河内 保二の経歴とプロフィール

氏名 河内 保二   (本名 河内 保)
本籍 東京都杉並区阿佐谷北3丁目480番地
大正15年(1926年)11月16日生まれ(満89才)
現住所 東京都杉並区阿佐谷北3丁目39番5号
 
所属 経済工学リサーチ(主宰)
所在地  東京都杉並区阿佐谷北3−39−5  〒166-0001
TEL : 03 - 3330 - 7166
TEL : 03 - 5938−7156
E−Mail:y.kawauchi@jcom.home.ne.jp
鳥取県経営革新アドバイザー、岐阜県製品技術研究所コンソシアム・アドバイザー
日本女子大学・衣の会会員

 

世界遺産登録の熊野三山神社の中心、熊野本宮大社ご斎行の歌会(献詠披講式)に小生の献詠歌が多数の歌の中から入選三首の中に選ばれたとのお知らせを頂き、まことに身に余る光栄と感じ入りました。歌のお題は「光(ひかり)」であります。歌会は平成二十四年十月六日挙行されました。小生の献詠歌は次の通りです。

那智の滝 落ちてしぶきに かかる虹

光充ちたる 神の架け橋

・・・会社技術顧問歴・・・

1. JUKI株式会社 技術顧問
2. 一廼穂株式会社 技術顧問
3. 日清紡績株式会社 技術顧問
4. 台湾経済院CSD 技術顧問
5. イオン系 リフォームスタジオ株式会社技術顧問 

・・・技術専門家、技術アドバイザー歴・・・

1. 日本貿易振興会 アパレル縫製技術専門家
2. 東京都技術アドバイザー
3. 埼玉県技術アドバイザー
4. 群馬県技術アドバイザー
5. 栃木県技術アドバイザー
6. 新潟県技術アドバイザー
7. 山形県技術アドバイザー
8. 鳥取県技術アドバイザー

・・・大学非常勤講師歴・・・

1. 日本女子大学
2. 和洋女子大学
3. 聖徳大学短期大学部

・・・政府審議会委員歴・・・

1. 通商産業省産業技術審議会専門委員
2. 通商産業省繊維工業審議会技術問題委員

・・・著書リスト(近著分)・・・

1.儲かる縫製工場ガイド
2.これで納得 縫製工場ムダ取りガイド
3.日中服装技術辞典
4.チェックリストによる 少量・短納期生産 モデル縫製工場 実践ガイド

@nifty
INTERQ
URL

http://homepage3.nifty.com/E2kawauchi/index.htm

http://www.interq.or.jp/tiger/kawauchi/index.html

 

学歴
    工学では… 昭和22年3月 横浜工業専門学校(現横浜国立大学)機械工学科 卒業
    経済学では… 昭和25年3月 中央大学経済学部 卒業

職歴 
昭和25年4月〜28年8月 日本ミシン工業会 技術部 勤務
昭和28年9月〜30年3月 東京測範株式会社(現日本電産潟gーソク)勤務
昭和30年4月〜32年4月 三浜精機株式会社設立し、取締役技術部長に就任
昭和32年5月 東京重機工業株式会社(現JUKI)入社、治工具設計担当
昭和32年9月〜34年3月 同社 工業ミシン設計開発担当、刺繍ミシン、千鳥ミシン、メス付きミシン、差動送りミシンなど設計開発。

右の写真は巨人軍・長島監督の永久欠番「3」を小生当時設計開発した工業用刺繍ミシンJUKIのLZ-391で縫い込んでいるところです。
[平成12年1月21日(金)朝日新聞掲載およびスポーツニッポンなどスポーツ4紙、前日20日夜のニュースJAPAN/プロ野球ニュースでも放映]

使用されている刺繍ミシンLZ-391の写真

2001 年9月28日長島監督は巨人軍監督勇退発表
巨人軍の終身名誉監督に…背番号「3」忘れない

昭和34年4月〜39年8月 同社 カードパンチ開発担当、電子課長に任命さる
昭和39年9月〜42年3月 同社 開発部設計課長
昭和42年4月〜46年3月 同社 技術研究所開発プロジュサー、通産省工業補助金による開発実施  
    昭和45年1月〜2月 アメリカ・ボストンのUSMC社研究所にて縫製ロボットの研修を受ける
    昭和46年4月〜50年10月 同社 技術研究所自働機開発室長
昭和50年11月〜53年9月 同社 工業製品販売部参事
昭和53年 10月〜55年3月 同社 ソーイングセンター所長
昭和55年4月〜56年11月 同社 縫製能率研究所長兼ソーイングセンター所長
昭和56年12月〜61年11月 同社 工業ミシン事業部専門部長兼縫製能率研究所顧問             
昭和56年度より平成3年9月までの9年間、通産省工業技術院大型プロジェクト「自動縫製システム」研究開発に参加し、同研究開発組合の運営委員長、アパレル分科会長およびシステム分科会長として従事した。
    昭和58年4月〜平成7年3月 日本女子大学非常勤講師
昭和61年12月〜平成3年9月 同社 技術顧問
平成3年9月末 JUKI社 退職
平成3年10月〜 経済工学リサーチ設立、主宰 今日に至る
平成3年4月〜平成15年3月末  聖徳大学短期大学部 非常勤講師
平成4年7月〜5年7月 京都 一廼穂株式会社 技術顧問
平成6年11月〜8年 台湾 経済院CSD 技術顧問
平成6年2月〜10年3月31日まで 
日清紡績株式会社美合工場研究所 技術顧問
平成6年4月〜平成11年3月末 
和洋女子大学 非常勤講師
平成9年4月〜平成10年  東京都ミシン商工業協同組合 高等職業訓練校講師
平成10年
11月8日〜25日 JETRO委嘱によりタイ国アパレル企業3地区20社指導
平成11年10月〜平成12年9月 東京都ミシン商工業協同組合アパレルテクニカルセミナーのコーディネーター
平成12年6月〜 
鳥取県経営革新アドバイザー
平成14年7月〜11月 岐阜県客員研究員に招聘さる
平成14年12月〜 岐阜県地区コンソシアム・アドバイザー
平成19年1月〜6月 イオン系 リフォームスタジオ株式会社技術顧問
研究発表
   昭和59年イギリス繊維学会香港総会に「縫製のメカナイゼション」についてスピーチを行った。
平成2年アメリカ、イギリス、スウェーデン、フィンランド、フランスの研究所、大学において「自動縫製」について研究発表を行った。

 

 
外部委嘱 
昭和29年4月〜30年3月 通産省 日本工業標準調査会 委員
昭和50年4月〜54年3月 通産省 中小企業事業団 技術開発委員会 委員
昭和51年6月〜12月 通産省 繊維工業構造審議会 協力委員
昭和51年11月〜64年1月 通産省 生活産業局 アパレル産業システム化委員会 委員
昭和56年1月〜2月 通産省 委員としてアメリカへアパレル産業調査出張
昭和57年6月〜59年6月 通産省 繊維工業審議会 技術問題委員
昭和58年3月〜平成2年2月 通産省 大型工業技術研究開発連絡会議 専門委員
昭和58年8月〜昭和59年7月 通産省 日本工業標準調査会 専門委員
昭和61年12月〜平成2年8月
通産省 産業技術審議会 専門委員

・・・近況・・・
近況を楽天の私の日記に記載してます。日々の考えや俳句など腰折れを掲載中。ご関心の方は次をクリックして下さい。楽天「私の日記」はここをクリックすると閲覧できます。

わが生の 証し二つと 思うなり 自動縫製 客業生産  朴粋
現役の 自動縫製 老後には 客業生産 生きし証しに  朴粋
 

客業生産についてはインターネット検索において「客業生産」を検索してご覧下さい。

縫製工場指導歴 
◆国内
東京都技術アドバイザーとして昭和56年〜平成9年3月 都内縫製工場指導
鳥取県技術アドバイザーとして62年〜平成11年3月、県内縫製工場指導
    鳥取県経営革新アドバイザーとして平成12年4月登録、県内縫製工場指導。
この他、埼玉、栃木、群馬、山梨、山形、新潟各県の技術アドバイザー歴任 
◆海外
ケニヤ・タンザニア JETRO 現地縫製工場巡回指導、セミナー講師
フィリピン JETRO 現地縫製工場巡回指導、セミナー講師
タイ JETRO契約技術専門家として 現地縫製工場巡回指導、セミナー講師(計6回)
台湾 経済院CSD の委嘱 技術顧問として 台北、高雄で 生地ハンドリング技術開発指導(計3回)    
    中国  日清紡技術顧問として 上海、杭州及び寧波 主要ワイシャツ工場縫製技術指導
    中国 南通 現地縫製工場 プラント建設指導                                     訪問国数 計22カ国
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

縫製工学教育歴
 
   ◆大学
日本女子大学 非常勤講師 縫製科学、アパレル品質管理 昭和58年〜平成7年
   
    聖徳大学 非常勤講師 工業縫製概論、アパレル生産論、ファッションアパレル経営論 平成3年〜平成15年
和洋女子大学 非常勤講師 被服構成学製造篇、アパレル縫製論  平成6年〜10年
中小企業大学校 講師 アパレル技術の動向 昭和57年〜昭和60年
 
専門
工場経営指導、縫製技術指導、自動化技術、品質管理など

◆◆◆海外渡航記録◆◆◆訪問国数22か国◆◆◆

1970年 アメリカ(ニューヨーク、バージニア・リッチモンド、ボストン、ハワイ)…ロボット研修
     フランス(パリ)…ITMA展アテンド
1975年 ポーランド(ワルシャワ、ボズナム、ウッジ、クラクフ、オスフィッチム)、東ドイツ(ベルリン、ライプツィッヒ)、チェコスロバキア(ブルノー、プラハ)…主目的はライプツィッヒメッセのアテンド(同メッセでゴールドメダル受賞)
1976年 中国(北京、広州)、香港…北京で国営縫製工場に自動ミシンの導入指導
1979年 西ドイツ(ボン、ケルン、デュッセルドルフ)、フランス(パリ)、スイス(ジュネーブ)、イタリア(ローマ、ポンペイ)…ケルン展視察
1980年 アメリカ(ニューヨーク、フィラデルフィア、ボストン、サンフランシスコ)…通産省市場調査委員として出張
1982年 台湾(台北、高雄)…縫製管理技術指導
1983年 イギリス(ロンドン、ノッチンガム、スポンドン・ダービー)、スウェーデン(ボロス、ストックホルム)、フランス(パリ)…自動縫製技術交流
1984年 香港…イギリス繊維学会TI香港総会で研究発表
1985年 ケニア(ナイロビ、モンバサ、キスム、エルドレッド)、タンザニア(ダルエス・サラーム)…縫製技術指導
1988年 フィリピン(マニラ、セブ)…縫製管理セミナー講師
      タイ(バンコック)、シンガポール、マレーシア(クアラルンプール)…タイは縫製工場指導、セミナー講師
1989年 タイ(バンコック)…縫製工場指導
      タイ(バンコック)…縫製工場指導
1990年 アメリカ(ダラス、ラリー、ニューヨーク)、イギリス(ロンドン、リーズ、ノッチンガム)、スウェーデン(イエテボリ、ストックホルム)、フィンランド(ヘルシンキ)、フランス(パリ)…自動縫製技術交流
1991年 台湾(台北)…自動縫製セミナー講演
      スイス(ジュネーブ)、フランス(シャモニー)、ドイツ(メンヒェングランドバッハ、ケルン)…ケルン展見学
1993年 ドイツ(フランクフルト、ケルン)…ケルン展見学
      台湾(台北)…自動縫製技術指導
1994年 台湾(台北、高雄)…自動縫製指導
1995年 イタリア(ローマ、フィレンツェ)、ギリシア(アテネ、エーゲ海)…視察
      中国(上海、杭州、寧波)…日清紡顧問として縫製指導
1998年  タイ(バンコック、チェンマイ、コーケン)…縫製工場緊急指導
2001年 中国(上海、南通)…縫製工場指導
2002年 韓国ソウルツアー

著書
◆共著
繊維便覧 第3版(丸善)、CIM/FA事典(産業調査会)
新アパレル工学事典(繊維流通研究会)、実践的品質管理(繊維流通研究会)
アパレル生産管理、アパレル生産管理T、アパレル生産管理U、アパレル製作技術U(いずれも繊維産業構造改善事業協会)など多数
◆単著
アパレル技術の動向(中小企業大学校刊)
儲かる縫製工場ガイド(繊維流通研究会刊)
縫製工場ムダ取りガイド(繊維流通研究会刊)
日中服装技術辞典(繊維流通研究会刊)
チェックリストによる少量・短納期生産モデル縫製工場実践ガイド(繊維流通研究会刊)
◆監修
アパレルテクニカルテキスト(東京都ミシン商工業協同組合刊)
◆科学誌連載
繊維科学誌に13年間論文連載
◆業界新聞連載
日本アパレル機器新聞に4年間連載
   近代縫製新聞に14年間論説連載中 
   岐阜リサーチニュースに8年間連載中
 

◆著書、著作のリストの詳細については、
ここをクリックしてご覧になれます。

日本女子大百年館

平成13年3月完成の高層棟で、最新の建物構造ヘルスモニタリングシステムが採用されている。光ファイバーセンサーを駆使して、地震などによる柱や梁の歪み量などをチェックし、常時、構造の安全性を診断、監視する。時代は百年の寿命を持つ建物の建設を要請しており、維持・管理するために高度の技術が必要となっていて、清水建設により最先端の建造物「モニタリングシステム」が登場し、採用された。3月18日島崎教授をお訪ねした時は、桜が咲き始めていて、かっては非常勤講師としてキャンバスの桜の盛りを観賞したことを懐かしく思い出した。

日本女子大
成瀬記念講堂


 明治三十九年(1906)建築で、創立者成瀬仁蔵の名を冠した講堂で、成瀬仁蔵の教学の理念と学園の歴史を明らかにし、広く女子教育の進展に寄与することを願って設立された。 入学式や卒業式、記念講演などの行事に現在も使用されている。この講堂での記念講演会で講演を拝聴したことがあった。今は、創立80周年記念事業の一環として、1984(昭和59)年に竣工の正門奥の左手に建つ赤煉瓦のロマネスク調の建物となっている。

日本女子大学会報「衣の会」インタービュー

平成13年3月27日、日本女子大学院卒・東横学園女子短大青木淳子先生による会報「衣(キヌ)の会」のインタービューをお受けすることになった。誠に光栄の至りと恐縮に感じた。青木先生の記事と写真を次ぎに掲載させて頂き、感謝の気持ちを表したい。

*****恩師を訪ねて・河内保先生*****
穏やかな春の午後、待ち合わせた阿佐ヶ谷駅に十数年前と変わらぬ笑顔で先生はいらっしゃいました。先生は昭和58年から平成7年までの13年間非常勤講師として「縫製科学」「アパレル品質管理」の授業を受け持たれました。JUK1株式会社でのミシンの開発で培った技術と通産省(現経済産業省)の委員会で磨いた経済感覚を生かし、「新しいことを分かりやすく、産業界で役に立っように楽しい」授業を心掛けていらしたそうです。他大学でも講師をなさっていたそうですが「日本女子大の学生はレポートの誤字脱字も少なく、学力レベルの高さを感じました」とおほめの言葉をいただきました。13年間の長きにわたるお付き合いのなかで学生の気風の変化はありましたかという問いに「面白いものでその時代の世相が反映していたようです。講義を持った当初は昭和50年代末で、日本経済が安定していた頃で授業も落ちついた雰囲気でした。ところがバブルの頃は教室の後ろの方で座談会が始まることもありました。これは他大学も同じです。そして、バブルがはじけ、今まで良かった日本女子大生の就職もかなり厳しいものですというお語を許斐先生からうかがう頃になると、必死で授業を聴く学生たちから真剣な心持ちが伝わってきました。」と興味深いお答えをいただきました。日本女子大の後、和洋女子大で5年間教鞭をとられ、現在は聖徳大学短期大学部で「工業縫製概論」を教えるかたわら、経済工学リサーチ主宰を務められ、近代縫製新聞、日本アパレル機器新聞等に記事を連載されるなど、まだまだ研究に余念のない日々をすごしていらっしゃいます。取材当日頂いた雑誌に、先生の書かれた「21世紀アパレル産業ビジョン提言」という記事がありました。積み重ねてきた実践と知識で現在の繊維産業をグローバルに分析し、未来に生かしたいという先生の熱意を感じました。余談ですが、「衣の会」の名称に先生が係わっておられるとか、とうかがうと「伝統を考えると長い名前は思いつくけれどこの際短く『衣(イ)の会』はどうかと提案し(読みは後、話し合いでキヌとなる)、それがとりあげられたと感慨深げに話して下さいました。(青木記) 

         品質管理 講義中

     
      

 

 平成20年4月4日現在

 


 学会発表でのこと                  河内 保二

大学の講師を続けている。このところ、関係学科について9月まで毎月開催により1年間の業界のセミナーのコーディネーターを依嘱されて、発表スピーチのチェア・マンを務めている。また、先般は関係学会の研究会で発表を行ったりしている。この学会の発表でいろいろ感じさせられるものがあった。発表者の中には最新ノートPCをプロジェクターにつなげて、ハイテク・プレゼンテーションの形で颯爽と行おうとする人も増えてきている。この研究会では接続に時間がかかり、ついに発表から除外されたりした一齣があった。思惑外れであったのであろう。この学会研究会以外でも、講演などで接続がうまくいかず、恰好よくないシーンに何度か出会わされている。ローテクのOHPの方に軍配があがるというのは皮肉なことである。こうしたことで待たされている間に、発表会やスピーチの思い出が浮かんでくる。イギリスのTI(繊維学会)の1984年年次総会が香港で1週間にわたり開催された折り、セション39のスピーチを行ったことがあった。発表は”Mecha-electronics of Garment sewing system”というテーマであった。(この内容は英文でここをクリックするとご覧になれます。) このときの記憶に残ることのひとつに、同日のセション36のスピーチ”Computer Technology and Application”が富士通の秋草直之氏により行われたが、氏は当時部長をされ、現在は社長でおられる。スピーカーとして、ご一緒に食事をしたのを思い出す。いまパソコンは富士通FMVを使っている。国際会議では、ISF’94(繊維科学技術国際シンポジュウム)が日本繊維学会主催で横浜で開かれたことがあったが、そのときセッションの中の一つのチェア・パーソンをさせて頂いた。担当したスピーカーは旧ユーゴーであったスロベニアのマールボール大学のKarl Gotlih教授で、テーマは ”USE OF MATHEMATICAL PROGRAMMING FOR DESIGNING OF A WORKINGPLACE IN A SEWING ROOM” というものであった。この場では、全てが英語であり、多分予算の関係で同時通訳はなかった。始めてチェア・パーソンを英語で行うというあまりない経験をすることとなった。Gotlih教授からバロック様式を残すマールボール市の様子や大学の状況を伺うことができた。スロベニアはドイツ語が主であるが、スピーチは英語だけなので、同教授も英語で発表された。最近、日本の企業でも英語ビジネスのために一切英語というところも出てきていると聞く。国際都市横浜の(現横浜国立大学)機械工学科卒業でもあり、英語の司会も何とかこなすことができた。そういえば、その前の年、パリでフランス語と英語でスピーチしたのが記憶に生々しい。パリには以前に1ヶ月ほど滞在していたことがあったので、フランス語でスピーチに挑戦してみたかった。白水社のフランス語講座で少しは練習してみた。フランス国立研究所CETIHで、挨拶をフランス語で、中味は失礼して英語で発表した。この挨拶は同所バッケ所長が comprendre (分かったよ)といってくれたが、この後、ワインを飲まして頂いて盛り上がった。当時は、EU統合の前で、研究もフランス、オランダ、ベルギー、ドイツなどが共同で進めており、数カ国の研究者が集まっていて何ともいい雰囲気であった。このときは研究発表のチームを編成して欧米各国でスピーチして回ることになって、このチームの副団長として参加した。アメリカからヨーロッパに渡り、各国で研究発表した。アメリカでは、ダラス郊外のリーバイスR&Dセンター、ノースカロライナ・ラリーの州立大学と[TC]2研究所、イギリスのリーズ大学、コートールズ社開発リサーチ、スウェーデン・ボロスのチャルマース工科大学TEFO研究所、フィンランド・ヘルシンキのフィン・カレリア社研究所に伺い、研究発表した。全て英語のスピーチであった。OHPを使用し、ビデオを映したりして、理解しやすいようにして進めた。そのときには、国が違ってもビデオの規格の違いで映らないということはなかったので、発表はスムーズに進んだ。ラリーではパーティを開いて頂いたが、隣席にはハーバート大学の教授も出席された。リーズ大学のパーティでは教授の奥さんが日本女子大学出身ということで、当時は同女子大学の講師をしていたことからにわかに親近感が湧いたりした。夕食会では同大ハーロック先生とドーバートンネルの話題に花が咲いた。英仏を結ぶドーバー海底トンネルが開通間近であり、フランス新幹線のTGVが開通していてイギリスからフランスへは列車で簡単に行ける時代が目前であった。ところで、気がついてみると、学会の発表会でまだ接続ができていないようである。思い出の方は十年以上前の光景が頭の中を通り過ぎて行った…。 (昭和22機械卒)

この文は横浜国大生産工学科同窓会報2000年第10号に投稿したものです。

製造業の先行きに思う                 河内 保二

日本の製造業は先行きおそろしいという感じだ。日本ではこういうものこそ日本で作りつづけるべきハイテクの極みといったものまで、中国で作るようになってきているといわれる。日本では製造業の従業員がこの10年で250万人減った。生活産業の衣服製造業で見ても、従業員数4人以上の縫製事業所の従業員数は1995年から1999年の5年間に15万人減っていて、今もなお減り続けている。中国を中心としたアジアの製造業の発展、進歩は日本の製造業にとって心配となってきている。日本だけでなく、先進国では製造を中国など人件費の安い国に移す傾向が強まっている。この傾向は1997年を起点として世界的に顕著になっており、この時点以降、特に中国は世界の工場化が進み、珠江デルタと長江デルタは工場の発展目覚ましく、去る5月に中国に出向いてその発展を目の当たりにしてきた。これからは日本という国を維持してゆくのは、第二次産業から第三次産業への転換と見られ、これまでサービス業で300万人の増加となっている。アメリカのアパレル産業では製造業が小売業に乗り出して、次第に小売とメーカーの区別がなくなりつつあるという。どうも、ものつくりの様子が変わってきているようだ。従来、ものつくりは、特に大手メーカーにあっては、ほとんどの部品を自社内で製造する生産が当たり前であった。しかし、世界のメーカーのものつくりの潮流は、製造を外部委託し、コストを低減する方向に変わってきた。ジーンズのメーカーで世界最大の米リーバイ・ストラウス社のジョン・エルマティンガー社長は、「北米の戦略は、消費者のニーズに合う服つくりのため、ブランド化、マーケッティング、商品デザインに力を入れることである。製造をアメリカとカナダから外国の下請け工場に移せば、ブランドに資源と資金をつぎ込めるようになるだろう。これは競争力を保つためには重要である」として、北米の22の工場を閉鎖し、1万3000人を1997年11月から1999年2月にかけてレイオフする、と発表した。この例のように、ものつくりを重視せず、社内から社外に、そしてさらにコストの安い国外にものつくりを移すという様変わりである。ブランドには力を入れるが、製造は下請けに出す。つまり、製造なんてくだらない─とする経営者の風潮がそこにある。この風潮は日本にも及んでいる。IT関連の不振で、大手電機メーカーのこのところの人員削減は、製造なんてくだらない…という風潮ではないのか?と思う。つまり、作っても売れなければ意味がない。ロスになるだけである。作ること自体に価値があるわけではないということである。このことは重要な観点である。しかし、売れなくなれば、松下電器も東芝も富士通もNECもソニーも日立も京セラも三菱電機も沖電気も、製造人員のリストラである。製造が生む付加価値とは何かを考えなければならない。製造業は悲観的で、工業生産も日本では成り立ちにくくなっている。製造のアウトソーシングのタイプとしてこのところ注目されているのは、EMS(Electronics Manufacturing Service)として電子機器の開発、試作、部品調達、物流、サポートまで手がける製造受託サービスやODM(Original Design Manufacturing)という依頼を受けた受注側のメーカーが製品の試作や設計、量産の一歩手前までを一貫して請け負い、生産は他の会社が担当する事業、そしてOEM(0riginal Equipment Manufacturing)はメーカーが依頼を受けて別の会社のブランドの製品を生産する事業というように、製造は外部委託となって行く。この流れはアルビン・トフラーの”第二の波”から”第三の波”へのシフト現象かと思う。これからは、教育機関も工業では卒業してからの就職先が先細りになって行く…。様変わりに驚きを通り越して、おそろしいという感じだ!。(昭和22年機械卒)

この文は横浜国大生産工学科同窓会報2001年第11号に投稿したものです。

神学と科学、仏理と物理を考える    経済工学リサーチ 主宰  河 内 保 二

米ハーバート大学で神学と科学の共存模索というニュースを読んだ。神学は消滅したわけではなく、科学は万能というわけでもない。両者がそれぞれ足らないところを補って、共存を模索する様子が感じ取れる。筆者も傘寿となり、古寺を訪ねたり、座禅に参加したり、写経したり、倶舎論などの経典勉強会に加わったりする中で、人生を色々と考えさせられる。日々の不安を押さえ、心を満たすのに、工学で足りず、経済学で叶わず、救済や済度を祈ることになる。こうした気持ちはいくつかの短歌(号は朴粋)の形に煮詰まってくる。

本稿は横浜国立大学生産工学科同窓会会報2008年1月号に寄稿した書き出しであり、本文はここをクリックしてご覧になれます。