工業縫製概論

配布したテキストCD−Rにより工業縫製概論の講義内容を読むには:

1.パソコンを立ち上げる(WINDOWS95以上)
2.CD−RをCD−ROMドライブのトレーに入れてセットする
3.画面の左上隅のマイコンピュータをクリックして開く
4.Iso9660ドライブをクリックして開く
5.工業縫製概論フォルダをクリックして開く
6.このフォルダの一番奥の工業縫製概論のファイルをクリックして開く
以上で画面に工業縫製概論の内容が読めるようになる
7.画面右上隅の三つのボックスのマイナスをクリックすると画面が変わって工業縫製概論フォルダに戻る
8.ルイ・ヴィトン情報かユニクロ情報をクリックすると、それぞれの情報を読むことができる
9.工業縫製概論フォルダでカソールを沢山並んだショートカットのいずれかの上に持ってゆくと、左下の処にそれぞれの画像イメージが表示される
10.終了するには、画面の右上隅の三つのボックスの をクリックすると、最初の1.のところに戻るので、スタートボタンをクリックして、パソコンを終わらせる

◆◆◆ このページ活用のヒント ◆◆◆

本概論について必要箇所を探すには、ツールバーの「編集」のプルダウンメニューの中の「このページの検索」(ブラウザーがIEの場合)、または「ページ内の検索」(ブラウザーがNSの場合)を利用して、探したい言葉により検索してください。

お断り:本ページは軽快に閲覧できるようにと考えたため、写真や画像を省いております。
配布したCD−Rには写真や画像を省略することなく配置しているので、詳細を読むにはCD−Rによって読むようにするのがベターである。

工業生産としての縫製とは?

 

・授業の方針 縫製は2つのやり方が混在しており、伝承的な裁縫技能によるものと、工学に基づく縫製技術とがある。パリもミラノもニューヨークも伝承技能から脱却して工業縫製に移行し、アパレルビジネスを成立させた。工業縫製概論は工業生産としての縫製について修得できるように授業を進める。今後のテーマとなる工業縫製とインターネットの関係も取り上げる。

・授業の概要 今日の縫製は工業生産としての縫製である。単に衣服を裁縫技能により仕立て上げるだけのことではない。アパレル産業として行われている工業縫製のビジネスと、これまでの裁縫仕事の違いとは何かを学習することを目標とする。授業は工業生産としての縫製について、工業縫製への方向付けをしたシャネルを始めとした著名なデザイナーたちの業績を織り交ぜながら、工学に基づく工業縫製理論とアパレル生産現場の実際を通じて、分かりやすく、興味の持てる講義によりアパレル産業に役立つ知識を習得できるように進める。アパレルビジネスの今後として、イタリアのブランドやパリのイブ・サンローランなどが注目しているインターネットでのサイバー取引についても触れることとする。

・授業計画 @シャネルの前後・シンプル化Aシンガーの前後・ミシンの出現B森英恵が学ぶ分業化C縫製の科学・縫製とは、科学とはD縫製作業の工学・縫製の基礎原理Eアパレル生産の管理工学・生産の科学的研究、科学的管理法Fアパレル生産のコンピュータ技術Gアパレル生産の要素ー人的要素Hアパレル生産の要素ー素材要素Iアパレル生産の要素ー設備要素Jアパレル生産の要素ー資金要素Kアパレル生産の要素ー方法要素Lアパレルコンピュータシステム・CAD/CAM/CAEMインターネットによるアパレルビジネスN 今後の生産 ・ 生産の変遷、客業生産へ

 

(1)テキスト―工業縫製概論(平成12年ノート)河内保二著  プリント配布です

(2)参考書―工業縫製の現状と今後 河内保二著  (繊維学会)

        第2版繊維便覧 河内保二共著 (繊維学会)

        縫製の50年     河内保二著 (繊維機械学会)

        新アパレル工学事典  河内保二共著 (繊維流通研究会)

    アパレル産業展望   河内保二著 (繊維産業構造改善事業協会)

(3)本講義に関するインターネットホームページ―http://village.infoweb.ne.jp/~fwgk4021/

授業の形式    ビデオ使用

成績評価の方法  レポートとし、小テスト実施します。平常の出席状況重視(毎回プリント配布のため)

履修に当たっての留意点  予習と復習を実施。

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期 講義ノート

 

 こう‐ぎょう【工業】‥ゲフ 手細工をする職人。大工など。〈日葡〉 

       (industry) 原料や粗製品を加工して有用なものとする産業。

 ほう‐せい【縫製】(ミシンなどで)縫って作ること。「―工」

 がい‐ろん【概論】全体にわたって大要を述べたもの。「哲学―」

 

講義日   月・回数 講  義  内  容
昨年のものです

9/29   1回  シャネルの前後  シンプル化    78年前  1922年

10/6    2回  シンガーの前後 ミシンの出現  149年前1851年

10/13  3回  森英恵が学ぶ分業化は大恐慌後のこと 71年前  1929年

10/20   4回   縫製の科学縫製とは、科学とは、分析と要素、階層構造、総合

10/27  5回  縫製作業の工学縫製の基礎原理、アパレル構成の基礎理論

11/17  6回  アパレル生産の管理工学 生産の科学的研究、科学的管理法

11/24  7回  アパレル生産のコンピュータ技術 アナログとデジタル、データ、数値、イメージデータと            ベクターデータ                      

12/1   8回  アパレル生産の要素ー人的要素

12/8   9回   アパレル生産の要素ー素材要素

12/15 10回  アパレル生産の要素ー設備要素

1/12  11回  アパレル生産の要素ー資金要素

1/12  12回  アパレル生産の要素ー方法要素

1/19  13回  アパレルコンピュータシステム CAD,CAM,CAP

1/19  14回  インターネットによるアパレルビジネス

1/26  15回  今後の生産 生産の変遷、客業生産へ

 

さんぎょう‐かくめい【産業革命】‥ゲフ‥(industrial revolution) 産業の技術的基礎が一変し、小さな手工業的な作業場に代って、機械設備による大工場が成立し、これとともに社会構造が根本的に変化すること。産業革命を経て初めて近代資本主義経済が確立。一七六○年代のイギリスに始まり、一八三○年代以降、欧州諸国に波及。

ヨークシャー【Yorkshire】 イギリス、イングランド北東部の州。羊毛のほか鉄鋼・化学などの工業が発達。一九七四年、北・南・西ヨークシャーの三州に分離。中心都市リーズ・シェフィールド。

ランカシャー【Lancashire】イギリス、イングランド北西部の州。炭田に恵まれ、水陸交通の便がよく世界有数の大工業地帯。綿工業の中心地。州都プレストン。ランカスター【Lancaster】イギリス、イングランド北西部のランカシャー州の都市。ノルマン風城砦がある。人口二三万(1987)。

 

ファッションのルーツと初期の流行

流行の第一段階は、いわゆる上流社会を中心とした「衣服と慣習の流行」といったもので、上流社会のファッション閉鎖・独占の時代であったといわれる。これは約600年前の14世紀後半のフランス宮廷から始まり、16世紀までが初期ファッションの時代とされる。宮廷ファッションでは、名高いのはシャルルW世の王妃ジャンヌ・ド・ブルボンだとされている。彼女は自分でコルセットを発明し、着用した最初の女性であったという。ファッションの最初のリーダーである。このようにして、貴族、王朝のファッション衣服と流行の慣習が始まり、19世紀後半に至って、その波は中産階級のブルジョアジーへと波及して受け継がれていった。

ブルジョアジー【bourgeoisie フランス】階級としてのブルジョアを指す語。現代では資本家階級と同義語。反対語はプロレタリア

ブルジョア‐しゃかい【―社会】‥クワイ 資本主義制度の社会。 市民社会に同じ。

 

 

14世紀後半の

  フランス宮廷

ファッション

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

 

9/29  1回  シャネルのモード革命 シンプル化 78年前  1922年

(1)150年前 パリに高級衣装店(ウォルトの店)の出現

パリ【Paris・巴里】フランス共和国の首都。国の北方、パリ盆地の中心部に位し、セーヌ川にまたがる。市街はシテ島を核心として、これを取り巻く同心円状の三帯から成り、二○区に分れる。中世以来西ヨーロッパにおける文化・政治・経済の中心地の一。また、世界的な芸術・流行の中心地。著名な建築物・学校・旧跡などが多い。人口二一八万八千(1982)。

 

シャルル・ウォルト(Charles F. Worth,1825−1895)は1845年、20歳の若さでロンドンよりパリに移り、高級織物商ガジュランGagejinに勤めて腕を磨き、やがて新設されたアトリエの責任者となり、1858年ウォルト独立。パリに始めての高級注文衣装店を開店した。注文を取りに行くのでなく、客が店に来るようにし、デザインを提案し、モデルに着せて見せ、さらに店を貴婦人達のサロン化した。これらは貴婦人達に気に入られ、パリのファッション界に君臨するようになる。最盛期には従業員1,000人以上。以後50年間、ウォルトの優位は揺るがなかった。

1868年フランス・クチュール組合(一般にはサンディカと呼ばれる)が設立された。

1890年代にはサンディカ加盟250店、オートクチュールを名乗る店は2,000近くに達した。

スティリストによるスタイル画の始まり=1870年開店のジャック・ドゥーセはウォルトと並び称されるようになったが、始めて画家を招いでスタイル画を描かせた。スティリストは現在のデザイナーのこと。

 

(2)200年前 パリ貴婦人の生活

鹿島 茂(共立女子大教授)著 「明日は舞踏会」 貴婦人の謎次々解明  面自くて悲しい結末

■この本を読むと、フランスのフロベール、ゾラ、バルザック、スタンダールなど十九世紀小説の謎(なぞ)が数々とける。なぜ貴族の親は娘を修道院に入れたがるのか。答、ナポレオン法典によって女子も男子と同等の相続権を得たので、財産を散らしたくなければ、娘を結婚させないよう修道院にぶち込むしかなかったのである。なぜ貴婦人は靴に凝ったのか。なぜチュイルリ公園に散歩に行く必要があったのか。なぜ自宅で堂々と愛人と逢引(あいびき)できたのか、は読んでのお楽しみ。なぜ持参金にあんなにこだわるのだろう。これも結婚に関するカシマの定理〈ルックス×財産=1〉で説明される。すなわち美貌(びぼう)でないほど待参全が必要となるのだそうだ。そしで美貌の乙女は金持ち老人と結婚し、彼が死ぬまで数年がまんする。ばくだいな遺産と男爵夫人の称号を手に入れたら、つぎは若く美貌の愛人と結婚し、彼女が死ぬと老人となった男は財産を受け継いで…。この循環式人生二回結婚説にせよ、「一種の乱交パーティー」だったオペラ座の仮面舞踏会にせよ、おお、なんとミもフタもなく、アラレもない時代だったのであろう。

▼ファッションの始まりは、「宮廷ファッション」であり、貴族、王朝の流行の慣習が続いた。フランス革命でルイ一六世と王妃マリー・アントアネットがギロチンの露と消えると、ファッションはブルジョアジーに受け継がれていった。マリー・アントワネットは革命でパリからオーストリアの実家ハブスブルグ家へ逃げる途中、華美な衣裳が怪しまれて捕まり、刑場に送られた。

◆マリー‐アントワネット【Marie Antoinette】フランス王ルイ一六世の妃。マリア=テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ一世との末娘。わずか一四歳でフランス・ブルボン朝の王太子妃として嫁いだ。そこには絢爛たる日々と栄光、ゴージャスでデコラティブな衣裳、そしてフランス革命であり、ギロチン台であった。(1755-1793)

■ルイ16世の遺髪 77万円で落札 匿名の男性 「王党派のため」     読売 10-10-4(6)

 一七八九年のフランス革命に遭遇したルイ十六世は、フランス最後の絶対君主。妃のマリー・アントワネットとともにベルサイユ宮殿からパリヘ強制移動を強いられ、結局、一七九三年、コンコルド広場で断頭台の露と消えた。三日競売にかけられた髪は、付属の文書によると、処刑後、断頭台で切られたもの。断頭台の周囲に配置された太鼓隊のうちの一人がこれを家に持ち帰ったところ、王党派の母親が保存することにしたという。遺髪はやがて同国南東部グルノーブルに住む別の家族に譲られ、その子孫がこの日の競売にかけた。八千フランから始まった競売は瞬く間に値を上げ、三万千フランに達した。

■シャネルらのモード革命の前まで、コルセットは健康上問題となっていた。当時、コルセット着用者百人のうち二十五人は結核にかかり、十五人は最初の出産で死に、十五人は病気がち、残り十五人は奇形となる、という恐ろしい資料が上がるに及び、私は「面白うてやがでかなしき舞踏会」にしゅんとしてしまった。「結婚というものを情熱の上に築き上げることは不可能で恋愛の上に打ち立てることさえ許されません」。女主人公ルイーズのいまわの言葉だけは万古不易と思うけど、いかが。(評 森まゆみ)作品社刊 153頁 2,800円

▼仏女性の「美」のキーワード皮膚ガンが怖いというのに仏女性の「日焼け」願望

フランス女性にとっての「美」のキーワードは「スリム・日焼け・スポーティブ」。特にスリムになることは美しくなることと同義。「ぽっちゃりしましたね」はタブー、二度と口をきいてもらえなくなる。「日焼け」に対す感覚は日本人とは決定的に違う。白い肌が持つイメージは「病的で弱々しい」。健康的ではつらつとしたという肯定的イメージを構成するためには、何が何でも「日焼け」が条件。日本では「美白」などといっているが、フランスでは化粧のファンデーションでも白は嫌われる。かって白い肌の女性は美の表徴という時代もあったのだけれど。(沢本雅弘、日商岩井の広報誌「トレードピア」6月号)

▼美白市場は日本だけだという。日本での美白とは、シミ、ソバカスのない美しい白い肌を実現することとされる。女性の紫外線に対する意識の高まりの中で、年代にかかわらず肌の悩みの上位に「シミ、ソバカス」が挙げられている。この悩みを持つ多くの女性の要望にこたえて、美白効果に優れた化粧品(ホワイトニング)のブームが、一九八○年代後半から始まった。シミ、ソバカスの予防とその回復にとって大切なのは、過剰になった肌のメラニン量を適正に保つことである。この考え方に基づいて、数多くの美白用化粧品が発売されている。これまで、美白用化粧品によるスキンケアは夏が主流だったが、最近では年間を通じて使用している女性が増えている。美しい白い肌を保つためには、美白化粧品での手入れと同時に、外出や屋外でのレジャーの際にはサンケア化粧品やサングラス、帽子などで、紫外線から肌を守ることも大切であると指摘されている。

 

▼美白化粧品 日本特有、2000億市場

 昔から「色の白いは七難隠す」と言われているように、白い肌は女性のあこがれだ。1960年代後半や最近の「コギャル」のように、日焼けが流行した時代や世代もあったが、有害な紫外線の肌への悪影響が指摘されるようになるにつれて、女性の間では「夏でも焼かない」のが主流になっている。しかし、どんなに注意していても、できるのがシミやソバカス。メーカーによって、配合成分に違いはあるが、朝と夜、気になる部分に塗るだけで、シミなどの原因となるメラニン色素の生成を抑え、できた色素を分解してくれるのが美白化粧品だ。その歴史は比較的浅く、80年代半ばに、各社が本格的な販売を始めた。世界的に見て、"美白市場”が確立されているのは日本だけで、「日本人の白い肌へのこだわりは強い」(資生堂)といえる。85年度に800億円だった市場は、97年度には2000億円にまで拡大している。オゾン層破壊による紫外線の増加などで、今後も美白への関心は高まりそう。外資系メーカーの参入も相次いでおり、機能面だけでなく、価格面の競争も激しくなってきている。(林優樹)

 

▼「美白」コピーに注意  美白の宣伝に対して、主婦の意見       朝日10−9−16(13)

 例年この季節になると、「美白」「美白効果」といった化粧品のコピーが目につきます。世の中には、「なんといっても色白がいいわ」という人が圧倒的に多いのは事実です。ただ、「色黒の方が絶対チャーミングよ」「肌の色なんて気にしない」という人もいて、感じ方は様々です。でも、「色の白いは七難隠す」ともいわれ、女性にとって「色が白い」は、やはりほめ言葉です。色が白いか黒いか、で優越感に浸ったり、劣等感を持ったりします。容姿全般についても、部分部分に自信を持ったり、コンプレックスに悩んだりもします。それらの判断基準がどこから来たものかは別にして、個人としてどう感じ、どう思うか、は自由だと思います。しかし、メディアからは「美白」、つまり美しいのは白だけ、というような言葉が流され続けています。すると、いつの間にか頭に「美しいのは白、白い肌か美しい」が、呪文のよろにしみつく気がします。コピーとしては、成功なのでしょうが、色白は美しいというメッセージがおくられてくるのは、色黒は醜い、というメッセージと同じことです。その証拠に、「美黒」という表現は、聞いたことがありません。こういう決めつける熟語コピーは、知らず知らずのうちに、人を傷つけることもあります。肌の色だけにとどまらず、いわれのない差別感覚を植えつけ育てる一因になっているのではないでしょうか。(東京都立川市 菅谷 智映子 主婦 57歳)

 

▼最近の調査で、フランス人は日本に好意を持ち、むしろ憧れているという。フランス人の日本に対する印象は、よく働き、金持ちで、格好よく、ハイテクに優れ、伝統を持っていると、面はゆいくらいである。

▼イギリスの調査は、美は落ち込みを招く!と報じている。イギリスのある心理調査(1995年)によると、雑誌で理想とされるモデルを3分間見つめた女性の70%が自分を恥ずかしく感じ、落ち込むという。20年前のモデルの体重は女性の平均体重のマイナス8%だったが、今ではマイナス23%とエスカレートしている。こうしたモデルが登場する広告や記事が、美しさについての社会の見方として受け止められ、女性たちを追いつめている。(ザ・ボディショップ企業広告誌「ザ・グレープパイン」6号)

▼日本人は一人当たり50人の侍女を持つ貴族

現代の日本人の生活は一 召し使い50人の貴族             読売10-10-21(19)

 現代の便利で快適な生活は大量のエネルギー消費に支えられている。では、その恩恵がなかったらどうなるか。人間が自ら汗を流して働かなくてはいけない。実際に計算してみよう。人間一人が一日に食物から取るエネルギーの量は二千-二千五百キロ・カロリーといわれている。一方、石油を約一リットル燃やすと、その約四倍のエネルギーが出る。だから、石油一リットルは、人間四人が食べた分をすべて労働に充てた時のエネルギーに相当する。そして、日本人が一日に使うエネルギーの量は石油にして十二リットルだから、平均で一人が毎日人間約五十人分のエネルギーを消費していることになる。洗濯機や電子レンジ、テレビ、乗用車などを使う日本人は、身の回りの面倒を見る人間が五十人いるのと同じ生活をしているわけだ。大昔なら王侯貴族でないと、そんなに大勢の人を意のままに働かせることはできなかった。もちろん、これは豊かな先進国の話。発展途上国ではそうはいかない。歴史を振り返ると、王様がぜいたくを重ねたあげくに国が滅びた例はたくさんある。一部の豊かな現代人がエネルギーを浪費して地球を滅ぼしてしまうのだろうか。(科学部 井川 陽次郎)

 

 (3)ポール・ポアレ、ガブリエル・シャネル、マドレーヌ・ヴィオネのモード革命

1)ポール・ポアレ(PAUL Poiret,1875−1944)は1903年に独立。彼は18歳で洋傘商の見習いとなり、傘のセールスの合間に婦人服のデザインに興味を持ち、スタイル画を描いてはオートクチュールの店に持ち込んで、気に入ったものを買って貰ったりしていた。1896年ジャック・ドゥーセがポワレの才能に興味を示し、彼を協力者として自分の店に招いだ。その後、ウォルトの店(二人の息子の代)に移り斬新なアイデアの作品を発表して、世間の注目を集めた。1908年に店をフォーブル・サントノレ通りに移転した。その頃まで、パリのファッションの中心はオペラ座界隈にあったが、ポワレの移転から次第にフォーブル・サントノレ通りへと移っていくようになった。1910年にはファッションの王座はポワレへと完全に移っていた。ポワレの成功は服装についての新しいアイデアとデザインであった。1906年頃からコルセットの追放を唱え、服装のシンプル化を進めたことである。服装の「革命」であり、「解放」であった。ポワレは1930年に著した自伝「時代を着て」En habillant L'epoque において、「革命は、自由の名において行われるのが常である。 … 私もやはり自由の名においてコルセットを追放し、バストを解放した。… かって、『歩きにくい』とか『車に乗れない』と泣き言を言っていた婦人たちは、みんな私のアイデアに賛成してくれた … 」

  1911年、サンディカの再編成に重要な役割を果たした。それまでの会員の中には、オートクチュールを名乗りながら、コレクションも発表せず、客の注文に応じて、有力クチュリエの発表した作品のコピーを仕立てるだけの、いわば「町の洋裁店」も多かった。そんな事情がサンディカの権威を失墜させ、オートクチュールのイメージを傷つけかねなかったからである。

 

2)ココ・シャネル  Gabrielle Cocco Chanel 1883.8.19−1971.1.10

●ココの生い立ち:ポール・ポワレのあとを

受けてパリ・ファッション界の王座に即いた

のは、女性のココ・シャネル Cocco Chanel

であった。彼女の全盛期は、第一次大戦後の

1920年ごろから、第2次大戦の始まった

1939年までおよそ20年間もつづき、さ

らに14年の空白期をはさんで、彼女がカム

バックした1953年以降にも引き継がれ、

通算すれば30年以上にもおよんだ。ココは、

本名をガブリエル・シャネル Gabrielle Chanel

といい、”ココ”というのは愛称で、1883

年ロワール河岸の古い町ソーミュールに生ま

れた。彼女の生家は、祖父以来の織物商人で

あった(彼女の生い立ちについては諸説があ

るものの、ピエール・ギヤラントの著『シャ

ネルの時代』 Pierre Galante, Les Annees Chanel,

1972 がもっとも信頼できると思われる)。

ココは、12歳からの8年間を中部フランス

のムーランにある女学校の寄宿舎で過ごした

のち、1903年、20歳でパリに出た。

やがて彼女は、同郷の織物業者の息子 エテ

ィエンヌ・バルサンの支援を受けて、帽子の

デザインを始め、上流社会の婦人たちの間で評判になる。もっとも、彼女がパリのマルシェルブ街に開いた店は赤宇つづきで、バルサンに穴を埋めてもらう状態がつづいた。1905年頃から、ココは顧客の依頼を受けて、徐々にドレスのデザインにも手を染める。彼女は、それ以前からクチュリエの仕事に興味をもち、有名なクチュリエの店をたずねては、その仕事ぶりを見学していたといわれる。やがてココは、自分でクチュールの店をもちたいと望むようになり、バルサンに出資を頼んだ。しかしバルサンがこれに応じなかったため、共通の友人(恋人?)でもあったイギリス人のボイ・キャペルに援助を頼んだ。キャペルはココの望みを容れて、1910年に小さな店を買う。場所はフォ−ブール・サントノレ通りにほど近いカンポン通りの21番地だった。それ以来、「シャネル」の店はずっとこの通りから動いていない。ココは、この店でまず帽子のデザインを始め、そのかたわら、当時の有カクチュリエールのひとりシャルロット・エナール Charlotte Enard の店で見習いとして経験を積んだ。1912年になると、店の経営に本腰を入れ、帽子のほかにニット製品などを扱うようになった。同じ年彼女は、英仏海峡沿いの避暑地ドーピルにも、同じような店を開く。しかし事業の規模はまだ小さく、二つの店を合わせても、従業員は数十人を数える程度だった。その頃からココは、それまで男物にしか使われなかったジャージーで婦人服をつくるようになり、やがて、製造業者の依頼を受けて、それをデザインするようにもなった。これは、当時オートクチュールの世界で〃タブー〃視されていた工業製品のデザインに、彼女が手を染めたことをも意味する。ココはその間にも、しばしば顧客の依頼で本式のドレスをデザインしていた。しかし、オートクチュールを名乗るのに必要なコレクションはまだ発表しておらず、したがって新聞や雑誌でその作品が紹介されることもなかった。1914年7月、第1次大戦が始まり、その年の9月にはドイッ軍がパリに近づく。ココは、戦乱を避けてドービルに住み、必要に応じてパリに出かけるようになった。1915年になって、ココはようやくオートクチュールの世界に打って出た。彼女のコレクションは、当時まだ名声を保っていたポワレのデザインとはまったく違った、きわめてシンプルで、新鮮なものだった。戦時下のため、人びとのコレクションに対する関心はそれほど盛り上がらなかったが、ココはこれで正式にオートクチュールの新進クチュリエールとして認められるようになった。この頃彼女は、店を同じカンボン通りの31番地に移して拡張し、従業員も100人以上にふやした。同じ1915年、ココはスペインとの国境に近いビアリッツにも店を開いた。この店は、当時戦争と無縁で、まだ華やかな貴族社会の残っていたスペインの顧客層を開拓しようとねらったものだった。このように、第1次大戦前から大戦中にかけてのココ・シャネルは、クチュリエール(女性の場合)としての地歩を徐々に固めながら、より大きな成功への準備を進めていたのである。

ファツションの王座に

1919年、第1次大戦が終わってまもなく、ココの後援者であり、愛人でもあったボイ・キャペルが自動車事放で死んだ。ココは、その悲しみを仕事にぶつけて、新しいコレクションの製作に没頭した。そのころ、ポール・ポワレをはじめとする戦前からの有名クチュリエ(男性の場合)たち、そして新進のジャンヌ・ランバン、マドレーヌ・ヴィオネ、ジャン・パトウ、ルシアン・ルロンなども、それぞれ戦後はじめてのコレクションを準備していた。1920年から21年にかけての、ココと先輩クチュリエたちの競争は激烈をきわめた。しかし、2年の争いののち、結局はココが完全な勝利を収め、ポール・ポワレの手からファッションの王座を奪い取った。ポワレの発表する奇抜なデザインは、初めのうちこそ話題になったが、流行にはなんらの影響も与えず、人びとは彼の名前を次第に忘れていった。ココの成功は、彼女の意図した「婦人服の革命」が世間から歓迎されたことによってもたらされたと考えられる。ココのねちいは、ポワレの手がけた「コルセットの追放」をさらに進めて、中世以来の婦人服の伝統であった「重い、窮屈な」衣服をすべて追放し、「自然で含理的な」衣服をつくり出すことにあった。と同時に、従来パーティや劇場など限られた場所に閉じ込められていたファッションを、「町の通りに解放する」ことをもねらっていた。「町に降りないようなモードは、本当のモードではない」というのが、ココの信念だった。確かに、ココのデザインは、それまでのものに比べれば、一般にきわめてシンプルであり、自然で気軽なスタイルだった。ポワレはこれを「窮乏主義」と批判したが、世の婦人たちはシンプルな服装で町を歩き、バスやメトロに乗るほうを選んだ。こうした婦人服の革命は、ポワレが手をつけた「女性の解放」をさらに進めるものでもあった。というのは、その頃まで、重く窮屈な衣裳のために、ともすれば家の中に閉じこもりがちであった上流婦人たちが、シャネルのスタイルの流行によって、ようやく気軽に町へ出かけるようになったからだ。ココの成功をもたらした今ひとつの秘密は、彼女が自分の作品を世間に解放し、自由にコピーさせたことにあったと思われる。それまでのクチュリエたちは、ポワレがそうであったように、自分の作品が他人にコピーされるのを嫌い、顧客にドレスを貸すことさえ禁じていた。ところがココは、「他人がコピーをつくってくれるのは、シャネルの宣伝にもなるので、結構なことです」(P・ギャラント、前掲書、150頁)といって、むしろ町の洋裁店や地方のクチュリエが自分のデザインをまねるのを歓迎した。つまり彼女は、自分のデザインしたドレスを顧客に売ることだけでなく、自分のアイデアが世の中に普及し、かつシャネルの名声が高まることをも重視したのだ。

3)マドレーヌ・ヴィオネ:ココよりもやや先輩にあたるクチュリエールとして、マドレーヌ・ヴィオネ Madeleine Vionet も有名である。1876年生まれの彼女は、12歳でクチュールの世界に入り、キャロやドウーセの店で10年以上もモデリストを務めたのち、1912年に独立した。布地を斜めに裁断する「バイアス・カット」の発案者としても知られているが、そのすぐれた技術を武器に、新しい感覚をとり入れたスタイルを打出し、とくに1920年以降、長年にわたって名声を保った。

 

  (4)ゴージャスでデコラティブを追放(脱服飾)

シャネルがドレスを作り始めたのは、1914年からといわれ、その素材はジャージーで、それまでは下着の素材であったものをドレスに使い、それを着始めたのもシャネル自身であった。そして縫製は紳士服仕立てであった。当時の贅沢さとは、バロック・スタイルの装飾過剰のモードであり、コルセットや釣り鐘型スカートのドレスに見られる実生活に関係ないような虚飾のモードのことであった。シャネルはこれらのモードをすべて時代遅れの遺物としてしまった。シャネルはその才能を爆弾としてそれ以前のファッションを大掃除した。そして「モードは芸術ではない。技術である」と語った。こうしてシャネルの作る服装の基本的な要素は「シンプルで着心地よく、むだのないこと」となる。従って、釣り鐘型スカートや後ろに長く引きずるとレーンは、服装をいたずらに複雑にするだけだとして、シャネルの技術にあっては無意味なモノとなった。スカートの丈も、きちっり膝下の長さに詰められ、シャネルがいうシンプルさの見本となった。これは、シャネル丈けという呼称にまでなっている。窮屈なコルセットは取り外され、着心地のよい素材が男子用であろうが、下着用であろうが採用された。ムダを省く観点から、シンプルで実用的であることが強調される。つまり使う生地も飾りも少なければ少ない程、良く、より多くの美が表現されるという考え方となる。かくして、衣裳はウェディングドレスを除いてゴージャスでデコラティブが追放されたのである。このモードの革命はポール・ポアレもマドレーヌ・ヴィオネも名を連ねる。その時期は第1次世界大戦後、ヨーロッパの王朝ファッションの中心ハブスブルグ家の終焉の時、今から75年前のことであった。

スタイルをよく見せるためには体に悪いことも気にしないという、科学的でない生活文化は現在にも息づいており、この虚飾・迷妄の打破に現在のシャネルのような人が革命を起こすことが求めれる。それはハイシールの靴であり、スチュワーデスの八割が肩コリに悩むのは、ハイヒールを履く時間が長いからだといわれている。ハイシールは肩凝りの大きな原因となっている。

 

今世紀初め、婦人服を変えた女性   ヴィオネの作品、本に読売10-10-511()

今世紀初め、それまでにない布地の裁ち方で婦人服の流れを変えたフランスの女性デザイナー、マドレーヌ・ヴィオネの人生と作品をまとめた本「ヴィオネ」(求龍堂)が発刊された。ヴィオネは、布地を斜めに使う「バイアス・カット」を考案、女性の体の美しい線を見せるドレス=写真=を創作したほか、ハンカチを下げたようなすそ線の「ハンカチーフヘムライン」など、数々の手法を生み出した。パターン(型紙)作成には数学理論を導入した。「女性が笑うときに、そのドレスも笑うように作らなければ」という言葉を残している。著者は、ニューヨーク在住のアメリカ人衣服研究家、べティー・カークさん。本書では、ヴィオネの代表作38点のパターンをカークさんが再現。流れるようなドレスのラインが、パターンで見ると、まるで工作の展開図のよう。500点に及ぶ写真と図版で解説している。本体価格9500円。

 

最近のパリコレにみるデザインのシンプル化の実証研究

99春夏パリコレから 独自のシンプルさ追求

 来春以降の婦人服の流行を占う99春夏パリコレクションが11日から20日まで、パリ市内で開かれている。世界的な不況のため、「売れる服」「作りたい服」の間で揺れ動き、単調な服作りに陥ったデザイナーが少なくない中、スタイルを確立し、トレンドのシンプルさを巧みに自分のものとしているデザイナーの仕事ぶりが光っている。(パリで、富智泉)

 これまで、全体にシンプルな方向に向かってきたデザインが、今シーズンはその傾向をさらに強めている。装飾的な服作りが得意なデザイナーにまで広がっている。シンプルなデザインとはいえ、各デザイナーは個性を盛り込もうと、様々な工夫を凝らし、成功しているものがある。色調は、前回の秋冬コレクションから大きな流れになっているグレーが、春夏ものでも目につく。濃淡が多様で、ほかの色の服との組み合わせが容易だからだろう。白や淡いブルーも印象に残る。

コムデギャルソン 端正な美を狙う

布達びや裁断法を工夫して、端正な印象を強調(コムデギャルソン)=AP

 今回、デザインにも着方にも、ひとひねりしたシンプルさが目をひいたのは、一貫して大勢と距離を置き独自の服作りをしているコムデギャルソン。端正な美しさを作り上げていた。そでなしのワンピースやプリーツスカートは、かぶったり、はいたりするのではなく、エプロンのように前にあて、後ろでピン圏めした。いずれも、同ブランドの基本の型紙で作ったワンピースの上に重ねて着ており、バランスの取れたデザインとなっている。ホックやボタンを使わず、ポリエステルの布はレーザーで裁断して縫い代をなくすなど、さまざまな角度からシンプルさを追求した。

ルイ・ヴィトン 装飾極力省く

 ドレスがシンプルな分、白い小物入れがアクセントに(ルイ・ヴィトン)=ロイター

ルイ・ヴィトンは、オフホワイト、ベージュ、水色など淡い色を使って、ポンチョ、シルクとカシミヤ混紡のセーター、ベルベットの水着などを披露。無駄な装飾を極力省いたミニマリズムの旗手と呼ばれるアメリカ人デザイナー、マーク・ジェイコブスが上質の素材や一目でそれとわからないように加工した素材を、上手にデザインした。ルイ・ヴィトンの模様が入ったライター入れや透明なトートバッグなどは、人気を集めそう。

クリスチャン・ディオール 中国の軍服風

 中国の軍服風にカーキ色のタンクトップとスカートに、帽子も中国の軍服姿を思わせる(クリスチャン・ディオール)=AP

中国の軍服をモチーフにした服を発表したのは、クリスチャン・ディオール。カーキ色のゆったりめのパンツ、スタンドカラーのシャツは、シルクのプリーツを使って高級感を出した。襟元に付けたディオールの頭文字「D」のバッジなどでディオール風を演出していた。

 

シャネルの21世紀デザインは機能重視のバッグ  シャネルが発売  日経10-10-13(14)

 フランスの人気ブランド「シャネル」の日本法人、シャネル(東京・渋谷)は十一月末、機能性を重視した新型バッグ「2005」=写真=を発売する。人間工学に基づいてデザインし、角張った部分をなくして使用時の体へのフィット感を高めた。百貨店などのシャネルプティック二十四店舗で販売する。内部は整理用ポケットで七分割されており、中身を容易に取り出すことができる。また、チェーンやフレームにアルミニウムを使っているため、従来品に比べ軽量。素材は革やツイードなど四タイプあり、色は黒や茶などが中心。価格は二十六万-二十八万円。来年以降、同じ形の小型バッグや革小物なども商品化する計画で、シャネルの二十一世紀型のデザインとして位置づけている。

 

正反対の事例 不思議の国のデコラちゃん 過剰装飾のミスマッチ  読売夕刊 10-10-19(1)

原宿新ファッション 「日本でしか見られないファッション」

フリルやひらひらのレースのついたスカートに色とりどりのハイソックス。少女漫画の世界から飛び出したような格好の少女たちが東京・原宿でひと際目立っている。通称「デコラちゃん」。全身を飾り立てた彼女たちのファッションは、単純に「かわいい」では形容しきれない、どこか不思議な雰囲気が漂う。(生活情報部宮智泉)

 ひらひらしたスカートやイチゴの模様のついた靴下やバッグ。色も柄も自分の好きなように組み合わせるのが「デコラちゃん流」(東京・原宿で、奥西義和撮影)

 様々な若者のファッションで海外からも注目されている街、原宿。そのラフォーレ原宿前に、週末、カラフルで派手な格好をした少女たちがどこからともなく集まってくるようになったのは、今年に入ってから。「デコラちゃん」の由来は、英語の「デコラティブ(装飾的な)」とも、「デコレーションケーキ」ともいわれる。つま先からヘアスタイルまで、ごてごて飾り立てた様子にぴったり当てはまる。アニメ「キャンディ・キャンディ」の世界を思わせるが、単にかわいいというのでもない。色の組み合わせもアクセサリーの使い方も、おしゃれのルールや常識をはるかに超えているからだ。例えば、しま模様のTシャツにタータンチェックのスカートを合わせ、レースを重ねたミニスカートからは、レース付きのズロースをのぞかせる。端から見れば、奇異な取り合わせにも映るが、「自分の好きな格好をしているだけ」(東京・小金井市の十九歳の専門学校生)と、まるで気にする風はない。むしろ、そうしたミスマッチも含めて、人の注意を引き、目立つことを競っているように見える。「人に見られるのがめちゃうれしい」(板橋区の都立高校生)。これは「服飾」の言葉で示される日本人の美意識の原風景かもしれない。そこにはシャネルのモード革命はない。日本には「粋(いき)」という美意識もあるのに。若者のファッションや風俗に詳しいファッションジャーナリストの高橋牧子さんは、こんなデコラちゃんたちを「日本でしか見られないファッション」と言う。「日本の社会に根強く残る『かわいい文化』と、若者が服のルールを無視して好きな服を自分流に組み合わせる『スーパーミックス』が結び付いた新しい若者文化の一つでしょう」。そんな彼女たちは世紀末ニッポンの"プリンセス"なのかもしれない???。

 

  シャネル以前 シャネル以降→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/6  2回  シンガーの開発 ミシン売り出す   149年前 1851年

《ミシンの発展と歴史は》

 ”ミシン”は誰が、いつ、どこで、発明し、そして現代のハイテク機器にまで発展したのだろうか? 今日、工業用ミシンと、その周辺機器は長足の進歩を遂げ、そしてこれらの設備の世界的普及によって、いまやファッションガーメント(今はアパレルという)の世界は質量ともにこの上ないレベルに前進拡充されつつある。この様な恵まれた環境の中でともすれば”ミシン”は、私達の日常から離れているように感じられる。ここに来るまでには、ミシンの原理が発明されて以来200有余年の歴史の流れがあり、そこに登場した欧米を始めとする素晴らしい”天才発明家”の存在はもとより、彼等を支援し協力を惜しまなかった多数の有名、無名の人々の断えざる情熱と努力があったのである。また、幕末、明治維新の頃、ミシンがわが国に渡来して以末、その普及、発展に払われた多大な尽力と数多くのエピソードがある。

(1)200年前 ミシンの発明

ミシンの根源的発想(英国特許1764号)

 1790年7月17日、英国の家具製造業者であったトーマス・セントに、英国特許1764号としで認可されたものが、歴史上、ミシンの構造原埋として公式に認められた、最も古い記録である。

パーシレミー・シモニアの挑戦

 この頃、機械的なソーイング装置を、自ら発明し、最初に業務用として便用したという人物がフランスに登場した。それが、リョンで洋服仕立業(テーラー)を営んでいたバーシレミー・シモニアである。彼がテーラーであった頃の1820年代では、一着の洋服を仕立てるのに23時間もの時間を要し、朝早くから夜遅くまでの長時間労働によるギルド制度が根強く社会を支配していた。彼自身が、洋服の仕立に要する時間の長さに苦慮していたばかりでなく、生来大変に博愛精神に満ち、人道的情熱の持主であったシモニアは、ギルド社会に拘束されていた沢山の子供達や未成年子女達の殆ど、奴隷的ともいうべき労働環境を見るにつけ、何とか、この悪環境を改善する道はないものかと考えていた。そして、長時間労働を助ける何かの機械を作る必要があると決心した。そして、遂に彼は何年にもわたる努力の末、1829年彼の第一号機ともいうべきミシンを完成し、翌1830年にフランス特許を取得した。彼のミシンは、当時フランスで最も流行していた装飾用タンブール刺繍を機械化したものであり、一見単純な溝造であったが、多分に実用化、量産化される要索を備えており、まさに後世に残る”優れた発明”だった。当時、縫製において最も多い需要は軍服を縫うことであった。1831年彼は80台のミシンを軍服を縫うためにパリの工場に納入した。しかし、その発明品によって、自分達の仕事が減り生計が脅かされるという被害妄想にとらわれたギルド社会のボス達の指示によって、ある夜、70名にも及ぷ暴徒が工場に乱入し、ミシンは跡形もなく破壊され、シモニア自身にも身の危険が追り辛くも裏口から脱出した。彼は無一文となり、途方に暮れ、やむなく再ぴ故郷のリョンにもどり虚しい歳月が流れて行った。彼はティラーとして日夜働き続け、そこで得た収入を再び発明品の為に投入した。そして、1845年、更に優れた要素を持つ改良型を完成し、1848年英国特許を取得した。この頃、彼の努力に共感した弁護上、ジーン・マリー・マグニンの協力を得て1851年に開催された大英博覧会に、彼は自作のミシンを出品した。しかし、結果は世間の冷たい風評に遭遇しただけであった。不遇のうちにシモニアは1857年64歳で人生の幕を閉じた。今日彼の一生を考えるときに、それが如何に優れた発明であったかという証として、後年、コード刺繍(ハンドル刺繍ともいう)ミシンとして、世界に市場を開拓したドィツ、リンツ社の製品、そしてフランス・コーネリー社の製品は全てシモニアの考案原埋を改良し応用したものであるという事実を見れば、明らかである。現在、シモニアの第一号機は大英博物館に所蔵され、またそれと同型のもの及ぴ改良型等は彼の功績を讃えるために作られた、フランス・リョンのシモニア記念館に保存されている。

  (2)シンガーミシン 事業の成功

 アメリカ・ニューョーク州ピツッタウンの出身。当初、親友ジョージ.ジーヴァーと木版自動彫刻機の開発を行ない、その機械を売込むためにポストンのオーソン・フエルプスの工場に立奇ったのは、1850年の夏、シンガー39歳の時であった。その時フエルブスが、自らパテントを所有しているミシンに欠点があり、これを改良して世に出せば、必ず大きな市場を獲得できるということを熱心に二人に話をした。木版彫刻機が不評で落胆していた二人は、気を取りなおし、この未知のマシンの改良に全力を挙げて取組む決意をし、約2か月間、夜を日に継ぐ必死の努力を続け、遂に9月末製品は完成、これが有名なシンガーミシン第一号機で現在、大英博物館に所蔵されている。翌1851年、シンガーは独自の特許を取得、”シンガー”ブランドで積極的にセールス活動を開始し製品が市場に出始めた頃、図らずもエリアス・ハウから待許侵害であるとして、製品の販売停止と賠償金25,000ドルの要求を伴う訴訟を提起された。シンガーとジーヴァーは、弁護士エドワード・クラークに相談し、クラークは数次にわたりハウと法廷での抗争を繰り広げたが、1854年目出度く訴訟が和解成立し15,000ドルをハウに支払うことによって、シンガーは製造販売権を取得するという内容で決着した。名弁護士エドワード・クラークは、以後シンガー社の副社長となり、割賦販売方式を世界で始めて発案し、シンガー社の躍進とミシンの普及に多大な貢献を行なった。希代の実業家として世界的名士となったアイザック・メリット・シンガーは、1863年に現役を引退、パリに移住し、後にロンドンに居住し、彼の地で1875年に永遠の人となった。シンガーは世界の富豪として後年のカーネギー、フォードと並ぴ祢せられたのである。

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/13  3回  森英恵がシャネルで学んだ分業化

           縫製では大恐慌後 71年前 1929年 アメリカで

 

●ぶん‐ぎょう【分業】‥ゲフ 手分けをして、仕事をすること。 

〔経〕(division of labour) ある生産物を完成するために、その生産の全工程を分割し、労働者がそれぞれの工程を分担すること。アダム・スミスは、分業が生産力の発展に役立つことを強調した。

●こう‐じょう【工場】‥ヂヤウ 機械などを使って多くの労働者が分業によって協力しながら継続的に物品の製造や加工に従事する施設。こうば。

 

(1)森英恵 シャネルに分業を学ぶ

森英恵は「私の履歴書」[日経 6−4−16(36)]において、次の

ように書いている。 「シャネル」店で服注文、分業の良さ知る 

 1961年1月、パリのオルリー空港に降り立った。ピエール・カルダン

のハウスモデルに着任する松本弘子さんと一緒の旅だった。空港からタクシ

ーに乗った。寒い。どんよりした灰色の空が広がっている。石造りの建物が

立ち並び、東京の街を見慣れた目には、まるで街全体が美術館のように感じ

られた。一週間ごとにホテルを移勘した。弘子さんは昼間は仕事で、私はの

んびりと暇を楽しめばいいはずだった。ところが十年間、休む間もなく働き

続けてきたので、ブラブラ過ごす習慣がない。美術館へ行ったりデパートを

のぞいたりしてあちらこちら歩き回った。街並みで感じた伝統の重みは、服

飾を見るとさらにはっきりと伝わってきた。まず既製服。オペラ座のそばに

あるデパート、オ・プランタンで買った紺也の八分コ一トは、仕立てがしっ

かりしていて、形もできている。当時日本で売られていた既製服は、デザイ

ンのない〃プラ下がり〃といわれた粗末なものが多かった。いっそう心を奪

われたのがオートクチュール(高級注文服)である。ちょうど春夏ものの新

作コレクションがいっせいに開かれていた時期で、いくつかのショーを見た。

なかでもシヤネルのショ−は素敵だった。ココ・シヤネルは、パリでは数少

ない女性のデザィナーで、第二次大戦中、お店を閉めて引退していたが、    森 英恵

1954年にカムパックし、再びパリで顧客を魅了しでいた。とりわけシャネ

ル・スーツは世界的に有名だった。ディオールやバレンシアガをはじめカルダン、ジバンシィなど戦後に頭角を現した男性デザイナーが新しいモードを切り開いていく中で、シヤネルは女性を知りつくした、時代にふさわしい着心地のよい服にこだわった。その女性らしさの象徴が、シャネル・スーツだったのである。ショーではシャネルの哲学がはっきりと伝わってきた。体にしっくりフィットした明るい彩りのスーツ。柔ちかな生地でしなやかに体を包んだシルクのドレス…。「シャネルスーツをオーダーしてみたい」と想った。いつも人に服をっくっていたので、一度お客になってみたい、と再びお店を訪れたのである。「あなたのまっすぐな黒髪、とてもきれい一お客の世話をするサロンのマダムが言った。初めての東洋人のお客だったとのこと。高齢になっていたココ・シャネルも時おり姿を見せた。「日本は年中、太陽がいっぱいなんですって。あなたの黒い髪には、太陽の色が似合う」マダムは燃えるようなオレンジ色をすすめた。でも、いつも黒っぽい服を着ていた私にはあまりにも派手な彩りに思えた。やっとのことでそれはプラウスだけにして、スーツはベージュの地に黒とグリーンとオレンジのネップ(粒)を浮かせたツイード地のものに決めた。三回サロンに足を運んで、仮縫いをした。感心したのはシャネルの店での「分業」の素晴らしさだった。日本ではデザインから布地の仕入れ、仮縫い、お客さんの応接まで、なにからなにまで自分でやっていたので、くたびれはててしまった。ここではそれぞれ最高の専門職によるブロフェッショナルなシステムができあがっていて、お客を納得させる作業が進んでいた。「これならデザイナーを続けていけるのでは」と思った。着る側になってみたいと思っていた心が、いつの間にか作る側に戻ってきたのである。「私は作る方が性にあっている」とつくづく感じさせてくれたのは、体になじむあのシャネル・スーツである。それは今も私の洋服ダンスのすみに収まっている。(フアッション・デザイナー)

 

(2)工業は分業により機械を使って生産する

工業は、産業革命により発達した機械をハードとし、当時の経済言論であるアダム・スミスの「国富論」に説かれた分業をソフトとして、進展してきた。縫製工場では、ミシンを使用し、分業のシステムにより流れ作業を行うのである。機械としてのミシンについてはすでに触れたりで、分業について考えてみよう。

 

ぶん‐ぎょう【分業】‥ゲフ 手分けをして、仕事をすること。 

〔経〕(division of labour) ある生産物を完成するために、その生産の全工程を分割し、労働者がそれぞれの工程を分担すること。アダム・スミスは、分業が生産力の発展に役立つことを強調した。

 

分業については、高原須美子・フィンランド大使は、次のように述べている。[読売 7−10−22(10)]へルシンキに赴任して、改めて、アダム・スミスの理論の重みを肌で感じている。フィンランドは、ロシアと国境を接している。第二次大戦では、ドイツと同盟を結んで、ソ連と戦い、敗北した。ソ連に対し、国土の割譲、膨大な額の賠償金の支払いを余儀なくされたが、そうした苦

労に耐えつつも、旧ソ連圏には入らず、民主政治と市場経済を維持し続

けた。一人当たり国民総生産は二万j前後であり、独、英など西欧先進

国と肩を並べている。フィンランド湾を挟んで、対岸がエストニアであ

り、旧ソ連圏であったバルト三国は近い。いろいうな声が耳に入ってく

る。ラトビア人の作家は、ソ連の下での「五十年間は何であったのだろ

うか」と嘆き、リトアニア人の経済学者は、「計画経済?」と肩をすく

めた。一人当たり国民総生産は、ラトピアが約二千j、リトアニアが千

三百jである。五十年間に開いた市場経済と計画経済の差は大きい。今高原 須美子

から四十年前、一橋大学で高檎泰蔵教授のゼミに入門した時、最初に原

書で読んだのがアダム・スミスの「国富論」てあった。先生は、これこそがすべての経済学の基本であるとし、「もっと新しい経済学を」と不満気味のゼミナリステンたちに、徹底して「国富論」を叩きこんだ。経済は、分業と競争によって発展し、その競争は、自由にゆだねれぱ、「見えざる手」によって好結果を生むとしたスミスの教えは市場への信頼を説き、恩師の教え通り市場経済の基本となっている。五十年間の無駄な実験が逆に証明してくれたともいえよう。

 

こう‐じょう【工場】‥ヂヤウ 機械などを使って多くの労働者が分業によって協力しながら継続的に物品の製造や加工に従事する施設。こうば。

 

(3)縫製の分業化は68年前の世界大恐慌から

米国既製服産業の歴史の古さ

米国のアパレル産業が大きな規模に到達した一つの理由は,既製服(ready一toー wear)の産業が古い歴史をもっていることに求められよう。そこで,その歴史を以下に概観する。

〔ミシンの発明]1832年,イギリスのウォルター・ハントによってミシンが発明され,1846年アメリカでエラィアス・ハウにミシンの特許が認められて以降,既製服の工業化への一つの条件が整っていた。ミシンを世に送りだしたのは、アイザック・メリット・シンガーで、1851年、ニューヨークにおいてであった。以後ミシン縫いの時代が始まったのである。

〔型紙の発明〕1863年,エベネツァー,パタリック夫妻が型紙を発明し、市販した。それを契機として正確な裁断ができるようになったので,既製服の工業化が一歩前進した。

〔南北戦争を契機とする工業化の進展〕1861−65年の南北戦争は軍服の大量需要を引き起こしたので,すでに工業化が可能になっていたミシンを活用し,北軍軍服の大量生産がなされるに至った。その後,戦争が終わるとともに,背広服の生産へと切り替えられるに至った。これによって,メーカーは大量生産のメリットを学んだので,既製服工業化のもう一つの条件も整うに至った。

 出所;H.A.Cobrin:The Men’s Clothing lndustry(Fairchild.1970)

〔ユダヤ人の移民〕1848年ドィツの3月革命を契機に,大勢のドィツ居住ユダヤ人が米国に移住し,アパレル産業に就業した者が多かった。その後,1880年以降,ロシヤ並ぴに東欧諸国でユダヤ人が迫害を受けたので,以前よりもはるかに大勢のユダヤ人が米国に移住し,彼らの多くもアパレル産業に就業した。その結果,労働力の面でも既製服工業化の条件が整ってきた。以上のような系譜をとって,1900年ごろには既製服の手工業化の条件は完全に整ってきた。多くの人が米国の既製服は1900年を画して手工業による工場化が始まったと考えている。工業化に入ったのは、1929年勃発の大恐慌の後からであり、縫製作業に分業化が取り入れられ、流れ作業となってからである。

我が国で既製服の工業化がいつ確立したか,その時点を正確に指摘することは困難であるが,仮に昭和35年(1960年)を工業化の時点と仮定すると,米国に比して我が国は25年から30年遅れたことになる。

 

だい‐きょうこう【大恐慌】‥クワウ1929年10月アメリカの株価大暴落に始まった世界恐慌。

 

〔ファッション・インダストリー〕1927−28年、大恐慌により衣服企業、縫製工場の約半数が倒産に追い込まれ、生き残りのため各企業は合併やシンジケートによる体質強化を図り、これらを「ファッション・インダストリー」と呼んだ(ここでのファッションの意味は今日の意味とは異なる)。このとき、現場としての縫製工場の作業に分業が取り入れられ、最初はコンベアの導入による流れ作業、1930年後にはコンベアを外した流れ作業が行われるようになった。1935年創業のコンサルタント会社のカート・サーモン社は縫製工場の指導を始めた。シンガー社もシンガー・シンクロ・システムを作り上げて指導した。アメリカで今日の意味でファッション産業と呼ばれるようになったのは、1963年からであった。

ステッチを要素とする縫製作業の階層的構造

アパレル生産を対象とする縫製全体の作業経過

ワイシャツ縫製の作業経過

ワンピースの工程分析

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/30  4回   縫製の科学縫製とは、科学とは、分析と要素、階層構造、総合

 

   (1)縫製とは?

ほう‐せい【縫製】(ミシンなどで)縫って作ること。「―工」

 アパレル縫製とは、裁断された生地をその裁断縁からほつれたり、ほどけたりしないようにして縫い合わせや貼り合わせを行い、平らな生地から丸みのある人体にフィットするよう立体的に成型し、組み立てる作業である。

 

 この場合、縫製の仕事はアパレルを仕立てるすべての仕事のことをいい、事務所での頭脳労働では商品企画、クリエーション、デザイン、パターンメーキング、マーキングの仕事があり、熟練技能のサンプルメーキングがあり、そして現場での肉体労働では延反、裁断、仕分け、芯接着、パーツ縫製、中間仕上げ、組立縫製、最終仕上げなどの仕事が行われ、さらに生産管理の業務が行われる。アパレル縫製では、アパレルに対する知識、生地の特性の知識、縫製法の知識、縫製機械設備の知識、仕事の仕方や労働および人を使うことに関する知識が必要となる。単にドレスを1着、一人で縫い上げればよいというだけではない。アパレル縫製に関するいろいろな知識とは、科学的知識である。

 

(2)科学とは?

か‐がく【科学】クワ‥(science フランス・イギリス・Wissenschaft ドイツ) 世界と現象の一部を対象領域とする、経験的に論証できる系統的な合理的認識。研究の対象あるいは方法によって種々に分類される(自然科学と社会科学、自然科学と精神科学、自然科学と文化科学など)。

ぎ‐じゅつ【技術】 [史記貨殖伝] 物事をたくみに行うわざ。技巧。技芸。「―を磨く」 

(technique) 科学を実地に応用して自然の事物を改変・加工し、人間生活に利用するわざ。「―革命」

テクノロジー【technology】技術学。工学。

 

縫製科学は自然科学である。縫製という現象を客観的に認識するものであり、職人の主観的判断によって結論付けるものではない。縫製は技能を要する。縫製では、昔からの裁縫の技が伝えられている。技能は、何よりも繰り返し習熟してうまくなることである。伝承されたものを磨き上げるのである。しかし、工業縫製では技能だけでなく、技術が不可欠である。これは工業縫製が工学に基づくものであるからである。技術は科学を実地に応用し利用する技である。従って、伝承技能だけでは、科学が欠落している。工業縫製では、科学がベースである。(参考文献[アパレル科学 丹羽雅子編著 朝倉書房刊][被服科学総論 日本繊維機械学会編][最新縫製科学 日本繊維消費科学会編])とはいっても、科学について縫製の労働や作業を対象として研究することは容易なことではなかった。この100年の間に仕事に対する科学的研究が進んだのである。伝承だけのモノ作りはすたれてしまう。仕事の科学的研究の上に、技術が発展した。そして縫製のテクノロジーとは、縫製の技術学であり、工学である。(参考文献[新アパレル工学事典 石川欣造監修 繊維流通研究会刊 ])

シャネルは「モードは芸術ではない、技術である」といった。シャネル・モードの中心となっている技術思想は、「シンプルで着心地よく、ムダのないこと」である。この思想は既製服縫製にとって工業縫製とするためにも重要な意味を持つ。芸術にこだわり、手作業にわだかまる伝統だけのクチュリエに対して、シャネルはこれを革命し、技術の側に立ったのである。

 

   (3)科学的方法―分析と要素、自然界の階層構造

ぶん‐せき【分析】(analysis) ある物事を分解して、それを成立させている成分・要素・側面を明らかにすること。「情勢を―する」 

〔化〕物質の鑑識・検出、また化学的組成を定性的・定量的に識別すること。 

〔論〕概念の内容を構成する諸徴表を各個に分けて明らかにすること。 証明すべき命題から、それを成立させる条件へつぎつぎに遡ってゆく証明の仕方。 

 

 科学は自然の法則を研究する学問であるが、「科」は分類された項目の意味があり、分科会などと使われ、研究手法として分析・解析が行われる。この結果、「分かった」または「解った」ということで、分明となり、理解される。ここで、自然界に対する科学的見方は、要素の構成が階層構造を持つと考えて研究するのであり、これは科学的分析である。ノーベル賞受賞者のハーバート・サイモン博士の説によると、自然界は次のような階層構造をもっている。

 

●生物の階層構造:生物→器官→細胞組織→細胞核・細胞膜→細胞内の微粒子→細胞内粒質体

●物質の階層構造:物質→巨大分子(高分子など)→分子→原子→素粒子

●天体の階層構造:地球→衛星系→遊星系→銀河系→天体

[参考文献 H.A.サイモン著 高宮晋監修 システムの科学 ダイヤモンド社 1969年刊]

 

(4)縫製の階層構造と総合

そう‐ごう【総合・綜合】‥ガフ(synthesis) 個々別々のものを一つに合せまとめること。  

弁証法で、相互に矛盾する定立と反定立とを止揚すること。合(ゴウ)。

ホーリズム(holism)全体論。現実の基本的有機体である全体がそれを構成する部分の総和よりも存在価値があるという理論。J.C.Smutsの主唱した説。

 

縫製作業の理論構成は、科学的に行われるわけである。そのために、縫製作業が解析される。しかし、この解析は科学的考察のすべてではない。科学的考察と称して、解析や分析に偏すれば、結果は断片的となり、細分化して、縫製作業の全体像から遊離し、専門的という名の下に「つまらない」「分からない」「役に立たない」ものに陥り、あるいは縫製作業というライブな作業対象だけに雑学として軽視され、底の浅いものとなって、その挙げ句は実需社会の産業や企業にも関係のないものとなってしまう傾向が強い。縫製作業を対象とする研究では、衣服の仕立て法がとりあえず対象で、縫製工場の「流れ作業」に基づくものとなっていない。作業の科学的研究として取り上げられているものでも、現状分析から始まり、作業分析、工程分析というように、分析の中に研究が埋没して、分析のままにとどまって、その分析の結果を総合することが忘れられている。分析には総合が同じように必要となる。科学的に縫製の基礎理論を分析により把握するように心がけるとともに、総合的にまとめるようにして、全体像から遊離することのないようにしようと思う。

科学理論化―「状態」の分析

 理論の構成には、H.A.サイモン博士の「科学に関する思索と研究」が指針を与える。同博士によると、複雑な自然を理解するのに、「状態」の記述と「過程」の記述とが役立つと述べている。そして対象の現象が複雑性(難しくて分からない性質)を持つ場合、それはしばしば構成要素の階層的出現の形を取るという。その階層を把握することは縫製作業の「状態」の把握となり、その記述は科学的な理論構成を導くことになると考えるのである。それでは縫製作業に対してはどんな階層構造となっているのだろうか。次のように示すことができる。[参考文献河内 保二共著 縫製作業の基礎理論の考察 繊維科学誌連載 1992年34巻4号 P.15-]

●アパレル縫製:組立縫い→部分縫い→基礎縫い→シーム→ステッチング→ステッチ

(縫製要素)

 このようにステッチを単位要素として、縫製をステッチの各層への形を変えての出現として考えるのである。このように階層構造として見ることは、被服構成におけるステッチ、シーム、基礎縫いなどの作業の意味と縫製における位置付けの理解に資するとともに、これらの構成要素を分析し、掘り下げるのにも役立つものと思っている。また、階層の全体を見ることで、縫製作業の全体像を視野に入れることができる。

科学的理論化―「経過」の分析

 さらに、縫製作業の「経過」が分析され、記述される。このような作業経過の単位が工程であり、分業の単位となっている。この分析を「工程分析」といい、工業縫製は工程の上に成り立っている。テーラーは縫製全体を対象に「丸仕上げ」として伝承するが、工業縫製は縫製工程により分業にして流れ作業として生産する。アバレル生産の工程はプリントの表のように示される。

多様度対応の科学

 工業生産は大量生産のための生産方式であるが、マーケットインの生産は顧客の満足を提供する生産供給、サービスとなるので、生産は多品種、高品質、高感度、短サイクル、少量生産となってくる。従来の工業生産では対応が困難となっている。基本的に脱工業が求められており、量産から個産への脱却移行が迫られている。多様度対応の科学は、生産の外部の多様度増加により工場の多様度が足りないときは、生産は混乱してしまうが、工場の側で生産の多様度を増加させることで、円滑に生産が行えることを示し、これを最少多様度制御の法則として、「外部の多様度に対して内部の多様度を増加すれぱ、全体の多様度は減少する」ことを明らかにした。縫製工場では、少人数のラインをたくさん設けることで、縫製工場の多様度対応を増加させ、多品種、高品質、高感度、短サイクル、少量生産を可能とすることになった。

分析と総合化

 西洋科学の得意とする分析手法は、分析を細かにして行くに従って、全体からかい離して、人間のためになる観点が消滅して、このために最近では、分析手法に対する見直しが求められるようになってきた。様々な事象を「分析」しながら解明する西洋科学の方法論でなく、東洋哲学のように「統合された」方法論が今後重要になるといわれている。

工程の統合化(統業)

 工業生産では生産能率を高めるため、工程を細分化し、単工程分業専門としてライン編成したが、作業者に仕事に対しての疎外感が強まり、多品種少量生産が行えす、作り過ぎとなって売れ残り、残品処分の値引き損の巨額化を招き、工業生産は行き詰まってしまった。顧客の要求に応じるには、細分化工程での「単能工・単工程持ち」を「多能工・多工程持ち」とし、多様度対応を図り、工程の統業化を進めることが必要となっている。

このような生産の推移の経過を列挙すると次のようになる。

1)家業的作り方…家族的分業で縫製は家族のために丸仕上げで行われた。

2)芸術家制作…売るのが目的ではない作品作りで、同じものを沢山作らない。

3)工芸的製作…売るのが目的の美の追求で、芸術的制作と同じ作り方。売れれば沢山作ることもある。

4)職人的個作…職人による注文製作で、丸仕上げで行う。(テーラー、オートクチュール)

5)工業的量産…量産へ分業(アダム・スミス論)して、機械を使って生産する。(既製服、プレタポルテ)

6)客業的個産…顧客のため、統業(M.ハマー説)によりハイテクを使って個産する。(カスタムメード)

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/27  5回    縫製作業の工学[参考文献:新アパレル工学事典]

こう‐がく【工学】(engineering) 基礎科学を工業生産に応用して生産力を向上させるための応用的科学技術の総称。古くは専ら兵器の製作および取扱いの方法を指す意味に用いたが、のち土木工学を、さらに現在では物質・エネルギー・情報などにかかわる広い範囲を含む。

 

(1)縫製の基礎原理

衣服の着装の原型は、布地を体に巻いて着るか、布地を2つに折って真ん中に穴を開けて首を通して着るか、布地を2つに折って前を切り開いて羽織のように着るか、下着やシャツのように体に合わせたものを着るかが挙げられている。これらは、巻き衣(ドレパリー)、貫頭衣(ポンチョ)、羽織(カフタン)、胴衣(チュニック)である。最初は布が織り上げられたまま、そのまま体に巻いて着たり、布の真ん中に穴を開けたり、前を切り開いたり、最小の加工で着ていた。これらは寛衣といわれる。ゆったりした着方である。これに対してチュニックは防寒の意味もあって、体にフィットした着方となっている。今日のアパレルの原型である。これらを次の頁に表にして示す。体に合わせるには、布をパーツ毎に裁断することが必要となる。そのパーツを組み合わせて縫製し、人体に近似的立体に造形して仕立て上げるのである。

1)衣服縫製は組立作業

現在の縫製作業は布をパターンにより裁断して、各部の材料取りを行い、これらにより部品(パーツ)を作り、部品を組み立てて衣服を完成する作業である。縫製作業の本質は組立作業である。工業の分類では、化学工場のように原料に変質、変形加工を行って製品とするプロセス型工業と、部品を組み立てて製品とする組立工業とがある。部品を作らない繊維工業やスカーフやタオルなどの縫製工業はプロセス工業に属し、衣服縫製は自動車工業と同じ組立(アセンブリー)工業に属する。

―― プロセス型工業 基礎素材型産業 ――

工業 ――      生活関連型産業 ―――― 工業統計の大分類

―― 組立型工業 加工組立型産業 ――

2)結合はステッチ

縫製は平面上の布や皮に加工して、製品を作る仕事である。カーテンやスカーフ、ハンカチーフ、タオルなどは平面状の製品である。衣服やバッグ、靴などは立体化された製品である。布を材料とするものでは、布の織り端や編み終わり、裁断端のほつれ止めやほどけ止めの始末が必要である。平面状の製品は縁折りや縁巻きを行い、また糸により縁かがりして始末する。立体化される製品は、各部分に裁断して、裁断縁の始末をしながら、立体造形の加工を行う。縫製において部品を組み立てるのに、各部分を結合することが必要となるが、この場合は主に、糸と針によるステッチが使われる。ステッチ以外には接着が使われることがあり、皮を材料とする靴などではステッチの他、接着が使われており、また釘打ちなども行われる。しかし、縫製の主体はステッチによる結合であり、縫製の基礎原理をステッチによる加工の上に考えることとなる。

3)三次元世界における立体化の理論

 われわれの生きているこの世界は三次元空間であり、縫製作業の原料は平面の二次元材料である。縫製作業は平坦な材料を人体にフィットする三次元立体に造形するものであり、立体化の理論を理解しなければならない。三次元空間では平面を維持するには、条件が限られる。自由な条件では三次元的自由度で自由な立体化となってしまう。限られた条件て、成立する平面の二次元条件を破ることで三次元立体を作り出せるが、任意に行えば、シワや凹凸などが生じて、好ましい立体化にならない。平面からシワにならないで立体になるもの(可展面という)もあるが、人体にフィットする曲面立体は平面からシワにならないで立体にできない(非展面という)。この逆に人体の曲面立体を平面に展開できない(ミカンの皮をむいて平にしようとするとづたづたに裂けてしまう)。そこで近似的な立体により人体にフィツトさせるのである。平面を立体化するには、二次元の条件を破るようにするが、そのため平面を構成しているタテヨコの長さを伸ぱしたり、縮めたりする。くせ取りにおける追い出しが伸ぱしであり、追い込みが縮めである。

 

[紙による立体化実験]円形の紙に鋏で中心に向けて、中心まで切り、切り端を重ねて円周を縮め、または開いて円周を伸ばして、縮ませたとき、伸ばしたときの立体形状を調べる。

[布による立体化実験】紙の代わりに布で同じ実厳をして、立体形状を調べる。

 

平らな布を丸みのある人体にフィットさせるには、立体化の加工をする必要がある。このために布に余裕を持たせて、余分な部分を摘んで、ダーツとして縮める方法が多く採用され、これは円錐状に立体化する方法である。布は伸ばしたり、縮めたりすると、平面の条件が破られるので立体化するが、勝手な立体化ではなく、フィットするように立体化しなけれぱならない。生地特性をよく把握してパターンの上で考慮し、立体化加工するようにする。立体化の技法は次の通りである。

●ベーシックな立体化技法

 @ダーツ(dart):布を縮ませて、円錐状に立体化させる技法である。立体裁断では、余分の布を摘んで布を縮ませ、人体にフィットさせるが、布のつまみぐせを縫うダーツは、もっとも多く用いられる技法である。投げ槍ゲームの槍に似ている形からダーツと呼ばれる。ダーツは次頁のような箇所に用いられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aいせ込み(easing):織り

布のバイアス方向の変形を利用して、

長い方の布地の組織を密にして立体化

するが、ギャザーなどが入らないよう

にアイロン加工する。

B伸ばし(stretching)

:いせ込みと反対に、織り布を伸ばすことにより立体化させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●飾りの立体化技法

 @ギャザー(gathering):布地にしわを寄せて立体化する。

 Aシャーリング(shirring):ギャザーを繰り返し行って立体化する。

Bタック(tucking):布につまみひだを加工して、立体化する。

Cプリーツ(pleating):折りひだ、たたみひだによる立体化。

Dフレアー(flare):布に広がりを持たせて、立体化する。

Eドレープ(drape):布に垂れ下がりを与えて立体化する。

F切り替え(design seam):プリンセスラインのような分割によりアウトカーブとインカーブの  縫い合わせにより生じる立体化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4)仕上げの原理

 布は仕上げにより成型〈立体化)や整形(しわ取りなど)が行われる。このために布に何らかの作用を及ぼす必要がある。熱可塑性の布が多いので、加熟して繊維を緩めておき、圧カを加えて、望む形に立体化の加工をする。綿や毛の布では加湿することで加工し易くなるので加熟、加湿のためにスチームを使う。絹は加湿できないから乾熱で加圧して仕上げる(わずかに加湿することがある)。合織は疎水性で加湿は不要である。ニットでは目潰れするので、加圧しない。アイロンによる成型では、織物にくせ取りとして「いせ込み」や「伸ばし」がバイアス方向に行われるが、織りズレ変形を起こさせて、成型するのである。プレスでは織りズレではなく、布の引っ張りや圧縮(折り目付けや玉ぶち納めなど)により加工する。加熱して仕上げ加工が終わったら、急冷することが型くずれさせないために大事である。このためにバキユームにより吸引をかけるのである。家庭のアイロン仕上げでは急冷しないから型くずれし易いわけである。

 

(2)アパレル構成の基礎理論

糸と針を使っての縫製では、ステッチが繰り返し出現する。縫製作業はステッチを要素とする複雑現象であると見ることができる。しかし、ステッチは縫製作業の進行に従って色々形を変えて出現しているのである。つまり、ステッチという要素は平らな配列ではない。階層構造となっている。縫製作業の階層構造の考えは昭和56年の日本繊維繊械学会刊「繊維工学W‐最終繊維製品の製造と性能」の155頁に発表した。縫製作業の階層構造を別紙のブリントに示す。ステッチは縫製作業の要素として、階層の各段階に出現し、ステッチングに、シームに、基礎縫いに、パーツ縫製に、組立縫製に、それぞれ出現している。最近、無縫製型構編機の開発により糸から途中階層を飛び越してニット衣服が編立てで、仕立て上げられることになった。

1)ステッチ方法(JlSL0120)

 布の結合を糸による方法で、先端に糸穴のある針を使用するのが機械縫いの特徴である。糸の抜け止めに糸を交差させるのがレーシングで本縫いのステッチとなり、糸のループをくぐらせるのがルービングで環縫いのステッチとなる。

―― レーシングによるステッチ(本縫い)―― インターレーシング

ミシン縫いの原理 ――

―― ルーピングによるステッチ(環縫い)―― イントラルーピング

― インタールーピング

●ステッチ(Stitch、縫い目):JlSL0120に6クラス・88種のステッチが規定されている。これらのステッチの構成原理は、レーシング(lacing、糸が交差すること)とルービング(looping、糸輪がつながること)であり、レーシングは本縫いのステッチ(300クラス)を作り、ルービングは環縫いのステッチ(100,400,500,600クラス)を作る。

●シーム(Seam、布にステッチが施されたもののこと):JlSL0121に8クラス542種が規定されている。シームは布2枚以上に対しての縫い合わせ法と、1枚以上に対しての縫い代始未法(縁かがりやヘムなど)及び飾り縫い法(刺繍など)から成っている。

2)リンキング方法

 荒い編み目のニット生地を結合する糸による方法で、編み目一つづつ糸をくぐらせて編み糸のほどけ防止をし、生地同士を結合する。この方法は「包み縫い」ともいい、単環縫い、或いは二重環縫いに属する縫い方のリンキングマシンが用いられている。

3)接着方法

 染色整理では各種の糊が使用されるが、ステッチに代わる布の結合に接着が用いられる。接着剤によるもの、加熟によるもの(超音波や高周波なども用いられる)がある。接着(Bonding)における接着材としてはポリアミドが主体。熱融合では、高周波式は塩ビ素材に、超音波式と加熟式は熱可塑素材に適用されている。ダイバーズスーツなどのように耐水性のために縫い目を嫌うものでは接着が用いられている。気密性や防水性を要するドーム屋根やテントでは接着が行われる。最近、アメリカでライトシーム(光縫い合わせ)の機械(LS1300)が試作されたが、接着縫い目の衣服(釣用防水服など)に伸びる接着縫い合わせができるとされる。

 

(3)縫製工学と縫製技術

こうがく【工学】物理学・化学・数学などの基礎的科学を工業生産に応用するための学問。

ぎじゅつ【技術】科学知識を生産・加工に応用する手段。物事をうまく行うわざ。

 

縫製の作業に科学の理論を応用する学問が縫製工学である。その縫製工学を縫製作業に応用する知的な技が縫製技術となる。縫製工学と縫製技に関して次のように示される。

 

       ― 縫製固有技術 ― 縫製本来の技術(見てよく、着てよく、感じよく)

縫製工学 → 縫製技術 ―― 縫製管理技術 ― 縫製の管理のための技術(品質管理、生産性向上)

(知的根拠) (実行)  ― 縫製開発技術 ― 縫製を新しく開発する技術(新製品、新縫製法の開発)

 

(4)プラトンのトリベー(伝承技能)

テクネーとトリべ− 技術とは何か 科学と人間の視点から 村上陽一郎 NHKブックス p75〜

技術という概念

モノ作りの仕事は、家庭での料理や裁縫の仕事のように、単に、経験を積み重ねることのなかで得られる技法と、建築や造船の仕事のように、知的に考えられ、「巧みにものごとを処理し、あるいは操作する能力」によるものに分けられる。プラトンは、前者を「トリべ−」といい、後者を「テクネー」といった。プラトンによれば、料理や裁縫の技法は、自然の中に本来的に存する因果的な関係を、ロゴス(理論)として把握した結果、生まれてくるものではなく、その点では、例えば、建築(大工)の技法でも、直角を得るために、1本の縄のループを3・4・5に分割して目印を付けた基準縄を使うことがあるが、それが単に数学の理論からでなく、経験の積み重ねによって知られて使われる限り、真の意味の「テクネー」とはならないと、プラトンはいうのである。

 

(5)プラトンのテクネー(テクノロジーの語源)

 では、プラトンにとって、真なる「テクネー」とは何なのか。すなわち、日常的経験の積み重ねや、訓練の積み重ねの結果得られた熟練や腕前、ものごとを巧妙に処理する能力ではない。これは「トリベー」である。テクネーは自然のなかに本来的に存在する因果的な関係を知的に把握した結果、そこから生まれ、あるいはそれに裏付けられた技術であり能力である。テクネーはテクノロジー(工業技術)の語源となっている。縫製技術もトリベーでなく、テクネーとして自然科学の理論によるモノ作りの学問―工学―に基づく技術であることを要する。

 

フェラーリの挑戦 職人芸から脱皮 先端技術  人材を海外から    読売 夕刊 9−9−17(3)

 イタリアGPで、地元の熱狂的な声援を受けたフェラーリ・チームのエ−スドライバー、ミヒャエル・シューマツハー(独)は6位に終わった。しかし、本人は落胆していなかった。「まだ10点もリードしている」と年間総合成績2位につけるライバルのピルヌーブ(カナダ、ウィリアムズ・ルノー)との差を強調し、自信を見せた。残りはわずか4戦。フェラーリ優位は動かない。自動車メーカーとしてのフェラーリは、年産わずか3千3百台。一流の技術を持った従業員が手作りに近い形で一台、一台を組み上げる。メーカーというよりは、むしろ職人芸が支える工房に近い。そこから生みノ出されるロマンチックな超高級スポーツカーは、世界のマニアの垂涎の的だ。最高のスポーツカー作りリに取り組むフェラーリが、、同様に全精力を傾けてきたのがF1レースなのだ。1950年以来のF1史上、最多の通算111勝、ドライバー年間王座も最多の8回を数える。ファンにとって、F1とはフェラーリであり、フェラーリとはF1だった、と言っても過言ではない。しかし栄光の歴史は79年を最後にいったん幕を閉じた。ホンダ、ルノーなど大メーカーが強大な資金力を背景に進めた新技術開発に太刀打ちできなくなったからだ。ターボエンジン、駆動力の電子制御、空カボディー…・。豊富なデータをもとに、規定の枠の中で最速の技術を進化させるホンダらの攻勢に、レースを欧州貴族の伝統スポーツの延長線上にとらえ、イタリア純血主義と職人気質にこだわっていたフェラーリは大きく水をあけられた。王座奪回の切り札として登場したのが、90年に社長に就任したルカ・モンテゼモロ氏だった。70年代に二十代でチーム監督としてフエラーリを王座につかせた天才マネジャー。90年サッカーW杯イタリア大会て、組織委員長としてらっ腕を振るった後の古巣復帰だった。新社長は、「続率力のある優秀な人材を登用する。国籍は問わない」と宣言した。まず、招き入れたのが、ラリーの世界で仏ブジョー社を常勝チームに育てたジャン・トッド監督(仏)だった。「責任の所在があいまいで、マシン開発に統率が取れない。人間関係も微妙だった」。トッド監督は、当時のフェラーリ・チームをこう振り返る。「職人頼り」から「合理主義」への転換が始まった。九三年には「開発作業の進め方を学びたい」とホンダと協力関係を結び、翌年には後藤治・元ホンダF1チーム監督をエンジン開発責任者に迎えた。今ではF1部門の主要スタッフは外国人が大勢を占める。現場での使用言語は英語だ。現在、イタリア北部、モデナ郊外の工業団地にある本社に隣接した全長三`のテストコースは、世界GPの全コースの要素が含まれている、という。出走前のマシンはレース直前まで微調整を行う。さらに、巨大な「風洞実験施設」も完成間近だ。時速三百`の風を起こし、最適なボディー形状を探る施設だ。F1取材49年のモータージャーナリスト、ジェラール・クロンバック氏(スイス)はこうした〃変身〃について、「フェラーリのロマンチックな部分は失われた」と一抹の寂しさを隠さない。「しかし、現代のF1に勝つには、それが必要だったのだ」(小鳥雅生)

 

(6)科学は分析法に基づき、作業を分業単位に分析する

科学の研究は対象に対する分析や解析により進める。分析して、その現象を構成する要素を明らかとする。分けることは、「分かる」ことであり、「別かる」、「解る」ことである。これに類する言葉では、「分明」「分別」「解明」「理解」などがある。縫製作業の科学的研究は、作業を分けて、分業単位の工程として見て行くのである。作業と工程は物作りの仕事のタテ糸とヨコ糸である。アパレル生産を対象とする縫製全体の作業経過を示すと、20頁に示すようになる。具体的にワイシャツの縫製作業の経過は21頁に示した。このように科学に基づく縫製技術は、分析により構成要素を突き止めようとする。縫製では、その要素の一つはステッチである。他の要素に接着がある。縫製は現在はステッチが主流であり、縫製要素としてのステッチには、JISL0120の規格が制定されて、6種88のステッチが定められている。アパレル生産には当然ステッチを分かる必要があるが、ステッチが分かったからといって縫製全体が分かることにはならない。アパレルを全体として追い求めることで研究の十分条件が満たせられる。科学では、分析して構成要素を明かとし、次にこれらの要素を再集合して元の全体を組み立てられると考えた。これを要素還元法という。しかし、科学的方法で分析して要素を解明しても、これらを組み立てても、元にはならないといわれるようになった。21世紀は科学的方法の見直しが迫られている。分析偏重の研究を超克して、物事を総合的に考え、理想実現の観点から行動する研究が求められている。

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

11/17  6回   アパレル生産の管理工学 生産の科学的研究、科学的管理法

 

(1)トリベーからの脱却

人類が伝承により技を絶やさないようにしているのは、家庭料理や家庭裁縫であり、家事の重要な務めでもあった。これはトリベーの技であり、営業的には料理ではコックが、仕立ではテーラーがその技を伝承してきた。その技も単なる伝承から脱却して、刷新し、革新しないと、すたれてしまう。フランス料理とイタリアモードのトリベーからの脱却の動きは、次の通りである。

●フランス料理界の新旧抗争

1996年9月の話。フランス料理界で保守派と刷新派の対立が高じ、フランス料理を代表するシェフで作る仏高級料理業組合(ジョルジュ・ブラン理事長、会員80名)から、刷新派20人が脱退する騒ぎになったと報じられた。発端は、仏料理界の権威で日本でも著名なジョエル・ロビションさんら十数人の名だたるシェフが、「フランス料理の国際化」に抗議の声を上げ、フランス料理の刷新というが、外国食材や調理法を無批判に取り入れるだけのものだと批判し、これに対して、刷新派のマルク・ヴェラさん(有名なレストラン、ベルジュ・ドゥ・レリダンのシェフ)らは「建築や音楽などの芸術同様、料理も創造を通じて伝統を継続・発展できる」と、真っ向から対立。背景には、仏料理界はフランスの景気低迷を反映して、このところ最高級店の経営も圧迫されており、伝統だけでは厳しくなっている事情が表れていると報じられた。

●シャネルのモード革命

パリの初期ファッションは宮廷ファッションを伝承したもので、装飾過多のモード、コルセットや釣鐘型スカートのドレスの様式が伝えられていた。実生活に無関係の様式であった。シャネルは、これらのファッションをすべて時代遅れの遺物としてしまった。1914年以前ののファッションをすべて枯れさせてしまった。シャネルはモードの革命者といわれたが、「モードは芸術ではない。技術である。」といい、モードをトリベーから脱却させ、テクネーへと移行させた。モードは服飾感覚から「シンプルで着心地よく、ムダのないこと」を要素とすることになった。

●イタリアモードにおける革新

 イタリアのベネトン社のルチァーノ・ベネトン社長は常に革新的であることを目指しており、また、フィレンツエのグッチ社は「伝統」と「革新」をモットーとし、同じく、ミラノのプラダ社は、「伝統プラス革新」的発想としている。紳士服のブランド「エルメネジルドゼニア」は、北イタリアの町トリヴェロに店を持ち、「上質な天然素材を基に、伝統と革新を調和させたデザイン」を心がけていて、ビジネススーツからニット製品、小物まで扱っている。

●フェラーリの挑戦 職人芸から脱皮 先端技術、人材を海外から  読売 夕刊 9−9−17(3)

 イタリアGPで、地元の熱狂的な声援を受けたフェラーリ・チームのエ−スドライバー、ミヒャエル・シューマツハー(独)は六位に終わった。しかし、本人は落胆していなかった。「まだ10点もリードしている」と年間総合成績二位につけるライバルのピルヌーブ(カナダ、ウィリアムズ・ルノー)との差を強調し、自信を見せた。残りはわずか四戦。フェラーリ優位は動かない。自動車メーカーとしてのフェラーリは、年産わずか3千3百台。一流の技術を持った従業員が手作りに近い形で一台、一台を組み上げる。メーカーというよりは、むしろ職人芸が支える工房に近い。そこから生みノ出されるロマンチックな超高級スポーツカーは、世界のマニアの垂涎の的だ。最高のスポーツカー作りリに取り組むフェラーリが、、同様に全精力を傾けてきたのがF1レースなのだ。1950年以来のF1史上、最多の通算111勝、ドライバー年間王座も最多の8回を数える。ファンにとって、F1とはフェラーリであり、フェラーリとはF1だった、と言っても過言ではない。しかし栄光の歴史は79年を最後にいったん幕を閉じた。ホンダ、ルノーなど大メーカーが強大な資金力を背景に進めた新技術開発に太刀打ちできなくなったからだ。ターボエンジン、駆動力の電子制御、空カボディー…・。豊富なデータをもとに、規定の枠の中で最速の技術を進化させるホンダらの攻勢に、レースを欧州貴族の伝統スポーツの延長線上にとらえ、イタリア純血主義と職人気質にこだわっていたフェラーリほ大きく水をあけられた。王座奪回の切り札として登場したのが、90年に社長に就任したルカ・モンテゼモロ氏だった。70年代に二十代でチーム監督としてフエラーリを王座につかせた天才マネジャ。90年サッカーW杯イタリア大会て、組織委員長としてらっ腕を振るった後の古巣復帰だった。新社長は、「続率力のある優秀な人材を登用する。国籍は問わない」と宣言した。まず、招き入れたのが、ラリーの世界で仏ブジョー社を常勝チームに育てたジャン・トッド監督(仏)だった。「責任の所在があいまいで、マシン開発に統率が取れない。人間関係も微妙だった」。トッド監督は、当時のフェラーリ・チームをこう振り返る。「職人頼り」から「合理主義」への転換が始まった。93年には「開発作業の進め方を学ぴたい」とホンダと協力関係を結び、翌年には後藤治・元ホンダF1チーム監督をエンジン開発責任者に迎えた。今ではF1部門の主要スタッフは外国人が大勢を占める。現場での使用言語は英語だ。現在、イタリア北部、モデナ郊外の工業団地にある本社に隣接した全長3`のテストコースは、世界GPの全コースの要素が含まれている、という。出走前のマシンはレース直前まで微調整を行う。さらに、巨大な「風洞実験施設」も完成間近だ。時速300`の風を起こし、最適なボディー形状を探る施設だ。F1取材49年のモータージャーナリスト、ジェラール・クロンバック氏(スイス)はこうした〃変身〃について、「フェラーリのロマンチックな部分は失われた」と一抹の寂しさを隠さない。「しかし、現代のF1に勝つには、それが必要だったのだ」(小鳥雅生)

ロールス・ロイス売却交渉―高級感がかえって足引っ張り読売10−3−8

 高級車メーカーの英ロールス・ロイス・モーターカーズが身売りに出されている。十八年ぶりの新型車の発表に合わせて報道陣に公開された本社工場の内部は、まさに「走る工芸品」の作業場だったが、それも姿を消すことになる。ロールス・ロイスの買収には、トヨタ自動車を含む各国の自動車メーカーが関心を示している。ただ、ロールス・ロイスの車は、ブランドの威光は抜群でも大量生座になじまないだけに、各メーカーも簡単には手が出せず、交渉は難航気味だ。(ロンドン松田陽三、写真も)

イングランド北部のクルーにあるロールス・ロイスの工場には、ベルトコンベヤーが見当たらない。組み立て中の車は人力で押して次の工程に移動する。六千五百個所の溶接も、手作業で行われる。塗装の前には、輝きが増すようにボディーの表面を人手でツルツルに磨く。「新型車の開発に二億ポンド(約四百二十憶円)以上を投資して、工場は新しく生まれ変わった――案内役のグラハム・モリソン社長は胸を張るが、ロボットが梳れ作業で車を作い出す日本やアメリカの自動車工場とは別世界だ。「二千六百人の徒業員を抱えながら、製造台数は年間約2千台だ。一日当たり、たつた七台に過ぎない。どりわけ内装の木目パネルの作業棟には驚かされる。カリフォルニア産の夕ルミの根を簿く切ってベニヤ板に張る作業から、ラッカーを塗ったり削ったりする作業まですべて自社内で行っており、家貝工場に迷い込んだ感じだ。ダッシュボードのパネルを一枚作るのに一週間ほどかかるという。革張りの座席や市内に敷くカーペットも、ミシンを便って工場内で縫製する。座席裏には縫い手の名前が書き込まれ、万が一、縫製縫製がほころぴた場合の貫任者も分かる仕組みになっている。しかし、手工業的な生産方式が限界に来ているのは間違いない。すでにエンジンを自社開発する力はなく、新型車、シルパーセラフは独BMWからエンジンの供給を受けている。現代の車に不可欠なエレクトロニクス技術の開発にも巨額の資金が必要なため、親会社の英防衛・重工メー力ーのピッカーズは、ついにロールス・口イスの売却を決断した。ドでツや日本のメーカーが買収した場合に、現在の生産方式が継承されるとは考えにくい。例えば、ムダを極力排するトヨタ自動車の生産方式はロールス・ロイスとは対極にある。下請けメーカから部品を必要な時に必要な数だけ納入させ、在庫部品すら持たないようにする「かんばん方式」は、自社での内製を基本とするロールス・ロイスの生産思想を否足するものだ。午前と午後のティータイムに、全従業員が十五分ずつ休憩を取る英名門企業の優雅な勤務ぶりが見られなくなる日が、間もなく来る。

(2)テクネーによるモノ作り

シャネルはモードをトリベーからテクネーに革命した。パリではオートクチュールは採算悪化で、その打開をプレタポルテへの転換に求めた。しかし、高級既製服であるためには、ムダのない仕立ての点で、伝承されてきた手作業の多い仕立て法は刷新されなければならなかったし、着心地のよい既製服のための体型の研究や型紙のサイズ展開についての調査が不十分であった。プレタポルテがフランスではなく、アメリカでライセンス生産されるようになったのは、アメリカに「テクネー」の縫製技術があったからであり、フランスには「トリベー」の手作業にとどまり、縫製工業化への準備が進んでいなかったことにあった。フランスでパリのプレタポルテを生産するようになったのは、15年以上も後の1960年代後半からである。今日では、「トリベー」のオートクチュールは、「テクネー」のプレタポルテの収益により維持されている。

 

事例:「マックスマーラ」の工業化の先進性読売夕刊 9−11−13(5)

 イタリア最大の婦人服メーカーとされる「マックスマーラ」は、デザイナーではなくメーカーの名前を前面に打ち出した「ファクトリー・ブランド」だ。基本的な装いの中に時代感覚を取り入れた高級既製服は、組み合わせの効く、着こなしやすい服飾として評価を得ている。

●魅力 「きちんとした装いにも向く服」として、0Lを始め幅広い層から人気を集める「マックスマーラ」の製品。半世紀近くに及ぶ服作りは、イタリアの高級既製服の歴史そのものとも言われている。同社は、製造・流通の計7社から成る企業グルーブ。手仕事による注文服全盛の時代にいち早く工業化を取り入れ、既製服の分野を確立した。現在、店舗は世界で二百六十店以上を数え、グループの年商は約一千億円に上る。カジュアルから正装までを六っのブランドに特徴付け、「オーソドックスな中にも素材や裁断で時代性を感じさせる服を」と心がけている。今秋冬は、紺、黒、キャメル、グレーなどを基本色に、コートは羽織るようなザックリとした感覚のものが特徴。ステッチに、手縫いの風合いを持たせている。価格は十万円前後が中心。このほか、スリツトが入ったニットのドレスは、女性らしい細みで長めの輪郭。また透ける素材のブラウスは、起毛された柄の部分を浮き出たせた加工を施している。「マックスマーラジヤパン」広報室の式田えいさん(四○)は、自社製品の魅力について、「素材の良さに加え、ざん新で品のある服作りが特徴。着やすく、しわになりにくいものも多く、仕事着としても最適」と話している。

●バッグと小物 バッグは、型押しのものとポケットや肩ひもの部分に革を用いたナイロン製のものが主体。今ンーズンは、黒や焦げ茶色を基調に、大小のショルダーバッグから財布までがそろう。ナイロン製バッグは二万円、革製のパッグは六方円がそれぞれ目安となっている。またベルトや靴、スカーフ、手袋、帽子といった小物の品ぞろえも本格化させており、「日本で小物の単独店開設も考えている」という。

●MMマガジン 1989年に創刊された「マックスマーラ・マガジン」(A4変形判、170頁)。自社でで独白に編集ファッション主体の雑誌で、半年ごとに世界で50万部を発行している。同社の6つのブランドの製品と美容、芸術、時事的話題などを盛り込み、イタリア語で書かれている。製品を買い求めると無料でブレゼントされる。最新号は、「マックスマーラが最も得意とする素材と自負するキャラメル色のカシミヤ混のコートを、トップモデルのリンダ・エヴァンジェリスタが着こなし、表紙を飾る。

●歴史 仕立業の家系に育ち、洋裁学校長を母親に持つアキーレ・マラモッティが1951年、北イタリアの町レッジオ・エミリアで創業した。日本には90年に登場し、59店舖を構える。

 

(3)作業の科学的研究

じかん‐けんきゅう【時間研究】‥キウ 産業心理学で、作業をいくつかの単位に分けて、それぞれの作業に必要な時間を測り、作業に要する標準時間を研究する分野。

どうさ‐けんきゅう【動作研究】‥キウ 産業心理学で、設備や作業動作の分析によって、作業が無駄なく能率よくできるようにする研究。

かがくてき‐かんりほう【科学的管理法】クワ‥クワン‥ハフ(scientific management) 工場の科学的管理法。労働者の能率を増進させるため、一切の無駄を排除し、作業の法則・順序・性質を研究し、その管理を科学的に行う方法。アメリカのテーラー(F.W.Taylor 1856 1915)が提唱。テーラー‐システム。

コンベヤー‐システム【conveyer system】個々の労働者または労働者群に対し、コンベヤーによって材料を与え、一定時間内にきわめて簡単な作業を分担させる生産方式。1920年代の産業合理化運動の主な方策。

フォード【Ford】 (Henry 〜) アメリカの実業家。1903年フォード自動車会社を創設。フォード‐システムによって大量生産に成功。自動車王といわれる。(1863 1947) 

フォード‐システム【Ford-system】アメリカのフォード自動車会社で行われた工場の経営管理方式。生産の標準化すなわち製品の単純化および部分品の規格化を前提とし、極度の分業とコンベヤーの採用による移動組立法を手段として、大量生産を行う生産様式。

 

 1900年初頭、アメリカでは仕事の科学的研究が行われていた。テーラーの時間研究と、ギルブレスの動作研究である。この科学的研究の成果は、フォードの自動車工場に採用された。フォードのコンベアシステムである。この方式は1930年代縫製工場に導入され、当初はコンベアを設置した流れ作業であったが、5年ほど後では、コンベアを使わない流れ作業方式に代わった。科学的にムダを省く生産の方式であり、縫製工業化が進んだ。1935年以降、縫製作業が「トリベー」から脱却して、「テクネー」に基づくことになった。縫製工場は工業ミシンを使い、分業により流れ作業とし、科学的管理により既製服を生産した。1950年代、パリのクリスチャン・ディオールがプレタポルテを展開できたのは、このアメリカのファッション産業の既製服工業化の力に乗ってこそ可能となったのだといわれている。そしてアメリカの次にプレタポルテを生産したのは、日本であった。ディオールのプレタポルテは鐘紡が生産した。

 

(4)生産工学(IE)

インダストリアル‐エンジニアリング【industrial engineering】人・資材・設備の統合的システムを設計し効率を改善するための経営工学の一分野。

インダストリアル‐デザイン【industrial design】家具や食器など工業製品の諸分野で性能と美しさの両面から工夫されるデザイン。工業意匠。ピェール・カルダンは工業デザイナーとしても活動した。

かん‐り【管理】クワン‥ 管轄し処理すること。良い状態を保つように処置すること。とりしきること。「健康―」「品質―」 財産の保存・利用・改良を計ること。

かんり‐こうがく【管理工学】クワン‥企業や工場などにおける、各種の管理問題を工学的見地から研究する学問領域。生産計画・品質管理・在庫管理・各種のスケジュール管理などの問題を主に数理的手法を用いて研究する。

 

●「経験とカン」からの脱却

 言いかえれば、人類がこの世に出現して以来,現在の状態を少しでもよくしていこうとする努力はたえず払われてきた。このような努力の結果として,人間は文明という有力な武器をもって地球上のあらゆる動物の首位にたち,こんにちに至ったのである。この「現在の状態をよくする」という努力を,生産活動の場である工場の中で行なうことが「生産活動の合理化」なのである。人間は、その長い歴史において、それぞれ家庭などの生活の場で、よりよい状態にしようと努力し長い時間をかけ、経験の積み重ねの中から「生活の知恵」として思いついた方法で、生活や家事の合理化を行なってきたわけである。これに対して工場の生産活動における合理化は、伝統的な経験や「かん」にたよっていては十分にその効果はあげられない。したがって,経験や「かん」にかわる他の方法が必要とされる。1910年ごろからアメリカの工場で実際に採用された方法一―科学的な方法(科学的管理法)一一が、経験や「かん」に代わる合理化のための新しい方法で、この料学的な方法こそ生産活勤の合理化のための技術の源になっている。この合理化のための技術のことを現在アメリカでは、インダストリアル・エンジニアリング(略してIE)、日本では「生産工学」とも呼ばれている。

 

●ムダのない作業とは?  正しい作業の原則(動作経済の原則)

工業における工程での正しい作業は、作業の科学的研究の成果である、次の「動作経済の原則」に示される。

第1原則 動作の距離は最短に:このためには、作業台が乱雑でないようにする、仕事順に物を置く、座り作業では立ち上がらないでもよいようにする。

第2原則 動作の回数を最少に:このために、仕事中に物を探さないようにする、持ち変える回数を少なくする、手がふさがっていないようにする、動作の速度は手早くする。

第3原則 動作の方向を円滑に:このためには、材科や工具の位置を一定にする、動作の経路中に邪魔物を置かない、底の深い入れ物にいれない、材料、工具の配置を動作順に置く

第4原則 疲労する動作をなくす:このためには、動作をリズミカルに行う、前かがみで仕事しない(姿勢をよくする)、高すぎる椅子や低すぎる椅子で仕事しない、直射日光が目に入らないようにする。

●上手な動作と下手な動作

 動作には上手な動作と下手な動作がある。上手な動作の条件を上げると、

1)仕事をよく知っている:仕事の知識を深めることが大切、生はんかで仕事をすると、間違った物を作り、迷って長い時間がかかり、よい製品もできなくなってしまう。仕事をよく理解することが上手な動作のために不可欠となる。

2)動作が早い:動作経済の原則に従わないと、動作が早くならない。早い動作には、動作の距離を短くし、手近範囲で仕事をする。両手を同時に使って仕事し、動作の回数を少なくする。やりにくい仕事や疲れる仕事は改善して直す。

3)動作が正確で安全である:動作が不正確だと、不良品を作り、怪我したりすることになるので、正確、安全の動作を身につけるようにする。

4)考えないで手順よくやる:材料や工具を手近なところに仕事の順番で配置しておくことが大切であり、探したり、運んだりしないように整理して置く。

5)ほぼ同じ時間で繰り返す:仕事の時間のバラツキのあるのは、未熟な人とか、仕事に興味のない人の場合が少なくない。パラツキの多い仕事は疲れも大きくなる。

6)無駄な動作をしない:動作のダラリ(ムダ、ムラ、ムリの動作のこと)がないように、動作経済の原期にしたがって仕事をする。

 下手な動作とは、このように考えないで、まんぜんと仕事をするときの動作となる。日常の生活や勉強の時にもこの考え方を利用して効率的な動作をすることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

11/24  7回  アパレル生産のコンピュータ技術 

         アナログとデジタル、データ、数値、イメージデータとベクターデータ

 

(1)アナログとデジタル

アナログ【analog】ある量またはデータを、連続的に変化しうる物理量(電圧・電流など)で表現すること。

ディジタル【digital】ある量またはデータを、有限桁の数字列(例えば二進数)として表現すること。

 

(2)記録、数値、データ

き‐ろく【記録】 のちのちに伝える必要から、事実を書きしるすこと。また、その文書。特に史料としての日記・部類記の類。「克明に―する」「会議の―をとる」→古文書(コモンジヨ)。 競技などの成績・結果。特に、その最高のもの。また、物事の状態・結果などを数値で表したもの。レコード。「―を破る」「今年最高の人出を―する」「新―」

すう‐ち【数値】 文字によって表された式中の文字に適合する数。例えば a が 6 を代表すれば、6 は a の数値である。 或る量をなにかの単位で測ってその大きさを表す数。量の計数。 算出して求められた数。

データ【data】立論・計算の基礎となる既知の或いは認容された事実・数値。資料。与件。「実験―」

 

 コンピュータ用語では、データ(data)と情報があるが、データとは、「まだ特定の目的にたいして評価されていない単なる諸事実」である。データは事実の中の問題に対する記録であり、この問題の解決のためには、数値による記録が望ましい。科学的研究で行われる方法である。コンピュータ技術では、これを一定のブログラムに従ってコンピュータが処理・加工することにより、問題を解決し、特定の目的を達成するのに役立つ情報が生産される。データは問題を表すものであり、情報はその問題を解決する方法(ノウハウ)を持ったものである。従って、情報価値が生じる。また、知識(knowledge)とは、このような同種の情報が集積されて、「ある特定の目的の達成に役立つように抽象化され、一般化された情報」だといえる。知識の段階で教科書になるが、情報の段階ではケーススタディにとどまる。また、知能(intelligence)とは、情報や知識を活用して、理性的な行動がとれる知的行動能力」を指す。どんなにいい本でも、ツン続では役に立たず、どんなにいい知識も活用しなければ、宝の持ち腐れとなる。

 

(3)イメージデータとベクターデータ

ラスター・グラフィックス[raster graphics] ディスプレイで図形や画像を表示する方式のひとつ。画像を点(ドット)の集合とみて,各点の色や輝度の情報をコンピュータからディスプレイに送る。一般的なテレビやパソコン用ディスプレイはこの方式を用いている。ラスター・スキャン方式とも呼ばれる。パソコンの画面上で引いた直線もルーペで拡大して見ると,点の集合であることが分かる。このため斜めの線はギザギザになる。しかし,ディスプレイの構造が単純にできることや,低コストでカラー表示能力が高いので,現在のディスプレイ装置のほとんどがこの方式を採用している。このラスターデータをイメージデータともいう。入力にはスキャナが用いられる。

ベクトル【Vektor ドイツ】大きさと向きを有する量。力・速度・加速度などはベクトルとして表される。数学的には、平面または空間の二つの点の順序対 (A,B) を有向線分または束縛ベクトルという。ベクトル系データは、デジタルな値で、コンピュータではベクターと呼んでいる。入力にはデジタイザが用いられる。

 

1)コンピユーク技術の基礎

 コンピュータ情報の基礎はオン,オフの2つの状態の処理にある。この2つの状態(ビット情報)を数学的に規定して処理するとベクター型データ(またはストロークデータという場合がある)となり、単にある・なしの状態で処理するとラスター型データとなる。図形をデジタイザで読み込むのはベクター型データとするためであり、スキャナで読み込むとラスター型データとなる。アパレル生産へのコンピュータ技術の適用はこのようなデータを組み合わせて行われている。

@アバレルCADの基礎

 アパレルCAD(computer aided dexign, コンピュータ支援デザイン)は当初,60年代後半よりグレーディングに始まり、その後マーキングを加え、紳士服ではパターンメーキング,婦人服ではデザインスケッチへと範囲を広げ、テキスタイルデザインや色柄デザインをこなすようになり,アパレルデザインから描画労働をコンビュータワークに変換して,デザイン時間の短縮に偉力を発揮するに至っている。コンピュータヘのバターンなどの画像データの入力は、デジタイザという図形位置情報入力装置により行われる。コンピュータによる図形の処理はCG(コンピュータグラフィックスのことで、コンピュータを使って描いた絵や図形のこと)の技術の出現により急速に発展した。図形の表示法には2種あり、コンピュータのディスプレイ画面に縦・横・斜めなどの線を次々に結んだ線画とし表示する方法と,図形を色彩の濃淡をもった輝点(ラスター)を画素(ビクセルといい.ドットで表す)とし,その集まりとして表示する方法とであり,前者をベクター型.後者をラスター型という。図形データの入力は数式,プログラムで行うもの、デジタイザ、タブレット.マウスなどの座擦入カ装置を使うもの、ビデオ・カメラ、イメージ・スキャナなどのイメージセンサ(画像入力装置)を使うものの3種類に分けられるが、当初は数式やプログラム入力であり、次にデジタイザ使用となり.最近はスキャナを主としたイメージセンサの使用が目立っている。計算可能の構報として拡大、縮小などの処理を行うには,ベクター型データであることを要し、ベクター型ではディスブレイに表示の時、数学的定義に基づいて線画として表示し、このためベクトル発生器を備えているので、斜めの直線を描いてもギザギザにならない。イメージセンサ入カは、撮影やコピーを取るのと同じように簡単であるが、入カされだイメージデータは、ラスター型データであり、ベクターデータではないので、図形の拡大,縮小の処理では、ラスター型をベクター型にデータ変換してやらなければならない。このための変換ソフトが使用されている。

AアパレルCAMの基礎

 工場の現場作業をコンピュータ制御により自動的に行うのがCAM(computer aided manufacturing, コンピュータ支援製造)であるが,そのハードはNC(数値制御)である。数値制御は、ソフトとしてのプログラムは、当初は紙などのテープに穴をあけたパンチテープで自動位置決めして自動化するものであったが,コンビュータ技術の発達によりテープはフロッピーディスクなどに変わり、さらにメモリーとして内蔵されるようになり、制御も格段の多機能化が進んだ。駆動のモータもパルスモータからDCサ一ボモータヘ.また,リニアモ一タなどの出現もあり、NC技術は飛躍的に進化し,NCからDNC(コンピュータ直接制御NC)やMC(マシンニングセンター)に広がり,今日ではNC機械からCAMへと革新を遂げている。CAM導入の理念(ハート)は、各製造ラインの設計変更に対しての柔軟化であり、多品種少量生産への対応である。

BアパレルCAMの特徴

 アパレルCAMの対象は,主に裁断作業,縫い作業,仕上げ作業などである。裁断作業のCAMでは二次元の制御であるが、裁断機のNC制御はナイフ式の裁断でX−Y一Rの3軸制御となる。ここで,Xは縦方向.Yは横方向、Rはナイフの向きであり、自動的に移動させながら刃の向きも変えるために,3個の制御モータを要するということである。レーザ光線やウォータジェットを利用する裁断方法は刃の向きの制御は不要で,X−Yの2軸制御である。布の裁断に当たって留意すべきことは、裁断中に布がズレることである。重ね裁断で布ズレ防止のために裁断台にバキェームを働かせて布を吸着させる。縫い作業のCAMでは自動パターン縫い装置が対象となるが.本縫いミシンの制御はX一Yの2軸でよいが,環縫いミシンを使用するときはX−Y−Rの3軸制御が目飛びを防ぐために必要である。この範囲に属する自動縫いミシンでは電子カン留めミシン(本縫い)が最も普及している。また、自動刺繊機(主に本縫いミシン)は華やかな刺繍縫いを繰り広げ、最もめざましい成長を遂げた。仕上げ作業のCAMはプレスの自動化で、制御にマイコンが取り入れられている。難素材の仕上げのために制御の広範囲化、多機能化が進められたが、マイコンの機能が性能アップに貢献している。

 

(4)ビデオ「アパレル産業の近代化」を見る

アパレル産業の生産にコンピュータ技術の展開の実際をビデオで見ることにより、理解を深める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

12/1  8回    アパレル生産の要素ー人的要素

 

(1)生産の要素としての5M

一般に工業生産を成り立たせている要素として、5Mが上げられている。工業生産は第二次産業として製造業の中で工業の行う生産であり、工業以前の製作とは異なるやり方をしている。工芸や職人芸のやり方は、人間の腕により行われるやり方である。長い年季の辛い修行・訓練で始めて世間に通用するようになるが、このような修行に若い人はついて行こうとしなくなった。腕を磨くことが大切であるが、親方は教えてくれない。このような作り方における要素は、人であり、特にその腕前である。これに対して、工業の特徴は、「分業」と手作りを脱却した「機械」による加工である。工業は分業のため工程分析を行い、機械を使う方法で、工学により生産が進められる。学生は工学により工業生産の理論を学ぷことができる。工業生産は、それを成立させる要素として「人(マン)」「材料(マテリアルズ)」「機械〈マシン)」「方法〈メソッド)」「資金(マネー)」の5Mが挙げられている。

 

(2)アパレル生産の人的要素

人(MAN)―特に「人財」として見る

 企業は人なりという。アパレル縫製も人により優れた業績を上げることができる。量産の時代には、人は労働力として、作業に従事した。しかし、人を単なる労働力として見る時代ではなくなった。また、労働力としての労働者も集まらなくなった。人の要素が最も重要であると認識しなくてはならない。パリのファッションもデザイナーという人の力によって新しい時代に沿うように、何度も革命を起こしながら、世界をリードする力を付けてきた。この成果はデザイナーという単なる描画労働者としての努力の結果ではない。ビジネスの人的材料としての人材としてではない。パリのファッション業界にとってはまさに人財である。人財としての活動が期待されるのである。アパレル縫製は顧客の満足度を高めるように「見てよし、着てよし、感じよし」を念頭に進められるべきで、ビジネスに従事する人の考え方が大切となる。このようなことを実践する社員は人財である。企業は社員を人財として遇する道を開かなければならない。

 

(3)アパレル生産での活躍場所

 アパレル縫製では人は組織の中で働き、それぞれ与えられた仕事の役割を果たす。アパレル縫製の仕事は分業され、仕事が専門的に行われる。大きく分けると、縫製の直接の仕事と、間接の仕事がある。直接業務では営業、マーチャンダイジング、バターンメーキング、サンプルメーキング、裁断、縫製、仕上げなどの職種があり、間接業務では人事、経理、総務、生産、技術などの職種があって、生産管理では生産計画、生産進捗、品質管理などの業務がある。

@直接業務

●営業:アパレルメーカーから受注する業務

●生産統括:生産計画を立て、その計画の円滑な運営に当たる

●MD(マーチャンダイザー):マーケット情報を分析し、商品企画を行う

●デザイナー:MDの指示の下に担当ブランドのデザインを行い、仕様書を作成する

●パターンメーカー:デザイナーのデザイン画を商品とするためのパターンを作成する

●ソーイング・オペレーター:展示会用のサンプルを縫製する

●商品統括:年間ブランド商品発注予算などを決め、生産統括に指示する

●FA(ファッションアドバイザー〉:店舗で商品を販売する専門職

A直接作業

●裁断:裁断(カッティング)作業は裁断士(カッター)が行う。裁断前の地直し(スポンジング)、延反(ス    プレッディング)、型入れ(マーキング)などの作業があり、裁断後の仕分け(ソート)作業がある。

●縫製:ミシン作業とアイロン・プレス作業があり、この他に糊付けなどの手作業がある。

●仕上げ:アイロンやプレスにより最終仕上げの作業が行われる。

B間接業務

●人事:従業員の求人・雇用関係を始め、人事に関する業務を行う。

●総務:会社の全体の事務をを行う。

●生産管理:生産の計画、手配、進捗、品質管理などに関する業務を行う。

●技術:機器設備、縫製法、新素材対応、新製品研究などに関する業務を行う。

 これらの人たちが優れた仕事ができるよう、社内人財育成の教育訓練が重要となる。技能関係で技能オリンピックにもリンクしている技能士制度がある。職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づき実施されているもので、国家検定に合格した者は技能士を名乗ることができる。アパレル生産関係では、縫製技能士、ファッションデザイン技能士、縫製機械調整技能士などがある。この他に衣料管理士(TA)の制度があり、日本衣料管理協会が資格認定を行っている。また、繊維製品品質管理士(TES)という制度があり、通産大臣の認定により資格が授与される。このような資格を取得して、誇りを持って仕事をすることが働き甲斐にもなり、望ましいことであると思う。

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

12/8   9回    アパレル生産の要素ー素材(MATERlALS)要素

 

(1)素材種類と生地特性

1)材料

 アパレル生産の材料は天然繊維と合成繊維とあり、天然繊維の絹を目指してナイロンが生まれ、綿に対してポリエステルが、ウールに対してアクリルが開発された。合成繊維はマイクロファイパーの技術により新合繊が誕生した。繊維の種類は次のように示される。

 

天然繊維:コットン、麻など

植物系繊維 精製セルロース繊維:テンセル

再生セルロース繊維:レーヨン、キュプラ

半合成繊維:アセテート、トリアセテート

 

繊維の種類 動物系繊維 天然繊維:絹、羊毛など

半合成繊維:プロミックス

 

天然繊維:石綿、ロックウールなど

鉱物系繊維 合成繊維:ナイロン、ポリエステルなど

無機繊維:ガラス繊維、炭素繊維など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近の新素材としては

●新合繊:ポリエステルを核に微細繊維加工され、ニューシルキー調、薄起毛調、ニュー梳毛調、レーヨン調などに分けられる

●新世代ウール:サイロズパン、ラップ紡繊など新しい紡績技街によるものと化学加工技衛により改質されたものとあり、より軽く、柔らかく、着易くしたもので、形状記憶ウールもある

●ハイブリッド絹:2デニール前後のまゆ糸を合織糸(ナイロン)に交絡したもので、絹の光沢、肌触りと合繊糸の伸縮性が加わっているもので、レック製品、インナー用に向いている

●テンセル:溶剤紡糸によるセルロース繊維でレーヨンに比べて湿潤時に強く、即乾性でソフトな風合いを持っている

●複合素材:異なる繊維を複合させた新素材で、再生織維/合成織維、再生繊維/半合成繊維、合成繊維/天然繊維などの組み合わせがある。

 生地には織物とニットおよび不織布がある。アパレルの素材は紳士服では「オウシマボテイネ」と符号化されている。オ(表地)、ウ(裏地)、シ(芯地)、マ(増芯)、ボ(ボタン)、テ(テープ)、イ(糸)、ネ(ネーム)のことである。この他、ファスナーや中綿、レース、ペルト、パッド、ホック、バックルなどが使用されている。

 

(2)特性とパターン、縫製法

1)生地特性とパターン

注文服では、顧客の寸法で仮縫いし、補正して仕立てるが、既製服では補正がないので、パターンメーキングでは、特に使用素材の特性を考慮することが求められる。織物生地はニット生地に比べて、伸縮性が少ないので、ゆとりの設定が着心地の点で大切となる。ニット生地では、薄物織り生地とともに自重伸び分を考慮する必要がある。パターンとして生地の収縮率を盛り込まなくてはならない。織物生地でバイアスにかかる部分(袖ぐり、衿ぐり、尻ぐりなど)の縫いでは、伸び止めの処置が必要である。毛織物では、KES値により仕立て映えや可縫性を推定して、縫いにくいものではパターンを縫いやすくするように修正するようにする。パターンに縫い代を付けるときは、滑脱しやすい生地では、縫い代を大きめにするなどの配慮をする。生地特性のパターンへの配慮については、例えば、ウォシャブル縫製品では、デザイン・パターンにおいて、次のような考慮が求められる。

●素材の組織をそのまま生かすシンプルなデザイン、カッティングが好ましく、複雑な切り替え線、細かいディテールはできるだけ少なくする。

●鋭角な切り替え線、尖ったポイント(衿先)など縫い代の細かいカット、切り込みを入れるデザインを避ける。

●ミシンステッチを効果的に活用し、縫い代を押さえたり、隠れるようにして、型くずれ防止、及びシームラインの強度アップを図る。

●逆カーブの強いシームライン、イセ込み量は調整する。

●縫い代、ヘムなどは十分にとる。

 生地特性をパターンに盛り込むことは、注文服やテーラーの仕立てでは行われないが、工業縫製では縫製工程において手直し、修正をなくする意味からも、特に重要である。

2)生地の種類と縫製作業

 縫製の対象生地は主に織物生地とニット生地に大別される。延反の前に生地は防縮のために地直しが行われ、ニット地では延反後に放反が行われる。裁断ではニット地の方が一般に切りにくい。織物生地では裁断端を縁かがりして始末し、バイアスでは生地伸ぴするので、伸び止めテープを使用する。本縫いステッチで縫い合わせるが、縫いによるシームパッカリングを防止することが必要となる。立体化にはくせ取りが行われ、織り目をすらせて伸ばしたり、縮めたりする他、ダーツを取るなどの立体化の加工が行われる。ニットでは編み端の始末をリンキングや縁かがりにより始末し、粗い目のコースニットではリンキングで縫い合わせ、細かい目のファインニットでは縁かがりと本縫いミシンにより縫製する。ニット地を裁断し、ミシン縫いで仕立てるカットソーでは芯を貼ったり、伸ぴ止めテープを使用して生地伸びを押さえる。ニット地は立体化のくせ取りは行えない。ニット地の仕上げではスチームを掛けるだけで、プレスやアイロンを押し付けない。

3)素材の縫製問題

 縫製では可縫性の不良問題が生じることが少なくない。可縫性とは「ミシン縫製に当たって能率的にかつ縫製作業もしやすく、各種の縫製欠点を生じることなく、外観的な仕上がりは美しく、そして性能も充分な縫い目を形成し得る布の性質」とされる(新アパレル工学事典:布の可縫性、71頁)。

●織物生地での代表的可縫性不良問題は、特に薄物生地(布帛:ふはく)での「パッカリング」の発生である。これは「縫い目じわ」ともいわれ、JIS縫製用語では「縫い目の近辺に発生する縫いじわがやや規則的に続いたもの」としている。この対策として次のようにする。できるだけ細い針と糸を使う。糸張力はできるだけ弱くする。ミシン速度低めにする。押さえ圧低め、送り歯の出を少な目とする。やや張り加減に縫う。

●ニット生地では、特にカットソーにおいて「地糸切れ」の問題が生じる。この対策として次のようにする必要がある。できるだけ細い針と糸を使う。ミシンの速度が高いと地糸切れしやすくなる。糸張力を低めにする。針板の針穴やや大き目とする。室内湿度60%以上にする。

●新合繊の縫製法

 縫いでパッカリングが起き易いので、できるだけ細い針と糸を使う。糸張力はできるだけ弱くする。送りには生地を張り加減(後引き)にして縫う。当たりがでやすいのぐ、アイロンやブレスでは当て布をして仕上げる。

 

(3)ビデオ「形態安定シャツ」に学ぶ

●形態安定生地の縫製法:縫い上がりでパッカリングがあると記憶してしまうので、パッカリングを防止することが大切である。このため、できるだけ細い針と糸を使う。糸張カはできるだけ弱くする。送りには生地を張り加減(先引き)にして縫う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

12/15  10回    アパレル生産の要素ー設備要素

 

(1)アパレル生産工程と設備

アパレル生産は、業務処理として事務所設備、帳票類を必要とし、パソコンやOA機器が使用されている。一方、縫製の生産設備としての機器は、工業ミシンを核として種類は極めて多い。わが国は縫製機器の生産量で世界一の座にあり、その技術水準も世界一流と見られている。そして、最先端の技術開発として自動縫製システムの開発成果は、欧米をも凌ぐ水準と評価された。

 さて、縫製工場での縫製機器としては、アパレルデザインから出荷までの生産の各段階に応じて、次のような種類が用いられている。

 

縫製準備工程機器(アパレルCAD、検反機、延反機、裁断機などと裁断CAM)

パーツ縫製工程機器(芯接着機、サージング機、折り機などの前処理機器と、各種工

縫製機器 業用ミシン、自動縫い機などの縫製機器およぴ縫製CAM)

組立縫製工程機器(脇合わせ、袖付け、襟付け、ウエストバンド付けなどの組立工程に 使用する特殊工業ミシンと縫製CAM)

仕上工程機器(アイロン、プレス機など)

搬送システム機器(ハンガーシステムなど)

生産管理システム機器(出来高表示盤、コンビュータ生産管理システムなど)

生産システム機器(ワークステーション、ネットワーク機器、及び“ClM”構成機器)

 

縫製工場の仕事と縫製機器について図にして示すと、次のようになる。

 

1)設備要素

工業縫製は機械を活用する縫製であり、縫製工程に応した各種の縫製機器としてのアパレルマシンか使用されている。ミシンはステッチを作り、布を送る機能の機械である。各種ステッチ(本縫い、二重環縫い、オーバーロックなど)に対応するミシン機種、各種送り(下送り、差動送り、上下送り、八方送りなど)に対応するミシン機種、シームに対応するフェラー(二つ巻き具)、ヘマー〈三つ巻き)、バインダー(縁取り具〉、フォルダー(折り具)などのアタッチメントばアパレルマシンの仲間である。

@アバレルマシン

 

縫製準備工程機器  パーツ縫製機器     組立縫製機器 

 アパレルCAD  芯接着機、折り機    脇合わせミシン

 検反機      サージング機      袖付けミシン                

 延反機      各種工業ミシン     ウェストバンド付けミシン

 裁断機      各種アタッチメント   衿付けミシン

                                      アパレルマシン

 フィニッシャ   ハンガーシステム    生産管理端末

 プレス機     台車・スタッカ     CAPパソコン

 アイロン     搬送システム      生産管理システム機器

 

Aハート、ハードおよびソフト

 縫製設傭におけるハードは機械であり、ソフトは使いこなしのノウハウ、そしてコンピュータのプログラムである。ステッチの使用箇所や適用工程、シームの用途などもソフトである。特にアタッチメントはシームに対して最適なものとすべきである。どんなハードを使って、どんなように縫製するかが、「ハードjと「ソフト」である。このハードとソフトは、お客様の立場に立って縫製を行うという生産理念によって整えられることが大切で、この理念は「ハート」である。「ハート」は「マーケットイン」の理念でなければならない。このため、ハード・ソフトもこの理念に最も適したように備えられるべきである。

 

  (2)ミシンの種類

ステッチを機械化してものがミシンである。ステッチが変われば、ミシンも変わる。工業ミシンは縫製工程に応じていろいろの種類がある。工業ミシンの機種は1万機種あるともいわれる。その中でも、使用される率の多いステッチについて、対応するミシンとともに示すと、次の表のようになる。 

 

(3)アイロン・プレス

1)アイロン、プレスの原理

アイロン、プレスは布地を成型するために用いられるが、この原理は熱を加えて繊維(布地)の可塑性を増加させ、形状を付与した後、冷却してそれを固定するものである。プレスでスチームが使われるのは、水分が繊維の可塑性を一層増大させる作用があることと、水分が熱の伝導・拡散に寄与するためである。プレス操作は、スチームスプレー、プレス(べ一キング)、バキューム(ブローイングの場合もある)の順序で行う。スチームスプレーは、布地に熱と水分を与え、繊維の可塑性を増大させるためのものである。次のプレス(べ一キング)で、可塑性が増加した状態下で、布地に圧力をかけ所定の形状を付与する。最後のバキュームは、吸引して布地から熱と水分を短時間のうちに除去し、その形状を固定化するものである。

2)アイロン、プレス機の種類

 アイロンは、通常、スチームアイロンが用いられる。仕上げ作業に用いられる場合もあるが、普通はシーム割りやその他の中間作業に多く使われる。バキュームポードと組み合わせて効果的に使用される。プレス機は中間アイロン作業を能率的に行うための中間プレス機、芯地接着のための接着プレス機、仕上げのための仕上げプレス機がある。仕上げプレスには、たとえぱ部位別に身頃・背脇仕上げプレス機、肩・袖・アームホール仕上げプレス機、ラペル仕上げプレス機などのように種類がある。各種の多エ程仕上げプレス機が開発されている。

3)中間プレス作業と最終仕上げ作業

アイロンや中間プレス機を用いた中間プレス作業には、地の目通し、各部分の折り、すなわち縫目割り、縫目倒し、エッジ割りやくせとり、さらには芯据え成型プレス作業などが主要なものとなる。最終仕上げ作業は、上述の仕上げプレス機を用い、各部分別あるいは多工程プレスを行って、製品を仕上げる。近年、コンピュータ制御の自動機の使用が増加している。なお、仕上げプレスとしては、合繊織物や毛織物の耐久プリーツ加工なども含まれる。

 

高速レーザ裁断システム三次元プレスシステム  ハイテク組立システム  

 

フレキシブル・パーツ縫いシステム

 

 

 

 

 

 

(4)ビデオ「自動縫製システム」を見る

●研究開発の概要

 本ブロジエクトの目標は、中小縫製業における多品種少量衣料の1枚当たり生産時間を現行の50%以下で行う技術を開発することにある。ごの目標を達成するためにシステムを構成する四つの要素技術と、これらを有機的に組合せ、総合的な生産システム技術を確立する「トータルシステム」の研究開発が行われた(研究開発費、総額90億円)。開発期間は昭和57年度から平成3年度までの10年間で、昭和63年度からは、前年度までの要素技術関発の成果に基づいて、コンピュータ制御による実験プラントのシステム化研究が実施され、最終年度(平成3年)に実験プラントの運転試験が行われ、プロジェクトが終了した。

●実験プラントにおける4つのサブシステム化の研究

 婦人用ブレザに特定した実験プラントにおけるシステム化の研究として、次の4つのサブシステム研究が実施された。いずれも、縫製のCAMである。そして実験プラントの運転にはCAEの研究が行われた。

●高速レーザー裁断サブシステム

 多品種少量、短サイクル化により労働集約性が著しく高まつている縫製準備工程を自動的に行うシステムで、自動検反、裁断の高速化はもとより、柄合せ裁断、裁断パーツヘの工程制御情報付与など新しい着想を工程に取り入れれた。

●フレキシブルソーイングサブシステム

労働集約的で単調作業の多い各種パーツ作りやポケツト付け等のパーツ縫製を自動的に行うシステムで、パーツの認識から縫製前処理加工、各種縫製加工、中間製品検査まで行なうシステムである。ポケット付けでは、ポケツトの柄を前身頃に合わせて自動縫合する。

●ハイテクアセンブルサブシステム

 熟練度の高い組立縫製工程を自動的に行うシステムで、前・後身頃のわき合わせ縫い、縫目割りとくせ取り、左・石身頃の背中心縫い、身頃へのそで付けを行う。わき合わせ縫いから背中心縫いまでは、連続したシステムとして構成された。

●三次元フレキシブルプレスサブシステム

熟練慶の高い縫製品の仕上プレスエ程を自動的に行うシステムで、製品のサイズ、体型などに対応し形状可変できるフレキシブルダミーに製品を着装し、ダミーの形状可変に対応してプレスできる風袋方式の部位別加圧板によりプレスを行うシステムである。

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

1/12    11回    アパレル生産の要素ー資金要素

 

(1)アパレル生産の資金

昔は資金が少なくても、労働でカバーしてアパレル生産工場を操業できたが、現在では時短の時代でもあり、資金の少ないのを労働でカバーはできない。資金をしっかり計画して調達するとともに、その資金がムダにならないようにリスクを考えて投資しなければならない。企業として会社や工場を始める場合は、資本金を用意しなければならない。ファッションアパレルの経営は利益さえ上がれば良いのだろうか。そうではなく、ファッションアパレルという商品を適じて、顧客に満足して貫うということが原点である。よい服を創って売るビジネスであり、よい服として「見てよし」「着てよし」「感じよし」を実現して順客に喜んで貰い、価格を認めて貰い、これによって利益が得られる。ここで価格を認めて貰うということが、付加価値を生む根拠である。

@付加価値とは

 付加価値というのは、その商品を創り出すことで加えられた価値のことである。この価値は顧客に認められて、始めて確定する。メーカー希望価格では店頭で値引きされてしまうかもしれない。顧客が支払ってくれた金額により付加価値が確定する。付加価値の計算は次のように行われる。

  付加価値額=売上高−外部購入価値額(材料費、外注費、その他外部支払生産費用)

つまり、外部で付加価値を付けたものは自社の付加価値に入れない。

Aファッションビジネスの付加価値源

顧客が価格を認めるというのは、同じような商品が安く販売されていたら、高い価格を顧客が認めない。商品がよくて他になけれぱ、顧客はその価格を適正価格の範囲で認めるだろう。パリのように高級のイメージを作れぱ、価格が認められ易い。新素材で今までにない商品は価格が通り易い。着心地がよい物が出れぱ、価格は容れられる。感じがよければ、価格を下げられないで売れる。ファッションビジネスの付加価値源は独自商品であり、マンネリに陥ることなく、モード性を持ち、必要品質を超えて充分品質に高めることにより得られる。このために、アパレルとして絶えざる研究開発が必要となり、マーケットインの思考で商品企画されなけれぱならない。

 

(2)アパレル生産の原価

アパレル生産の原価は、本来は材料費、労務費、直接経費、間接経費の合計で計算されるアパレル生産工場は、アパレルメーカーから材料支給の委託加工が多いので、その原価は労務費+直接経費+間接経費となる。つまり、原価の大部分は、労務費となっている。原価と付加価値の関係を次の表で示す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)マークダウンロスの対策

 マークダウンというのは、値礼の値段を書き換えて、値引ぎすることであり、シーズンが終わって売れ残り商品を処分するのに、「半値、8掛け、5割引」という言葉があるように、値引きして処分するのである。このような叩き売りの商法では、アパレル業界に金が入ってこない。おそらく、年間に何千億円といった巨額の値引き損が発生しているはずである。しかも値引きしても売れない商品は、lキロ12.5円で焼却に出しているので、CO2による地球温暖化をも引き起こしている。この値引き損のためにアパレル業界は工業業種の中で、従業員1人当たりの付加価値は最低となってしまっており、従業員の平均給与も最低である.これに対する対策は何だろうか。売れ残りをなくすことである。このため、オーダーメード、イージーオーダーメード、パタ一ンオーダ一メードが注文の分だけ作り、売れ残りを生じないので、最高の対策となる。次に売れ残りの少なくなる販売法として、サンプルは多種少量で、本番では売れ筋を迅速リピート生産して、売れなくなったら直ちに生産を切り替える。このような努刀が真剣に待望されている。

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

1/12   12回    アパレル生産の要素ー方法要素

2)方法要素

 工業縫製では、縫製方法は工業的方法によることとなる。

(1)トリベー系縫製法(伝統的テーラード)

 工業縫製以前の縫製法であり、原始以来、伝承されてきた。工業縫製から見ると、次のように充分ではない。

@アトリエバターン

 アパレル縫製ではアパレルの設計図としてパ夕ーンが必要で、紙型の販売は1863年アメリカのエベネッア・バトリック夫妻により始められた。パターンはファッションスケッチにより起こされるが、ドレーピングという立体裁断ではシーチングによりパターンを起こし、平面製図では原型パターンによって起こす。ブランドではスローパー(パターン原型)によりブランドの特徴を盛り込んで起こす。アトリエバターンは縫い代も付けず、縫製の注意事項をパターンに書き込んだりしたもので、縫製のしやすさも考えないパターンであり、工業用設計図としては不十分である。

Aテーラード縫製

 縫製職人(テーラー)の仕立て方による昔ながらの縫製をテーラード縫製ということとし、腕により仕立て上げるもので、神士服ではロンドンのセビルローの仕立てが典型的である。1着30時間も掛けて、仕立て上げる。値段も高くなり、お客の数は減り、後継者も減って、存続が危ぶまれている。ニューヨークでは、伝統的な紳土服メーカーがガーメントセンターに集まっていたが、現在ではすべて消滅してしまった。日本のテーラーもテーラード縫製の店は昭和40年以降、衰退している。婦人服の仕立ても和裁店、洋裁店とも衰退しており、例えばパリのオートクチュールですら全世界に千人ぐらいしかお客がいなくなってしまい、経営が赤宇で、プレタポルテ(高級既製服)に転換し、ブランドやグリッフ(デザイナーネーム)のライセンス料により維持しているという実態である。

(2)テクネー系縫製法(エンジニアード)

 工業縫製では、パターンは工業デザインにより、縫製法は工学に基づき行われる。

@工業パターン

工場の縫製では、生産のために必要な縫い代や合い印を付け、縫製作業がしやすいようにパターンを作成する。工業デザインの観点から工業の方法を盛り込んだ工業パターンが生まれた。工業パターンでは、布の収縮量の処置は縫製前に布地のテストを行って収縮量を科学的に把握し、この結果をデザインで考慮してカバーし、テーラードのやり方のように工程途中で現物合わせで切り取って合わせたりしない。従来のデザイナーパターンのままであったり、アトリエパターンではなく、パターンは縫い代を付けた工業パターンとするのであるが、デザインのもつイメージを損なわず、品質を低下させずに縫製しやすいように考慮したパターンのことを工業パターンといい、元となるデザイナーバターンに対して縫製作業の上で仕立て映えの要素を盛り込み、サイズに合わせると共に、縫製のコストに見合う修正が加えられたパターンである。例えぱ、重ね縫いで異なったカーブのパターンでは、シルエットを損ねないように同じカーブに揃えるようにしたり、伸ぱしやイセ込みを少なくしたり、コストにあった縫製に修正するのである。

Aエンジニアード縫製

 縫製方法もヨーロッパのドイツ、イギリス、イタリアなどでは、工業縫製としてのエンジニアード縫製法が採用され、エンジニアードアパレルが生産されるようになっている。エンジニアード縫製では、科学に基づいて新しい技街を取り入れ、ヒト、モノ、機械の有効利用を図り、縫製工程をベースとして流れ作業を徹底した機械化により行う方法である。生地の特性は職人の「カン」で判断するのでなく、科学的に生地の収縮率や基本的力学特性を測定した数値を用いて判断を助けたり、コンピュータにより処理するなどの進め方が取られる。エンジニアード縫製法は旧来の仕立て法を墨守し、踏襲するのではなく、時代に沿った新しい縫製法を取り入れて具体的には次のように進めるのである。生地の特性を前もって把握し、パターンに反映させ、縫製中に修正しないで済むようにしておく。縫製作業に入ると、しつけは最少限度にとどめ、マチ針は使用しないようにノッチにより印合わせする。中間プレスは縫い目割りだけとし、成型プレスは行わない。表部分と裏部分は別個にパーツとして仕上げて置いて、その上で組立を行う。裁断や合わせ縫いなどの作業では自動装置を活用する。生地の搬送にはハンガーコンペアなどで機械化する。エンジニアード縫製法として、ヨーロッパ(EC)縫製法と3S縫製法が名乗りを上げている。

(3)伝統と革新(イブ・サンローラン、ベネトン、グッチ、プラダ)

●パリのイブ・サンローランの革新

イブ・サンローランは芸術とテクノロジーを結合して、ファッションを創造するとして、従来の作業を革新し、レクトラ社(フランスの会社)のCAD/CAMシステムを導入して、新製品の開発を行っている。

●イタリアモードにおける革新

 イタリアのベネトン社のルチァーノ・ベネトン社長は常に革新的であることが成功のカギであるといい、同社は毛糸を先に染めて編みが後という従来の工法をやめ、編みや縫製の完成したものを市場の動向に合わせて染めることで低価格を実現し、ニットの生産に革命を起こしたのである。また、フィレンツェのグッチ社は「伝統」と「革新」をモットーとしている。同じく、ミラノのプラダ社は創始者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・ブラダがデザインと経営を継承し、「伝統プラス革新」的発想で次々に製品を打ち出している。

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

1/19  13回    アパレルコンピュータシステム 

 

●コンピュータ―処理から制御、そして意思決定へ

 企業の情報化とは、初期にはコンピュータの導入と同義であった。電子計算機という名称からも明らかなように、人間より速く定型的な計算処理ができるというのが最大唯一の機能だったからである。この高速処理機能はスーパーコンピュータに見られるように進歩しつつあるが、企業がコンピュー夕を処理だけでなく制御(工場のロボットや生産システム全体の制御等)、さらには経営の意思決定に用いるようになったことによって、情報化が著しく進展した。

●アパレル生産と情報化・コンピュータシステム

高度情報化時代といわれる今日、アパレル生産において当然その必要性は身近な現実の問題になっている。特にアパレル生産の理念がマーケットインを志向し、顧客満足を高めることに置かれるので、「作り手」と「顧客」の距離を短縮し、直結することが求められる。この要求を満たすのが、高度情報技術であり、コンピュータ技術である。アパレル生産では、デザイン業務にCAD、縫製作業にCAM、生産計画にCAP、生産技術にCAEというシステムが取り入れられている。

●ネットワーク化:コンピユータと通信の合体

 情報化のもう1つのポイントはネットワーク化である。コンピュータを単体として活用するのではなく、社内、あるいは社外の他のコンピュータと通信回線等でネットワーク化することにより、処理の一段と迅速化や機能の高度化が実現されている。「業務のあり方」を第一に考え、そのために必要な人材や他の設備の配置と併せて、通信システムを含む情報システムを検討することが必要であるといわれる。

●国の行政機関 職員1.2人にパソコン1台      読売 10−2−8(3)

 総務庁が七日まとめた行政機関への情報機器の配備状況などに関する九七年度行政情械化基本調査結果によると、国立学校を含む国の行政機関全体で、ハソコンが職員1.2人に1台の割合(九六年度は1.5人に1台)で配備されていることが分かった。また、情報システム関係予算の総額も九七年度は一兆五百七十九億円と初めて一兆円を突破した。行政現場の「ハイテク化Iが進展していることを示しており、業務効率化に伴う職員削減など一層の行政改革が求められそうだ。国の機関へのパソコン設置数は四十八万三百二十八台で、九六年度に比ぺ16・4%増えた。国立学校では学生用と職員用の区分が難しいことから、国立学校の配備分を除くと、職員二・四人に一台となる。省庁の内部部局に限ると一・三人に一台で、「一人一台」に近づいている。ただ地方部局は二・八人に一台にとどまっている。これらのパソコンは、各省庁のLAN(庁合内ネットワーク)ヘの接続か進み、接続率は59・2%に達している、一方、国の機関以外のパソコン配備状況は、特殊法人が一・七人に一台と情報化が進んでいるが、地方自治体は十一・八人に一台と立ち遅れている。

 

(1)CAD(コンピュータ支援デザイン)

◆CAD[キャド;Computer Aided Design] コンピューターを利用した設計,製図のこと。または,そのための機能を組み込んだシステムを指す。 手書きで図面を起こすのに比べて修正が簡単で,色や階層の表示,記号登録,拡大・縮小などの機能を利用した設計ができる。作成した図面データを保存しておけば,随時取り出せるので,過去に描いた図面を有効活用できる。

 機械,電気,建築など幅広い用途があり,それぞれの分野ごとに専門の機能を備えたCADシステムが利用されている。CADで作成したデータから製造システム用のデータを作成できるようにし,設計から製造までを一本化したシステムもある。ソフトによって,対象物をそれぞれ2次元,2.5次元,3次元で表現するものがある。

 従来はエンジニアリング・ワークステーション(EWS)に搭載したCADが主流だったが,パソコンの性能が向上したことで,パソコンCADも業務用として十分使えるようになってきた。特に,パソコン用の2次元CADソフトは,数十万〜数百万円と高価な製品が多かったが,94年3月にCADソフト大手のオートデスクが「AutoCAD LT for Windows」(12万8000円)を発売したことをきっかけに低価格化が進んでいる。米アシュラ社の「AshlarSketch」(5万8000円)など10万円以下で購入できるソフトも増えてきた。ただし,低価格のCADソフトでは業務用に本格的に使うには実力不足の場合がある。

 最近では異なるCADシステムで作られたデータを読み込めるようにするための互換性向上とファイル形式の標準化が急務になっている。パソコンCADでは1989年に定められたCADデータ交換用の標準中間データ形式PCESがあり,これの普及に向けて,各用途の図記号を電子カタログとして発売するなどの活動が進められている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)CAM(コンピュータ支援製造)

CAM[キャム;Computer Aided Manufacturing] NC(数値制御)工作機械や,組み立てを行う高性能ロボットなどの制御用プログラムを,コンピューターを用いて作成すること。または,それによる製造。

 従来は「コンピューターを利用した製造」のことを指していたが,最近はCIM(コンピューターにより統合された製造)という言葉を主として用い,CAMはCAD/CAM/CAE(コンピューターの支援による設計・製造・エンジニアリング)あるいはCAD/CAMという言葉に組み込まれ,生産に必要なデータの連携性を高めたシステムの一要素と定義されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)CIM(コンピュータ統合生産システム)

CIM@Computer Integrated Manufacturing:設計(CAD),製造(CAM),エンジニアリング(CAE)分野で,設計・製造をコンピューター化するだけでなく,資材の受発注管理や生産管理,工数管理など,製造にかかわるすべての過程をコンピューターで一元管理したもの。

 CIMの導入は経営者に,「今,何を作るべきか」を素早く決定するための情報を提供できるという側面もある。CIMを導入することで,各製造ラインが極めて柔軟に設計変更に対応できるようになるため,多品種少量生産に適した製造システムが可能になる。これをFMS(フレキシブル・マニュファクチャリング・システム)という。 最近は,エンジニアリング・ワークステーションを使用して,各現場でCAD,CAE,CAMを行い,これをネットワーク機能を使ってホスト・コンピューターと統合,CIMを実現する方法がよく使われている。

 

FA[Factory Automation] ロボットや自動機械などを用いて工場や生産現場を自動化,省力化すること。生産にかかわる活動全般のコンピューター利用を指すCIMの一要素と定義できる。工場の管理用コンピューターと現場の自動機器はLAN(構内情報通信網)で接続される。振動やノイズの多い生産現場向けに耐環境性を向上させ,データ入出力用インタフェースを強化したパソコンをFAパソコンと呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

1/19   13回    今後の生産

 

わが国がこれまで近代化を進め、工業化を高めてきた生産は、経済大国として成功する反面、多くの不調和、行き詰まりも生み出してしまった。ノーベル賞の江崎玲於奈博士も次のように述べた。「特にここ百年余りの科学の進歩は目ざましい。そこから生まれたさまざまの技術、医療や医薬はわれわれに限りない益を与えた。しかし、この過程の裏には、自然の破壊や汚染、核兵器の配備、人心の荒廃など好ましからざる影もある」といったのである。二十一世紀の国民生活の安定を目指す社会システムの改革が迫られているが、現在進められている行財政改革により「新しい政府」か生まれ、機動的で効率的な行政を実現できるかどうかにかかっており、省庁再編は、国民一人ひとりの生活に直結していることを忘れてはならないといわれる。その上、国民の生活や消費の変化、即ち多様化に対応できなくなって、「生産」の見直しが始まった。工業生産は大量化、高速化、大規模化を目指したが、これらについて実現度の高い産業としての重厚長大産業は行き詰まり、軽薄短小産業に主導権を譲っている。すなわち、現代生産論は工業生産の立場に立って、大変貌の時代への適合を模索しているわけなのである。そして、工業生産主導の時代は終わったとする説が注目を集めている。アパレル業界では、VANジャケットの倒産を始め、花咲、中央繊維工業、タキショウなどの倒産が工業生産の終焉を示している。それでは、工業生産の次に来る生産とはどんなものであるのがが関心の的となる。しかも、次の時代と目される21世紀は数年後に迫っており、ここに次代の生産としての考察を行う理由がある。

 

(1)生産の変遷

300年前のイギリスの産業革命が工業生産を生み出した。それまでのもの作りはホームメードかアーチザン(職人)メードであり、手作りの丸仕上げによる作り方であった。大英国展(2000.8.20)で産業革命について次のように述べていた。英国は産業革命の発祥地である。1760年代後半、英国で紡績機が発明され、当地の中心産業であった綿工業はその産業規模を急速に増大させた。これは手作業を機械に置き換え、生産の仕組みを画期的に転換させる発端となった。さらに動力として蒸気機関が利用され、燃料として石炭が使用され、鉄が大量に生産・使用されるようになった。こうしてあらゆる分野で技術革新が進み、生産力が飛躍的に増大した。このように1970年代から1930年代にかけて英国で起きた現象は「産業革命」と呼ばれ、人々の生活様式や経済システムを一変させた。産業革命は世界へと広がり、現在の高度工業化社会の源泉となった。家内工業に代わり、機械が一ケ所に集められ大規模に生産される工場生産方式が産業革命の重要な特徴の一つである。繊維産業では、1769年、アークライトの紡績機が特許を取得した。それまで家内工業で糸を紡いでいたが、1733年ジョン・ケイによって「飛び杼(とびひ)」が発明され、織機の生産効率が上がると、紡ぎ糸が不足し、、「糸を紡ぐ機械」が求められるようになった。理髪業、桂製造を営んでいたアークライトはこの問題に取り組み、独自の紡績機を開発した。これにより英国の繊維産業はランカシャー、ヨークシャーを中心に大発展をした。ランカシャー【Lancashire】とは、イギリス、イングランド北西部の州。炭田に恵まれ、水陸交通の便がよく世界有数の大工業地帯。綿工業の中心地。州都プレストン。ランカスター【Lancaster】は、イギリス、イングランド北西部のランカシャー州の都市。ノルマン風城砦がある。人口二三万(1987)。一方、ヨークシャー【Yorkshire】は、イギリス、イングランド北東部の州。羊毛のほか鉄鋼・化学などの工業が発達した。一九七四年、北・南・西ヨークシャーの三州に分離。中心都市リーズ・シェフィールド。筆者は1990年9月20日リーズ大学で開発研究発表を行い、同21日、シェフィールドの隣町ノッチンガムにある繊維会社コートールズ クロージング社で発表を行ったのを思い出す。この地はロビン・フッドの活躍した土地とされる。このように、工業生産は機械を使い、分業による作り方である。そこで工程分析が行われ、流れ作業が取り入れられる。工程には機械が設備され、機械による品質向上や作業能率が検討の対象となる。工業生産は機械を使い、分業による作り方である。そこで工程分析が行われ、流れ作業が取り入れられる。工程には機械が設備され、機械による品質向上や作業能率が検討の対象となる。この結果、工業生産は量産がもっとも効率的とされ、生産が四則算的な合理性の上に築かれてきた。しかし、機械も進歩し高生産性となり、経営は合理性の追求のあまり、顧客の満足度が犠牲となりがちとなり、生産した製品が売れ残るようになり、ついに生産の見直しが求められるに至った。工業生産の性格として「プロダクトアウト」ということが指摘されるが、これは生産側の一方的な思い入れで製品を量産して、市場に押しつけることをいっている。この結果、消費者から製品は沢山あるが、買いたいものがないというミスマッチを引き起こし、売れ残り品の山となる。工業生産が行き詰まりとなり、脱工業が叫ばれることになって、「マーケットイン」の理念が示されるに至った。「マーケットイン」とは、生産者側が市場の中から顧客の要求をキャッチして生産をすることを意味する。そして生産の目指すところは「収益」や「効率」や「シェア」からCSへと移行することになった。生産の変遷を表6−1に示す。経営は利益がなければ成り立たないが、プロダクトアウトで利益さえ上げればよいというのでは、経営は永続性を失う。ビジネスとしてまずCSを高めることを図り、顧客の満足の上に結果として利益が得られるという考え方となるのである。生産供給ではこれまでの作り手が主役であったのが、これからは買い手が主役に入れ替わる時代であるといわれ、顧客が生産をリードする。この顧客にジャストフィットして商品を生産供給するようにしなければならない。いいかえれば、この頃よくいわれるように顧客の欲求に適種、適質、適量、適期、適価の商品を生産供給するということである。これは生産の原点であろう。これを別の表現として「多・高・短・少」生産と造語したが、これは多品種・高品質+高感性・短サイクル・少量生産の略である。この意味で生産供給のクィックレスポンスは生産のリードタイムを短縮するための方向であり、時間的顧客満足を図るものである。従って、クィックレスポンスのフルコンテンツは顧客満足の網羅であり、クィックレスポンスの次期バージョンが「キャスタマーレスポンス(顧客へ即応)」とされる所以である。これらのことから、工業は過去のものとなり、脱工業の生産は顧客を画一的にあしらう量産を脱して、顧客個々に対応する個産になり、工業(工という作り手の業、たくみの業、Industry)の名も客業(客のための業、Ordustryと造語とした)に変わり、工業量産は客業個産に変わるのだと信じているわけである。21世紀には工場は「逆工場」としての性格となるという。逆工場とは生産の情報が顧客から発して、これに工場がレスポンスして生産を行う意味を持ったもので、現在の情報が作り手の川上から買い手の川下に流れるという流れを逆転して、川下の顧客から情報が川上に逆流することをいうのである。21世紀は逆工場の時代でもある。これを実施するために、当然、生産の方法が変わってくる。多品種少量生産のために単工程持ちの分業専門的ライン構成でのロット流しの方式は採用されなくなり、多工程持ちの多能工による助け合い作業で、少量流しに移行することになり、作りすぎのロスが排除されるようになる。設備の今後はどうかというと、顧客の欲求を満足させる観点から生産の設備は作り上げられる。既存の設備が前提となる現在の生産設計は、プロダクトアウトの「プッシュ型設備(押し付け型設備)」の考え方であって、生産は顧客にマッチさせるより既存設備にマッチさせる結果となってしまう。設備は顧客の欲求を満たす観点で作り上げられなければならない。これは「プル型設備(顧客の欲求が引っ張る設備)」ということになる。このため、工場は設備について単純購入、単純使用のレベルを乗り越えて、設備を使いこなしの上に作り替えて、顧客によりマッチさせることができるようになることが必要である。これは縫製業が労働集約からより深い設備知識の上に生産するという知識集約への移り変わりを意味する。そのこと自体容易なことでないが、一人当たりの付加価値額が工業業種中最下位の現状を嘆くだけでは何の解決にもならないのである。

モノ作りの形態とその変遷を表にすると、次の頁に示す表のようになる。

 

(2)プロダクトアウトからマーケットインへ

顧客に押し付ける生産(プロダクトアウトであり、プッシュ型生産である)から顧客が引っ張る生産(マーケットインであり、プル型生産である)へ大転換する。工場はこの意味で、逆工場となる。

 

(3)C.E.E.の満足度向上

企業経営として顧客、従業員、地球環境を大事に考えることが、生き残りの条件となっている。

1)CS(キャスタマー・サティスファクションの略で、顧客の満足のこと)

 ●CSによるアパレル産業の再生

 アパレル産業が現在の苦境を脱却して、産業として再生するためには、顧客に密着せず、離れた存在として一方的に製品を市場に押し込むということではもはや不可能であり、生産の原点としてCSを高めることに焦点を置いた生産であることが要求されるのである。不特定多数の顧客の中に生産が入って行くことが望まれるのであるが、どうやって入って行けるのかが問題となってくる。顧客と一体となって商品を考える必要性は強調されてきている。顧客と共感を持った生産であり、商品であることを指摘してもきた。しかし、不特定多数の顧客に対して、実施する具体的方法が見えていなかった。しかし、最近の通信情報革命はこれを可能とする方法を示してくれる。このことについては次回インターネットによるビジネスとして触れる。

●顧客のためのPL法

顧客のために制定された「製造物責任(PL)法」が平成7年7月施行されたが、PL法では、製品の欠陥や説明書の不備などによって消費者が生命、身体、財産に被る被害を受けた場合、製造業者や販売業者に賠償責任を負わすものである。それまでの民法では、製品の欠陥の他メーカー側の過失も証明しなければならなかった。これに対して、PL法では欠陥さえ証明できれば賠償が認められ、消費者保護の大幅な前進となり、顧客のための法規である。

●国際認証制度ISO9000シリーズ

ISOによる国際認証制度は、製品やサービスを提供する企業に対して、その企業の品質保証体制が一定のレベルに達していることを国際基準により認証する、JISマーク制度の国際版とも言える制度である。この制度はヨーロッパEUを中心に実施されてきており、この認証のない企業はヨーロッパへの輸出が困難となる。

 

 2)ES(従業員満足)に対して

 従業員満足度のことで,求人難に対して企業の魅力度を増すことが要求されており,真に魅力のあるというのは企業の見てくれだけでなく,その内容であり,従業員満足度の観点で向上が図られることである。職場環境,設備の操作性,仕事のやり甲斐など従業員の満足度を高めるようにするには,快適職場,人にやさしい機械や設備,やる気の起こる作業条件などか整備されなければならない。従業員満足度の向上策として,次のような項目が指摘される。

 ★工場内快適環境,クリーン職場に         ★カラーリング

 ★施設として食堂,体憩室や駐車場の必要性増加 ★照明

 ★コミュニケーションは意志の疎通と情報伝達のためネットワーク化へ

 ★建物はファッションを創り出す場所にふさわしくスマートに

 ★設備は人にやさしく(操作容易,疲労軽減,健康に留意して)

●アメリカ産業界「従業員満足度」競う時代に  日経 9−8−17(7)

リストラに明け暮れた米企業が一転求人難に直面しており、特にハイテク産業では求人が深刻化している。「米企業の経営課題は従業員満足度を高めることである」という。ストックオプション(自社株購入券)を導入して、意欲ある人材を引きつける報酬体制をつくる。医療など福利厚生を整える。賃金改革だけでは十分ではなく、快適な職場環境はもちろん、面白い知的な仕事を提供できない企業はもう人材を集められない。リストラブームに便乗して従業員を冷遇してきた企業はしっぺ返しに遭うだろうということである。

●アメリカ・強い会社は終身雇用 日経10-11-29(13)

日本企業の競争力をそぎかねない古い慣行の一つに、年功序列などと並んで「終身雇用」を挙げる向きは多い。だが意外にも、不況に動じない「強い会社」には、終身雇用の堅持を掲げるところが目につくのだ。雇用が流動化している米国でも、過度の人員削減で労使関係が荒廃したことへの反省から、雇用の安定を重んじる機運が表れている。「長期的にみて終身雇用は効率的ですらある」という指摘がある。

 

 3)もう一つのES(地球環境満足)に対して

 企業として,経営として永続するには,ES(地球環境満足度)や社会貢献を満たすような観点を持つことが必要な世の中となってきている。このためにアパレル生産としてどうあるべきかも問われる時勢である。

●企業の環境管理、監査についてのISO14000

★内容

 工業製品の規格を国際的に決める国際標準化機構(ISO)で決めている規格のうち、企業の環境管埋・監査についての標準規格のことである。ISOはジュネーブに本部を置く非政府機関で、1947年に設立され、現在120か国の団体が参加している。規格そのものには拘束力はないが、政府調達の条件になつたりするため、自主的に守る企業が多くなっている。規格には番号がついておリ、基本的な製品から順に番号か割り振られている。ISO1番はネジ、ISO2番はファスナーとなっている。この規格で作られたものは、同じサイズ、形のためどの国の製品でも互換が可能である。フィルムのISO100やISO400という標記もこの規格の一環で、感度が良くなると数宇が大きくなる。その規格が増え、IS09000番シリーズは品質管理と保証について、14000番シリーズが環境管理の国際規格に割りふられている。

 ★仕組み

 ISO14000番シリーズは、工場などでの環境管理の方法や排出物の削減などの報告や製品の環境ラベル、製品の製造から使用・廃棄に至る各段階ごとの環境影響評価、その監査方法などを細かく規定している。92年にlSO理事会で環境管理に関する国際規格を作ることが決まり、93年から議論が始まった。その後、分野別の規格作成会議を経て、平成8年秋発効した。この規格の中身は、環境担当の役員を置くことや社員の環境教育を徹底するよう求めるなどかなり厳しくなっている。議論当初は日本の企業の中には反対論が多かったが、環境保全の国際的な流れに押されるように賛成論が増えていった。

 ★将来

 この規格を十分満たしていると認定された企業には認証が与えられる。認証取得のための専門業者も生まれ、日本国内では七月現在で約330の企業や工場などが認証を取得している。企業だけではなく、地方自治体や病院名などでも認証を取得する動きが広まっている。また、認証取得後、総合的な環境

報告書を作成し、後悔したり、環境行動計画を発表する企業も出てきた。一方、中小企業の場合は、認証にもお金がかかるため、認証取得が遅れそうで、支援策が求められる。認証の取得が増えると、環境教育が徹底していくので、これまでにない環境教育の機会を提供することにもなるとされる。

●ハンティング・ワールド社の願い―環境保護

軽くて丈夫、男女を問わず使えるシンプルなデザインが持ち味の米国製バック「ハンティング・ワールド」は気軽に持ち歩けるとして人気を集めているが、同ブランドのロゴマークは1991年に変更し、それまでのキバのない象の絵柄に、新しく探検、自然保護、教育の文字を英語で記したものとした。ロバート・リー社長は熱心な環境保護主義者で、動物愛護も同社の願いだという。

●容器包装リサイクル法と廃棄物処理法の制定

 容器包装リサイクル法はテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンのリサイクルに関する法律であり、環境保全のためにリサイクルすることを求めている。

廃棄物処理法は法律で指定した特定機器廃棄物を対象にその処理について規定したものである。

 現在、日本の廃棄物は年に6千万トンとなっており、その1%の60万トンがリサイクルされているが、残りの殆どはそのまま、ないし焼却されて、埋め立てられている。このままでは、廃棄物により環境が破壊され、生活が脅かされる。しかし、廃棄物処理の費用負担が問題となっており、最終的には消費者の負担になると見られている。大量にものを作り、作りすぎとなって売れ残り、廃棄物とするやり方は、もはや許されない。

●イトーヨーカ堂の自主企画商品「環境奨品」  日経10-11-29(10)

・環境配慮型の商品を分かりやすく提供する  ・各商品の機能などは一般製品並み

 環境に配慮した自主企画商品。再生ペットボトルを使用したスポンジたわし、キッチンマット、無添加ポリエチレンを使った食品用ラッブなどの家庭用品三十七品を販売中。環境への負担を評価する基準を独自に設け、その基準を達成した商品をそろえた。原材料に再生紙を使ったり、環境への負担を削減する製造方法を採用した。ポスターなどで消費者に効果を訴えている。明確な基準に基づく環境配慮型の商品を使いたいといろ消費者の要望にこたえた。環境配慮型商品の新しい提供方法として評価できる。商品の機能やデザインは従来製品並み。

 

(4)脱工業(POST−INDUSTRY)の客業(ORDUSTRY)生産へ

脱工業は一人一人の個客のために、カスタムメードへ転換する。アパレル産業のムダを省いたオーダーメード、イージーオーダーメード、パターンメードなどの売り切りの縫製生産が展開される。すべて注文生産となるので、売れ残りの値引き損もなくなり、残品の廃棄処理による地球環境汚染や悪化も、そして資源の浪費も防げるのである。脱工業による生産を客業(ORDUSTRY)生産と造語した。

 

   (5)アパレル生産工場の今後のビジョン

 新繊維ビジョンに照らして,今後の方向をみると,次のように示すことがでさるのではないだろうか。

1)マーケットイン

 お客様との距離を縮める。このために直販,アンテナショップ出店となる。情報ハイテクの活用。当然販売に苦労するリスクがある。しかしこれが顧客満足度を高める生き残りを切り開く。営業力のある工場は,百貨店,スーパーの自社企画品の生産をする。

2)クリエーション

 工場単独では,技術を高めて他の工場でできないものを作る。地域全体では,地場の素材や特色を活かすデザインを起こす。ファッションショーを開いて情報発信する。ショーに地区出身有名デザイナーの協力を得てデザインを発表して貰う。デザイナーを育成する。パリで有名にならないと、評価されない国内事情を革新する。

 

●イヴ・サンローランの方向

Yves Saint Laurent:Combining art with technology.

 In this special report,KEN CLARK discusses how fashion garments are produced in a manufacturing situation in the spirit of Yves Saint Laurent−the most widely sold French fashion label, having the ambitious goal of creating a line of clothing that is more accessible,but still of superb quality.

Yves Saint Laurent(イブ・サン・ローラン):芸術を技術と結び付けること.

 この特別リポートで Ken Clarkは、もっとも広く売られたフランス・ファッションブランドである Yves Saint Laurent (イブ・サン・ローラン)の精神の下で、衣類のラインを創造するという、達成も一層可能である野心的目標を持っており、しかも、なお、最高の品質を維持している、そのような製造状況において、ファッション衣服が、どのように生産されるかを論じている。

 

●日本の繊維・アパレルビジョン

 「我が国の繊維産業及び繊維政策のあり方」、いわゆる繊維ビジョンの中間とりまとめが、6月(平成10年)にまとめられた。本中間とりまとめは、@市場主導の時代、Aグローバル大競争時代、Bニューフロンティアの時代という3つの新しい競争環境が到来しているという意識の下、繊維産業の抱える4つの課題とそれを克服すべき改革の方向を、

@消費者とともに価値を創造する仕組みの構築、

Aアジアを軸とする世界の繊維産業としての発展、

Bニューフロンティアの拡大による基幹産業としての基盤の整備・強化、

Cやる気のある産地企業の自立的・持続的発展と産業集積の高度化、

D人材の確保・育成の5つを示している。

 繊維ビジョンで指摘された今日の環境激変は、我が国繊維産業にかってないほどの構造調整圧力をかけ、市場における消費者、ユーザからの選択により、企業の存続・発展が決められる時代が到来しているということを意味しており、市場主導、グローバル大競争の時代にあって、繊維産業全体としては従来型のビジネスシステムからの脱皮がなかなかできず対応不全を起こし、ニューフロンティアの時代にあって、新規事業への展開が不十分である現状を浮き彫りにしてしいる。このような現状から抜けだし、繊維ビジョンで描かれている21世紀の我が国の繊維産業の姿を実現するためには、個々の企業、個人が、自らの得意とする技術、技能、デザイン力などの資源を活かすとともに、異業種の企業間、産学などの戦略連携を図りながら、自己責任、自助努力の原則の下、民間自らが改革の主体となって行動することが重要となるとしている。

 

通産省繊維ビジョン―繊維産業特別視政策から脱却―日繊,〔98・3・2(1)〕

 繊維ビジョン作りで新たな繊維政策の方向性について検討している繊維産業審議会・産業構造審議会の基本政策小委員会第三分科会は6回目の会合を開き、今後の繊維産業のあり方で事務局の通産省が示した「繊維産業を特別視した政策から脱却」を基本内容とした基本政策小委への報告書骨子案を大筋で了承した。繊維産業はこれまで特殊な産業で、国の特別な政策が必要との考えが存在したが、特殊性とされる事項(地域性、雇用、中小零細、流通構造の非効率性、他段階分業構造など)は、多くの産業において共通の課題。むしろ、これまで繊維産業の中だけで政策対応してきたことが、繊維産業自体の視野を狭める結果になったのではないか、と指摘している。従って、繊維産業を特別視して、特別かっ包括的な政策体系を用意する政策方針は、今後、取るべきではない、とした。

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期

1/19   14回      インターネットによるアパレルビジネス

 

 情報・通信分野の専門家の間では、このところ「来るべきマルチメディア社会のインフラ(基盤)ともいうべき、コンピュータを使った情報のネットワーク化が、飛躍的な拡大に向かう」とり見方が有力になっており、パソコンの台数が年間300万台から400万台というオーダーで増えていて、情報ネットワーク社会がぐんと近ずいてきた。日本でのパソコンの保有は平成8年、550万所帯で約10%、その中でパソコン通信人口は220−230万人、インターネット利用は130万人(人口の1%)となっているが、パソコンがどんどん売れており、今後の増大が見込まれている。コンピュータの利用形式も「計算からコミュニケートへ」と大きく変わり、本格的なマルチメディア社会への序曲が始まっている。ネットワークのベースになる通信も、電話での音声通信からデータ通信(文字、コンピュータデータ、映像、画像、音声などの通信)に変わってきており、通信速度の超高速化も実現しつつある。これまでの情報ルートがマスメディアとして情報発信元からの一方通行の画一的報道であったのが、このマルチメディアによるネットワーク化の進展によって、多数の人たちへの情報アクセス(情報のやりとり)を可能とし、この結果、不特定多数の顧客の意見もネットワークを通じて、相互に議論し、生産者側と消費者側の情報距離を縮め、時間的遅延を解消して同時性の伝達を可能とし、消費者の気持ちとなって生産するための共感を成立しやすくする。このためにネットワークはCS実現のための革命技術と位置づけられる。しかも、ネットワークによる情報交流は、社会の分析、細分化や専門化の中でバラバラとなってしまっている生活に、再び全体的な結びつきや総合化の活動を生み出すにも役立つ手段となる。顧客のグループはこれまでは「地縁」「血縁」「職縁」といったつながりによりローカルに結成されるのが主であったのが、ネットワークのオンラインで知り合うことによる多数と多数のコミュニケーションが顧客や消費者の大きなグループを生み出し、このような「電縁」グループがインターネットなどより全世界的に広がることになり、生産側のグローバルなCS達成に不可欠のシステムとなると考えられるのである。現在インターネットのホストの数は世界的に1千万となっており、ホストに10人のユーザーがいたとして1億人(世界全人口の2%)に達するという。このようなネットワークにおける顧客グループの意見や希望が生産者側に伝えられることになるだろう。これは顧客の「口コミ」から「電コミ」への進化である。現在時点で、世界最大のアパレル企業、アメリカのリバイ社はインターネットにホームページを開いており、開くと日本に関するコンテンツ(内容)も見ることができる。顧客満足度を高めるために、21世紀では、「量産」でなく、顧客へのきめ細かな個別対応の「個産」の時代となるとされる。通産大臣の諮問機関である産業構造審議会の報告書「21世紀の産業構造」によれば、21世紀では、「ゆとり」「豊かさ」「生活の質」が重視されるようになるとされているが、国民の潜在的ニーズを考慮すると、適切な環境整備で、多くの新規・成長産業が展開し、環境関連、情報・通信関連、生活関連で住宅など12の分野で現在の市場規模130兆円が2000年には210兆円程度、2010年には350兆円程度の規模に拡大する見通しを立てている。21世紀において、アパレル産業が現在の苦境を解消し、生活関連として住宅産業に劣ることなく、顧客に密着し、顧客と共感の上に立ってCSを高めるようにネットワークを活用し、クィックレスポンスを進展させ、生産を「個産」として行くことである。このような方向により、アパレル産業の再生が実現するのである。

脱大量生産―新世紀の変革                  朝日新聞 13-1-17(13)
一つの品種が大量に売れる時代が終わり、消費者が求める製品は多様化している上、市場に素早く対応しないと、客を他社に奪われる時代になってきた。1908年に米フォードの創始者、ヘンリー・フォードが「T型フォード」を発売して以来、自動車産業のビジネスモデルは世界的に「大量生産・大量消費」を前提に構築されてきたが、約百年を経て、そのモデルが変わろうとしており、「大量生産」→「脱量産」→「個産」へと向かい始めた。「いままではメーカーが製品を作って市場に押し付けていたシステムを、客のニーズをつかみ、部品供給や中古車まで含めた幅広い分野で商品力を向上させるやり方に変えたい」ということである。トヨタでは「カンバン方式」を2001年3月までにコンピュータによる「電子カンバンシステム」に進化させ、カンバン方式の精度を高めるという。

 

TeFIA      http://www.tefia.or.jp/ (元TIIP)

ソニアリキエル         http://www.soniarykieLfr

リーバイス      http://www.levi.com

河内 保二のアパレル縫製論塾  http://village.infoweb.ne.jp/~fwgk4021/

2つあります。             http://www.interq.or.jp/tiger/kawauchi/ 

 

2001年1月現在での最も新しい動きとして指摘されるのは、インターネット社会での次の3つの大きな変化である。それは…
1. iモードなどのワイヤレス化、通信ソフトのブルートゥースの出現
2. 大容量、高速通信のブロードバンド(広帯域通信網)の進展
3. 基本ソフト「リナックス」の登場
である。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次には、フランス、パリの状況について触れておこう。

●フランスの冬冬至のメトロに鮨をかかえて帰りゆく   夏石 番矢・作句

 フランスはシベリアのサハリンと同緯度に位置する。一日のうち、気象変化の激しいフランスで、冬至ともなると、日本とは趣が異なる。なにしろ少しの晴れ、あるいは曇天、そして時々雪といった天気の続く日々の、午後4時過ぎにはあたりはもう真っ暗。寒さもほぼ一年のピークに達する。その頃の心細さは筆舌に尽くしがたい。

パリの中心部へ、やっとの思いで買いに出た「鮨」をかかえて帰る、私の心情を日本の皆さんにお察し頂けようか。夏石 番矢:明治大学教授・俳人、パリ第7大学に1年半前より留学中。

●フランス人の日本への憧れ

★新名所になる勢い  パリ日本文化会館館長 磯村尚徳    読売夕刊 9−10−24(5)

 15年越しの懸案であったパリの日本文化会館が、5月の公式行事に続き、9月24日から一般に公開された。最近のフランスにおける日本熱を反映して、最も楽観的な見通しをも上回る好調な出足を見せている。10月4日の土曜日には、図柄に文化会館とルーブル美術館に展示中の国宝百済観音をあしらったフランス郵政省の記念切手の売り出しが当館内で行われ、展覧会、日本映画上映会と重なったためもあって、干人近い人出で賑わった。エッフェル塔にほど近いセーヌ河畔に立つ翡翠色のスッキリした11階建ての会館は、やがてパリの新名所になる勢いである。こけら落とし行事はフランス側の強い希望で「デザインの世紀―視覚情報の現在と末来」(監修 高階秀爾・田中一光、企画=伊東順二、空間構成=安藤忠雄)に落ち着いた。また、「武満撤響きの海へ」(企画・監修=船山隆)は大ホールで二週間のコンサートを行い、小ホールではジョエル・ロビュションとの日仏料理談議や映画の上映、また一般公開に先立ち、大ホールで今年のカンヌ映画祭で受賞した今村昌平監督の「うなぎ」を上映し、トロートマン文化相も駆けつけた。というような具合で、幸い今年はフランスにおける日本年とあって、会館をとりまく状況には追い風が吹いている。日本文化の多様な姿が間欠的でなく、集中的に紹介されており、フランス全国で五百になろうとする諸行事が相乗効果的に日本への関心を盛り上げている。その熱が冷めないよう、98年は日本におけるフランス年が開催される。

 ★〃逆片想い〃現象

 私は今回が三度目の長期滞在だが、50年代の一回目はもちろん、三回目の70年代後半から80年代初めにかけてと比較しても、世紀末のフランスでの対日関心は、今度こそ本物という実感がしている。バブル時代に日本がチヤホヤされた頃と比べて日本への期待が薄れた事を嘆く人もいる。しかし、何事も相対的だから、もっと長いスパンで見ると、特に文化面ではひと昔前と違ってフランスの日本に対する〃逆片想い〃現象すら起きていると言えよう。最近五年間の芥川賞の受賞者の名前を言える人は、文芸詰の記者でも稀だと言われるのに、フランスでは、受賞作の全てが翻訳され、一定の読者層に知られている事実はご存じだろうか。シラク大統領自身、〃今では高等教育で日本語を学ぶ人が一万人、日本でランス語を学習する人よリ多いのでは〃と私に自慢していたくらいである。五〇年代に二人しかいなかった東洋語学校の日本語科の生徒は、今は千六百人に上り、一体どこに就職する気かと心配になるほどだ。純文学や映画にとどまらず、Manga(漫画)はフランス語として定着し、テレビのスイッチをひねれは日本製アニメの氾濫、会館入り口の「プリクラ」の機械には若者の列ができるといった調子で、大衆にも日本は身近な存任となりつつある。つまり、前世紀末のジャポニスム以来一世紀を経て、日本文化への関心は、広くかつ深くフランスに浸透し始めたと思う。一方通行から両面交通への機運が出てきて、日仏間に真の対話の機会が訪れた。その対話の輸を広げ、フォーラムを提供することが当文化会館の第一の目標である。そしてゆくゆくは、当会館が日本文化の発信にのみこだわらない。で、パリの文化景観の一部にとけこみ、グローバルな文化交流に役立ちたいとのアンビション(志とでも言おうか)を持っているのである。

 ★共通する感性も

 フランス人は、決してとっつきやすい人たちではない。自己主張が強く、時に偽悪的で、やや偽善的なアメリカ人のように調子は良くない。しかし、長く暮らしていると日本人の感性と共通する面も多いことに気づく。折柄、親日派のシラク大統鎖と知日派が多い社会党内閣は、三年続く文化交流を推進し、トヨタのフランス進出などを足がかりに、多方面にわたる日仏の提携を強めようとしている。今こそ日本もフランスという「狭き門」に入る絶好の機会を生かすべきだと強く主張したいのである。

 

 

鹿島 茂(共立女子大教授)著 「明日は舞踏会」 貴婦人の謎次々解明  面白くて悲しい結末

■この本を読むと、フランスのフロベール、ゾラ、バルザック、スタンダールなど十九世紀小説の謎(なぞ)が数々とける。なぜ貴族の親は娘を修道院に入れたがるのか。答、ナポレオン法典によって女子も男子と同等の相続権を得たので、財産を散らしたくなければ、娘を結婚させないよう修道院にぶち込むしかなかったのである。

**************************************************

                因みに中国、日本では

財産(=貝)を分けると    今財産のことばかりというのは

 まずしい むさぼる

貧 貪

**************************************************

 なぜ貴婦人は靴に凝ったのか。なぜチュイルリ公園に散歩に行く必要があったのか。なぜ自宅で堂々と愛人と逢引(あいびき)できたのか、は読んでのお楽しみ。なぜ持参金にあんなにこだわるのだろう。これも結婚に関するカシマの定理〈ルックス×財産=1〉で説明される。すなわち美貌(びぼう)でないほど待参全が必要となるのだそうだ。そしで美貌の乙女は金持ち老人と結婚し、彼が死ぬまで数年がまんする。ばくだいな遺産と男爵夫人の称号を手に入れたら、つぎは若く美貌の愛人と結婚し、彼女が死ぬと老人となった男は財産を受け継いで…。この循環式人生二回結婚説にせよ、「一種の乱交パーティー」だったオペラ座の仮面舞踏会にせよ、おお、なんとミもフタもなく、アラレもない時代だったのであろう。

▼ファッションの始まりは、「宮廷ファッション」だとされる。その名の通り、フランスの王朝の宮廷で起こった。六五〇年前の一四世紀中頃からのことで、当時の貴婦人たちは宮廷で催されるパーティーでお互いの美を競い合った。宮廷ファッションの代表選手として知られるのは、シャルル四世の王妃ジャンヌ・ド・ブルボンだといわれる。彼女は自分でコルセットを発明し、着用した最初の婦人であった。このようにして、貴婦人、貴族、王朝の流行の慣習がが始まった。フランス革命でルイ一六世と王妃マリー・アントアネットがギロチンの露と消えると、ファッションはブルジョアジーに受け継がれていった。マリー・アントワネットは革命でパリからオーストリアの実家ハブスブルグ家へ逃げる途中、華美な衣裳が怪しまれて捕まり、刑場に送られた。

◆マリー‐アントワネット【Marie Antoinette】フランス王ルイ一六世の妃。マリア=テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ一世との末娘。わずか一四歳でフランス・ブルボン朝の王太子妃として嫁いだ。そこには絢爛たる日々と栄光、ゴージャスでデコラティブな衣裳、そしてフランス革命であり、ギロチン台であった。(1755-1793)

■シャネルらのモード革命の前まで、コルセットは健康上問題となっていた。当時、コルセット着用者百人のうち二十五人は結核にかかり、十五人は最初の出産で死に、十五人は病気がち、残り十五人は奇形となる、という恐ろしい資料が上がるに及び、私は「面白うてやがでかなしき舞踏会」にしゅんとしてしまった。「結婚というものを情熱の上に築き上げることは不可能で恋愛の上に打ち立てることさえ許されません」。女主人公ルイーズのいまわの言葉だけは万古不易と思うけど、いかが。(評 森まゆみ)作品社刊 153頁 2,800円

 

▼仏女性の「美」のキーワード皮膚ガンが怖いというのに仏女性の「日焼け」願望

フランス女性にとっての「美」のキーワードは「スリム・日焼け・スポーティブ」。特にスリムになることは美しくなることと同義。「ぽっちゃりしましたね」はタブー、二度と口をきいてもらえなくなる。「日焼け」に対す感覚は日本人とは決定的に違う。白い肌が持つイメージは「病的で弱々しい」。健康的ではつらつとしたという肯定的イメージを構成するためには、何が何でも「日焼け」が条件。化粧のファンデーションでも白は嫌われる。かって白い肌の女性は美の表徴という時代もあったのだけれど。(沢本雅弘、日商岩井の広報誌「トレードピア」6月号)

▼最近の調査で、フランス人は日本に好意を持ち、むしろ憧れているという。フランス人の日本に対する印象は、よく働き、金持ちで、格好よく、ハイテクに優れ、伝統を持っていると、面はゆいくらいである。

 

 

織り終わりの始末 シャンティ カラシリス スーシュドレパリー

房飾り (腰衣) (腰巻衣) (巻衣)

 

 

 

 

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

 

9/29    1回 シャネルのモード革命 シンプル化 75年前  1922年

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/6    2回 シンガーの前後 ミシン売り出す 146年前  1851年

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/13   3回 森英恵が学ぶ分業化は大恐慌後のこと 71年前  1929年

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/20   4回 縫製の科学、縫製とは、科学とは、分析と要素、階層構造、総合

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

10/27   5回 縫製作業の工学[参考文献:新アパレル工学事典]

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

11/17   6回 アパレル生産の管理工学、生産の科学的研究、科学的管理法

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

11/24   7回 アパレル生産のコンピュータ技術

アナログとデジタル、データ、数値、イメージデータとベクターデータ

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

12/1   8回   アパレル生産の要素―人的要素

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

12/8   9回   アパレル生産の要素―素材(MATERIALS)要素

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

12/15  10回  アパレル生産の要素―設備要素

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

1/12  11回  アパレル生産の要素―資金要素

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

1/12  12回  アパレル生産の要素―方法要素

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

1/19  13回  アパレルコンピュータシステム

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート

1/19  14回  インターネットによるアパレルビジネス

 

工業縫製概論 聖徳大学短期大学部 2000年度後期講義ノート 

1/26  15回  今後の生産 

 

 

 

 

ハブスブルグ家の光芒  菊池良生著 作品社刊  107〜110頁

ハプスブルク‐け【―家】(Habsburger ドイツ) オーストリアに君臨した王統。ヨーロッパで最も由緒ある家柄の一。しばしばドイツ国王に選ばれ、一四三八〜一八○六年の神聖ローマ皇帝はすべてこの家柄から出た。一九一八年までオーストリア‐ハンガリー皇帝。また、婚姻政策の結果、一五一六〜一七○○年スペイン王位を占める。ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの娘たちの取りを務めるのは御存じマリー・アントワネットである。女帝マリア・テレジアの政略結婚政策の総仕上げとしてプルボン本家に興入れした女帝の末娘マリー・アントワネットの数奇な運命はあまねく知り尽くされている。それゆえここで彼女のギロチンまでの生涯をたどることは差し控えたい。それよりも古来より人を意きつけて離すこと止まぬ「数宇の不可思議な遊ぴ」に耽り、あるこじつけを楽しむはうがおもしろい。その数字とは、1755.11.2。もちろん、日付である。一七五一年十一月二日。この日にマリー・アントワネットは生まれた。十一月二目はキリスト教徒の万霊節。死者を祀る日である。しかしこれだけではこの日が特異な日とは言えない。その日が一七五五年十一月一日の次の日であることに意味がある。末来のフランス王妃の誕生年の十一月二日の万霊節に祀られた死者のなかにはその前日に命を落としたおぴただしい数の人がいた。いったいどのくらいの数なのか。ゲーテは一瞬のうちに六万人が命を落としたと書いているが、実際はその半分ぐらいであったらしい。いずれにしても大惨事である。リスボン大地震である。この未曾有の出未事に人々は恐懼した。なにしろ「恐怖の悪霊がかくも迅速に、かつ強力に、その戦慄を地上に繰り広げたこと」に対し神は「正しい者も不正な者も等しく破滅の淵に投じることによつて、万物の父たる実を示さなかった」(ゲーテ『詩と真実』)のだから。啓蒙哲学者ヴォルテールはこの日を境に悲観主義に陥り、「この世のものは総て善なリ」というポープの詩句をこれぞ蒙昧と決めつけたほどである。いずれにせよマリー・アントワネットは母なる大地が揺れ動くことを痛切に知らされたその次の日に呱々の声を上げた。この日はなにかの始まりの日であった。すなわち「地球が変動するものであること、歴史をもつものであることを強く人々に意識させ」(坂本貴三「庭園と音楽にみる技術」)たその日である。大地が動くならぱ、いままで不変と思われたものも動く筈である。このころヨーロッパの庭園様式にある変化が起きた。幾何学模様の静止空間を楽しむフランス式庭園から一歩進むごとに風景が変わる動的空間に遊ぶイギリス式庭園への移行である。なにかの始まりの日に生まれたマリー・アントワネットもフランス式庭園の牙城ヴェルサイユ宮殿の一角にイギリス式座園を造営した。しかし彼女は庭園様式の変化にかすかに顕れたダイナミックな時代の変化は読みとれなかった。大地が揺れるならぱ体制も揺れる。体制の崩壊は天変地異とともにやってくる。一七八三年五月九日。マリー・アントワネットがフランス王妃となって九年日。夫ルイ十六世がある手術を受けて二人には子供ができるようになり、王太子も誕生した。うるさいウィーンの母マリア・テレジアはすでにこの世にいない。ヴェルサイユとパリで享楽の日々を過ごす王妃にとってこの日はなんの意味もない。革命勃発の日すら「何もなし(リヤン)」と日記に書いた夫に倣い王妃もこの五月九日を「何もなし(リヤン)」と書いたことだろう。『気象と文化史』の著者H・H・ラムによれば一七八三年前半に北半球で火山の爆発が相次ぎ、ヨーロッパはその影響で寒冷期に入った。新暦1月九日は浅間山大爆発の日である。天明の大飢鮭を呼んだ浅間の火山灰は北半球の成層圏に長く滞留しヨーロッバの凶作を引き起こしフランス大革命の原因となったという説がある。伝記作者は普通このような「歴史学のなかに自然という要素をひきこむ」(樺山紘一「噴火と革命の間」)説に組みしない。伝記の主人公の「主体件」を大事にするからである。だからこそマリー・アントワネットの伝記作者シュテファン・ツヴァイクは、彼女が王太子妃時代の一七七二年の新年拝賀式で国王ルイ十五世の愛妾と初めて口をきいた、そのフランス語でのたった九語がポーランド一国の命運を征し同国は分割の憂き日にあった、と書いている。しかしこれではあまりにも「主体牲」がすざるというものだ。こうした強烈な「主体件」が主宰する世界は天変地異を神の御徴としか見ない。地球の孕む莫大なエネルギーには目が向かない。これに対しリスボン大地震に始まった静から動への転回をいち早く知ったイギリスは産業革命を成し遂げる。フランスは後れをとった。フランス大革命とはマリー・アントワネットに体現されるアンシャン・レジームを倒しこうした遅れを取り戻そうとするフランスの切羽詰まったぺレストロイカであったのだ。だとすると、一七五五年十一月二日、すなわちリスボン大地震の翌日に生まれたマリー・アントワネットは自ら天変地異の申し子でありながらその天変地異に大きく後れをとり、置いてきぼりにされたことになる。もちろん、ハプスブルク家の姫君、後のフランス王妃はそんなことは露とも思わない。マリー・アントワネットはあくまでも一七九三年十月十六日、ジャコバン派の「主体性」の暴虐非道の犠牲となって死んだのである。

 

ミツコはハプスブルグ家の伯爵夫人  伯爵夫人ミツコの実像探る 「蝶の埋葬」吉田直也著 岩波書店刊 1600円。 著者は25年間、書斎に一枚の写貢を飾っている。白いドレスのミツコと7人の子供たちの肖像だ。ミツコは、パンヨーロッパ運動を提唱しEU誕生の先駆者となったリヒァルト・クーデンホーフの母。NHKの敏腕ディレクターとして、その数奇な運命を取材し、番組「国境のない伝記」を73年に「ミツコー−2つの世紀末」を87年に放映した。ミツコは日本名、青山光子。東京の骨とう商の娘で、1895年(明治28)、オーストリア・ハンガリー帝国(ハプスブルク家)の外交官ハインリッヒ・クーデンホーフと結婚、翌年渡欧する。番組では女優の吉永小百合さんがリポーターとミツコ役を務め、ドキュメンタリーとドラマが交錯する新手法で評判をよんだ。「でも、テレピではミツコの晩年を描ききれなかった。日本初の国際結婚、ボへミアの伯爵夫人。いわぱ、ハッピーエンドの蝶々夫人ですが、華やかさと裏はらに、子供に離反された晩年がある。それがずっと気にかかっていました」定年後の九四年、食道がんで手術を受けた。生死の境を経験し、「死ぬ前に自分が伝えておくべきことは何だろう」と考え続けた。問いかけは、ミツコの元にただ一人残り、17年間介護を続けた二女オルガに焦点を結ぶ。「ミツコは現代の女性の問題を先取りしている。日本人の国際化、家族の問題、そして介護」。退院後、一日に原稿用紙一枚ずつ書き続けたのが今回の小説。ミツコの実像を求めて、著者の分身とも言える女性ディレクターの取林記録を検証するうち、ミツコの生き方と登場人物だちが現在抱える問題が重なって行く。「いろんな視点を盛り込みながら、客観的に書きたかったんです」「ミツコの子供たちもすべて亡くなりました。最後に女性ディレクターが言うせりふが今の気持ち。『よかったわ。ぜんぶ話せて』。間に合ってよかった」

 

18世紀のフランス宮廷 仏映画「リディキュール」が画く 会話術なければ国王に会えない 「男は黙って」よりも  出世には「軽薄才子」  読売夕刊 9−2−12(13)

日本語では、ナイーヴという言葉は、「感受性の鋭い」「繊細な」という意昧で、褒め言葉として用いられる。ところが、この言葉のもととなったフランス語のnaif(naive)という形容詞は、たしかに「純真な、率直な」という良い語義もあるにはあるが、たいていはむしろ貶し言葉として「愚直な、人を信じすぎる、おめでたい」の意に用いられる。逆に、フランス語では、「悪意のある、意地の悪い」が原義のmalin(maligne)という形容詞が、「利口な、巧みな」というように、褒め言葉に使われている。これは何を意味するかといえば、ようするに、フランスの文化においては、単純で素朴で募黙なのは良いことではなく、複難て抜け目なく能弁なのが良いこととされているのである。質実剛健を好み、軽薄才子を嫌う日本的感受性とはまったく相いれない価値観である。「男は黙って」というのは通用しない。エスプリに富んだ受け答えができてこそ、人前の男である。それどころか、才気がなければ出世さえおぼつかない。もし、然るべき状況で然るぺからざる言葉を吐いたリ、ヘマをしでかしたりしたら、「Le ridicule tue. 滑稽はその人を殺す」、つまり物笑いになつたらおしまいなのである。こうしたフランス的価値観が確立されたのは、ルイ14世が封建貴族の力をそぐために、彼らをヴェルサイユ宮殿に出仕きせた17世紀後半のことである。「三銃土」のように武術に長けたものが出世できた時代は去り、言葉のフェンシングに巧みな者だけが王と王妃に取り入るこがてきるようになった。なぜなら、ヴェルサイユにおける王候貴族の仕事は退屈せずに遊びつづけることだったから、必然的に会語の術が重視きれ、エスプリが幅をきかせるようになったのである。ハトリス・ルコントの映画「リディキュール」を見る場合、こうした背景を頭にいれておくと、一層楽しみが増すかもしれない。太陽王の治世から、一世紀を経た18世紀末のルイ16世とマリー・アントアネットの時代、宮廷の風潮は弛緩し、精神の気高さや誠実さとはいつさい無縁の表面的な才気だけかすぺてを支配し、貴族たうは、国王や王紀の注目を引くような気の利いた受け答えをす瑠ことだけに汲々としていた。そんな中、伝染病を発生させる沼沢地の干拓事業に情熱を燃やす一人の青年技師が、国王の内帑金の申請にやってくる。ところが、宮廷では、エスプリに富む会話のできない人間は、国王へのお目通りすら許されないので、見かねた宮廷付きの医師が、青年のエスプリ教育を引き受け、宮廷で出世する力法を伝授する。青年は、努力のかいあって、宮廷に出入りを許され、大貴族の貴婦人の愛人の座を射上めることができるが、他人を蹴落とすために、人を物笑いの種(リディキュール)にし、自分の才気を見せつけようと努める宮廷人たちに嫌気がさし、ついに、仮面舞踏会で怒りを爆発させる…。映画は、フランス的なエスプリの構造をわかりやすく絵解きするために、18世紀のヴェルサイユ宮殿を舞台に使っているが、じつは、こうしたエスプリの戦争がもっともも盛んだったのは、ブルジョワジーが貴族と覇権を争うようになった19世紀の社交界である。そこでは、金と力ではかなわない貴族たちが、言葉という武器を使ってブルジョワジ−に階級の差を見せつけて物笑いにしようと、いたるところにエスプリの罠を張っていた。バルザックの「ゴリオ爺さん」や「幻滅」、プルーストの「失われた時を求めて」には、こうした罠をかいくぐって出世を狙う若者の姿がさまざまに描かれている。この意味で、「リディキユール」はフランス文化の理解に格好の教材となるにちがいない。(鹿島茂評・フランス文学者)

 

世界的香水 ゲラン一族で受け継ぐ調香の技  香水「ミツコ」 読売夕刊 9−8−7(5)

世界的な香水ブランド「ゲラン」は1828年、初代ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランがパリで創業した。以来、香水づくりは「ネ(鼻)」の才能を持つ子孫だけに受け継がれ、「ミツコ」「夜間飛行」「シャリマー(サンスクリット語で愛の神殿)」など数々の名香を世に送り出した。来年、創業170年を迎える香りの老舗を紹介する。

ジッキー

現代の香水は、花や果実、樹脂などから採れる天然香料や合成香料をブレンドして作られる。香料の種類は天然だけでも約千種類。かんきつ系が中心となる最初の香り(トツプノート)に続いて、ジャスミンなどの花の香りが現れるというように、香りが層をなしているのも特徴だ。こうした複雑で重層的な現代の香水の第一号となったのが「ジツキー」(30ミリ・リットル入り三万三千円)。二代目エメ・ゲランが1889年に生み出したもので、香水で初めて合成香料を使い、香りに広がりと持続力を持たせることに成功した。「ジツキー」はエメ55歳の作だが、27歳の時に別れた恋人の英国女性の愛称が名の由来。生涯を独身で通したエメは、若いころの英国留学て知り合った彼女のボーイッシュなイメージを香水に込めたと言われ、その香りはどこか野性的でダイナミック。俳優ショーン・コネリーも使っているという。日本では、東京・帝国ホテル内の直営店で扱っている。

ミツコ

日本で販売している18種類の香水の中で常時1、2位の人気を誇るのが、1919年に誕生した「ミツコ」(30ミリ・リットル入り3万3千円)だ。「神秘的な番りもさることながら、名前の由来となった日本女性の物語が受けるのでは」とゲランのトレーナー池内宏美さん(37)は語る。「ミツコ」は、日露戦争を背景に日本海軍提督の妻と英国人士官の悲恋を描いた当時のベストセラー小説「ラ・バタイユ(戦闘)」のヒロイン。日本の習憤や儀式の神秘性に魅せられた3代目ジャック・ゲラン(エメのおい)が、このヒロインに想を得て香水を作ったという。ところで、小説の「ミツコ」には実在のモデルがおり、その名を青山光子といった。のちにクーデンホーフ光子(1874〜1941)として知られる彼女は東京の骨董店の娘に生まれ、店の前で偶然落馬したオーストリアの外交官クーデンホーフ伯爵と結婚。若くして夫に先立たれながら、異国で7人の子を育て上げた。EU(欧州連合)の基本思想とされる汎ヨーロッパ主義を主唱したクーデンホーフ・カレルギーは光子のニ男で、国の壁を越えて愛を実らせた母から大きな影響を受けたと言われる。甘い香りの中にスパイス類が微妙なアクセントをつける香水「ミツコ」。それは、悲恋小説に秘められた「光子」の確かな人生を暗示した香り、と言えるかもしれない。

シャンゼリゼ

ゲランの香水づくりは代々一族だけに受け継がれてきた。「ネ(鼻)」と呼ぱれる同社の調香師は現在、ジャックの孫のジャン・ボール・ゲラン。昨年発表した最新作の「シャンゼリゼ」(10ミリ・リットル入り1万3千5百円)は、創業から数えて325番目の香水になる。原点に戻るという意味を込めて創業の地の名称をとった香水は、「香料として安定化するのが難しい」と言われていたミモザ(アカシアの一種)をべ−スにしたのが特徴。若々しいフローラルな香りが二十‐三十歳代の女性を中心に受けているという。「女性の社会進出とともに、見えないオシャレとして香水を楽しむ人が増えています」と池内さん。「ほのかに漂う香りが、意外なほど印象に残ることってありますよね。個性を主張する自分なりの香りを見つけて下さい」と話している。(笹)

ボトル:ボトルも魅力の一つ。「シャンゼリゼ」は彫刻家ロベール・グラネの作品で、キャップは凱旋門、三角形の台座部分はルーブル美術館に登場したガラスのピラミッドをイメージしており、凱旋門からルーブルに至るシャンゼリゼ大通りを表現。全体のシルエットは成熟した女性の体を表している。

 

新名所になる勢い  パリ日本文化会館館長 磯村尚徳    読売夕刊 9−10−24(5)

〃逆片想い〃現象

 私は今回が三度目の長期滞在だが、五〇年代の一回目はもちろん、三回目の七〇年代後半から八〇年代初めにかけてと比較しても、世紀末のフランスでの対日関心は、今度こそ本物という実感がしている。バブル時代に日本がチヤホヤされた頃と比べて日本への期待が薄れた事を嘆く人もいる。しかし、何事も相対的だから、もっと長いスパンで見ると、特に文化面ではひと昔前と違ってフランスの日本に対する〃逆片想い〃現象すら起きていると言えよう。最近五年間の芥川賞の受賞者の名前を言える人は、文芸詰の記者でも稀だと言われるのに、フランスでは、受賞作の全てが翻訳され、一定の読者層に知られている事実はご存じだろうか。シラク大統領自身、〃今では高等教育で日本語を学ぶ人が一万人、日本でランス語を学習する人よリ多いのでは〃と私に自慢していたくらいである。五〇年代に二人しかいなかった東洋語学校の日本語科の生徒は、今は千六百人に上り、一体どこに就職する気かと心配になるほどだ。純文学や映画にとどまらず、Manga(漫画)はフランス語として定着し、テレビのスイッチをひねれは日本製アニメの氾濫、会館入り口の「プリクラ」の機械には若者の列ができるといった調子で、大衆にも日本は身近な存任となりつつある。つまり、前世紀末のジャポニスム以来一世紀を経て、日本文化への関心は、広くかつ深くフランスに浸透し始めたと思う。フランス大統領はソニーの盛田名誉会長と出井伸之社長に勲章「レジオン・ドヌール」を贈った。ソニーは73年から生産拠点をフランス国内に設立するなど、現地に根ざした事業展開の効によるものだという。このように一方通行から両面交通への機運が出てきて、日仏間に真の対話の機会が訪れた。その対話の輸を広げ、フォーラムを提供することが当文化会館の第一の目標である。そしてゆくゆくは、当会館が日本文化の発信にのみこだわらない。で、パリの文化景観の一部にとけこみ、グローバルな文化交流に役立ちたいとのアンビション(志とでも言おうか)を持っているのである。

共通する感性も

フランス人は、決してとっつきやすい人たちではない。自己主張が強く、時に偽悪的で、やや偽善的なアメリカ人のように調子は良くない。しかし、長く暮らしていると日本人の感性と共通する面も多いことに気づく。折柄、親日派のシラク大統鎖と知日派が多い社会党内閣は、三年続く文化交流を推進し、トヨタのフランス進出などを足がかりに、多方面にわたる日仏の提携を強めようとしている。今こそ日本もフランスという「狭き門」に入る絶好の機会を生かすべきだと強く主張したいのである。

 

刺激し合う日仏文学 盛んな翻訳、読み込み深く 

東京国際ブックフェアシンポジウムより            読売夕刊 10−2−9(6)

読者も交流で親近感

日仏の作家を隔てる距離は、かつてとは比べものにならないほど狭まりつつあり、今や双方が互いの作品をじっくりと読み、そこから自らの創作への勅激を受け取るという現象がごく自然に生じうる そんな事実をこれら二つの例は端的に示していた。近年日本小説の翻訳がフランスで活況を呈していることが、その要因に違いない。たとえぱ藤原智美氏のフランスでの版元である、老舖のストック社は、氏の作品を将来もすベて仏訳する計画であるという。日本の作家への興味はもはや一過性の現象などではないのだ。他方、日本におけるフランス文学紹介もまた、「純文学」の閉域を出て確実に幅を広げている。女手ひとつで出版社を起こし検閲と闘い抜いた伝説的出版人にして、フランスはおろか全ヨーロッパを熱狂させたベストセラー「青い自転車」(集英社刊)の作者、レジーヌ・デフォルジュ氏や、トリッキーな仕掛けに満ちた作風でミステリー界に衝撃を与えているブリジット・オベール氏も、それぞれ邦訳の好評を背に今回の企画に参加した。二人とも、自作への理解にあふれる熱心な意見を寄せられ満足に浸っていたときく。フランスの作家をありがたく押し頂くのではなく、身近な作家として読み、親しむ時代が確かに到来したのである。

 

 

−7− −8− −9− −10− −11− −12− −13−−14− −15−

 

−16− −17−

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用語の意味

●第一次産業とは 原料を採取、養殖する産業で、農林水産牧畜、鉱山石油ガス採掘等の産業

●第二次産業とは 原料から製品に製造する産業

●第三次産業とは 製品を販売したり、サービスを行う産業

●工業の種類には ブロセスエ業(化学のような進行型工業)とアセンブリ工業(組立型工業)がある

●EFGHIとは エレクトロニクス、ファッション、ガラス(光学)、健康、情報の産業のこと

●繊維産業の川上とは 繊維原料の産業のこと

●繊碓産業の川中とは 繊維製品の産業のことで、紡績や染色の産業のこと

●織維産業の川下とは 最終製品の産業のことで、アパレル産業が属する

●生産の目的とは 顧客にとって適種、適質、適期、適価の製品を生産すること

●生産のCSとは Customer Satisfactionの略で顧客満足のこと

●生産のESとは Employee Satisfactionの略で従業員満足のこと

●生産のもう一つのESとは Earth Satisfactionの略で地球環境満足のこと

●商品企画とは 市場調査し、商品デザインすること

●二一ズとウォンツとは 二一ズが「必要」であり、ウォンツが「欲求」である

●レディメードとは 既製品のことで、アパレルでは既製服(プレタポルテは高級既製服)

●見込み生産とは 生産する側で売れると思って見込みで作ること

●仮需生産とは 見込み生産のこと

●実需対応型生産とは オーダーメードまたは仮需でない生産のこと

●マーケットインとは お客様優先で生産すること

●プロダクトアウトとは 生産者の都合で生産すること

●POSとは 店頭販売管理システム(Point of Sales System)のこと

●びったり服とは 身体寸法にびったりの服がぴったり服で、ゆとりのないため破れたりする。

●ゆったり服とは ゆとりを考慮した服のことで、洋服ではジャポニスム革命により和服のゆとりがルーツとなっている。

●服の実用性とは 日常の使用を考慮した服の性質で軽済性も含む

●服の機能性とは 立体的被覆機能、運動機能、生理機能、官能的機能をいい、総合的に着心地や着感として表現される

●グレードとは 商品の等級のことで、プレステージ、ペター、ボリューム.デイスカウント等にグレード分けされる

●プレステージとは 威信、名声の意味で、最上級に使われる言葉である

●ベターとは 上等品の意味

●ボリュームとは 数量が多く売れる商品のこと

●ディスカウントとは 値引き商品のこと

●箱と平場とは 売り場で商品別にコーナーが設けられているのを箱といい、グレードの高い商品の売り場で、ボリュームやディスカウント商品は仕切のない普通の売り場で売るので、これを平場という

●必要条件の品質とは 顧客の二一ズを満たすもので、それが満たされないと返品される物的価値の品質

●充分条件の品質とは ウォンツを満たすもので、必要条件品質の上に顧客の感牲に訴える心的価値の品質

●過剰品質とは お客様にとっての要求以上の余分な品質

●サイズとは 衣料サイズのことで、衣料ではサイズはその衣料が着用できる人の体格で表すことになっている

●サイズ・ピッチとは サイズ規格のサイズ間の間隔のこと

●シルエットとは 影絵のことで、スタイルの輪郭を表す

●フィットとは 着用したとき体に対しての合い具合いのこと

●ゆとりとは 衣服を着用して静止しているときたるみ、ひきつれじわができず、動作時の変化に適応できる余袷のこと

●収縮率とは 生地の水濡れや湿気による収縮の度合のこと 

●生地特性とは 生地の持つ諸性質で、生地を構成する繊維自体の性能、縫製加工性、衣服となったときの消費特性などが含まれるが、縫製加工では生地の可縫性が重視され、風合いでは生地の力学的特性が測定される

●生地の機械的特性とは生地の引っ張り特性、引き裂き特性、曲げ持性、せん断特性、圧縮特性、衝撃特性、耐摩耗性などのこと

●風合いとは 視覚や触覚などによる官能的な織物生地の評価のこと

●風合い計測とは 生地の力学的性質を測定して行われるようになり、KESの方法が採用されている。

●KESとは 「川端式生地特性評価法」のことで、手ざわり評価を客観的に力学的性質により引っ張り特性、曲げ持性、せん断特性、表面特性、形態特性を測定して評価する方法

●FASTとは 「生地特性簡易試験法」のことで、毛織物に対する測定法

●ドレープとは 自然にできた布のたるみで、布を優美にひだになるように垂らし掛けること

●可縫性とは 生地の縫いやすい性質のこと

●テキスタイルデザインとは 繊維製品のデザインのことで、主に布のデザインのこと

●マーチャンダイジングとは 商品を作るための商品企画、品揃え、仕入れ計画などのこと 

●MDとは マーチャンダイザーのことで、マーチャンダイジングを行う人のこと

●アパレル流通業の構成とは 小売業、卸業、製造業により成り、特に製造卸業はアパレルメーカーと呼んでいる

●アバレル小売り業態とは 百貨店、量販店、専門店、通信販売、その他小規模店からなるが、これらの業態に対してアウトレット(プランド品の捌け口)、ディスカウンター、カテプリーキラー(専門店商品の値引き店)、パワーセンター(総合値引き店舗群)などの新興勢力が出現している。

●オーダーメードとは 注文生産のことで、衣服では仮縫いを行う

●イージーオーダーメードとは 注文生産で、仮縫いは行わない

●パターンオーダーメードとは 注文生産で、用意したパターンを選び、組み合わせて仕立てる仮縫いのない方法

●カスタムメードとは 客の注文に合わせた作り方

●アパレル縫製とは 裁断された生地をその裁断端からほつれたり、ほどけたりしないようにして接着したり、縫い合わせたりして、平らな生地から丸みのある人体に合うように立体的に組み立てることをいう

●着分裁ちとは 1着分の裁断のこと

●ナンバリングとは 裁断の後に行われる仕分け作業で行う合い番号打ちのこと

●縫製工程編成とは 縫製の工程を組み合わせ、手順に従って工程の配列を決めること

●縫製の作業分担とは 縫製の流れ作業において、各作業者の手待ち時間を最小とするように分担する

●テリとは 仕上げの作業により布地が目潰れし、光沢や色相変化を起こした状態のことで、テカリともいう

●アタリとは 仕上げにより表地に芯地や縫い代などの重なり部分の段差が見える状態のこと

●ボールポイント針とは 特にニット地の地糸切れの対策のためにミシン針の先端をボール状にした針

●地糸切れとは 縫製中ミシン針や送り歯によって布の構成糸が切断されることで、ニットの場合はラン(伝線)の原因となる

●電動裁断機とは モーターにより刃が運動して裁断する装置で、直刃型、丸刃型などがある。

●ドリルとは目打ちのための先の尖った縫製用器具で、裁断の時パーツ内部の印入れのこと

●ISOとは 工業製品の規格を国際的に決める国際標準化機構のこと

●ISO9000シリーズとは 品質管理と保証についての国際規格

●ISO1400シリーズとは 環境管理の国際規格

●JIS L 0120規格とは ISOに合わせたステッチのJIS規格(本縫いは301と規定)

●JIS L 0121 規格とはISOに合わせたシームのJIS規格(重ね合わせ縫いは10101とす)

●地縫いとは 2枚以上の布を中表に合わせて裏の方から一緒に縫い合わせること

●捨て縫いとは @縫い代を折らずにその裁ち目の際を縫って始末することA本縫いで縫う前に予め一部を縫って置くことで、捨てミシンともいう

●しつけ縫いとは 2枚以上の布を仮止めする縫い方

●フレンチシームとは 袋縫いともいい、2枚以上の布を地縫いして、表側にひっくり返して袋状にする縫い方

●裁ち合わせとは 裁断された布地を縫製前にパターンに合わせて確認すること

●たすきじわとは ネックポイントより前わきへかけての斜線状にでるたすきを掛けたようなしわのこと

●だきじわとは 身頃、そでぐり、わき下付近におこる斜めしわのこと

●縫い目不良とは 糸調子不良で、ゆるいステッチ、雑なステッチ、目詰まり、固いステッチ、曲がったステッチ、目飛び、パッカリングなどと、縫い線のよじれ、しだ、うねりなどの欠陥が上げられる

●逃げるとは @袖が正常の1より後ろ向きについた状態、A前身頃の打ち合いが正常な位置より開きすぎている状態

●タックとは 装飾や布幅、丈などを出すための縫いひだやつまみのこと

●製品品位不良とは 製品に備わっている上品さが損なわれていること

●外注生産とは 縫製の加工を外部の縫製工場に委託して生産すること

●製販連携とは 販売と製造が連携して中間をカットすること

●原価とは 生産によって発生する直接労務責、材料費、その他の間接費といった費用の合計こと

●材料費とは 材料の購入費のこと

●労務費とは 生産を行うのに雇い入れた人の賃金や給与の費用のこと

●経費とは 原価から材料費、労務費を差し引いた費用のこと 

●上代とは 小売価格のこと、ちなみに縫製加工賃を下代という

●マークダウンとは 値引きのこと

●コスト・プラスとは 原価(コスト)に利益を乗せて小売価格を決めること

●プライス・マイナスとは 小売り価格(プライス)から利益をとって原価を決めること

●オープン・プライスとは 小売店が小売価格を決めること

●メーカー希望価格とは メーカー(生産者)が決めた小売価格のこと

●クレームとは 損害賠償の請求のことで、アパレルでは商品の苦情のこと

●短サイクルとは 生産期間を短縮すること

●リードタイムとは 生産期間のこと

●ジャスト・イン・タイムとは お客様の欲しいときに丁度間に合わせること

●持たない、持たせないとは 作りすぎないで、在庫を生産会社で持たない、店に在庫を持たせないという意味

●HAとは ホームオートメーションのこと

●FAとは ファクトリー(Factory:工場のこと)オートメーションのこと

●PAとは プロセス・オートメーションのことで、化学プラントや石油精製所、製鉄・製鋼所などのオートメーションをいう

●CADとは コンピュータを使ったデザインのこと

●CAMとは コンピュータを使った製造のこと

●QRSとは クィック・レスボンス・システムの略で、お客の要求に迅速に対応することをQRといい、日本では実需対応型生産供給と表現し、アメリカ自勤車業界ではアジヤイル(Agile)システムと呼んでいる

●CIMとは コンピュータ統括生産システムのことで、CADとCAMにCAP(コンピュータを使った生産計画システム)またはCAE(コンピュータを使ったエンジニアリング・システム)を加えたシステムのこと

●縫製仕様書とは 縫製を行うのに必要な事項を定めた書類のこと

●工業パターンとは 縫製工場の作業しやすいように考慮されたパターンのこと

●工程分析とは 作業を分析して工程内容と順序を明らかにすること

●縫製準備工程とは 原反の受け入れから裁断して仕分けまでの工程をいう

●地の目とは 織り布のタテ糸またはヨコ糸の線のこと

●地直しとは 織り布地を延反、裁断する前に布地の歪みや収縮を取り除くための前処理のこと

●放反とは ニット地の歪みや収縮を緩和するために延反後直ぐ裁断せず、一定時間放置すること

●検反とは 納品された反物を検査すること

●延反とは 裁断のため布を平らに伸ばすこと

●荒裁ちとは 裁断の時大まかに切り取ることで、この後小裁ちにより精密に裁断する

●スタンピングゲージとは 縫製工程で検査のための型紙のこと

●パーツ縫製とは 衣料パーツ(部品)を縫製すること

●ステッチとは 一般に縫目のことで、糸または糸のループがルーピング(糸輪で抜け止めすること)されたり、レーシング(糸を交叉して抜け止めすること)されたりして構成され、イントラ(自糸)ルーピング[単糸環縫い]インター(他糸)ルーピング[二重環縫いやオーバーロックなど]、インターレーシング(本縫い)し、または糸の中に入り、もしくは布を通り抜けてできる形態の一単位

●パッカリングとは 縫い目の近辺に発生する縫いじわがやや規則的に続いたもの

●生産の5Mとは 生生産5要素を示し、人(Man)、機械(Machine)、材料(Materials)、方法(Method)、資金.(Money)のこと

●流れ作業とは 分業による作業で、加工品が流れるように製造きれる作業のこと

●工業化のハート、ハード、ソフトとは ハートが生産の理念で、ハードは機繊設備のことで、ソフトは分業をベースとする生産の管理工学のこと

●フィードバックとは 結果によって原困を改めるよう、結果を元に戻す動作のこと

●QCとは 品質管理(Quality Control)のことで、買い手の要求にあった品質の物、またはサービスを、経済的に作り出すための手段の体系と定義されている

●管理とは 仕事の目標を円滑に達成するように統制し、状況が変化しても、適応して行く活動のことで、、PDCAのサイクルを回して進めて行くものである

●KKDとは 仕事の判断に当たって、経験、カン、度胸で行うことで、古いやり方で、職人式の判断とされる

●KKKとは 仕事を進めるのに、科学的に、管理して、改善して行くことで、新しいやり方である

●PDCAとは Plan、Do、Check、Actionの略で、計画し、実施し、その出来具合をチェックし、計画通り行かなければ対策することを繰り返すことをいう

●管理サイクルとは PDCAの4つのステップを回すことから管理サイクルといわれる

●失敗コストとは 不良品の発生による損失の費用のこと

●検査コストとは 不良品を検査して取り除き、品質を保証するため、検査することで生じる費用のこと

●予防コストとは 不良品を発生させないように管理して品質を保証するため、品質管理して発生する費用

●ダラリとは ムダ、ムラ、ムリを意味する管理用語

●ナツトオとは 縫製工場がうまくナ・流す、ツ・作る、ト・(注文を)取る、オ・(新製品を)起こすことの造語

●リストラとは 事業の再構築のことで、売上げ減少の中で見直しの対象に諸経費の削減、特に人件費の削減などが上げられ、年功序列、終身雇用が維持できなくなり、中高年社員の早期退職などが行われること

●リエンジニアリングとは 事業の抜本的再構築のことで、顧客のための業務プロセスとする抜本的やり直しで、コンピュータの情報ハイテクにより細分化された分業をその業務め全般を処理する統業に革新するもの

●客業(Ordustry)生産とは 脱工業生産のことで、お客様の満足度を高める理念をもって量産でなく個産(実需で、売れ残りのない生産)が行われるものをいう

 

 

 

 

 

 

● Yves Saint Laurent:Combining art with technology.

 

 In this special report,KEN CLARK discusses how fashion garments are produced in a manufacturing situation in the spirit of Yves Saint Laurent−the most widely sold French fashion label, having the ambitious goal of creating a line of clothing that is more accessible,but still of superb quality.

 

Yves Saint Laurent(イブ・サン・ローラン):芸術を技術と結び付けること

.

 この特別リポートで Ken Clarkは、もっとも広く売られたフランス・ファッションブランドである Yves Saint Laurent (イブ・サン・ローラン)の精神の下で、衣類のラインを創造するという、達成も一層可能である野心的目標を持っており、しかも、なお、最高の品質を維持している、そのような製造状況において、ファッション衣服が、どのように生産されるかを論じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用語のルーツ

科学とは 科目に分ける学問で、ものごとを分解して研究する。分の字は人の下に刀と書く。人が刀で分解する意味のもの。分解したものを調べて、人は「分かる」、「解る」ことになる。このため、分析、解析が行われる。理解や解明、分別などをもたらすと考えられてきた。 

 

 

 

 

人 フタツニ   分 分かる分別…理性で物事の善悪・道理を区別してわきまえること。

刀 カタナデワケル 解 解る理解…物事の道理をさとり知ること。意味をのみこむこと。                          物事がわかること。了解。

つまり、分けられないことは、分からないことである。

事実、データ、情報、知識、知恵の階層構造

 

知恵 物事を処理する心の働き →知識を活用して現実に生かすこと

 

知 識 明確な理解・判断、その内容 →情報を抽象化して一般の解決の仕方としたもの

 

情   報  或る問題についてのしらせ →個々の問題の対策の仕方

 

デ  ー  タ もとになる材料、研究・判断などの基礎とする材料 →事実の中の問題の記録

 

事        実 事の真実、真実の事柄、本当にあった事柄 →自然のままの事柄

 

 

ふう【風】 かぜ。かぜが吹くこと。「風雨」「台風」 

      慣習。ならわし。「昔の風を守る」「風習」「風俗」「家風」 

      おもむき。あじわい。様子。「君子の風がある」「風雅」「風流」「風情(フゼイ)」「風味」「風合い」      自然のけしき。「風光」「風景」 

      なりふり。すがた。日葡「フウノヨイヒト」。「風貌」「風采」「風格」 

      なびかせること。教え。「風教」「風靡(フウビ)」

      …のように、それと伝わること。「風評」「風説」「風聞」

ふう‐あい【風合】‥アヒ 織物の手ざわりや見た感じ。「麻のような風合いの布地」

ふ‐ぜい【風情】おもむき。あじわい。情趣。方丈記「岡の屋に行きかふ船を眺めて、満沙弥が風情をぬすみ」

     表情。容姿。様子。日葡「イカリノフゼイヲアラワス」 

     …のような具合。天草本伊曾保「鳩どもが群がり居る所に鳶が来て掴み殺さうとの風情ぢやによつて」     能楽で、(おもむきのある)所作。風姿花伝「為手(シテ)の言葉にも風情にもかからざらん所には、肝要     の言葉をば 載すべからず」 (接尾語的に用いる)

     …のようなもの、似通ったものの意を表す。徒然草「箱風情の物にしたため入れて」

     他を卑しめ、または自らへりくだる意を表す。「町人風情」「わたしら風情」

ふう‐み【風味】 あじ。上品なあじわい。

 

し‐ごと【仕事】 する事。しなくてはならない事。特に、職業・業務を指す。〈日葡〉。「仕事に出掛ける」「針     仕事」 「仕」の字は「仕舞う」「仕立てる」などと使い、「する」という意味を持つ

     事をかまえてすること。また、悪事。 

    〔理〕力が働いて物体が移動した時に、物体の移動した向きの力と移動した距離との積を、力が物体に     なした仕事という。単位はジュール(J)。 

し‐たて【仕立て】 したてること。こしらえること。 ととのえること。用意すること。「特別仕立ての列車」     裁(タ)ち縫うこと。裁縫。「仕立て屋」「仕立てのよい服」  裁ってするので仕立てとなる

     教えこむこと。しこみ。 

     身なり。扮装。風姿花伝「仕立て見苦しければ更に見所なし」

し‐うち【仕打ち】 しわざ。ふるまい。他人に対する取扱い。江戸生艶気樺焼(エドウマレウワキノカバヤキ)「このやう     なうわきな浮名のたつ仕打ちもあらば」。「むごい仕打ちを受ける」 (「仕内」とも書く)

    俳優の舞台における表情・動作。しぐさ。こなし。また、広く演技。 

     関西で、興行主をいう。

 

 

 

       BRAND NAME DESIGNERS INFORMATION

              ブランドとデザイナーの系統

               パリ

●シャルル・ウォルト…息子の代になって閉店

●ポール・ポワレ… 晩年に没落して亡くなった。

●マドレーヌ・ヴィオネ…晩年衣装店閉店

●ガブリエル・ココ・シャネル(CHANEL)…1913年に開かれたメゾンはRUE DE CAMBON通りに今も世界中のファンを引き付けている。83年よりカール・ラガーフェルト(ドイツ)がデザインを引き継ぐ

●クリスチャン・ディオール…83年よりジャン・フランコ・フェレ(イタリア)、97年よりジョン・ガリアーノ(イギリス)

●ユベール・ド・ジバンシィ…43年間活躍し95年引退後、デザイナーはジョン・ガリアーノ(イギリス)を経て、96年よりアレキサンダー・マックイーン(イギリス)が担当

●ジャンヌ・ランバン…オシマール・ベルソラート(ブラジル)がデザイナー

●グレ…フレデリック・モレナック(フランス)がデザイナー

●クリストバル・バレンシアガ…ジョセフュス・メルキオール・ティミスター(ベルギー)がデザイナー

●ルイ・ヴィトン…100年前、ルイ・ヴィトンにより創業し、同社のモノグラムは日本の家紋が元になっている。現社長はイヴ・カルセル

              ミラノ・フィレンツエ

●グッチ(GUCCI)…創業者はグッチオ・グッチ、93年まで孫のマウリツィオ・グッチが社長としてグッチ社の株の半分を所有していたが、当時、1億7千万jでアラブの投資会社に株を売り渡し、経営から手を引いた。それまでの間、グッチ家では遺産を巡って骨肉の争いが繰り広げられた。95年3月27日朝、元社長は射殺された。犯人として前妻のパトリツィア・マルティネリが逮捕された。現在のデザイナーはトム・フォード(アメリカ)で、94年からクリエーティブ・ディレクターに就任。

●トム・フォード…1961年、アメリカ・テキサス州生まれ、演劇やコマーシャル界等を経てパーソンズ・スクール・オブ・デザインで建築学を専攻。ペリーエリス等で経験を積み、90年グッチに入社。

●ジョルジィオ・アルマーニ…1934年イタリア・ピアチェンツ生まれ。一時は医者を志したが、その後イタリアの百貨店のバイヤーや、企業の紳士服のデザイナーを経て、1975年独立。96年、パリにエンポリオ店をオープン。

●ジャンニ・ベルサーチ…1946年、イタリア・レッジョカラブリア生まれ。母もアトリエを営んでいた影響でファションに興味を持つ。旅行、音楽、読書が趣味。97年7月射殺された。フィレンツェ大学で言語学を学んだ妹ドナテッラが跡を継いでデザイナーに。

●ジャン・フランコフェレ…1944年、イタリア・レニャーノ生まれ。ミラノ工科大学で、建築学専攻後インテリアデザインを経験。その後アクセサリーデザインを手がけモード界へ。

●ミウッチャ・プラダ…イタリア・ミラノ生まれ。彼女は創業者マリオの孫娘にあたる。プラダはマリオ・プラダが1913年、イタリア・ミらのにバッグなどを手がける皮革店として創業した。ミラノ大学の政治学は感性まで修めた孫娘のミウッチャ・プラダが70年代末にデザインと経営を継承。

●フェンディ…エドアルド・アデーレのフェンディ夫妻が1925年、ローマで高級毛皮・革製品店として創業。

風采の5人の娘が経営を切り盛りし、、1995年に4女のカルラが3代目の社長となった。デザインを担当しているのは、カール・ラガーフェルドで、32年間という長い契約をしている。

●ジョバンナ・フェラガモ…創始者サルバトーレ・フェラガモ(1898−1960)はイタリアの貧しい農家に生まれ、妹たちの洗礼用に靴を作った9才の時からこの仕事を始めた。長男フェルッチオを始め計6人の子供がいて、ジョバンナは次女であり、婦人服のデザインを担当しており、長女は靴を担当している。

●アンナ・モリナーリ(BLUEMARINE)…日本国内でのブランド販売予定は96年秋冬物より。但しブランド名は『アンナ・モリナーリ』輸入 販売元はブルーベルジャパン。

●ドメニコ・ドルティエ&ステファン・ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)…1958年、シチリア島生まれ&1962年、ベニス生まれ。二人の名前をとってブランドネームとしている。これが85年出発のブランドの由来。二人は、サンローランを尊敬し、オートクチュールをいつか作りたいと語っている。

●カール・ラガーフェルド…1938年、ドイツ・ハンブルグ生まれ。ウィーンの大学で教授を務めた。数カ国に住まいを持ち、世界を股に掛けた超人的な活躍ぶり。かのココ・シャネルのイメージを引き継ぎ、83年よりシャネルのデザインを手がける。「シャネル」の他に、「フェンディ」、「K・L」のデザイナーであり、その多能さは有名である。

●ジョン・ガリアーノ…1960年、ジブラルタル生まれ。現代モード界の台風の目。セントラル・セント・マーチン美校出身。96年パリの音楽学校の少女に魅せられダンス学校を、披露するなど、話題が多い。ジバンシィのデザイナーを経て、クリスチャン・ディオールのデザイナーに就任。

●アレクサンダー・マックイーン…1968年、ロンドンの下町に生まれる。イギリスの名門セントラル・セント・マーチン美校出身。ロンドンのサヴィル・ローの紳士服店で修行、パリのジバンシィのデザイナーに就任。

●ロメオ・ジリ…1949年、イタリア・エミリア・ロマーニャ生まれ。大学で建築学専攻後、インドやアジアを放浪。その後78年にニューヨークでデザイン活動開始。保守的なミラノに別れを告げ、パリコレクションに進出。

●ティエリー・ミュグレー…1945年、フランス・ストラスブール生まれ。幼少の頃からファッションに興味を示し、かつてはバレー団の一員で、華麗に転身。96年秋冬からは、『ミュグレー・トレードマーク』を展開。

オートバイ用ジーンズ 強度・耐久性アップ 東レなど4社 共同開発  読売10−12−10(11)

東レ、東レ・デユポンなど四社は九日、防弾チョッキなどに使われている高機能繊維「ケブラー」を使って耐久性や転倒時の安全性を高めたオートバイ用のジーンズ「ボー・アンド・アローKシリーズ」を共同開発したと発表した。通常のジーンズに比べて・引き裂きに対して二倍、摩耗に対して三倍の強さを持つという。一本一万九千八百円で、ボーアンドアロー(仙台市)が十六日から当面はインターネットを通じて販売する。アドレスはhttp://www.futo.com

 

世紀末の不透明 何とかしてグレー 読売夕刊10−9−19(3)

「灰色」の意味を「広辞苑」でひくと、「@灰のような薄黒い色。鼠色」「A陰気なこと。また、無味乾燥なこと」とある。暗く、さえないことを象徴する灰色が今、街で大流行の兆しを見せている。百貨店のショーウインドーに陳列されたマネキンの服もファッション雑誌のグラビアもグレー一色。サラリーマンのダークスーツ姿を「ドブネズミ・ルックしなどと揶揄してやまなかった20歳前後の若い女性までもが、気が付くと、渋くて地味なグレーに染まり始めている。それにしても今ごろ一体、なぜ?日本流行色協会は「白、黒、紺、茶、ねず(灰色)といったファッションの基本色の中で、唯一今まで流行したことがないから」と話す。アパレル業界のデザイン競争の末、ありとあらゆる色とデザインが出尽くし、最後に残ったのが灰色という訳だ。もっとも色が地味な分、限りなく黒に近いチャコールグレーや、生地の表面が鈍く光るシルバーグレー、さらに緑がかったグレー、茶色がかったグレーなどバリエーションは広い。おしゃれの上級者は白のシャツの上に黒の透けるシャツを重ね着し、遠目からグレーに見えるように演出したりもする。一方、グレーの服に身を包んだ女性たちの意見は「だれにでも似合い、汚れも目立たない無難な色だから」。「広辞苑」の「灰色」の項目には、もう一つの意味がある。「B主義・主張などのはっきりしないこと。また、犯罪容疑が完全には晴れていないこと」。先行きが不透明な世紀末、グレーは新しい時代を迎えるまで模様眺めを決め込む消費者の”保護色”なのかもしれない。