ファッションアパレル経営論

 

繊維・アパレル業界の川上から川下までを通してファッションアパレル経営を捉え、問題点と対策を論じ、あるべき姿を学ぶ

 

・授業の方針 

 衣服仕立てを趣味として行うのではなく、社会においてファッションビジネスとして事業を営むのに必要なファッションアパレル経営について講義を行う。わが国のファッションアパレルはパリやミラノ、ニューヨークのデザインにリードされ、繊維・アパレル業界の川上は構造不況に陥って衰退し、川下では百貨店、スーパー、専門店が売上げ不振に悩み、縫製工場数は減少を重ねている。このような経営現況に対し、打開の方途を検討し、あるべき姿を学ぶ。

 

・概要 

 パリのオートクチュール、ニューヨークのアパレルビジネス、ミラノのモードビジネスの成り立ちと経営の現況を探り、パリではオートクチュールからプレタポルテへの移行と、ライセンスビジネスを取り入れることで経営危機を脱したが、そこには経営の革新と創造性を見出すことができる。ミラノもニューヨークも革新と創造性が追求されているが、わが国のファッションアパレル経営の実態はどうかを検討して、業界のあるべき姿を論ずる。

◆◆◆「経営の基本」については、ここをクリックして学ぶことができる。 

 

・授業計画 

@パリのファッションアパレル経営土壌[なぜファッションはパリなのか]

Aニューヨークのアパレルビジネス[ニューヨークは工業縫製のルーツ]

Bミラノのモードビジネス[パリの下請けから脱却]

C経営のサクセスとクライシス[パリ、ミラノ、ニューヨークの盛衰]

D経営危機の打開策[革新と創造−何が革新されたか]

Eわが国のファッションアパレル経営[絶望か有望か]

F小売り業経営のサクセスとクライシス[かっての成功は夢? 最悪の現況]

G卸業経営のサクセスとクライシス[厳しい経営状況─中抜きの恐れ]

H縫製工場経営のサクセスとクライシス[縫製工場数の激減]

Iファッションアパレル経営の基礎業務[実務はどのように行われているか?]

J経営のリスク論[売り切れと売れ残り]

K付加価値とプライシング[原価・利益と値付け]

L経営とコンピュータ[IT技術の活用]

M今後の経営[どう再生するか]

 

・テキスト・参考書 

(1)テキスト−「ファッションアパレル経営論(平成13年ノート)」 河内保二著 CD−R配布 

(2)参考書

−「変革するアパレルビジネスの国際化ビジョン」河内保二著 アパレルビジネスマガジン誌(繊維流通研究会)平成13年7月31日発行

−「アパレルテクニカルテキスト」 河内保二著 東京都ミシン商工業協同組合刊 平成12年9月20日刊

−「縫製の50年」 河内保二著 繊維機械学会誌 1997-50.6 P.315-320

 

 ビデオを使用し、さらに下記のインターネットホームページにテキストを掲載し、学習の便を図る。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwgk4021/ index.htm/fam1.htm

 

毎講義時受講感想提出と期末にレポート(成績評価対象)提出とし、平常の出席状況を重視する。

 

 

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

 9/28   1回  授業の目標・概要

 

 衣服仕立てを趣味として行うのでなく、社会においてファッションビジネスとして事業を営むのに必要なファッションアパレル経営について講義を行う。特にパリのオートクチュール経営、ニューヨークのアパレルビジネス経営、ミラノのモードビジネス経営の実態を探りながら、我が国のファッションアパレル経営の現状とあるべき姿について考察を行う。

用語の意味

しゅ‐み【趣味】 感興をさそう状態。おもむき。あじわい。 ものごとのあじわいを感じとる力。美的な感覚のもち方。このみ。 専門家としてでなく、楽しみとしてする事柄。「―にピアノを弾く」

りゅう‐こう【流行】リウカウ 流れ行くこと。 急に或る現象が世間一般にゆきわたること。       特に、衣服・化粧・思想などの様式が一時的にひろく行われること。はやり。「―作家」 

ファッション【fashion】はやり。流行。特に、服装・髪型などについていう。また転じて、服装。

モード【mode】 方法。様式。 (服装などの) 流行。「―雑誌」  〔音〕旋法。音階。音階法。 

アパレル【apparel】衣服、特に既製服のこと。転じて既製服業界・ファッション衣料の製造業者などを指す。「―産業」

オート‐クチュール【haute-couture フランス】高級注文衣裳店。特に、パリの高級衣裳店協会(サンディカ)に加盟の店をいう。日本からは森英恵が加盟している。

ビジネス【business】事務。実務。実業。商業上の取引。

ブランド【brand】(焼印の意) 商標。銘柄。「―商品」

けい‐えい【経営】 力を尽して物事を営むこと。経はタテ糸、営は厭無むで、縦糸を正しくして厭なことがないようにする意味で、正しい方向に進みつづれること。工夫を凝らして建物などを造ること。 あれこれと世話や準備をすること。忙しく奔走すること。継続的・計画的に事業を遂行すること。特に、会社・商業など経済的活動を運営すること。また、そのための組織。「会社を―する」「多角―」

パリ【Paris・巴里】フランス共和国の首都。国の北方、パリ盆地の中心部に位し、セーヌ川にまたがる。市街はシテ島を核心として、これを取り巻く同心円状の三帯から成り、二○区に分れる。中世以来西ヨーロッパにおける文化・政治・経済の中心地の一。また、世界的な芸術・流行の中心地。著名な建築物・学校・旧跡などが多い。人口二一八万八千(1982)。

ニュー‐ヨーク【New York・紐育】 アメリカ合衆国北東部、大西洋岸の州。独立一三州の一。州都オルバニー。 ニュー‐ヨーク州の都市。ハドソン河口に位する世界屈指の大都市。また、世界経済上の大中心地で、世界貿易センター・エンパイア‐ステート・国連本部など幾多の摩天楼がそびえる。人口七三一万六千(1987)。

ミラノ【Milano】イタリア北部の都市。古代ローマ帝国第一の商業地。現在も重要な商工業都市。市内に宗教上の建物が多く、宮殿・図書館・劇場(スカラ座)なども有名。人口一五四万八千(1984)。英語名ミラン。

ローマ【Roma・羅馬】 イタリア共和国の首都。イタリア中部テヴェレ川の河口から約二七キロメートル、数個の丘陵の間にあり、ローマ帝国の都として古代以来ヨーロッパの政治・文化・宗教の大中心地であったため、由緒ある建物・遺跡・美術品に富み、博物館・美術館・パンテオン・サン‐ピエトロ寺院・ヴァチカン宮殿・コロセウムなどがある。人口二八二万八千(1984)。

フィレンツェ【Firenze】(花の都の意) イタリア中部の都市。トスカーナ地方の中心都市で、ルネサンス文化の中心地。有名な建築物・美術品が多く、風光にもすぐれる。人口四三万八千(1984)。英名フローレンス。

ヴェネツィア【Venezia】イタリア北東部、ヴェネツィア湾に臨む港湾都市。町は一二○近くの小島から成り、一七○余の運河と四○○を超える橋のほか、サン‐マルコ寺院・宮殿・博物館などがある。商工業が盛んで、中世を通じてヴェネツィア共和国として繁栄。人口三三万九千(1984)。英語名ヴェニス。

 

ノー‐ハウ【know-how アメリカ】技術的知識・情報。こつ。

ハート【heart】 心臓。心。ここでは経営や生産の理念の意味に使い、企業統治が相応する(河内 保二説)。
企業理念に関する論説資料については、ここをクリックして読んで下さい。

 

 

 パリ モード界 と  業界 の 起源・経緯・現状

パリ

年号

ニューヨーク 周辺国(独・英・伊)

1851

I.M.シンガー:ミシン売り出す

チャールス R.ワース:
初の高級衣装店開店
デザイン提案、モデルに着せる、サロン化

1858

1860

独アドラー社創業 

1861

南北戦争始まる  軍服縫製

パリではクチュリェ 500軒

1862

独パフ社創業

1863

米E.パトリック:紙型発売

1865

米南北戦争終わる 軍服から背広縫製へ

オートクチュール組合(サンディカ)結成
パリではクチュリェ 700軒

1868

パリはモードをリード

1870

1881

米ユニオン・スペシャル社創業
伊リモルディ社創業

1886

米交流誘導電動機出現

アール・ヌーボー 過剰装飾脱却

1867

独デュルコップ社創業

パリではクーチュリェ 2000軒

1890

米に東欧・ロシアのユダヤ難民移住

サンディカ会員は250
ワース死去し、2人の息子が引き継ぐ 

1895

米に縫製工場の出現(難民の仕事場)

1900

米縫製労働組合の結成
独不織布開発

ベル・エポック始まる
オートクチュール マンネリ化してさびれる。
パリ モード業界の危機

1900〜1914

ポール・ポアレ開店 パリモードの革命
ファッションスケッチ画法始める、ファッションショーを始めた
ポアレ、コルセットの追放を唱え、服装のシンプル化を進めた

1903

ポアレがモードの王座に

1905

米ドン・ホフマン:プレス機を開発

1910

米では縫製工場はジャングル産業と軽蔑さる

ポアレはサンディカ再編成(会員厳選)

1911

ニューヨークダウンタウンのビル火災で縫製工場焼け大惨事

第一次世界大戦勃発 
モード界下火
ココ・シャネル開店 シンブル・エレガンス 男仕立てを婦人服に、男服生地を婦人服に用いた
シャネルはジャージーの婦人服を作り出す 工業デザインに手を染める 
重い、窮屈な衣裳追放 

1914

安全縫いの特許出願(ユニオン・スペッシャル社)

1916

ニューヨーク区画整理し、ガーメントセンター誕生

第一次世界大戦終結

1918

製靴自動縫製装置開発挑戦(ボストン・USMC社)

アール・デコ(装飾芸術運動)始まる

1920

パリモードのコピー人気を集める
パリ コレクション開始 
ポアレ敗北
シャネルの時代来る 
香水「シャネルの5番」発売

1900〜1939

アメリカ グレーディング技法開発この頃よりイタリアはパリのクチュリエの下請けを始める

1929

世界大恐慌起こる
米縫製企業の四分の一が消滅の危機

エルザ・シャパレリ活躍

1930

米縫製企業の合併企業をファッションド・企業と呼んだ
ウィンドー・ディスプレー始める
縫製工場はコンベア方式導入
 

1935

ミシン単動モーター採用
縫製工場は分業のセクション方式を導入
デュポン社カローザス博士ナイロン発明

第二次世界大戦勃発
ここまでシャネル時代

1939

米軍服大量生産
縫製工場従業員数923,250人

戦中 モード界下火
シャネルは香水を売る

シャネルはドイツ将校を愛人とする

1940

1941

イギリスでポリエステル開発

ポアレ没落、失意の中で死去

1944

第二次世界大戦終結
シャネル追放される

1945

米縫製シンクロシステム進展

パリ モード業界の存亡の危機ニューヨークに取って代わられる!!

1946

米縫製従業員数1,146,400人

クリスチャン・ディオール ニュールック

1947

アメリカの工業ミシン生産17万五千台(日本13,188台)

パリファッションの復活
ファッションの毎年モデルチェンジ始める 
プレタポルテ造語される

フランス政府オートクチュールに助成策 メゾン45軒

プレタポルテ活字になる

1948

科学的管理法(MTM)発表

1950

縫製バンドルシステム(PBS)始まる

1951

英不織布接着芯地開発(スタフレックス社)

シャネル復活

1953

1956

米縫製従業員数1,223,500人

ディオール死去
オートクチュール界の危機
メゾン25軒に減少

1957

縫製作業者高齢化、工場の南部への移動始まる

1960

1929よりRag(ボロ布)産業などと呼ばれてきた

1962

独パフ縫製オートメーション挑戦

1963

米衣服産業をファッション産業と呼ぶようになった

1965

米コンピュータ裁断装置開発

モード界衰退

1966

米縫製従業員数1,401,750人(ピーク)

ドゴール大統領助成策援助廃止
学生・労働者・市民による5月革命起こり、モード界へ大きく影響

1968

衣服産業をアパレル産業と呼ぶようになった

ジャポニスム革命スタート

1970

高田賢三、三宅一生、川久保玲、山本耀司などのモード革命(質素、無装飾、非対称、オーバーサイズの服)

1971

米(ガーバー社)、日(JUKI)、
伊(ネッキ社)、NCミシン発表

1973 

伊ジョルジィオ・アルマーニ創業

1974

米アパレル消費急減―縫製品質と生産性の悪化

1976

米縫製工場従業員数1,318,700人

1978 

米縫製工場メキシコ国境(低賃金)地区へ進出

1979

米(TC)2結成

1980

米縫製品の海外ソーシング(調達)盛んに

1985

米QR実践スタート    
伊ブランド品ブーム始まる

1986

米縫製工場従業員数1,099,600人
米シンガーSSMC社セミテイック社に買収さる

1988

米ユニオン・スペシャル社はJUKI社に買収さる

メゾン15軒に減少

1990

独デュルコップとアドラー両社合併

1992

独パフ社セミテイック社に買収さる

1994

伊デザイナー3Gに汚職捜査

1995

伊グッチ前社長マオリッオ・グッチ射殺さる

メゾンのデザイナー老齢化による危機

1996

米縫製従業員数849,100人(11月現在) 

老舗デザイナーの若返り急

1997

伊G・ベルサーチ射殺さる

フランスで日本年開催

1997

米縫製の海外下請け化盛ん
日本では不況色強く、中国、イタリアよりの輸入激減

1998

日本でフランス年開催

欧米先進国ミシンメーカー
消滅始まる

1999

9月、米シンガーミシン社 会社更生法申請し、経営破綻した

2000

2001

2002

2003

2004

4月、米デュポン社は繊維衣服部門を売却して繊維離れした

2005

6月、独デュルコップアドラー社は中国シャンゴン・グループ上工申貝(集団)SGSB Group Co., Ltd. に買収された

2006

2007

2008

独パフ社が会社更正法適用を申請し、経営破綻した

2009

米ユニオン・スペシャル社はJUKI社から分離された

2010

中国には約100社のミシンメーカーがあるといわれる

2011

目次に戻る

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

10/5  2回     パリの経営土壌

1789年、フランス革命は国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットをギロチン台に死刑としたが、革命後に国民公会は人権宣言とともに衣服デザインの制度からの解放を宣言した。パリは絢爛華麗な宮廷ファッションの伝統を持ち、その上衣服の規制はなくなったので、パリは草創期の衣裳事業の経営にとって格好の土壌を提供することになった。

(1)パリ コスチュームの由来

▼ファッションの始まりは、「宮廷ファッション」だとされる。その名の通り、フランスの王朝の宮廷で起こった。650年前の14世紀中頃からのことで、当時の貴婦人たちは宮廷で催されるパーティでお互いの美を競い合った。宮廷ファッションの代表選手として知られるのは、シャルル四世の王妃ジャンヌ・ド・ブルボンだといわれる。彼女は自分でコルセットを発明し、着用した最初の婦人であった。このようにして、貴婦人、貴族、王朝の流行の慣習がが始まった。フランス革命でルイ十六世と王妃マリー・アントアネットがギロチンの露と消えると、ファッションはブルジョアジーに受け継がれていった。マリー・アントワネットは革命でパリからオーストリアの実家ハブスブルグ家へ逃げる途中、華美な衣裳が怪しまれて捕まり、刑場に送られた。コスチューム【costume】は特定の国民・階級・時代・地方の風俗や服装(髪型・装飾も含む)とされ、仮装・演劇用の時代衣装の意味もあるが、現在は婦人服。上下揃いの婦人服のことをいう。

◆マリー‐アントワネット【Marie Antoinette】フランス王ルイ16世の妃。マリア=テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ一世との末娘。わずか14歳でフランス・ブルボン朝の王太子妃として嫁いだ。そこには絢爛たる日々と栄光、ゴージャスでデコラティブな衣裳、そしてフランス革命であり、ギロチン台であった。(1755-1793)。その詳細は菊池良生(明大教授)著「ハプスブルグ家の光芒」(作品社刊)に述べられている。

▼鹿島 茂(共立女子大教授)著 「明日は舞踏会」 貴婦人の謎次々解明  面自くて悲しい結末

◇この本を読むと、フランスのフロベール、ゾラ、バルザック、スタンダールなど十九世紀小説の謎(なぞ)が数々とける。なぜ貴族の親は娘を修道院に入れたがるのか。答、ナポレオン法典によって女子も男子と同等の相続権を得たので、財産を散らしたくなければ、娘を結婚させないよう修道院にぶち込むしかなかったのである。なぜ貴婦人は靴に凝ったのか。なぜチュイルリ公園に散歩に行く必要があったのか。なぜ自宅で堂々と愛人と逢引(あいびき)できたのか、は読んでのお楽しみ。なぜ持参金にあんなにこだわるのだろう。これも結婚に関するカシマの定理〈ルックス×財産=1〉で説明される。すなわち美貌(びぼう)でないほど待参全が必要となるのだそうだ。そして美貌の乙女は金持ち老人と結婚し、彼が死ぬまで数年がまんする。ばくだいな遺産と男爵夫人の称号を手に入れたら、つぎは若く美貌の愛人と結婚し、彼女が死ぬと老人となった男は財産を受け継いで…。この循環式人生二回結婚説にせよ、「一種の乱交パーティー」だったオペラ座の仮面舞踏会にせよ、おお、なんとミもフタもなく、アラレもない時代だったのであろう。

◇シャネルらのモード革命の前まで、コルセットは健康上問題となっていた。当時、コルセット着用者百人のうち二十五人は結核にかかり、十五人は最初の出産で死に、十五人は病気がち、残り十五人は奇形となる、という恐ろしい資料が上がるに及び、私は「面白うてやがでかなしき舞踏会」にしゅんとしてしまった。「結婚というものを情熱の上に築き上げることは不可能で恋愛の上に打ち立てることさえ許されません」。女主人公ルイーズのいまわの言葉だけは万古不易と思うけど、いかが。作品社刊 153頁 2,800円

▼仏女性の「美」のキーワード 皮膚ガンが怖いというのに仏女性の「日焼け」願望

フランス女性にとっての「美」のキーワードは「スリム・日焼け・スポーティブ」。特にスリムになることは美しくなることと同義。「ぽっちゃりしましたね」はタブー、二度と口をきいてもらえなくなる。「日焼け」に対す感覚は日本人とは決定的に違う。白い肌が持つイメージは「病的で弱々しい」。健康的ではつらつとしたという肯定的イメージを構成するためには、何が何でも「日焼け」が条件。化粧のファンデーションでも白は嫌われる。かって白い肌の女性は美の表徴という時代もあったのだけれど。(沢本雅弘、日商岩井の広報誌「トレードピア」6月号)

▼最近の調査で、フランス人は日本に好意を持ち、むしろ憧れているという。フランス人の日本に対する印象は、よく働き、金持ちで、格好よく、ハイテクに優れ、伝統を持っていると、面はゆいくらいである。

(2)オートクチュール経営

 宮廷ファッションはお抱え仕立て師が、注文主のお屋敷に伺って注文を受ける。顧客は王侯貴族であった。先進国では日本だけが、この古い注文の仕方を残している。チャールス・ワースの高級注文衣装は、店に顧客が訪れて、注文する。顧客にデザインを提案し、マネキンに着せて見せる。店をサロン化して、顧客に楽しい場所の提供を行った。宮廷の限定された顧客からブルジョアジーの貴婦人へと顧客の層を広げた。上流社会の顧客が対象であった。ポール・ポアレ、ココ・シャネル、マドレーヌ・ヴィオネたちは、上流社会の独占物であったファッションを民衆のものとしたのである。歴史は、1905年のロシア革命と、1914〜17年の第一決世界大戦によって、帝国主義列強の植民地支配という、19世紀的時代の終焉を迎えたことを示しているが、それはまた上流社会崩壊――ぜいたくさというファッションの終末を物語るものでもあったのである。ぜいたくさとは、バロック・スタイルの装飾過多のモード、コルセットや釣鐘型スカートのドレスに見られる生活に無関係のモードのことである。珍しいもの、奇抜なものであればよいという風変わりなモードをはやらせる”流行という現象”もまた、ぜいたくさの一つの象徴である。ガブリエル・シヤネルは、これらのファッションをすべて、時代おくれの遺物とLてしまった。シャネルは、「どうして、わたしは革命的といわれるのか」と自問して、「わたしは気に入るものをつくるためではなく、流行遅れにするために作るのだった。いや、なにより、先ず一番に嫌いな物を作らないことだった。私は、自分の才能を爆弾として使った。私の存在は、この大掃除をするための、欠くべからざる宿命的道具そのものだったのである。」――「モードは芸術ではない。技術である」と自ら答えを出す。シャネルが言う技術の意味は、時代の要求が何であるかを感じ取って、それを服装に表現する手だてのことを意味している。シャネルは、時代が今何を求めているかを絶えず街の中で感じ取るのだった。生活の必要に即応し、状況に適合した服装が最も女性を美しくするという考えが、彼女の技術の根底をなすものであるという。こうして、シャネルの作る服装の基本的要素は、「シンプルで着心地よく、ムダのないこと」として表現されている。

(3)プレタポルテ兼業

 どのブランドも現在のビジネスの中心はプレタポルテ(高級既製服)であるといわれている。パリではプレタポルテをオートクチュールが兼業しているが、本体のオートクチュールは赤字であり、プレタポルテやブランドのライセンスビジネスによって経営しているのである。プレタポルテ(pret a porte、店の入り口の前という言葉で、仮縫い室まで入らないですぐ着られる服のこと)は、高級既製服(英語のレディ・ツー・ウエア――着るために用意された)のことである。パリのオートクチュールがスピーディな時代の要求により注文服だけでなく、お客のためにすぐ着られる既製服を作るようになった。従来の大衆的な既製服(コンフェクション)と区別して、デザインは一型一点、サイズ別、色違いにより数点作ることもあるが、ともかく高級品であるというのが特徴。わが国でも、既製服メーカーや洋裁店が、高級な既製服を売リ出す場合は、プレタポルテという。これの起こりは、世界の婦人モードの中心であるバリのオートクチュールが店にならべはじめたことによる。つまり、一流デザイナーの企画による高級既製服という点が特徴である。

(4)ブランド ライセンス ビジネス

シャルル・ウォルトはデザインや紙型のコピーを認めていたが、ポール・ポアレは認めなかった。シャネルは積極的にコピーさせ、これは後に、ブランドライセンスビジネスに発展した。1951年からクリスチャン・ディオールはアメリカでライセンス契約によりデザインを売るビジネスに着手した。1960年代の後半、パリのオートクチュールは完全に行き詰まっていた。パリのデザイナーたちは、その権威をデザイナー・ブランドという形でアメリカのプレタポルテ・ビジネスに売ることでの名声を保っていた。日本でも、1975年頃から三越、高島屋、伊勢丹の各デパ一トが、婦人服のオーダーコ−ナーの一部に、生地からデザインまで一貫した商品企画の高級既製服を出した。1962年に東レ(元東洋レーヨン)ではサンローランとテザイン契約を結んで、プレタポルテのキャンペーンを展開したが、これ以来、テイジン(帝人)その他の原糸メーカーもプレタポルテ作戦に踏切リ、一般に広く知られるようになった。鐘紡がクリスチャン・ディオールとプレタポルテの生産契約したのは、1965年(1997年に契約解消)であった。これにイタリアのファッションが加わり、日本の百貨店はまるでパリやミラノの名店街といった感じとなっている。

伊勢丹(ピェール・バルマン)、小田急(ジャック・エイム)、西武(イブ・サンローラン、デッド・ラピドス)、高島屋(ピェール・カルダン)、大丸(クリスチャン・ディオール)、東急(ジャック・グリフ)、阪急(ジャンヌ・ランバン)、松坂屋(ニナ・リッチ)、三越(アンドレ・クレージュ、ギイ・ラロッシュ)

●ウォルトはファッションを街の中へ解放し、シャネルは上流社会的ファッションを時代遅れとし、アメリカのデザイナーたちは、ファッションを人生の生き様にまで広げた。かっては「ファッショナブルな人」といえば、「上流社会のファッション・リーダー」であり、「良い服装をした人」であったが、シャネルの時代以降、それは「センスのいい服装の人」であり、「格好のいいスタイル」の意味となった。だが、今日では、ファッショナブルとは服装やスタイルだけではなく、生活全般の中で、例えば生き様や思想にまで用いられるようになったのである。さらにイタリアは「伝統と革新」を掲げ、実用的で着やすい服を特徴とする。

目次に戻る

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

10/12   3回   ニューヨークのアパレルビジネス

米国既製服産業の歴史の古さ

米国のアパレル産業が大きな規模に到達した一つの理由は,既製服(ready一toー wear)の産業が古い歴史をもっていることに求められよう。そこで,その歴史を以下に概観する。

〔ミシンの発明]1832年,イギリスのウォルター・ハントによってミシンが発明され,1846年アメリカでエラィアス・ハウにミシンの特許が認められて以降,既製服の工業化への一つの条件が整っていた。ミシンを世に送りだしたのは、アイザック・メリット・シンガーで、1851年、ニューヨークにおいてであった。以後ミシン縫いの時代が始まったのである。

〔型紙の発明〕1863年,エベネツァー,パタリック夫妻が型紙を発明し、市販した。それを契機として正確な裁断ができるようになったので,既製服の工業化が一歩前進した。

〔南北戦争を契機とする工業化の進展〕1861−65年の南北戦争は軍服の大量需要を引き起こしたので,すでに工業化が可能になっていたミシンを活用し,北軍軍服の大量生産がなされるに至った。その後,戦争が終わるとともに,背広服の生産へと切り替えられるに至った。これによって,メーカーは大量生産のメリットを学んだので,既製服工業化のもう一つの条件も整うに至った。出所;H.A.Cobrin:The Men’s Clothing lndustry(Fairchild.1970)

〔ユダヤ人の移民〕1848年ドィツの3月革命を契機に,大勢のドィツ居住ユダヤ人が米国に移住し,アパレル産業に就業した者が多かった。その後,1880年以降,ロシヤ並びに東欧諸国でユダヤ人が迫害を受けたので,以前よりもはるかに大勢のユダヤ人が米国に移住し,彼らの多くもアパレル産業に就業した。その結果,労働力の面でも既製服工業化の条件が整ってきた。以上のような系譜をとって,1900年ごろには既製服の手工業化の条件は完全に整ってきた。多くの人が米国の既製服は1900年を画して手工業による工場化が始まったと考えている。工業化に入ったのは、1929年勃発の大恐慌の後からであり、縫製作業に分業化が取り入れられ、流れ作業となってからである。

我が国で既製服の工業化がいつ確立したか,その時点を正確に指摘することは困難であるが,仮に昭和35年(1960年)を工業化の時点と仮定すると,米国に比して我が国は25年から30年遅れたことになる。

 

だい‐きょうこう【大恐慌】‥クワウ1929年10月アメリカの株価大暴落に始まった世界恐慌。

〔ファッション・インダストリー〕1927−28年、大恐慌により衣服企業、縫製工場の約半数が倒産に追い込まれ、生き残りのため各企業は合併やシンジケートによる体質強化を図り、これらを「ファッション・インダストリー」と呼んだ(ここでのファッションの意味は今日の意味とは異なる)。このとき、現場としての縫製工場の作業に分業が取り入れられ、最初はコンベアの導入による流れ作業、1930年後にはコンベアを外した流れ作業が行われるようになった。1935年創業のコンサルタント会社のカート・サーモン社は縫製工場の指導を始めた。シンガー社もシンガー・シンクロ・システムを作り上げて指導した。

 

(1)縫製工業化の条件

 工業の条件として、モノ作りに「機械」を使い、「分業」により「流れ作業」で生産することが上げられる。縫製の機械としてミシンが代表的であるが、1851年シンガーにより市販されるようになり、1890年にはテスラにより交流電動モーターが出現して、ミシンの動力駆動が広まった。1905年にはホフマンによりプレス機が発明された。既製服のネックであったサイズ合わせの点で、第1次世界大戦直後の1920年グレーディングの技術が開発され、体型やサイズ別に既製服が作られるようになった。縫製の分業化は遅れて、1929年の大恐慌の後から取り入れられるようになり、アメリカ、特にニューヨークで1935年以降、縫製の工業化がスタートすることになった。工業ミシンは流れラインにって配置されるようになり、縫製の生産性が次のように高まった。

紳士服上衣(ジャケット)

紳士服下衣(ズボン)

テーラード縫製

40工程  55,800秒

20工程 27,000秒

工業縫製

141工程   8,190秒

80工程  2,032秒

 

 

アメリカでは、1940年代よりワイシャツとズボン縫製の生産性向上が次のように報告された。

ワイシャツ生産性向上

1930年

1940年

1960年

1970年

生産性(着/人・日)

13.6

28.8

40

50

縫製条件

丸縫い

分業化(シンクロシステム)

ロット生産(バンドルシステム)

自動化

職人製作

流れ作業

流れ作業・省力化

コンピュータ化

 

スラックス生産性向上

1940年

1950年

1960年

1970年

生産性(着/人・日)

12.8

22.4

26.4

30.4

縫製条件

バンドルシステム

自動糸切り出現

自動糸切り改良型

自動縫製化

 

(2)縫製工場の経営

こう‐じょう【工場】‥ヂヤウ  機械などを使って多くの労働者が分業によって協力しながら継続的に物品の製造や加工に従事する施設。こうば。

こうじょうせい‐しゅこうぎょう【工場制手工業】‥ヂヤウ‥ゲフ(manufacture) 問屋制工業に続いて、またはこれと並んで行われた工業的生産制度の一形態。機械時代直前の爛熟した手工業労働を単一の工場に集めて、協業を行うとともに分業をも行なったもの。イギリスで16世紀中葉〜18世紀後半に行われたものが典型。マニュファクチュア。

縫製工場の生産が円滑に行われるには、「ナ、ツ、ト、オ」をうまくして行くことが大事である。この「ナ、ツ、ト、オ」をうまくするというのは、次のことである。

「ナ」をうまくするとは、生産で「うまく流す」ことをいう。

「ツ」をうまくするとは、生産で「うまく作る」ことをいう。

「ト」をうまくするとは、注文を「うまく取る」ことをいう。これによって生産の平準化が得られる。

「オ」をうまくするとは、新製品を「うまく起こす」ことをいう。マンネリを破って、CS(顧客満足度)を高めることができる。

 生産がこのような方向で進んで行くように、経営を総合的に見て行かなければならない。しかし、現実はこの「ナ、ツ、ト、オ」をうまくして行くことは、なかなかできない。現状分析は、生産が円滑に行われているかどうかを観測し、分析して、生産の「悪さ」がどこにあるかを明確とし、その原因を追求して「悪さ」を取り除くための手法である。現状分析は職人式の「KKD(経験、カン、度胸)」により行うのではなく、科学的に進められる。その手法として、IE(インダストリアル・エンジニアリングの略で、工業生産に関する工学のこと)が、生産をうまく進める工学として発展させられている。もともと、モノ作りは職人の丸仕上げの作り方できたものが、これまでにも述べたように、イギリスで起こった産業革命により250年前から工業の出現となり、生産は工場で「分業して機械を使って」行われるようになった。仕事の分業が生産の工程を生み、流れ作業を出現させた。工業ではコストは大量生産により低減させた。旧IEはこのような条件の下で生産の効率の徹底追求、その成果としての利益至上の考え方により研究が行われた。新IEでは生産が「顧客満足度」「従業負満足度」「環境満足度」を高めるようにしないと、生き残れなくなってきたことを視野に人れることを迫られている。従って、旧IEでは科学的方法として分析が主体であったが、新IEでは総合的に捉える見方が主体となってきている。IEの新旧について比較すると、次のようである。

〔旧IEの考え方〕

工業として「プロダクトアウト」

生産の「効率追求」

3S(標準化、単純化、専門化)

成果として「利益至上」

  

〔新lEの考え方〕

脱工業として「マーケットイン」

生産の「人間生活貢献」

特性(多種・高感度・短サイクル・少量生産)

目標として「顧客・従業員・環境重視」

〔旧lEの進め方〕

(1)大量ロット流し

(2)高速生産

(3)大型

(4)ブッシュ型設備

(機械→作業→顧客)

(5)無人自動化 

〔新1Eの進め方〕

(1)1個流し

(2)低速生産でも可

(3)小型、安価

(4)プル型設備

(顧客→作業→機械)

(5)自働化

(3)マス マーチャンダイジング

マーチャンダイジング【merchandising】 商品・サービスを需要動向にあわせて、適当な場所・時期・数量・価格で販売するのに必要な一切の活動。 製品計画あるいは商品計画。 商人の仕入れ・商品調達活動。 メーカーや商人の販売活動の総称。

 

アメリカの得意技は、工業の大量生産であり、これは大量生産、大量販売、大量消費の工業社会を生み出す。大量に生産しても、売れなければ、経営は成り立たない。大量販売のためには、商品企画がピント外れやマンネリ、時代遅れのものでは、売れるはずがない。

 

 マーケティングを理解するには、まず、マーケティングの根本思想が何であるかを明らかにしなければならない。マーケティングの根本思想を一口でいえば「すべての経営活動をお客様本位に行う」ということになる。なぜなら、企業は顧客によって成り立っているからである。この単純明快なことが、企業家にも経営者にも長い間分からなかった。「よりよいものをより安く」提供すれば、消費者のためにもなるし、企業のためにもなるという堅い信念が頭にこびりついていたからである。メーカーは企業努力の大部分を「よりよいものをより安く」つくることに集中し、消費者を無視した〃技術万能〃の体制をつくりあげた。企業の販売部門や流通業者はこのようにしてつくられたものをただ売るだけという単なるトンネル機関の役割を果たしていたにすぎない。このことは1935年の米国マーケティング協会の定義をみれば一自瞭然である。それによると「マーケティングとは、生産地点から消費地点にいたる販売およびサービスの流れにたずさわるもろもろの事業活動である」となっている。しかし、「よりよいものをより安く」という思想はやがて大きな壁にぶち当たった。消費者の欲求を満足させられない製品やサービスはいくら質がよく価格が安くても売れなくなったからである。そこで「消費者にとって本当に価値あるものは何か」が真剣に考えられるようになった。その典型例は米国のIBMである。一介の〃パンチカード屋〃にすぎなかったIBMがユニバックやGE、RCAなどの先発メーカーで固められたコンピュータ市場に新規参入し、今日のコンピュータ王国を築いたのは、ひとえに消費者本位の経営に徹したからである。

2つのマーケティング

マーケティングには2つの流れがある。一つはマクロ・マーケティングであり、他の一つはミクロ・マーケティングである。これら2つのマーケティングのルーツをたどっていくと、1930年代初めの世界恐慌という同じ根にたどりつく。

1)マクロ・マーケティング

 世界恐慌は人々を極度の不安と生活苦に陥れた。生活防衛のため人々は家計を極度に切りつめ、爪に火をともす生活を強いられたのである。しかし、こういった生活にも限界がある。やがて人々は、問題の解決を商品の流れの最終段階である家計に求めることから、もう一段階上の流通に求めるようになった。流通過程にムダはないか、ムダがあるとすれば何か、それを取り除くことによって、物価を引き下げることはできないか、を真剣に模索し始めた。これがマクロ・マーケティングの始まりである。

2)ミクロ・マーケティング

 世界恐慌は企業にとっても大きな問題を提起した。モノをつくっても消費がこれに伴わないという深刻な事態が生じたからである。当時、米国ではすでに大量生産システムが確立していた。それだけに、購買力の低下は企業に大きな打撃を与えた。企業は深刻な不況に対応するため、あれこれと知恵をしぼった。その結果たどりついたのが「つくる側の論理」から「買う側の論理」ヘの転換だったのである。つまり、消費者の立場に立って製品をつくれば、需要を喚起することができ、企業活動は再生するという〃逆転の発想〃だったわけである。ミクロ・マーケティングはこうした努力の結果生まれたものである。

 

 マーチャンダイジングは商品企画を意味するが、マスセールスのためには、マスマーチャンダイジングが前提となる。19世紀末までのオートクチュールは、特定の顧客相手に宮廷ファッションの延長のデザインや仕立てを行っており、次第にマンネリとなり、また顧客も時代とともに変化して、古めかしい衣裳離れや高額離れが生じて、客が離れていった。20世紀に入ると、オートクチュールに次々に改革や革命が持ち込まれるに至る。
シャネルは「モードは単に衣裳の中だけにあるものではなく、空気の中にあって風が持ってくるものだ。人間はそれを感じる。」「時代の空気をいち早くつかまえるのが、クチュリエの役目だ」と語ったが、ミニ・スカートのデザインで60年代のファッション革命を起こしたマリー・クワントも「デザイナーにできることは周りの人がこれまでの服装に物足りなさを感じ出す直前に、その空気を察することだけである。問題はどちらが先にその空気を察するかだ。」と、シャネルと同じことをいっている。時代の風や空気といっているのは、マス(公衆)の意味であり、衣服を着る人たちのことである。

 

(4)縫製の工業経営

こう‐ぎょう【工業】‥ゲフ 手細工をする職人。大工など。〈日葡〉 

(industry) 原料や粗製品を加工して有用なものとする産業。

しょく【職】 担当の務め。また、その地位。徒然草「大きなる―をも辞し」。「―を奉ずる」「―務」「官―」 生計のための仕事。いとなみ。「―を探す」「―人」「畳―」 身につけた技能。「手に―を持っている」「手―」

ぎょう【業】ゲフ しごと。わざ。「―務」「作―」「偉―」 くらしの手だて。なりわい。つとめ。「生―」「商―」 学問。技芸。「授―」「卒―」 やしき。「別―」

 

ハート、ハード、ソフトと5M

 すべて事業を行おうとするとき、次の3つの条件を考慮する必要があると考えている。それはハート、ハード、ソフトの3つである。ハートは心で、生産はお客様に満足して貰うために行うと考えること。ハードは設備で、生産に必要な設備を揃え、これを有効に活用すること。ソフトは利用技術で、生産の人、材料、設備をうまく使いこなすこと。アパレル生産を行うのに、生産管理では生産要因として、5つのMを上げており、それらが適正に働くようになっているかを問題とする。そうなっていなければ、生産にムダが生じる。5Mとは、MAN(人)、MATERlALS(材料)、MACHlNE(機械)、MONEY(賃金)、METHOD(方法)である。これら5Mの条件が充分でないと、生産の成績が上げられなくなり、これを5Mのリスクと呼んでいる。すなわち、良い人が取れないリスク、良い材料を用いられないリスク、良い機械を使えないリスク、資金調達できなかったり、資金回収不良のリスク、古い方法のままで生産性が上げられないリスクなどである。

(1)MAN(人)−〔望ましい技能を持っており、適材適所に配置され、やる気で働いているか〕

 人の問題では、とかく人手不足なので人数だけ揃えることに関心が向けられ勝ちとなっているが、よい人が採用されないと、生産がうまく進まない人きな原因となる。良い人であると共に、その良い人がよく働いて貰えるような体制が大事となる。よい人を採用するためにも、その職場が魅力のある条件を備えなければならない。そしてさらにその人の質を高める社内教育、人材育成が続くことが望ましいのである。例えば、ミラノではデザイナーの育成に力を入れている。10−8−1の読売夕刊は次のように伝えている。

 イタリアの有名リゾート地、ポルトフィーノで7月5日、服飾デザインを学ぶ学生の作品を集めたファッションショーが開かれた。参加したのはイタリア、香港、イギリス、アメリカ、フランスの5か国から計24人。主催者は、ざん新な素材やデザインで知られるバッグメーカー、マンダリナ・ダック社。昨年から衣料品部門を新設した同社にとって、新しい才能の開拓は必要不可欠。そのために、若いデザイナーの卵たちに発表の場を与えた訳だが、ばく大な宣伝費が、こうした形で使われるのは若者にとっても有益なはずだ。思えば1980年代半ば、ミラノのモード界は、若い才能を発掘することに多大なエネルギーを費やした。ミラノコレクションを主催しているモード協会や見本市公社などは、新人デザイナーを発掘するための小さな見本市や展示会などを次々開いた。現在活躍中のドルチェ&ガッバーナやシビラ、マリナ・スパダフォラなどは、これらの企画を通じて世に出てきた。その後しばらく動きは停滞していたが、昨年あたりから有能な新人を見いだそうという動きが活発になり始めた。先月行われたウエディングの見本市でも、新人発掘のためのコンクールが行われた。この種のコンクールは、ファッション界のみならず、写真や工業デザインなどの分野でも増えている。優秀な人材の確保が、21世紀に生き残る大事な条件になるだけに、有望な人材をいち早く発掘することが、各業界にとって重要になっている。(矢島みゆき ファッションジャーナリスト)

(2)MATERlALS(材料)一〔材料が悪く、良品の生産を妨げていないか〕

 悪い材料で良品を安定して縫製できない。材料不良のために不良品で悩んだり、生産性が悪くなったり、アパレル生産工場の持続を危うくする。生地は支給されるので仕方がないではなく、生地の良品入手の手を打つことをアパレルメーカーと共に真剣に考えることが必要である。

●オートバイ用ジーンズ 強度・耐久性アップ 東レなど4社 共同開発   読売10-12-10(11) 

 東レ、東レ・デユポンなど四社は九日、防弾チョッキなどに使われている高機能繊維「ケブラー」を使って耐久性や転倒時の安全性を高めたオートバイ用のジーンズ「ボー・アンド・アローKシリーズ」を共同開発したと発表した。ケプラーは宇宙服に使われているアラミド繊維で、デュポン社のステファニー・クオレク女史が発明した。ケプラー使用のジーンズは通常のジーンズに比べて・引き裂きに対して二倍、摩耗に対して三倍の強さを持つという。一本一万九千八百円で、ボーアンドアロー(仙台市)が十六日から当面はインターネットを通じて販売する。アドレスはhttp://www.futo.com

(3)MACHlNE(機械)一〔適切な機械が配置されており、故障や調子が悪くないか〕

 縫製設備は殆ど既存機種の枠内で考えられているだけであるが、人手不足の中で設備への依存度が増しているわけで、より適切な機械への関心を強め、設備の見直しが行われるべきである。

(4)MONEY(資金)一〔生産に必要な資金が用意されているか〕

 昔は資金が少なくとも労働でカバーしてアパレル生産工場が操業できたが、現在では人手不足で資金の少ないのを労働でカバーできない。資金調達すると共に、その資金がムダにならないようにリスクを考えて投資することが大切である。

貸し渋り対策の公的融資  返済は原則5年以内  読売 10−9−15(15)

景気低迷が続く中で、資金繰りに苦しむ中小企業や商店が増えている。その一因として、金融機関の貸し渋りが指摘されているが、こうした状況を改善するために、中小企業金融公庫、国民金融公庫などの政府系金融機関が、いくつかの融資制度を設けている。「金融環境変化対応特別貸付」は、貸し渋り対策として、昨年11月の緊急経済対策で導入が決まり、翌12月から実施されている。@メーンバンクの経営破たんなどで融資の継続が難しくなった場合A金融機関から、担保の積み増し、利率アップなど、融資条件の変更を求められた場合-などに、この制度を利用することができる。融資限度額は、中小企業金融公庫は1億5000万円、自営業者、個人商店主の利用が多い国民金融公庫は3000万円。また、当座の資金繰りに困っている中小企業や商店を対象とする「運転資金円滑化特別貸付」も、今年6月からスタートした。最近3か月の売上高が前年比で10%以上減少している企業などが対象で、融資限度額は、中小企業公庫が8000万円、国民公庫が4000万円。二つの制度とも、固定金利で、融資利率は2・5%。返済期間は原則5年以内、特に必要な場合は7年以内。すでに、両分崖などから融資を受けていても、別枠で利用できる。

運転資金円滑化特別貸付の利用条件

・最近3か月(または6か月)の売上高が前年比で、10%以上減少。

・最近3か月(または6か月)の売上高が2,3年前に比べ、10%以上減少、前年比で5%以上減少。

・倒産企業への営業債権が200万円以上、または、その取引割合が20%以上。

・上記のいずれかの条件を満たし、目先の資金繰りに苦しんでいるが、中長期的には回復、発展が可能。


(5)METHOD(方法)−〔縫製の方法が適正であるか〕

縫製の方法には、昔ながらのテーラード縫製、機械を多用するマシンメード縫製、エンジニアリングによるエンジニアード縫製などがある。新しい方法には反対も強い業界であるが、古い方法では生き残ることがきわめて難しい。しっかりした方針の下に新しい方法を取り人れ、生き残り策を講じるようにすべきである。
配布した「アパレルテクニカルテキスト」を参考に読んで下さい。

(6)ムダをなくす問題意識

 生産のムダを無くそうとすると、まず生産の第一の条件であるハート(心)が、ムダに対しての意識を持たなくてはならない。何事も人がハートで考えることから始まる。今の時代においては、生産に負わされた役割として「顧客満足度」「従業員満足度」「地球環境満足度」の3つの指標に応えて行くことを要するようになっている。それは、顧客を抜きにして、生産したら製品が売れずに生産の継続ができなくなるし、従業員の満足を抜きにしては人が集まらず、雇用ができなくなるし、地球環境を汚染する生産では、社会的に非難されて生産の継続は不可能となるからである。企業として一生懸命にやって、その結果企業の存続ができなくなるというのは、一番のムダだ。従って、生産を行うのに顧客のために、従業員のことを考え、地球環境汚染をしないようにハートで考えるのである。今までの生産管理の論旨では生産のムダを省くのに、人間の行動を拘束して行くような傾向が強く、そのため従業員にとっては「きつい」感じが強かった。野村総研が経営者情報(平成4年1月16日)として「CS」経営のすすめを伝えている。

「CS」とはCustomer Satisfaction(顧客満足)の略であり、CSが重視される背景としては次の点があげられるとしている。@市場の競合が激化し商品同質化が進んでおり差別化が難しい。このため価格競争になり易く、企業の収益が低下傾向にある。A生活者では、従来のモノ重視の価値観から心の豊かさや質を重視する価値観へと変化し、消費も多様化が進んでいる。従来の生活者指向のマーケティングは、生活者の二一ズをセグメント別に把握し、それぞれに適した商品を提供しようとするものであり、いわば「市場開拓型」が主流だった。CSマーケティングはこれを一歩進め、顧客の声を把握しこれに適した商品・サービスの提供により、顧客の「組織化・リピート化」を図ろうとするものである。一般に市場開拓は市場深耕の5倍の労力が必要といわれ、マーケティングの効率化にもなる。また、満足を向上させるような高付加価値ビジネスヘ展開し、価格競争からの脱皮も可能である。CS経営には、顧客満足水準の計数としての測定が最も重要である。測定には、顧客への簡単なアンケート調査や、覆面調査員によるサービスの質の採点等が行われている。CS経営は、欧米と比較し日本では相対的に遅れをとっている部分である。米国ニューヨークに本拠を置く銀行ではCSを導人し市場シェアとともに収益も伸ばしている。当行では「最近6カ月の間に当行のサービスで問題がありましたか」というアンケートを定期的に行い、「ある」の回答率5%以下を経営目標としている。また問題点については改善チームをつくり、サービスの質向上体制を確立しているという。工業製品は大量に生産することでコストを下げて、利益を出すものとされている。しかし、数が限られても家電製品などでは、地域商品の開発で次第に生活、風土に合わせた生産が大量生産を乗り超えて行われるようになり、CS経営の広がりが進んでいると、報じられている。今後、競争はさらに激しくなり、生活者の二一ズも多様化していく。CS創造・コントロールを行える、システマティックな体制が経営のキーポイントとなろう、と見られているのである。

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

10/19  4回   ミラノのモードビジネス

 

(1)ローマ ロマンチックの語源

「すべての道はローマに通ず」といわれ、ローマは都として憧れの的であり、ドイツにはロマンティッシュ・シュトラッセ(ローマ街道)がその昔の面影を残して残っている。ロマンチック、ロマン、ロマンスはローマが語源であり、そのローマの語源は「ロムルス」である。

ロムルス【Romulus】伝説上のローマの建国者。マルスとレア=シルヴィアとの間に生れた双生児の一人。ティベリス川に捨てられ、牝狼の乳で育てられたが、牧人ファウストルスに拾われ、狼に育てられた地にローマを建国。弟レームスを殺して39年間在位したという。

 

都としてのローマの入り口にポポロ門が残っている。有名なスペイン広場の少し西にあり、歩いてもわけない距離にある。このポポロは婦人服専門店の鈴丹社の子会社の名に取り入れられ、イトーヨーカ堂松戸店の売場の隣に出店していたが、現在はプラーレになっている。ファッションのイメージやモードの魅力を高めるのに、ローマの匂いは有効のようである。イタリアはローマを中心にして、南部が農村地域であり、これに対して北部は工業地域である。フランスのデザイナーたちが生んだ服地を下請け生産していたのがイタリアである。その下請け群も伝統文化の力を発揮し、戦後、デザイン力を高めた。日本の合繊が世界を席けんしたことに危機感を抱いた結果だ。かってファッションはデザインがパリで始まり、ミラノで生地の縫製、編み立てが行われ、それがニューヨークに渡って、工業生産され、売場に出され、さらにアメリカ西海岸を通って日本に入ってくる時代があった。今日、イタリアのファッションはパリを押さえて、世界最先端を走り、アパレル産業としても一人勝ちである。ファッションの中心はミラノとなり、フィレンツエやベネチアもこれを盛り上げ、アパレルの縫製もローマ以北(フィレンツエの北のカルピが有名)で行われている。北イタリア、ロンバルディア州のコモ市はその中核産地で、生産の七割は海外に向けられている。日本にも直製造輸出され、インポートイタリア商品としてブームを生んだ。

▼コモは人口九万の小都市。繊維業を担うのは零細、中小の絹織物業者だ。この旧市術でトッブブランドが生まれるのはなぜか。戦後、日本の石油化学大手は伊モンテカチ−二社のポリブロピレンの技術導入を競い、「モンテ詣(もう)で」を展開した。今度は産地中小企業による「コモ詣で」である。

▼コモの業者はネットワークを張って、デザインを求め、競う。世界ブランドの夢を追って、それぞれが自立しつつ分業している。金沢、福井、足利の若手層はコモと人的な交流を始めた。来日したコモの業者は日本の合繊技術を再認識する一方、加賀友禅、西陣などを見て新鮮な感動を覚えるようだ。伝統品の中に世界に通用する意匠が潜んでいるようである。イタリアの縫製工場は戦後は、アメリカへの輸出縫製であり、1970年代のイタリア経済破局時代にアメリカの不況と重なって輸出縫製が行き詰まり、転換した国内縫製も低価格品の輸入により経営悪化して、企業規模の零細化を招いた。

 

(2)ミシンメーカー 1881年創業

イタリアには工業ミシンメーカーとして、リモルディ社とネッキ社の2社が大手メーカーとして知られている。リモルディ社は1881年の創業で、オーバーロックミシンなどニット生地向けの工業ミシンメーカーである。1975年代のイタリア経済不振時にアメリカのコングロマリット企業アメリカン・ロックウエル社の傘下に入った。ネッキ社は本縫いミシンを中心にした織物向け総合工業ミシンメーカーで、半官半民の経営形態をとっている。

 

(3)アリティジャーノ職場

イタリアでは、第2次世界大戦後の1946年では、既製服化率は10%にすぎず、65年になって56%となり、75年で88%、85年で95%に達した。この過程で、注文服の仕立て職人(アリティジャーノ)が、既製服産業に組み入れられ、品質の高い服作りに貢献した。イタリアのアパレル企業として世界的に有名なのは、アルマーニの服をつくっているGFTやニットのベネトン社さらにマルゾット社などが挙げられるが、圧倒的に多いのが中小企業である。従業員1000人を超える大企業は10数社で、10〜49人の中小企業が全体の89%を占めている。北イタリアで、繊維・アパレル縫製の地場産地は、ミラノ、ベネチア、ボローニャ、フィレンツエの周辺において、北からバレーゼ(アパレル・靴)、コモ(絹製品)、ピエツラ(毛織物)、ベネチア(婦人服)、マントヴァ(ストッキング)、ピストイア(靴)、カルピ(アパレル)、プラート(繊維)、エンポリ(婦人服)などがある。この中のカルピについて触れてみよう。カルピにはアパレル企業が2068社も集まっている。生産設備を持たず、商品の企画・販売を担当する親企業は504社で、従業員は平均11.6人、縫製を受け持つ下請け工場は従業員平均3.6人に過ぎない。70年代半ばまでは、200−300人の企業規模だったが、発展途上国の追い上げにより経営が行き詰まり、社員が独立して分裂、細分化した結果である。得意分野に専門化した小企業のネットワークを形成している。そのカルピのアパレル業界が低価格衣料だけでなく、中級品までもが東欧、アジア製品の市場浸食に会い、再び危機を迎え、企業数は94年までの2年間に120社も減少し、日本、ドイツなど高所得国向けの高級品輸出に活路を求めざるを得なくなっている。

 

(4)ミラノ コレクション

イタリア・ミラノで年2回開催されるプレタポルテのコレクションであり、1975年頃、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ベルサーチらが作品を発表して始まった。有能なデザイナーの感性とイタリア伝統のモノ作りの土壌が融合して、80年代から急速に台頭して注目を集めている。

1996年3月 ミラノ・コレクション プレス・リリーズ

アルマ

アンドレ・ラウグ

アントニオ・フスコ

ベルトレッチ

ビブロス

カルロ・ピグナテリ

カルロ・チビオリ

シビディーニ

ダエリ

エディ

エレウノ

フロラーナ

フルステンベルク

ギイ・マチオーロ

ジェニー

ジャンマルコ・ベンチューリ

アイスバーグ

ラウラ・ビアジョッチ

ローレンス・スチール

レコパン

ロレンツォ・リバ

ルチアーノ・ソプラニ

マレラ・フェレーラ

マリエラ・ブラーニ

ミチブル

ロベルト・カバック

ロコ・バロッコ

サンタンドリア

シサン

ソレシッチ

トラサルディ

スタジオ・クレアチボ・セルジオ・ボナニ

 

ミラノ・コレクション デザイナー情報

  デザイナー名          生年月日       プロブイール

●ジョルジオ・アルマー二    1934年    イタリア・ピアチェンツ生まれ 96年にパリのエンポリオ店がオープン予定。東京店が95年10月にリニューアルオーブン。現在世界規模で出店計画を進めている。

●トム・フオ一ド(GUCCI)  1961年    アメリカ・テキサス州生まれ  演劇コマーシャル界等を経てパーソンズ・スクール オブ デザインで建築学を専攻。ペリー工リス等で経験を積み、90年グッチに入杜。グッチのデザインを担当。

●ジャンフランコ・フェレ    1944年    イタリア・レニヤーノ生まれ ミラノ工科大学で、建築学専攻後 インテリアデザインを経験。その後アクセサリーデザインを手がけモード界へ。96年3月にはモスクワにショップをオープン。

●ジャンニ・ベルサーチ   1946年  イタリア・レッジョカラブリア生まれ 母もアトリエを営んでいた影響でファッションに興味を持つ。1972年、ミラノで既製服のデザインを始め、78年、初の秋冬物のコレクションを開いて独立した。旅行、普楽、読書が趣味。1997年7月15日射殺さる。

●アンナ・モリナーリ(BLUEMARINE) 未発表 日本国内でのブランド販売予定は96年秋冬物より。但しブランド名は『アンナ・モリナ一リ』輸入販売元はブルーベルジャパン。

●ドメニコ・ドルテイエ&ステファン・ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) 1958年 シチリア島生まれ&1962年ベニス生まれ  二人の名前をとってブランドネームとしている。これが85年出発のブランドの由来。二人は、サンロ一ランを尊敬し、オートクチュールをいつか作りたいと語つている。●ミウッチャ・プラダ  年齢未発表 イタリア・ミラノ生まれ 彼女は創業者マリオの孫娘にあたる。マリオ・プラダは1913年、ミラノでバッグなどを手がける皮革店として創業。彼女はミラノ大学で法科を学び、政治学博士の称号を持つ。70年代末にプラダのデザインと経営を継承。バッグや靴に続いて、89年に婦人、95年にメンズウエアに進出した。96年秋にはメンズのショップをニューョークにオープン予定。

●カール・ラガーフェルド(CHANEL) 1938年 ドイツ・ハンブルグ生まれ 16歳で国際ウールコンクールで優勝、以来デザイナー街道をまっしぐら。ウィーン大学の教授にもなった教養人でもある。かのココ・シャネルのイメージを引き継ぎ、「眠れる森の美女」だったシャネルを、83年よりシャネルのデザインを手がけて、見事に現代に復活させた。1913年に開かれたメゾンはRUE DE CAMBON通りに今も世界中のファンを引き付けている。

●ジョン・ガリア一ノ 1960年 ジブラルタル生まれ 英セントラル・セント・マーチン美大卒。現代モード界の台風の目。96年パリの音楽学校の少女に魅せられダンス学校を披露するなど、話題が多い。パリのクリスチャン・ディオールに迎えられ、デザインを担当した。

●アレキサンダー・マックイーン            英セントラル・セント・マーチン美大卒。パリのジバンシィに迎えられ、デザインを担当後、グッチのデザイナー。

●ロメオ・ジリ  1949年  イタリア・エミリアロマーニヤ生まれ 大学で建築学専攻後、インドやアジアを放浪。その後、78年にニューヨークでデザイン活動を始める。保守的なミラノに別れを告げ、パリコレクションに進出。

●ティエリー・ミュグレー  1945年  フランス・ストラスブール生まれ 幼少の頃からファッションに興味を示し、かつてはバレー団の一員でもあったが、華麓に転身。96年秋冬からは、『ミュグレー・トレードマーク』を展開する予定。日本販売は未定。

●ジョバンナ・フェラガモ  年齢未発表  イタリア・ボニート生まれ 創業者サルバトーレ(1898-1960)は貧しい農家の生まれで、幼少から靴屋で働いていた。16才でハリウッドに行き、有名なハリウッド女優を顧客にし、靴職人として一躍有名に。その履きごごちには定評がある。フェガラモ社はフィレンツエに本社を置く。サルバトーレは、妻ワンダとの間に、長男フェルッチオ(最高経営責任者)ら6人の子供をなした。ジョバンナはサルバトーレの次女で、父にデザイナーになることを期待され、15歳の時にデザイナー学校へ。1958年にニューヨークのプラザホテルで始めてのコレクションを開いて以来、フェガラモの婦人服部門を担当している。

●フェンディ  エドアルド・Fとアデーレ・F夫妻が1925年、ローマで高級毛皮・革製品店として創業。夫妻の5人の娘が経営を切り盛りし、1995年に4女のカルラ(60)が3代目の社長に就任した。カール・ラガーフェルドが32年間の長いデザイナー契約をしている。

 

(5)「伝統」と「革新」が経営の核

 イタリアのベネトン社のルチァーノ・ベネトン社長は常に革新的であることが成功のカギであるといい、同社は毛糸を先に染めて編みが後という従来の工法をやめ、編みや縫製の完成したものを市場の動向に合わせて染めることで低価格を実現し、ニットの生産に革命を起こしたのである。また、ミラノのグッチ社は「伝統」と「革新」をモットーとしている。
同じく、ミラノのプラダ社は創始者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・ブラダがデザインと経営を継承し、「伝統プラス革新」的発想で次々に製品を打ち出している。サルバトーレ・フェガラモの靴には、サルバトーレの考え出したさまざまなデザインとアイデアが詰まっており、今でも新鮮さを失っていないという。伝統を単にそのまま受け継ぐのではなく、マンネリに陥らないように、常に時代を感知し、新鮮な製品をデザインし、生み出しているのである。

ベネトンについての追加資料はここをクリックして読むことができます。

 目次に戻る 

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

10/26   5回     経営のサクセスとクライシス

(1)パリ オートクチュールの盛衰

1846年C.F.ワースがパリに最初の高級衣装店を開き、これをまねて衣装店が急増し、1868年に高級仕立業組合が結成されたが、ワースの店も息子の代となり、パリの仕立業も50年を経て、競争も激しくなり、顧客も増えず、衰退してしまった。この間、業界組合もオートクチュール協会に再編されたりしたが、退勢を食い止められなかった。ワースの2代目の店を追放されたポール・ポアレによってパリのモード界に革命がもたらされて、再び隆盛の道を見い出した。どんな革命をしたのか。女性の体を美しく整えるとされたコルセットを追放したのである。

パリのオートクチュールは革命により息を吹き返し、1911年にポール・ポアレは協会を再編成し、その後半世紀にわたりパリがモード界をリードすることになった。オートクチュール・デザイナーのポール・ポアレ、マドレーヌ・ヴィオネ、ガブリエル・ココ・シャネルはそれまでヨーロッパの衣服がコルセットやバッスルを用いた過剰な身体加工と装飾から身体を解放したが、そのときのヒントは直線裁断であり、身体との間にゆったりと間をとった着物のフォルムがモデルであったという。この頃にファッションスケッチやファッション写真が取り入れられ、ファッションショーが行われるようになり、より多くの客への情報発信が始められた。シンプルな服は着やすく、買いやすく、顧客の増加をもたらした。しかし、1960年に入ると、オートクチュールの客が減り、経営が苦しくなり始めた。どんなに多く見ても世界に2,000人しかいない客数。そして経営にかかる膨大な経費。その上、1968年にドゴール大統領がオートクチュールへの援助廃止を行い、40年代には45軒を数えたメゾンの数も25軒に減少。パリのメゾンは存続の危機打開を迫られるに至った。客数増加のために、プレタポルテへの大転換が行われ、カルダンやクレージュが60年代にプレタポルテに踏み切った。パリのモード界はプレタポルテへの転換とブランドのライセンスビジネスにより危機を打開した。

2)パリのプレタポルテの盛衰

パリのプレタポルテも30年経って、行き詰まりが目立つようになり、イタリアブームにも押されて、影が薄くなってきた。そのような中、70年代以降、これまでの衣服観を震撼させるような異質の原理を日本のデザイナーがパリに持ち込んだ。質素、無装飾、非対称、オーバーサイズの服であり、高田賢三、三宅一生、川久保玲、山本耀司らのプレタポルテ・デザイナーの前衛的作品により衣服の構造革命が進められ、「ジャポニスム革命」としてモード界の第2次革命をひき起こし、西洋のモードに影響を与え続けている。

3)パリ老舗ブランドの若返り

パリの老舗ブランドのジバンシイやランバンなどでは、古くからのイメージを維持しつつ、若い消費者の心をつかもうと若手デザイナーの起用が目立っている。デザイナーが顧客とともに年をとりすぎては存続は難しい。老舗ブランドの生き残りのため、今後ますます若手の活躍に期待がかかりそうだという。

シャネルも盛衰を経て復活した。パリでデザイナーとして成功の後、第2次世界大戦でドイツ将校の愛人となり、戦後国外に追放されて逆境に落ちていたが、70年代ファッション界に復帰した。シャネルの死後、そのブランドはパリの表舞台から忘れ去られ、長らく衰退の中にあったが、83年にドイツ人のカール・ラガーフェルトがシャネルの独自のスタイルを引き継ぎ、若さを加えたデザインによりシャネルブランドを再びパリの老舗ブランドとして帰り咲かせた。

96−97秋冬パリ・オートクチュール 生き残りが話題に 読売 8−7−23(22)

きらめき増すクチュール 毎日 8−8−29(23) 

同コレクションは7月7日から10日までパリで開催されたが、低調ぶりが目立ち、存続の危機が語られるほどであった。コレクションの数は前回より4つ減って19となり、1960年代初めの最盛期の3分の1にまで後退してしまった。ディオールはデザイナーの交代で若返りが話題で、イブ・サン・ローランはインターネットを使ってコレクションを世界中に流すなどして、生き残りに真剣である。

 

97−98秋冬パリコレクション豪華な装飾、軽やかに  随所に日本のイメージも  大内順子報告             読売 9−7−22(14) 

ぜいたくな素材と高度な技術の結集である高級注文服を集めた97秋冬パリ・オートクチュ−ルコレクションが7月初め、開かれた。毛皮やアクセサリーを随所に使った舞台衣装のような豪華な服が多く、「フランスが誇るオートクチュール」を世界に強くアピールした。その様子を、ファッション評論家の大内順子さんが報告した。どのブランドも、現在のビジネスの中心はプレタポルテ(既製服)だ。しかし、直接売り上げに結び付かなくてもオートクチュールの果たす宣伝効果は大きい。採算を度外視して作るだけに極めて美しいし、これほどメディア向けのイベントはほかにないだろう。ミラノに大きく水をあけられた人気を、フランスはオートクチュールを通して急速に取り戻しつつある。その立役者が、ティオールのジョン・ガリアーノとジバンシィのアレキサンダー・マックィーンという二人のイギリス人デザイナーだ。今回は二人とも創作のヒントを求めて時代をさかのぼったり、ヨーロッパ以外の国のイメージを取り入れたりしていた。ディオールのコレクションは庭園を舞台に繰り広げられた。アルフォンス・ミュシャ、クリムト、ロートレックなどの画家が描く女性像を基にした服は、19世紀末から今世紀初頭にかけてのベル・エポックと呼ばれた古き良き時代を思い起こさせる。細くて高い襟元、大きく膨らんだちょうちん袖、細さを強調したウエストなどは、ドレスやスーツにロマンチックな雰囲気を加える調味料となつている。実際に着ないとしても、舞台衣装のような美しさであふれていた。アフリカや日本、今世紀初めのイギリスなどにイメージの源を求めたのはアレキサンダー・マックィーン。お得意の赤のタータンチェックを使ったジャケットやパンツのほか、馬のたてがみを使ったコートなど、こちらも劇的な服が目についた。面白かったのは、どこかに日本を思わせる要素が盛り込まれていたことだった。日本髪をイメージした真っ黒なカツラや長いたもとのドレスや帯が登場。「カワイイ ツボミ」「レディ・テンプラ」などの名が服についていたのも印象的だった。ジバンシイのショーにはエレガントなコートやスーツも登場。精密で美しい仕立てで好感がもてた。シーズン全体の傾向としては、毛皮や豪華なアクセサリーをふんだんに使い、19世紀末から今世紀初めをテーマにしたデザイナーが目についたことが挙げられる。うっかりすると装飾過多になるのだが、現代的な軽やかさを感じさせるスーツやドレスが多かったのはさすが。黒が随所に使われ、黒の復活を思わせたのも大きな特徴だったということである。

 

●フランス料理界の新旧抗争

フランス料理の起源はブルボン王朝の時からで、ルネッサンスまではイタリア料理がヨーロッパを代表する料理であった。フィレンツエのメディチ家のカトリーヌ王女がフランスに嫁ぐとき、料理人をイタリアから連れていったことで、フランス料理が始まったとされている。

ブルボン‐おうちょう【―王朝】‥ワウテウ一六世紀末から一九世紀初めにかけてフランスに君臨した王朝。ブルボン家(Bourbons)は九世紀、ブルゴーニュに起り歴代王朝に関与、1589年初めて王位に即いたアンリ四世がユグノー戦争を収束させて王権を強化し、18世紀末に至る絶対主義時代を開いた。ルイ一六世の時、大革命により転覆、王政復古を経て、1830年の7月革命で倒れた。他方、1700年以来スペインの王位を継承したブルボン王家は1931年の革命で廃止。

ルネサンス【Renaissance フランス】(再生の意) 一三世紀末葉から一五世紀末葉へかけてイタリアに起り、次いで全ヨーロッパに波及した芸術上および思想上の革新運動。現世の肯定、個性の重視、感性の解放を主眼とするとともに、ギリシア・ローマの古典の復興を契機として、単に文学・美術に限らず広く文化の諸領域に清新な気運をひきおこし(人文主義)、神中心の中世文化から人間中心の近代文化への転換の端緒をなした。文芸復興。学芸復興。ルネッサンス。

しかし、96年9月の話。フランス料理界で保守派と刷新派の対立が高じ、フランス料理を代表するシェフで作る仏高級料理業組合(ジョルジュ・ブラン理事長、会員80名)から、刷新派20人が脱退する騒ぎになったと報じられた。発端は、仏料理界の権威で日本でも著名なジョエル・ロビションさんら十数人の名だたるシェフが、「フランス料理の国際化」に抗議の声を上げ、フランス料理の刷新というが、外国食材や調理法を無批判に取り入れるだけのものだと批判し、これに対して、刷新派のマルク・ヴェラさん(有名なレストラン、ベルジュ・ドゥ・レリダンのシェフ)らは「建築や音楽などの芸術同様、料理も創造を通じて伝統を継続・発展できる」と、真っ向から対立。背景には、仏料理界はフランスの景気低迷を反映して、このところ最高級店の経営も圧迫されており、伝統だけでは厳しくなっている事情が表れている。

 

(2)ニューヨーク 縫製工場の栄枯

アメリカの縫製業界−−凋落と活路挑戦

その凋落ぶりは次の報道で明らかである。米アパレル産業の現状については、よいニュースと悪いニュースが寄せられている。工場閉鎖やダウンサイジングなどは悲しいことであるが、報じなければならない。しかし、こんなニュースばかりでは、業界の仮死を長引かせ、暗い見通しから脱せられないとも、考えてしまう。NPDグループ会社によると、アメリカ衣料消費は94年に対して95年は2%の伸びであり、前向きに信じて進むことにより、産業の明るい将来を起こせると思うと論じている。

 米アパレル産業への惜別の辞. クラーク・ウィリアムス,Bobbin,Vol.37.No.6(2,1996)p.16  

事態の打開 マニュエル・ガルタン,Bobbin,Vol.37.No.6(2,1996)p.16−18 

 アメリカのアパレル産業の衰退にウイリアムス氏は「アメリカのアパレル産業よ、さようなら。アパレル産業がメキシコと807条国の日没の中にゆっくりと没落して行くにつれ、アパレル産業が単に記憶にのみとどまる存在でしかなくなるのに、時間はさしてかからないだろう」と、悲観的な見解を述べた。この見解に対してガルタン氏は次のような事態の打開の反論を述べた。多分、ウイリアムス氏は工場閉鎖について読んだり、そして、同氏の周囲に見たりしている工場閉鎖から判断した悲観的な感じを持たれたのだと思うが、アパレル産業について現在の事態が全体の展望を曇らせないように望んでいる。健闘している縫製業者は「我々が労働をもはや売っているのではなく、サービスを売っているということを認識しなければならない」として、「我々は喜んで妥当な価格でそのサービスをどこにでも、提供しなければならない」といっている。最近、有名な小売りコンサルタントは、現在米マーケットは、経済がサポートできる衣料小売り規模の2倍に及ぶ供給過剰状態にあるという。この打開にはアパレルの輸出を行うことである。国内はクィック・レスポンスにより、過剰分は輸出により打開が可能であると論じた。

「メードインUSA」規格の見直しについて、米連邦貿易委員会(FTA)は3月、製品広告や表示に関する「メードインUSA」の無資格のクレームに対してその規格を変えるべきかどうか、そして国内製という内容をどう評価すべきであるかを決定するための公的作業班を組織した。同班の結論は、外国の材料や構成部品を使用するアメリカ製の全ての商品の表示に影響を与えることになろう。過去のFTAは「メードインUSA」について製品のオリジナルが全く国内であることを意味すると考えて無資格の判定をしてきた。この規格が非常に厳しすぎたという多くの異議に応えて、今回の見解を導いている。

 

(3)ミラノ 縫製業界の浮沈

イタリアブームと危惧

1970代はイタリアの財政は破局の中にあって、経済は困難を極めていた。イタリアファッションもパリの下請的存在でビジネスが行われていた。イタリア経済が立ち直り、リラの価値が高まると、パリでは割高となり、アルジェリアやスペインに調達先が変わってしまった。イタリアはパリの発注減に自前で輸出するようになった。これが成功してイタリアブームを巻き起こした。しかし、最近はグッチの社長の暗殺事件や刑事事件など、先行きに危うさが感じられる。最近の新聞て報じられたのは、「アルマーニ 贈賄で有罪に」として、イタリアのミラノ地裁は税査察に手心を加えてもらうために国税監査官に賄賂を贈ったとしてジョルジョ・アルマーニに有罪判決を言い渡した。ジャンフランコ・フェレらのイタリア有名デザイナーをめぐる一連の贈賄事件では初めての判決。

イ夕リアのデザイナー  ベルサーチ氏自宅前で射刹さる  読売 9−7−16(35)

[ニューヨーク15日=水島敏夫}世界的に有名なイタリアのファッション・デザイナー、ジァンニ・ベルサーチ氏(五〇)が、十五日朝、米フロリダ州マイアミピーチの自宅前で、何者かに狙撃され、病院に収容されたが死亡した。地元警察などによるとベルサーチ氏は、自宅近くのカフェで朝食をとり、午前九時ごろ、歩いて帰宅、家に入る直前、至近距離から頭部を撃たれたという。警察は、二十五歳前後の白人の男を犯人と見て行方を迫っている。事件のあった時、別の男がベルサーチ氏の家のカギを開けようとしていたとの情報もある。ベルサーチ氏は、ジョルジオ・アルマー二と並ぶイタリア・ファッション界の代表的存在。作品は、若々しいデザインと鮮烈な色遣いで、日本でも男女を問わず高い人気を誇る。イタリア南部のレッジョ・カラブリア生まれ。七二年、ミラノで男女既製服のデザインを始め、七八年、初の秋冬物のコレクションを開いて独立した。その後、世界主要都市でファッション・ショーを開き、リヒャルト・シュトラウスのオペラやモーリス・ベジャールーのバレエの衣装などを手掛けた。その派手な活躍ぶりから、米誌タイムは「ミラノ・ファッション界の専制君主」と評したこともある。最近では、同氏の手によるダイアナ元英皇太子妃のドレスがニューヨークで競売され、話題を呼んだ。

先行きに危うさを感じる理由

●ブランドは日本だけが頼り[日経 8−9−13(17)]

 仏デザイナーのジャンポール・ゴルチェは次のように言った。「今、日本が唯一、ファッションに金をかける国となっている。これまでファッションで注目される国といえば欧米だった。しかし、経済的要因などで、パリもイタリアも全然ファッショナブルじゃない。日本は金をかけておしゃれを楽しんでいる。ミラノやパリのブランドが一番注目しているのが日本である」。イタリアのブランドブームは日本だけのようで、イタリアは日本での売り上げを伸ばすべく、力を入れている。その日本もブランド消費が激減となっている。

高級ブランド志向は衰えず'  家賃削ってまで/若い女性に”同一性”信仰                              読売10-11-3(2)

 

長引く景気低迷で消費が冷え込む中でも、エルメス、ティファニー、グッチなど海外の高級ブランド品が日本で売れている。米ニューヨーク.タイムズ紙(10月29日付)は、香港やシンガポールなどのアジア市場で高級ブランド品の販売が落ち込んでいるのと対照的だと指摘、「日本の二十歳代の女性は少なくとも短期的には、不況を全く感じ取っていない」との見方や、「地価の下落や流通コストの削減により、高級ブランド品の小売業者が日本市場で価格を下げることが可能になった」との分析を紹介している。不況下の日本に住む外国人に、日本人の高級ブランド品志向をどう受け止めているのかを聞いた。フランス出身で滞在四年の語学教師マリアンヌ・ホットさん(31)は「不思議な現象」と首をひねる。「日本の若い女性たちは家賃を削って狭い家に住み、浮かせたお金を衣料費に回している。こうしたブランド品愛用の心理は、三十歳以上のフランス人の立場から見ると、理解できない。日本ではファッションに関する雑誌やテレビの影響がとても大きいからかも知れないが、結局は価値観の違いだと思う」

一年前に来日したロンドン出身の語学教師グレゴリー.スミスさん(26)も、高級ブランド品を競うように買う若い女性の価値観に着目する。「"同一性”が重んじられる日本では、友達同士で競ってブランド品を求めるため、みんなが似たような格好になる。イギリスでは"個性”を重視するから、そんな競争は起きない。日本人の"同一性”への信仰が消えない限り、いくら不況が長期化しても、親や配偶者に負担をかけながら、高級ブランド品志向は続くだろう」滞日一年七か月のカナダ出身のコンピューター技術者ポール・スロードレさん(38)は、日本人のガールフレンドのいとこに当たる二十歳代の日本人女性が、月給約二十万円のうち十万円前後を服代に使っていることに驚いたという。「彼女は親と一緒に住んでいるからできるんだ。しかし、カナダや米国では、ある程度の年齢になると経済的に自立することが当然のこととして要求され、一人で生活するか、親と暮らす場合でも親に経済的援助を与えるかのどちらかで、こんなことは起こり得ない」一方、スロードレさんは日本の不況に対して「過剰な認識」を持つことは危険だともいう。「失業率はカナダに比べるとまだまだ低いし、たとえ失業した人でも、比較的多額の貯蓄を持ち、当面の生活には困らない人が驚くほど多い。また、若い人たちも、不況をそれほど直接的に.感じているとは思えない。生活を楽しむ余裕はまだまだあるのだ。だから高級ブランド品も売れるのだろう」(益)

●とはいえ、イタリア製品も97年一転激減[日経 9−9−27(3)] 円安や消費者のし好変化で、97年は16年ぶりに前年実績を割り込む見通しで、ブランドブームで急増してきたイタリア製品も、消費の低迷で一転して大幅に減少、全体でも7年ぶりにマイナス成長になるのが必至だ。中国製品は人件費など生産コストが上昇し、日本では年初以来の円安で価格面の優位性が急速に薄れ、消費税の引き上げ後の売り上げ不振などで中国製の輸入が増える要素はないと見られている。高級衣料の代表だったイタリア製品の輸入はバブルの崩壊時に一時減ったものの、その後急増し、96年は4年前の92年に比べて2.6倍になった。しかし97年は売り上げ不振で大幅な減少となりそうだ。フランス製品も6年ぶりに前年を下回っている。

 

(4)ロンドン 紳士服業界の衰退

背広のメッカ、ピンチ  一サビルロニ・ストリートー  家賃増、輸出減     読売1988-7-22(9)

世界のジェントルマンの紳士服仕立てを手掛け、日本語の「背広」の語源ともいわれるロンドンの紳士服テーラーの中心地、サビルロー.ストリートが賃貸スペース料の大幅上昇、ポンド高による輸出城、後継者難に見舞われ、創業以来の"危機”に直面している。大幅な家賃上昇に耐えきれず、なかにはこの伝統ある通りから脱出するテーラーも出始めた。テーラーの経営者が集まると、語題は決まって生き残り策になっている。(ロンドン・佐藤三千男特派員)

イギリスを代表する老舗(しにせ)、有名デパートが建ち並び、観光客が一度は立ち寄るロンドンの中心部のリージェント・ストリート。サビルロー・ストリートはこの通りの一本西側にある。背広を飾ったショーウインドーがぼつりぼつりとあるだけで、ひっそりとした裏通りのイメージだ。この通りと周辺に軒を並べる紳士服テーラーは約五十軒、各店舗とも店の奥や階上に仕立ての作業スペースがあり、ベテランのテーラーたちが一着の背広に平均三十時間以上をかける伝統的な背広づくりに取り組んでいる。この通りに商業テーラーの組織として生れた「マーチャント・テーラー連合会」は、今春、発足百周年を迎えだ。とはいっても、大げさな記念行事はなかった。ふりかかる難問にどこも頭を痛めているのだ。「私たちが生き残ることができるかどうか、おそらくここ二、三年が勝負になるでしょう」。連合会の会長で、自らも大手のテーラーを経営するロバート・ブライトさんは、こう言って、サビルローの危機を訴えた。経営者たちがいま、一番頭を悩ませているのが、店舗の賃貸料の上昇だ。家賃の法律ともいえる「財産法」が昨年六月改正され、テーラーの店舗に適用されていた「軽工業スペース」の区分が廃止されて、以後は「オフィススペース」として扱われることになった。ロンドン中心部のオフィススペースの賃貸料は、軽工業スペースの四倍近くになり、契約更改を迎えたテーラーは、家主から家賃アップを例外なく突きつけられている。テーラーの中には店舗だけ残して作業スペースを家賃の安い場所に移したり、店舗ぐるみ郊外への脱出を検討するところも出始めたが、交通が便利な中心部に比べると、通勤面でスタッフの負担が大きくなる。新しいスタッフの確保も難しい。脱出するの痛しかゆしなのだ。これに加えて、最大のマーケットであるアメリカ向けの紳士服輸出が、今年初めからのポンド高で急減し、経営を一段と圧迫し始めている。連合会によると、サビルローの売り上げの五五.%が輸出で、このうちアメリカ向けが七〇%を占めている。一-三月のアメリカ向け輸出は、前年同期に比べて一八%も落ち込んだ。後継者難もここ数年の課題。連台会ではいい人材の確保、訓練のための費用を今年初めて予算化した。危機感をバネにして“新たな活力を生みつつある面もあるようだ。

 

客減りも揺るがぬ注文服 日経 昭和57年

伝統的な高級紳士服といえばイギリス。十九世紀半ばから注文洋服店が集まったロンドンの通りの名称「サビル・ロウ」は「背広」の語源ともいわれる。ここを中心に広がる老舗(しにせ)で三つぞろえを注文し、さりげなく着こなせれば、「紳士の中の紳士」と認められるそうだ。しかし、世界最高の腕前を誇るロンドンの仕立屋さんの身辺にも、時代の波がひたひたと押し寄せている。「同業者の話題では、地元のお客さんがめっきり減りましたね」―本場に飛び込んで十四年、がんこな徒弟制度と職人かたぎを味わったすえ独立したトミーこと.福留国紘さん(40)は、サビル・ロウに近い仕事場で最近の変わりように自分も驚く。サビル・ロウ型の高級仕立げ技術を持つ仕立職は、ウエストエンド・テーラーと呼ばれる。彼らの現在の上得意は、何といっても中東の産油国、次いで日本、西ドイツ、スイス、フランス。ひところ幅をきかせたアメリカは、このところ少々かげが薄い。顧客の変遷は、戦後の国際経済の推移そのままである。トミーさんや業界通の話によると、仕立屋の敬も急減している。値段が安く、”コンピューター裁断”でサイズも豊富な既製服の進出に押されているためだ。なにしろ、エリザベス女王の夫君フィリップ殿下ら王室御愛用の超高級店では、一着三百−六百ポンド(十五−三十万円)は当たり前。しかも仕上がりに三か月はかかるとあっては、客足も遠のくはず。おまけに一人前の職人になるには、安給料の下で六、七年間の厳しい修行を覚悟しなければならないので、若者が雌れてゆくという。それでも、イギリスの注文洋服店がいずれ姿を消すと悲観している人はだれもいない。全体に保守的なテザイン、スタイルは少しばかりの時代の変化には揺るがぬジョンブル精神の象徴でもある。なお、一流のウェストエンド・テーラーが仕立てた背広は、上着のそで口に四個のボタンがあり、そのうち下の二個はかけはずしができるようになっている。本場物と自慢する友人のそで口をそっとご覧になってはいかが(ロンドン・久保特派員)

 

本場に"日本方式"  ロンドンに出店する銀座山形屋    昭和63年

男性ユニホームともいうぺき背広。その語源の一つに英国はロンドンのセビルロウ街が、なまったという説がある。サビルロウは昔からテーラーが軒を並べ、紳士服発祥の地とされているから説得力はある。この一角にわが紳士服業界から初めて出店したのが「銀座山形屋」グルーブの総帥山形政男さん。「クラブ バーリントン オブ サビルロウ」がその名で、資本金は英国ブレーズ社との半額共同出費。「紳士服を手がけるものにとって英国、とりわけサビルロウは一つの夢。二十年前には想像もでできなかった」。進出に当たり、別に山形さんが”運動”したわけではない。そんなことをすれば、二百万人の失業者をかかえ、不況も最悪という英国にわざわざ波立ててしまう。「先方の要請ですよ。あちらではオイルショック以後目立ってテーラーが減り、職人になる若い人も少なくなった。お客も半分以上が中東など外国人で、何か新しい手をうたなければならない時。で、相手として私どもの考え方、仕事が選ばれたと受け止めています」。技能者不足、工賃の高額化に夜注文服の客離れは、今や世界的な現象。腕のいい職人芸は確かにすばらしい。が、高級品をよりやすく、しかも早く消費者に提供するには新しい生産シスを確立しなければならない。「つまり、工場生産による高級注文服という考え方です」。山形さんは二代目。昭和七年、十八歳のときに家業山形屋を継いだ。ことし七十五年。「戦後の混乱期に、職人の仕事にパラっきがあるのを見て、新しいやり方の必要性を感じました」。そこで、昭和二十五年に下請けを集めて協同縫製工場を作った。『事業等協同組合法』による第一号。三十七年には、テーラーに呼びかけ、日本オーダーソーインク(株)を股立し、社長に就任。これ今回、縫製技術のノウハウを提供する日本ソーイングの前身となった。ほかにも、新しい試みでこの人の手になっていることが多く、いまグルーブは傘下二十六社、年商三百億円。さて、ロンドン店で売るのは、英国製の手縫い注文服を中心に、今回の提携の橋渡し役をつとめたデザイナーのライセット・グリーン氏の注文、既製服。それに在留邦人のために我が国から持ち込む背広やワイシャツなど。初年度売り上げは一億五千万円を見込んでいる。「英国の毛織物を使い、コンピュータなどを使った日本の生産シスで合理的な価格の注文服を作りたい。将来は独自の縫製工場も。とにかく、恩返しのつもりで…」(土方幸男記者)

 

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

11/2   6回     経営危機の打開策

経営の危機は、企業倒産という最悪の事態となりかねない。日本での96年度の企業倒産は、1千万円以上の負債を抱えての倒産が1万4千859件発生した。負債総額は史上最悪の9兆千896億円に達した。

繊維業界の倒産も千445件と11年ぶりに1400件の大台を超えた。倒産の原因は、販売の不振、不良債権の累積などによる「不況型倒産」が全体の6割を占めた。繊維産業では、経営の危機は、販売の不振が主である。価格破壊、海外からの低価格品の洪水的輸入など厳しい市場環境が影響している。このような経営危機に対してどう打開して行くかが、経営論の重要なテーマである。これまでファッション業界は「売れない」状態になると、その都度スポーツウエアの機能美、遊び心で延命を計った。スタジアムジャンパー、チルデンセーター、ポロシャツがその例だといわれている。無駄な装飾やデザインの冒険なんてもう沢山だとし、微細な才を競い合うおしゃれゲームに疲れ果てた末、「服は何たってシンブルで動きやすいのが一番」と感じるようになってきている。パリ、ニューヨーク、ミラノのファッション企業の経営はこれまで幾度かの経営危機を乗り越えてきているが、どう打開してかを次に学ぶことにしよう。

 

  (1)パリ モードの革命

パリモードのマンネリを打破するもの

パリの高給注文衣装店は宮廷ファッションを追って、ゴージャスでデコラティブな衣裳を仕立て、19世紀末までにその名声を確立したが、次第にマンネリ化し、オートクチュールとなってからもその経費の増大による衣裳の高額化が客数の減少を招いた。芸術運動では、アール・ヌーヴォーが起こっており、1920年にはアール・デコの時代となる。これとともにファッションデザインもポアレを始め、シャネルやヴィオネらが過剰装飾を脱してシンプル化へ向かうという革命を起こし、この結果、価格の低下をもたらし、顧客の増加を得たのである。

●アール‐デコ【art d co フランス】1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパで流行した装飾様式。直線と立体を多用した知的で静的な装飾性が特徴。1925年パリで開催の装飾美術展(Les Arts D cos フランス)に由来し、「1925年様式」ともいう。

●アール‐ヌーヴォー【art nouveau フランス】(「新しい芸術」の意。1895年開店の工芸品店の名に因むという) 19世紀末、イギリス・ベルギー・フランスに興り、ドイツ・オーストリアに波及した建築・工芸から絵画・彫刻・風俗にいたる新様式。植物の枝や蔓(ツル)を思わせる曲線の流れを特色とする。ビアズリー、ヴァン=デ=ヴェルデ、ガレ、クリムト、ガウディらがその代表者。

 

  (2)ニューヨーク 企業体質強化と縫製工業化

ジャングル産業からの脱出

19世紀末、ニューヨークでは難民の仕事に仕立ての仕事が振り向けられた。しかし、その仕事場は住まいと一緒で、アパートの一室で仕事の時間も長時間の劣悪労働であった。軍服から背広への縫製工場も労働条件は決してよくなかった。縫製産業はわけの分からない産業の意味でジャングル産業と呼ばれていた。

1911年にニューヨークのダウンタウンのビルの中の縫製工場が火災となり、大勢の縫製従業員が焼死するという災害が発生した。この後、ニューヨーク市は区画整理を行い、1916年ガーメントセンターとして整備した。

1929年から始まった大恐慌で生き残りのため、ファッションド企業化することと、セクション方式の採用が進められた。ファッションド企業というのは、合併による企業体質強化の企業ことで、大恐慌により縫製工場の半数が倒産したので、単独ではなく合併により企業の力を増すことが図られた。セクション方式

は分業のことで、それまでの丸仕上げから流れ作業への転換を意味する。ミシンの駆動も連動台式から単独駆動台式に変わった。縫製工業化の始まりであった。既製服縫製では、1920年代にグレーディングの技術が生まれた。アメリカの縫製の中心であるニューヨークのガーメントセンターでの努力は、ニューヨーク市の主要産業の仲間入りを果たすに至る。同市の主要産業は、観光、出版、縫製であった。しかし、ジャングル産業からボロ布産業に呼び名が変わっても、産業としての地位は依然として低いものであった。ガーメントセンターの業者達は産業としての質の向上のために、1944年産学協同の人材育成教育機関(FIT)を設立した。ファッション工科大学(ファッション・インスチチュート・オブ・テクノロジーの略)である。

第2次世界大戦後のマス・ファッション産業化

大戦後、戦勝国アメリカの国威は世界のトップに登り、アメリカのマス・ファッションの力でパリを押さえ、世界をリードしようとする勢いとなった。その上、ナイロンの発表はこの勢いに油を注いだ。クリスチャン・ディオールのニュールックの成功がなければ、パリはニューヨークにモードの王座を奪われていたかも知れない。ニューヨークを中心としたアメリカのアパレル産業は着実に成長するようになった。1951年からFITはニューヨーク州立大学の傘下に入った。1960年に入ると、アメリカのアパレル産業の黄金時代が来る。1963年からボロ布産業の名もファッション産業に昇格した。1968年には、ガーメントと呼ばれてきた衣服の呼称もアパレルに変わった。この当時の事情をアメリカアパレル工業会の報告より引用すると、次のようである。『1960年代後半から1970年代のはじめにかけて、アメリカのアパレル業界は、作るものは何でも売れるという結構な大平の時代を謳歌した。われわれの目には、あたかも高度成長は無限に続くようにさえ映ったものだ。われわれは納期に遅れまいと血眼で縫製スペースを追い求めて奔走した。小売業者は、われわれメーカーに対して供給量とスタィルの種類をふやすよう無理やり要求してきた。その結果はどうか?縫製工場の基本であるところの生産性と品質向上のための技術の開発という、最も大切なことが無視されるようになったのである。需要の増大に見合うだけ縫製作業員の数をとりあえず確保するため、誰れ彼をかまわず掻き集めてきたが、その大部分の技能は必要とする一定の水準に達していなかった。われわれが失敗した理由は、このような縫製作業員を使う方法が悪かったからなのか、あるいは訓練の方法が間違っていたからなのか、そのどちらとも言えないが、ともかく結果は生産性と品質が著るしく低下するという事実として残った。経営者の誰もが、「半分でも無いよりはまし」という生活訓を実践してきたのである。作業員1人当りの生産性の低下は、ときには実にひどいものであった。このことは経営上一つの警告として受けとらなければならない。一方、労働者に対する雇用条件も決して満足すべきものではなかった。いわゆるファッション化が、燃え上った需要に油を注ぐことになったのであるが、残念ながら多くの場合このファッションの浸透にうまく乗ったとは言えない。品質の粗悪さがしばしば致命傷となったのである。新らしいファッション用の生地はテストを重ねるのが常識だが、注文にせきたてられてその時間的余裕もなかったので、不良品が続出し返品の山ができた。だから析角の新商品もひき続いて売れず、単発に終ることが多かった。一方で消費者のファッションの回転に対する要求がますます加速されたため、納期もますます短かくなり、時には手数のかかる検品に手を抜くことも行われた。とにかく生産量をあげることが急務で、そのため短期間で償却できる新型ミシンなら何でも手当り次第に導入した。だが結局は役に立たず工場の片隅でほこりをかぶっていたものも少くない。しかし市況は好調を続け、通常の状態なら致命的となる筈のこのような失敗もさいわい大事には至らなかった。要するに1974年に至るほぼ5年間は、われわれアメリカのアパレルメーカーの経営者はただ安穏と朝出社して、なるがままの仕事をしていればよかった。(好景気の時期には、労働力の不足が経営問題となる。この時期に、ニューヨークの縫製工場は低賃金の人手を求めて、アメリカ南部やメキシコ国境地区に移動している。この後、縫製品のアジアへのシフトが起きたのである。

1976年販売不振到来の危機対応

アメリカのアパレルメーカーの多くは、この数年間いろいろの問題で迷ったり、混乱に巻き込まれてきたが、そのあげく優良品を生産するという最も基本的な努力目標への進路から遠のいてしまう結果となった。米国業界の伝続は、高い生産性と信頼される品質の製品を生産することであったが、これが時とともに廃れてきている。アメリカのアパレル産業は、その優れた開発力と豊富な労働力を用いて優良品を安く生産することによってこれまで成長を続け、繁宋してきたのであった。いま業界がどのような行動を起すかによって、従来の繁栄を続けてゆくことができるかどうかが決るのである。現代は、技術が生存を支配し、生活水準がますます高くなるいわゆる高度化社会の時代に入っているが、その中でアパレル産業など労働者個々の生産性のみに依存しなければならない産業は、果して今世紀の残り4分の1を生きながらえることができるだろうか。その挑戦をわれわれはいま受けていることを忘れてはならない。経済学者は、労働集約産業というものは遅かれ早かれ低開発国のものになるだろうと予言している。そこには低賃金の労働力がいくらでもあり、しかも巨額の技術資本の投下も必要としないからである。これまでのところアメリカのアパレル業界は、このような意見に対して、品質、スタィル、納期、生産性といった点でまだまだ低開発国に対抗できると反論してきた。ところが現在ではこれら4つの武器もアメリカのアパレル産業を防衛する力としては甚だ頼りないものになってきている。つまり素敵なスタイルの衣類は世界中の何処でも作れるし、その品質も徐々にではあるが信頼できるものになってきている。航空輸送手段の発達によって外国からアメリカ国内に製品を送り込むのも、いまや時間単位になっており、納期を遂行するのに何の支障もない。さらにアメリカのアパレル産業はもはや生産性の限界点まで来ている。アメリカの業界にとっては、この生産性向上の停滞こそが、賃金水準の格差によるインパクトを強め、世界貿易の中で不利な立場に自らを追い込む原因となっているのである。海外の競争相手といえども、低賃金ばかりに頼っているわけではない。最近の研究によれば、1960〜1973年に至るアメリカのアパレル生産性の伸び率は、次表の通り先進7か国中最低を示している。高水準にあるアメリカの賃金構造を他のアパレル生産国との関連において見たとき、われわれは群を抜いて高い生産性をあげなければバランスがとれないことは言うまでもない。経営者も労働者もこの点をよく認識し、何らかの対策を溝じなければならない。

1974年から76年にかけてのアパレル業界の暗黒の日々

1974年の春から夏にかけての僅か2、3か月の短期間にあれはど旺盛だった需要が忽然と消え失せてしまった。気がついてみれば、コストが急騰し、他方で注文が細分化するなかで、われわれは経営に当らなければならない事態となっていた。それまでは在庫があればやれやれと安心していたのが、一転して在庫の山が悪夢のように目に映った。どの会社でも、コンピューターは過去の債務で一杯の決算書を吐き出した。わずか数か月で政府の経済政策もガラリと変わり、インフレ対策から不況対策へと急旋回する。社内会議では、あせりと好転への期待から1975年こそは「救いの年」だとか、ドルの入りは利益と言わずに「勝利」だとか言ったものだ。われわれは遂に敵に遭遇することになった。そしてその敵たるやほかならぬわれわれ自身であることを理解したのである。毎週生産する衣類の量は、なんとか工場を動かし、従業員を引き止めておく程度のものとなった。毎年1週間程度の夏休みをとるのが普通だが、これを隔週ごとに繰り返す工場も目立ってきた。1週間4日制は、もともと従業員を集める手段として検討されてきたものだが、はからずも違った意味でこれが実現しはじめてきた。それどころか、中には3日制、2日制も出はじめ、あげくには1日も動かない工場さえも出てきたのである。遂に労働力過剰問題が起り、あれほど労働力不足に悩んだアパレル業界が、門前市をなす大勢の応募者の中から撰りどりできる「幸せな」状態へと一転した。

稼働日数の低下が労働力不足を解消したが、アパレル企業の経営は危機に瀕した。その原因は生産性と品質に対する経営の認識の希薄化である。生産の原点に立って、生産性と品質の見直しとそれらの改善がアパレル企業の経営を救うとされた。』

繊維・アパレル産業衰退に対するQR運動

アメリカアパレル産業は輪入品激増の中で、21世紀への生き残りのビジョンが提唱された(アメリカボビン誌、1986年4月号)。その基本戦略はQRであり、アパレルの生産期間を現行バンドルシステムで8−15日要するとされるのを、1−2日に短縮することを目指すべきであるとしている。このビジョンのシナリオでは、次のような3段階の進め方が提案された。

第1段階 輸入品に強い品目について、設備、手段、マテハンなどについて、ハードの高度化を行い、生地の歩留まり向上、購買、在庫のロスをなくし、QCを広げ、トータルでのコスト低減を進める。

第2段階 生産システムはUPSへ移行させ、短サイクルにはアパレルと紡績とのタイアップ、アパレル予測技術の進歩、生地メーカーの新鮮川中段階の効率追究から柔軟追究への転換等を進める。

第3段階 海外調達の見直しの実施により、国内生産の回復を図る。

QRの為の縫製システム−−UPS

アメリカの縫製業界のクィックレスポンスを実現するための生産システムで、ユニツト・ブロダクション・システムといい、ロット生産(アメリカでのパンドルシステム)に対してユニット単位の生産であり、ここでのユニットは1枚ないし数枚の少量を単位としている。搬送にハンガーコンベヤーを組み込んだシステムを考えており、リードタイムの短縮をねらいとし、従来のバンドルシステムの5−20日間のリードタイムを数日以下に短縮しようとするものである。

ボビン誌、87−12月号:アメリカにおける縫製の量産生産システムとしての「バンドルシステム」と「クィックレスボンス生産システム」との比較について、最近の評価は次のようになっている。

新らしいQRS

従来のシステム

●短サイクル化

●従業員意欲高まる

●品質改善

●トータルコスト低減

●資本が寝ない

●継続改善を生む

●長サイクルで顧客へのレスポンス不良

●労働疎外感で欠勤、退職の増加

●品質低下

●間接労働と検査、手直しコストが増大

●仕掛かり在庫のため、資本が寝る

●改善停滞、変革困難

              

生産査埋ソフト

アパレルル産業のデータベースネツトワークについて

Bobbin,Bulletin〔86.10〕によると、パソコン通信が広まりつつあるが、アメリカではアパレルコンピユータシステムズ社がボビン誌社とG.E.インフォーメーションサービス社と共同で、「アパレル・ネツトjの名称で、アパレル産業のデータベースサービスを行っており、アメリカ、カナダ及び19ケ国の60地区とパソコン通信で結ぶことができる。サービスメニューを見ると、1.案内、2.生地、3,設備、4.外注工場、5.データ交換、6.販売、7.アバレル産業関係企業、8.メッセージの各情報で、オンラインのサービスを行うものである。

EDIソフトは電子データ交換と訳され、製品、出荷、購買発注、送り状などの情報を製造業と販売業のコンピュータ同士でやりとりするソフトである。

 

●アメリカ繊維産業の生産期間

次の図に示すように66週の現行生産期間が示され、正味は11週であると指摘された。

 

ソフト小国 消費者軽視のツケ              読売 9-8-10(7)

大量生産を前提にすれば、目的別に専用の機械(ハード)を作るのが手っ取り早い。その代わり、自的が変わると機械も作り直さなければならない面倒がある。逆に多くの種類を少量ずつ生産しようと思えば、ごく単純な機械を一つ作っておき、あとは目的に応じて、仕事の手順を変えられるようプログラム(ソフト)を組み替えるのがいい。大量生産した物を消費者に買わせるだけならハードがあれば足り、消責者が自分の欲しい物を企業に作らせるにはソフトがいる、と言い換えることもできる。乏しい資源を効率的に使う必要から、戦後の日本は、生産を消責の上位に置いてきた。それを支えたのが、政・官・業によるもたれ合いとして最近とみに評判の悪い「一九五五年体制」である。日本とアメリカ、ニつの一九五五年を比べてみた時、(アメリカの1955年はディズニーランド開園でテレビ放送及びビル・ゲイツの誕生−今日のソフト王国へのスタートの年)今日のソフト産業における彼我の差が、多少なりとも理解できるような気がする。ソフトの世界で日本が存在感を示す日も、やがては来るのだろうか。マイクロソフトが急成長した八○年代後半から九○年代にかけては、日本経済が「ハードからソフトへ」ではなく「ハードからマネーへ」暴走した時期である。マネー漬けに懲りて、もの作りの大切さが身にしみたあまり、当分はソフトどころではないかもしれない。バブルの罪は、さらに深い。

消費税になっても業界に向いた政・官・業のミスマッチ 河内 保二説追加
[河内 保二説]日本は財政も企業納税(法人税)本位から消費税本位へ移行せざるを得なくなり、3%消費税から5%消費税へと消費者の懐への依存度を高めてきている。これは法人税は企業利益がでなくなると、無税となるためである。消費税は消費者が赤字であろうと関係のない税である。国は消費税を取り損なうことはない。それなのに、行政は消費者を向かずに相変わらず55年体制のまま業界に向いて仕事をしている。ここにわが国の本質的なミスギャップが存在している。
 

 

(3)ミラノ 縫製工場のダウンサイジング化

ミラノを中心とする北イタリアの高級アパレル、皮革製品、家具を生み出すのは、ローマ時代からの伝統を背景とした、それを作る地域のあり方、個人の生き方が個性的であるからだという。専門化した小企業による融通むげな生産ネットワークは、成熟社会を迎えた日本が見習うべき次世代の地域産業のモデルでもあるという意見もある。

空洞化の危機を超えて−−個性放つ小企業群

 イタリアでは小企業に可能性があるという。イタリア北西部の6万人の小都市、カルピにはアパレル企業が2,068社も集まっている。例えば、従業員わずか5人の家族企業トマジーニ社は、年間5百種類のブラウスを約5万着作る。1種類わずか百着の多品種少量生産である。見本製作に追いまくられるが、最近は30社の下請けがグループ化下ので、見本チェック回数は大幅に減った。「この仕事は優秀な下請けが揃ったカルビでしか考えられない」といい、近くの約40万人のボローニャに頼ることなく、カルビの自立精神が強調される。カルビのアパレル企業は生産設備を持たずに商品の企画・販売を担当する親企業は504社で、従業員は平均11.6人、縫製を受け持つ下請け工場では同3.6人の零細企業に過ぎない。1970年代半ばまでは、2〜300人の企業規模だった。それが発展途上国の低級品の追い上げで、経営が行き詰まり、従業員が独立して分裂、細分化して、経営はダウンサイジングして零細規模化したのである。この結果、経営打開となったのは、得意分野に専門化した小企業のネットワークが高級品の縫製にうまく対応したからだと見られている。そしてカルビのアパレル企業は再び危機を迎えている。中級品すら東欧、アジア製品がイタリア国内市場を侵食して、日本、ドイツなど高所得国向けの高級品輸出に活路を求めざるを得なくなっている。企業数は94年までの2年間に120社も減った。親企業だったダッラーリ氏は、95年秋にLLサイズ小売店に転業した。「いまさら輸出に乗り出すのは大変なので、後継者の一人娘と相談して親企業をやめた」と話している。

フェラーリの挑戦 職人芸から脱皮 先端技術、人材を海外から  読売 夕刊 9−9−17(3)

イタリアGPで、地元の熱狂的な声援を受けたフェラーリ・チームのエ−スドライバー、ミヒャエル・シューマツハー(独)は六位に終わった。しかし、本人は落胆していなかった。「まだ10点もリードしている」と年間総合成績二位につけるライバルのピルヌーブ(カナダ、ウィリアムズ・ルノー)との差を強調し、自信を見せた。残りはわずか四戦。フェラーリ優位は動かない。自動車メーカーとしてのフェラーリは、年産わずか三千三百台。一流の技術を持った従業員が手作りに近い形で一台、一台を組み上げる。メーカーというよりは、むしろ職人芸が支える工房に近い。そこから生みノ出されるロマンチックな超庁高級スポーツカーは、世界のマニアの垂涎の的だ。最高のスポーツカー作りリに取り組むフェラーリが、、同様に全精力を傾けてきたのがF1レースなのだ。一九五〇年以来のF1史上、最多の通算百十一勝、ドライバー年間王座も最多の八回を数える。ファンにとって、F1とはフェラーリであり、フェラーリとはF1だった、と言っても過言ではない。しかし栄光の歴史は七九年を最後にいったん幕を閉じた。ホンダ、ルノーなど大メーカーが強大な資金力を背景に進めた新技術開発に太刀打ちできなくなったからだ。ターボエンジン、駆動力の電子制御、空カボディー…・。豊富なデータをもとに、規定の枠の中で最速の技術を進化させるホンダらの攻勢に、レースを欧州貴族の伝統スポーツの延長線上にとらえ、イタリア純血主義と職人気質にこだわっていたフェラーリほ大きく水をあけられた。王座奪回の切り札として登場したのが、九〇年に社長に就任したルカ・モンテゼモロ氏だった。七〇年代に二十代でチーム監督としてフエラーリを王座につかせた天才マネジャー。九〇年サッカーW杯イタリア大会て、組織委員長としてらっ腕を振るった後の古巣復帰だった。新社長は、「続率力のある優秀な人材を登用する。国籍は問わない」と宣言した。まず、招き入れたのが、ラリーの世界で仏ブジョー社を常勝チームに育てたジャン・トッド監督(仏)だった。「責任の所在があいまいで、マシン開発に統率が取れない。人間関係も微妙だった」。トッド監督は、当時のフェラーリ・チームをこう振り返る。「職人頼り」から「合理主義」への転換が始まった。九三年には「開発作業の進め方を学びたい」とホンダと協力関係を結び、翌年には後藤治・元ホンダF1チーム監督をエンジン開発責任者に迎えた。今ではF1部門の主要スタッフは外国人が大勢を占める。現場での使用言語は英語だ。現在、イタリア北部、モデナ郊外の工業団地にある本社に隣接した全長三`のテストコースは、世界GPの全コースの要素が含まれている、という。出走前のマシンはレース直前まで微調整を行う。さらに、巨大な「風洞実験施設」も完成間近だ。時速三百`の風を起こし、最適なボディー形状を探る施設だ。F1取材四十九年のモータージャーナリスト、ジェラール・クロンバック氏(スイス)はこうした〃変身〃について、「フェラーリのロマンチックな部分は失われた」と一抹の寂しさを隠さない。「しかし、現代のF1に勝つには、それが必要だったのだ」。

ロールス・ロイス売却交渉―高級感がかえって足引っ張り 読売10−3−8

 高級車メーカーの英ロールス・ロイス・モーターカーズが身売りに出されている。十八年ぶりの新型車の発表に合わせて報道陣に公開された本社工場の内部は、まさに「走る工芸品」の作業場だったが、それも姿を消すことになる。ロールス・ロイスの買収には、トヨタ自動車を含む各国の自動車メーカーが関心を示している。ただ、ロールス・ロイスの車は、ブランドの威光は抜群でも大量生座になじまないだけに、各メーカーも簡単には手が出せず、交渉は難航気味だ。(ロンドン松田陽三)

 イングランド北部のクルーにあるロールス・ロイスの工場には、ベルトコンベヤーが見当たらない。組み立て中の車は人力で押して次の工程に移動する。六千五百個所の溶接も、手作業で行われる。塗装の前には、輝きが増すようにボディーの表面を人手でツルツルに磨く。「新型車の開発に二億ポンド(約四百二十憶円)以上を投資して、工場は新しく生まれ変わった――案内役のグラハム・モリソン社長は胸を張るが、ロボットが梳れ作業で車を作い出す日本やアメリカの自動車工場とは別世界だ。「二千六百人の徒業員を抱えながら、製造台数は年間約2千台だ。一日当たり、たつた七台に過ぎない。どりわけ内装の木目パネルの作業棟には驚かされる。カリフォルニア産の夕ルミの根を簿く切ってベニヤ板に張る作業から、ラッカーを塗ったり削ったりする作業まですべて自社内で行っており、家貝工場に迷い込んだ感じだ。ダッシュボードのパネルを一枚作るのに一週間ほどかかるという。革張りの座席や市内に敷くカーペットも、ミシンを便って工場内で縫製する。座席裏には縫い手の名前が書き込まれ、万が一、縫製縫製がほころびた場合の貫任者も分かる仕組みになっている。しかし、手工業的な生産方式が限界に来ているのは間違いない。すでにエンジンを自社開発する力はなく、新型車、シルパーセラフは独BMWからエンジンの供給を受けている。現代の車に不可欠なエレクトロニクス技術の開発にも巨額の資金が必要なため、親会社の英防衛・重工メー力ーのピッカーズは、ついにロールス・口イスの売却を決断した。ドでツや日本のメーカーが買収した場合に、現在の生産方式が継承されるとは考えにくい。例えば、ムダを極力排するトヨタ自動車の生産方式はロールス・ロイスとは対極にある。下請けメーカから部品を必要な時に必要な数だけ納入させ、在庫部品すら持たないようにする「かんばん方式」は、自社での内製を基本とするロールス・ロイスの生産思想を否足するものだ。午前と午後のティータイムに、全従業員が十五分ずつ休憩を取る英名門企業の優雅な勤務ぶりが見られなくなる日が、間もなく来る。

(4)21世紀への生き残り策

パリ…デザイナーの老齢化に対して若返りを行い、デザインのマンネリ化に広く外国人の登用を行う。コレクションでは、デザインをインターネットで流し、受注に結びつける(イブ・サンローランなど)。

 

ニューヨーク…ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、ダナ・キャラン、リズ・クレーボン、アニエス・ベー、ジェフリー・ビーン、ビル・ブラス、オスカー・デラ・レンタなどのブランドの活性化、プライベートラベルの展開と輸出、国内縫製のQR化。

 

ミラノ…伝統と革新を標榜して、イタリアブームの維持を図る。ミラノ・コレクションに力を入れる。縫製工場は一人の顧客だけにデザインしたバッグやブラウスなど個人対応の生産を目指し、販売はインターネットにより世界的に受注することを考える。

ミラノの衣裳デザイナーの仕事ぶり(矢島 みゆき ファッションジャーナリスト)

ミラノには、仕事や生き方がそのままおしゃれに反映している女性がたくさんいる。映画や舞台の衣装を担当するデザイナー、ガブリエッラ・ベスクッチさんもその一人。フェリー二監督の「女の都とベルトルッチ監督の「ザ・ラスト・エンペラー」などの衣装を手掛け、スコセッシ監督の「エイジ・オブ・イノセンス」では94年度のアカデミー賞も受賞した。衣装デザインの仕事は、まずリサーチから始まる。時代考証のために読書を重ね、その当時の写真や絵画や資料を見る。布の種類や柄の特徴を調べ、それからようやくデザインをおこす。各時代の空気をイメージする力が、大いに要求される。布を探して世界中を旅して回る。それだけではない。それらの衣装を着る俳優をエレガントに見せることも要求される。衣装デザイナーは、歴史家であり、かつ洋裁師でもあるのだ。「ビジネスを考えるデザイナーと違って、イメージの世界を飛翔できるからとても楽しい」とその魅力を語る。加えて、映画の仕事や衣装だけでなく、家具から小物まで、物の質を見る目を肥やしてくれるという。そういうガブリエッラさんが、自らの着るものにもうるさくないはずがない。「エレガンスはその人に備わっているもので、服が持ってきてくれるものではない。いかにその服を着こなすかにかかっているはず」と言うだけあって、トレンディーな物、ブランドの匂いのする装いは避ける。仕事場では専ら、白か黒のシヤツにパンツ。もちろん自らデザインして作らせたもので、形はシンプルだが、カットや素材に凝る。よく見ると、赤いボタンが手紙用の封印をかたどってあったりする。アクセサリーは、古い指輪のコレクションからお気に入りをひとつだけ身に付ける。衣装デザイン用の素材を探し求めて各地を旅する時に見つけるのが楽しみだ、ということだ。

 

わが国では、日本発モードによるアパレル輸出、コストダウン(日本のアパレル価格はニューヨークの1.93倍、ロンドンの1.81倍、パリの1.5倍)、アパレル産業のQR化などが指摘されている。

 

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

11/16   7回    わが国のファッションアパレル経営

 

(1)初期の業態

衣服仕立ての源流は家庭裁縫と専門の仕立て師による職人業であり、裁縫の教師は町の仕立て師匠か職人の親方で、仕立ての技を伝承した。そして明治以後、衣服製造業の原型が形成されるに至る。この原型とは小売店が製造を兼ね、小売りが職人を雇って店内か店の奥で製造加工した製品を店先で小売りする製造小売り業態である。戦前には軍服縫製工場や官需制服縫製工場、ワイシャツ縫製工場、足袋縫製工場などがあった。明治以来、注文洋服製造業界が洋服供給の主流となってきたが、戦後の衣料統制では既製服が対象となり、注文服は枠外とされたので、統制撤廃まで暗然としてひたすら忍従のほかなかったという。主として町のテーラーとしての注文洋服業者は昭和40年に至るまで、その仕立て技能により既製服を圧倒するシェアを占めることになる。工業化の促進には、標準化、単純化、専門化が上げられるが、縫製では製図法をとっても統一化されておらず、標準化が特に進んではいないし、単純化も手間をかけることが上等という意識がこれを妨げている。専門化も独自性や特徴が明確とはいえない。最近のCAD/CAMにより製図法の統一がハイテクにおける共通性の上で進み、縫製の流れ作業もハンガーシステムの導入で高まってはきたが、ヨーロッパではティラード縫製を革新するエンジニアード縫製に移行しているというのに、日本では関心が薄い。工業というプロセスを経ないで、脱工業の時代に入って行けるのだろうかという懸念がある。

 

(2)小売り、卸、縫製の分離

衣服製造の業態において生産量が増えると、仲間卸しが行われるようになり、さらに扱い量が増すと、店頭小売りをやめて製造卸業となり、雇い入れていた職人を独立させ、店外の下請け業者とした。これが下請け縫製工場となったのである。戦後は戦前からの縫製工場の他に、婦人服では洋裁の履修者が縫製工場を作った。伝承技能だけの縫製工場が衣料需要の増大に伴って急増していった。この結果、縫製の作業では職人まかせや現場まかせに流れ、技能面ではそれは一層顕著であり、仕立て職人芸である。従って、縫製現場では不合理な因習がなくなっていないだけでなく、縫製工場としての取引条件でもお店(オタナ)と下請けといった前近代的意識が解消し切れていない。取引の近代化が叫ばれる所以である。この状態は縫製の「産業革命欠落症状」であるといってもよい。

 

トラッド トラディショナル・スタイルの略 

テーラードスーツやブレザージャケットなど、アメリカントラッド、ブリッティッシュ トラッドといった伝統的に好まれた紳士服が基本となるもの。

プレッピールック アメリカ東部の名門大学進学を目指す私立高校をプレッパラトリー・スクールといい、プレッピーはそこに通う生徒を指す俗称 プレッピールックは彼らの好むベーシックで伝統的な装いのことで、紺のブレザー、カシミヤのセーター、ポロシャツといった良家の子弟好みの本物志向の保守的なファッション

リセエンヌルック リセルックともいう

 日本でつくらられた言葉。リセはフランスの中学・高校のことで、そこに通う女子生徒をリセエンヌという。リセルックはリセエンヌの日常着をイメージしたヤングファッション。ベーシックで質素な単品の組み合わせであるが、小物や色の組み合わせなどフランス風の小粋なセンスが光っているといった着こなしが特徴

ニュートラ ニュートラディショナルの略で和製英語。1970年代、高度成長に伴なって生まれたブランド志向の強い日本特有のファッション。ヨ−ロッパの高級ブランドを中心にした装いで、保守的な女子大生やヤングミセスの間で根強い人気がある。

ラクロワ現象

1987年から88年にかけてファッション界を賑わした話題の人物がクリスチャン・フクロワ 87年2月、シャン・パトウ社から独立し、オートクチュールのメゾンを創設(オートクチュールの創設は三五年ぶり)。8月にはオートクチュール・コレクションを発表した。さらに10月には、「プレタポルテ・ド・リュックス」を発表。ロココ風のデコルテされた胸、細いウエスト、丸く膨らんだミニスカート、極彩色の花で飾り立てた〃お人形ルック〃は大きなセンセーションを巻き起こした。また88年2月のオートクチュール・コレクションでは、デ・ドール(金の指貫き賞)を受賞するなど、一躍スターとなった。ラクロアブームの背景としては、日本のジュアルファッションにリードされ気味だったパリが、巻き返し策としてスターを待望していたこと、彼の独立を推進する大資本が(ディオールやセリーヌをもつアガシー社があったこと、ファッションジャーナリストの強力なバックアップがあったこと、などが上げられる。ミニやホディコンシャスも、’88の春夏を頂点として鎮静化に向かったが、’88〜’89秋冬ではエスニックを中心に、拡販をねらったデフュージョンプレタを発表するなど、最終的には、市場性のある服作りが目的と見られていた。つくられた人気ともいわれるラクロワの行方は気になるところてである。

シャネル現象

かつての高級舶来品の顧客だった年輩のお金持もから、ヤングリッチといわれる若い層に顧客が広がり、シャネルやルイ・ヴィトンのバッグに代表されるステータスブランドの中の小物類に若い女性の人気が集中Lしている。中でも、シヤネルのブローチなどのアクセサリーは、手ごろな値段も手伝って異常な過熱ぶりとなった。厳重な管理を行っているため供給が追いつかず、商品がほとんど市場になく入手困難てあることが、ますますシャネル人気に拍車をかけている。供給過剰にしないことでプレステージを高める「売らないマーケティング」も話題となっている。

パりコレクション 略してパりコレともいう

コレクションとは、デザイナーが次のシーズンのための作品をジャーナリストやパイヤ‐に向けて発表することで、世界各国のデザイナーが参加するプレタポルテののショーは(既製服)3月と10月に行われる。アイデアの豊富さと、トレンドセッター(先導者)としての役割をもっているのが特色で、ジャーナリズムを意識したニュース性の高い話題を提供している。パリコレはいわばデザイナーが創造性を競うインターナショナルなステージであり、パリのファッションとは異なる伝統的なオートクチュール(高級注文服)のコレクションは少し遅れて7月と1月に発表される。パリ・メンズコレクションは、レディースに先駆けて2月(秋冬)と9月(春夏)に行われる。

ニューヨークコレクション

創造性よリもビジネスや生活優先のニューヨークファッションを提案しているのが特色。代表的なデザイナーとして、キャリアも収入もある知的中流階級に質の高いカジュアルウエアを発表している、ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、ステータスシンボルとしてエレガントな服作りではいソサエティぁにに顧客を持つ、オスカー・デ・ラ・レンタ、ビル・ブラスなど。

ミラノコレクション

ミラノは長年パリモードの生産基地として素材や技術の土壌があったが、1975年頃から、自らの手モードを作りろうと乗り出した。ジョルジョ・アルマーニ、ジヤンニ・ベルサーチ、フェンディ、ミッソーニ、ジャンフランコ・フェレなどの有力なデザイナーやメーカーがプロモートに乗り出し、コレクションを発表した。ジャーナリスト向けの実験的な服の多いパレコレに対し、素材や仕立てのよいリッチなアダルト路線で、実際に着られる質の高い服としてミラノファッションの名を高めた。一方、大御所デザイナーに対して、1980年後半から、ウィットに富んだデザインのモスキーノや、ほっそりとしたなで肩の「少女服」で一躍有名になったロメオ・ジリなどが、保守的なミラノに新風を送リこんだ。

ロンドンファッション

アートスクールの学生やミュージシャンなど、反体制的な若者の創リ出す自然発生的なストリートファッションはパワーダウンしている。1980年代後半に入り、経済的にバックアップする資本に恵まれたデザイナーによって組織され、ロンドンコレクションとして、3月と10月、ミラノとパリコレに連動して発表されるようになった。遊びのあるポップな味が特徴で、ジョン・ガリアーノ、ジャスパー・コンランなど、20代のデザイナーの活躍が目立っていた。

東京コレクション

東京をパリ、ミラノと並ぶファッションの発信基地二という狙いで、昭和60年秋より年2回、4月と11月に東京・代々木の国立競技場特設テントを中心に開催されていた。60年7月、三宅一生ら、国際的に力を付けたデザイナーか母体となって結成された東京ファッションデザイナー協議会(代表幹事・山本耀司)が運営にたっている。ヨーロッパに追従せず、独自のカジュアルファッションを展開する、津森千里、安部兼章、田山敦朗、太田記久など若手デザイナーの活躍が東京をアピールしている。レディス、メンズを同時期に発表するのも東京コレクションの特色である。協議会のメンバー以外のデザイナーやキャラクターブランドのコレクションも同じ期間に行われ、ファッションシーンを盛り上げている。

 

(3)小売業の経営

1)百貨店

全国百貨店総売上高に占める衣料品売上構成比は、40%と高い(91年年商実績、日本百貨店協会調べ)。衣料品の利益貢献度も、他分野を上回る。大手百貨店の衣料品売買差益率は、ほぼ30%(全売上げの同率は24%)。したがって、一般的には衣料品に強い百貨店は企業力が強く、影響力も大きい。しかし、売上額や利益率といった数値だけで「ファッションに強い」とはいえない。ファッション変化に興味をもつ顧客層を主な夕−ゲットとしているか(企業戦略)、ファッション変化に問題意識をもつバイヤーや販売担当者が多いか(マーチャンダイジング=MDカ)、そのような人材を育てる制度やしくみがあるか(企業体質)、などに左右されるからだ。企業戦略の好例が、丸井の「ヤング戦略」。百貨店に比べ店舗規模が小さい不利をカバーするため、デザイナー、キャラクターブランドに「特化」、ヤング市場を席巻した。バブル景気を背景にしたインポートブランドプームは、高級イメージの強い百貨店の独壇場だった。三越や高島屋、大丸、伊勢丹、阪急百貨店など大都市に立地するこれら店舖は全国の「ニューリッチ」を集めた。しかし、ファッションは変化し、ブームは必ず終わるもの。この変化を顧客の動きやデータで察知し、次の手を打たなくてはならない。それができるかどうかは、バイヤーや販売担当者の力量にかかる。

バブル崩壊後、低価格商品にカを入れる百貨店が急増したが、その先駆けが90年冬、伊勢丹が提案した「3万9000円の婦人ウールコート」である。91年春夏にピークを迎えた「紺ブレザー」は、百貨店でも90年春夏から活発に売れ出した。しかし、90年秋冬、伊勢丹新宿店だけが婦人プレザーの品切れを起こさなかった。MDとは適品を適時、適量仕入れし、販売する一連の仕事。店の顧客の二ーズを知らずに適品の提案はできない。適品をつかみながら品切れを起こすのは売上げのロス。「わざわざ出掛けて行ったのに欲しい商品がない」「欲しい商品が売り切れていた」という顧客の不満は、店全体への不満につながる。百貨店への消費者の評価は、MDカによるところが大きいのである。そのMDカを高めるための企業ノウハウをもつ百貨店は少ない。百貨店の主な取引形態である委託制度が一つの原因だ。「売れなければ返品できる。販売負もアパレルメーカ−が派遣してくれる。百貨店はメーカーの商品計画に乗ればいい」のが委託制度。これを活用すればある程度の売上げをとれるから、バイヤーを育て、MD力を高める企業努力がなおざりにされてきた。この現状を百貨店業界の重鎮、山中R東武百貨店社長は「ふつうの状態ではない」とみる。同氏の「ふつうの百貨店」宣言が新鮮に受け止められ、体質改善を最重点課題に位置づける百貨店がふえた。バブル後の危機感が百貨店に共通することを示している。

 

 百貨店が曲がり角に立たされている。バブル経済崩壊後、3年以上におよぶ売上高の低迷に、危機説まで出てきていた。消費の殿堂とまでいわれてきた百貨店だが、価格破壊、安売り店などの波を押し返し、再生する道はあるのか。いずれにしても、大変な状況にあることは間違いないが、百貨店の将来の可能性は十分あるといわれる。年率5〜10%といった高い伸びは期待できないにしても、近い将来、じわっと浮上するとみている。その理由は

高尾 第一は今でも消費者は百貨店を求りめているということだ。もし、問題かあるとすれば、消費者が求めている百貨店像と百貨店側が自分にイメージしているものとの間にズレがあることかもしれない。しかし、少なくとも消費者がコンピニエンスストアだけで、あるいはディスカウンター(安売り店)だけでいいとは思っていないことは確かだ。なんといっても百貨店には、ある意味で財産というか、ストックというか、そうしたものがたくさんある。立地を見ただけでも、非常にいい場所にあるものか多い。とくにターミナルなどはその集客力はすごい。新宿のある百貨店などは、入場者数か年間三千二百万人といわれている。ほかに単体でこんなに人を集められるところはあるたろうか。百貨店の潜在力はほかにも、商品の優位性がある。百貨店は信頼度も高いメーカーなどとのつながりが強く、高度な要求を突き付ける消費者に十分対応できる。それに顧客。日本には碓かに驚くような高額所得者は少ないが、その分、ちょうど百貨店を求める中・高所得者が多い。百貨店にとってこれが最大の財産かもしれない。

とはいっても現状は相当に厳しいが。

高尾 問題点ははっきりしている。問屋、メーカー依存の体質。情報テクノロジー活用の遅れ。バブル期の過剰投資による財務体質の悪化、それに従来の中心商店街の地盤沈下という構造的な立地環境の変化、といった問題だ。これらがバブル崩壊で一斉に噴き出したわけで、厳しいことは事実。しかし、その分、逆にいえば問題点が明確になったということで、百貨店の対応も活発化してきている。

具体的には。

高尾 歩みは遅いかもしれないが、委託販売から脱脚するために、商品の買い取り制度に踏み切り、自主販売を積極的に展開するところも出てきている。今回の百貨店不振のなかで、地方の百貨店が健闘したのは、委託販売か少なかったこと、それに法人需要依存が低かったことか挙げられる。古い体質から抜け出るのは容易ではないにしても、着実に進むだろう。それに情報のシステム化にしても、確かに遅れが目立っのだが、一部百貨店では、懸命にシステム構築に取り組み出した。カード発行などによる顧客の固定化も進んできているが、どういう消費者なのかの分析なども必要になつてきており、その動きも出てきている。それができるとヽ、こんなことが分かる。例えは洋服売り場であるブランドの商品を買う客は、食器売り場である特定のブランド商品を買う確率が高い。すると、ブランドは異なっていても消費者がそのブランドから受ける価値が似ていることが分かる。こうしたことが累積されれば、漠然と出していた顧客への案内にも付加価値が付けられ、効率の高い内容となる。これまでの百貨店では考えられなかったことだろう。これも指摘の多い、人材不足、目利きの百貨店マンの不足という問題にしても、若手に任せることで優秀な人材が育ってきており、デザイナーの発掘、育成などの動きもある。しかし、従来の姿で再生するのではない。百貨店は変身せざるを得ない状況にある。消費者の時間節約志向に対応したターミナル総合型とか、特定の顧客を念頭に置いた顧客限定の専門型。あるいはシステム化によって商品サポートのしっかりしたカジュアル型、そして郊外型といった形態が考えられる。こうした変身に失敗するところは淘汰されるだろう。百貨店法の廃止により、百貨店の概念も揺らいでいる。従来の名前だけの殿様商法では、最早通用しない。再生にはバブル期のあの傲慢商法イメージからの脱却も不可欠だとされる。

百貨店業界の現状 週間ダイヤモンド 97−10−11(58頁)

インタービュー 山中 R・東武百貨店社長  百貨店はオーバーストア これ以上つくってどうする

――百貨店の将来はどうなりますか。

 アメリカではほとんどの百貨店が消えたが、日本では都市構造が変化しない限り、ソフトのインフラとしての存在意義はある。ただし、儲からない。一種の社会事業、公共事業である。カネもうけをしようとしてはダメだ。そもそも、百貸店はオーバーストアだ。消費需要も頭打ちである。余暇の過ごし方も海外旅行やスポーツなどに時間を多くさくようになり、ショッビングが主流ではなくなった。これ以上、百貸店をつくってどうする。大店法の撒廃など、百貸店業界には関係のない話だ。それでも出店するなら、賃貸方式だ。自社で上地を取得し、建物を建てていては、初期投資がかかり、償却負担も大きく、利益を出すには時間がかかりすぎる。

――郊外型SC(ショッピングセンター)の核店舗として出店していくのはどうですか。

 日本の六大都市なら、交通機関が発達し、情報、金融、行政、教育などの機関が集中しており、人も集まる。アメリカなら郊外に中流階級が多く住んでいるが、日本は郊外に出ても人口が少なく、マーケットに深みがない。人のいないところに店を開いてもダメ。特に地方都市の郊外型店舗は平日はガラガラだ。

――なぜ、百貨店の商売は儲からないのですか。

 コストが高すぎて、収入が低いから。人件費が高く、日本の労使慣行のなかでは固定費になる。アメリカのように、レイオフも簡単にできない。一方で委託商売だから、粗利は低い。そのなかで、岩田屋の決断は評価する。委託商売に見切りをつけ、買取り・自主販売路線に踏み出すことは、なかなかでさないことだ。フランス革命のような大革命だ。買取りは値入れ率は高いが、最終利益が肝心である。当分苦労するだろう。組織、システム、人事も変えなければならない。日本では問屋が企画力や商品開発力を持っているので、これをある程度取り入れることも必要だろう。3年間、我慢して持ちこたえられるか。問題は資金力だ。

――厳しい環境のなかで、百貨店が生き残るには?

 お客さんの固定化がカギを握る。各売場ごとに客層が違うので、それぞれの二−ズにあったサービスが必要になる。面倒で細かい仕事だ。給料は高く払えないから、百貸店の仕事が好きな人でないとこれからはつとまらない。カードでお客さんの情報を蓄積することは大事だが、問題はカードの割引である。東武は3%引き。現場に拝み倒されて仕方なくやっているが、早くやめろ、と言っている。年間200万円以上を買うような人には割引をしてもいいが。一番大事なのはメンタル的なもの。ペ−パー教育ではなく、先輩が手取り足取り教えないとダメだ。ホテル才−クラのレストランやカフエテリアは、手を挙げかけると人が来る。うちなんか、客をほったらかし。鉄道系のホテルはサービスマインドが低いが、百貨店も同じだ。ただ、現場を変えようとしても、大きな店は疲れる。松屋ぐらいがちようどいい。東武も二つに割ったほうがいいかも(笑)。

――消費の先行きをどうみますか。

 百貨店協会の理事会でも、みんな悪い、悪いと言うが、こいつら客を見ていないな、と思った。節約ムードというが、カネを持っていても使えないのは女性にとっては苦痛だ。金利が少しでもあがれば、滑費に火がつくのではないか。しかし、うちの会社は金利が上がると苦しくなる。痛し痒しだ。

――東武百貨店の課題は?

 やはり、社員の意識改革だ。幸いに、五年間かけて、若い人が育ってきた。これからの五年間は応用編に入る。来年春には、各部門の収益管理ができるように、情報システムを変える。あとは商品開発力の強化だ。できるなら、社長を明日にでも辞めたい。だいぶいいのがでてきたからね。

高島屋家賃下げ要求へ 

  全19店で 年負担400億円の削減策 読売 10−7−22(8)

高島屋は二十一日、経費削減策の一環として、国内の全十九店舗の賃貸料の引き下げを貸主に求めることを明らかにした。年間の賃賃料負担額は約四百億円に上り、百貨店の中でも格段に負担が大きいため、削減効果が大きいと判断した。百貨店業界は国内景気の低迷で利益が落ち込んでおり、こうしたコスト削減策は他社にも広がりそうだ。

賃貸料のほとんどが長期契約となっているため、バブル崩壊後の売り上げが伸び悩む中で大きなコスト要因となりながら、手をつけられないでいた。今後は各店舗でバラバラだった契約の見直しを図り、「不動産、オフィス賃貸料がこれだけ値下がりしている以上、引き下げをお願いしたい」として、店舗、土地の貸主である生命保険会社、私鉄などと交渉する方針だ。高島屋の九八年二月期連結決算は、経常利益が百六十六億円、同22・6%減と大幅な減益となった。さらに九七年四月の消費税率の引き上げ以来、売上高が伸び悩んでおり、「今後三年間の売上高はゼロ成長と見込まざるを得ない」(田中辰郎社長)と厳しい見方をしている。このため、過去三年闇で人員を三千人削減したほか、今後三年間で本社と四事業本部ごとに分かれている間接部門や仕入れ部門を統合するなど、組織の合理化を図り、利益の出る体質に転換を図る計画だ。

地元資本も貸主交渉は難航か

百貨店業界は高島屋に限らず、駅前や都市部に立地する店舗と販売部門に多くの人員が必要となるため、高コスト体質に陥っている。

自前の店舗を持っている百貨店でさえも、地価税の負担に苦しんでいる。こうしたコストはこれまで売上高の伸びでカバーしてきたが、昨年からの売上高低迷で収益力の弱さが露呈しているのが現状だ。小売業界ではスーパーマーケットが、店舗の郊外化や統廃合、パート比率を高めることなどによって、コスト削減を進めている。しかし、百貨店は「サービスの質の維持」を理由に、こうしたコストダウンには限界があるとして、スーパーのような削減策には消極的だった。高島屋はリストラを続け、賃料をコストダウンの対象とする考えだが、貸主には株主のほか、出店の際に共存を図るため出資を仰いだ地元資本も多く、交渉は難航しそうだ。(吉見淳一)

三越 井上和雄氏66 「にぎやかさを演出」        読売10-7-29(8)

 先日、十年ぶりにニューヨークを視察してきた。景気が良いので、百貨店などの小売業は活気があるし、それぞれの小売業が客の対象を絞り、すみ分けができているのが印象的だった。ところが、日本では、売る側が、商品構成や売り場作りで明確に個性を出しているだろうか。従来の百貨店のように、広角に商品をそろえた商売はコストがかかり、やっていけなくなっているのが現状だ。お客さんも買い物に多くのお金や時間をかけなくなっている。これからはお客さんが求める商品に絞り、百貨店らしい楽しさ、文化的な雰囲気を出さないといけない。買い物がしたくなる、買い物に来ていただける華やかな「にぎやかさ」をどう演出するかにかかっている。三越は今年上半期中にそれぞれの店、地方支店に、しかと販売の目標を見定めるよう指示している。また、これまで独立して商品の仕入れを担当していた本社の商品本部からバイヤーを各店舗に出した。私が入社したころは、ベテランのバイヤーが一人で商品を選び値段も決めて、お客さんのニーズを考える気持ちは希薄だった。それでも百貨店以外に店が少なかったから商売ができた。しかし、小売業が多様化している時代なので、昔のやり方のままの独り善がりでは駄目だ。バイヤーを店に出したのは、現場でお客さんの声を直接間いていらっしゃいということだ。今年からPOS(販売時点情報管理システム)を一新し、カード加入者を中心に顧客のデータ管理を強化する。変化しているお客さまを把握するため、こうした努力も重要と考えている。

■危機感パネに背水の陣■

ゴルフ場開発に伴う巨額の特別損失の計上や百貨店販売の不振と、苦境の中での登場だ。自ら社長の任期を4年に限定し、背水の陣で経営再建に挑む。社内にようやく高まってきた危機感をバネに、老舗ののれんに頼った「待ちの商売」からの脱却を急がねばならない。(吉見淳一)

1931年12月25日、神奈川県生まれ。実家は呉服屋で、「客の来ない怖さ」を知っている。学生時代にバレーボールに熱中し、入社後、男子部を創設した。最近は自宅がある鎌倉市のタウンウォッチングが息抜きだ。総務畑が長いが、社長就任後は全国の店舗を精力的に回っている。

 

 

 

2)量販店

りょう‐はん【量販】リヤウ‥ある種類の商品を大量に販売すること。マス‐セールス。量販店は大量仕入れ、大量販売を行う安売りのスーパーマーケットのこと。

 スーパー‐マーケット【supermarket】買手が売場から直接商品を籠に入れ、レジスターで代金を支払うセルフ‐サービス方式の大規模店。スーパー。

スーパー・マーケット(super maket)は、食料品や衣料品など日用品を中心に、セルフサービス、現金販売、大量・廉価販売を原則とする小売店。商品は平場に陳列される。(百貨店では箱に陳列する。)アメリカで不景気の1930年ごろから大都市郊外のあき倉庫を使って超格安で、ビン・かん詰食料品なとを大量販売したのが起源である。その特色は、@客は入口でバギー(手押車の一種)または手さげがごをとって、店内に入る。A特殊な売場以外は店員がいない。B商品はすべての客の手のとどく範囲内に陳列されているC必ず価格の表示がある。D客は自分の欲する品物をバギ−または手さげがごに入れて、出口で会計する。E買い物は袋に入れて持ち帰る。日本では単にスーバーと呼ぶのが一般的である。一定の条件を具備した小規模なスーパーをコンビニエンス・ストア、衣料品の比重の高いものをスーパー・ストアという。またイギリスでは、平屋で売場面積が五方平方フィートを超え、駐車場と倉庫をもつものをハイパー・マーケットという。ス一パーマーケット名鑑'82(商業界)ではスーパーと名のつくもの(企業体単位に売場面積231平方メートル〔70坪〕以上、もしくは年間販売額一億円以上でセルフサービス方式を採用している大量販売店)は全国で1万74店であった。 ダイエー、イトーヨーカ堂、西友、ユニー、ジャスコ、マイカルなどの各社が主だったスーパーである。

 

スーパーの現況 週間ダイヤモンド 97−10−11(24頁〜47頁)

 “流通ビッグバン”が始まる。攻勢激しい外資系に対し、日本勢はコストダウンの妙手も見いだせず、積年の課題であった商品・売場改革を先送りしたまま出店を続け、消耗戦を繰り返しているとして、スーパーの現況は次のように述べられている。

 ス−パーの株価低迷が続いている。もちろん、株式市場全体が不調だということもあるが、それ以上にス−パー各社の現在の売上げ不振と業績の下方修正懸念が原因と考えられる。このように述べると、ス−パーの経営陣からは「売上げ不振は景気低迷と、天候不順が原因」との反論が聞こえてきそうだ。しかし、果たしてそれは正しいのだろうか? 消費税率が引き上げられた4月以降のス−パーと百貨店の既存店の売上げの推移を見ると、スーパーの減収率のほうが上回る状態が続いている。過去25年間を振り返ってみても、スーパーの売上げの対前年伸び率が百貸店のそれを数カ月連続して下回ったのは、バブル経済の絶頂期で高額品が飛ぶように売れた80年代後半と今回の三回だけである。消費税率が引き上げられる前は、高額品を扱う百貸店の売上げが大きくダメージを受けて、生活必需品を扱うス−パーの売上げは比較的堅調だろう、と観測されていた。しかし、まったく逆の状況となっている。明らかに今、スーパーを取り巻く環境に何かが起こっているのである。その理由をさぐるために、まず、大店法の規制緩和が始まった90年以降のスーパー各社の出店戦略を振り返ってみたい。大店法緩和を受けて、彼らはすぐ大型店の出店を加速させた。80年代には売場面積が、1万平方メートル以下の中規模店舗の出店を余儀なくされていた各社は、1万〜2万平方メートルの大規模スーパーの出店に奔走したのである。とりわけローコストオペレーションを標榜する彼らは、当然のことながら、コストの安い郊外への大型店舗の出店を積極的に行なった。実際、全国ベースでのスーパーの売場面積増加率は、80年代を通して年率2%前後であったが、90年代前半には年率6〜7%ヘ上昇した。当時は、土地の高騰に悩まされていた消費者自身が、郊外へと居住地を移していった時期でもあり、各社の郊外化戦略は一時的ではあれ、成功を収めた。こうした店舗の郊外化の成功を受けて、流通業界では「いよいよ日本も米国流の郊外型巨大スーパー、大規模ショッビングセンタ−の時代が到来した」との声も聞かれ、各社はますます郊外での立地探しに注力することとなった。しかし、現在では各社へのヒアリング調査を総合すると、郊外店舗の売上げのほうが都心立地の店舗よりも総じて厳しい。スーパー各社の売上げ不振の元凶は、実は郊外店舗である場合が多いのである。米国型小売業への盲従はたった数年で大きな曲がり角を迎えていると考えられる。マクロ的に見た郊外店舗の売上げ不振の最大の理由は、人口の都心部への逆流であると考える。前述のように80年代後半から90年代前半は消費者の郊外への流出が盛んであったが、現在はこうした流れに歯止めがかかっており、むしろ郡心部で人ロの増加が始まっているのである。首都圏では、久しぶリに東京都の人口が増加した。東京23区に限れば実に11年ぶりのことである。東京周辺の埼玉、千葉、神奈川でも人ロ増加率の下落に歯止めがかかっており、首都園全体の人口も3年ぶりに増加した。東海、関西地区でも、同様の現象が生じている。もっとも、もともと日本の消費市場は、世界に類を見ない都心部への集中ということが大きな特徴である。しかも、この高い人口密度を支えている消費者の多くは、世界でも比肩する国がないほど高所得者なのである。つまり、日本の都心部マーケットは世界的に見ても非常に魅力的であり、前述のような人ロ増加によってその魅力はさらに増してきているのである。実際、1店舗で売上高100億円以上を稼ぎ出している店舗の多くは各地区の都心部周辺のベッドタウンに位置している。これこそが「おいしい市場」なのであり、ここに集中出店してきたイトーヨー力堂の高収益体質を下支えしている。こうした現状理解を抜きに、コストが安いからといって郊外へ出店することは本当に得策なのであろうか?

 

3)専門店

せんもん‐てん【専門店】特定の商品を専門に販売する店。

ファッション専門店はおもに婦人服の店と紳士物の店とに分かれる。それぞれ大手の売上げは500億円から1000億円規模で、ここ10年間の成長は著しかった。婦人服専門店はおよそ顧客の年齢層によってティーンズ、ヤング、○L、キャリア、ミッシー・ミセス(35歳〜44歳ぐらい)と区分するのを始め、扱う商品によってカジュアル、エレガンス、DC(デザイナー・キャラクター)、トラツド、イレギュラー、インポートなどに分かれる。売上高(繊研新聞社調べ)でみると、鈴丹や三愛グループの1000億円規模を筆頭に500億円規模以上の専門店がレリアン、鈴屋、三愛、キャビンの5社で、現在100億円以上を売り上げている専門店は30社程度ある。90年度の上位150社の売上高規模は1兆3000億円弱となっており、このうち100億円以上を売り上げる専門店、およそ30社のシェアは65%と高い。売上高の伸びも、年によって異なるが、150社全体で毎年10%増前後を示し着実な成長を遂げていた。とくに売上高100億円以上の専門店は積極的な出店を行ない、毎年30店舗から100店舖近くを全国規模で出店、業績を一気に伸ばしてナショナルチェーン化を図ってきた。また、ナショナルチェーン(全国的な連鎖店)のように全国的に店舗網を確立しようというのではなく、扱い商品をしっかり絞り込んでどの店にもないような特色のある商品を客に提供しているような専門店もある。こうした店は、売上高や店舗数の規模こそ小さいが、ファッション感覚の鋭い客の支持をしっかり集めており、先のナショナルチェ−ン店でさえこうした店に学んだ商品構成を行なうこともしばしばである。一方、紳士服専門店は郊外型ロードサイドショップを積極的に展開している専門店(SPA=自社ブランドの製造小売型専門店)の急成長が目立っている。青山商事やアオキインターナショナル、ゼビオなど郊外型で伸びている専門店に加えて、タカキューも郊外型店舗を重点的に出店した。売上高で見ると、青山商事は1000億円企業に仲間人り、タカキューもグループでは1000億円以上を売り上げている。売上高二100億円以上の専門店は、およそ25社程度あり、その伸び率も10%増前後と着実に成長していた。こうした郊外型紳士服専門店が急成長を遂げていることで、婦人服専門店も大手チェーンや地方の有力専門店を中心に郊外立地の店づくりを開始。しかし、郊外型婦人服専門店の先駆者であるロン・都(長野市)を除いてまだ完全にノウハウを確立しておらず、店舗立地が確実に郊外に移ってきているだけに今後が注目されていた。専門店業界もこのところ社会に認知される企業をめざして、株式公開を行なうところがふえて来た。現在、婦人服では鈴丹、キャビン、エルメ、リオチェーン、紳士服では青山商事、タカキュー、アオキインターナショナル、ゼビオ、フタタ、トリイ、ゴトーの計11社で、このほかにも現在公開に向けて準備を進めている専門店が10社近くある。専門店はそれぞれの個性を強く打ち出し、家業から企業に転換しつつあるといわれたが、バブル崩壊後の不況で経営が厳しくなった。婦人服専門店の鈴丹は社長が証券法違反で告訴され、鈴屋は倒産し、三愛は危ないと報じられ、先行きが懸念されている。

 

4)むてんぽ‐はんばい【無店舗販売】(non-store retailing) 店舗を持たずに商品・サービスを販売する小売形態。訪問販売・通信販売・ニュー‐メディアを利用したホーム‐ショッピング、自動販売機による販売などの総称。

●通信販売 つうしん‐はんばい 消費者に対して郵便等の方法で注文をとり、商品を小包等で発送する販売形態。通販。

◆通信販売(mail-order selling)新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・カタログ等で広告し、郵便・電話等で注文を受け、商品を配送する販売方法。世界最大のアメリカの小売商シアーズ・ローバック社は、この方法で成長した。わが国では小売業売上げ全体に占める通販の比率は極めて低いが、他の販売形態による売上げの伸びが低下するなかで、近年、その伸び率の高いことが注目を集めている。日経流通新聞の「第五回無店舗販売調査」によると、前年度と比較可能な261社に関しては、伸び率が8・2%となっている。また「訪問販売等に関する法律」では、その適正化のための法律関係を明確化し、とくにネガティブ・オプション(↓別項)を全面的に規制している。

 ◆カタログ・ショッピング(catalog shopping)カタログを参考に購買するもので、通信販売の一形態である。使用される媒体が印刷媒体(新聞、雑誌、DM等)であるところに待徴がある。この電波媒体版がいわゆるテレピ・ショッピング、ラジオ・ショッピングとよばれるものである。カタログ販売はかつての郵便主体の注文方法から電話主体ヘ、代金の決済方法にもクレジツト・力−ドや銀行日座がらの引落しが用いられるようになり、時代背景の変化とともに変貌を遂げつつある。カタログ販売も市場の成熟化、知的水準・文化水準の高度化といった背景に支えられ、カタログを使った通信販売を利用する家庭が増えている。商品を見る目の肥えた現代の消費者は、しっかりした商品の品揃え能力、価格設定の妥当な業者を選別する力を備えているだけに、消費者の支持が得られるよう評価を高めることが、次の飛躍につながる要因となろう。

通信販売 働く女性の6割が愛用  読売 10−8−31(32)

 通信販売の歴史は古い。国土の広いアメリカが本場で、1872年に通販会社が誕生している。その14年後、業界大手のシアーズ・ローバックが創業。日本でも一部のデパートが1899年から始め、根強いファンがいる。しかし、最近の人気急上昇には別な理由も。5,6年前、円高で海外から商品を取り寄せる個人輸入がブームになったのが、きっかけとされる。通販の便利さに目覚め、愛用者が増えたという。日本通信販売協会(東京)の調査によると、昨年-年間に女性の半数以上が通販を利用した。20-30歳代では4人に3人が通販を利用、フルタイムで働く女性も6割以上が通販の愛用者。今や通販は身近な、ショッピング方法だ。利用回数は平均年4回で、年間の購入金額は平均4万5千円。商品別では「婦人衣料品」「下着」「子供・ベビー衣料品」「家具・インテリア用品」-などが多い。通販を利用する最大の理由は「便利だから」(61%)。4人に3人が、通販で購入した商品やサービスなど全般について「期待通り」。一方、利用しない女性も約2割。カタログ掲載の商品と届いた実物が違っていたり、購入の際の個人情報が外部に漏れて問題になったこともあるからだ。同協会では「通販110番」(03・3434・0550)を開設して、利用者の苦情に対応している。(彦)

 

アウトレットモール  イメージ下げずに安売り  読売 10−8−20(28)

発祥地は米国、日本”進出”5年前 「メーカー運営」増える

 アウトレット発祥の地は1980年代初めのアメリカ。当初は、工場からの余り物や傷物を直接販売していた。その後在庫調整の手段にしたいというメーカー側の思惑と、「良い商品を出来るだけ安く買いたい」という消費者のニーズが一致し、価格破壊の契機にもなった。そして、集客力を上げるために、いくつもの店が集まったアウトレットモールに発展した。

 

主なアウトレットモール

 

│ 名   称 │ 所 在 地 │ 主な取り扱いブフンド と 店舗数 │

│リズム │埼玉県大井町 │ 「ナイキ」「DKNY」「ゲス」「クーカイ」(45店舗) │

│軽井沢・プリンス│長野県軽井沢町│「フィラスポート」「エル・エル・ビーン」「ベネトン」「タルボット」│

│ショッピンクプラ│ │(21店舗) │

│ザ・イースト │ │ │

│鶴見はなぽーとブ│大阪市鶴見区 │「リーボック」「エドウィン」「リーバイス」「ティンバーワンド」(47│

│ロッサム │ │店舗) │

│横浜ベイサイドマ│横浜市金沢区 │「パロマピカソ」「モンベル」「クフブモナコ」「ドッカーズ」(約40│

│リーナショップス│ │店舗の予定) │

│&レストランツ(9│ │ │

│月4日オープン) │ │ │

│浜大津オーパ │滋賀県大津市 │「ナイキ」「ネクストドア」「クーカイ」「シェビニオンガール」(50│

│ │ │店舗) │

 

 現在、全米で400余りのモールがあると言われている。中でもニューヨーク州にある「ウッドベリー・コモン」は規模も大きく、有名メーカーのほか百貨店など220のアウトレットが出店。日本人観光客の観光スポットともなっている。日本での本格的アウトレットモールは、5年前にオープンした「リズム」が最初とされるが、「日本ではこれまでアウトレットの定義があいまいだった」と矢野経済研究所研究員の水越孝さんは指摘する。日本の場合、並行輸入の店やメーカーが運営する店、ディスカウント店などをすべて一緒にして、「アウトレット」と呼ばれることが多かった。これに対して、アメリカでは「メーカー→小売り→アウトレット」という販売経路が定着し、商品の流れが消費者に明らかになっている。このため、安心して商品を買うことができる。

しかしここ数年、日本でもメーカーが販売戦略の一環として、自社商品をアウトレットで直接扱うように変わってきた。「並行輸入などさまざまな経路で入ってくる低価格品でブランドのイメージを下げられるより、自社のアウトレットで商品を販売し、イメージを保つ方がいいと考えるようになってきた」と水越さん。こうした事情から、日本でもアウトレットモールが相次ぎオーブンしている。昨年7月に長野県軽井沢町にオープンした「軽井沢・プリンスショッピングプラザ・イースト」は21の店で構成。年間約220万人が訪れ、年間売り上げは38億円で「当初の見込みよりずっと多い」(軽井沢プリンスホテル)。

来月4日には、横浜市金沢区に、メーカー直営のアウトレット約40店が入店する「横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ」もオープン。さらに、「ウッドベリー.コモン」を経営するチェルシー社が、三菱地所、日商岩井と合弁、日本で2年後をめどに約50の高級ブランド品専門の大型アウトレットモールを展開すると、今月発表した。「日本の消費者もブランド品仁品質や価格を求め、自分に合う良い商品を選ぶようになり、アウトレットモールの人気は定着していく」と水越さんは見ている。

ブランド探す楽しみ 消費者の心をつかむ 不況になって逆に繁盛 読売10−8−20(29)

 シーズン遅れや製造中止になった衣料品などを販売するアウトレット(小売店の意味)。このアメリカ生まれの新しい形の店ばかりをいくつも集めたアウトレットモールが各地に誕生、不景気の中で大変なにぎわいを見せている。衣料品の流通にも詳しいファッションコーディネーターの西山栄子さんと、埼玉県大井町のアウトレットモール「リズム」を訪ねてみた。(宮智泉)

東京・池袋駅から東武東上線の急行で約30分。「ふじみ野駅」のすぐそばに、アウトレットモール「リズム」があった。アメリカ西海岸風の2階建ての建物に、国内外のブランド45の店舗が並んでいる。最初に訪れたのは、日本人にも人気のあるアメリカの衣料品・アウトドア用品メーカー「エディー・バウアー」が直接経営する店。商品の入れ替えで、直営店などでの販売を終えた商品を扱っている。数週間前まで、直営店に並んでいた商品と色違いの赤のそで無しセーターが約半値の2900円で展示されていた。店内を見回していた西山さんが「ここの商品は赤が多い気がする」とつぶやいた。確かに衣料品には赤い色が目立つ。「この夏は赤が結構残った。売れ残り品はどうしても色やサイズが偏る」と副店長の森戸貞樹さん。店内には「50-70%オフ」の表示も目につくが、商品の展示の仕方などは直営店と変わらない。「毎週掘り出し物を探しに来るお客もいます」という。やはり製造中止になった廃番商品を扱っているアメリカのバッグメーカー「コーチ」の店も、直営店とそん色のない内装だ。商品の修理や手入れのサービスは、直営店と同じたそうだ。「外資系のメーカーは、流通経路の中にアウトレットを組み込んだ販売戦略を持っており、売れ残り品でもブランドイメージを下げずに売るのが上手」と西山さん。「服も無駄に処分されるより幸せなはず」と付け加えた。「リズム」がオープンしたのは5年前。店や商品によって割引率は異なるが、ブランド商品が3−5割引き。時には8割引きで買えるとあって、徐々に認知度が高まり、今では年間250万人が訪れる。モールの運営舎杜ディアライフでは「不景気になって、逆に売れ行きは伸びた」という。ここ1,2年の売れ行きは二けたの伸びを示しているそうだ。さらに、不況でメーカーなどが過剰な在庫を抱えたことが、アウトレットの品ぞろえを豊富にするという"皮肉。な結果も生んでいる。夏休みのせいか、午後にはますます人出が増え、どの店も客足が途絶えない。子供服を購入していた東京都の会社員(40)は、「最新流行の服は必要ない。いい商品を手ごろな値段で買いたい」と話していた。最新の流行にすぐ飛びついたバブル期から、「安くて良い物を買いたい」というように、変わってきた消費者の心をうまくつかんだとも言える。アウトレットは、宝探し的な楽しさがあるが、モールなら一度にたくさんの店を見て回ることができ、その魅力が倍加する。「どうしても今はしいものは定価で、子供服や何枚も必要な服はアウトレットで、と使い分けるといいですね」と、西山さんが締めくくった。

 

 

5)テーラー

テーラー【tailor】洋服、特に男子服(スーツなど)の仕立屋。

 テーラー‐メード【tailor-made】テーラーのつくったという意で、男もの仕立ての意。

スーツ【suit】:男の背広上下(上着、チョッキ、ズボン)、女性のスーツ(上着、スカート)で、ふつうそろいの生地を用いたもの。

●現在衣服が形作られるまで――シンプルな必需品とも、退屈な代物とも称さる「スーツ」。私たちの日常生活で、スーツほどのウェイトを占める衣服は他にはないのではなかろうか。実はこの衣服、中世騎士に端を発する。時代とともに簡素化の道をたどり、現在の形に落ち着いた。この、古典的服飾史ではなおざりにされがちだった衣服に注目し、「なぜ男性のスーツがこれほど長く基本的なファッションアイテムたりえているのか」、「なぜ現在の女性ファッションが執拗に男性のスーツをコピーしようとするのか」といった点をスリリングにひもといたのが「性とスーツ」と題する本書である。アン・ホランダー著、中野香織訳 白水社刊 46版 292頁 本体2800円)

ロンドン 紳士服に新たなイベント 読売夕刊 10-7-25(3)

 今月14日から3日間、ロンドンメンズファッションウイークが開催された。6月末のミラノ、7月初めのパリに続く紳士服の新作発表イベントで、11ブランドが99年春夏物のショーを行った。英国といえば紳士服が有名だ。ところが、ロンドンで紳士服のデザイナーズコレクションが行われたのは初めて。これまで英国のデザイナーたちも外国のメンズコレクションに参加していた。ロンドンに発表の場をつくる案は長年あったが、資金不足などを理由に実現しなかった。しかし、このほど、ホンダ英国社がスポンサーに名乗り出て、英国の紳士服ブランドにもホームグラウンドが誕生した。もっとも、第1回の開催で規模は小さく、集客力も弱いため、結局、ポール・スミスら有力デザイナーは従来通り外国での発表を選んだ。そうした中、ロンドンで新作を見せたのは「モダン・ブリティッシュ」をキーワードに、ここ数年相次ぎ登場した新進メンズブランドの数々。「デザインワークス」や「オール・セインツ」=写真=といったブランドで、伝統的な英国スタイルを基本にしたシンプルで若々しいデザインが特徴だ。おしゃれに敏感な20歳代後半から30歳代の男性に支持されている。老舗ブランドとストリートファッションの中間に位置する新しい英国ファッションである。99年春夏スタイルとしては、薄くて軽い素材で仕立てた上品な自然志向の服が提案された。淡い色のコットンシャツにウエストをひもで絞ったズボンなど、部屋着のような街着も多かった。

若月美奈ファッションジャーナリスト

 

NY 理想の素材 パシュミーナ カシミヤより高級   読売夕刊 10-7-25(3)

 ニューヨークは折からの好景気で、高級品がよく売れている。中でも消費者がファッションに求めているポイントは、素材の高級さだ。ここ数年、装飾が少ないシンプルな服が人気で、デザイナーたちはカシミヤなど素材の高級化に力を入れている。カシミヤをセーターやコートに使うのは当たり前。フェルト地やガーゼにするなど、新しい使い方に余念がない。デザイナーによってはカシミヤよりさらに高級な素材を探す人もいる。一部のデザイナーが98年秋冬物に使ったパシュミーナという素材が注目されている。パシュミーナは、標高3600-4200メートルのヒマラヤ山中に住むシロイワヤギの首とおなかの毛で織り上げた柔らかく繊細な織物。欧米では約1年前から生地業者が扱い始めた。しかし、インドやネパールの豪族たちの間ではステータスシンボルとして数百年も前からショールや毛布として使われていたという。ドレスなどに仕立てたパシュミーナは一見カシミヤと見間違えるが、肌につけた感触が全く違う。素肌にそのまま着ても滑らかで肌を刺激せず、非常に軽い。ファッション雑誌のスタイリスト、スザンヌ・マーティンさんは「パシュミーナを着たら、カシミヤなんてごわごわして着心地が悪い」と話す。現代の服に求められている軽さやぜいたく感に、四季を通じて着られる実用性を考えると、パシュミーナは理想的な素材。今秋からマンハッタンの一流デパートに商品が並ぶ予定だ。ただし、価格はショールでも10万円以上。だれでも買える値段ではない。

森光世ファッションジャーナリスト

 

(4)卸業の経営

アパレルメーカー

日本のアパレル卸商の企業数は、3万社(1988年=商業統計)あるが、このアパレル卸商には二つのタイプがある。一つは、産地メーカーや他のアパレル企業が企画・生産したアパレル製品を仕入れて小売商や地方卸に販売する一般アパレル卸商。二つ目は、自ら商品企画リスクをもってアパレル製品を企画・生産し、自社のブランド(商標)で小売商等に販売するアパレル製造卸(アパレルメーカーと呼ばれる)である。アパレル業界のなかで成長してきたのは、後者の製造卸タイプであり、このタイプは、先の3万社のなかでも約3000社にすぎないといわれる。しかし一般アパレル卸商も、高い収益を求めて製造卸機能をもち始めており、純粋な卸商は少なくなってきている。ただ製造卸といっても、自ら生産設備をもつケースは少なく、多くは既存の縫製工場を〃専属工場〃あるいは〃協力工場〃のかたちで下請化しているにすぎない。このアパレル製造卸は、自らのリスク負担力と商品企画力、そしてブランドカによって消費者の二−ズをつかみ、的確な商品を供給できるがゆえに成長力も高いとされた。1960年代から70年代の高度成長期に企業規模を拡大し、次々と株式市場に上場した。

 1980年代には成熟期に入り、90年代にはバブル景気の後のバブル崩壊で、不況に陥り、厳しい環境になった。市場規模の伸び悩み、消費の多様化による高感度・高品質商品への転換、さらに国際化の進展、高度情報化時代の到来に加えて、労務環境の問題など、大きく変化した。この変化は単にアパレル業界のみの問題ではないにしても、アパレルメーカーにとって厳しい対応が求められるものばかりだと指摘される。これに対して、アパレルメーカーは、環境変化に伴う諸問題に的確に対処してよくことが必要となっている。アパレル商品の供給は、異業種の参入が相次いでいるのみならず、海外からはインポートもの、輸入衣料品が市場に溢れ、供給過剰となって、値引きや廃棄による損を増大させている。

アパレルメーカーの販売は、小売業に卸すことが主たる目的である。かっての販売の手法は、展示会で注文を受ける、期日が来て納入する、シーズンが終わると価格調整(値引き―マークダウン)して二次的な短期間の販売(特売)をする―ことを「取引」といっていた。このやり方では、東京では「掘留」筋、大阪では「船場」筋の古手の卸業のように、70年代にも衰退の命運にあり、ファッション化ににも乗り遅れた。

 

イタリア最大の婦人服メーカーとされる「マックスマーラ」は、デザイナーではなくメーカーの名前を前面に打ち出した「ファクトリー・ブランド」だ。基本的な装いの中に時代感覚を取り入れた高級既製服は、組み合わせの効く、着こなしやすい服飾として評価を得ている。

魅力

「きちんとした装いにも向く服」として、0Lを始め幅広い層から人気を集める「マックスマーラ」の製品。半世紀近くに及ぶ服作りは、イタリアの高級既製服の歴史そのものとも言われている。同社は、製造・流通の計7社から成る企業グルーブ。手仕事による注文服全盛の時代にいち早く工業化を取り入れ、既製服の分野を確立した。現在、店舗は世界で二百六十店以上を数え、グループの年商は約一千億円に上る。カジュアルから正装までを六っのブランドに特徴付け、「オーソドックスな中にも素材や裁断で時代性を感じさせる服を」と心がけている。今秋冬は、紺、黒、キャメル、グレーなどを基本色に、コートは羽織るようなザックリとした感覚のものが特徴。ステッチに、手縫いの風合いを持たせている。価格は十万円前後が中心。このほか、スリツトが入ったニットのドレスは、女性らしい細みで長めの輪郭。また透ける素材のブラウスは、起毛された柄の部分を浮き出たせた加工を施している。「マックスマーラジヤパン」広報室の式田えいさん(40)は、自社製品の魅力について、「素材の良さに加え、ざん新で品のある服作りが特徴。着やすく、しわになりにくいものも多く、仕事着としても最適」と話している。

バッグと小物

バッグは、型押しのものとポケットや肩ひもの部分に革を用いたナイロン製のものが主体。今ンーズンは、黒や焦げ茶色を基調に、大小のショルダーバッグから財布までがそろう。ナイロン製バッグは二万円、革製のパッグは六方円がそれぞれ目安となっている。またベルトや靴、スカーフ、手袋、帽子といった小物の品ぞろえも本格化させており、「日本で小物の単独店開設も考えている」という。

MMマガジン

1989年に創刊された「マックスマーラ・マガジン」(A4変形判、170頁)。自社でで独白に編集ファッション主体の雑誌で、半年ごとに世界で50万部を発行している。同社の6つのブランドの製品と美容、芸術、時事的話題などを盛り込み、イタリア語で書かれている。製品を買い求めると無料でブレゼントされる。最新号は、「マックスマーラが最も得意とする素材と自負するキャラメル色のカシミヤ混のコートを、トップモデルのリンダ・エヴァンジェリスタが着こなし、表紙を飾る。

 

(5)縫製業の経営

縫製工場

わが国の縫製工場は、アパレルメーカーの下請け縫製工場が殆どである。厳しい経済環境下でその経営は危機を迎えている。わが国縫製業界の現状は、業界団体の平成8年11月の説明によると、次のように深刻である。未曾有の長期不況と景気低迷に加え、海外生産シフト化の進展、それまでの円高並び現在進められている規制緩和策を反映し、海外からの低廉なアパレル製品の市場攪乱的輸入急増などにより国内生産の激減並びに加工賃の大幅ダウン及び受注対応や価格面で過当競争が発生するなど、国内アパレル縫製企業の経営は大きく圧迫され、70%を超える工場が水面下の経営を余儀なくされ、転廃業が顕在化している。現状のまま推移したならば国内縫製産業の空洞化が避けられない状況にある。平成7年までの衣服製造業の事業所数と従業員数のグラフは、いよいよ下降を示すに至った。これに応じて、ミシン製造業の事業所数と従業員数もグラフのように下降している。

 

目次に戻る 

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

11/30   8回     小売業経営のサクセスとクライシス

 

[小売り業態・用語説明]

●チェーン‐ストア【chain store アメリカ】単独の資本のもとに複数の店舗を経営する小売業。連鎖店。

 

●アウトレットストア

 メーカーや流通側が、商品企画や生産計画が予定通り進まず、過剰在庫になった自社の商品を処理するた めに、安売りを行う業態。

●オフプライスストア

 商品が一定の評価を受けた一流ブランド品などを並行輸入や流通在庫仕入れなどにより大幅に値下げして 売る業態。

●カテゴリーキラー

 ある特定分野の商品について、品ぞろえを充実さぜ、低価格で販売する業態。

●パワーセンター

 複数のディスカウントストアで構成されるショッピングセンター

●SPA 製造小売型専門店 Speciality Store Retailer of Private Label Apparel

アパレル製造業と小売業の境界線がなくなった企業形態。それが同時に企画・生産・販売を一本化し、国際化を促している。小売業が製造までを手がける成功例としては、アメリカの”ザ・リミッテッド”、イギリスの”ネクスト”があり、製造業が小売りに進出した例では、イタリアの”ベネトン”、アメリカの”エスプリ”がある。

 

[グレード用語説明]

●ハイグレード、ハイクラス 高級

●スーパーsupermarket[〈米〉su´:p rm `:rkit,〈英〉s(j)u´:p m `:kit]【名】《【複】‐s[〈米〉su´:p rm `:rkits,〈英〉s(j)u´:p m `:kits]》 スーパーマーケット.

●ウルトラ【ultra】(もとラテン語) 「超」「過度」「極端」などの意。 政治上、極端な主義を奉ずること。また、その人。過激論者。

●エクセルexcel[ikse´l]【動】《【規】【三】‐s[‐z];【去分】excelled[ikse´ld];【G】excelling》【他自】 (…で)まさる,すぐれる,ぬきんでる,卓越する(〜in).{【類】surpass}―He excels (us) in English.‖彼は(われわれより)英語がすぐれている.

●プレステージprestige[presti´: ]【名】 (成功・業績などによる)名声,威信,威光.【形】 名声ある,信望の厚い.

●ビンテージvintage[vi´ntid ]【名】《【複】‐s[‐iz]》 (ある地域の毎年の)ブドウ収穫,収穫期,収穫量.―a poor(good) vintage,‖ブドウの不作(豊作). (醸造年を入れる)銘柄のぶどう酒,年号物. 〈口語〉(ある年度の)型,製作.―a car of (the) 1980 vintage,‖1980年型の車.【形】 醸造年入りの,銘柄の. すぐれた時期の,最良期の. (作者の作品中で)最高の. 〈英〉(車が)銘柄の,由緒ある(1916年から30年までの).

●バンテージvantage 有利、優越、優勢

●メローmellow[me´lou]【形】《【比較】‐er;【最上】‐est》 (くだものが)よく熟した.(=ripe);(人格の)円熟した. (色・音などの)やわらかで美しい.【動】《【規】【三】‐s[‐z];【去分】‐ed[‐d];【G】‐ing》【自他】 熟してやわらかくなる;熟す(させる).

●ハイパーhyper 「過度」「超」の意。ハイパーマーケットは、大型スーパーマーケットのこと。

●レピュテーションreputation[〈米〉re`pj te´i ( )n,〈英〉re`pj te´i ( )n]【名】 評判.―a man of good reputation,‖評判のよい人.Γhave a good reputation for〜, …で評判がよい. 名声,信望.{【類】fame}―I know him by reputation.‖私は彼の名声を聞いて知っている./He lost his reputation.‖彼は信望を失った.

 

消費者二−ズが変化

所得税減税の効果に猛暑も加わつて、百貨店やスーバーなどの店頭売り上げが上向き始め、消費回復の兆しが部分的ながらも見え始めるなか、小売業界の〃店舗リストラ〃に拍車がかかってきた。消費者の低価格志向や安売り店舖の攻勢で競争が激化し、流通業界がこぞって、徒来の売り上げ至上主義から利益重視へと体質転換を進め始めたものだ。スーバーなどは低コストの新型店舗の導入を進め、大手専門店が集結した巨大ショッピングセンターも出現し始めた。大規模小売店舗法の規制緩和は、低成長下での出店競争に火をつけるとも予想され、店舖の再橋築はサバイパル競争の幕開けともなりそうだ。

バブル崩壊後「低価格で高品質を」

流通各社が店舗改革に走り出した背景には、低価格・高品質を求めるバブル崩壊後の消費者二−ズの変化があげられる。商品の価格を下げながら利益を確保するためには、「ショーケースの下の大理石の模様まで、きちっと合わせて作っていた」(大手百貨店幹部)という過去の店舗を見直し、設計から運営・管理まで、コストダウンが可能な仕組みを作る必要があるからだ。一方、大店法の出店規制のもとて、中小だけでなく、大型店もし烈な出店・価格競争から遠ざかってきた。規制緩和が始まった今、日本の小売店舗の8割はスクラップ対象」(大手スーパ−幹部)というほど、そのゆがみが目立っようになったというわけだ。こうした変化にいち早く対応したのが、カテゴリーキラーと呼ばれる低価格型専門店やディスカウントストア。「のれん」より実質を重視し出した消費者の支持を背景に、百貨店の十八番だったお中元やお歳暮にも手を伸ばしている。ニッセイ基礎研究所が2000年の日本の小売業の姿を予想した調査では、コンビニエンスストアと低価格専門のカテゴリーキラーがともに百貨店の売上高を抜き、スーパーに次ぐ勢力に台頭するとしている。この結果、コンビニエンスストア、カテゴリーキラ−、ディスカウントストア、無店舗販売のシェアが44%と93年実績よりも13%弱も高まり、その分は百貨店、スーパーなどの「既存勢力」が食われるという。戦後の発展期には「スーッと出て、パッと消える」と陰口をたたかれたスーパーが、74年に百貨店の売上高を迫い抜いたように、業態の消長は結局は、消費者の支持が握っている。店舗改革競争は、生き残りをがけた真剣勝負といえそうだ。(斎藤 孝光)

           

百貨店5社とスーパー5社の97年2月期決算が18日、出そろった。百貨店は西武百貨店を除き、増収増益だった。スーパーは全社が増収の反面、冬物衣料の不振などで減益となったところとリストラと新規出店で経常利益が二けた増になったところに明暗を分け、まだら模様の決算となっている。

 

●けいじょう‐りえき【経常利益】‥ジヤウ‥会計上の利益概念の一。企業の通常の経営活動から、毎期経常的・反復的に生ずる利益。営業利益に営業外損益を加えたもの。特別損益は含まない。

 

(1)百貨店経営

●三越百貨店:「顧客ニ接スルニ一様平等ニ愛僑ヲ旨トシ……」。三井呉服店諸規則と記された表紙をめくると黄ばんだ和紙にぎっしり書き込まれた文字が浮かび上がる。1895年(明治28)、三越の前身である三井呉服店から各支店の支配人あてに出された「業務指令第一号」は、伝統的呉服商から百貨店への転換を目指した改革の指針だった。実はこの文書、三越の津田尚二社長が昨年、「我が社も、二十一世紀に向けて構造改革が不可欠」として、同社の長い歴史の中から改革の事例を探すよう指示したことから、約百年ぶりに日の目をみることになった。消費低迷による売り上げの伸び悩みや百貨店間の販売競争が激化する中、二〇〇四年に創業百年を迎える三越社内では、この指針を現代にも通じる〃先人からのメッセージ〃として、再評価する機運が高まっている。「指令第一号」は、明治維新以来の倹約令や消費の長期低迷で、経営不振が続いていた三井呉服店の立て直しのため、三井銀行から送り込まれた高橋義雄理事が起章した。高橋は「世界の流行を取り人れた新商品の開発」や「業務改善は全員の意見を聞け」など、時代を勝ち抜くための経常方針をこの指令の中に盛り込んだ。高橋は経営改革を断行するため、店員が客の求めに応じて商品を見せる「座売り」を全廃し、ガラス張りのショーケースを導入した展示販売に切り替えるなど、近代百貨店の下地を次々作っていった。三越資料編纂室の松沢恵担当部長は、「当時は文明開化の波にさらされ、呉服店の経営からの転換が急務だった。時代は違うが、百貨店の存住自体が問われている現在と同じ状況といえると解説する。津田社長は、先ごろ終えた全国十四本支店巡りの際にもこの先人の改革精神を強調しており、「高橋の経営哲学は、現代の百貨店経営の改革に通じる面が少なくない。高橋が強調している経営の合理化と接客部門の充実こそ厳しい販売競争を勝ち抜く基本だ」と、百二年前のメッセージに思いをはせる。「業務指令第一号」をはじめ、同社創業以来の社内資料は、束京・世田容の三越資科編纂室(03・3701−・8444)で展示されている。

 指令第1号の要約

 ▼お客様には愛嬌を持って平等に接し、買い物の内容で態度を変えないように

 ▼お客様には多くの商品を提案して、接客時間は短くする工夫をせよ

 ▼時代の変化を読み取り、それに合わせた商品を取り入れ、自ら流行を作り出せ

 ▼各店間の情報交換を頻繁に行い、お互い各店の状況を把握せよ

 ▼業務改善は全員の意見を聞け

 ▼人の登用は年功にとらわれず技量のある人材を発掘登用せよ

 この指令は今に通じると評価されている。

●三越岡田事件とは何か? 岡田元三越社長死去 事件すでに風化  読売7−7−21(6)

解任時の「なぜだ」といっ言葉が当時の流行語ともなった元三越社長の岡田茂氏が7年7月20日、死去したが、三越社内では「すでに過去の人」として、比較的冷めた受け止め方が多い。岡田氏が社長を務めたのは、72年4月から82年9月までの約十年間。東京・銀座店長時代に、ヤング路線で売り上げを伸ばすなどアイデアマンの側面もあり、社長在任中には、ローマ、ロンドンなど海外への出店を積極的に進めるなど、脚光を浴びだ時期もあった。反面、ワンマンぶりは社内に批判も多く、とくに偽秘宝展騒ぎや、女性がらみのスキャンダルなどは、しにせののれんを傷つける結果となった。岡田氏の解任から9年ですでに17年近くが経過、岡田氏と対立する形で西武百貨店に転出し、事件後に三越に復帰して86年から社長を務めた坂倉芳明現会長と今年5月に社長職を津田尚二現杜長に譲った。「事件後に入社した社員も多く、最近は岡田氏が話題になることもめったになかった」(中堅社員)と事件は次第に風化しつつある。ただ、「特別背任など一連の事件の影響で客足が遠のき、がらがらになった本店の売り場に立った時の悔しさは、今も忘れられない」と振り返る古手社員もおり、三越にとって岡田事件は今後も、顧客を忘れた経営の危うさを示す教訓としての意味を持ち続けるだろうと報じた。

岡田元三越社長事件に詠める  河内 朴粋(シンプル・シック) 

 老舖なる 三越のれん傷つけし 元社長の死去の報読む

 三越に  岡田事件は今後とも 顧官忘れた 経営戒しむ

竹久被告の実刑確定 三越事件上告棄却 読売 9−10−30(34)

大手百貨店「三越」に巨額の損害を与えたとして、岡田茂・同社元社長(故人)とともに商法の特別背任罪などに問われたアクセサリ−会社経営・竹久みち(本名・小島美知子)被告(六七)の上告審で、最高裁第三小法廷(園部逸夫裁判長)は二十九日までに、竹久被告を懲役二年六月、罰金六千万円の実刑とした二審判決を支持し、竹久被告側の上告を棄却する決定を下した。判決は近く確定、保釈中の竹久被告には収監手続きがとられるものと見られる。岡田元社長は上告中の一九九五年七月に死亡し、公訴棄却で裁判は終了している。弁護側は特別背任罪の成立を否定していたが、決定で園部裁判長は「岡田元社長には、商品の仕入れに伴う無用な出費を避けるべき義務があるのに、任務に背いて竹久被告の会社に差益を得させた」と同罪の成立を認定し、「竹久被告は共同正犯としての責任を免れない」と述べた。この事件は、八二年に三越本店で開かれた「古代ペルシア秘宝展」の偽物騒ぎが発端。岡田元社長は同年九月の取締役会で社長の座を追われた。東京地検と警視庁は同年十月、岡田元社長と竹久被告を逮捕。東京地裁は八七年、二人に実刑判決を下したが、二審・東京高裁は九三年、特別背任の一部を無罪とし、二人の刑を減じた。

●流通業界で相次ぐ摘発 読売9−10−21(31)

株主総会を乗り切るために総会屋に現金を贈るなどした利益供与事件は、一九八二年の商法改正以降、二十六件摘発されている。中でも流通業界が舞台になるケースが目立っている。摘発第一号は、八四年の伊勢丹。約百万円を総会屋に渡した会社側関係者、総会屋十数人が商法違反容疑で警視庁に摘発された。八六年には百貨店のそごうが大阪府警の摘発を受けたほか、八八年にはパルコ、九二年にイトーヨー力堂も。九六年には、大阪府警が高島屋役員三人、暴力団組長らを逮捕。利益供与額は一億六千万円にも上った。九七年には松坂屋の役員が総会屋に数十万円の商品券などをを贈り、総会屋とともに逮捕された。

●東京の百貨店は、1996年1月で46か月(全国で45か月)連続売り上げダウンとなり、消費不況の象徴のように言われる。百貨店不振の原因は、問屋、メーカー依存の体質、情報テクノロジー活用の遅れ、バブル期の過剰投資による財務体質の悪化、それに従来の中心商店街の地盤沈下という構造的な立地環境の変化が上げられる。百貨店の再生をかけて、委託販売から脱却するために、商品の買い取り制度に踏み切り、自主販売を積極的に展開するところもでてきた。バブル期の反省から、消費者を呼び戻すための特徴ある店舗づくりが進んでいる。高島屋柏店は3年前の増床を機に、団塊ジュニア世代にターゲットをしぼり、店員もパートを有効活用する新しい試みをスタートさせ、他店の落ち込みをよそに、快進撃を続けている。三越のように、束京・池袋店で結婚関連の商品・情報を充実させたり、近鉄百貨店のようにアウトレットストアを経営するなど、従来の百貨店のイメージから脱脚する動きも徐々に出始めている。高島屋は、暴力団への資金提供事件というマイナスがあったが、新宿店オープン(1996年10月)、95年9月の子会社合併効果もあって大幅な増収増益になった。5年ぶりに増収増益となった三越は、5%割引の自社力−ド戦略の成功や販売費の圧縮などで大幅増益となった。松坂屋は、共同仕入れなどのコスト削減効巣で、6年ぶりの増収増益。阪神大露災で主力の神戸店が被災したそごうは、神戸店が全館オープンしたことやリストラ計画の終了と重なり、2年ぶりに経常黒字となった。西武百貨店は、池袋店の改装に伴う売り場の一時開鎖で売り上げは減少したが、2年連続の経常黒字を記録した。人事では、松坂屋が、創業一族以外で初めて社長に就任した鈴木正雄取締役相談役が取締役を外れる人事を発表した。高島屋は管理部門担当の役員が退任する予定だが、「人事刷新と若返りであって、事件の責任問題ではない」(田中辰郎社長)としている。三越は、役員を2人減の20人体制とする。

●企棄ネット作り推進 百貨店協総会屋対策委 読売9−11−9(9)

 日本百貨店協会は八日、松坂屋の総会屋への利益供与事件に関連して、「総会屋等対策特別委員会」(委員長・古屋勝彦松屋社長)の初会合を開いた。委員会では、総会屋との関係を絶縁するため、警察との連携を強化する一方、会員企業が情報交換を行うネットワーク作りを進めることを対策の柱に据えることを決めた。十四日の常任理事会で具体的な対応策を正式決定する。

●顧客密着型の店に 新社長 私のチャレンジ  読売 9−7−18(8)

 西武百貨店 米谷 浩 社長 63歳

92年以来のリストラ(事業の再構築)が一段落し、利益が出る体質にはなった。だが、マーケットが変化しており、百貨店の間だけでなく業態間、地域間でも競合がある。どう存在感のある店にするか、攻めの経営を心がけたい。ひとつは東京・有楽町西武のように、思い切ってやめるものはやめること。有楽町店が女性のファツションに特化した時には色々言われたが、業績の伸びではいまトップを走っている。顧客が個性化し専門度を要求してきている中、薄く広く何でもあるという百貨店ではとても満足されない。ある人に「百貨店とは何て古臭い言葉か」と笑われた。私もそう思う。ただ、百貨店を「五十貨店」にするのでなく、顧客の生活に密着し、地域の誇りに思われるような店にしなければならない。百貨店業は転換期を迎えており、見本を追いかける時代は終わった。これからは、何をやるかで自らリスクを負うことになる。当社では、自社力ードの購買データに基づき、顧客戦略を「マス(大衆)」から「パーソナル」へと大転換した。バンバン広告を打って人を呼ぶのでなく、この店で買いたいという顧客をつかむことを考える。もちろん高額購入者ばかり優先するという意味ではない。多くの方々に店に来て欲しいし、疲れずに回れるよう施設面も見直している。今後、地方などへの店舗展開は積極的に検討する。和田会長は「2005年ぐらいまでに10店舗はつくりたい」と言っている。大きい店をドンと作るのではなく、地域ごとにふさわしい業態をカセットのようにはめ込んでいきたい。

●「人の流れ」引っ張る 小田急百貨店利光国夫社長   読売 9−7−19(8)

「今回の店舗リニューアルは、単なる化粧直しではない」。小田急百店の利光国夫社長は、今秋の開店35周年に向けた新宿店の刷新の意義を強張する。確かに、本館から紳士服売り場をなくし、婦人服と服飾雑貨に集中するなど大旭な見直しで、社内にすら異論がくすぶる。だが、「外部委託でなく店の人たちが議論し、組み立てた案を尊重する」とゴーサインを出した。昨秋の高島屋開店で火ぶたを切った「百貨店戦争」で、新宿の商圏は駅東口の南側に重心を移してきた。小田急は、西口の北寄り。5月末に就任したばかりの新社長は、「客の流れを北まで引っ張る魅力を作る」と意気込んでいる。

●百貨店「ファッションの殿堂化」        読売 9−11−29(11)

 女性客大半、高い利益率  婦人服・雑貨フロア拡大 

 百貨店業界で、商品構成を女性の衣料・アクセサリーなどに大胆に振り向け、店を「ファッションの殿堂」化する動きが目立っている。来客の大半を女性客が占めているうえ、女性ファッションは回転が早く、利益率も高いためだ。家電やスボーツ用品などの一部の商品で客を大型専門店に奪われ、その対抗上、女性衣料などの得意分野に特化する必要にも迫られている。ただ、ニうした百貨店の〃五十貨店化、〃三十貨店化〃には、「何でもあって買い物が楽しめてこそ百貨店。その役割を放棄している」という異論も出ている。(貞広貴志)

「役割放棄」と批判の声も

東京・新宿の小田急百貨店は今月初め、大規模な改装をした。紳士服などはすべて別館ハルクに移し、本館を「レティスファッションストア」に模様替えした。紳士売い場にも男女兼用で着られる衣料を並べるなど、徹底的な女性客シフトを取っている。「来客数の八割近くが女性。紳士モノでも購入の決定権は女性が握っている」(同百貨店)という現実に対応した動きだ。改装後の婦人服の売り上げは、前年比で約一五%もの高い伸びだという。こうした店舗づくりの走りは東京・有楽町西武。2年前の改装で全館を婦人衣料・雑貨のフロアに変えたところ、売り上げが急増した。この成功を受けて西武百貨店は「衣のいちばん」と呼んでいる女性衣料中心の店舗革新を、渋谷、札幌、富山などの各店でも進めた。三越も、10月にオープンした福岡店を「ファッション特化型の一号店」にした。来年八月からの銀座店改装でも、婦人服・雑貨の売り場をこれまでの四フロアから六フロアに増やす。もともと「フファッションの伊勢丹」をうたい文句にしている伊勢丹の場合、衣料品の売り上げ比率は全体の48.7%と、半分近くまで高まっている。日本百貨店協会によると、全国の百貨店売上総額に占める婦人服・洋品の割合は、細分統計を取り始めた79年の17.7%から96年には23.6%に伸びた。この間、対前年で1度もシェアが減ったことがないう。今後、構成比増が加速するのは確実だ。一方、女性ファッション特化の潮流に一線を画するのが、最大手の高島屋だ。田中辰郎社長は「百貨店全体の楽しさがなくなる。高島屋でもそうなつている店があり、役員会で警鐘を鳴らした」と語る。代わって高島屋が強化するのが、「住」「食」でも生活提案を示すこと。「多くの人が集う仕掛けをつくりたい(田中社長)」という。華やかな色の衣料品が、家電売り場や屋上の遊園地まで飲み込む「店舗革命は、成熟産業と言われて久しい百貨店業界の生き残り策でもある。これが将来の業績回復をもたらすのか、それとも顧客離れを招くのか、成否がはっきりするのにさほど時間はかからないだろう。

 

(2)専門店経営

●【専門店】福岡県庁のそばに昨年末オープンした「パピヨンプラザ」は、日本たばこ産業(JT)の工場跡地を再開発したショッピングセンター(SC)だ。東京ドームに匹敵する面積に、おもちゃのトイザらスや力−用品のオートバックスのほか、紳上服店など13店舗が軒を接して並び、マクドナルドとケンタッキーフライドチキンも同居している。「年間140万人の来客目標を2か月でクリア」(JT不動産部)した集客力に注目が集まっている。百貨店やスーパーを核とする従来のSCと異なり、「パワーセンター」とも呼ばれるこうしたSCは、低価格を武器に成長している大型専門店が「束」になっているのが強み。土、日曜日だけ生鮮品を販売する大型のディスカウント店「カウボーイ」(本社・札幌市)など、「パワーセンター」に積極的に出店することで急成長する企業も現れ、既存の大型店を脅かす存在になっている。一方、埼玉県大井町の東武東上線の新設駅「ふじみ野駅」の駅前商店街は、衣料なとのブランド品を低価格て提供するオフプライスストアで埋め尽くきれた。池袋から急行で二十五分のうえ、知名度の低い新設駅という不利な立地条件を補おうという戦略で、情報に敏感な若者を中心に、都心からも客が訪れている。

 

●低迷続く大手婦人服専門店 画一化に客遠のく  朝日 9−2−27(13)

 大手婦人服専門店の低迷が続いている。しにせの鈴屋が24日に和議申請し倒産したのをはじめ、大手のキャビンや鈴丹も、不採算店の閉鎖など大規模な合理化策を相次いで打ち出している。円高で海外ブランドが流入するなど競争が激しくなっているなかで、「独自色」を打ち出せずにいるのが苦戦の原因だ。婦人服専門業界はここ数年、米国のGAPなど欧米や香港などから、カジュァルブランドの進出が相次いでいる。東南アジアなどから安い商品を輸入する新規参入組も増える一方だ。大手婦人服専門店はこうした環境変化への対応が遅れた。バブル経済期に、店舗を決々に増やしチェーン化したが、その戦略が店の画一化につながった。大量生産で同一商品が多く、一時はブランド力で集まっていた10代から20代の女性の足も遠のいた。キャビンの売上高は1991年度の657億円が、95年度は426億円に、92年度は1,000億円を超えていた鈴丹も、712慮円まで落ち込んでいる。キャピンは昨年から、紳士服や雑貨、インテリァなどを一緒に扱う店を展開し始め、97年度中に不採算店舗を2割ほど滅らす計画。鈴丹も今後2年間で600店のうち、150店ほどを閉鎖する予定で、昨秋から主婦向け衣料を大幅に増やす戦略に切り替え、「時代にあった対応を考える」という。鈴屋も一時は約300店あった店舗を3分の1に減らし、外国人デザイナーによる新商品を投入するなどで再建に取り組む。商品企両などをアパレルに依存してきたので、対面販売で顧客の二−ズをつかめる強みを生かせなかった。「市場の変化のスピードは速くなっている。今後は商品力や企画力が市場の変化に追い付けるかどうかが勝負になる」(長銀総合研突所で流通業担当の寺中純子副主任研究員)といわれでおり、生き残りに向けて険しい道のりが続きそうだ。

 

(3)量販店経営

●【スーパー】

スーパーの起源(「スーパー」から包装革命(読売9−11−4 15面)

 1953年 東京・青山「紀ノ国屋」開店、わが国初のスーパーマーケット

  57年 大阪 「主婦の店ダイエー」オープン

   58年 東京・千住に「イトーヨーカ堂」1号店出店

スーパーマーケットの時代の幕が開けられた。

60年代 「包装革命の時代」と位置付けている。缶ビールの登場。

 郊外型専門店の安売り攻勢に、建築・運営コストがかかる既存の総合スーパー(GMS)は、価格競争に対応できなくなり、同じ郊外型立地でも、低コストの店舗展開に重点を移し始めている。ダイエーの生活必需品を中心にした低コストの安売り店「ハイパーマート」は、千台分以上の駐車場を備えた郊外型店舗が基本で、原則として平屋建ての売り場に商品を大量陳列、集中レーンを設けることで運営費用を抑えている。6月に開店した長野県・松本店で12店目。今後も年間5、6店舗のペースで出店する。ジャスコは、商圏人口が5−10万人と小規模の近隣型ショツピングセンター(NSC)の展開に意欲的だ。核店舗となる低コストのティスカウントストア(DS)の「メガマート」も生活必需品に絞り、新しい商品発注システムを取り入れるなどしている。

夏場のO−157の食中毒騒ぎや冷夏、暖冬で衣料品の売れ行き不振が響き、各社とも既存店の売り上げを落とした。ジャスコは、新規出店と不採算店の整理を積極的に進め、マイカルは、旧ニチイの店舗を専門店へ業態転換を進め、既存店の伸び悩みを補った。逆に、ダイエーは営業てこ入れのための人件費が増加し、経常利益が前期比97.6%減の6億円となった。株式の売却益で経常黒字を確保したが、「実質上の赤字決算」(中内功会長兼社長)となった。イトーヨー力堂は、衣料品の在庫を値下げ処分するなどし、経常利益は9年ぶりに700億円を割った。

●ダィエー「COO」廃止  中内潤副社長を降格

ダイエーの中内功会長兼社長は18日、行き過ぎた低コスト路線で失敗した大型量販店「ハイパーマート」など小売部門を統括していた長男、中内潤副社長を、同日付で事実上降格する組織変更と人事異動を発表した。会社全般の業務に責任を持つCOO(最高執行責任者)に潤氏が就任していたが、COOそのものを廃止し、指揮系統をCEO(最高経営責任者)の中内社長に一本化する。潤氏は副社長に専念する。また、82年にダイエーの経営強化のため迎えた日本楽器製造(現ヤマハ)の元社長、河島博副会長は、本人の希望で退任し、5月22日の株主総会で顧問に就任する。副会長は空席となる。

中内社長、続投宣言

中内社長は「指揮系続が一重だと、下の人が困る。(CEO・COO制は)日本では時期尚早だった」と理由を説明した。潤氏のCOO就任は、社長に就任するための地ならしとみられていたが、中内社長は「今までとあまり変わらないが、すべて私が責任を持つ。彼(潤副社長)はもう一度出直したほうがいい」と改めて続投を宣言した。これで、ダイエーの社長交代はかなり遠のいたとみられる。中内社長は、「ハイパーは私が作った。彼(潤氏)に責任があるといわれているが、私の言った通りしただけで、かわいそうだ」と潤氏をかばった。

 

(4)コンビニ経営

●【コンビニエンスストア】セブン−イレブン・ジャパンが、都内の繁華衛で実験展開している「EXPRESS(エキスブレス)」は、店舗面積が通常店舗の半分前後だが、商品数を通常店舗の三分の一程度に絞り、おにぎりやそうざいなどを中心に品ぞろえし、サラリーマンの昼食事情などにこたえている。同様に都心にミニ店舗を出店しているアップルマート(本社・東京都)では「面積当たりの売り上げは通常店舗より多いくらいだ」という。一方、独自に店舗展開をしてきたシーブイエスジャパン(本社、京都市)がミニストップとエリアフランチャイズ契約を結ぶなど、中小、中堅企業は大手との提携の動きも盛んになっている。

 

●セブン−イレブン 経常利益1,000億円突破 読売 9−4−18(9)

消費者ニーズ徹底追及 「売れ筋」絞り込み

 セブン−イレブン・ジャパンの97年2月期決算の経常利益が一千億円の大台に乗ったが、今年発表される決算で、経常利益が一干億円を超える上場企業はわずか20社前後の見通しで、コンビニがその〃ベスト20〃に仲間入りしそうだ。セブン−イレブンの経常利益はトヨタ、NTTなど大手企業には及ばないが、流通業界では断然トップだ。その高収益体質の秘密は、「石垣を積み重ねるように、消費者が望む商品を店頭にそろえ続けた」(鈴木敏文セブン−イレブン会長)徹底したマーケティングにある。(塩沢 拓也)

▼物流システム

収益を押し上げた最大の要因は新規出店だ。同業他社、スーパーなどとの競争激化で、都市部を中心に既存店の売上高は前年比2.1%の伸びにとどまった。その反面、店舗増加数は502店と過去最高の出店ペースだった。大規模小売店舗法(大店法)の規制緩和で、郊外型のショッピングセンターや安売り店が続々と登場したため、既存の小売店は地盤が徐々に弱まっており、コンビニへの業態変換を望む声が強い。そのため、「出店増だけを目指すなら、年間千店も可能」(鈴木敏文会長)という。しかし店舗の質にこだわり出店を抑えたので、出店数は半分にとどまった。今期も首都圏や大阪圏を中心に五百店を予定している。セブン‐イレブンは、店舗のない空白地帯だからといってむやみに出店しない。現在でも宮城県を除く東北地方、四国などの空白地帯は手をつけていない。品切れを起こさない物流ンステムを整えて、集中的に出店する高密度出店戦略を取っている。阪神大震災の時に、兵庫県、大阪府の同社の店がいち早く再開できたのも、非常時も想定した物流システムが整えられていたのが理由だ。

▼弁当仕入れ

売上高の約3割を占める弁当や総菜は天気、気温で売り上げが大きく変わる。こうした食品の仕入れを気象情報会社とタイアップして自動化したことも、収益に責献した。一般商店では、仕入れ量は店主の経験と勘に頼る。アルバイト店員が主なコンビニでは、その店の実態に合わせて弁当を仕入れるのは、悩みのタネだった。セブ‐イレブンは96年、気象情報会社のウエザーニュース(本社・東京都港区)の気象情報システムを導入。20キロ四方に区切った地域別気象情報と人間の感覚を基にした「体感指数」を取り入れて、仕入れを調整し、各店で品切れによる販売機会を逃すことや売れ残りを最小限に食い止めた。

▼POSシステム

 コンビニの強さの特徴は、スーパーや安売り店に比べ、売り場面積が小さいため、販売品目を「売れ筋」に絞り込んでいる点にある。各社はPOS(販売時点情報管理システム)などを導入、「どの年齢層の男女がどの店で、いつ、何を買ったか」をリアルタイムで集計、「品切れ防止」と「商品の売れ筋、売れない商品のしゆん別」を行っている。取扱品目は年々減少し、89年に平均3,110品目だったのが、94年には2,916品目となった。規制緩和も追い風だ。セブンーイレブンは昨年6月から切手やはがきの取り扱いを始めるなど、各店舗を「家の近くの便利な窓口」と位置づけニーズに合った品ぞろえを図る。「仕入れに情やしがらみがなく、結果で判断するドライさが、コンビニが客の二−ズをくみ取り、売り上げを伸ばす理由」と木下知己・日本総合研究所理事は分析する。

▼競争激化

コンビニ業界は大店法の規制の網にかからず、他の小売業にはなかった24時間営業、年中無休で、利便性を提供してきた。独身者や単身世帯の増加、女性の社会進出で、夜遅く帰宅する人たちの二−ズに適合し、売り上げを伸ばしてきた。こうした消費構造の変化を受けて、各チェーンとも出店意欲はおう盛だ。しかし、都心部を中心に店舗過剰の声も聞かれ、95年度は、セブン‐イレブンの既存店の売上高が初めて前年度を0.2%下回った。業態を超えた競争は激しくなる一方で、「コンビニのチェ−ン間でも格差は広がる」とする予測もある。

 

●個人店資産を有効活用  伊藤 元重 東大経済学部教授(談)

コンビニ業界の成長の背景には、いくつかの理由がある。まず、消費者にとって時間と場所の利便性があり、二−ズに合った点だ。先進国に共通するが、消費者は時間に追われている。ビール、おにぎりを買って電話料を払うとなると、酒屋、弁当屋、銀行へと足を運ばなければならないが、コンビニなら移動もせず、数分で済ますことが出来る。しかも夜でも可能だ。次にフランチャイズ制だ。酒屋、雑貨屋など元々あった個人店という資産を有効活用している。最後にPOSなどを利用し、アルバイトでも商品を発注できる仕組みを作り、物流に問屋を上手に使った点だ。セブン−イレブンは、当初からこうした取り組みを進め、最もイノベーティブ(革新的)だったといえる。出店ラツシュで、業界の競争は一層激化するだろう。今後、どんな品ぞろえをしていくかなど、他社との差別化をどう進めていくかが生き残りのカギになる。

 

通販の成功と現状

テレビショッピング競争激化 トラブルも多種に  読売 9−10−4(8)

テレビショッピング(通信販売)市場が急速な勢いで拡大している。日本テレビ放送網が2日からテレビ通販番組の放映を開始し、在京民放全局が参入したことになったほか、衛星放送も複数の専門チャンネルを開設した。多チャンネル時代を迎えて、1,700億円規模といわれるテレビ通販市場をめぐる販売競争が激しさを増している。日テレは米国大手の「ガシーレンカー」社制作の「ポシュレワールド通販SH0W」を、木、金、土曜日の午前4時台(首都圏)に放送する。主なターゲットを20歳代に絞り、健康器具などを紹介していく。日本のテレビショッピングの歴史は70年代に始まり、当初は短いスボット番組が主流だった。その後、94年夏からテレビ東京など全国28局が深夜帯に放映を始めた「テレコン・ワールド」によって市場が一気に拡大した。その後、民放各局はテレビ通販市場に次々に参入し、衛星放送「パーフェクTV」も五つの専用チャンネルを開設した。この結果、テレビ通販の市場規模は、93年度の900億円から96年度には1,700億円とほぽ倍増した。だが、市場の拡大に比例してトラブルも急増している。国民生活センターに寄せられた苦情や相談は、96年度で10年前の約2倍の743件に達した。クレームの内容はサイズ間違いなどの単純なものから「配達された商品が自分のイメージと違う」など多種多様だ。「限定品」「お買い得」など過剰に消費責をあおる番組の演出につられ、安易に購入に走る視聴者も多いようだ。このため、日本通信販売協会は日本民間放送連盟(民放連)の協力を得て、@商品の特性や返品条件を明示するA番組終了後6か月間は問い合わせの電話を残す−−などを定めたガイドラインを3月に作成し、業界のモラル向上に努めている。

 

通販、勢いに陰り 大手4社9月中間決算 セシール赤字転落   読売 9−12−2(10)

右肩上がりの成長を続けてきた通信販売市場の勢いに陰りが見え始めている。今年四月からの消費税率の引上げにより、最大の顧客層である主婦らの購買意欲が減退したことが主な原因だ。大手のセシール(本社・高松市)が九月中間決算で初の経常赤字に転落したほか、千趣会(本社・大阪市)も経常利益が前年同期比四九・四%減に落ち込んだ。カタログー冊で買い物が楽しめる手軽さが受け、毎年市場規模拡大してきた通販業界だが、ディスカウントストアなど他業態の攻勢も激しく、販売競争は厳しさを増している。九六年度(九六年四月−九七年三月)に過去最高の二千八十四億円の売り上げを記録したセシールは、九七年度上期の売上高が前年同期比九・八%減の八百五十七億円に落ち込んだ。「消費税率引上げ以降、OLや主婦の消費マインドが急速に冷え込んだ」(広報部)ためだ。台所用品や家具といった家庭用品や雑貨は好調を持続しているものの、各杜とも主力の衣料品の不振が響いている。日本通信販売協会(百貨店などを含む加盟二百九十六社)によると九○年度に一兆六千四百億円だっだ通販市場は、九六年度には二兆二千三百億円に拡大してきた。だが、大手通飯の商品構成が似通う傾向にあるため、「カタログの個性が発揮出来ず、頭打ちの兆候があった」(業界関係者)という。さらに、海外通販や国内の流通資本がアウトドアなどの売れ筋商品に照準を絞り、消費者への浸透を図りつつあることも、専業各社の業績の伸び悩みにつながっている。こうした中、二期連続で経常赤字が続いていた中堅のムトウ(本社・静岡県浜松市)が、カタログの統合や見直しで郵送費用などの経費削減を図り、今中間期は黒字に転換するなど、体質改善の動きも急だ。

通信販売大手4社の97年9月中間決算

   売上高         経常損益     税引き後損益

千趣会   886(4.3)     3(▼49.4)  1(▼53.7)

セシール  857(▼9.8)  ▼9(―――) ▼9(――)

ムトウ 304(▼1.0) 2(―――) 3(―――)

ベルーナ 253〈8.2) 12(12.6) 7( 27.6)

単位・億円、1000万円単位は切り捨て。

 かっこ内は前年同期比増減率で%、▼はマイナス、―は比敷できず。

 

 

 

 

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

12/7   9回    卸業経営のサクセスとクライシス

 

(1)アパレルメーカー経営 

1)VANの成功と失敗

1978年4月、ヴァン・ヂャケットが480億円の負債をもって倒産した。当時は1973年10月の第一次オイル・ショックの影響を受けて市場の不況感が強い折ではあったが、同社のもつVANというブランドは当時の若者に強く支持されていたのである。当時、VANはアメリカン・トラッド、JUNはヨーロピアン・カジュアルと若者の人気が二分されていたといえるだろう。その一方の雄がなぜ?それは、商品のつくりすぎと在庫コントロールの不在が主な原因であった。当時のヴァン・ヂャケットは事実上委託販売でありながら商品が小売店の店頭に納められた時点で売上げに計上していた。つまり、その商品が実際に売れたかどうかに関わりなく、売り場に商品が納められさえすれば売上げになってしまっていた。これでは、架空の売上げである。だから、シーズン未期に小売店の側から売れなかった商品が、ドーンと返品されて来ると、大きな見込み違いになってしまったのである。小売店の店頭にある末販売の自己の商品についての在庫コントロール能力不在を問われてもしかたのないことであった。一方、オンワード樫山の店頭在庫商品のコントロール手法はまったく違う。

 オンワード樫山が、売上げを計上するのは、商品が小売店の売り場に納められたときではなくて、その商品が実際に消費者の手に渡り、かつ代金が払われたときなのである。考え方として、オンワード樫山では、卸商でありながら、小売店のレジスターが音をひびかせたとき、初めて売上げを立てる。販売同時点実売管埋とでもいうべきであろう。それまで店頭にある商品は、オンワード樫山の帳簿では店頭在庫と記帳されている。同社の委託販売はこの商品の実売管理と結びついているからこそ、威力を発揮し、かつ成功してきているのである。昭和30年代は、この実売管埋の手法はほんのわずかな企業が取り入れていたにすぎないが、今日では、委託販売手法で百貨店に商品を納めている多くの有カアパレル製造卸商が取り入れているように見える。ただし、いまでも、商品を安易に百貨店に納める手段として委託販売しながら、シーズン末期に百貨店から返品を食らって『見込み違い』を喚く問屋がないわけではない。こういう問屋は実売管理をしていないわけである。委託販売は実売管理と結びつかぬと、卸商にとっては極めて危険な販売方法になるのだ。

2) 花咲の成功と失敗

帝人系のアパレルメーカーの株式会社花咲は婦人服の営業で急成長して、婦人服アパレルメーカーとして成功したが、実売管理をとらず、売れ残り負担のため、倒産した。倒産時の負債の処理は極めて良心的で、外注縫製工場への支払いは行われたので、縫製工場の関連倒産はなかった。

3)タキヒョウの成功と失敗

名古屋で繊維御三家の一つといわれたタキショウは繊維製品とアパレルを扱う商社として成長してきたが、実売管理を行わず、作り過ぎが原因で倒産した。後の経営は東海銀行が引き受けて、再建した。タキヒョウビルは名古屋で最初の25階建ての高層ビルであった。

4)中央繊維興業の成功と失敗

紳士服メーカーの大手に成長し、成功を収めたが、2代目社長の時代に作り過ぎが原因で倒産した。社長の健康も思わしくなかった。

 

(2)自家工場を持つアパレルメーカー経営

自家工場を持つアパレルメーカーは紳士服、ワイシャツ、ニットウエアなどでは多くがそうであり、婦人服では多くが持たない。総合アパレルメーカーでは、婦人服にも自家工場を持つところがある。レナウン、三陽商会、東京スタイル、ワールドなどが自家工場を持つ。しかし、生産の大きな部分は外注縫製工場に依存している。従って、その経営は卸商の経営と縫製工場の経営が行われることになる。自家工場は品質管理の上から必要と見られた。メルボ紳士服工業社のように紳士服商が紳士服縫製工場を吸収して自家工場を設けた例もある。レナウン社は紳士服部門として大阪の錦紳士服工場を吸収して、ダーバン社を起こしたという例もある。縫製のノウハウを手に入れても、需要の繁閑に対して対策が重要となる。このため、自家工場は年中稼働できる規模に押さえ、繁期には外注工場へ委託縫製して賄うようにするのである。

●レナウン 英老舗アパレル「アクアスキュータム」に社長派遣  日経 9−4−7(19)

 レナウンは九〇年に約百九十億円手を投じて買収した英老舗アパレル、アクアスキュータム(ロンドン)

に社長を派遣する。リストラ(事業の再構築)を進めてきたが赤字が続いているため、本社から経営幹部を派遣して経営の建て直しを進める。新社長は田中二郎氏。九〇年から約五年間アクアスキュータムに出向経験があり、三月末までレナウンの商品戦略開発倶部長を務めていた。アクアスキュータムの衣料品販売は、レナウンが手がける日本では順調だが、北米やアジアへの展開が軌道に乗っていなかった。レナウンは九三年にスカウトしたジェームズ・A・パウ氏を社長に迎え、カナダ工場の閉鎖やロンドン本店の改装などリストラを進めたが、赤字脱却が遅れていた。今年中にも経営黒字化を目指す。9年10月始めの株価は130円という厳しさであった。

 

(3)下請け工場によるアパレルメーカー経営

オンワード樫山 オンワード業績  日経 9−3−29(15)

オンワード前期(2月期)16%増益で190億、売り上げ1830億円、紳士服好調、婦人服主力ブランド(組曲など)など中心に伸びた。設立50周年記念配当1.5円増し、年18円配当としている。9年10月始めの株価は1720円であった。

オンワード樫山は自家工場を持たない、全量外注縫製のアパレルメーカーである。紳士服を主体に、婦人服、子供服、和装、美術宝飾にまたがる大手総合アパレルであり、紳士服売り上げは年商1200億円で、この業界のトップの座にある。主力ブランドは「Jプレス」「マッケンジー」(メンズ)、「スウィーヴィー」「組曲」「23区」「ICB」(レディス)など、生活文化産業として別法人で多数の企業グループをもつ。

 

アパレルメーカーの下請け縫製工場は、系列工場(安定した発注先としての縫製工場)とスポット工場(繁忙期にスポット的に発注する縫製工場)とがある。工場は年間を通じて、縫製できるようにすることが大切であり、これは生産の平準化といわれる。紳士服では、年間を通じて、冬、あい、夏ものの違いはあるが、品種(紳士服)には変わりなく縫製できる。紳士服の繁忙期は、春の新入社員の時期や、サラリーマンのボーナス時期であり、中元、歳暮の商戦に重なる。これ以外の時期は閑散期で、この間に礼服などを縫製して、生産の平準化を行っていた。ワイシャツも同様で、夏の半袖、その他の季節では長袖となるが、製品の種類は年間安定している。この点、婦人服では年間の安定生産は難しい。コートの縫製を年間通じて行いたいが、アパレルメーカーから発注がない。ブラウスにしても、同様である。このため、コートの工場がドレスを縫製したり、ブラウスの工場がジャケットを縫製したりして、生産の平準化を図っている。それでも系列工場では安定生産がややしやすく、スポット工場では多品種少量の注文を受けなければならない。

縫製工場の厳しさは、次のような縫製業界団体の発表のように深刻である。未曾有の長期不況と景気低迷に加え、海外生産シフト化の進展、円高並び規制緩和策を反映し、海外からの低廉なアパレル製品の市場攪乱的輸入急増などにより国内生産の激減並びに加工賃の大幅ダウン及び受注対応や価格面で過当競争が発生するなど、国内アパレル縫製企業の経営は大きく圧迫され、70%を超える工場が水面下の経営を余儀なくされ、転廃業が顕在化している。現状のまま推移したならば国内縫製産業の空洞化が避けられない状況にあるという。平成7年までの衣服製造業の事業所数と従業員数のグラフは、いよいよ下降を示すに至った。これに応じて、ミシン製造業の事業所数と従業員数もグラフのように下降している。

 

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論

12/14  10回    縫製工場経営のサクセスとクライシス

 

(1)織物系縫製工場経営

織物系縫製工場で、仕立て技能で進んでいたのは紳士服縫製である。工場制で能率を高める縫製は足袋工場が進んでいた。欧米でも婦人服が紳士服の仕立てを取り入れようとしていたというが、パリのシャネルもオートクチュールの店を開く前、ロンドンに行って紳士服の仕立てを習ったといわれる。世界的にも紳士服縫製は「ロンドンのセービルロー」(現在は衰退しているが)が背広の語源ともいわれて、テーラードスーツとして紳士服仕立ての本山とされてきた。ニューヨークのガーメントセンターはアパレル業者の集まりの地区であるが、名門紳士服企業26社が消えてしまった。また、大量販売でアメリカ全土に紳士服店を開いたジョージア・リッチモンドの「フリードマン・マックス」社は作り過ぎとなって倒産した。

紳士服の伝統的な構成(構造)を変革して、従来のテーラードスーツを現代のスーツに生まれ変わらせようと、ノン・スーツが打ち出された。これはスーツでないスーツ、いわゆる背広型のテーラードスーツではない、ブルゾンやシャツなどのトップに、同じ素材のボトムを合わせた上下服のことで、背広型のデザインでも、芯がなかったり、裏地などを無視して仕立てられたものをいう。

また、ドイツでは新しい紳士服仕立て法として、新素材を取り入れ、縫製工程を短縮し(芯据えは接着芯地による、しつけをしない、手作業を少なくするなど)、マシンメードにより縫製を進める「エンジニアードスーツ」を研究し、ブリゼイ・テクニカ社などにより広められている。

パリでは従来からの仕立て法を変える「無構造仕立て、非構造仕立て(アンコンストラクテッド)」が実施されており、これは裏地、芯地、パッドといったテーラード・アパレル(重衣料)には欠かすことのできなかった部分を極力省略し、あるいは全く排除して仕立てる式のものである。フランス語で、無構造仕立てのことを「サン・クチュール」、非構造仕立てのことを「アン・クチュール」と呼んでいる。サン・クチュールはサン=なし、クチュール=仕立縫製のことで、仕立てのない、縫い目のない服(無縫製)を指している。

ミラノでも、長年パリの生産基地としてアパレルの縫製を行ってきたので、パリのサン・クチュールの考え方も浸透して、イタリアン・テーストのソフトスーツにも取り入れられている。

●日本では自動縫製システムの開発研究が行われた。ここでもスーツの手作業をマシンメードとして自動化する技術が研究されたのである。

 

(2)ニット系縫製工場経営

ニットを外衣に取り入れたのは、シャネルであり、ジャージーのシャネルスーツは有名である。ニットは「莫大小」、「メリヤス」と呼ばれて、セーターや靴下、手袋などに編み立てられた。それが昭和50年以降、ファィンケージニットの出現により、カット・アンド・ソーと呼ばれるニット縫製が普及した。ニット縫製工場には、ニット生地工場が縫製に乗り出したものと、ニットの縫製だけを行う下請け縫製工場とがある。前者ではニット編み立て機械を設置して、ニット生地から生産し、縫製してニットウエアを生産するが、後者は織物系縫製工場と同じように生地が支給されて縫製のみの加工を行う。ニット系縫製工場の経営の問題は、高額なニッティングマシンの設備投資に関してである。また、どのような生地をデザインするかは、商品企画であり、マーチャンダイジングの領域で、技術的にはテキスタイルデザインの仕事である。そしてニットアパレルの縫製にはアパレルデザインが重要である。これに対して、縫製加工のみの工場では、生地のデザインもアパレルのデザインも必要とされない。発注元のアパレルメーカーで商品企画、アパレルデザイン、生地の選定などが行われ、生地が支給され、アパレルメーカーよりの縫製仕様書・パターンなどにより縫製が行われるためである。

●横編みニット製品の「サン・クチュール」では、無縫製横編み機が開発され、裁断や縫製を行う必要がない、糸から直接編み上げて、セーターやベストが編み上げられるようになった。工程の簡素化、資材の節減に加えて、身頃の両脇や袖下に縫い目がないので、ゴロつき感のない着心地のよいニット製品となる。

 

(3)縫製工場経営の現状と打開策

I.アパレル産業の現状

 アパレル産業は、1850年代のファッションデザイナー並びにミシンの登場から出発して、近年のアパレルCAD,CAMや自動縫製の出現まで時代と共に著しい変遷を示してきた。素材も天然繊維から化学繊維・合成繊維が開発され、最近では新合繊と呼ばれる繊維も登場した。これらの変遷を次の図に示す。このように、縫製技術や素材面では目覚ましい進歩を遂げているにもかかわらす、アパレル産業の現状は望ましい姿から大きく偏っている。産業としての過去を引きずり、真に行うべきことが行われずに、繊維産業の衰退を追って、低迷から縮小に転じる恐れも生じてきている。アパレルとしての価格も国内の価格破壊に巻き込まれて低落し、アパレル生産の付加価値労働生産性はわが国工業22業種中の最下位に落ち込み1)、労働集約業種でありながら労働条件も最低水準に取り残されている。要するにアパレル産業の現状は最低の位置にあり、魅力のない産業となってしまった。アパレル産業の現状を見つめ直し、どのような原因でこのような状態に至ったのが明らかにすることが今後のアパレル産業の活性化には、不可欠のことである。

1・1 生活者とアパレル産業

1.1.1 消費動向の変化

 現在の生活者は、アパレル製品の品質に対して高い満足度を持っているわけではない。品質の定義は「品物またはサーピスが使用目的を満たしているがどうかを決定するための評価の対象となる固有の性質・性能の全体となっているが、ここで使用目的の満足に関して、品質は「必要品質」と「充分品質」とがあると考えると、必要品質の水準に対して、充分品質は必ずしも高い水準にはない。必要品質は「要る、要らない」で判断されるもので、充分品質は「好き、嫌い」で判断されるものとして分けられる。生活者の品質感が充分品質に移行している時代の変化に繊維・アパレル産業は充分対応していないない。また、生活者の動向はバプル崩壊を境に大きく変化した。すなわち、バブル景気を背景に、ブランド信仰,高額尊重がまかり通ったが、バブル崩壊により消費性向はブランド.高額品離れから、低価格志向に一転し、市場は価格破境ブームとなってた。不況は底を脱して、回復の期待が持たれ始めたが、アパレルに関しては、単なる安売りでは消資者は購買行動を起こさなくなっている。アメリカでも余計な物を持たないシンプルな生活を自主的に行っている人が増えていると言われているが、こうした人の消費態度は、趣味に合わなければいくら安くても買わず、欲しい物があれば、価値と価格の兼ね合いで買うといった購買行動を取る。生活者は衣生活に関してチープシックの方に向いており、感性的価値と価格の両面に敏感になっており、各生活者に対応した商品の多様化に対する欲求が強まっている。それに対して、低価格でしか対応できていないのがアパレル産業の現状である。さらに詳細な現状と対策について、別紙プリントを参照のこと。

 

縫製の工程短縮・省人化のために、アパレルデザインでのシンプル化、縫製でのサン・クチュール、エンジニアード縫製法、自動縫製システムによる省工程・自動化、ニット縫製でのリンキングの自動化研究、ヨコ編み機による無縫製自動編み立て装置の開発などが行われている。

 

 

世界水泳選手権の日本代表団に「スーパーフラットプレス」製法の水着採用 織研,〔97・12・i0(4)]ミズノは世界水泳選手権で日本選手団が着る水着に、縫い目に糸を使わず、熱処理で圧着させる「スーパーフラットプレス」製法を採用。同製法を利用した競泳水着は初めてとのこと。糸や生地の折り返しが不要になったことで、従来品に比べて総重量が8%軽くなる。また圧着部分がさらに平らとなるためフィット性が高まり、水着全体が受ける全抵抗の1.2%を削減する。同商品のレプリカモデル(複製品)を98年4月より市販予定。

 

シック シンプル 仕事服 真面目な仕事にカジュアルドレス (CHIC SIMPLE WORK CLOTHES casual dress for serious work by KIM JOHNSON GROSS,,JEFF STONE[彼らはニューヨークSOHOにシックシンブルデザイン会社をもつ] , 協力者のROBERT TARDIOはリーバイスやイッセイ・ミヤケで働いている、出版はTHAMES AND HUDSON ,30 Bloomsbury Street,London, 杉並図書館の”59C”)

 仕事服は、新しい会社のカジュアルドレスとして制定することで、どのように生き残り、繁栄すらももたらすかを示している。

 今日の常に変化する仕事場として財政的、技術的、サービス、小売り、またはデザインの職場では、仕事のために適切な服を着ることは、かってより一層重要となっている。

 シック シンプルな仕事服は、男性にも女性にもワードローブのRE-ENGINEERINGに:audit(監査する)、dejunk(廃棄しない)そしてreinvest(再投資する)という3つの主要段階があることを教えることによって、新しい作業環境のための完全なワードローブをクリエートするのに役立つ。

 それは、伝統の会社スーツなしで尊敬を起こさせる方法をあなたに示す。

 シック シンプルな仕事服は、もっとリラックスなドレス環境と一体となって、ビジネス、および個人の両方に利益をもたらすことを立証する。

 この本は、あなたのカジュアルオプション(選択)を実現させるものである。

 その上に、どうにあるかを学ぶ:

●あなたのニーズにあわせた色とパターンを使いなさい。

●ネクタイやヒールを身につけないで、ドレスアップしなさい。

●適切に控え目なアクセサリーを選んであげなさい。

●出張のために完全なワードロープをパックしなさい。

 シック シンプルの仕事服は、あなたが最小の時間と費用であなたのルックに対して新しい改善をするのを手伝うことができる。

 それは、実際的な応急手当の章とソース(資材・付属)の国際的ディレクトリ(名簿)を含んでいる。

 オフィスのため、および買い物をするための持ち歩くハンドブックのような価値があるリファレンスである−現実の生活のための現実のデザインとして。

 シック シンプル

 あなたは、知れば知るほど、必要とするものが少なくなる。

 

 WORK CLOTHES SHOWS HOW TO SURVIVE AND EVEN FLOURISH WITH THE NEW CORPORATE CASUAL DRESS CODE.

 IN today's ever-changing work place - financial, technological, service, retail or design - it's more important than ever to dress appropriately for the job.

 Chic Simple Work Clothes help men and women create the perfect wardrobe for the new working environment by teaching the three key steps to wardrobe RE-ENGINEERING: audit,dejunk and reinvest.

 It shows you how to command respect without the traditional CORPORATE suits.

 Chic Simple Work Clothes examines the benefits to both business and the individual in incorporating a more RELAXED dress environment.

 This book makes you realize your casual options.

 In addition, learn how to:

 USE COLOUR AND PATTERN TO SUIT YOUR NEEDS

 DRESS UP WITHOUT PUTTING ON A TIE - OR HEELS

 CHOOSE THE RIGHT LOW-KEY ACCESSORIES

 PACK THE PERFECT WARDROBE FOR A BUSINESS TRIP

 Chic Simple Work Clothes can help you revamp your look with a minimum of time and expense.

 It contains a practical first-aid section and an international directory of sources.

 A valuable reference for the office and as a take-along handbook for shopping - real design for real life.

 Chic Simple

 The more you know, the less you need.

目次に戻る 

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

1/11  11回  ファッションアパレル経営の基礎業務

 

(1)ファッションデザイン

ファッションビジネスは、そのデザインを創造するデザイナーに支えられている。世界のファッショントレンドの震源地は、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、東京、マドリード。主なデザイナーも、その六大都市を中心に活動している。

なかでもパリは、創造性の高いトレンドを発信する地として世界中の注目を集めているため、年々デザイナーが集中しつつある。が、各都市ごとにそれぞれの文化や経済、客層などが反映され、特徴のあるファッションが提案されていることから、ここでは都市別に世界的デザイナーを挙げてみた。まず、パリ。シャープなカッティングと造形的なフォルムを得意とするクロード・モンタナを始め、クラシシズム(古典主義)と完成度の高いアヴァンギャルドを融合させた茶目っけのあるコレクションで喝采を浴びるジヤンポール・ゴルチエ。また、歯切れの良いデザインや色使い、官能的な表現で老舗シャネルを若々しく甦らせたカール・ラガーフェルドや、絢爛豪華な装飾を用いながらもコケティッシュさをもつクリスチヤン・ラクロア、なで肩シルエットの創始者ロメオ・ジリやボディコン(シャツ)ブームの火つけ役となったアズデイン・アライアの評価も高い。ほかに皮膚感覚の服づくりをするヘムルート・ラング、近未来的シルエットのティエリー・ミユグレー、ニットの女王ソニア・リキエル、個性的なフォークロア調のケンゾーなどもパリ組だ。

一方、ミラノは素材や仕立ての良さを重視したビジネス本位の着やすい服がメーン。代表的デザイナーはいわゆる〃3G〃の大御所たち。〃アルマーニ現象〃も記憶に新しいジョルジオ・アルマーニは、高級感のあるソフトな素材使いと洗練されたシルエットにより「テーラードスーツの達人」といわれる。大胆な柄や配色使い、モダンなカッティングで、最近オシャレな0L御用達ブランドともなっているジャンニ・ヴェルサーチ(射殺された)。ジャンフランコ・フェレは建築家出身だけに計算された構築的なラインに定評がある。

ロンドンは、ストリート・ファッションを基調にメッセージ性の強いアヴァンギャルド・ファッションを展開するキャサリン・ハムネツトやヴィヴィアン・ウエストウッドがいる。

ニューョークはトレンドをほど良くこなしたキャリア服を得意とする。アメリカン・トラッドのラルフ・ロ−レン、カルバン・クライン、エグゼクティブ・キヤリア向けのダナ・キャラン、アメリカン・カジュアルを世界に広めたジエフリー・ビーンなど。’98春夏ニューヨークコレクションで出品のデザイナーとしては、ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、シンシア・ローリー、アイザック・ミズヒラ、ヨシユキ・コニシ、アナ・スイなどが紹介された(ファッション通信、テレビ東京 10−1−12 午後10時〜)。

マドリードでは優しいフォルムや、澄んだ色使いが特徴的なヘスス・デル・ポソがナンバーワン。

日本を拠点にした世界的なデザイナーは、1枚の布と人体の関係を動きのあるデザインに昇華させ、最近ではプリーツ手法でも話題となった三宅一生。黒を基調にオリジナリティ豊かなフォルムやカッティング、素材使いにより既成概念の破壊を試みる山本耀司と川久保玲。森英恵はただ一人、パリオートクチュール・コレクションに参加している。

 

デザイナーの資質・能力は、次のように示される。(ファッション産業人材育成懇談会報告より)

基本的能力:創造力、自己表現力、情報収集力、自己開発力

業務遂行能力:ファッション情報分析力、商品知識、商品コンセプト提案力

デザイナー資質:ファッション感覚、デッサン力、色彩感覚、造形能力、対トレンド感覚、繊維素材知識、        モード史の知識、ファッションビジネスの知識

デザイナーとして活躍するには、ここに上げられた能力を高めることが望まれる。

 

(2)商品企画

アパレル(衣服)は、糸・綿から始まる物づくりの最終段階であり、その出来映えがすべての価値を決めてしまう。どんなに優れた糸や織物でも、服としての価値がなければ、その良さは失われてしまう。このアパレルの物づくりを担っているのが、マーチャンダイザ・商品企画マンである。マーチャンダイザの仕事の範囲は、素材の選択や数量決め、工場への発注、生産状況の把握、売れ行さの把握、追加生産の判断など、非常に広い。しかしその仕事の中心は、「何が売れるか」をつかみ、次には「どのようにつくるか」を考え、そして「どれだけ市場に投入するか」を決めることである。このなかで、核心は売れる物をつくることであり、これが優秀なマーチャンダイザの第一条件である。かつて1960年代初頭に、合繊メーカーが〃シャーベットトーン〃のキャンペーン(宣伝)を行ない、合繊を大いに流行させたことがある。また1970年代には、紳士服メーカーのダーバンが、フランスの俳優アラン・ドロンをキャラクターに使って、ヤングエグゼクティブ狙いのビジネススーツを大ヒットさせたことがある。これらのヒット商品を生み出す背景には、確かな物づくりと同時に「何が売れるか」を先見的に見通す商品企画マンがいた。その後、ナショナルブランドの代名詞ともなったミッシーカジュアル5大ブランド(アデンダ・ジェーンモア・バンベール・レポルテ・コレット)、数百億円の市場売上げ規模をもつライセンスブランドのバーバリー(三陽商会)、さらにDCブランド、インポートブランドなどは、いずれも大ヒット商品である。これらは、その時代の二−ズを読み取り、いち速く商品化したことが成功の要因である。こうしたヒット商品を生み出すには、何よりも市場動向を把握することが大切である。アパレル企業には、市場調査を主に担当するマーケティング部門を置くところもあるが、多くはマーチャンダイザ、商品企画マンが行なっている。前シーズンの結果や売り場(百貨店、専門店など)の担当者などとの話合いも、重要な情報源である。物づくりに当たっては、素材やカラー情報の占める位置は大きい。そのためマーチャンダイザは、年2シーズン(春夏、秋冬)に分けて開かれる素材展、たとえばパリのプルミエール・ビジョン、独・フランクフルトのインター・ストツフ、あるいは国内の京都スコープ、東京プレテックスには必ず出掛けて、企画立案の参考にする。

 

(3)生産計画・生産手配

生産統括部では、マーチャンダイザの企画した商品を縫製工場へ発注し、展示会用にサンプルをつくり、展示会後は数量発注する。そのために素材(生地)や副資材(ボタンなど)も発注し、納期どおりに商品ができるように生産手配を行う。紳士服生産では、「オウシマボテイネ」という言葉で、資材を揃えるようにしたという。オ…表地、ウ…裏地、シ…芯、マ…増芯、ボ…ボタン、テ…テープ、イ…糸、ネ…ネームである。発注した商品の品番別、納品場所別の納期指定を行う。完成品の入荷指示を行い、入荷のコントロールを行う。実生産で、当初の計画と違ってくると、その調整や追加生産といった仕事も出てくる。これら一切の仕事が、生産統括部の担当であり、その成否が企業の業績を左右する重要な仕事である。

 

(4)生産管理

縫製工場での生産管理は、アパレルメーカーからの注文の縫製を支障なく進めるために必要のものである。縫製の支障となるのは、縫製企画、仕様についてのトラブルが多い。縫製に入る前にこれらをチェックすることが大事となる。縫製指図書は、縫製の枚数(内訳として色柄別、サイズ別、原反別)とその単価、および納期が示される。これに基づいて裁断計画、縫製計画を立案する。これには工数計画が必要で、原価見積もりと納期算定に用いられる。工数計画の手順は次のように示される。

 

パターンによる構成の分析 → 縫製工程表の作成 → 時間研究 → 工程分析、生産目標設定→

 

標準時間による工程配分 → 人員配置、工程編成 → 機械レイアウト

 

生産計画として、裁断計画は、日程と手順計画(全体の手順、工数計画、裁断計画)が行われる。

 

裁断計画 → 延反 → マーキング(型入れ) → 裁断 → 仕分け → 芯接着

 

●型入れでは、用尺ロスのないように

●裁断では、パターンに正確に切断する

 

 縫製計画縫製工程の日程計画(裁断、縫製、まとめ・検査、仕上げプレス)のように行われる。

 

縫製工数計画 → 縫製システム設定 → 工程編成・レイアウト → 縫製前工程 → パーツ縫製 → 組立縫製

 

●縫製前工程では、生地の安定化を

●縫製では、人件費のロスのないように、仕立て映えをよく

 

(5)販売管理

アパレルメーカーの営業マン(セールスマン)は通常、消費者と直接接しない。専門店対象のビジネスならば、定期的に専門店を回って店頭での売れ行きを調査し、その過不足を調整する。店主との情報交換も大切な仕事である。また、百貨店とか直営店、FC(フランチャイズチェーン)店対象ならば、店頭の第一線で働くFA(ファッションアドバイザ)を指揮・監督して数字目標を達成するのが、第一の仕事である。しかしこれだけでは、本当に優秀な営業マンとはいえない。商品の価値が、そのとおりに実現するのは最終の消費者に渡ったときである。営業マンの役割は、まさに価値の〃最終的な実現者〃であり、アパレルビジネスのアンカーである。しかも、消費者と最も近い部署で仕事をしており、その情報は市場の動きそのものである。優秀な営業マンは、FAとともに店頭の動さを掌握し、その情報から次の商品企画のヒントをマーチャンダイザやデザイナーに伝えることのできるプロフェツショナルである。そうした企画までこなせる営業マンを、アパレルメーカーはいま求めている。

●販売部

企画された商品の販売計画を立案し、売場確保に努めながら完売を目指す。また、店頭での消化率アップのため、販促活動やFAの教育、激励を行う

●ファッションアドバイザー

店頭(主に百貨店)で、商品を販売する専門職のこと。

●ファッションコンサルタント

得意先への販売活動、および売場演出などの販促活動を行う専門職のこと。

 

(6)縫製工場経営のポイント

縫製工場の経営のポイントを「ナツトオ」として表している。

ナ…うまく流すこと(縫製ラインと進捗) ロスが生じないように流れ作業を行う。

ツ…うまく作ること(腕前と品質管理) 不良が生じないように品質管理する

ト…うまく取ること(営業力) 生産の平準化を満たすように注文を取ること

オ…うまく起こすこと(創造力) マンネリを破るクリエーションにより顧客満足度を高める

目次に戻る

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

1/18  12回   経営のリスク論

 

商品の生産販売に当たって、二種のリスクがあると指摘される。それは

          ┌ 品切れのリスク(機会損失を結果する)

販売リスク ──┤

          └ 売り残りのリスク(値引き処分の損失を結果する)

販売でのリスクとムダ

大量生産ではまとめて大量に生産することが原価を安くできると考えて、充分に品揃えし、これによって品切れのリスクをなくしている。もし品切れを生じるとこれを機会損失というが、品切れのため売れる機会に売れないための損失である。モノ詰まり時代には通用したこの生産の考え方も、モノ余り時代となって売れ残りのリスクが多くなった。

 

(1)売れ残りリスク

特にファッション製品は多様化、個性化の消費動向で、作りすぎると、大量の売れ残りを生じる。この売れ残りは「半値、八掛け、五割引」といわれるように値引き(マークダウン)されて特売(バーゲン・セール)品にされ、「それでも売れ残れば、焼捨てる」という処分となる。値引きそのものも損失であり大きなムダだが、地球環境の汚染や地球資源の枯渇がそれほど心配されなかった時代には、通用した生産の進め方も、生産が拡大し、世界人口が爆発的な現状では、方向転換が迫られている。作りすぎは資源の浪費であるばかりでなく、売れ残りの結果は焼却により二酸化炭素を排出して公害となり、地球環境を温暖化するので、今後の生産のあり方として社会的に許されない。品切れ(ソルド・アウト)というのは、企業の生産の計画の失敗であり、利益を生む機会を潰して企業の存続を危うくするリスクとなるが、売れ残りは値引き損(マークダウン・ロス)を起こし、付加価値を大きく減じ、企業の存続を難しくしており、さらにそれを焼却すると公害を発生し、貴重な地球資源をムダ使いして、人間社会の中で生き残れなくなるリスクとなる。このようなリスクは、生産のムダを招来するものであるが、リスクを起こさないような販売生産とすれば、なんと素晴らしい産業とすることができることか。パリでは、以前よりパリ市役所(オテル・ド・パリ)内にソルド委員会が設けられて、ソルド(値引き特売)を取り締まっていた。よく考えてみると、究極の生産とは、売り切れもなく、売れ残りもないように生産することである。そして生産管理はこのような方向を示す役割を持つものでなくてはならない。

 

(2)生産のリスク

生産でのリスクとムダ

生産で一番のムダは生産しようとして、材料や部品が揃わないで作業者が手待ちとなることである。作業者の人数が揃わなくても、生産がうまく行えない。今日の生産は分業による流れ作業であり、材料や人、機械が揃わなかったり、充分でないと、手待ちを生じて流れが止まってしまう。生産では流れが止まっては、仕上がらないから工場として大変な損害となり、一番大きなムダとなる。これを手待ちのリスクという。このため、手待ちとならないように、材料や部品を充分に在庫するようになった。しかし、これが工場の作りすぎの慢性疾患にかかる原因となった。そこで無在庫経営という考え方が生まれた。これには先ず正確な生産計画と迅速な計画立案が伴わなくてはならない。生産で流れが止まるというのは、その作業においてその時刻の作業に必要な材料、部品が揃っていればよいわけで、それをカンバンで示せば、カンバンの指示にしたがって、その時刻その時刻の材料、部品を揃えれば、手待ちは発生せず、流れ作業は止まらないという理論である。従って、大量の在庫品は必要でない。しかし、刻々の生産計画が精密に行われないと、材料、部品の手配洩れなどで流れが止まってしまう。この問題に対して、生産計画へのコンピュータシステムがこの要求に対応した。以前に流れを止めないために材料、部品の在庫が重要といわれた生産管理は、その時刻の流れ作業に必要でない在庫はなくても、流れは止まらないことを知った。むしろ、余分な在庫を持つことは、肥満体質の生産として健康な経営体と見られなくなっている。つまり、過剰在庫はムダとなった。

 

(3)ノーリスク経営とは

リスクの対策

アパレル産業として商品展開に当り、この二種のリスクに対し、どのように対策するかは重要な問題である。従って、このような観点からの生産のあり方としては、実需対応型生産供給が打ち出された。その実現には、次のような観点を考えることが求められよう。すなわち、

A)品切れ対策は、「迅速生産」で「フォローする」こと

B)売れ残り対策は、「作りすぎない生産」で、「最小限の在庫」とすること

ここでの対策は、既製服生産が見込み生産でなく、オーダーメードのようにならないかということ。先行の生産方式にイージーオーダーメードが行われている。そしてこれらのオーダーメードも迅速生産できないかということである。ここで品切れ防止には幅広い品揃えを要し、このため展示サンプルは多様なデザインを少量サンプルメーキングし、本番で売れ筋を迅速リピート生産するということである。パリのアートクチュールでは、そのコレクションで多数の作品を発表するが、それらがすべて生産されるわけではない。生産されるのは、プレタポルテとしてであり、大量に販売するのには世界中に輸出するようにする。日本のように国内だけで販売するには、商品供給のあり方を最小限在庫のリピート生産に誘導し、ハイテクの迅速生産でフォローする。多頻度少量配送は交通事情や排ガス公害から運送方法を工夫し、このため在庫も無在庫より最小限在庫へと調整する。このように生産を見る目は、生産の全体にわたってその存続を可能とするように、リスクを防ぎ、ムダを発生しないように向けられなければならない。もし他の工場がムダを省くことを行っているのに、自工場がムダをそのままにしていれば、これも一種の機会損失となる。生産を全体的にみるために、生産における指標として「顧客満足度」「従業貴満足度」「地球環境満足度」の3つを念頭とすることが必要とされるようになってきた。これらの満足度を高めるためにも、生産のムダを温存したままにはできない。大量生産での作りすぎのムダを省くことは、顧客の欲しくない製品を作らないことであり、実需対応型生産に移行することで顧客のための生産となって行くことであり、売れ残りの値引き損での付加価値の減少をなくして従業員にとって仕事量や待遇の上でよい条件をもたすことであり、残品焼却をなくして地球環境の汚染を防止することで、「顧客満足度」「従業員満足度」「地球環境満足度」の3つの指標を矛盾なく高めることができる。

 

4)実需対応型生産の美現法

迅速に生産し、かつ作り過ぎないために、実需対応型生産とならなければならない。このために現在の生産にハイテクをどう使うか。次のようになるのではないだろうかと考えている。

A)生産手配の的確迅速化にコンピュータ生産管理を使う

B)パターン作成にアパレルCADを使う

C)裁断にCAMを使う

D)縫製の流しは少量(アメリカではユニットという)づつ行う(ハンガーシステムで1枚づつ流すなど)

E)品種切り替えには単能工・単工程・分業専門ではなく、多能工化して、多工程持ちとする

F)アパレルマシンはフレキシビリティの高い自動機とする

G)情報ネットワークはPOSとの連動で売れる商品を売れる量だけ生産するように縫製のクィック・レスボンスとリンケージする

5)リードタイムの最短化による迅速生産

アパレルにおける商品企画から縫製、出荷に至るまでのリードタイム最短化による迅速生産システムはどんなものであろうか。考察の結果次頁の表に示した。

[事例]

セブン−エレブンは、仕入れを調整し、各店で品切れによる販売機会を逃すことや、売れ残りを最小限に食い止めた。その高収益体質の秘密は、「石垣を積み重ねるように、消費者が望む商品を店頭にそろえ続けた」(鈴木敏文セブン−イレブン会長)徹底したマーケティングにある。セブン−イレブン・ジャパンの九七年二月期決算の経常利益が一千億円の大台に乗った。

目次に戻る

 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

1/25   13回  付加価値とプライシング

けいえい【経営】営利的な事業を運営すること。経は縦糸、営は「厭無む(いとなむ)」で、正しい方向へ進み続けるという意味とされる。

けいじょう‐りえき【経常利益】‥ジヤウ‥会計上の利益概念の一。企業の通常の経営活動から、毎期経常的・反復的に生ずる利益。営業利益に営業外損益を加えたもの。特別損益は含まない。

 

ファッションアパレル経営は、個人経営の場合も少なくないとしても、その主体は企業経営により行われている。これは個人経営は無限責任で、個人の出資金の限られた金額で、税務関係も特典がなく、金融面の信用も得にくいためである。これに対して、企業は@株式会社A有限会社B合名会社C合資会社の種類があり、それらの特徴は次の通りである。

@株式会社     A有限会社     B合名会社     C合資会社

資本金   1,000万円 300万円 1円以上  有限・無限責任社員各1円

社員(出資者) 1名以上 1〜50名まで  無限責任社員2名以上 有限・無限責任社員

責任    有限         有限 無限         有限・無限責任

会社数   100万社      100万社    8,000社      3万社 

特徴   出資者は全員出資 出資者は全員出 出資者(2名以上)が 出資も経営もする

     額を限度とする有 資額を限度とする 全員経営上の無限責任 「無限責任社員」と

     限責任を負う。  有限責任を負う。 を負う。 出資だけの「有限責任

出資者以外を取締 株式発行、出資者 資本調達が限定される。 社員」から成る。

役として経営を委 公募はできない。 会社の経営は無限責任

任できる。 社員が行う。

株式を発行できる。

 

かぶしき‐がいしゃ【株式会社】‥グワイ‥株主で組織された有限責任会社。その機関は、株主総会・取締役会・監査役から成る。

ゆうげん‐がいしゃ【有限会社】イウ‥グワイ‥商行為その他の営利行為をなす目的で有限会社法によって設立された社団法人。実質的には、商法上の合名会社・合資会社・株式会社と同列に置かれるべき会社であるが、立法上の都合で特別法による。人的会社の典型たる合名会社と、物的会社の典型たる株式会社との長所を採り入れた中間的企業形態で、社員の有限責任を認めながら、しかも設立や組織を簡易化し、社員の総数を原則として50人以下に限定し、営業状態も一々公告する必要のないことなどが特徴。

ごうめいがいしゃ【合名会社】無限の責任を負う社員で構成する会社。

ごうしがいしゃ【合資会社】無限責任社員と有限責任社員とで組織された会社。

 

会社は社会の公器であるという。経営は営利が目的とされるが、利益のためなら何をしてもよいわけではない。会社は社会的貢献により利益を得るもので、直接には顧客に認められて事業が運営され、その結果として利益が得られる。金額的にいうと、事業の成果は商品を顧客に買って貰って達成される。売価は製造原価と利益とからなるが、プロダクト・アウトの経営では作り手が一方的に売価を決めて顧客のことを考えない。今後のマーケット・インの経営では、顧客が認める売価(値頃価格、更にはオープン価格)として販売する。この場合、顧客が認める売価から外部購入価値(原材料費、外注加工費など)を引いた額を「付加価値」というのである。付加価値は資本収益(設備投資、研究開発投資、配当、役員賞与など)と労働収益(賃金、賞与など)に分配される。

 

し‐ほん【資本】 もとで。もときん。事業の成立・保持に要する基金。営業の資金。 

(capital) 生産の三要素(土地・資本・労働)の一。新たな営利のために使用する過去の労働の生産物。また、剰余価値を生むことによって自己増殖する価値。資本のcapitalのラテン語キャピターレ(capitale)は、羊などの家畜の頭の意味の「caput」が語源とされる。

 

(1)アパレル製造原価

1)アパレル製造原価の中味

縫製工場で縫製品を作る場合、いろいろな費用がかかってくる。作業を行なう人を雇うので、労務費がかかり、ミシン糸や付属品や、そして生地を買えば、材料費がかかる。また、仕事の一部を外注に出すと、外注加工費という支払が発生するので、これは製造経費という費用となってくる。原価の3要素と呼ばれているのは、表1に示されるように、材料費(モノの費用)、労務費(人の費用)、製造経費(投備の償却費などの経費)の原価費目である。では、これらの原価要素の中味についてみてみよう。

注)費用と原価及び経費の違いについて説明すると、次のようになる。

・費用とは企業が存続し活動して行くために必要な支出のことである。

・原価は費用の一部で製品を作るのに必要な消費の合計のことである。原価に関係のない、例えば、業界発 展のための寄付金などは費用に属する。

・経費は原価の一部で、原価から材料費、労務費を取除いた残りを経費といっており、設備の滅価償却費や 借入金の利子などが含まれる。

@材料費 表1  原価要素

ィ)直接材料費表 原  価  要  素

   生地代…………………(主材料費) 原 材 料 費

   裏地代…………………(副材料費) 価

   芯地代…………………(副材料費) の 3 労 務 費

   ミシン糸代……………(浦助材料費) 要

   付属品代………………(補助材料費) 素 製 造 経 費

ロ)間接材料費

   ミシン油…………………(補助材料費)

   ミシン針・ミシン部品………(消耗工具器具備品費)

注)補助材料費は一般的には間接費として処理されるが、紳士既製服製造業では付属品(ポタン、ファスナ、ネーム、ラベル、パット、テープ、ボンドバイアス、前かんなど、ミシン糸も含める)代についての補助材料費を直接費として処理している例が多いので、ここでは直接材料費に入れてある。

A労務費

ィ)直接労務費  費用

   直接賃金 寄付金など

   直接給与

ロ)間接労務費  原価

  間接工賃金          間接給料 材料費、労務費

  手待賃金           休業賃金

  従業員賞与、手当       退職給与引当金繰入額 経費

  健康保険負担金        法定福利費雑給 原価償却費

B製造経費 利子など

ィ)直接経費      

  特定製図費          特定試作費  費用、原価、経費の関係

  特定特許料          外注加工費

  特定設備リース料

ロ)間接経費

  福利厚生費          消耗工具費

  減価償却費          事務用品費

  賃借料            修繕費

  電カ料l           連搬費

  ガス料l測定経費       交際費

  水道料1           雑費

  保険料            保管料

  租税公課           棚卸減耗料

  旅費、交通費

  通信費

 などの費用となり、原価の計算では一定の計算期間における上記費目の発生額について集計し、按分処理などを行なって、原価算出を行なうのである。

 

(2)原価と付加価値

@付加価値とは

 付加価値というのは、その商品を創り出すことで加えられた価値のことである。この価値は顧客に認められて、始めて確定する。メーカー希望価格では店頭で値引きされてしまうかもしれない。顧客が支払ってくれた金額により付加価値が確定する。付加価値の計算は次のように行われる。

 

  付加価値額=売上高−外部購入価値額(材料費、外注費、その他外部支払生産費用)

 

 つまり、外部で付加価値を付けたものは自社の付加価値に入れない。

Aファッションビジネスの付加価値源

 顧客が価格を認めるというのは、同じような商品が安く販売されていたら、高い価格を顧客が認めない。商品がよくて他になければ、顧客はその価格を適正価格の範囲で認めるだろう。パリのように高級のイメージを作れば、価格が認められ易い。新素材で今までにない商品は価格が通り易い。着心地がよい物が出れば、価格は容れられる。感じがよければ、価格を下げられないで売れる。ファッションビジネスの付加価値源は独自商品であり、マンネリに陥ることなく、モード性を持ち、必要品質を超えて充分品質に高めることにより得られる。このために、アパレルとして絶えざる研究開発が必要となり、マーケットインの思考で商品企画されなければならない。

BQCDにおける付加価値とクィックレスポンス

 商品のQとは品質のことであり、Cはコスト、Dは納期である。アパレルの品質価値はこれらの要素からなる。アバレル生産に要求されている「多・高・高・低・短・少」生産とは多種の品種を少量づつ、短サイクルで、高品質に、高感度に、低コストで生産することである。生産における付加価値向上はこのような生産を実現することで得られる。一方、クィックレスポンスとは生産では短サイクルと同じ意味となるが、クィックレスポンスによって商品の売れ行きの予測が正確化し、作りすぎや売れ残りの損失を減少することで、付加価値を実質的に増大させることができる。QCDによる生産の革新は付加価値のブラスの増大であり、これに対して、クィックレスポンスはアパレル産業のマイナスを減じて、付加価値を増大する方向である。

C海外生産の付加価値

 価格破壊の市場と円高の状況の中で、加工貰の安い海外生産へのシフトはCの対策となる。この場合は、Dは海外では短サイクルが難しい。Qについては海外で品質水準は向上して行くだろうが、時間がかかる。中国やベトナムの縫製品が国内に流れ込んで、アパレル産業空洞化の心配が強まってきた。海外への生産シフトは、小売り業、アパレルメーカー、商社、大手縫製工場が進めているが、一般の縫製下請け工場では、海外シフトは実際的でなく、国内での仕事量の減少と加工賃の低下で影響を受けており、苦境の状態となっている。縫製業界の活性化のために「ジャパン・クォリティ(日本製の高品質商品.)」のファクトリー・ブランドを目指し、実需直結に挑戦して下請け的存在からの脱却(縫製工場直販)を図ったりして高収益型経営に業態革新が求められている。このような方向のアバレル縫製工場の経営には、人材育成、高度情報化が必要とされ、アバレル産地の再構築が望まれている。

 

(3)原価とプライシング

1)コスト・プラスのプライシング

 売価=原価+利益の考え方で、原価主義ともいわれるが.これは、この製品を作るのに、これだけ原価がかかったから、それに適正利潤を上乗せして、売価はいくらいくらです一一という式であるが、今日のように競争の激しい時代では通用しない考え方になっている。

2)プライス・マイナスのコスティング

 利益=売価−原価の考え方で、利益とは売価から原価を引いたものであり、利益を出すためには、原価をできるだけ下げることが最も重要であるという考え方である。今日ではこのプライス・マイナス方式の考え方をとらざるを得ない。そのような中で儲かるようにするには原価をできるだけ下げるということが不可欠となっている。アパレルの場合は、小売業(百貨店、大販店、専門店、小売店など)、卸業(アパレルメーカー、問屋、卸.マンションメーカーなど).そして加工専業の下請縫製工場というような階層になっているから、上代、卸価格、原価そして工賃の関係は図2のようになっている。卸段階での外注加工費が縫製工場での工賃ということになるが、工賃については、縫製業界から縫製委託加工基本契約書のモデルが表1のように作成され、その中で加工賃に関する事項(加工賃の決定、加工賃の支払い)を取り上げている。現状のアパレル業界では、工賃についてはその取決めは、合理的かつ適正な計算の上に立つことが必要と認められていながら、充分ではない。広く行われている方法では工賃が原価とは関係なく決定される点が問題で、しかも工賃が縫製加工の原価を下回っても、縫製の仕様面でコストダウンのための改善や変更を許さない傾向がみられる。このような点は打開されなければならない業界の課題である。

 

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

1/25   14回   経営とコンピュータシステム 

企業にとって情報化とは何か

◇情報処埋から意志決定支援へ

 コンビユータを処理装置から制御装置、さらには意志決定ツールとして活用するようになったこと、およびコンピユータと通信の合体により企業の情報化は著しい進展を見せている。

[処理から制御、そして意思決定へ]

 企業の情報化とは、初期にはコンピュータの導人と同義であったが、これは電子計算機という名称からも明らかなように、人間より速く定型的な計算処理ができるというのが最大唯一の機能だったから。この高速処理機能はスーパーコンピュータに見られるように進歩しつつあるが、企業がコンピュータを処理だけでなく制御(工場のロボットや生産システム全体の制御等)、さらには意思決定に用いるようになったことによって、情報化が著しく進展してきているのである。

[ネツトワーク化:コンピュータと通信の合体]

情報化のもう1つのポイントはネットワーク化である。コンピュータを単体として活用するのではなく、社内、あるいは社外の他のコンピュータと通信回線等でネットワーク化することにより、処理の迅速化や機能の高度化が実現されている。このため現在では、どこにCPU(中央演算装置)やデータベースがあるかということには、あまり意味がなくなってきた。むしろ「業務のあり方」を第一に考え、そのために必要な人材や他の設備の配置と併せて、通信システムを含む情報システムを検討することが必要とされる。

 

(1)OA、POS

0Aとは何か

◇省力化と経営戦略策定支援が指向されている

 コンピュータの導入により事務コストを削減するとともに、大量のデータを迅速に処理・加工して意思決定速度の向上に寄与する。設備投資としてももはや無視できない規模になっている。

[OAによるオフィス業務効率化]

 オートメーションとは本来工場の自動化を意味し、人手の作業に変わって機械が大量にモノをつくることを意味する。ロボットがその典型であり、機械とは物埋的に動くものを指した。これに対してOAは事務職の作業を代替するものであり、コンピュータによる計算の自動化、端末をネットワーク化することによる文書・データ配送の自動化等による効率化がもたらされている。

【設備投資の重要項目に】

 FA(工場自動化)とOAの決定的な違いは、OAの場合大量なデ一タの迅速な処理・加工が効率化だけでなく、意思決定の迅速化による質的な変革をもたらす可能性を秘めている点である。またこういった背景から設備投資に占めるOA化投資が拡大している。設備投資といえばこれまで製造能力増強のための投資が主力であったが、事務レベルの情報化投資が拡大するとともに、どのようなOAシステムを導入するかということが、経営上の意思決定として重要性を増してきている。

P0S(Point of Sales、販売時点情報管理)

◇店頭販売動向をアイテム単位で把握する。

商品に貼りつけられたバーコードをレジで読み取る時、金額が自動計算されるだけでなく、「何時、何が売れたのか」も記録される。このデータを集めることにより、商品の販売動向を把握する。

[死に筋管理]

販売動向の把握は発注に活かされて真価を発揮する。売行きの良い商品については発注量を増やす。もっと重要なのが、売行きの伸びない「死に筋商品」を早く発見し発注を止めることである。新製品が大量に導入され、かつそのライフサイクルも短いという現状では、売り場構成を最もよく売れる商品に集中することが効率化の鍵であるが、そのためには動きの止まった商品をいち早く取り除く必要があるわけである。

[多様な応用方法]

商品の販売時点が把握できることは、これ以外にも多くの革新を生むことになる。例えば曜日別販売動向が把握できるし、気温との関係を見ることにより、天気予報に応じて発注量を調整することができる。また商品AとBの棚を近づけることで売上が伸びたかどうかという実験も可能となる。唯一の問題は、導入していない商品についてはデータがとれない点だ。伸びない商品を切るだけでは効率は上昇しても素材となる商品は増加しない。売上の見込める商品分野やアイテムを見出していくという部分は、人間に依存せざるを得ないのである。

 

(2)CAD、CAM、CAE

画像処理[image processing]

コンピューターを使って画像に変形、色変更、質感などさまざまな処理を施すことで、イメージ処理とも言う。例えば、風景写真の中で美観を損ねる電柱だけを消すことができる。映画などでしばしば利用される特殊効果も画像処理によるものが増えている。最近のCFやビデオ・クリップなどでは、人間の顔から動物の顔へなど、ある画像から異なる画像へ滑らかに変化させる画像処理技法である「モーフィング」が多用されている。 そのほかの用途としては、科学や医療技術における画像解析がある。自然の画像を見ただけでは分からない特徴を、数十倍、数百倍に際立たせることができる。医療用のCTスキャナー、人工衛星からの写真映像など、コンピューターによる画像処理によって実用になった分野は少なくない。

◆CAD[キャド;Computer Aided Design]

コンピューターを利用した設計,製図のこと。または,そのための機能を組み込んだシステムを指す。

手書きで図面を起こすのに比べて修正が簡単で,色や階層の表示,記号登録,拡大・縮小などの機能を利用した設計ができる。作成した図面データを保存しておけば,随時取り出せるので,過去に描いた図面を有効活用できる。

機械,電気,建築など幅広い用途があり,それぞれの分野ごとに専門の機能を備えたCADシステムが利用されている。CADで作成したデータから製造システム用のデータを作成できるようにし,設計から製造までを一本化したシステムもある。ソフトによって,対象物をそれぞれ2次元,2.5次元(立体の簡易情報化),3次元で表現するものがある。

従来はエンジニアリング・ワークステーション(EWS)に搭載したCADが主流だったが,パソコンの性能が向上したことで,パソコンCADも業務用として十分使えるようになってきた。特に,パソコン用の2次元CADソフトは,数十万〜数百万円と高価な製品が多かったが,94年3月にCADソフト大手のオートデスクが「AutoCAD LT for Windows」(12万8000円)を発売したことをきっかけに低価格化が進んでいる。米アシュラ社の「AshlarSketch」(5万8000円,写真)など10万円以下で購入できるソフトも増えてきた。ただし,低価格のCADソフトでは業務用に本格的に使うには実力不足の場合がある。

最近では異なるCADシステムで作られたデータを読み込めるようにするための互換性向上とファイル形式の標準化が急務になっている。パソコンCADでは1989年に定められたCADデータ交換用の標準中間データ形式PCESがあり,これの普及に向けて,各用途の図記号を電子カタログとして発売するなどの活動が進められている。

CAM[キャム;Computer Aided Manufacturing]

NC(数値制御)工作機械や,組み立てを行う高性能ロボットなどの制御用プログラムを,コンピューターを用いて作成すること。または,それによる製造。

従来は「コンピューターを利用した製造」のことを指していたが,最近はCIM(コンピューターにより統合された製造)という言葉を主として用い,CAMはCAD/CAM/CAE(コンピューターの支援による設計・製造・エンジニアリング)あるいはCAD/CAMという言葉に組み込まれ,生産に必要なデータの連携性を高めたシステムの一要素と定義されている。

CAE[Computer Aided Engineering]

設計作業を効率化するために用いる,コンピューターによるシミュレーション解析などのこと。製品や部品の強度や振動特性,周囲の気体の流れ,熱の伝わり方などの解析に利用される。

従来はこのようなシミュレーションのために試作品を何回も作り直して実験を繰り返し行っていたが,CAEを利用すればその手間が省け,新製品の開発期間を大幅に短縮できる。自動車では「田口メソード」が米自動車殿堂入りとなった。

CADから受け取ったデータを基に解析用のモデルを作成することが多い。解析結果と実験データを突き合わせて新しいモデルを作成するモデル同定も行われている。

大がかりなシミュレーションになるとスーパーコンピューターが必要になるが,ワークステーションやパソコンでも,性能に応じたレベルの機能を備えたソフトウエアが発売されている。

 

(3)CIM

CIM(Computer Integrated Manufacturing)コンピュータ統合生産システム

◇製造を核に企業の惰報システムを構築する

FAが製造プロセス段階の自動化であるのに対して、ClMとは生産管理、品質管理等のマネジメント段階、あるいは社内外の取引段階を含めた総合的な「工場情報システム」になつている。

CIM

 @Computer Integrated Manufacturing:設計(CAD),製造(CAM),エンジニアリング(CAE)分野で,設計・製造をコンピューター化するだけでなく,資材の受発注管理や生産管理,工数管理など,製造にかかわるすべての過程をコンピューターで一元管理したもの。

 CIMの導入は経営者に,「今,何を作るべきか」を素早く決定するための情報を提供できるという側面もある。CIMを導入することで,各製造ラインが極めて柔軟に設計変更に対応できるようになるため,多品種少量生産に適した製造システムが可能になる。これをFMS(フレキシブル・マニュファクチャリング・システム)という。

最近は,エンジニアリング・ワークステーションを使用して,各現場でCAD,CAE,CAMを行い,これをネットワーク機能を使ってホスト・コンピューターと統合,CIMを実現する方法がよく使われている。

 ACompuServe Information Manager:米国の大手パソコン通信サービス会社コンピュサーブ社が自社のパソコン通信「CompuServe」専用に供給するパソコン通信用ソフトの名前。CompuServeのメニューを効率良く検索できるように設計されている。GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)を取り入れ,パソコン通信の操作に詳しくない初心者でも検索できるようにメニューなどを充実させている。

 

[FAからClMへ】

OAの項でみたように、現在の自動化は情報化に支えられている。FA(工場自動化)にしてもこれは同様で、制御、生産管理等の分野は情報化が進み、これが直接的な製造コストだけでなく、工場の間援費用低減に貢献している。ここで忘れてならないのは、大企業の工場は事業所ないし製作所と呼ばれる事業単位であり、あたかも一つの企業のように見なされることが多いという点である。したがって工場長は経営者であり、自らが経営する工場のコストダウンを図ろうという場合、その対象は工場が有する製造機能から間接機能ヘ、更には他の社内組繊や取引先との関係にまで及ぶのは必然の流れであるといえる。

[企業内システムから企業間システムへ]

ClMはこのような背景から、「企業としての工場」のトータルな効率化、さらに研究開発、マーケティング等の要素までも含むものとなる。これが更にすすめば、必然的に取引先を巻き込んだ情報システムとして整備されていくことになる。この段階で、ClMはVAN(付加価値通信網)とつながることになる。

 

(3)ネットワーク

LAN(Local Area Network、構内情報通信網)

◇自分でつくる通信ネツトワーク

事業所構内や特定地域内で独自につくられた情報通信ネットワークを指す。 NTT等の第一種電気通信事業者は公衆通信網という利用者を特定しないサービスを提供しているが、LANは事業者が自分で作るのである。

◆LAN[ラン;Local Area Network]

構内情報通信網。オフィス内,ビル内などの限られた範囲のコンピューター同士を接続し,データをやりとりできるようにすることで,各種のサービスを実現するネットワーク・システム。汎用機やUNIXワークステーション同士を接続する用途で市場が立ち上がったLANだが,最近ではNetWare(ノベル)やWindows NT Server(マイクロソフト)といったパソコン中心のLANが主流になった。

Macintoshの最新機種やWindows95対応パソコンなどでは,最初からネットワークOSやLANインタフェースを内蔵した製品が増えている。パソコンLANはようやく本格的な普及期に入ったと言ってよいだろう。

LANを構成する主な要素には,クライアント・コンピューター,サーバー・コンピューター,ネットワークOS,LANインタフェース(LANボード),LANケーブルなどがある。

クライアント・コンピューターは通常,ユーザーのパソコンで,LANに接続して各種のサービスを利用する側,サーバー・コンピューターはサービスを提供する側に当たる。

ネットワークOSはLANの基本的な通信機能と資源の共有,ユーザーの管理などを制御する。どのネットワークOSを選ぶかによって,利用できるコンピューターの種類やLANの規模がある程度決まる。

サーバー機やクライアント機は,専用のインタフェースを介してLANケーブルに接続する。国内で多く使われているのはEther-net規格に準拠したもの。10BASE2,または10BASE-Tと呼ばれるタイプのケーブルが多く使われる。

LANによって実現できるサービスには,以下のようなものがある。

 @資源共有:サーバーを経由して,LANに接続されているハード・ディスクやプリンター,モデムなどを,クライアント・パソコンから利用できるようにするもの。ネットワークOSが対応していれば,WindowsとMacintoshなど,異なるOSのクライアント機からファイルを共有したり,同じプリンターを利用することが可能。

 Aグループウエアの利用:電子メール,グループ・スケジューリングなどの,各種のグループウエアを利用できる。ネットワークOSとは別に,グループウエア・ソフトが必要。

 Bデータベース・ソフトによるデータ共有:データベースを共有し,全員で同じデータを利用できるようにする機能。現在出荷されているデータベース・ソフト製品の多くは,LAN上でデータベースを共有する機能が組み込まれている。ユーザーの数が多い場合は,LAN上での利用を前提にしたクライアント-サーバー型データベース・システムと呼ばれるソフトを利用する場合が多い。

[なぜLANを導入するのか]

企業がLANを導入する理由としては、経済性(通信量が恒常的に多く自らLAN設備を導人した方がコストが低下する)、柔軟性(公衆網のサービスでは目的を実現できない)、事業適応性(サービス追加や変更に迅速に適応できる)等をあげることができる。またLANを導人する主体は単独企業とは限らない。地域の事業者組合ということもあるし、また地域が限定されず、離れた場所を繋ぐLANもある。目的に応じて自在につくることができるのがLANの特徴である。

【課題はデスクトップコンピューティングとの連携]

LANは図のように、PBXとデータハイウェイ(狭義のLAN)及びこれに接続される各種端末から構成される。このうちデータハイウェイはコンピュータ間通信ネットワークとしてすでに導入され、PBXは交換機なので、これも基本機能としては既に備わっている場合が多い。したがって、企業が今後LANを導入する課題は、進展しつつある「デスクトップコンピューティング」と如何に有効に結びつけていくかという点にある。

 

VAN(Value Added Network、付加価値通信網)

◇通信に伴い多様なサービスを実現する。通信に伴い様々なサービスを付加するのがVANである。

通信は単に電気信号を伝送するだけだが、ネツトワークの共同利用、変換、情報処理により機能性と効率を高めようというのがのVANの目的である

VAN[バン;Value-Added Network]

付加価値通信網。本来は,送信側の情報を受信側に伝えるという単なる伝送サービスだけでなく,各種の処理機能を提供する通信サービスのこと。VANが提供する付加価値サービスには,プロトコル変換やコード変換,電子メール・サービス,計算処理など多種多様。PC-VANやNIFTY-Serveなどのパソコン通信サービスもVANの一種である。

日本ではNTTなどから回線を借り受け,付加価値を付けて販売する第2種電気通信事業をVANと呼ぶ。ただし,NTTやKDDなどのように回線を持っている第1種電気通信事業者も第2種事業者と同様の付加価値サービスを提供できる。

VANサービスには,国際間の通信サービスを提供する国際VANや企業間取り引きなどに利用される業界VANといったものがある。業界VANは,業務に密着した個別ニーズに対応したもの。特定の取引関係のあるいくつかの企業に対して,資材や商品の受発注データのやり取りや流通情報の管理など,商品流通面での情報処理サービスが中心である。

[問題解決手法としてのVAN]

通信技術が発達しても、互換性のないコンピュータやワープロを接続してデータ通信や共有化を行うことはできない。これを企業個々に行えば、ソフトウェア開発やソフトを動かすためのコンピュータの導入等のコストが必要となってくる。また通信量が少なければ1社では専用回線コストを負担できない。VANとは企業のこういった問題を解決するために提供されるサービスを指す。スーパーやコンビニエンスストアチェーンのように規格化された端末が整備されていればVANは必要ない。これに対して独立系の小売店や問屋、メーカー間の受発注処理は、個々の企業で情報システムが異なるため、VANによる統一化が不可欠となるのである。

[VANによる企業の組織化]

VANはあくまでもサービスにすぎないが、特定の企業グループ内でのみサービスが利用でき、かつこれが収益向上につながるとすれば、VANを核とする企業グループが成立しパワーを持つ可能性が出てくる。この場合、システムとしてのVANはSlS(第69項)を目的として持つことになる。

 

インターネット[internet]

世界規模の通信ネットワークの名称。大学や研究機関がサーバー・マシン(主としてUNIXワークステーション)を相互に接続していった結果、全世界を網羅する巨大なネットワークに成長した。パソコン通信サービスとは異なり、サービスを提供するホスト・コンピューターが1台だけどこかに設置されているわけではない。全世界に散在する数百万のサーバーの集合体である。ユーザー数は数千万人と言われている。

当初は学術研究の情報交換を目的としたネットワークだったが、海外の情報に安価にアクセスできる利便性や、画像表示を用いた先進的なユーザー・インタフェースがビジネス・ユーザーやホビー・ユーザーからも注目を集め、米国政府が提唱する「情報スーパーハイウエイ構想」をきっかけに、94年後半から95年にかけて、日本でも認知が急速に進んだ。

インターネット上で利用できるサービスや機能には、次のようなものがある。

 @WWW:「World Wide Web」は、テキスト以外に画像や音声、動画など各種データを扱うことができるマルチメディア・データベース・システム。インターネット流行の火付け役になった。ユーザーは「Netscape Navigator」や「Microsoft Internet Explorer」などのWWW検索ソフトを利用することで、世界中のWWWサーバーにアクセスできる。

WWWの特徴は、マウスで画面をクリックするだけで関連する画面(データ)を呼び出せること。その情報が同じサーバー上にあるか、それとも数千km離れた別の国にあるかをユーザーが意識する必要はない。

 A電子メール:一般のパソコン通信サービスと同じようにインターネット上でも電子メールを利用できる。パソコン通信サービスや、企業内LANの電子メール・システムとの相互乗り入れが進んでおり、直接インターネットに接続しなくても、インターネット経由でメールのやりとりができるようになった。

日本でも1994年初めから大手の商用パソコン通信サービス(PC-VAN、NIFTY-Serveなど)が、インターネットと電子メールを相互に接続するサービスを開始した。NIFTY-Serveを例にとれば、電子メールのメニューの中で相手先のメール・アドレスを入力すれば、インターネットのユーザーに電子メールが送信できる。逆にインターネットのユーザーから電子メールが送られてきた時も、NIFTY-Serveの電子メールとして受信できる。パソコン通信サービスのユーザー同士が、インターネット経由でメールをやりとりすることも可能だ。

 Bnetnews:インターネット内の数千に及ぶ草の根の電子会議室である「NetNews」では、テキスト・ベースでありとあらゆる話題に関してやりとりが行われている。英語の会議室が中心だが、日本語で討論が行われている「fj」などもある。日本ではWWWの陰に隠れてスポットを浴びることは少ないが、情報量は膨大で、利用方法によっては大きな効果が期待できる。

このほか、パソコン通信サービスのライブラリーに当たるFTPや、テキスト・ベースの情報検索システムであるgopher(ゴーファー、地ネズミのこと)などがある。

インターネット・サービスを利用するには、インターネットを構成するサーバーのいずれかにクライアント(端末)として接続する必要がある。インターネット・サーバーを所有している大学や研究機関、企業などに所属していれば、LAN経由で利用できるが、サーバーを持たない企業や個人は、サーバーを提供する商用インターネット・サービス事業者と契約を結ぶ必要がある。日本ではイーエヌエスAT&T、インターネットイニシアティブ(IIJ)、富士通など数社がサービスを提供している。

商用インターネット・サービスの利用形態のうち、個人ユーザーでも手軽に利用できるのは「ダイヤルアップIP接続」と呼ばれる方式。電話回線経由でサーバーに接続し、インターネット内の他のサーバーにアクセスできる。接続にはパソコン通信用モデムとPPP(Point-to-Point Protocol)という専用通信ソフトが必要。市販のインターネット・スターター・キットなどに添付されている。

 

イントラネット[Intranet]

インターネットにつながったLANであり、グループウエアの1種である。インターネットの技術であるTCP/IPを使って、ネットを構築、WWWサーバーで情報を共有化できる。

グループウエア[groupware]とは

LAN上で利用するアプリケーション・ソフトの中で,特にユーザー間のコミュニケーションや情報の共有を円滑に行い,グループによる作業を効率化することを目的とするソフトウエアのこと。代表的なグループウエアとして,次のようなものが挙げられる。

 @電子メール:パソコン間でメッセージをやり取りするソフトウエア。ファイルを添付して送受信することも可能。電子掲示板の機能を備えた製品もある。「cc:Mail」(ロータス),「MS Mail」(マイクロソフト),「CEQUICKMAIL」(SRA)など

 A共有型のスケジュール管理ソフト:カレンダー形式などで予定を表示,管理するソフトウエアのうち,複数ユーザーで利用できるもの。会議など共通のスケジュールを共有できる。「ナウアップ・トゥ・デート」(誠和システムズ),「Schedule+」(マイクロソフト,95年末発売予定),「Team Ajenda」(日本ポラロイド)など。

 B文書共有システム:アイデアやノウハウなど,一定の書式に押し込めにくい情報を文書やファイルの形式でデータベースに収容し,複数ユーザーで参照したり,編集したりできるようにしたシステム。ディスク上の文書ファイルをそのまま管理するものもある。

 C上記の複合型:上記のいくつかの機能を同時にサポートするもの。例えばノーツ(ロータス)は電子メールと知識共有型データベース管理の機能を備える。「GroupWise」(ノベル)や「OfficeManager2」(ジャストシステム)は電子メールとスケジュール共有が可能。

例えば,数人から数十人であるプロジェクトを担当する場合,アイデアの交換,作業進捗状況の報告,会議のスケジュール調整など,メンバー間で頻繁に連絡を取る必要がある。口頭や電話では間違いや勘違いが起きやすいし,不在の人を捕まえるのに時間がかかる。各自がきちんとメモを取らなければ記録も残らない。グループウエアはこうした問題を解決する手段の1つである。

アイデアやノウハウを文書共有システムに登録すれば,メンバーは手の空いている時間に参照して参考にしたり,意見を書き込んだりできる。連絡には電子メールを利用すれば,相手の不在や都合を気にかける必要はない。決定したスケジュールは共有型のスケジューラーに入力しておけば,メンバー各自がプロジェクト全体の進捗状況を見渡せる。メンバーが離れたオフィスに分散していても,コミュニケーションできるのもグループウエアの大きなメリットである。

グループウエアを使うにはLANの導入が前提。日本でもLANの定着に伴って,グループウエアの導入が加速している。電子メールの導入を手始めに,順次必要なグループウエアを導入していくのが,一般的なパターンである。

 

CALS(カルス)――QRのための情報システム

繊維工業がQRを実現するために,流通を含めた繊維産業が一体となって業種横断的組織を構築し,共通のコード体系(JANコード)の普及,EDI(電子データ交換)の標準化,共通商品マスターデータベースの作成,活用を行うことが必要であり,このような繊維産業情報統合化システムは,製品の発注から製造,流通に至る商品ライフサイクルの全工程を調達側と供給側が即座にデータ交換でき,ペ一パーレス化,開発・生産期間の短縮により系列や国境を越えて効率的な製品の調達や開発が可能となるという意義のあるものである。すでにEDIは導入が始められており,例えば花王といなげやが商品の受発注,納品,代金決済などをオンラインで処理するEDI取引を全117店で平成6年12月から始めた。このEDI取引では発注,納品,代金決済が伝票なしのぺ一パーレスとなり,仕入れの精度とスピードが向上,物流コストを低減できるといい,また店舖での検品作業が不要となり,出荷・入荷に伴う人件費を削減でき,さらに販売データに基づき,市場動向を反映した売り場を迅速に作れるメリットもあるという。EDIはァメリカ政府がその調達にCALS(カルス:始めは米国防省で、Computer Aided Logistic System と称されたが,民生用となってContinuous Acquisition and Lifecycle Supportと変わった)を採用し,現在は民生用となってCALS(Commerce At Light Speed:光速商取引の意味)に合流すると考えられる。CALSは米国防省の調達で文書や図面の電子化が義務付けられているだけであるが,2000年までには官公庁と取引のある企業にはすべてCALS処埋を義務付ける方針が決まっている。織維・アパレル産業もEDlを経由して,他産業と同様にCALSに統合されて行くものと思われる。CALSは開発から,生産,販売,アフターケアまで広範な事業活動を,関連する部門や事業者が情報を共有しながら一体的に行い,サービス向上、効率増進,コスト低減を実現しようというコンピュータ・システムであると説明されている。アメリカで「CALS」が脚光を浴びたのは,競争力の低下が深刻になった80年代後半で,相前後して提起されたコンカレント・エンジニアリング,リエンジニアリングなどと共に製造業再生のコンセプトであるとされている。そしてCALSは企業の活動だけでなく,組織や業界体制にも大きな変化をもたらす。情報の流通は企業の組織をよりフラットで機動的なものに変えて行くばかりでなく,企業の壁や垣根も壊して行き,情報を共有しつつ,緊密な連係関係を構築できるので,これらはあたかも一つの事業体のようになり得る。競争の激化と共に,各企業がそれぞれ得意分野に経営資源を集中し,その上で一体化、効率的事業活動を行うケースが増えると考えられている。バラバラに分断された繊維・アパレル業界の構造改善に必要な業界一体化にも大きな影響を及ぼすであろう。

 

 

目次に戻る 

ファッションアパレル経営論  聖徳大学 専攻科  01年度後期  講義ノート

1/25   15回    今後の経営

生産の変遷と今後

300年前のイギリスの産業革命が工業生産を生み出した。それまでのもの作りはホームメードかアーチザン(職人)メードであり、手作りの丸仕上げによる作り方であった。大英国展(1998.8.20)で産業革命について次のように述べていた。英国は産業革命の発祥地である。1760年代後半、英国で紡績機が発明され、当地の中心産業であった 綿工業はその産業規模を急速に増大させた。これは手作業を機械に置き換え、生産の仕組みを画期的に転換させる発端となった。さらに動力として蒸気機関が利用され、燃料として石炭が使用され、鉄が大量に生産・使用されるようになった。こうしてあらゆる分野で技術革新が進み、生産力が飛躍的に増大した。このように1970年代から1930年代にかけて英国で起きた現象は「産業革命」と呼ばれ、人々の生活様式や経済システムを一変させた。産業革命は世界へと広がり、現在の高度工業化社会の源泉となった。家内工業に代わり、機械が一ケ所に集められ大規模に生産される工場生産方式が産業革命の重要な特徴の一つである。繊維産業では、1769年、アークライトの紡績機が特許を取得した。それまで家内工業で糸を紡いでいたが、1733年ジョン・ケイによって「飛び杼(とびひ)」が発明され、織機の生産効率が上がると、紡ぎ糸が不足し、、「糸を紡ぐ機械」が求められるようになった。理髪業、桂製造を営んでいたアークライトはこの問題に取り組み、独自の紡績機を開発した。これにより英国の繊維産業はランカシャー、ヨークシャーを中心に大発展をした。ランカシャー【Lancashire】とは、イギリス、イングランド北西部の州。炭田に恵まれ、水陸交通の便がよく世界有数の大工業地帯。綿工業の中心地。州都プレストン。ランカスター【Lancaster】は、イギリス、イングランド北西部のランカシャー州の都市。ノルマン風城砦がある。人口二三万(1987)。一方、ヨークシャー【Yorkshire】は、イギリス、イングランド北東部の州。羊毛のほか鉄鋼・化学などの工業が発達した。一九七四年、北・南・西ヨークシャーの三州に分離。中心都市リーズ・シェフィールド。筆者は1990年9月20日リーズ大学で開発研究発表を行い、同21日、シェフィールドの隣町ノッチンガムにある繊維会社コートールズ クロージング社で発表を行ったのを思い出す。この地はロビン・フッドの活躍した土地とされる。このように、工業生産は機械を使い、分業による作り方である。そこで工程分析が行われ、流れ作業が取り入れられる。工程には機械が設備され、機械による品質向上や作業能率が検討の対象となる。

この結果、工業生産は量産がもっとも効率的とされ、生産が四則算的な合理性の上に築かれてきた。しかし、機械も進歩し高生産性となり、経営は合理性の追求のあまり、顧客の満足度が犠牲となりがちとなり、生産した製品が売れ残るようになり、ついに生産の見直しが求められるに至った。工業生産の性格として「プロダクトアウト」ということが指摘されるが、これは生産側の一方的な思い入れで製品を量産して、市場に押しつけることをいっている。そして、消費者から製品は沢山あるが、買いたいものがないというミスマッチを引き起こし、売れ残り品の山となる。これらはやがて廃棄物として処理される。環境保全のために廃棄物には次のような法律が制定された。

 ●容器包装リサイクル法と廃棄物処理法の制定

容器包装リサイクル法はテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンのリサイクルに関する法律であり、環境保全のためにリサイクルすることを求めている。

廃棄物処理法は法律で指定した特定機器廃棄物を対象にその処理について規定したものである。

現在、日本の廃棄物は年に6千万トンとなっており、その1%の60万トンがリサイクルされているが、残りの殆どはそのまま、ないし焼却されて、埋め立てられている。このままでは、廃棄物により環境が破壊され、生活が脅かされる。しかし、廃棄物処理の費用負担が問題となっており、最終的には消費者の負担になると見られている。大量にものを作り、作りすぎとなって売れ残り、廃棄物とするやり方は、もはや許されない。

 

繊維・アパレル産業の環境への負荷は、次のようになっている。エコ繊維、エコカラーは環境負荷低減考慮のものを示す。テンセルなどがエコ繊維である。

 

 

 

 

川       上    川      中      川 下 衣生活 

原糸・紡績(エコ繊維)   アパレルメーカー        小売り  顧客

織物/編物    縫製工場――   ↓ ↓

  染色・整理 ↓   売残品 着用

ボイラ 洗浄   ボイラ 裁断くず布   ↓ ↓

→ リサイクル 残品値引き 古着 包装

↓―→リサイクル←↓

エコカラー → 焼却――― 焼却 ―――――― 廃棄

↓         ↓   ↓

CO2 水質汚染 CO2 CO2 埋立 CO2 埋立 リサイクル

ダイオキシン   アゾ染料と塩素により  ダイオキシン ダイオキシン エコ繊維

下水処理で変異原性物質

95年 繊維消費量230万トン 排出量は160万トン 内9割が焼却!

     無縫製横編機(セーターやベストの生産用)

    裁断と縫製を行わないので、糸から直接に製品を編み上げ、裁断くず布を出さない。

  

インターネット 環境ホルモン ホームページ (98-8-22現在)

 立花 隆   http://www.iijnet.or.jp/kodansha/wgendai/

月刊BART http://www.bart-magazine.com/

環境庁 http://www.eic.or.jp/

学びと環境の広場 http://www.kcn.or.jp/~gauss/

 

 

 

日本を覆う「山一」体質 「批判せぬ社員ほど出世」「大蔵省も危機、先送り」 読売 10−7−29(30)

 山一証券の破たんと企業体質は金融関係者にどう映ったのか。過剰融資で経営破たんした信組の理事や山一の元役員、そして経済評論家に、長期連載「背信」を読んだ感想を聞いた。

水上弘樹・元東京協和信用組合理事「山一証券が『簿外債務』なら、東京協和信組は巨額の不良債権を『追い貸し』『融資の付け轡え』というトリックで隠していた。こうした会社の暗部について知らないふりをしなければ、首脳陣への不信表明と受け取られ、役員になれなかった。私自身、当時の高橋治則理事長の乱脈融資に盾ついたため九四年に退職を強いられ、そのあとがまに理事長に近い二人が昇格した。二人は信組の経理の実情についてほとんど知らなかったが、高橋理事長にとってはそれが『理事昇格の条件』だった。非常にこっけいなことだが、山一も同じようなものだったように思う。日本にはそんな企業が多く、破たんの危険を常にはらんでいる」

山一の元常務で、系列の中央証券の植野珪(きよし)元社長「金融界や日本経済が陥っている状況はまさに山一崩壊の構図と同じで、今の日本の姿を映している。連載『背信』はそれに警鐘を鳴らしていると感じた。現状の危機を隠し、先送りしてきた大蔵省には、行政指導と金融検査の権限があっただけに、その対応は山一の『飛ばし』と本質的に変わらない。社会的責任は山一よりむしろ重いのではないか。山一では、トップの参謀であるべき企画室長を重用し過ぎ、そのまま歴代の社長にしていったことが、役員たちのモラルを低下させたうえ、けん制機能を失わせ、悲劇を招いた。山一破たんは太平洋戦争を経験した私としては、敗戦を二度味わったようなつらい心境だ。今後、山一だけでなく、日本経済が世界で敗北することがないよう祈るばかりだ」

経済評論家内橋克人さん「連載を通して見えてくるものは、行平(次雄・前会長)ら一部のトップが強大な人事権を握って社内を自在に操り、監査役など社内チェック機関を機能不全に陥らせた日本型企業の姿だ。日本企業は、トップの意向をそのまま容認する内務官僚タイプの社員が権力を握っていく傾向が強い。一方、欧米の企業は取締役候補指名委員会という一般株主などが加わった外部の機関が役員を選び、社外からの役員も多数重用されている。このような健全な社内チェック機能があれば、山一のように粉飾決算を長年にわたって隠し続けるといったことはまず不可能だろう。日本企業が今後、社内チェック機構を見直さない限り、再び山一のような事件が起きるのではないか」

[解説]経営が破たんする約四か月前には、山一証券には四十人の取締役がいた。そのうち、山一を崩壊させた簿外債務の事実を知っていたのは、十人足らずだった。全容を把握していた幹部になると、行平次雄前会長ら数人しかいなかった。山一では、ごく限られた人間が情報を独占し続けたのである。しかも、決断を避け、巨額の損失を隠し続けることで、体面と地位を保ち続けた。その体質は、昨年十一月の破たん時にも現れている。野沢正平社長ら首脳は、大蔵省から自主廃業を通告されていることを、取締役会にも明らかにしていない。多くの役員は新聞報道で、自社の最期を知った。企業の運命を左右する重大情報がごく少数の首脳の手ににぎられ、会社の意思決定機関というべき取締役会は形がい化していた。この連載取材で百六十八人の山一の現旧役員と社員に取材したが、この体質にはっきり異議を唱え、行動を起こした役員はいなかった。読売新聞に寄せられた感想を読んでいると、多くの人が山一証券の隠ぺい体質や無責任体質を厳しく批判し、その上で、企業や組織に属する人たちは、自分たちの周囲も「もしかしたら山一と同じではないのか」と訴えている。山一的体質が日本社会に深く根を張っていることを感じ取っているのである。「今の日本の政治のあり様に、山一の破たん劇がだぶる」と、経済危機にある日本を象徴する事件ととらえる読者もいた。通産省の官僚は「何かを始める時は華やかで、もてはやされる。しかし、大変なのは、あしき慣習をいかにやめさせるか、ということだ。今の政治にも官僚の世界にも、その勇気がない」という趣旨の電子メールを送ってきた。山一証券という企業はこの世から消えようとしている。しかし、「責任逃れの保身」「事なかれ主義」「閉鎖的体質」といった組織の"負の体質”がどのような結果をもたらすのかを、私たちに身をもって示してくれた。そして、組織の中で生きる人々にこう間い掛けて、百一年の歴史の幕を下ろしたような気がする。もしあなただったらどうしましたか、と。(明石雅幸)

 

工業生産が行き詰まりとなり、脱工業が叫ばれることになって、「マーケットイン」の理念が示されるに至った。「マーケットイン」とは、生産者側が市場の中から顧客の要求をキャッチして生産をすることを意味する。そして生産の目指すところは「収益」や「効率」や「シェア」からCSへと移行することになった。生産の変遷を次表に示す。経営は利益がなければ成り立たないが、プロダクトアウトで利益さえ上げればよいというのでは、経営は永続性を失う。経営の理念について次の例のように見直しが行なわれている。

 

新しいを三菱自動車始めます。 総会屋への資金供与の商法違反の後処理 読売 9−11−29(30)

きのうを顧みて、あしたへ向かう時、私たち三菱自動車には、今すぐ取り組まなければならない課題が二つあります。それは、お客様に対して、社会に対して、ほんとうにオープンでクリーンな企業として生まれ変わること。そして、これまでにも増して、お客様の視点に立ったクルマづくりを進めることです。これまで以上に私たちが考えなければならないのは、お客様ひとりひとりのこと。こうした姿勢がなければ、企業やクルマづくりは成り立たない、と考えています。時代の風は決して穏やかではありませんが、私たちは、熱い決意をもって、この二つの課題に全力で取り組みます。私たち三菱自動車は、その名の通り自動車メーカーです。より新しく、より魅力あるクルマづくりでお客様の声に応えていくこと、そして社会に貢献していくこと、それが、私たちのすべてです。(三菱自動車工業 取締役社長 河添 克彦)

 

東レ 平井克彦・新社長 なにより「いんちきしない」 朝日 9−4−23(10) 

常務を飛び越して専務に就任し、中心事業の繊維部門を担当した昨年6月から、社長侯補とみられてきた。「社長の器ではたいし、『中興の祖』といわれる前田勝之助社長の後は荷が重い」というが、平成9年4月22日の記者会見では、質問にもよどみなく答えた。入社三年目に研究管理部門から営業部門に回って以来、主に繊維の営業畑を歩いてきたが、本人によると「日の当たるところは歩いていない」。輸出担当として赴任したニューヨーク駐在時代はニクソンショックで輸出ができなくなり、米国で生地や糸を買い付けて日本へ送ったことも。その糸が売れ残り、帰国後、処分した苦い思い出もある。42歳のときから3年半、岐阜県の系列繊維会社の再建に派遣された。常務として会社の経営を任され、販売先の立て直しに歩いた。「本社の外にいると、東レの悪い面も見えてくる。この時の経験が一番勉強になった」という。従業員や株主に貢献でき、しっかりした理念をもつ「エクセレントカンパニー」の実現を、誤題に掲げる。そのために十分な利益を出し、成長を持続することに加え、「いんちきをしない」企業倫理の確立を強調する。「法律に触れてまで利益を追求する風潮には、絶対に巻き込まれてはいけない。これはトップの人格の反映だと思います」。座右の銘は「敬客愛品」。休みの日に自宅近くなどの丘を歩くのが趣昧。「社長になったら、その時間も減るでしようね」

 

ビジネスとしてまずCSを高めることを図り、顧客の満足の上に結果として利益が得られるという考え方となるのである。生産供給ではこれまでの作り手が主役であったのが、これからは買い手が主役に入れ替わる時代であるといわれ、顧客が生産をリードする。この顧客にジャストフィットして商品を生産供給するようにしなければならない。いいかえれば、この頃よくいわれるように顧客の欲求に適種、適質、適量、適期、適価の商品を生産供給するということである。これは生産の原点であろう。これを別の表現として「多・高・短・少」生産と造語したが、これは多品種・高品質+高感性・短サイクル・少量生産の略である。この意味で生産供給のクィックレスポンスは生産のリードタイムを短縮するための方向であり、時間的顧客満足を図るものである。従って、クィックレスポンスのフルコンテンツは顧客満足の網羅であり、クィックレスポンスの次期バージョンが「カスタマーレスポンス(顧客へ即応)」とされる所以である。これらのことから、工業は過去のものとなり、脱工業の生産は顧客を画一的にあしらう量産を脱して、顧客個々に対応する個産になり、工業(工という作り手の業、たくみの業、Industry)の名も客業(客のための業、Ordustryと造語とした)に変わり、工業量産は客業個産に変わるのだと信じているわけである。21世紀には工場は「逆工場」としての性格となるという。逆工場とは生産の情報が顧客から発して、これに工場がレスポンスして生産を行う意味を持ったもので、現在の情報が作り手の川上から買い手の川下に流れるという流れを逆転して、川下の顧客から情報が川上に逆流することをいうのである。21世紀は逆工場の時代でもある。これを実施するために、当然、生産の方法が変わってくる。多品種少量生産のために単工程持ちの分業専門的ライン構成でのロット流しの方式は採用されなくなり、多工程持ちの多能工による助け合い作業で、少量流しに移行することになり、作りすぎのロスが排除されるようになる。設備の今後はどうかというと、顧客の欲求を満足させる観点から生産の設備は作り上げられる。既存の設備が前提となる現在の生産設計は、プロダクトアウトの「プッシュ型設備(押し付け型設備)」の考え方であって、生産は顧客にマッチさせるより既存設備にマッチさせる結果となってしまう。設備は顧客の欲求を満たす観点で作り上げられなければならない。これは「プル型設備(顧客の欲求が引っ張る設備)」ということになる。このため、工場は設備について単純購入、単純使用のレベルを乗り越えて、設備を使いこなしの上に作り替えて、顧客によりマッチさせることができるようになることが必要である。これは縫製業が労働集約からより深い設備知識の上に生産するという知識集約への移り変わりを意味する。そのこと自体容易なことでないが、一人当たりの付加価値額が工業業種中最下位の現状を嘆くだけでは何の解決にもならないのである。

 

(1)日本発モードの確立

日本のファッションビジネスはパリ、ミラノを追って、そのトレンドを模倣し、海外ブランドを頼りとし、ブランドライセンスに依存して進めている。残念ながら、日本国内発モードというのはほとんど育っていない。貿易収支では、インポートブランドの一方的入超である。しかし、日本文化はパリモードに多くの影響を与えてきた。日本の着物は17世紀、長崎からオランダに伝えられた「将軍の室内着」まで遡って影響が見られ始め、その後19世紀後半になって着物の影響は大きな波になったとされている。きもののエキゾチックなシルエットや文様が、絵画のテーマになったり、生地のモチーフになったりした。絵画でのモデルのポーズが「見返り美人」的なものが多く画かれた。20世紀に入って、ヨーロッパの衣服がポール・ポアレやマドレーヌ・ヴィオネ、ココ・シャネルによって、コルセットやバッスルを用いた過剰な身体加工と装飾とから身体を解放し、機能性、簡素さを追求しようとしたときに、直線裁断し、身体との間にゆったりと間をとったきもものフォルムがモデルとなったという。同時に抜き衣紋や重ね着が西欧のデザインに加えられた。戦後、クリスチャン・ディオールのニュールックの中のHラインは和服の形を取ったものであった。100年前には、ルイ・ヴィトンは日本の家紋をそのブランドのイニシャルの周りにあしらって、バッグのモノグラムとした。エルメスやベネトン、アルマーニも最新モードに、日本の文様をそれらのモノグラムとしてふんだんに組み入れたという。そういえば、日本の家紋や文様には、著作権はない。もったいないことだが、日本人はこれらを古くさいものとしか見ていない。ここには明らかに感性ギャップが存在する。

一方、パリでは1970年代後半のプレタポルテ本格化の時期に、日本の高田賢三、三宅一生、川久保玲、山本燿司といったデザイナーたちが起こしたジャポニスム革命が高く評価された。ジャポニスム革命は従来の欧米の衣服観を震撼させるような異質の原理である質素、非対称、オーバーサイズを持ち込んだのである。そして最近、ロンドンでは日本のアニメをモチーフにしたファッションが若者たちの人気を呼んでいるのである。このような状況から、日本発のモードも夢ではないはずである。現在では、日本発モードの発表の舞台は、ファッションフォーラムやファッションリソースセンターの建物などが日本各地に整備されている。東京コレクションも開催されている。日本モードが強烈にアピールされるようになれば、モードビジネスの花が開く。オートクチュールからプレタポルテへ拡大し、さらにライセンス供与ビジネスへと進めるようにすべきである。パリのように、アメリカもブランドエクスポートやブランドライセンスビジネスの隆盛を目指している。しかし、最近はパリもニューヨークも面白くないという。日本の出番がきているのである。これによって、日本のアパレル産業は活性化され、縫製業界は息を吹き返すだろう。

 

世界に広がる日本の新文化 アニメや漫画「芸術の域」「精巧な仕上がり」と評価  読売 9-8-5(2)

 「最新の流行に敏感な米国の若者たちは、今や、(欧州文化の)ロンドンでなく、日本の新しい大衆文化に魅せられて、東京に目を向けるようになった」(7月20日付米ボルチモア・サン)日本製アニメ、漫画、ゲームといった日本の新しい文化が、世界のファンの心をとらえ始めた。「人気の兆候は至るところにある。『セーラームーン』など日本製アニメは、有望な市場を形成した。アニメや漫画の人気キャラクターは、Tシャツや広告に使用される。『たまごっち』のブームは、太平洋諸国を席巻し、ついには、米国の十代の若者が、この〃コンピューター製生き物〃を追い求め始めた」(同)「日本製アニメは、米国内ではかって、特定のマニアのものだったが、今や、爆発的な売れ行きで、年間六千万jの市場となった。『ドラゴンボール』は人気テレビゲームになったし、『セーラームーン』は昼間、全米でテレビ放送されている。『エヴァンゲリオン』などのアニメのファンは、小さな子供から大人まで幅広い層にわたる」(7月引日付米ロサンゼルス・タイムズ)

流行の秘密は何か。『日本製アニメや漫画は、細部まで丁寧に描いたイラストが命だ。日本は、アニメや漫画を、表現力の点で芸術の域にまで引き上げた世界で唯一の国だ』と専門家は指摘する。日本のアニメ、漫画が二十一世紀における世界の大衆文化の骨格を形成するだろう、とみる人々も多い。(7月29日付トロント・スター)「日本の大衆文化が、安上がりに作られ、原始的だとする米国の概念はすでに時代遅れとなった。最近のアニメや漫画の日本文化は、先端のテクノロジーを駆使して、精巧に仕上げられている」(7月20日付ボルチモア・サン)「米国のウォルト・ディズニー社が、日本製アニメ『もののけ姫』の配給権を獲得した。これは、日本製アニメが世界に通用するかどうかの重要なテストとなろう」(7月17日付英フィナンシヤル・タイムズ)だが、子供たちへの悪影響を懸念する声もある。「アニメや、漫画、ゲームが、日本の子供たちの無関心、疎外感を助長すると批判する意見は多い。『物質主義のまん延、趣味への没頭で、新世代は、家族や社会集団に属する」という観念を希薄にしていく。幻想と現実の世界を区別できない傾向がますます顕著になる』と専門家は言う。神戸での児童殺害事件の加害者は、暴力的なビデオのファンと伝えられる。『この犯罪は、今日の〃ゲーム世代〃の道徳観念の欠如を象徴するものである』とこの専門家は分析する。(7月29日付トロント・スター)(島)

 

新名所になる勢い  パリ日本文化会館館長 磯村尚徳    読売夕刊 9−10−24(5)

十五年越しの懸案であったパリの日本文化会館が、五月の公式行事に続き、九月二十四日から一般に公開された。最近のフランスにおける日本熱を反映して、最も楽観的な見通しをも上回る好調な出足を見せている。十月四日の土曜日には、図柄に文化会館とルーブル美術館に展示中の国宝百済観音をあしらったフランス郵政省の記念切手の売り出しが当館内で行われ、展覧会、日本映画上映会と重なったためもあって、干人近い人出で賑わった。エッフェル塔にほど近いセーヌ河畔に立つ翡翠色のスッキリした十一階建ての会館は、やがてパリの新名所になる勢いである。こけら落とし行事はフランス側の強い希望で「デザインの世紀―視覚情報の現在と末来」(監修 高階秀爾・田中一光、企画=伊東順二、空間構成=安藤忠雄)に落ち着いた。また、「武満撤響きの海へ」(企画・監修=船山隆)は大ホールで二週間のコンサートを行い、小ホールではジョエル・ロビュションとの日仏料理談議や映画の上映、また一般公開に先立ち、大ホールで今年のカンヌ映画祭で受賞した今村昌平監督の「うなぎ」を上映し、トロートマン文化相も駆けつけた。というような具合で、幸い今年はフランスにおける日本年とあって、会館をとりまく状況には追い風が吹いている。日本文化の多様な姿が間欠的でなく、集中的に紹介されており、フランス全国で五百になろうとする諸行事が相乗効果的に日本への関心を盛り上げている。その熱が冷めないよう、来年は日本におけるフランス年が予定されている。

〃逆片想い〃現象

私は今回が三度目の長期滞在だが、五〇年代の一回目はもちろん、三回目の七〇年代後半から八〇年代初めにかけてと比較しても、世紀末のフランスでの対日関心は、今度こそ本物という実感がしている。バブル時代に日本がチヤホヤされた頃と比べて日本への期待が薄れた事を嘆く人もいる。しかし、何事も相対的だから、もっと長いスパンで見ると、特に文化面ではひと昔前と違ってフランスの日本に対する〃逆片想い〃現象すら起きていると言えよう。最近五年間の芥川賞の受賞者の名前を言える人は、文芸詰の記者でも稀だと言われるのに、フランスでは、受賞作の全てが翻訳され、一定の読者層に知られている事実はご存じだろうか。シラク大統領自身、〃今では高等教育で日本語を学ぶ人が一万人、日本でランス語を学習する人よリ多いのでは〃と私に自慢していたくらいである。五〇年代に二人しかいなかった東洋語学校の日本語科の生徒は、今は千六百人に上り、一体どこに就職する気かと心配になるほどだ。純文学や映画にとどまらず、Manga(漫画)はフランス語として定着し、テレビのスイッチをひねれば日本製アニメの氾濫、会館入り口の「プリクラ」の機械には若者の列ができるといった調子で、大衆にも日本は身近な存任となりつつある。つまり、前世紀末のジャポニスム以来一世紀を経て、日本文化への関心は、広くかつ深くフランスに浸透し始めたと思う。一方通行から両面交通への機運が出てきて、日仏間に真の対話の機会が訪れた。その対話の輸を広げ、フォーラムを提供することが当文化会館の第一の目標である。そしてゆくゆくは、当会館が日本文化の発信にのみこだわらない。で、パリの文化景観の一部にとけこみ、グローバルな文化交流に役立ちたいとのアンビション(志とでも言おうか)を持っているのである。

共通する感性も

フランス人は、決してとっつきやすい人たちではない。自己主張が強く、時に偽悪的で、やや偽善的なアメリカ人のように調子は良くない。しかし、長く暮らしていると日本人の感性と共通する面も多いことに気づく。折柄、親日派のシラク大統鎖と知日派が多い社会党内閣は、三年続く文化交流を推進し、トヨタのフランス進出などを足がかりに、多方面にわたる日仏の提携を強めようとしている。今こそ日本もフランスという「狭き門」に入る絶好の機会を生かすべきだと強く主張したいのである。

 

(2)経営はCEEの満足度向上の実現

●CS(顧客満足度)の向上

オートクチュールは超高額であり、パリに40年代に45軒数えたメゾンで、世界中に顧客がたったの千人程度では存続の危機となり、15軒にまで減少してしまった。顧客がいない業界は消滅するのは当然。

 

またイギリスでは、純英国産車 風前の灯火 ロールス・ロイス 外資へ売却[読売 9−10−25(8)]と、次のように報じられたが、手作りの最高級車の名の高いロールス・ロイスも身売りする時代である。【ロンドン27日松田陽三】英重工大手のビッカースはニ十七日、高級車部門のロールス・ロイスの売却を検討していることを明らかにした。売却先としては独BMWや米フォ−ドなどの外国自動車メーカーか有力候捕に挙がっている。少数生産のスポーツカーを別にすれば、ロールス・ロイスは英国資本の最後の自動車メーカーで、外資への売却により純英国産車が姿を消すことになる。ビッカースは来年に新型モデルの発表を予定しているが、高騰する新型車の開発資金を工面できず、売却に踏み切る。ロールス・ロイスのエンジンはすでに独BMWが納入している。

一方、日本国内では、人口の高齢化、少子化により顧客の財布のひもが固くなり、顧客の数が減少してゆく。顧客を確実に惹き付けるには、顧客にとって価値のあるモノであることを要する。このために顧客の注文により生産するカスタムメードの時代となってきている。このカスタムメードはオートクチュールの高級仕立てとは異なる。業者が一方的に超高額の値付けをするのではなく、マス・カスタマイゼーションとして、大衆向けのカスタムメードである。注文による実需生産であり、売れ残りはない。アメリカでは、マス・カスタマイゼーションの時代が来ているとし、その例として、リーバイ・ストラウス社の女性用ジーンズのカスタムフィットの展開を上げ、その価格はおよそ70ドルで、3週間内にお届けとなっている。また、カスタム・フート社の販売展開の例では、注文靴について受注後通信によりイタリアへ連絡して製靴するが、女性靴で140−190ドル、3−4週間でお届けとしている。リーバイ社では、次に男性用ジーンズのカスタムフィットも開始を計画しているという。日本のパリ・ミキ社のアメリカ展開の「カスタム・眼鏡」(縁なしチタンフレームで180−200ドル、3日から1週間でお届け)も紹介されている。

日本では、東レ株式会社が、縫製工場(ファクトリー)とブチックが一体となったFFB(ファッション・ファクトリー・ブチック)を全国展開するという。FFBはブチックで顧客が好みの色、柄やデザインをコンピュータグラフィックスを利用して選ぶと、地下や二階などに併設する工場が「CAD」を駆使して「約1週間」で製品を仕上げる。扱うのは婦人向けのニットで、価格はスーツでも同水準のオーダーメードの「半額程度」という。銀座では、銀座ワシントン靴店で行っている「あなただけの靴」を扱うアドリブ売り場がある。「あなただけの化粧品」として注文できるポーラのアペックス・アイがテレビのCMに流された。そして、パソコン業界では、業務に応じたカスタムメードを打ち出した、GateWay2000では、直販システムにより競争力のある価格としている。

 

小売り進出、商慣行と決別   御幸毛織 丸地孝男社長                読売13-9-29(8)

一九〇五年の創業以来、高級紳士服地を製造してきたが、今後は小売りにも力を入れる。今月七日、銀座に紳士服の店「ミユキハンドレッドクラブ」を出店したのを手始めに、創業百周年にあたる二〇〇五年までに全国に十店舗を設ける計画だ。小売事業に進出する背景には、デフレ経済の進行と、毛織物業界の構造的な問題がある。この二つが、服地事業の土台を揺るがせている。日本の製品は価格が下がる傾向にある。国内に出回っている毛織物の約八割は中国産で、中国からの安い輸入品に押されているのが現状だ。一方、業界の問題としては、元卸しや仲買い問屋など決まった流通経路を通す取引慣行が残っている。決済手段も現金ではなく、手形決済だ。他業界にはない二百日を超える決済期限で、その間に取引先が倒産した場合には回収できない。古い商慣行と決別することが、まず必要だ。ただ、デフレだからといって、高級路線が通用しないわけではない。ほかの業界を見ても、例えば、都市型のホテルでは、高級感を打ち出した外資系ホテルに押されている。オーダースーツは高いというイメージがあるが、問屋などが介在しているから、余分に値が上がっているわけだ。当社の服地を直接、イタリアヘ縫製に出し、そのスーツを銀座の店で販売すれば、高級品であっても、値ごろ感のある商品を提供することが出来る。小売りへの進出で、顔が見えるビジネスを行えば、愛好者も増やせる。当社のブランドイメージを大切にしながら、新たな需要を掘り起こしていきたい。構造改革が進めば、経済も立ち直ってゆくだろう。政府は、効き目がある、具体的な改革を早く実行に移してほしい。

御幸毛織本杜・名古屋市。高級紳士服地メーカー。最近は婦人服の直営店も東京に出店、事業の多角化を図っている。2001年3月期の売上高(連結)は129億円。

 

受注生産(BT0/CT0) 採用メー力一の狙いは在庫削減 日経パソコン1997−10−17P22

最近、コンパックやNEC、富士通.ソーテックなどのパソコンメーカーが相次いで受注生産方式の採用に踏み切っている。受注生産とは文字通り.顧客の注文を受けてからその仕様に合わせて部品を組み込み.完成品を作る方式のことである。うまく機能すれば、製品在庫は待たなくてすむメリットがある。受注生産を全面採用しているデルコンピュータが.売上高を飛躍的に伸ばしつつ在庫削減に成功していることから、一躍注目を集めるようになった。

組み立てはメーカーか代理で

受注生産の方式は大きく3つに分けられる。1つは.店頭に製品を置かず.ィンターネットや電話.FAXで注文を受けてメーカーで組み立てる方式。いわゆる直販方式でデルコンピュータや、エプソンダイレクド、日本ゲートウェイ2000などが採用している。もう1つは主に代理店経由で注文を受け.メーカーが組み立てる方式。最近採用するノーカーが増えている方式で.NECやコンハック.富士通などが企業向けシリーズに適用している。このほかに.代理店が注文に応じて製品を組み立てる方式もある。例えば大塚商会は.企業向けの紺み立て販売を11月から試験的に開始した。受注生産を「BTO(Build To Order)」や「CTO(Configure To Order)」と呼ぶことも増えている。ただし、定義はあいまいだ。コンパックはBTOを「注文生産」、CFOを「注文仕様生産]と訳し.数種類用意した基本モデルを注文に応じて製造する方式をBTO.ユーサ一が注文した周辺装置やソフトなどを基本モデルに追加して組み立てる方式をCTOとしている.この定義に従うと、他社の方式はほとんどがCTOとなるが.一般的には受注生産=BTOと呼ぶことが多い。また、大塚商会は代理店か製品を組み立てる「チャネル・アセンプリー」をCTOと呼んでいる。

対象ユーザーは?

これまでも富士通やNECなどの量産メーカーは.数百台も発注する大手企業ユーザーに対しては、希望通りの仕様に対応していた。今後はその枠を拡大し.企業向けには1台からでも受注生産に応じる。当面は受注生産の対象を.企業ユーザーに絞っているメーカーが多いが、ソーテックは一般ユーザー向けの製品の受注生産方式を新たに導入している.

ユーザーのメリットは何か

例えばNECのPC98Mate NXでは、148通りの組み合わせの中からパソコンを選ぶことが可能だ。このため導入企業は、CPUやメモリー、ディスブレイなど希望する組み合わせの選択が可能で、無駄な支出を抑えられる。気になるのは価格と納期だろう。コンパックは基本モデルしか注文に応じないため、「生産や流通コストの低減効果で価格を最大24%下げた」。しかし、ユーザーの希望仕様に応じる他のメーカーは、受注生産を理由に値下げは行っていない。納期に関しては富士通は5日と宣言しているが、他社は1−2週間だ。ただし、受注生産を拡大していくためには、「しっかりした部品調達や受注管埋のシステムがないと難しい」(デルコンピュータ)という。               (服部彩子)

●ES(従業員満足度)の向上――リストラでなく終身雇用 日経10-11-29(13)

日本企業の競争力をそぎかねない古い慣行の一つに、年功序列などと並んで「終身雇用」を挙げる向きは多い。だが意外にも、不況に動じない「強い会社」には、終身雇用の堅持を掲げるところが目につく。雇用が流動化している米国でも、過度の人員削減で労使関係が荒廃したことへの反省から、雇用の安定を重んじる機運が表れている。「長期的にみて終身雇用は効率的ですらある」という指摘がある。

●ES(地球環境満足度)の向上――イトーヨーカ堂の自主企画商品「環境奨品」 日経10-11-29(10)

・環境配慮型の商品を分かりやすく提供する  ・各商品の機能などは一般製品並み

環境に配慮した自主企画商品。再生ペットボトルを使用したスポンジたわし、キッチンマット、無添加ポリエチレンを使った食品用ラッブなどの家庭用品三十七品を販売中。環境への負担を評価する基準を独自に設け、その基準を達成した商品をそろえた。原材料に再生紙を使ったり、環境への負担を削減する製造方法を採用した。ポスターなどで消費者に効果を訴えている。明確な基準に基づく環境配慮型の商品を使いたいといろ消費者の要望にこたえた。環境配慮型商品の新しい提供方法として評価できる。商品の機能やデザインは従来製品並み。

 

21世紀に向かって生き残るため、生産供給の変革のチャレンジが始まっているのである。

 

目次に戻る 

 

 

デザィナーのショーに招待 読売 9−10−21(18)

来月四日から下旬にかけ行われる98年春夏東京コレションに合わせて、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)は、参加デザイナ−のファッションショーに一般の人を招待する。宇治正人さんや比嘉京子さんなど、人気デザイナーが手がける二十五ブランドが対象。観覧希望者は、「招待状プレゼント」と書いた上、希望のショー(応募者多数の場合は抽選)、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、それに電子メールのアドレスのある人はこれらを明記してファクス(03−3498−5973)か電子メール(present@cfd.or.jp)で申し込む。締め切りは開催日が来月四日から八日までのショーが十月二十七日、来月十日から十五日までのショーが一日、十五日以降が十日。スケジュールの問い合わせはCFDの前記ファクスか電子メールで。インターネットのホームページ(http://www.cfd.or.jp/)でも情報を提供している。

 

ファッション・スクエア '97 読売9−10−22(38)

パリ、ミラノ、ニューヨーク、東京を代表するトップデザイナーの作品を紹介します。【1日】'98花井幸子コレクション【2日】ジバンシィ、ミラ・ショーン、ソニアリキエル、ヴァレンティノ【3日】アンナモリナーリ、DKNY、エトロ、ジー・エッフエ・エッフェほか【4日】「日本の美・きものコレクション」=ヒロミチナカノ、コシノジュンコ、KENZO、桂由美【5日】'98春夏セリーヌコレクション

※4日は二回公演、他は三回公演。入場料はいずれも五二五○円で、一部は難民救済に一充てます。期間中、シンポジウム、レオナ一ルフアツションのライプトーク、「へア−とメークの世界展」なども開催(一部有料)。【チケット】チケットセゾン、チケットぴあ、東京・大手町「読売新聞社サービスセンター」で。問い合わせは事務局(03・5458・5712)まで。主催=読売新聞社、東京ファッションフェア実行委員会/後援=東京都/特別協賛=東京ファッションタウン/協賛=資生堂、ジェ一シーシー、セリーヌ、花井、三共生興/協カ=日本航空など

 

 

 

ガブリエル・ココ・シャネル

クリスチャン・ディオール カール・ラガーフェルド  ギイ・ラロシュ  

ジャンポール・ゴルチェ ジャンニ・ベルサーチ ジョヴァンナ・フェガラモ

ジャン・フランコ・フェレ  ジョルジォ・アルマーニ   ビル・ブラス

カルバン・クライン  ラルフ・ローレン  三宅一生

 

●容器包装リサイクル法と廃棄物処理法の制定

 容器包装リサイクル法はテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンのリサイクルに関する法律であり、環境保全のためにリサイクルすることを求めている。

廃棄物処理法は法律で指定した特定機器廃棄物を対象にその処理について規定したものである。

 現在、日本の廃棄物は年に6千万トンとなっており、その1%の60万トンがリサイクルされているが、残りの殆どはそのまま、ないし焼却されて、埋め立てられている。このままでは、廃棄物により環境が破壊され、生活が脅かされる。しかし、廃棄物処理の費用負担が問題となっており、最終的には消費者の負担になると見られている。大量にものを作り、作りすぎとなって売れ残り、廃棄物とするやり方は、もはや許されない。

 

日本的経営は死なず 健在の労働者、政・官は自信回復を  古賀憲介(日新製鋼会長) 

                               読売9−9−23(12)

「日本的経営」という言葉ほど、毀誉褒貶相半ばするものはない。1979年ハーバード大学のエズラ・ボーゲル教授が「ジャパン アズ ナンバーワン、米国への教訓」を出版し、戦後の復興・再建、そして世界の目をみはらせた高度成長という日本経済発展の秘密を解説した時、我々はいささか面はゆい思いもあったが、一般にはこの評価は胸を張って受け止められ、日本人に自信を持つことを教えた。ボーゲル氏はこの著作を米国に対する教訓として公表した由だが、その後わずか20年の間に様相は一変した。米国は7年続きの好況を謳歌し、ニューヨークの株式は一時ダウ平均8000jを超えた。米国経済は循環不況を超越し、いわば前人未到のニュー・エコノミックスの時代に入ったとさえ言われている。これに反し日本の方はどうか。85年のプラザ合意以降、1j=240円前後の円レートが、急激かっ大幅に切り上げられ、95年には一時1j=80円を超えるようなゲバルト的円高が襲ってきたし、一方で資産バブルがはじけて、東京市場の平均株価はかっての3万9000円から一時は1万4000円台まで落ち込み、日本経済は逆に複合不況の長期沈滞期に入ってしまった。

このため日本経済、日本的経営の強さと言われたものが一転して、我々の構造改革そして21世紀への発展の足かせとして目のかたきとされるに至った。経営の現場から見るとどうして日本人はこうも右顧左眄するものかと思われる。今日の米園の繁栄の背景は、一つはドル安政策をとって米国産業の国際競争力をつけたことまたボーゲル氏の提言に沿って自動車その他に対する強力な保護貿易的産業政策を行ったこと、外国資本の直接投資・資本流入政策が成功したことであって、それだけでも十分説明できる。今日の日米間の格差は決して日本経済なり、日本的経営自体の欠陥に由来するものではないと私は信じている。もちろん日本の経済政策についても長い間には政策の誤りもあったし、また一部に官民癒着・腐敗もあったかもしれない。だからといって政治やこれを補佐する官僚が自信を喪失することはない。日本の特色を持った資本主義をしっかり再構築し、21世紀において国際社会に貢献するためには政・官においてなすべきことは山積している。自信を持って取り組んでもらいたい。日本的経営についても同じことが言える。多くの会社が右肩上がりの成長を過信し、資産バプルの夢のなかで経営戦略を誤り、厳しいリストラを余儀なくされたし、また大幅な円高を担っての国際的大競争時代への突入が日本の経営に大打撃を与えた。しかし、それでも日本の経営は耐えに耐えて新しい展開を模索している。日本の失業率はいまだ3%台で米国・EUと対比しても見劣りはしない。日本的経営を支えてきた基盤、すなわち知的水準が高く勤勉で忠誠心のある日本の労働者は健在である。例えば、従業員が自主的に小グループを編成し全員参加で職場の改善・改革を推進する日本独自の自主管理活動(英訳はJ・K活動)も依然活発である。94年度で対象資格者の65%、100万人が参加、提案件数は3400万件に上っている。その年間経済効果は3000億円を超えているという。このような活動を通じて日本の職場が単なる労働力提供の場ではなく、従業員の人間性発揮の場となっていることは日本の文化であり、誇りでもある。伝続はこれからも大事に守り育てて行きたいものである。

 

SPA 製造小売型専門店 Speciality Store Retailer of Private Label Apparel

 

MRA 製販同盟    (米)Manufacturer and Retailer Alliane

 

SPA (英) 鉱泉、温泉. 温泉場、保養地.

spa (伊) 株式会社

SP  (英) Sales Promotion 販売促進

 

★歴史・バーバリー社は、故トーマス・バーバリーが1856年、42歳で英国ベージングストークに洋服店を構えて創業。独自の防水布地によるコートは、王室御用達ともなった。

 

前近代的体質 また露呈 「商法違反」今度は松坂屋 読売 9−10−22(10) 

大手百貨店「松坂屋」の商法違反事件が明るみに出たことで、八二年の改正商法の施行以来、流通業界による総会屋への利益供与は七件目を数えることになった。きらびやかな店舗のイメージの対極にある裏世界とのつながりは、百貨店業界が抱える前近代的な体質をあぶり出している。日本百貨店協会は二十一日、政策委員会を開き、業界をあげて再発防止に取り組むため会員会社の役員で構成する「総会屋等対策特別委員会」の設置を決めた。各杜が情報交換して、「一社だけで」は拒否しにくい総会屋に毅然と対応する」(協会)趣旨という。流通業界が総会屋に胆われやすい理由については、これまでも@対外イメージを童視するあまり、ちよっとしたゴタゴタでも表ざたになるのを嫌う秘密主義A創業者一族による世襲やワンマン経営が多く醜聞を招きやすいB二月決算が中心で、株主総会が他業界の集中開催時期からずれるといった指摘が繰り返されてきた。さらに、アカウンタビリティー(説明責任)を基礎とする近代的な経営へなかなか脱皮できない、業界の古い体質もありそうだ。今回の事件では、鈴木正雄相談役による〃院政〃批判が取りざたされたこととの関連が注目されている。また、九六年六月に発覚しだ高島屋の商法違反事件では、前年の横浜高島屋など五社との合併効果について、総会量が徹底追及する構えを見せていた。百貨店各社は消責低迷をよそに店舗拡大に走っており、「合理性に照らすと説明のつきにくい経営が目につく」(業界筋)のは事実だ。(貞広責志、関速記事1面)

 

日本百貨店協会長 代行に山中東武社長 読売 9−10−22(10)

日本百貨店協会はニ十一日の政策委員会で、ゴルフ場開発問題で三越の坂倉芳明前会長が協会会長を退いたのに伴い、山中鎖・東武百貨店社長を会長代行に選任した。来年五月の定時総会で新会長を選任する。山中会長代行は伊勢丹専務、松屋社長などを暦任、九〇年七月から東武百貨店社長を務めていた。

 

蛇の目が業績予想下方修正 98年3月期  読売 9−10−22(10)

経営再建中の蛇の目ミシン工業は二十一日、九八年三月期決算の業績予想を下方修正し、経常損益が二年連続の赤字になるとの見通しを明らかにした。同時に、工場閉鎖や人員大幅削減などを柱にした合理化計画をまとめ、経営立て直しに取り組むと発表した。計画によると、主力商品である家庭用ミシンと二十四時間ぶろを生産している小金井工場(東京都小金井市)を閉鎖し、高尾工場(同八王子市)に集約する。跡地は売却する予定で、すでに交渉を始めている。九八年三月までに、定年退職などによる自然減百人と、支店統廃合による退職者二百人を見込むほか、希望退職者二百人を募集する。削減が計画通りに運んだ場合、現在の約千五百人体制は約三一分の二の千人体制となる。これらの合理化により、九九年三月期決算で経常損益の黒字転換を目指す。

 

仏の暗部また浮上 パポン裁判 政府、資料開示へ   読売 9−10−22(8)

【パリ21日=鶴原徹也】第二時大戦時、フランス南西部ジロンド県事務長の立場でナチスドイツに協力し、千五百人以上のユダヤ人の強制運行を指示したとして「人道に対する罪」に問われているモーリス・パポン披告(元予算相)の裁判が、もう一つのフランス現代史の暗部を浮かび上がらせている。罪状に直接の関係はないものの、パリを舞台とした一九六一年のアルジェリア人弾圧事件が被告の人格を示すとして、法廷の争点に加わったからだ。被告は当時、パリ警察長官を務め、弾圧を指令したとされる。これを受け、仏政府は、非公開だった当時の事件資料の開示を決めるなど、真相究明に手を貸す方針を示した。弾圧事件は、程度は異なるが、対ナチスドイツ加担問題と並び、フランス人にとって、消し去りたい現代史の暗部とされ、歴史の闇に葬られていた。抗仏独立アルジェリア戦争渦中の六一年十月十七日夜、パリでアルジェリア民族解放戦線(FLN)組織が三万人デモを強行し、それをパリ警察が阻止する過程で弾圧事件は起きた。当初、「セーヌ川やパリの通河に多数のアルジェア人の遺体が浮いた」と証言が相次いだにもかかわらず、「公式」には「死者三人、負傷者六十四人」とされ、捜査は早々に打ち切られた。交戦中という事情や対アルジェリア人差別意識などが、事件隠ぺいに作用したようだ。サルトルら一部知識人は真相究明を訴えたが、黙殺された。ようやく、九○年代以降、事件の「発掘」が進み、パリ警察によるデモ隊への発砲、逮捕後の拷問などで「二百人から三百人」のアルジェリア人が虐殺されたとの見方が歴史学者らの間では有力になりつつある。ジロンド県重罪裁判所で今月始まった、人道に対する罪の裁判で、検察は、パポン被告が当時、パリ警察長官として、弾圧から隠ぺいを取り仕切ったと糾弾し、ユダヤ人を強制収容所に移送した人格が、アルジェリア人弾庄にも反映されていると指摘した。これに対し、被告は「セーヌ川に投棄されたアルジェリア人の死体は、十五から二十あったむと証言する一方、アルジェリア人の虐殺は「FLNの内部抗争」と主張し、パリ警察の関与を否定した。この法廷攻防の報道を通じて、弾圧事件に一気に光が当たった。このため、シュベヌマン内相が「真相究明の用意がある」と発言したのに続き、トロットマン文化・通信相が事件にかかわる公文書開示を決めた。フランスでは、国防や治安に絡む公文書は六十年間非公開が原則で、開示は極めて異例の措置だ。

 

世相を写して映画の50年(読売9−11−2 9面 桜井修 説)

昭和20年代は、三船俊郎(汗と泥にまみれた三船の生命力は、焼け跡と闇の時代に合っていた)

             (就業者に占めるサラリーマンの比率20%)

  30年代は、石原裕次郎(暴走の危うさを秘めた裕次郎のまぶしさも、高度成長の時代背景にマッチした)           (就業者に占めるサラリーマンの比率30%)

  40年代は、高倉健(この時代に就業者に占めるサラリーマンの比率が一気に高まった。高倉の刃は             敵を切るだけでなく、閉ざされた経済社会の換気口を銀幕の上に切り開いた)            (比率は50%超)

  50年代は、渥美清(サラリーマンにない生活が社会を惹き付けた)

 

スーパーの起源(「スーパー」から包装革命(読売9−11−4 15面)

 1953年 東京・青山「紀ノ国屋」開店、わが国初のスーパーマーケット

   57年 大阪 「主婦の店ダイエー」オープン

   58年 東京・千住に「イトーヨーカ堂」1号店出店

スーパーマーケットの時代の幕が開けられた。

  60年代 「包装革命の時代」と位置付けている。缶ビールの登場。

 

時代とXX族 現在用語の基礎知識 1984   P923

昭和31年 太陽族 (石原慎太郎の小説「太陽の季節」から、既製のモラルを超えた若者たち

   34 カミナリ族(マッハ族) 暴走族の初期   団地族(団地ができたので)

   36 六本木族 (六本木で遊ぶハイテーン)

   39 みゆき族 (銀座のみゆき通りを歩く男女、男はアイビールック、女はロングスカートにぺちゃんこ靴)

   40  アイビー族(ハーバート大学生などを真似た若者)  エレキ族(エレキギター熱中者)

   40−41 原宿族(夜に原宿でスポーツカーやバイクに乗る若者)

   42  フーテン族(新宿乞食)  アングラ族

   46 アンノン族(雑誌アンアン、ノンノン片手で観光地を訪れる女性)

   52  サーファー族(サーファーの格好の若者たち)

   54  夕暮れ族(吉行淳之介の「夕暮れまで」のような中年男子と若い女性のカップル)

   55  竹の子族(日曜に代々木公園に集まるブティック「竹の子」の服を着た若者)

   56  クリスタル族 (田中康雄の小説の「何となく、クリスタル」から)

   59  くれない族 (夫がかまってくれない…と不満の多い主婦層)

   61  アンマリ族 (アンマリッジ―結婚しないキャリアウーマン登場)

   62  カウチポテト族(人付き合いが悪く、カウチでビデオを見て過ごす若者)

   63  ノルウェイ族 (村上春樹の小説「ノルウェイの森」)から、仕事にも恋愛にも真剣な若者層)

 

パリから  駄々っ子に映る最近の仏    読売9−11−8(6)

 わがままを言い、欲しいものは泣き叫んででも手に入合れようとする子供、というのが駄々っ子の定義だとすれば、フランスという国、あるいはフランスの人たちを、そう例えるのは妥当ではないだろう。第一、この国は小さくないどころか国連安保理常任理事国でもある大国だし、加えて、欲しいものを欲しいという時には、それなりの理由、大義はちゃんと用意されているのだから。ただ、最近、フランスで起きていることを見ると少なくとも他のヨーロッバ各国の人たちの目には、そのように映るだろうと思ってしまう。まず、長距離トラック運転手たちのストライキと道路封鎖。経営者、労組、政府の三者交渉は連日続いているが合意に達せず、二日夜以来の封鎖のため、全国一万八千か所に及ぶ石油スタンドの三分の一でガソリンが底をついている。ストロスカーン財政・予算相は「今年のフランスの経済成長率見通しに変化はない」と楽観姿勢を示し、人々の懸念をなだめようとする。フランスはそれでいいとして、他の国々の被る影響、反応を考える必要がある。フランスは欧州大陸の真ん中にあり、整備された道路網がクモの巣のように津々浦々を覆うo高速道路には実に様々な国のナンバープレートを付けたトラックが走っている。文字通り、欧州物流の大動脈を、商品という栄養素をのせ、トラックという名の血液が循環している感じがひしひしとわかる。その血液の流れが止まれば…。欧州の各地で、工場関係者が、市場の小売商が悲鳴をあげている。スペインで採れたオレンジをベルギーに輸出するためには、やはりフランスの道路網を利用しないわけには行かない。当然、農民が怒る。そしてだれよりも各国の運送業界が怒る。こういった怒りがフランスのトラック運転手、政府へと向けられるのは、自然の流れだろう。しかし、運転手たちの肩を一方的に持っわけではないが、彼らの言い分にはもっともな点が多い。拘束時間は長いのに、サラリーは最低賃金すれすれで、他の業種に比べるまでもなく、安い。従って、彼らを駄々っ子のようだと評するのは当たっていない。ただ、言わば内輪のけんかのあおりを食った形のよその国にとっては迷惑な話である。そうした不満が各国の間にうっ積しているところへ、フランスがまた別の難事を持ち込んだ。来春、独フランクフルトで発足が予定される欧州中央銀行(ECB)の初代総裁候補として、トリシェ仏中銀総裁の名前を挙げたのだ。単一通貨ユーロの実現を目指す欧州連合(EU)は、来年五月までに、最初の導入国を決める。ユーロ導入と同時にECBが発足し、金融政策の元締めとしての役割を果たすことになる。これまで、その前身に位置づけられる欧州通貨機関(EMI)のドイセンベルク総裁がECB初代総裁におさまるというのがほぼ常識的な見方だった。それがフランスからの突然の名乗りである。ドイセンベルク氏の出身国オランダをはじめ各国は面食らい、不快感を隠さない。ここでもフランスには言い分がある。「(通貨)統合へと欧州をけん引してきたのは仏独両国である。中銀の所在地がドイツなら、総裁はフランス」(仏フィガロ紙)というのが中身で、この件では、右のシラク大統領も左のジョスパン首相もぴったり息を合わせる。「欧州のだめを思うなら、大国が欧州金融政策を左右していないことを示めすためにも、小国出身の総裁がふさわしい」(英フィナンシャルタイムズ紙)という議論になど耳を貸す気配もない。冷戦が終わって米国が唯一の超大国となって、フランスはますます米国の外交政策に異を唱えるようになった。その時よく使われる表現は「米国のごう慢」である。しかし、今の欧州では、フランス自身がごう慢だと見られてはいないか。だとすれば、その評価のもたらす結果は、駄々っ子扱いより始末に因ることになろう。東欧のある知人と電話でしやべり、「こっちへ来たら、いっでも大歓迎」と言ったら、「いや結構です。フランスは嫌いだから」とにべもない返事だった。彼はEU内の人間ではないけれど、そうした空気が西欧の人々の間に広がらなければいいと感じざるを得なかった。

 

*ストッキング  最初は貴族の男性用  読売夕刊 9−11−7(5)

戦後、強くなったのは女性と靴下、という。この靴下、すなわちストッキングは、実は女性ではなく男性用の歴史の方が長い。誕生は16世紀のヨーロッパにさかのぼる。貴族の男性が短い胴衣の下に、タイツ風のズボンをはいたのが始まり。1911年、平塚らいてうらが「青鞜」を創刊し、日本の女性解放のシンボルとなったが、ストッキングか女性のおしやれ用品となったのは、この20世紀初めになってからだ。青鞜社は18世紀、イギリスでインテリ女性たちが「ブルーストッキング」と呼ばれたことにちなんているが、実はここでも男性が登場する。女性たちのサロンに参加していたある紳土が、青いウールの靴下をはいていたのが語源なのだ。38年にアメリカのデュポン社が、絹に代わりナイロン製ストッキングを発明し、世界的に広がった。50年代に縫い目がない製品か登場し、60年代、ミニスカートの大流行とともに、腰まてのパンティーストッキングが一気に普及した。77年、ナイロンにボリウレタンを合わせ足をひき締めるサポーティーストッキングが日本で発売されて以来、素材競争が続いている。糸の太さは、ナイロン一グラムを9000メートルに伸はした時の太さという独特のデニールで表わす。日本人の髪は平均約50デ二−ルに対し、現在のストッキングの糸ほ、半分以下の10〜20デ二−ルだ。厚木ナイロンエ業の新製品「ナチユア(500円)‐写真‐は5〜7デニールの3本の極細の糸を巻き、素足の感覚を大事にした、むれないはき心地がポイントだという。タイツは20デニール以上の太めの糸を使い、透けないものをいうが、グンゼは薄手のタイツの上に網目のストッキングを重ねるはき方を提案している。男性用では、太い糸を使ったタイツが健在。スキーやバイクの防寒用として、冬場にかけて本格的な商戦を迎える。(稲沢裕子)

 

〈バラの騎士〉の夢 オペラで考えた芸術と娯楽性 岡田暁生著 読売書評 9−11−9(11)

著者によれば、十八世紀までは上流階級の独占物だった「芸術音楽」が、十九世紀に入って一般大衆に解放されたが、犬衆化は必然的に通俗化を伴い、高度な芸術と低俗な娯楽との分裂がそこに生じ始めた。この分裂は二十世紀に至ると決定的に修復不能となったが、その中で、双方をつなぎとめ、芸術の高い水準と娯楽性(商業的成功)とを両立させ得た最後の作品が、「バラの騎士」だったという。

(春秋社、三五〇○円)◇おかだ・あけお=一九六○年京都府生まれ。神戸大学助教授・西洋音楽史。

 

●アパレルメーカー: (頁27より続く)

別表は、『日本のアパレル企業・売上高ランキング』であるが、この大半は製造卸タイプである。これらの上位企業は、市場規模の大きい婦人服、紳上服を扱っており、それらを総合的に扱う企業ほど売上高も大きい。しかしワコールやミズノなどのように下着、靴下、スポーツ衣料で高い市場占有率をもち、上位を占める企業もある。

日本のアパレルの生産統計を毎年まとめている、繊維工業構造改善事業協会の繊維情報センターによると、一九九○年(一〜二月)の日本の衣料生産は、四兆三三五○億九九○○万円。これは前年比一・二%増であつた。数量べ−スでは別表のように前年比九八・一%で減っている。これは、単価アップがあったからである。一点当たりの平均単価は、この年三・二%の上昇になっている。同センターはこの理由を人手不足が生産減につながり、工賃や物流費の上昇が単価アップに影響したのではないかと分析している。この生差統計には、日本のアパレルを生産している業者の組織、全日本婦人子供服連合会など八団体が協力しており、ほぼ日本のアパレル生産の実態を反映している。この表をもっと細かく見ると、一九九○年という年はスポーツ・ウエアが数量、金額ともに四%以上伸びたことがわかる。そして、それも紳士・男児服が婦人・女児服よりもずつと伸びたこともわかってくる。この反対は紳士・男児のナイトウエアで、数景で前年比八○・一%で金額では同七九・○%まで落ちている。この年、日本の紳士と男児は戸外でスポーツを楽しみ、ナイトウエアヘの関心は低下させたのか、それともパジャマが寝室から居間に進出したことの反対でスポーツウエアがナイトウエアのジャンルに進出したのか。生産統計は読み方によっていろいろなことを考えさせてくれる。

 

 

ゴミと化学物質  酒井伸一著 現代社会への非常事態宣言 読売書評 10-7-26(10)

 「本書は、廃棄物と化学物質からみた現代社会への非常事態宣言である」と冒頭に著者は書いている.読み進めるうち、まさにその通りだと思わずにいられなくなる。ものを購入する、ものを消費する、という行動様式を通じてゴミが発生する。実生活の中では、ゴミを焼却したり廃棄処分すれば、それですべて終わりと考えがちだが、実はそこから本当のゴミ間題が発生する。香川県.豊島にはおびただしいゴミが不法投棄されている。ゴミを焼けばダイオキシンがでる。洗剤、乾電池、農薬、医薬品などが生産される過程や生産物の中で、十万種の化学物質が生じている。こうした化学物質のあるものは、微粒子となって環境中に拡散し、外因性内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)として、生体に悪い影響を与えるのがある。好むと好まざるとにかかわらず、私たちは必然的にこうした物質に囲まれ、かかわって生活している。GDP(国内総生産)の増加に比例してゴミも増加してきた。物質文明の享受と引き換えに、私たちはいかにゴミを生産し、ゴミに埋まってきたことか.著者はその実態と社会システムとして出来上がっているゴミ生産の仕組みを、実例と各種データを示しながら解き明かしてくれる。ゴミの増大で従来型の処理では限界が見えてきた。ゴミ処理対策と処方をどうしたらいいか。本書の後半で書かれている次世代ゴミ管理への提言は、ゴミを出さず、リサイクルを考え、適正に処理する循環型社会への脱却である。化学物資の管理が主題になっているものの、話はゴミ全体に通じている。考えてみれば、私たちはゴミ発生の加害者であり、ゴミから受ける負の影響の被害者でもある。ゴミの増加を前提とした減量の取り組みには、明確な政策意図と目標設定がなければとても実現は難しい。それにはまず、生活者が知恵を出し、意思表示をし、行動を起こせと著者は言う。(岩波新書、660円)◇さかい・しんいち―一九五五年生まれ。京都大学環境保全センター助教授。

 

インターネット 環境ホルモン ホームページ (98-8-22現在)

 立花 隆   http://www.iijnet.or.jp/kodansha/wgendai/

月刊BART http://www.bart-magazine.com/

環境庁 http://www.eic.or.jp/

学びと環境の広場 http://www.kcn.or.jp/~gauss/

 

世紀末の不透明  何とかしてグレー    読売夕刊10−9−19(3)

「灰色」の意味を「広辞苑」でひくと、「@灰のような薄黒い色。鼠色」「A陰気なこと。また、無味乾燥なこと」とある。暗く、さえないことを象徴する灰色が今、街で大流行の兆しを見せている。百貨店のショーウインドーに陳列されたマネキンの服もファッション雑誌のグラビアもグレー一色。サラリーマンのダークスーツ姿を「ドブネズミ・ルックしなどと揶揄してやまなかった20歳前後の若い女性までもが、気が付くと、渋くて地味なグレーに染まり始めている。それにしても今ごろ一体、なぜ?日本流行色協会は「白、黒、紺、茶、ねず(灰色)といったファッションの基本色の中で、唯一今まで流行したことがないから」と話す。アパレル業界のデザイン競争の末、ありとあらゆる色とデザインが出尽くし、最後に残ったのが灰色という訳だ。もっとも色が地味な分、限りなく黒に近いチャコールグレーや、生地の表面が鈍く光るシルバーグレー、さらに緑がかったグレー、茶色がかったグレーなどバリエーションは広い。おしゃれの上級者は白のシャツの上に黒の透けるシャツを重ね着し、遠目からグレーに見えるように演出したりもする。一方、グレーの服に身を包んだ女性たちの意見は「だれにでも似合い、汚れも目立たない無難な色だから」。「広辞苑」の「灰色」の項目には、もう一つの意味がある。「B主義・主張などのはっきりしないこと。また、犯罪容疑が完全には晴れていないこと」。先行きが不透明な世紀末、グレーは新しい時代を迎えるまで模様眺めを決め込む消費者の"保護色。なのかもしれない。(彦)

以上