ミシン発達史

★★★ このページに対するご意見、ご感想をお寄せ下さい。ここをクリックすると送信フォームのページが開きます。★★★

 
1755 宝暦5年 ドイツ人Charles Weisenthal は両端の尖った中央に穴のある刺繍用針を発明し、イギリス特許を得る。

1760年代 イギリス産業革命起こる

産業革命:産業の技術的基礎が一変し、小さな手工業的な作業場に代って、機械設備による大工場が成立し、これとともに社会構造が根本的に変化すること。産業革命を経て初めて近代資本主義経済が確立。一七六○年代のイギリスに始まり、一八三○年代以降、欧州諸国に波及。

ヨークシャー:イギリス、イングランド北東部の州。羊毛のほか鉄鋼・化学などの工業が発達。産業革命ではランカシャー(綿織物産地)と共に有名。一九七四年、北・南・西ヨークシャーの三州に分離。中心都市リーズ・シェフィールド。

リーズ大学:1876年に前身のヨークシャーカレッジとして設立さる。1904年リーズ大学となる。繊維部門の研究機関を持つイギリス唯一の大学。

1790 寛政2年イギリス人 トーマス・セント単糸環縫い(101)ミシン発明。

1801 フランス特許2769号 イギリス人 ジョン・ダンカン(刺繍縫い)。

1804 イギリスの発明者 トーマス・ストーン、ジェームス・ヘンダーソン。

1805 文化2年 フランス人 ジャカードはジャカード式刺繍機発明。

1807-1839 ドイツ人 ヨセフ・マンデルベルガー ミシン開発。

1830 天保元年 フランス人 バルセレミ・チェモニエは軍服用の単糸環縫い(101)ミシンを80台組み上げた。足踏み式1分間200針。仕立て職人の抵抗で破壊されてしまった。

1832 天保3年 (米)ニューヨーク在住のウォルター・ハントは先端に穴をあけたミシン針とシャットルによる本縫い(301)ミシンを開発したが、特許を申請しなかった。

1841 イギリス特許8948号 ニュートンおよびアーチボルト。

1843 ニューヨーク在住 B・W・ビーン。

1844 イギリス特許10134号 カウフマン。 

イギリス特許10424号ジョン・フィッシャおよびジェームズ・ギブソン。

1846 弘化3年 エリアス・ハウはハントの本縫い(301)ミシンに近いミシンで同年9月10日特許を得る。溝付きの先端穴のミシン曲がり針を使用、シャットルに糸調子器を付けた。

1846 イギリス特許11025号 A・E・ウォーカー。

1846 12月1日イギリス特許11464号 トーマス・ストーン

1847 (米)アレン・ウィルソンは独自に本縫い(301)ミシンを開発したが、共同発明者に特許を取られ中断。

1848 イギリス特許12060号 A・マグニン。

イギリス特許12221号 トーマス・ストーン。

1849 嘉永2年 ジョン・バチェルダーは単糸環縫い(101)ミシンに連続送りの行えるベルト式直線送り装置を考案し、特許を取る。

イギリス特許12736号 トーマス・ストーン。

イギリス特許12752号 H・モレー。

(米)仕立屋であったウィリアム・グローバーはボビン交換をなくすように考え、二重環縫い(401)の    ための先端穴付きミシン針を開発し、つぎに曲がった往復式ルーパーを開発した。もう一人の仕立屋のウィリアム・ベーカーと組んでグローバー・アンド・ベーカー社を設立することにした。

1851 嘉永4年 (米)アレン・ウィルソンはホィラーと組んで、ホィラー・アンド・ウィルソン社を設立することにした。ウィルソンの発明した回転式カマに特許降りる。

(米)シンガーはミシン発売開始。


(米)シンガーミシン改良の技術者名

アメリカ人

1853 セイモア 1854 O・アベリィ博士、モレーおよびジョンソン。 

1855 デッキンソン  1857 M・フィンクル、ワトソン。

1860 ウィード、ショウおよびクラーク、パッカー。

イギリス人

1849 モレー  1850 レロー(回転スライドシャットルの改良)。

1852 ヒュージス、ニュートン、ジェキンス。

1866 ウォンザー、ティラー。

ドイツ人

CL・ミューラー、レェーエ、カップメーヤー(回転カマで)。


1852 嘉永6年 (米)ホィラー・アンド・ウィルソン社設立。 

 

(米)グローバー・アンド・ベーカー社設立。

(米)シンガーはエリアス・ハウの特許侵害となる。

1854 安政元年 (米)現在のミシンの送りの方式である四動作送りがホィラー・アンド・ウィルソン社より開発された。

(米)ジェームズ・ギブスは単糸環縫い(101)ミシンの回転式ルーパーを開発した。

(米)チャールス・ミラーは最初のオーバーエッジ縫い(一本糸オーバロック501)を開発。

   (米)アンバーは振揺式針棒のジグザグ(306)ミシンを開発。

(米)ジョージ・A・ライトンは二本針二重環縫い(401)ミシンのルーパー運動の特許を得る。以後、ルーパーの三角ループ形成の標準となった。

   (米)ミシン各社による特許グループ発足。

1855 安政2年 (米)ロバートソンは上送りを開発。

1856 安政3年 (米)シンガーは2個のローラー送りによる差動送りを開発。

1857 安政4年 (米)ギブスのミシンの製作を行っていたジェームス・ウィルコックスは共同してウィルコックス・アンド・ギブス社を設立。

   (米)マーシはメス付きミシンを開発。

1858 安政5年 安政の大獄

1859 (米)カーバートは針送りミシン開発。

   (米)同年末までのミシンの生産台数104,000台。

1860 万延元年 桜田門の変 

   (米)アーノルドは差動送りミシン開発。

   (米)ジャコブ・スティナーは二本糸オーバロック(502)ミシン発明。

(米)I・M・ローズも二本糸オーバロック(503)ミシン発明。

   (米)同年のミシン生産台数55,000台。

ドイツ アドラー社創立。

同年6月24日 中浜万次郎はホィラー・アンド・ウィルソンのミシン持ち帰る。

1861 (米)南北戦争起きる 

   (米)ホワイトミシン発足。

ミシンに対する最初の出版―ヘルツブルグ博士著

   徳川幕府は兵卒用洋服の制度始める。

1862 文久2年 坂下門の変、生麦事件

(米)ライスは伏せ縫い考案。

ドイツ パフ社創立。

1863 (米)ジェオ・レフュースはボタン穴かがりなどに使う二本糸オーバエッジ縫い(502)ミシンの特許を得る。

1864 元治元年


シンガーねじの制定について
シンガーねじは、角度60度のねじ山を持つ「径とピッチの組み合わせの独自シリーズ」を採用している。このねじ山を持つねじは、アメリカでセラースのねじといわれるもので、「径(インチ表示)とピッチの組み合わせ(インチ当たりの山数表示)のシリーズ」で、1861年にウィリアム・セラースの提唱したものである。このセラースはフィラデルフィアで工具製作所を起こして大企業に発展させた機械技術者で、同市のフランクリン協会の会長も務めた人物である。セラースは同協会の会長を務めていた1864年に「ねじの山とナットのシステムについて」という題で講演し、そこでねじの新規格を提案した。これが後にセラース規格としてアメリカねじ規格となり、さらに国際規格のユニファイねじなどに発展していく原型になった。セラースねじは国際的にも採用されたのだが、それが全米に速やかに普及したかというと、そうはいかなかった。1888年の報告では、製造業者への普及率は20-25%にすぎなかったという。シンガーのねじもセラースねじそのままの採用ではなく、セラースねじ系の特殊シリーズのねじである。このため、ねじ製作に市販切削工具のタップやバイスが使えず、すべてシンガー社内製となっていた。これは規格ねじでは、ミシン運転でねじがゆるむとか、肉厚が薄すぎて細かいピッチが必要とかの理由の他、容易にまねされないようにとの理由もあったようである。後にアメリカ規格になった時も、シンガーねじはNSねじ(ナショナル・スペシャル・シリーズねじ)に分類された。現在も日本ではミシンねじ規格としてJIS規格となっている(ミシンねじJIS規格の立案は筆者が担当したことを思い出す)。ドイツでもミシンねじはメートルねじになったが、一部には"ジンゲル・ゲビンデ"として特別に規格化されている。
1865 慶応元年 (米)南北戦争終わる

(米)1865年6月より1866年6月までのミシン生産台数

シンガー 40,053台  ホィラー・ウィルソン 38,055台

グローバー・ベーカー 32,999台

(米)ジャコブ・フライはオーバロックミシンの針板の糸案内で特許を得る。

1866 (米)ジョフ・タッカーは二重環縫い(401)二本針ミシン開発。

   ドイツ デュルコップ社創立。

1867 慶応3年 大政奉還

1868 明治元年 江戸開城  ドイツ環縫いミシン渡米。

1869 明治2年 和歌山に西洋靴製造所開設。

1870 明治3年ミシン生産台数 19社で464,254台。桜組はドイツ靴用ミシン使用開始。

1871 明治4年 ミシン生産台数 606,994台。左口氏靴ミシン修理(日本最初)

1872 明治5年 ミシン生産台数 706,236台。

1873 明治6年 ミシン生産台数 577,506台。

          (米)シンガーカンパニー発足。


シンガー社のミシン製造法(<標準>の哲学─橋本毅彦著 講談社刊 P.83より)

1850年代に成長したシンガー社は当時の工廠方式と呼ばれたアメリカ式製造方式を取り入れなかった。シンガー社の製造方式は当時行われていた製造法で、長い作業机の前にずらっと立ち並んで職人たちが作業に没頭するというもの(ラインシャフト方式の作業配置)であった。これらの職人の多くは部品のヤスリ掛けをし、部品の形状を整える作業を行っていた。また、同社にはジグやゲージなども備わっておらず、部品に互換性がないため製造番号が刻印されていて、部品の組み立てに当たっては、各部品の番号を合わせる必要があった。それにもかかわらず、シンガー社は米国ミシン市場を席巻していくばかりか、ヨーロッパの市場にも進出していった。その宣伝には、職人の手作業で丁寧なヤスリ掛けをして仕上げられていると強調した。その職人技は「高価な装飾を施すことではなく、シンガー製品の可動部分すべてがコストを度外視して最高の仕上げになっている」と、宣伝したのである。これはアメリカ式製造方式ではなく、伝統的ヨーロッパの製造方式であった。このようなシンガー社が部品の互換性を重視する工廠方式に関心を持つようになるのは、1870年頃からとされる。多くの部品が返品され、修理する必要が生じたためと、販路拡大で生産量が増大したことが、新しい生産技術に目を向ける動機になった。シンガー社はその後もしばらくは、ヨーロッパ流の職人仕上げに依存する方式と、アメリカ式の工作機械やゲージ、ジグなどを多用する方法とを折衷しながら製造を続けたという。これに対して、シンガー社と対照的に工廠方式を積極的に導入しようとしたのが、ウィルコックス&ギブス社で、同社に製造用の工作機械を提供したのはブラウン&シャープ社であった。1830年創業のブラウン&シャープ社は、50年頃までは時計や製図器具を製造する会社であったが、ミシン産業の興隆とともにウィルコックス&ギブス社からミシンの部品を加工するための工作機械の製造を頼まれた。同社はミシン部品を精密に製作するための各種工作機械の設計製作に取り組むことになった。そのために政府工廠の互換性技術を修得した職人を雇い入れて、工廠方式を積極的に導入しようとした。工廠の互換性技術をブラウン&シャープ社にもたらした重要な職人は、フレデリック・ホウであり、彼は当時「アメリカで金属切削旋盤の発展に最も貢献した人物」といわれ、「ターレット旋盤」を改良し、水平型のターレット旋盤だけでなく垂直型のものも作り上げた。ブラウン&シャープ社ではドリルの改良を行い、新型の工作機械のフライス盤を開発するのに協力し、ブラウン&シャープ社に入ってから、これに改良を加えて「万能フライス盤」を作り出した。このようにして、ブラウン&シャープ社は、優れた工作機械を製造し、ウィルコックス&ギブス社は同社製の工作機械を利用した互換性を持つミシンを製造し、販売台数を伸ばしていった。これを追って、シンガー社が互換性技術による製造方式を取り入れることになったのである。この工廠方式は多数の専用工作機械を活用し、互換性部品を製造してゆく方式である。この方式は、銃製造業者、ミシン製造業者、自転車製造業者に移植されていった。さらに工廠技術は耕耘機、時計、科学機器、タイプライター、蒸気機関車、そして自動車といった各種機械の製造に応用されていったが、その際に決定的に重要な働きをしたのが、各種工作機械であり、それを製造する技術者たちであった。経済学者の観点から技術発展のあり方を分析するナザン・ローゼンバークは、この「アメリカ式製造方式」の発展においてこのように工作機械を製造する企業が中心的役割を果たしたことに注目して、これを「技術収斂」と呼んだ。

上記に関する参考文献は、
1)デヴィッド・A・ハウンシェル著(和田一夫訳「アメリカン・システムから大量生産へ 1800-1932」(名古屋大学出版会、1998年刊 第2章、当時の作業場の図はpp.111-112)
2)L・T・C・ロルト著(磯田浩訳)「工作機械の歴史─職人の技からオートメーションへ」(平凡社1989年刊 pp.206)3)Nathan Rosenberg. "Technological Change in the Machine Tool Industry,1840-1910" in idem, Perspectives on Technology (Cambridge: Cambridge University Press, 1976). pp.9-31


1874 明治7年 ミシン生産台数 528,918台。

1876 明治9年 (独)H・リカルト著「ミシン、歴史と構造、現状」出版。

桜組はイギリス製ミシン4台輸入。

1877 明治10年 西南の役 兵員の服装にミシンの必要性生ず。

(米)メローはオーバロッミシンの押さえ金の糸案内の特許を得る。

1881 明治14年 (米)ユニオン・スペシャル社がウィリアム・スタンレー・ノースとローレンス・ミューザーにより創立された。 

イタリア リモルディ社創立。

1882 明治15年 福助社創業。

1883 明治16年 ドイツ八方ミシン輸入。

1885 明治18年 (米)ユニオン社のローレンス・ムザーは二重環縫い(402)について特許を得た。

島川氏ミシン業を始める。

1886 明治19年 被服廠発足。ドイツ製ミシンを主として使用。

1888 明治21年 (米)二重環縫い(402)ミシンの研究開始。二重環縫い(402)ミシンはユニオン社のムザーとウッドワードが開発した。

1889 明治22年 (米)ラインシャフト式モーター駆動始まる。

(米)オーバロックミシンのメス装置をH・H・フェフェルが発明。

1890 明治23年 関根忠吉氏はシンガー靴ミシンを持ち帰る。

1891 明治24年 (米)ジョージ・マンシングはユニオン社の協力により扁平縫い(603)を開発を行い、特許を得る。ユニオン社のH・H・フェフェルは扁平縫い(601)で特許を得た。

   (米)縫製工場出現。

1892 明治25年 (米)ユニオン社扁平縫い(601)ミシン開発。

1893 明治26年 (米)ジョージ・マンシングはユニオン社の協力により扁平縫い(604)を開発。

1894 明治27年 日清戦争 ドイツ革用ミシン入る。

1895 明治28年 (米)ユニオン社のR・ストッカーは二重環縫い三本針ミシン(407)の特許を得る。同社は扁平縫い(602)ミシンを開発。

1896 明治29年 (米)ユニオン社扁平縫い(605)ミシン開発。

1897 明治30年 (米)メロー社はオーバロックの特許を得る。

近代日本”あこがれの家財”  シンガー社製(アメリカ)  明治30年代ころ

江戸東京博物館には、明治、大正、昭和に作られたミシンが多数収蔵されている。その大半は個人の方々から寄贈されたもので、それぞれに、使った人のさまざまな思い出がある。ここで紹介するミシンは、明治三十年代に夫婦でハワイヘ出稼ぎに行った女性が、現地で購入したもの。購入の覚え書きであろうか、引き出しの横に「アメリカ」と右から書かれた文字が残されている。そして明治四十年代初頭、その女性はミシンとともに帰国し、その後、ひ孫の代まで家にあり続けた。で九〇八年(明治四十一年)のシンガー杜の価格表によると、同タイプと思われるミシンが、即金価格八十八円となっている。明治四十年前後の巡査の初任給が十二円、国家公務員の初任給が五十円。ミシンは、高価な家財のひとつであった。この女性は、ドレスを着てミシンと一緒に写真を撮っている。その写真が、彼女のミシンに対する思いを語っているような気がする。
収蔵するミシンにまつわる思い出には、第二次世界大戦に関する話が少なくない。ミシンを疎開先へ持っていった人、防空壕の中に入れた人、さらにはミシンを背負って逃げたという人もいる。ミシンひとつあれば、洋裁で身を立てることができたためであろうか。どの思い出も、今では意外に思えるほど、ミシンヘの気持ちが強かったことを語つている。かつてミシンが、日本の家庭においていかに貴重なものであり、大切なものであったのか、今に伝えてくれるエピソードも大事にしていきたい。常設展示室「文明開化東京」コーナーで展示中。(江戸東京博物館学芸員我妻直美)

1898 明治31年 (米)ユニオン社のウッドワードは三本針四本糸二重環縫い(403)の特許を得る。

1900 明治32年 (米)婦人服労働組合結成。

シンガーミシン輸入開始。ドイツナウマンミシンなども入る。

1901 明治34年 被服廠靴工場開設。

 

1903 明治36年 (米)メロー社はオーバロックステッチ(505)開発。

   (米)メトロポリタンミシン社はオーバロックステッチ(506)開発。

1904 明治37年 日露戦争 被服廠はミシンモーター駆動(ラインシャフト式)開始。

   シンガー販売会社設立。

   (米)ユニオン社オーバロック(502)ミシン開発。

1905 明治38年 (米)ユニオン社オーバロック(504)ミシン開発。

   (米)メロー社オーバロック(505)ミシン開発。         

1906 明治39年 松三暁氏ミシンモーター駆動開始。

(米)ウィルコックス・アンド・ギブス社のストックトン・ボートンは扁平縫い(606)の特許を得る。

1907 明治40年 (米)シンガー社はウィルソン社を合併。

1908 明治41年 安井兄弟商会発足。シンガー社は有楽町に裁縫女学院開設。(その後最盛期には学生2千人に達した)

1909 明治42年 外国ミシン各社(ドメスチック、ニューホーム、ピァレス、ホワイトなど)輸入始まる。

1911 明治44年 野口商会発足。近藤万次郎氏近藤ミシン社設立。小出式ミシン製作開始。

1912 大正元年 外国ミシンの輸入1万台に達す。関根式ミシン製作開始。


アメリカでタイムスタディが生まれた
フレデリック・ウィンスロウ・テイラー(1856-1915)は、タイムスタディを生み出した。テイラーは機械工場で旋盤工として仕事に従事していたが、当時の職人の仕事の進め方が経験と勘によるもので、同じ仕事をしても職人の感じ方次第で1日の出来高が多くも少なくもなるのに疑問を感じ、「1日の公正な仕事量」を追求することになった。旋盤の金属切削の実験を重ねること26年に及ぶ。この実験研究の結果を実際の作業に採用して貰おうとした。これは作業の最も効率的方法を取り入れて貰うことであり、テイラーはストップウォッチを持って一つの作業にどのくらいの時間が費やされるか測定を始めた。この研究がタイムスタディであり、この時間をベースに工場を管理するのが科学的管理法である。その原理は@従業員が1日になすべき課業を決めることAそれぞれ課業を果たすために標準的工具と条件を提供することB課業を滞りなく達成したらたくさんの報酬を支払うことC逆に達成しない時は損を受けさせる─というもので、当時の工場は適切な量の課業を定めることや標準の条件を確定することはどこでも行われていなかったのである。この管理法は1890年から1900年代にかけて米国各地の工場に導入されるようになり、シンガーなどのミシン工場にも導入されていった。
1914 大正3年 第一次世界大戦 甘利式ミシン製作開始。

(米)ユニオン社はインターロック縫い(オーバロック縫いすると同時に二重環縫い)する安全縫いステッチ開発(発明者ジェイムズ・モファト)。

(伊)ネッキ社は家庭用ミシンを製作開始。

1915 大正4年 (米)ユニオン社は扁平縫い(605)を開発(発明者マックネイル)。

(米)ユニオン社は扁平縫い(602)を開発(発明者ランシング・オンダードンク)。

1916 大正5年 東洋ミシン発足。

   (米)ユニオン社は扁平縫い(604)を開発(発明者ジョセフ・バーガー)。

(米)1895年以降のユニオン社の特許発明者はランシング・オンダードンク、R・G・ウッドワード、マイヤーなどが知られている。

1920 大正9年 明嵐式ミシン製作開始。

1921 大正10年 パインミシン発足。

1923 大正12年 関東大震災 震災後の輸入ミシン90,135台

1924 大正13年 (米)アメリカ政府標準局はステッチとシームの連邦規格750a制定。

1925 大正14年 工業用、ミシンの国産化が始まる。当時最も需要の多いものから製作され始めたが、シンガー工業用では95種(DA型)、96種(DB型)、81種(DC型)、職業用では103種(TA型)および靴用ミシンが主であった。

1929 昭和4年 世界大不況始まる 国産愛護運動起こる。コントロールミシン社発足。中古輸入中島商会発足。

1931 昭和6年 金開禁 満州事変

1932 昭和7年 三菱ミシン研究開始。

1934 昭和9年 外国ミシンの輸入縮小。

(米)シンガー社の主要特許消滅。

1935 昭和10年 安井商会は日本ミシン製造株式会社改称。三菱ミシン発売。

   帝国ミシン社はパインミシン社より分離発足。 

(米)ユニオン社安全縫い(401+503)ミシン(52900型ミシン)開発。

1937 昭和12年 日中戦争 この頃よりリード、ニッポン、アサヒ、シスター各社発足。ミシンメーカー増加し、月産25,000台に達す。

1939 昭和16年 第二次世界大戦

工業用ミシン生産2,953台。統制のため日本ミシン製造工業組合結成。

1940 アメリカ規格ステッチタイプ516(401+504)規定、同519(401+602)規定

   [注)アメリカ規格ステッチタイプ514、515(401+503)、516(401+504)、519、521は1965年に規定]

   [注)現在はステッチ規格はISO4915-1981に国際統合され、JISL0120-1984が適用される]


アメリカにMTMの起こり
1940年にアメリカでMTM法が発表された。このMTM法とはMethods Time Measurement の略で、工数設定法のことである。これを使って作業工程の標準時間を計算できることになった。シンガー社は縫製品のミシン掛けの標準時間を設定するのにMTMを利用した。この時間設定をシンガー・シンクロ・システム編成に使った。同時に縫製工場の科学的管理法が広がった。縫製業界ではその後、縫製加工の標準時間設定のためにMATE(Methods Analysis & Evaluation Data)法がダンストールマンによって、1963年に発表されたりした。さらにその後はMTM-2バージョンがコンピュータ処理されるようになって、GSD(Computerised General Sewing Data)としてまとめられた。GSDは米英で使用され、日本にも伊藤忠により1983年頃紹介された。
1942 昭和17年 工業用ミシン生産4,097台。

1943 昭和18年 (米)シンガー社は軍服縫製のためシンクロシステム開発。

   家庭用ミシン製造禁止。軍用特殊ミシン(靴用ポストミシン、八方ミシン、DA、DB、DCなどのミシン)製造(指定メーカーとして三菱、ブラザー、蛇の目、福助、アサヒなどの各社)。

1944 昭和19年 (米)シンガー社は兵器生産にシフト。

   工業用ミシン生産5,446台。

1945 昭和20年 終戦 工業用ミシン生産2,265台。

1946 昭和21年 

   終戦後、TA、DA、DBミシンの生産は三菱、ブラザー、福助にて継続生産が行われ、新たに靴用ミシンはセイコーミシン社、環縫いミシンは近藤ミシン社、オーバロックミシンは帝国ミシン社、ヤマトミシン社、袋縫いミシンは中島ミシン社の各社が生産を開始。工業用ミシン生産8,990台。

大和ミシン設立[近藤万次郎氏は大和屋繊維工業(株)近藤駒太郎氏と共同して設立]。

1947 昭和22年  (米)工業用ミシン175,000台生産。

   輸出用再開。 工業用ミシン生産 13,188台(内輸出411台)。

1948 昭和23年 工業用ミシン生産 14,253台(内輸出554台)

1949 昭和24年 オーバロックミシンも輸出始まる。

工業用ミシン生産 24,872台(内輸出1,037台)

 

以後は「縫製の50年」及び「アパレルものづくり変遷50年と現在・未来」が参考になると思います。

ミシンメーカーの終焉

(米)シンガー社は1986年香港資本セミティック社に買収され、その後1999年9月会社更生法適用申請し、150年弱の歴史を閉じた。
(独)アドラー社とデュルコップ社は1987年合併し、その後1991年(米)アメリカン・ロックウェル社の傘下に入り、2005年6月中国上工申貝(集団)に買収された。
(独)パフ社は1992年香港セミティック社に買収され、その後2008年会社更生法適用申請し、146年の歴史を閉じた。
(米)ユニオンスペシャルマシン社は1988年に(日)JUKI社に買収され、その後2008年JUKIより分離された。
(伊)リモルディ社は1975年(米)アメリカン・ロックウェル社の傘下に入り、その後縮小して業界から姿を消した。(伊)ネッキ社も縮小し、同じく姿を消した。

縫製機器産業史として栄枯盛衰の想いを強くさせられる。

★★★ このページに対するご意見、ご感想をお寄せ下さい。ここをクリックすると送信フォームのページが開きます。★★★