウ工業株(30種)にも採用されている同社株に大量の売りが出て、株価は7・3%も急落した。


元に戻るには上部メニューバーの「戻る」をクリックして下さい。